2ch勢い総合ランキング

「格闘技」カテゴリ > 「伝統武術」板

緒方亜香里選手 ロンドン日本代表選手応援掲示板 (270)

【pc】

緒方亜香里選手 ロンドン日本代表選手応援掲示板 (270)


1 fusianaasan
2012/06/29(金) 17:00:20.89 ID:Z4ltrRNP

可愛いな大好き応援してます金メダル獲得目指して頑張れ

緒方亜香里選手 ロンドン日本代表選手応援掲示板

緒方亜香里選手 ロンドン日本代表選手応援掲示板 (270)


131 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/03/08(火) 02:07:10.69 ID:w6dk+8Tt

リオデジャネイロ五輪を狙う柔道男子100キロ級の羽賀龍之介(24)=旭化成=が7日、1998年長野五輪スピードスケート金メダルの清水宏保氏(42)の下
で行っている下半身強化の練習を札幌市内で公開した。
知人を介して知り合った清水氏とは昨年6月に続き、2度目の練習。スケートのように左右にステップを踏むなど下半身に負荷を掛け続け、
「横への移動が下手だったが、これは柔道でも多い局面」とヒントを得た。
清水氏は「僕もレスリングや柔道の金メダリストに会って影響を受けた。五輪前にいろんな材料を集めてほしい」と、自身と同様に他競技から
貪欲に学んで世界の頂点を目指す羽賀に期待を込めた。

柔道:羽賀、スケート清水氏の下で下半身強化
http://mainichi.jp/articles/20160308/k00/00m/050/072000c

柔道男子100キロ級で昨夏に世界一となり、リオデジャネイロ五輪代表入りが有力な羽賀龍之介(旭化成)が7日、札幌市内のリハビリ施設で
スピードスケート五輪覇者の清水宏保氏に指導を仰ぎ、下半身や体幹を鍛える特訓に挑んだ。
羽賀は母校の東海大の先輩から清水氏を紹介され、昨年6月に初めて指導を受けた。2度目の今回は左右の体重移動を重視するため
スピードスケートの動きを取り入れ「柔道では重心を移動させる局面が多い。守りの面でもいい感覚が身に付き、今後に生かしたい」と話す。
他競技ながら一時代を築いた王者から、世界と闘う心構えも教わっているという。
練習中は「脳と筋肉をつなげて」と独自の理論を展開した清水氏。羽賀の動きに「指先の細部までしっかりと筋肉を使いこなせている」と及第点を与えた。

「脳と筋肉をつなげて」 羽賀が“スケート王者”清水氏と特訓/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160307/jud16030720230003-n1.html

柔道男子100キロ級でリオデジャネイロ五輪代表入りが有望な羽賀龍之介(旭化成)は7日、札幌市内で合宿を開始し、スピードスケート男子の1998年
長野五輪金メダリスト、清水宏保さんの指導を受けた。前後左右に跳ぶスクワットなどスケート独特のトレーニングを約1時間こなし、「すごくきついが
勉強になる」と充実した表情を見せた。
羽賀は昨年4月の全日本選抜体重別選手権で準決勝敗退。下半身強化の必要性を痛感していたところ、肩のリハビリのため通っていた施設で
清水さんを紹介された。その縁でトレーニング法を教わると、同8月に初出場した世界選手権で優勝し、効果が結果に表れた。
羽賀はリオ五輪をにらみ「本番に向けて、この時期に土台をつくりたい」。清水さんは「しっかり準備した状態で勝負してほしい。それを支えられたら」
と金メダリスト誕生のため惜しまず協力を続ける。 

羽賀、清水さんから指導=リオ五輪へ下半身強化-柔道男子
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2016030700811

132 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/03/08(火) 11:30:55.28 ID:HsKvYYrm

柔道男子100キロ級世界王者の羽賀龍之介(旭化成)が7日、札幌市内で個別合宿を公開。1998年長野五輪スピードスケート金メダリストの
清水宏保氏に指導を仰ぎ、約1時間、下半身を鍛えた。母校・東海大の先輩に清水氏を紹介してもらい、昨年6月に初めて指導を受けた24歳は
「すごく勉強になる」と納得の表情。清水氏は羽賀の動きに「指先の細部までしっかりと筋肉を使いこなせている」と及第点を与えた。


ムキムキ下半身!羽賀、スケート清水氏から指導/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160308/jud16030805000001-n1.html

柔道男子100キロ級でリオデジャネイロ五輪金メダル候補の羽賀龍之介(24=旭化成)が7日、札幌市内でスピードスケート長野五輪
金メダリストの清水宏保氏の指導を受け、下半身を鍛え抜いた。昨年4月の大会で一本負けし、下肢部の甘さを痛感。知人を介して清水氏
を紹介してもらい、昨年6月に続く2回目のトレーニングとなった。
最中には、「今の動きはすぐ柔道に生きるな」と思わずぼそり。横移動が重要なスピードスケートの動きは、同じく横に体を運びながら技を仕掛ける
柔道にも通じる。きつそうな表情もみせたが、「今までうまく筋肉を使えてないということ。積極的にやっていく」と伸びしろととらえる。昨年教わった
メニューの効果も感じており、メンタル面の助言も多くもらっているという。
清水氏からは「大柄だけど、細部まで筋肉を使えている。最強じゃないですかね」と絶賛された。低迷が続いた男子重量級で、昨年の世界選手権で
頂点に立った希望の星。冬の五輪王者からの帝王学で、夏の王者となる。

五輪金候補 羽賀龍之介が清水とスケート特訓
http://www.nikkansports.com/sports/news/1613981.html

五輪金メダリストの谷亮子、松本薫を輩出した柔道部女子。その中で本年度、急成長を遂げたのが48キロ級・小山亜利沙(教育2=横須賀学院)。
昨年5月に開催された東京学生柔道体重別選手権での初優勝を皮切りに、彼女の快進撃は幕を開けた。1カ月後の全日本学生柔道体重別選手権
では、目標としていた日本一の栄光をつかみ取った。
勝因について「大会前に自分より重い階級の部員と練習をして、今まで以上に体力がついた。この練習が優勝につながった」と振り返る。さらに、
「試合中、腕に力が入らなくてつらかったけど、『優勝するよ』と自分に言い聞かせながら戦った」と、気持ちの面では誰にも負けないメンタルの強さも
彼女の魅力。日本一の影には練習でのひた向きな努力と、優勝への強い思いがあった。
昨年11月には実力が認められ、全日本ナショナルチームの強化選手にも選出。「自信になった」と笑みを浮かべた。一方で、先月参加した
全日本の合宿では、「周りの選手の強さや冷静な判断力に圧倒された」と、『冷静な柔道』が今後の課題として挙げられる。
見えてきた課題を克服し、さらなる高みを目指す。来季はより強みを生かし、日本一連覇、グランドスラム東京に挑む。4年後の東京五輪金メダルへ、
小山の柔道物語はまだ序章にすぎない。

帝京スポーツ 柔道部・小山亜利沙
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/sports/news/CK2016030802000138.html

133 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/03/10(木) 11:36:13.78 ID:MKuZdbTC

柔道のリオデジャネイロ五輪テスト大会最終日は9日、リオデジャネイロで男女各1階級が行われ、女子63キロ級で米沢夏帆(龍谷大)が優勝した。
男子81キロ級の尾方寿応(東海大)は準優勝。
大会は本番会場に隣接する体育館で開かれた。米沢は「国際大会の時は畳が滑りやすいことが多いが、ここはそうでなく日本と同じ」と感想を
口にした。本番会場も視察した男子の井上康生監督は「さまざまな情報をもらえた。非常に有意義な大会だった」と述べた。
8日の第1日は男子66キロ級の丸山城志郎(天理大)と女子52キロ級の前田千島(三井住友海上)がともに制した。

【柔道】女子63キロ級の米沢優勝 リオ五輪のテスト大会
http://www.sankei.com/sports/news/160310/spo1603100010-n1.html

Maeda, a 19-year-old rising star who won a bronze medal at the 2013 World Cadet Championships in Miami, overcame Brazil's
Jessica Pereira of Brazil in the final of the women's under 52 kilogram category.

Chelsie Giles of Britain beat another Brazilian in Layana Colman in one of the two bronze medal bouts.

Raquel Silva overcame Helena Kuwabara in an all host country clash for the other place on the podium.

Maruyama beat Brazilian Lucas Goday in the men's under 66kg final.

Britain claimed a second podium position courtesy of LCommonwealth Games championAshley McKenzie.

Home fighter Guilherme Goes claimed the other bronze medal.

The test event is billed as a key opportunity to work out what improvements need to be made ahead of the Games.

The first noticeable fact is that the "atmosphere promises to be very good this summer", a statement from the International
Judo Federation (IJF) claimed.

The IJF added that "already today an enthusiastic audience came to the Carioca Arena to watch some very interesting judo".

More than 105 athletes in four weight classes are competing at the two-day test event.

A total of 20 countries are competing, with one each from France, Great Britain, Germany, Japan and Lebanon plus 15 from the Brazil.

The Olympic judo competition is due to be held at Carioca Arena 2, with the Paralympic event at Carioca Arena 3.

Double gold for Japan on opening day of Rio 2016 judo test event
http://www.insidethegames.biz/articles/1035181/double-gold-for-japan-on-opening-day-of-rio-2016-judo-test-event

134 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/03/11(金) 06:38:37.04 ID:dDKF/ggY

柔道男子73キロ級で昨夏の世界選手権を制し、リオデジャネイロ五輪代表有力候補の大野将平(旭化成)が10日、奈良県天理市にある母校の
天理大で練習を公開した。駆け付けた約50人の報道陣を前に「順調。いいところを見せようと思い、いつも以上に頑張れた」と好調をアピールした。
実戦形式で行う5分の乱取りを20本近くもこなし、自分より重い階級の相手を豪快な内股で何度も投げ飛ばした。五輪代表が決まる全日本選抜
体重別選手権(4月2、3日・福岡国際センター)に向け「国内でも大野が一番強いことを証明し、代表権を獲得したい」と気合を入れた。
24歳の大野は2月のグランプリ大会(デュッセルドルフ=ドイツ)でも圧倒的な内容で優勝した。五輪に出場すれば堂々の金メダル候補だが
「今は4月の選抜しか見ていない。前に出て攻撃的な姿勢を見せることが大事」と冷静さを強調した。
ロンドン五輪男子100キロ級代表で天理大の穴井隆将監督は調整法を重要視し「選抜とリオ五輪に心技体のピークを持っていければ」と
今後のサポートを見据えた。

【柔道】大野が好調アピール…リオ五輪代表が有力 天理大で公開練習
http://www.sankei.com/west/news/160310/wst1603100083-n1.html

柔道男子73キロ級で昨夏の世界選手権を制し、リオデジャネイロ五輪代表に有力な大野将平(旭化成)が10日、母校の天理大(奈良県天理市)で
練習を公開。五輪代表が決まる4月の全日本選抜体重別選手権に向け、「勝たないとリオは見えてこない。国内でも一番強いことを証明して
出場権を獲得したい」と初の五輪へ強い意欲を示した。
自分より階級が重い大学生らと実戦形式の乱取りを精力的にこなし、豪快な内股を何度も披露。ロンドン五輪代表で天理大の穴井隆将監督は
「粘っこさ、執念が出てきた」と評価した。
練習後は11日で発生から5年を迎える東日本大震災について、「僕ができることは試合で見ている人を感動させること。正々堂々と日本の
柔道を見せていきたい」と語った。

【柔道】大野が練習公開 4月の五輪最終選考大会へ「一番強いことを証明する」
http://www.sankei.com/sports/news/160310/spo1603100037-n1.html

柔道男子73キロ級世界王者の大野将平(24)=旭化成=が10日、奈良県内の母校・天理大で練習を公開。リオ五輪の代表筆頭候補は、
五輪3連覇を果たし、昨年引退した同校の先輩・野村忠宏氏(41)=ミキハウス=の後継者として、大舞台の頂点を目指すことを誓った。
「同じ道場で稽古してきた身として、野村先輩の柔道を受け継いでいきたい。持ったら、一本取れるところがすごい。意識して、試合に臨むべきだと
思っています」
雲の上の人は2月23日に東京都内で寝具ブランド「マニフレックス」のアドバイザーに就任した際、「五輪も普通にやれば勝てる」と太鼓判を
押してくれた。
「国内でも大野が一番強いと証明したい。代表になれたら、野村先輩に(五輪のことを)聞いてみたいと思います」
代表最終選考会となる4月の全日本選抜体重別を前に気を引き締めた。

大野、“野村柔道”でリオ金狙う「国内でも一番強いと証明したい」
http://www.sanspo.com/sports/news/20160311/jud16031105020001-n1.html

柔道男子73キロ級の世界王者、大野将平(旭化成)が10日、母校の天理大で練習を公開し、リオデジャネイロ五輪代表選考会を兼ねる4月の
全日本選抜体重別選手権に向けて闘志をみなぎらせた。
大野は2月のグランプリ(GP)デュッセルドルフで優勝。この日は大学生らを相手に5分間の乱取りを20本近くこなすなど精力的に練習し、
「国内でも『大野が一番強いんだ』ということを証明したい」と意気込んだ。
 前日は、天理大OBで昨夏に引退した五輪3大会連続金メダリストの野村忠宏氏(ミキハウス)にGP優勝を祝福されたという。「野村先輩の柔道を
受け継ぐ意識を持つ。組んだら一本取るぞ、と」。五輪金メダルは至上命令となるが、「全日本選抜体重別に勝たないとリオも見えてこない。
(五輪のイメージは)出場権を獲得してから考える」と表情を引き締めた。

大野「最強証明したい」=全日本選抜体重別へ闘志-柔道男子
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_date2&k=2016031000684

135 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/03/12(土) 06:07:08.84 ID:csBH5F2Y

柔道男子日本代表の井上康生監督が11日、リオデジャネイロ五輪のテスト大会の視察を終えて成田空港に帰国し「細かい説明を
受けながら本番の会場を見て回れた。大体の感じをつかめたので有意義だった」と感想を述べた。中東経由の大移動で「予想以上に疲れる。
時差も欧州とは感覚が違うので、しっかり対策したい」と語った。

井上監督「有意義だった」…リオテスト大会視察終え帰国/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160311/jud16031119370002-n1.html

柔道男子73キロ級世界王者の大野将平(24=旭化成)が五輪3連覇の系譜を受け継ぐ。奈良県天理市の天理大でリオ五輪最終選考会
となる全日本選抜体重別選手権(2~3日、福岡国際センター)に向けた練習を公開した。
前日(9日)には大学の先輩で五輪3連覇の野村忠宏氏(41)が道場を訪問。激励された大野は「五輪代表に決まったら話を聞いてみたい」と
本番への“金言”を欲した。野村氏を育てた天理大柔道部師範の細川伸二氏の目にも「技の切れや集中力は野村と一緒。天才的なところがある」と
両者には通じる部分があるという。最終選考会の結果にかかわらず代表入りが有力だが「国内でも一番強いことを証明したい」と大野に油断はない。

大野 五輪3連覇の系譜継ぐ!!野村氏から激励
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/03/11/kiji/K20160311012194980.html

柔道男子73キロ級で昨夏の世界選手権を制し、リオデジャネイロ五輪代表金メダル候補の大野将平(24=旭化成)が10日、
奈良県にある母校の天理大で練習を公開した。
実戦形式での乱取りでは、重量級相手に5分を20本近く。組み手で妥協せずに自分の形に持ち込み、相手の妥協を見逃さずに
内股や関節技につなげた。五輪代表が決まる来月の全日本体重別選手権では組み手勝負が重要な日本人対決が待つ。
同級の代表争いでは頭1つ抜けた存在だが「気持ちを切らさずに、自分の持ち味を出したい。国内でも大野が一番強いことを証明し、
代表権を獲得したい」と気を引き締めた。

柔道金候補の大野が母校で練習「一番強いこと証明」
http://www.nikkansports.com/sports/news/1615149.html

136 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/03/13(日) 18:30:40.99 ID:/8fo/l73

1992年にバルセロナ五輪柔道78キロ級で優勝。試合直後には拳を握った両腕を天に広げ、喜びを爆発させた吉田秀彦だが、表彰式での表情は
どこかさえなかった。緊張感が解かれると、替わって頭の中に持ち上がってきたのは、翌日に試合を控える古賀稔彦のことだった。
五輪本戦まで2週間を切った練習中に、古賀は左ヒザ靭帯損傷の大ケガを負い、そのとき乱取りの相手を務めていたのが吉田だった。
なにしろ吉田にとって、古賀は憧れの柔道家であり、古賀をまねて無精ひげを生やしたこともあった。五輪選手村でも2人は同部屋で、むろん
古賀は吉田を責めるようなことは一切なかったが、それが余計に心の重しとなっていた。
金メダルを手にした吉田が部屋に戻ると、翌日に試合を控えた古賀はすでにベッドに入っていたが、気配を察してムクリと起き上がり、笑顔で一言
「おめでとう」と声を掛けた。それでようやく吉田も、優勝を実感することができたという。
吉田は翌日、ヒザに痛み止めを打ちながら試合に臨む古賀に向けて、懸命に声援を送り、その金メダル獲得の瞬間を心から祝福した。
'96年のアトランタ五輪では、86キロ級で2階級制覇を目指した吉田だったが、結果は5位に終わる。翌年からは母校・明治大学柔道部で監督を
務めながら競技を続け、'00年のシドニー五輪では、90キロ以下級で出場を果たした。
しかし、その3回戦、吉田は対戦相手の投げをこらえようと手をついてしまい、右ヒジ脱臼の重傷を負う。受け身には自信を持っていたはずの
吉田が、なぜ、そんなことをしたのかといえば、五輪制覇への執念が、無意識のうちにそうさせたとしか言いようがない。
 はたから見ても腕が逆に曲がるのが分かったほどの重傷で、対戦相手の襟をつかむことすらかなわず、敗者復活戦を棄権。これにより吉田は
第一線から退くことになる。
元来は明るい性格の吉田だが、その格闘人生においてはどこか暗い影がついてまわった。
'02年にプロ格闘家に転身した吉田だが、その原点ともいえる闘いが'94年の全日本選手権だろう。無差別級で行われる同大会の準決勝で、
吉田は小川直也と対峙する。
吉田にとって明治大学柔道部の先輩にあたる小川だが、2人の間には当時から確執があったといわれる。
「小川の理不尽なしごきに対し、吉田が反抗的な態度を取ったためとも伝えられるが、それはどこの部活動でも見られること。柔道エリート養成所
の講道学舎出身の吉田と、高校から柔道を始めた小川。社交的な吉田と一匹狼的気質の小川というように、いろんな面で対照的で、単に反りが
合わなかったということだったのでは?」(スポーツ紙記者)
だが、世間からすると「期待を集めながらバルセロナ五輪で銀に終わった下り坂の小川」と、「ダークホース的存在ながら金を獲得した新スターの
吉田」であり、30キロ近い体重差からの判官贔屓もあって、吉田を応援する声の方が大きかった。
試合は序盤から吉田が背負い投げを中心とした積極的な攻めを見せ、小川をグラつかせる場面もあった。しかし、中盤に小川が支え釣り込み足
で吉田を宙を舞わすと、ポイントにはならなかったものの、以後は小川が攻勢に…。そのまま互いに決め手を欠き、試合は旗判定へと持ち込まれた。
試合後も余裕を残す小川と息の上がった吉田。試合を通しては吉田の攻めが目立ったものの、技の質では小川が上回り、どちらが優勢と言い難い
内容ではあった。
審判の旗が2本、自分に上がったのを見ると、吉田はバルセロナ五輪のときと同じように、両拳を突き上げた。一方の小川は「マジか?」と吐き捨て、
不服な表情のまま試合場を後にした。その勢いのまま全日本初制覇となれば、吉田は一気に国民的ヒーローとなっただろう。
だが、決勝の相手も超重量級の金野潤とあっては、小川戦で力を使い果たした吉田に勝ち切るだけの余力はなかった。今では反則技とされる
カニ挟みで金野にペースを奪われると、見せ場なく判定負けに終わったのだった。

俺たちの熱狂バトルTheヒストリー〈“黄金の柔道王”吉田秀彦〉
http://npn.co.jp/article/detail/33274533/

137 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/03/15(火) 21:20:11.73 ID:NBcoENBF

8月5日開幕のリオデジャネイロ五輪の金メダル候補選手を紹介する「頂を目指して」の第3回は、柔道女子52キロ級で五輪3大会連続出場を
目指す中村美里(26)=三井住友海上。女子種目が正式採用された1992年バルセロナ五輪から2008年北京五輪まで48キロ級で5大会連続
でメダル(金2、銀2、銅1)を獲得した谷(旧姓・田村)亮子氏(40)に匹敵する素質の高さから10代のころから「ヤワラ2世」と言われた。故障にも苦しめられ、
五輪の頂点には立てていないが、いばらの道で「折れない心」を培い、「三度目の正直」を期している。
東京都世田谷区の三井住友海上の道場。1月下旬の夜、中村は練習でたっぷりと汗を流していた。「4年前と今では気持ちが違う。いろいろな
経験をし、視野も広がった。怖さはないし、落ち着いている」。五輪の足音が近づく中、どっしりと構えていた。
19歳で初出場した北京五輪で銅メダルを獲得後、09年、11年の世界選手権を制した。期待を集めて12年ロンドン五輪に臨んだが、初戦の
2回戦で敗れた。優勝したアン・グムエ(北朝鮮)に北京五輪の準決勝に続いて屈した。
この時、中村は9歳でスタートした現役生活に終止符を打つつもりでいた。「北京五輪はポッとチャンスが巡ってきた感じで、五輪のすごさも
知らずに出た感じだった。でも銅メダルに悔しさだけが残り、強くなりたいと思った。ロンドン五輪は代表争いも厳しく、出場の大変さも知った。
金メダルが取れても取れなくても、もうやめるつもりだった」。この先の4年間の日々を想像できなかった。
肉体も悲鳴を上げていた。北京五輪後は故障との闘いの日々だった。09年7月のスペイン合宿中、左膝前十字靱帯(じんたい)を断裂した。
サポーターとテーピングで固定して強行出場した翌月の世界選手権で優勝した。
手術は長期療養を伴うため、その後も「思うように動かなかった」が痛みをごまかして大会への出場を続けた。だが痛みをかばうために他の部位に負担が
かかり、故障を繰り返した。その先にロンドン五輪での敗北が待っていた。
12年10月に靱帯の再建手術を受けた。競技続行のためでなく「引退後の日常生活に影響が出ないため」だった。だが実戦を離れた約1年の
日々が中村を変えた。国立スポーツ科学センター(東京)などで、歩くことからリハビリを始める中、負傷からの再起に励むスキーやカバディなど
他競技の選手と出会った。遠征費を自腹で工面する選手らの話を聞いていると、支援の充実した柔道界の恵まれた環境が身に染みた。「復帰戦は
いつ? 応援に行くよ」。そう問われると、「やめる」とは言えなくなった。
復帰戦の13年11月の講道館杯で優勝。翌12月には膝に残ったボルトを抜く手術を受けた。14年4月の全日本選抜体重別選手権。決勝で
西田優香(了徳寺学園職)に敗れたが、その西田とロンドン五輪代表の座を激しく争ったころの闘争心を思い出した。何より、左膝の踏ん張りが
利いた。「今までは恐る恐るやっていたが、靱帯がつながっているのを実感できた」。昨年8月、世界選手権で3大会ぶりの頂点へ返り咲いた。
五輪代表最終選考会となる全日本選抜(福岡国際センター)が4月2、3日に迫る。実績から中村の代表選出が有力視されるが、優勝で勢いを
つけたい。五輪の畳の上を中村はこう表現する。「華やかでキラキラしている」。そこへ戻る日が近づいている。

月刊リオ五輪:頂を目指して 女子柔道 中村、故障から再起
http://mainichi.jp/sportsspecial/articles/20160315/ddm/035/050/077000c

138 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/03/17(木) 09:58:01.32 ID:vorK+pTj

全日本柔道連盟は、オリンピックの代表選考の透明性を高めるためとして、リオデジャネイロオリンピックの代表選考の議論を報道陣に
公開する方針を決めました。オリンピックの日本代表選考が報道陣に公開されるのは異例です。
これは、全日本柔道連盟の山下泰裕副会長兼強化委員長が16日に都内で記者会見して明らかにしました。
リオデジャネイロオリンピックの柔道の日本代表は、男女の最も重いクラスを除く合わせて12階級が来月3日の全日本選抜体重別選手権後に
開かれる強化委員会で決まりますが、この強化委員会を報道陣に公開するということです。
これは代表選考の透明性を高めるねらいで、報道陣は、撮影や録音はできませんが、代表選考に関する議論を最後まで傍聴できます。
全日本柔道連盟では、過去に代表選考の在り方が議論を呼んだことなどを受け、大会の結果を数値化する仕組みを導入するなど改革を
進めていて、去年、世界選手権の代表を決めた強化委員会を試験的に報道陣に一部公開しましたが、オリンピックの代表選考を公開するのは
今回が初めてです。
JOC=日本オリンピック委員会によりますと、オリンピックの日本代表選考の場が報道陣に公開されるのは異例だということです。
山下副会長「透明性高める努力を」
記者会見した全日本柔道連盟の山下泰裕副会長兼強化委員長は、強化委員会を報道陣に公開することについて、代表の監督から「委員会での
発言者の名前が外に出た場合、選手や選手の所属先との信頼関係が壊れる」という懸念が出たことを明かしたうえで、「傍聴できるのはふだんから
柔道を取材している記者に限り、発言者は基本的に匿名にしてもらう」と説明しました。男女の最も重いクラスの代表を決める強化委員会も同様の
形式で公開するということです。
山下副会長は「ほかの競技の元選手たちと意見交換した中で、選手や一般の人たちが納得のいく代表選考を望む声があった」と話し、「いろいろな
競技団体が選考の透明性を高める必要性を今まで以上に感じて取り組んでいる。選手や指導者などに理解を得るため、柔道はもとより日本の
スポーツ界全体で努めていく必要がある」と異例の試みに踏み切った意図を説明しました。
柔道の代表選考 これまでの経緯
柔道の日本代表は全日本柔道連盟の強化委員会で議論して決められます。
過去には、オリンピックで2連覇を達成した女子48キロ級の谷亮子選手が、2007年の世界選手権の最後の代表選考会だった全日本選抜体重別
選手権の決勝で福見友子選手に敗れながら代表に選ばれ、議論を呼びました。
谷選手は世界選手権で金メダルを獲得し、翌年の北京オリンピックの最後の代表選考会でも優勝を逃したものの、それまでの実績から、3連覇が
かかる北京オリンピックの代表に選ばれました。
このほかにも、国内の代表選考会の優勝者と代表が一致しないことは少なくなく、過去の実績や外国選手との相性と、直前の代表選考会の結果の
どちらを重視するのか、分かりづらいという指摘が出ていました。
また、女子代表監督などによる暴力行為問題を受けて設けた第三者委員会からの提言もあり、代表選考基準は3年前から明文化されました。
公表されているリオデジャネイロオリンピックの代表選考基準では、世界ランキングで男子は22位以内、女子は14位以内に入っている選手の中
から、国内ポイントシステムという過去2年間の国内と海外の大会の結果を数値化した点数を参考資料とし、総合的に代表を判断するとしています。
選考基準では、「金メダルを獲得できる可能性がある選手を選考する」として、国際大会での外国選手への強さを重視する姿勢を打ち出しています。

柔道 五輪代表選考を報道陣に公開へ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160316/k10010445411000.html

全日本柔道連盟(全柔連)の山下泰裕副会長は16日、兼務する強化委員長職をリオデジャネイロ五輪後に退任する意向を表明した。任期は10月末まで。
昨年1月に斉藤仁強化委員長が死去したため、後任を務めている。
山下委員長は五輪代表選考会議の公開を発表した席上で「リオ五輪が終われば新しい強化委員長になる。(公開を)続けるかは新しい人が
決めてほしい」と述べた。

全柔連山下副会長、リオ五輪後に強化委員長職退任 - 柔道 : 日刊スポーツ
http://www.nikkansports.com/sports/news/1617624.html

139 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/03/17(木) 10:12:30.03 ID:vorK+pTj

五輪代表を決める重要な会議を報道陣が傍聴する。全日本柔道連盟(全柔連)は昨年の世界選手権代表選考に続き、
「密室」と言われてきた話し合いの場の公開に踏み切った。懸案である組織の透明化徹底に大きな前進となる。
これまでの柔道界は選考が紛糾するたびに、所属企業や学閥などのしがらみがささやかれた。全柔連副会長でもある
山下泰裕強化委員長は男子日本代表監督だったアトランタ、シドニー両五輪を振り返り「私情や組織の思惑で選ばれている
のではと言われ、悔しい思いだった」と語る。代表監督や強化委員が意見交換する場をあえて開放し、世間の疑問や評価に
向き合う覚悟を示した。
全柔連は3年前の暴力指導問題以降、組織改革の一環として第三者委員会などから透明性の向上を強く求められてきた。
選考会議の公開は今後のスポーツ界に一石を投じる可能性もある。
開かれた姿勢を今後も継続できるか。2020年東京五輪の代表選考は一層の過熱が必至だ。注目の中で落選の過程を
公開される選手も生まれることになり、対象となる関係者への説明やケアもこれまで以上に求められる。

全柔連が組織透明化へ前進 話し合いの場を公開 - 柔道
http://www.nikkansports.com/sports/news/1617629.html

全日本柔道連盟(全柔連)の強化委員長を兼ねる山下泰裕副会長は16日、8月のリオデジャネイロ五輪代表を選ぶ4月の
強化委員会を報道陣に公開することを明らかにした。選考の透明化が狙いで、競技団体が五輪代表選考をメディアに
公開するのは極めて異例。
対象となる強化委員会は、男女各6階級を決める4月の全日本選抜体重別選手権後と、男女の最重量級を選ぶ全日本選手権、
全日本女子選手権後の3回。他競技でも代表選考の透明性を求める声が高まっており、山下副会長は「男子の監督時代から
『私情や思惑で選んでいる』との声に非常に悔しい思いをしてきた。(強化委員会が)真剣に公正な視点で選んでいるかを
(証明するために)公開の場でやりたいと思っていた」と公開に至った経緯を説明した。
全柔連は昨年の世界選手権代表を選ぶ同委員会も試験的に公開していた。

【柔道】全柔連、五輪代表決める強化委員会を公開 選考の透明化狙い
http://www.sankei.com/sports/news/160316/spo1603160020-n1.htm

全日本柔道連盟(全柔連)の山下泰裕強化委員長は16日、東京都文京区の講道館で記者会見を開き、リオデジャネイロ五輪男女計14階級の
代表選考を行う強化委員会を報道陣に公開すると発表した。選考の透明性を高めることが目的で、昨年の世界選手権代表選考でも公開した実績がある。
五輪代表を決める会議の公開は異例。山下委員長は「いかに真剣に、公正に選んでいるか。柔道界がいい方向に変わろうとしていることを世間に
伝えたい」と述べた。過去に物議を醸す選考が行われ、組織の閉鎖性や基準の分かりにくさが指摘されたことがある。
4月2、3日の全日本選抜体重別選手権(福岡国際センター)が男女計12階級、17日の全日本女子選手権(横浜文化体育館)と29日の
全日本選手権(日本武道館)が最重量級の最終選考会。それぞれの大会の直後に強化委を開き代表を決める。

リオ五輪代表選考会議の公開を決定 透明性高める目的/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160316/jud16031618380002-n1.html

全日本柔道連盟(全柔連)は16日、リオデジャネイロ五輪代表を選考する4月の強化委員会を、報道陣にすべて公開すると発表した。
昨年の世界選手権代表選考は試験的に公開したが、五輪代表は初。
最重量級を除く男女計12階級は全日本選抜体重別選手権(4月2-3日、福岡)、女子78キロ超級は全日本女子選手権(同17日、横浜)、
男子100キロ超級は全日本選手権(同29日、東京)が最終選考会で、それぞれの大会後の強化委で代表が決まる。従来の代表は前年秋から
春の国内・国際大会の成績を勘案して選ぶため、物議を醸すことがあった。山下泰裕強化委員長は「多くの方々の理解を得る努力が必要」と説明した

五輪代表選考会議を初公開、山下強化委員長「理解得る努力必要」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160317/jud16031705010001-n1.html

140 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/03/17(木) 10:16:10.09 ID:vorK+pTj

全日本柔道連盟(全柔連)は16日、リオデジャネイロ五輪代表を選考する4月の強化委員会を、報道陣に公開すると発表した。全柔連では
昨年の世界選手権代表を選考した強化委員会も試験的に公開しており、五輪代表では初となる。
五輪代表は、選考会の全日本選抜体重別選手権(2~3日、福岡)後の強化委員会で、男女の最重量級を除く計12階級が決定。女子78キロ超級は
全日本女子選手権(17日、横浜)後に、男子100キロ超級は29日の全日本選手権(東京)後に、それぞれ決まる。公開は、各代表を決める3度の
強化委員会で行われる。昨年は選抜体重別後だけが公開されており、3度の会議すべてを公開するのは初めて。
柔道は対人競技で、「外国人には強いが日本人には弱い」など相性の問題があるため、五輪や世界選手権の代表は、前年秋から春にかけての
国内・国際大会の成績を勘案して選ばれる。4月の最終選考3大会は、そうした選考対象の一つという位置付けで、ここで勝てなくても国際大会の
実績を踏まえて代表に選ばれる例は珍しくない。
「選考のたび、私情や組織、所属の関係といった思惑で選ばれているのではないかという目で見られるのには、正直悔しい思いをしていた。
一方で、福岡(選抜体重別)だけを見ている人には、そう思えるのも当然だった」。山下泰裕強化委員長(全柔連副会長)は、自身が男子代表監督
だった1990年代を振り返って説明。「自分が強化委員長になったら、いかに真剣に選んでいるかを公開の場で示したいと思っていた」という。
リオ五輪代表の選考協議を公開するため、昨年「いささか強引ながら」試験的公開に踏み切ったとし、「その後、強化委員だけでなく、
かかわった全柔連職員らにも“恐る恐る”反応を確認したが、ネガティブなものはなかった」という。
山下委員長は「公開するかどうかはともかく、どの競技でも代表選考の透明性は重要視されている。できるだけ多くの方々の理解を
得るための努力が必要。柔道界も、これでいいとは思わない。少しでも問題点を修正し、ブラッシュアップしていかないといけない」と話した。
一方で「男女両監督にかかるプレッシャーは大きい」だけに、2020年東京五輪へ向けた選考に関しては「今回の比ではない負担がかかる。
次の強化委員長に継続を命じるつもりはなく、新しい委員と考えて判断してくれればいい」とした。
強化委員会の公開は▼昨年の全日本選抜体重別選手権、世界選手権、講道館杯、グランドスラム東京の4大会のうち3大会以上を
取材したメディアだけに入場を認める▼会議中の発言は、強化委員長以外は名前を伏せる-などの条件付きで行われる。

代表選考会議を公開、五輪では初 透明性向上へ/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160316/jud16031617030001-n1.html

全日本柔道連盟(全柔連)で強化委員長を務める山下泰裕副会長は16日、東京都文京区の講道館で記者会見し、リオデジャネイロ五輪の
日本代表を選考する強化委員会を報道陣に公開すると発表した。選考の透明性を高めるのが狙い。
最重量級を除く12階級は全日本選抜体重別選手権終了後の4月3日、女子78キロ超級は同17日の全日本女子選手権、男子100キロ超級は
同29日の全日本選手権後に開く強化委員会で代表が決まる。山下副会長は「これまで説明が十分でなかった。選手のためにもなる」と話した。
全柔連は昨年、世界選手権の男女最重量級を除く代表を選考した強化委員会を試験的に報道陣に公開。その成果について、山下副会長は
「ネガティブな話は私に入ってこなかった」と述べた。 
代表は国際大会の成績や実績、国内ポイントシステムなどに基づいて総合的に判断され、外国人選手との対戦実績も考慮される。そのため
最終選考会の国内大会の優勝者が選ばれない事例も多く、選考過程の分かりにくさが指摘されてきた。

リオ五輪代表選考を公開へ=透明性高める狙い-柔道
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_date2&k=2016031600846

141 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/03/17(木) 10:16:44.21 ID:vorK+pTj

全日本柔道連盟は16日、8月のリオデジャネイロ五輪の代表を選考する強化委員会を報道陣に公開することを明らかにした。
強化委員長を兼ねる山下泰裕副会長は東京都内で記者会見して「透明性を高めることが選手のためになる」と強調した。
日本オリンピック委員会(JOC)によると、競技団体が代表選考の場を公開するのは極めて異例だという。
柔道代表は男女各7階級の計14人。強化委員会は、代表選考を兼ねた4月の国内3大会の試合終了後に開かれる。2?3日の
全日本選抜体重別選手権(福岡国際センター)で男女12階級、17日の全日本女子選手権(横浜文化体育館)で女子78キロ超級、
29日の全日本選手権(日本武道館)で男子100キロ超級の代表を決める予定だ。
全柔連では2013年1月、全日本女子で発覚した指導者による選手への暴力問題以降、改革に着手。選手が指導者へ意見を述べて不利な
扱いを受けないため代表選考の透明化にも取り組み、14年度からは大会成績を点数化し、選考の参考資料とする国内ポイントシステムも導入した。
昨年は全日本選抜体重別選手権後の強化委員会のみ試験的に報道陣に公開。当初は「意見が言いづらくなる」との懸念の声も出たが、
公開後は好意的な反応が多く、本格導入に踏み切った。来年以降も公開を継続するかについて、山下副会長は、その時々の強化委員長や
男女監督の判断になるとの認識を示した。

柔道:リオ五輪の代表選考を公開 「透明性を高める」
http://mainichi.jp/sportsspecial/articles/20160317/k00/00m/050/112000c

公開は、全柔連の山下泰裕副会長の肝いり施策だった。山下副会長は選手を取り巻く環境を協議する日本オリンピック委員会のアントラージュ
専門部会の部会長を務めていた2013?15年に、多くの競技の選手から意見を聞いた。そこで要望の声が大きかったのが「代表選考の
透明化」だったことが背景にある。
代表選考を巡っては、00年シドニー五輪の競泳女子自由形代表から落選した千葉すず氏が「基準が不透明」としてスポーツ仲裁裁判所(CAS)に
提訴したのを転機に、各競技団体とも弁護士も交えて「選考基準の明確化」に努めてきた。ただ基準だけでは必ずしも優劣がつかず、協議に
もつれ込む。その場が密室であるがゆえに、どの競技も「所属や派閥の圧力が働いた」との声が付きまとった。
男性強化委員は「公開されようが、普段から発言する人は言うべきことは言う。選ぶ側の説明責任が明確になり、選手も歓迎するだろう」と強調する。
一方で「選手にとって五輪は4年に1度の人生を懸ける場だが、公開の場で徹底した議論ができるだろうか」(関東地区の指導者)と議論の形骸化を
懸念する声が残る。
地元開催の20年東京五輪・パラリンピックでは、代表選考の注目度がかつてなく高まることが予想される。柔道界の取り組みが透明化への
試金石となる。

柔道:基準明確化へ試金石 全柔連が代表選考公開
http://mainichi.jp/sportsspecial/articles/20160317/k00/00m/050/113000c

全日本柔道連盟の山下泰裕副会長(58)は16日、都内で会見を行い、リオ五輪代表を選ぶ強化委員会を公開で行うと発表した。代表選考の
透明化を目的に、全日本選抜体重別選手権(4月2~3日、福岡国際センター)など3大会後の選考会議全てを報道陣に公開する。
国際大会の実績も加味されるのが柔道の代表選考。山下副会長が「当確に近い選手が何人かいる」と言うように、ほぼ決着している階級も多い。
これまで最終選考会の優勝者と代表選手が食い違って批判を受けることもあり、「どれだけ“ど真剣”に選んでいるか」を強調する意図もある。
山下副会長は将来的な代表の決定時期についても言及し、突出した選手がいる階級については前倒しも可能性に含め、4年後の東京五輪に
向けた「検討課題」とした。

柔道は公開リオ代表選考会議 透明化が目的「“ど真剣”」強調
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/03/17/kiji/K20160317012226270.html

142 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/03/17(木) 10:22:54.64 ID:vorK+pTj

全柔連の山下泰裕副会長兼強化委員長(58)は16日、リオデジャネイロ五輪代表を決める全ての強化委員会を一部報道陣に公開することを
発表した。4月の全日本選抜体重別(2~3日・福岡)、全日本女子選手権(17日・横浜)、全日本選手権(29日・日本武道館)が対象。発言者を
匿名にすることなどが条件となるが、注目度の高い五輪代表選考をオープンにすることで、より透明性の高い選考を行う。
リオ五輪代表を気持ちよく送り出すために、隠すことはしない。山下委員長は「公正で公平な選考を行っていることを、お見せすることで
理解していただきたい」と明かした。強化委員会の公開は昨年の世界選手権代表選考で試験的に導入されたが、今年から全大会で実現。
全日本選抜体重別が男女計12階級、全日本女子選手権と全日本選手権が最重量級の最終選考会で、それぞれの大会の直後に強化委を開き
代表を決める。
五輪の代表選考は、選手の運命を大きく左右する。他競技では理事会などを公開している団体もあるが、代表選考の現場に記者を同席させる
ことは皆無だ。入室が許されるのは昨年の主要大会を取材した報道機関のみ。山下委員長以外の出席者の発言は匿名とすることが条件となるが、
全柔連の決定は異例だ。
条件付きながら全面公開を決めた理由は、選考過程にある。柔道は国際大会の実績と国内で行われる各選考会の結果をもとに代表を決定。
世界で戦える選手を選ぶだけに世界選手権など国際大会の成績が重要視されるが、選考直前に行われる国内大会の優勝者の方が強く印象に残る。
山下委員長は「いかに真剣に、公正に選んでいるか。柔道界が変わろうとしていることを世間に伝えたい」と語った。
暴力問題などが発覚した13年に設置された第三者委員会でも、選手からは「選考の透明性を担保してほしい」との意見が多く出されたという。
マラソンなど毎回のように選考でもめる種目もあるが「いろいろなスポーツで選考過程が透明になるように、柔道も発信していきたい」と山下委員長。
代表選考という最重要案件をオープンにし、誰もが納得いく形でリオ五輪の代表切符を渡すつもりだ。

【柔道】リオ代表選考を報道陣に公開…オープンにして透明性アピール
http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20160316-OHT1T50216.html

143 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/03/19(土) 20:25:05.73 ID:en6xQnUQ

柔道の第38回全国高校選手権第1日は19日、東京・日本武道館で個人戦の男女各5階級が行われ、男子81キロ級決勝で、
藤原崇太郎(東京・日体荏原)が笠原大雅(奈良・天理)に優勢勝ちし、連覇を果たした。同60キロ級決勝では、市川龍之介(千葉・習志野)が
古賀玄暉(愛知・大成)の連覇を阻んだ。
女子57キロ級は昨年10月の世界ジュニア選手権を制した舟久保遥香(山梨・富士学苑)が、決勝で若藤唯(神奈川・桐蔭学園)に一本勝ちし
初優勝。同48キロ級は梅北真衣(兵庫・夙川学院)が制した。

藤原が男子81キロ級連覇=全国高校柔道
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_date1&k=2016031900269

柔道の全国高校選手権第1日は19日、東京・日本武道館で男女各5階級が行われ、女子57キロ級は昨年10月の世界ジュニア
選手権を制した舟久保遥香(山梨・富士学苑)が決勝で若藤唯(神奈川・桐蔭学園)に一本勝ちし優勝した。
男子60キロ級決勝は市川龍之介(千葉・習志野)が2連覇を狙った古賀玄暉(愛知・大成)に優勢勝ちした。同81キロ級は
昨年の全国高校総体を制した藤原崇太郎(東京・日体荏原)が2連覇を果たした。
20日は男女の団体が行われる。

柔道、女子57キロ級は舟久保V - 高校選手権第1日
http://news.mynavi.jp/news/2016/03/19/196/

女子57キロ級の舟久保が、準優勝に終わった昨年の悔しさを晴らした。決勝は得意の寝技に持ち込み肩固めで一本勝ち。
重圧から解放され、「勝ちにこだわった。リベンジしたかった」と実感を込めた。
昨年の世界ジュニアで優勝して自信が増し、「東京五輪を自分が目指せる舞台だと思える」。4月から3年生。今後はシニアの
大会でも活躍を目指し、「立ち技を強化して講道館杯で優勝すること」と今年の目標を掲げた。

舟久保、悔しさ晴らす=全国高校柔道
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2016031900309

柔道の全国高校選手権第1日は19日、東京・日本武道館で男女各5階級が行われ、女子57キロ級の舟久保は得意の寝技がさえ、
決勝も肩固めで一本勝ちした。昨年は準優勝だっただけに「絶対リベンジしたかった。日本武道館は(東京)五輪が行われる場所なので、
ここで優勝したいと思っていた」と笑みがこぼれた。
昨年は8月に全国高校総体、9月に全日本ジュニア体重別選手権、10月に世界ジュニア選手権を制した。「大舞台でもやり切れる
精神力がついた」と成長を実感する。今後の目標には「講道館杯で優勝したい」と、11月に行われるシニアのタイトル獲得を掲げた。

舟久保、得意の寝技で優勝「ここで優勝したいと思っていた」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160319/jud16031918130002-n1.html

144 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/03/20(日) 11:17:01.02 ID:t3Seov8k

個人戦男女各5階級が行われた。女子57キロ級では、昨年10月に世界ジュニアを制した舟久保遥香(富士学苑2年)が、
決勝で若藤唯(神奈川・桐蔭学園)を肩固めの一本勝ちで破り、初優勝。得意の寝技で堅実に勝利を重ね、昨年準優勝だった
悔しさを晴らす堂々の金メダルを手にした。きょう20日に行われる団体戦でも上位進出を目指す。
初優勝がかかる決勝戦。舟久保は落ち着きはらっていた。若藤を相手に寝技に持ち込むと、そのまま肩固めへ。2分53秒での
一本勝ちを確認すると、立ち上がり、ふう、と息をついた。昨年準Vの悔しさを晴らす全5戦、相手にポイントを許さずとった“金メダル”に
「(肩固めは)中学の時から得意な技。勝ててホッとしている。絶対リベンジしたかった」と話した。
得意の寝技で勝ち上がった。大会前、「(課題としていた)立ち技を強化している」と語っていたが、蓋を開けてみれば、5試合中、
投げ技での勝利はなく、寝技で3勝。畳の上では最後までクールな表情を崩さなかった舟久保だったが、試合後「(大会前に)立ち技で
勝つって言ってたのに~。寝技ばかりになっちゃいました~」とちゃめっ気たっぷりの笑顔で振り返った。
昨年8月に全国高校総体、9月に全日本体重別選手権、10月に世界ジュニアと立て続けに制覇し、注目を集めた。それでも
舟久保自身は冷静だ。「経験が増えて、イメージもできている。こういう大舞台でやりきれる精神力がついたと思います」と成長を実感。
そして、この日のV。「日本武道館は(東京)五輪が行われる場所なので、ここで優勝したかった」と勝利への強いこだわりものぞかせた。
今後について「連覇がかかる高校総体もあるし、目標は講道館杯(11月)優勝です。そこまで1戦1戦、取りこぼさず勝っていきたい。
そのためにもまずは団体戦。何が何でも勝つ」と20日の団体戦での活躍を力強く宣言した。(尾田 敏成)

舟久保 遥香(ふなくぼ・はるか)1998年10月10日、富士吉田市生まれ。17歳。5歳で柔道を始め、大明見スポーツ少年団、
富士学苑中を経て富士学苑入学。2014年5月、全日本カデ柔道体重別選手権準優勝。同年12月、アジアカデ・ジュニア選手権(カデ部門)優勝。
15年8月に高校総体個人戦を制覇すると、同年9月全日本ジュニア、10月世界ジュニアと立て続けに優勝。段位は初段。165センチ。血液型O。
家族は両親と兄。

【柔道】富士学苑・舟久保、完全リベンジV「勝ててホッとしている」
http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20160319-OHT1T50165.html
http://www.hochi.co.jp/photo/20160319/20160319-OHT1I50066-L.jpg
http://www.hochi.co.jp/photo/20160319/20160319-OHT1I50067-L.jpg

世界ジュニア覇者女子57キロ級の舟久保遥香(17=山梨・富士学苑高2年)が初の高校日本一に輝いた。決勝では中学時代から武器とする
オリジナルの寝技で一本勝ち。2位に終わった昨年大会の雪辱も果たした。20年東京五輪を見据え、今年はシニア撃破を目指す。
舟久保は「自分でもどっちか分からないです」と答えた。決勝の寝技での決まり技は肩固めだったが、実際は肩を固めていない。むしろ
「いつもは崩れけさ固めとされるんですけど…」。審判も判定に困る「舟久保固め」の開眼は中学3年。うつぶせの相手の返し方を研究するうち
「いつの間にかそうなっていた」。
通常は相手の裾などを持つ手を、相手の道着の中に入れて内側からつかんでひっくり返し、そのまま抑え込む。「(内側の道着を)持ったら
決まりますね」と自信作。昨年からロープを使った筋トレも取り入れ、普段着もサイズアップした腕っぷしで威力は増した。
立ち技の課題も口にしたが、東京五輪の星は「20年の会場なので絶対に勝ちたかった」と意欲十分。女優の能年玲奈似の容姿も注目されるが
「そっちはあまり…」。試合用に刈り上げた後ろ髪を「仕上げてきました」と笑う強カワ娘は、容姿ではなく柔道で魅せる。

舟久保遥香(ふなくぼ・はるか)1998年(平10)10月10日、山梨県富士吉田市生まれ。柔道は友達がやっていたので6歳から。
富士学苑中では13年全国中学大会で山梨県勢として初制覇。富士学苑高に進学後、14年アジアカデ、15年全日本ジュニア、1
5年世界ジュニア優勝。得意技は寝技、大内刈り。162センチ、57キロ。

能年玲奈似の舟久保遥香 オリジナル寝技で初V
柔道http://www.nikkansports.com/sports/news/1619174.html
http://www.nikkansports.com/sports/photonews/photonews_nsInc_1619174-0.html

145 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/03/20(日) 21:18:16.29 ID:9paWDDiF

最終日の団体戦を行い、男子(勝ち抜き試合)は日体荏原(東京)が国士舘(東京)を1人残しで下し、悲願の初優勝を果たした。
日体荏原は副将のハンガル・オドバートル(2年)が、相手中堅と副将を破る活躍。同大将・飯田健太郎(2年)には敗れたが、
自軍の大将・藤原崇太郎(2年)に、疲れた相手をつないだ。
すると、この日初登場となった藤原はすばやい動きで飯田の力と技を封じた。試合中盤に有効を奪うと、危ない場面をしのぎ、
優勢勝ちをもぎとった。
男子最優秀選手に選ばれた藤原は「苦しい練習をしてきたので、絶対優勝すると思っていた。でも、信じられない。自分は決勝1試合しか
出ていないので、ほかの4人のおかげ」と感極まった顔を見せた。日体荏原は夏の高校総体決勝で国士舘に敗れたが、見事に雪辱した。
女子(点取り試合)は敬愛(福岡)が大成(愛知)に1-1ながら、大将・児玉ひかる(2年)が試合時間残り18秒に内股で一本勝ち。
これが効いて内容勝ちし、3年ぶり3度目の優勝を飾った。

団体戦の男子は日体荏原、女子は敬愛がV 高校柔道
http://www.nikkansports.com/sports/news/1619471.html

柔道の全国高校選手権最終日は20日、東京・日本武道館で団体戦が行われ、5人制勝ち抜き戦で争う男子は日体荏原(東京)が決勝で、
過去8度優勝の国士舘(東京)を1人残しで破って初優勝した。19日の個人戦で81キロ級を2連覇した藤原崇太郎が大将戦で優勢勝ちした。
3選手による点取り戦の女子は敬愛(福岡)が大成(愛知)との決勝を1-1の内容勝ちで制して3年ぶり3度目の優勝を果たした。

男子は日体荏原が初優勝 全国高校選手権/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160320/jud16032018280002-n1.html

女子の敬愛は0-1で迎えた大将戦で児玉が殊勲の一本勝ち。残り18秒で内股を豪快に決め、内容差による3年ぶりの頂点に導いた。
児玉は173センチの長身を生かした攻撃的な柔道が身上。前日の無差別級決勝に続いて一本勝ちで優勝を決め、「絶対に一本を
取って勝とうと思ったから投げ切れた」と2冠に胸を張った。

児玉、一本勝ちで2冠=全国高校柔道
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2016032000193

男子は日体荏原が同じ東京の名門、国士舘を破り念願の初優勝。10年以上チームを率いる小久保監督は「私に指導力がなかったが、
関係者に支えてもらい選手が力を合わせてくれた」と感涙に暮れた。
「柔よく剛を制す」を体現した。1年生で体重73キロの塚本は116キロの相手に内股透かしで一本勝ち。100キロのハンガルも自分より
重い2人に連勝し、個人戦で81キロ級を制した藤原は全日本ジュニア100キロ級覇者の飯田から背負い投げで有効を奪った。
大会前、国士舘との勝負を想定して日体大の重量級選手と稽古を重ねた。藤原は「今回こそは、と思っていた。信じられないぐらいうれしい」と
達成感に浸った。

日体荏原、柔よく剛を制す=全国高校柔道
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_date1&k=2016032000188

146 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/03/21(月) 20:06:05.44 ID:3k0UDIMJ

お家芸と言われながら苦戦が続く日本柔道は、再び栄光を取り戻せるのか――。
4年前のロンドン五輪では男子が金メダルを一つも取れない初の屈辱にまみれ、井上康生監督のもとでリオデジャネイロ五輪での復権を期している。
その中でも特に注目を集めるのは、100キロ超級の代表争いだ。
4月に行われる最終選考会でわずか「1」しかない枠を懸けて戦うと予想されるのは、現在世界ランク4位の七戸龍と同2位の原沢久喜のふたりである。
七戸は全日本空手王者に輝いた父とベルギー人の母を持つ。中学時代まで柔道と空手の“二刀流”で取り組んでいた異色の経歴と端正なルックス、
そして後輩からも親しまれる人間性が印象的な27歳。その七戸が、ロンドン五輪後に急成長を果たした。
'14年、'15年の世界選手権では2年連続で銀メダルを獲得し、リオ五輪切符は七戸に確定したかと思われた。
その七戸のライバルとして台頭してきたのが23歳の原沢だ。
昨年12月のグランドスラム東京での直接対決を制して優勝。その後も国際大会7連勝をとげている。自宅の本棚には「相対性理論」の書籍が
並ぶなど、独特の感性を持っている。人となりは対照的ながら、競争相手としてお互いを高め合っている。
鈴木桂治「世界一強い男なんだという自覚と責任が必要」
そこで今回BS日テレの「アスリートの輝石」では、選考会を前に己を磨き上げる七戸と原沢にそれぞれ直撃した。
七戸に話を聞くと、ロンドン五輪後に急成長を遂げたきっかけをこう口にする。
「ロンドンの代表選手もすごく強かったのに負けてしまった。自分が出ていたらとイメージしながらテレビで観ていました。五輪には強いだけじゃ
勝てない何かがあるんだなと」
その“何か”を探し出すために、稽古はすべて乱取りに充てるなど、七戸は実戦を重視する。ロンドン五輪73kg級銀メダリスト中矢力らとの
食事会でも、どんな手を使っても勝とうとしてくる各国の『JUDO』を意識し、それを倒すことを夢見ている。
一方の原沢は「大学に入った当初、先生たちから柔道が下手だと言われ続けたました(笑)」と語っている。「人に合わせるのが苦手で超マイペース」
と自身の課題を挙げつつも、「五輪争い、勝ちきる自信はある」と断言するなど、夢舞台である五輪への想いは非常に強いものだった。
番組では、ふたりの柔道家を見守り、鍛え上げる井上監督、鈴木桂治コーチの単独インタビューも実現した。
「日本の重量級は、世界一強い男なんだという自覚と責任が必要なんです」
'04年アテネ五輪100kg超級で金メダルを獲得し、世界選手権でも二度の世界一を経験した鈴木コーチだからこそ伝えられること。
“最強の柔道家”を目指すための準備とはいったい何なのか――。
3月27日の放送で核心が明らかになる。

日本柔道界・最重量級のプライド。七戸龍&原沢久喜、世界最強は俺だ!~BS日テレ『アスリートの輝石』より~
http://number.bunshun.jp/articles/-/825280

147 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/03/21(月) 23:22:57.13 ID:4Rtrgsjk

5人制勝ち抜き戦の男子は日体荏原(東京)が決勝で国士舘(東京)に1人残しで勝ち、初優勝を飾った。殊勲は2人抜きをした副将の
ハンガル・オドバートル(2年)。モンゴルからの留学生は組み際の粘り強さを武器に、鮮烈な印象を残した。20年東京五輪での金メダルを
目指して2年前に来日した17歳は、楽しみな好敵手となりそうだ。
接近戦での粘り強さは、国際大会でのモンゴル選手のそれを思い起こさせた。相手の1人リードで4人目で登場したハンガルが、優勝候補筆頭の
国士舘の強豪をなぎ倒し、ヒーローに。「ちょーうれしいです」と丸刈りの頭をなでた。
中堅の磯村(2年)戦は、183センチ、100キロ、ベンチプレスは115キロを上げる肉体で、足技の掛け合いに。横倒しにして有効を重ね、
最後は肩固めで一本勝ち。続く副将の河田(2年)戦でも組みつき、1分31秒に右足を外から相手の左足にかけて後ろに倒し、一本勝ち。
大将の飯田(2年)戦は疲れで動けずに指導4で反則負けも、体力を削った。5人目で登場の藤原(2年)も「ハンガルが良かった」と感謝した。
「東京五輪でチャンピオンになりたい」。11歳で柔道を始めたモンゴルのカデ王者が来日したのは2年前。祖父が同国のサンボ選手として初の
国際大会の優勝者の血筋は、「めちゃ暑い」と驚く日本で磨かれた。高校入学時84キロだった体重は「ご飯がおいしい」「ア●スがおいしい」と、
97キロに。100キロ級での五輪出場へ順調だ。
母国から送ってもらった肉料理で仲間の胃袋がおかしくなったりもあったが、藤原が「おもろい」というムードメーカー。武道館が東京五輪の
会場だと聞くと「知らなかった。ちょーうれしいです」と屈託なく笑った。

日体荏原初V、モンゴル留学生ハンガル2人抜き - 柔道 : 日刊スポーツ
http://www.nikkansports.com/sports/news/1619718.html

148 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/03/23(水) 11:40:50.87 ID:3VnpqEkf

大将戦で逆転勝ちし、敬愛の歓喜の輪ができた。大成との決勝は1-1の内容勝ち。児玉ひかる(2年)が大内刈りで相手を追い込み、
内股を決めた。前日に個人戦の無差別級で優勝した大将はチームを救い、輪の中心で涙と汗を輝かせた。
「まず1冠。今年こそ3冠を取りたい」。児玉は一丸で闘い抜いた仲間を見つめた。中堅の小柳穂乃果主将(同)は両肩を痛め、釣り手の
右腕を上げられない。得意の袖釣り込み腰を封印し、足技などで攻めた。計5試合を全て引き分け、負けなかった。その姿が児玉を、
先鋒の寺田宇多菜(同)を奮い立たせた。
さらに児玉は補欠の新森涼(同)に感謝した。この大会は先鋒と中堅に体重区分があり、昨年の全国高校総体70キロ級の女王はサポート役
に回った。実戦形式の乱取りで前へ出ることを心掛けて積極性を身に付け、他校の男子との稽古でパワーを培った児玉は「励ましてもらって
心強かった」。新森も「立派な大将でした」と笑顔を並べた。
春の全国選手権、夏の金鷲旗と全国総体。昨年は全国総体決勝で大成に惜敗するなど、金鷲旗の1冠だった敬愛が、悲願である「3冠達成」への
挑戦権を手にした。「気持ちが一つになってみんなが成長した。気負わずにいく」。吉元幸洋監督も笑顔で宣言した。
もっと力をつけたい
長崎明誠・大将の西村満利江(女子準々決勝で敬愛に敗れて2年連続の8強)「敬愛の児玉さんとの大将戦は技をかけられなかった。
昨年ベスト8だったので優勝したかった。もっと力をつけ、確実にポイントが取れるように技を磨きたい」
大牟田4強逃す 男子
男子の大牟田(福岡)は準々決勝で敗れた。昨年の3位に届かない8強ながら、随所でしぶとさを発揮するなど収穫は多かった。
東海大仰星(大阪)との3回戦は副将の西田将樹主将(2年)が2人を抜き、90キロ級の久保大喜(同)が大将戦で競り勝った。
埼玉栄との準々決勝では副将を務めた久保が2人を抜き、大将の西田も攻めた末に大将戦で屈した。チームでただ1人の
100キロ超級の選手でもある西田主将は「体力と筋力をもっとつけて金鷲旗とインターハイで優勝を目指す」とさらなる成長を誓った。

柔道高校選手権 女子 敬愛3年ぶりV 男子 大牟田4強逃す
http://www.nishinippon.co.jp/nsp/judo/article/232983

国際柔道連盟(IJF)のビゼール会長は22日、ロシアでレスリングなど陸上以外に拡大しているドーピング問題がリオデジャネイロ五輪に
向けて柔道に波及する懸念はないとの見解を示した。
ロンドンで開かれたスポーツビジネス関連の会議に出席した際に「柔道は特定の価値があり、健全性の分野では多くの注意を払って
きているので恐れていない」と述べた。

柔道に薬物波及懸念なし ビゼール会長が見解 - 柔道
http://www.nikkansports.com/sports/news/1620464.html

149 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/03/23(水) 19:36:39.16 ID:6AIjgvCI

2012年ロンドン五輪の柔道男子60キロ級銀メダリスト、平岡拓晃(31)=了徳寺学園職=が23日、現役引退を表明した。千葉県浦安市で
記者会見し、「今まで一生懸命、立派に戦ったという思い。新しい道へ進む」と話した。
男子66キロ級で出場した昨年11月の講道館杯で3回戦敗退。リオデジャネイロ五輪への道がほぼ断たれ、今年1月に引退の意思を固めた。
了徳寺学園は今月末で退社する。
男子60キロ級で五輪3連覇を遂げた野村忠宏氏の後継者として期待され、全日本選抜体重別選手権は08年から5連覇。しかし五輪は08年北京
で初戦敗退を喫し、ロンドンでも頂点に届かなかった。世界選手権も2位が最高だった。
伏兵選手に屈した北京五輪が現役生活で一番印象に残っていると振り返り「忘れたくても忘れられず、忘れてはいけない。心を成長させてもらった。
柔道家人生の分岐点になった」と話した。
現在は筑波大大学院博士課程でスポーツ医学を専攻し、自身が現役時代に苦労した減量への科学的なアプローチを研究している。筑波大柔道部
で女子の指導もしており「経験だけに頼らず、データに基づいた指導を目指す」と抱負を語った。

ロンドン銀の平岡が引退=「一生懸命戦った」-柔道
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_date1&k=2016032300666

2012年ロンドン五輪柔道男子60キロ級銀メダルの平岡拓晃(31=了徳寺学園職)が23日、千葉・浦安市の了徳寺大学で引退会見を開いた。
階級を66キロ級に上げ、3大会連続五輪を目指したものの、昨年11月の講道館杯で敗れ、リオ五輪出場が消滅。「ボクが今後、やっていくべき
道は何か?」と熟考した末、選んだのは引退し、指導者になることだった。現在、筑波大大学院博士課程に在籍しており、教授になる夢に向かって
主に減量の研究に専念するという。
了徳寺健二理事長(68)からは所属柔道部の指導者の道も勧められたが、3月いっぱいで退職することも発表。「今までの経験だけでなくて、
いろいろな角度から学び、指導できる指導者になっていきたい。ゼロからの出発。温かく見守っていただけたら」と平岡は笑顔で話した。

ロンドン五輪銀・平岡が引退「今後は指導者に」
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/521683/

柔道の2012年ロンドン五輪男子60キロ級銀メダリスト、平岡拓晃(31)=了徳寺学園職=が23日、千葉県浦安市の了徳寺大で記者会見し
「全ての皆さんに感謝して引退しようと思う」と現役を退くことを表明した。昨秋の国内大会で敗れ、リオデジャネイロ五輪出場の可能性は消えていた。
今後は筑波大大学院で勉強を続けて指導者の道を進む。
広島県出身で近大福山高(現近大広島高福山)、筑波大で力を付けた。五輪3連覇の野村忠宏氏を抑えて初出場した08年北京五輪は初戦敗退に
終わったが、ロンドン五輪で2位。全日本選抜体重別選手権は12年まで5連覇した。
一番の思い出には北京五輪を挙げ「人生の分岐点になった。心を成長させてもらった」と振り返った。減量に苦労した経験から大学院では
スポーツ医学を専攻。「しっかりとしたデータに基づいて、勉強していく」と決意を語った。

ロンドン五輪銀の平岡が引退 指導者の道へ/柔道

http://www.sanspo.com/sports/news/20160323/jud16032317250002-n1.html

150 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/03/23(水) 21:20:45.71 ID:6AIjgvCI

全日本柔道連盟は23日、体重無差別で日本一を争う全日本選手権(4月29日、東京・日本武道館)と全日本女子選手権(4月17日、
横浜文化体育館)の組み合わせを発表した。リオデジャネイロ五輪の男子100キロ超級、女子78キロ超級の最終代表選考会をそれぞれ兼ねる。
男子100キロ超級の五輪代表を争う前回覇者の原沢久喜(日本中央競馬会)、世界選手権2年連続銀メダルの七戸龍(九州電力)はともに
2回戦から。反対のブロックに入り、決勝まで当たらない。順当なら準決勝で原沢は上川大樹(京葉ガス)、七戸は王子谷剛志(旭化成)と当たる。
昨年女王の田知本愛(ALSOK)は2回戦から登場。五輪代表争いで田知本を追う山部佳苗(ミキハウス)は別のブロックに入った。

原沢と七戸、決勝まで当たらず=柔道全日本選手権
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201603/2016032300770&g=spo

全日本柔道連盟は23日、最重量級のリオデジャネイロ五輪代表最終選考会を兼ね、体重無差別で争う全日本選手権(4月29日、日本武道館)と
全日本女子選手権(同17日、横浜文化体育館)の組み合わせを発表し、昨年王者の原沢久喜(日本中央競馬会)と昨年2位で世界選手権2年連続
銀メダルの七戸龍(九州電力)は決勝まで対戦しないブロックに入った。
男子100キロ超級代表の座を争う両者はともに2回戦から出場。順当に勝ち上がれば、原沢はロンドン五輪代表の上川大樹(京葉ガス)、
七戸は一昨年覇者の王子谷剛志(旭化成)といずれも準決勝で当たる。
女子で2連覇を狙う田知本愛(ALSOK)と、78キロ超級代表争いのライバルで3度目の日本一を目指す山部佳苗(ミキハウス)も2回戦からの
登場で、勝ち進めば決勝で顔を合わせる。

原沢、七戸は別ブロックに リオ五輪代表選考の全日本選手権/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160323/jud16032320110003-n1.html

151 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/03/24(木) 12:09:52.29 ID:/WW181aS

12年ロンドン五輪の柔道男子60キロ級で銀メダルを獲得した平岡拓晃(31)が所属先の了徳寺大学(千葉県浦安市)で現役引退会見を行った。
五輪初出場の08年北京では初戦敗退したが、09年と11年の世界選手権で銀メダルを獲得するなど最軽量級の第一人者として長く活躍した。
今年に入って引退を決断したという31歳は「ロンドン五輪あたりから“勉強したい”という思いがあった。自分が苦しんだ減量など、しっかり学んで
指導に生かしたい」とし、今月いっぱいで了徳寺学園を退職。来月からは母校・筑波大の大学院博士課程に専念し、将来の指導者を目指すという。
理想の選手像について「結果を残すだけでなく、自分が学んだことを次の世代につなげられるような選手を育てたい」と話した。

ロンドン銀の平岡が引退会見 指導者目指し大学院博士課程専念
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/03/24/kiji/K20160324012267610.html

ロンドン五輪の柔道男子60キロ級銀メダリストで、浦安市を本拠地とする了徳寺学園柔道部の平岡拓晃選手(31)が23日、現役引退を表明した。
同市明海の了徳寺大学で了徳寺健二・学園理事長、山田利彦・柔道部監督と記者会見した平岡選手は「こんなに長く現役を続けられると
思わなかった。五輪を目指すのに良い環境を作ってくれた学園の皆さんに感謝している」と述べた。今後は指導者を目指す。
広島市出身。筑波大学を卒業後、2007年に同学園の職員になった。柔道部は00年創設で、平岡選手を含め18選手が所属している。
平岡選手が初の五輪メダリストとなった。
平岡選手は現在、筑波大大学院の人間総合科学研究科でスポーツ医学を専攻しており、今月末で同学園を辞める。了徳寺理事長は指導者として
残るよう打診したが、「ありがたい話だが自分にはまだ知識が足らず、勉強に専念したい」と固辞したという。
平岡選手は08年の北京五輪で活躍が期待されたものの初戦敗退。ロンドンでもあと一歩で金メダルには届かなかったが、山田監督は
「悔しさを持っていることが指導者として良いエネルギーになる」と今後に期待した。

柔道:五輪へ良い環境、平岡選手が感謝 浦安で引退会見
http://mainichi.jp/articles/20160324/ddl/k12/050/338000c

152 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/03/26(土) 20:26:02.49 ID:6rz+xZLA

2012年ロンドン五輪柔道男子60キロ級銀メダルの平岡拓晃(31=了徳寺学園職)が23日、千葉・浦安市の了徳寺大学で引退会見を開いた。
階級を66キロ級に上げ、3大会連続五輪を目指したものの、昨年11月の講道館杯で敗れ、リオ五輪出場が消滅。「ボクが今後、やっていくべき道は
何か?」と熟考した末、選んだのは引退し、指導者になることだった。現在、筑波大大学院博士課程に在籍しており、教授になる夢に向かって主に
減量の研究に専念するという。
了徳寺健二理事長(68)からは所属柔道部の指導者の道も勧められたが、3月いっぱいで退職することも発表。「今までの経験だけでなくて、
いろいろな角度から学び、指導できる指導者になっていきたい。ゼロからの出発。温かく見守っていただけたら」と平岡は笑顔で話した。

ロンドン五輪銀・平岡が引退「今後は指導者に」
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/521683/

ロンドン五輪柔道男子60キロ級銀メダルの平岡拓晃(31=了徳寺学園職)が23日、千葉・浦安市内で会見し、現役引退を正式発表した。
7度の手術を乗り越え、3大会連続五輪を目指してきたが、昨年11月の講道館杯で敗れて道を断たれた。
今後は指導者転身を希望し、まずは知識の習得を優先。現在、筑波大大学院博士課程に在籍している。主に減量法を研究中で「ボクは減量に
苦労した選手。資格を取って、危険な減量とか、無理な減量を減らしたい。脱水のマーカーを見つけられたら」と平岡は“減量のスペシャリスト”へ
の意欲を示した。
一方、リオ五輪に挑む後輩たちには置き土産として“98%理論”を力説する。「あまり100%で仕上げないように。気持ちに隙ができる。ケガ
をしている選手は成績がよかったりする。98とか97%。少し残してあげたほうが大舞台では慎重になれる」とベテランならではの助言を送った。
所属でコーチになる道もあったが、3月末で退職。了徳寺健二理事長(68)は「退路を断って学ぼうとする平岡君の心意気は侍だなと感じた」と
学園初の五輪メダリストをねぎらった。

柔道ロンドン五輪銀の平岡が引退“98%理論”を後進に託す
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/521958/

153 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/03/26(土) 20:27:38.11 ID:6rz+xZLA

柔道男子60キロ級の高藤直寿(22)が25日、東海大学を卒業した。世界選手権金メダル、結婚、規律違反による処分まで波瀾万丈の4年間
を送ったが、体育学部武道学科の総長賞を授与され、精神面の成長を証明した。
男子代表の井上康生監督(37)から「引き続きだけど、これからもよろしく。必ずリオに一緒に行くぞ」とエールを送られると「勝って第1号の
金メダルを自分が取ることが恩返し」と応じ、全日本選抜体重別選手権(4月2~3日、福岡国際センター)での代表権取りと、五輪金メダルを
力強く約束した。
卒論は同期の高市賢悟(22)との共著で「背負い投げにおける筋活動」について執筆。技に入るとき、最も力の入りやすいヒジの角度を
研究したもので、井上監督も「一生懸命頑張っていた。ヒジ一つにしても背負い投げをかける連中は痛めている。それは効率の悪い入り方
をしているから。そういう部分では非常に大事なこと」と高く評価。4月からは吉田秀彦監督(46)率いるパーク24でさらなる飛躍を目指す。

東海大卒業の高藤が井上監督に「リオで金」約束
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/522855/

柔道男子60キロ級の高藤直寿(22)が神奈川県平塚市の東海大湘南キャンパスで行われた卒業式に出席し、学生生活に別れを告げた。
在学中の13年に世界選手権を制し、プライベートでも結婚して1児の父になった。今後は吉田秀彦監督率いるパーク24に進むが、リオ五輪に
向けて引き続き練習拠点は母校に置く。「東海大で精神面でも凄く成長できた。五輪で勝って恩返ししたい」と金メダルを誓った。2月の国際大会
を欠場する原因となった左膝のケガは順調に回復。昨年初戦敗退に終わった全日本選抜体重別選手権(4月2、3日、福岡国際センター)に
向けて「必ず優勝してリオに行きたい」と気合を入れた。

柔道男子60キロ級・高藤が東海大卒業 リオ金メダルで恩返し 柔道
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/03/26/kiji/K20160326012283490.html

柔道男子60キロ級の13年世界王者でリオデジャネイロ五輪の金メダル候補の高藤直寿(22)が25日、神奈川県内で行われた
東海大の卒業式に出席した。
学業優秀者が対象の総長賞を受賞したが「卒業といっても、明日もここにいるんですよ」と話した。社会人になっても拠点は大学に置く。
4月からの所属先パーク24の理解があり、五輪までは環境変化を避けることができる。同社の吉田秀彦監督からは「練習相手の
ことなどで助言をもらっている」とし「いろいろな方のお世話になっている。金メダルで恩返ししたい」と力を込めた。

高藤直寿が東海大卒業 環境変化避け拠点は大学に
http://www.nikkansports.com/sports/news/1621971.html

154 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/03/29(火) 19:05:26.66 ID:navRDtjt

全日本柔道連盟(全柔連)は28日、東京都内で評議員会を開き、2015年度決算が前年度の約1600万円の赤字から
約7100万円の大幅黒字に転じる見通しだと報告した。
今月16日の理事会では約500万円の黒字見込みと報告されていたが、その後に日本オリンピック委員会(JOC)からの
選手強化交付金など約6600万円が追加され、黒字幅が拡大したという。全柔連の収支は13年に発覚した暴力指導問題など不祥事
の影響で、赤字が続いていた。

全柔連15年度決算7100万円の大幅黒字へ - 柔道
http://www.nikkansports.com/sports/news/1623220.html

心配ご無用。全日本柔道連盟の山下泰裕副会長(58)が柔道人口増加に自信を示した。
全柔連会員登録者数は2002年度から13年連続で減少。特に中学生は1万7571人、小学生は1万2588人の大幅減と深刻な状態だ。
28日に都内で行われた評議員会でも報告され、社会問題化する少子化の影響を踏まえても「減少傾向はより大きく進んでいる」(全柔連幹部)。
12年度から始まった武道必修化の効果も表れていない。
ただ、そんな状況でも山下副会長は「危機的という意識は全くない」とあくまでも前向きだ。慌てない理由は何か。「対策を打たなかったことが原因」と
分析する同副会長は、昨年から普及のための少年柔道教室を全国でスタート。この効果がわかるのはこれからで「確実に上向きになっている」と
手応えを示した。
何より、リオ五輪への自信だ。ロンドン五輪では男子が金メダルゼロの歴史的敗北を喫した。だが、昨年世界選手権で男女6個の金を獲得した。
普及には「五輪で活躍するのも必要なこと。ロンドンの惨敗も影響している」とプラス効果を期待。リオで一気に柔道界の巻き返しを図る計画だ。

全柔連・山下副会長は少子化でも柔道人口増加に自信
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/523892/

155 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/03/30(水) 18:53:33.32 ID:1aNB3D3Q

全日本柔道連盟(全柔連)は29日、昨夏の世界選手権男子100キロ級で初優勝した羽賀龍之介(旭化成)が、
リオデジャネイロ五輪代表最終選考会となる全日本選抜体重別選手権(4月2、3日・福岡国際センター)を
右膝の負傷により欠場すると発表した。
五輪代表最有力の羽賀は3月18日の稽古中に負傷し「右膝内側側副靱帯(じんたい)損傷で約6~8週間の
安静加療が必要な見込み」と診断された。全柔連によると、全日本選抜体重別選手権に出場しなくても五輪
代表選考の対象からは外れないという。

五輪最有力の羽賀龍之介が負傷で最終選考会を欠場
http://www.nikkansports.com/sports/news/1623733.html

全柔連は29日、昨年の世界選手権男子100キロを制した羽賀龍之介(24)=旭化成=が、18日の稽古中に右膝を故障したと発表。
内側側副靱帯(じんたい)損傷と診断され、最長2か月の安静が必要となり、リオデジャネイロ五輪代表最終選考会となる全日本選抜
体重別選手権(4月2、3日・福岡)を欠場することになった。
羽賀は世界ランク5位で同階級では唯一、リオ五輪の出場権利が与えられる22位以内に入っているため、今大会を欠場しても
リオ五輪代表に選出されることは濃厚。ただ長期間の休養を余儀なくされるために、五輪本番に不安が出てきそうだ。

【柔道】羽賀、右膝故障で全日本選抜体重別を欠場
http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20160329-OHT1T50222.html

全日本柔道連盟は29日、全日本選抜体重別選手権(4月2~3日、福岡国際センター)に出場予定だった男子100キロ級の
羽賀龍之介(旭化成)が、右膝を痛めたため欠場すると発表した。18日の練習中に負傷。右膝内側側副靱帯(じんたい)損傷で
約6~8週間の安静、加療が必要と診断された。大会には後藤隆太郎(慶大)が代替出場する。
全日本選抜体重別選手権はリオデジャネイロ五輪の最終代表選考会を兼ねる。男子100キロ級代表争いは昨年の世界選手権覇者で
実績のある羽賀が他選手を大きくリードしており、欠場しても代表に選出されるとみられる。

羽賀、右膝負傷で欠場=選抜体重別柔道
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_date2&k=2016032900811

156 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/01(金) 13:39:26.34 ID:Voq5zdeH

今年夏のリオデジャネイロ五輪に向けて日本の代表選手がこれから続々と決まる。4年に1度の大舞台に立つ五輪代表の選考を巡っては、
マラソンをはじめとする様々な競技で、誰を選ぶべきか、どんな基準で選ぶのか、などの議論が巻き起こる。団体球技は原則としてチームづくりを
する監督の裁量という考え方が定着してきたが、個人種目は時に不満を持つ選手側と競技団体の紛争に発展することもある。選考過程の透明化を
目指して柔道は選考会を兼ねた4月の国内3大会のそれぞれ終了後の強化委員会(選考会議)を報道陣に公開することを決めた。アスリートも
スポーツファンもみんなが納得し、かつ五輪での好成績にもつながる代表選考のあり方について考えてみたい。
実績重視、五輪への道ルール化
全日本柔道連盟の強化委員長も兼務する山下泰裕副会長と2カ月ほど前、代表選考について話題にする機会があった。「やっぱり選考会で
勝った選手が五輪に行くべきです。負けたのに過去の実績で代表に選ばれるのはおかしいと思う」と話を向けると、こう返された。「柔道では
国内で勝つのと国際大会で勝つのはまったく意味が違います。日本人同士でいくら強くても、五輪で勝つ可能性が高いとはいえません」。
五輪での対戦相手はすべて外国人選手。金メダル獲得の可能性を少しでも高くするなら、国内の選考会よりも国際大会での実績を考慮するのは
仕方がないのかもしれない。それでもやっぱり思ってしまう。「選考会で勝ったのに五輪に出られなかったら、当人はとても納得できないだろうな」。
日本のスポーツ界では学閥や企業閥などの人間関係がしばしば幅をきかすケースを見てきたからなおさらだ。
ただ、今では多くの競技でそうしたジレンマは解消されつつある。各国際競技団体(IF)が実績重視にかじを切り、五輪への道がルール化
されてきたからだ。国内での選考会など必要ないこともある。柔道は前回のロンドン五輪以降、国際大会による世界ランキングで男子22位、
女子14位以内が五輪出場の最初の条件となった。ランク下位の選手は最初から五輪出場のチャンスがない。選考会の実施や選考会議での
議論が必要となるのは、2人以上の日本人選手が条件を満たしている場合だけとなる。
柔道、選考会議の公開は英断
さすがに日本の柔道はレベルが高く、現時点で男女計14の全階級のうちほとんどでこの条件を満たす選手が2人以上いる。個人的には
有資格者が選考会で優勝した場合、自動的に代表に選ぶのが筋だと思うが、金メダルの可能性を考えればライバルとなる外国人選手との
過去の対戦成績なども考慮する必要があるだろう。有資格者が選考会でそろって敗退するなど、すんなり選べないケースも出てくる。だからこその
選考会議の公開は、英断だと思う。山下副会長は柔道に限らず多くのアスリートの意見を聞いた上で、「透明性を高めることが選手のためになる」
と判断したという。
世界ランクを決める国際大会への代表選考から、五輪出場権をめぐる争いが始まっているわけだ。柔道は昨年の世界選手権の代表を決めた
強化委員会も公開した。ファンやメディアの関心が高まる五輪の直前だけでなく、常に選考の過程や理由を分かりやすく開示する姿勢があらゆる
競技で求められる。

157 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/01(金) 13:40:46.99 ID:Voq5zdeH

世界ランクや国際大会の成績が五輪出場の前提条件となる競技と同様、記録を争う陸上や競泳では、昔からIFが設けた五輪参加標準記録がある。
日本でいくら強くても、この記録を突破しない限り五輪に出場はできない。マラソンの代表選考が難航するのはトップランナーはみんなこの記録
(男子2時間19分、女子2時間45分)をクリアしているからで、ここでも選考過程の透明化が必要なのは言うまでもない。ちなみに、マラソン以外の
多くの陸上競技では、この参加標準記録は日本選手にとってかなり高い壁となる。
日本水連が設けた二重のハードル
マラソンの選考がもめるたびに、「分かりやすい」と比較されるのが競泳の選考方法だ。五輪イヤーの日本選手権の一発勝負が知られているが、
実はポイントがもう一つある。日本水連は2000年のシドニー五輪の選考から、五輪参加標準記録よりかなりレベルの高い独自の派遣標準記録を
設け、日本選手権でその記録を上回った上で2位以上にならなければ五輪の出場は認めないという厳しい方針を貫いてきた。
「五輪で入賞を狙える選手しか出さない」「どんな実績があっても選考会で結果を出さなければ選ばない」という二重のハードル。04年アテネ、
08年北京の両五輪で2冠に輝いた男子平泳ぎの北島康介(日本コカ・コーラ)でさえ例外ではなかった。シドニー五輪の出場をめぐって
女子自由形の千葉すず選手がスポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴した事件を記憶している人も多いだろう。このときは、この派遣標準記録の
存在が選手側に十分に伝わっていなかったことが問題となった。
正直、水連がここまで厳しい選考を始めたことには疑問を感じていた。現役時代に「フジヤマのトビウオ」と呼ばれ、アスリートに自己を厳しく
律することを求めた当時の古橋広之進会長の考え方を反映したものだろうが、IFが設けた参加資格を日本の選手が満たしているのに、
国内の競技団体が出場を邪魔することはないだろうと憤慨していた。
日本の競泳強化で大きな成果
だが、00年以降の日本競泳陣の活躍ぶりはめざましい。確かに公平な選考方法ではあるし、日本の競泳を強くするという意味では大きな成果を
上げている。
そんな競泳もリオ五輪についてはすでに代表が3人決まっている。前回のロンドン五輪から、前年の世界選手権の優勝者は内定という新たなルール
を作り、今回初めて男子400メートル個人メドレーの瀬戸大也(JSS毛呂山)、女子200メートル平泳ぎの渡部香生子(JSS立石)、女子200メートル
バタフライの星奈津美(ミズノ)がそれに該当した。世界チャンピオンなのだから、五輪代表の内定に誰からも異論はない。ただ、実績がある選手も
いっさい特別扱いしなかった従来の方針は変更した。
競泳の選考会である日本選手権は4月4日から10日まで開催される。瀬戸や渡部は出場を目指すすべての種目で代表権を得ているわけではない。
これまでのような強いモチベーションで準備して選考会に臨み、狙い通りの結果を出せるだろうか。代表選考のあり方を考える上でも注目している。

選手もファンも納得 正しい五輪代表選考のあり方
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO99090260R30C16A3000000/

158 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/01(金) 13:46:11.16 ID:Voq5zdeH

4月2日、3日に行なわれる全日本選抜柔道体重別選手権2016。リオ五輪出場の選考となる大切な試合の今大会について、オリンピック3大会連続
で金メダルを獲得し、現在はキャスターやコメンテーターなど幅広く活躍している野村忠宏氏に、注目の階級や見どころについて語ってもらった。
体重別選手権の見どころについて語ってくれた野村忠宏氏 今大会混戦が予想されるのは、66kg級と73kg級だと思います。66kg級では、2度目の
五輪出場を目指している海老沼匡(パーク24)と髙上智史(旭化成)の拮抗した戦いが気になるところです。というのも、海老沼は、昨年12月の
グランドスラム・東京(以下東京)で髙上に敗れるまでは、絶対的な強さを誇っていましたが、負けたことで陰りが出ました。しかし、今年の2月の
グランドスラム・パリ(以下パリ)では、世界選手権3回優勝、12年ロンドン五輪銅メダリストの意地を見せて、再び強さを取り戻したように感じます。
選考争いの土俵に立っている選手は、常に成績を出すことが重要です。73kg級では、今年の2月のグランプリ・デュッセルドルフで大野将平(旭化成)
の勝ちは大きかったと思います。13年と15年の世界選手権で優勝している彼にとって、昨年12月のグランドスラム・東京の欠場はひとつの賭けでした。
その東京で11年と14年世界王者の中矢力(ALSOK)が勝っていれば、少し抜け出す形になりましたが、ベテランの秋本啓之(了徳寺学園職)が
優勝したことで、秋本も土俵に上がってくる状況になりました。
2月のパリで、秋本は3位、中矢は5位という結果に終わり、その直後に行なわれたデュッセルドルフで大野が勝ったことで、リードを広げたと思います。
3人はともに世界王者であり、それぞれの強さがありますが、僕はその中でも大野の強さに魅了されているんですよね。彼が僕の母校でもある、
天理大に進学する前の高校3年のときに一緒に練習をしたことがあるんですが、持っている技のスピードや、瞬間のキレには驚きました。
彼と組んだことのある選手は、みんな彼の技に恐怖を感じていると思うし、世界中が注目していると思うので、選抜体重別選手権での勝ち方にも
興味があります。
自分の階級である60kg級も気になるところ。髙藤直寿(パーク24)が2月のデュッセルドルフをケガで欠場しましたが、それはいい判断だったと
思っています。彼の場合、昨年の世界選手権には出場していないものの、5月のワールドマスターズの優勝に始まり、10月のパリ、12月の東京でも
優勝を果たしています。優勝候補筆頭と言ってもいいでしょう。
2月のパリでは昨年の世界選手権3位の志々目徹(了徳寺学園職)が優勝したことで、状況はすごく面白くなってきました。彼の場合は、日本人に
対して苦手意識を持っているようでしたが、志々目選手自身「泥臭くてもいいし、指導のポイント差でもいいから勝ちにこだわっていく」と話していた
ので、そういう柔道を見せてもらいたいと思っています。
100kg超級はともに国際大会で結果を出している原沢久喜(日本中央競馬会)と七戸龍(九州電力)の争いが面白くなっています。この階級は
今回の選抜体重別だけではなく、4月29日の全日本選手権を経て代表が決定します。
これまでの国際大会の実績では一歩リードしていた七戸に、原沢が東京の直接対決で制し、さらに2月のパリでも優勝し、2人が現時点では
ほかの選手より上にいる状況です。ロンドン五輪代表の上川大樹(京葉ガス)にも意地を見せてほしいところですが、ふたりの直接対決は
大きな見どころでしょう。
その他の選手で気になるのは、現時点でリオ出場は難しくなっている66kg級の阿部一二三(日体大)です。彼は2020年の東京五輪に
つなげるために、どういったスタートを切るか注目しています。本人も「阿部を出したかったな」と周りに言われるくらいの試合をしたい
と話していましたし、若い選手は勝っていくことがすべて評価につながるので、今からそれを大事にして欲しいと思っています。

159 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/01(金) 13:53:40.15 ID:Voq5zdeH

一方女子で最大の注目は、浅見八瑠奈(コマツ)と近藤亜美(三井住友海上)が激しい代表争いを繰り広げている48kg級になります。浅見は
初出場だった10年世界選手権で優勝して以降、11年も連覇を果たし、“最有力候補”としてロンドン五輪代表選考会の12年選抜体重別に臨みました。
ところが、初戦敗退で福見友子に代表を譲ってしまい、悔しさを味わっています。13年世界選手権で3連覇を逃してから休養に入り、その間に
近藤が13年の東京で優勝し、14年世界選手権でも優勝と一気に頭角を現してきました。
浅見の復帰後は、14年、15年の東京で近藤が浅見との直接を制して優勝し、浅見は2位。15年世界選手権では、浅見が2位で近藤は3位と激しい
競り合いを演じ、今年2月のパリでは近藤が2回戦で敗退、浅見も5位と決定的な差をつけられていない状況になっています。どちらも五輪代表に
なれば金メダル獲得の可能性が高いだけに、体重別でどういう結着をつけるのか興味深いです。
他の階級は混戦とまではいえない状況ですが、その中でも注目は52kg級の中村美里(三井住友海上)と57kg級・松本薫(ベネシード)の戦いです。
中村は08年北京五輪で3位になりましたが、12年ロンドン五輪は初戦敗退という結果で終わっています。その後、痛めていた前十字靱帯の再建手術
をして長期休養に入り、13年11月に復帰すると、15年世界選手権では4年ぶり3回目の優勝を果たし、東京でも優勝と再び金メダル有力候補として
浮上してきました。
松本もロンドン五輪優勝後に右腕を手術し、昨年の世界選手権では優勝し、復活を遂げています。集中した時の強さや厳しい組み手で五輪連覇を
狙える力が十分にあるだけに、中村とともに圧倒的な勝利を見せてほしいです。
リオ五輪の舞台を想像すると女子の場合は、全階級でメダルを狙える力は持っていると思っています。その中でも特に、48kg級と52kg級、57kg級は
金メダル獲得の可能性が高いだけに期待が膨らみます。
男女ともに、最終選考会は一発選考ではないながらも、最後はみんなきっちりと勝って代表権を獲得してほしいです。結果を出さなくてはいけない
時に結果を出す選手が強いわけですから、それを果たしてリオ五輪の畳の上に立つのがベストだと僕は思っています。

【柔道】野村忠宏が語る体重別選手権 「勝ってリオ五輪出場を決めてほしい」r
http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/othersports/2016/04/01/post_618/

明後日2日から始まる全日本選抜体重別選手権大会兼リオ五輪代表最終選考会で悲願の五輪出場を目指すのが女子48キロ級の
浅見八瑠奈(27、コマツ)だ。
4年前の同大会。前年まで世界選手権連覇の浅見はロンドン五輪代表が濃厚だったものの、初戦で高校生にまさかの敗戦。号泣した姿は記憶に新しい。
その後、年齢を重ねたうえ、近藤亜美(20、三井住友海上)というライバルも現れた。その近藤とは、昨年12月のグランドスラム・東京の決勝で対戦。
途中までリードしながら、終了直前に逆転負けを食らった。「まだ絶対に諦めない」と全日本選抜体重別選手権に臨む浅見に、今度こそ勝利の
女神はほほ笑むのかどうか。

柔道リオ五輪代表選考会 浅見八瑠奈“5年越し悲願”に意欲
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/178401

160 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/01(金) 13:54:25.48 ID:Voq5zdeH

柔道男子66キロ級のロンドン五輪銅メダリスト、海老沼匡らが所属する実業団のパーク24は1日、女子日本代表前監督の園田隆二氏(42)が
同日付でコーチに就任すると発表した。3月いっぱいで警視庁を退職した。
園田氏は1993年に世界選手権男子60キロ級を制覇。08年北京五輪後に女子代表監督となって12年ロンドン五輪で指揮を執った。その後、
暴力指導問題で選手から告発を受けて13年2月に辞任。1年半の指導者登録停止処分を受けた。
パーク24は10年に創部され、五輪金メダリストの吉田秀彦氏が監督を務める。園田氏は「大変な栄誉とともに大きな重責を感じております。
さらに強いチームとするべく、吉田監督とともに尽力してまいります」との談話を発表した。1日付で13年世界選手権男子60キロ級優勝の
高藤直寿が東海大から入社する。

暴力指導問題で辞任の園田氏、海老沼ら所属パーク24のコーチに
http://www.sanspo.com/sports/news/20160401/jud16040108260001-n1.html

柔道の実業団チームでロンドン五輪男子66キロ級銅メダリストの海老沼匡らが所属するパーク24は1日、女子日本代表前監督の園田隆二氏が
コーチに就任すると発表した。
園田氏は2012年ロンドン五輪で女子日本チームの指揮を執ったが、女子選手への暴力問題で辞任し、1年6カ月の登録停止処分を受けた。
パーク24は五輪金メダリストの吉田秀彦氏が監督を務めている。園田氏は「パーク24柔道部をさらに強いチームとするべく、吉田監督とともに
尽力していく」とコメントした。

園田氏、パーク24でコーチ=女子代表前監督
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016040100544

柔道の93年世界選手権男子60キロ級金メダリストで前全日本女子監督の園田隆二氏(42)が3月31日付で警視庁を退職し、4月1日から
実業団チーム「パーク24」のコーチに就任することが分かった。
2日から開幕するリオデジャネイロ五輪最終選考会の全日本選抜体重別選手権(福岡)から指導にあたる。パーク24には園田氏の
明大助監督時代の教え子で、男子66キロ級のエース海老沼匡(26)らが所属している。園田氏は12年ロンドン五輪後に暴力的指導問題で
全日本女子の監督を辞職。14年9月には指導者資格停止処分が終了していた。

前柔道日本女子監督・園田氏 警視庁退職、実業団のコーチへ
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/04/01/kiji/K20160401012318620.html

161 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/01(金) 19:20:17.78 ID:uXqwfo4Z

柔道のリオデジャネイロ五輪代表最終選考会を兼ねた全日本選抜体重別選手権(福岡国際センター)が2、3日に行われる。
女子48キロ級の浅見八瑠奈(27)=コマツ=は1日、福岡市内で前日会見に臨み、「(試合日の)4月3日は一番キラキラ輝いていたい」
とリオ切符獲得に意欲を燃やした。
4年前は12年ロンドン五輪代表の有力候補だったが、初戦で高校生に敗れたことが響いて落選した。「4年前は負けるのが怖かった。
勝負の厳しさを教えてもらった」。年齢とともに経験を重ね、「勝つために何が必要かをすごく考えるようになった」と成長を実感している。
最終戦までデッドヒートとなったライバルの近藤亜美(20)=三井住友海上=については「度胸のある選手。追う立場なので優勝するしかない」と
闘志。「五輪に挑戦できるのは幸せなこと。夢をかなえられるように精いっぱい頑張りたい」と4年越しのリベンジに燃えた。

浅見リオ代表決戦へ「一番輝きたい」
http://www.daily.co.jp/newsflash/general/2016/04/01/0008948607.shtml

柔道のリオデジャネイロ五輪代表選考会を兼ねた全日本選抜体重別選手権(2、3日、福岡国際センター)を控え、女子48キロ級代表を争う
近藤亜美(三井住友海上)、浅見八瑠奈(コマツ)ら有力選手が1日、福岡市内で記者会見し、意欲を見せた。
女子48キロ級は五輪金メダルが有力な階級で、勝者が代表になりそうだ。近藤は「攻めの柔道を貫き、思い切っていけば優勝できる」と強気な姿勢。
4年前のこの大会で初戦敗退し、ロンドン五輪代表を逃した浅見は「経験を重ねて対応力が付いた。自分にしかできない柔道をする」と静かな
闘志をのぞかせた。
男子100キロ超級は29日の全日本選手権を含めて選考会はあと2戦。一歩リードする原沢久喜(日本中央競馬会)は「(優勝が続いて)勢いが
あるのはプラス。勝ちにこだわった試合をする」と話した。追う七戸龍(九州電力)は「開き直るわけではないが、考えてもしょうがない。
自分のいいところを出す」と決意を示した。

近藤、浅見が五輪へ意欲=2日から選抜体重別柔道
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016040100911

リオデジャネイロ五輪柔道代表の最終選考会となる全日本選抜体重別選手権(2、3日、福岡国際センター)に出場する有力選手が1日、
福岡市内で記者会見し、激しい争いを展開する女子48キロ級で20歳の近藤亜美(三井住友海上)と27歳の浅見八瑠奈(コマツ)が決戦へ
闘志を燃やした。
元世界女王の両者は1日午前に福岡市内で最終調整した。近藤は「自分の強みは思い切りの良さ。攻めの柔道を貫けば、必ず結果はついてくる」と
気合十分。4年前の今大会で初戦敗退し、ロンドン五輪代表を目前で逃した浅見は「優勝するしか私には道がない。過去の経験を生かし、試合では
キラキラと輝いていたい」と語った。
ロンドン五輪女子57キロ級覇者の松本薫(ベネシード)は「地に足をつけて自分の柔道をする」と意気込んだ。男子100キロ超級の原沢久喜
(日本中央競馬会)と七戸龍(九州電力)も注目される。

南條充寿・日本女子監督の話
「選手たちはどれだけ準備をして、どれだけ力を出せるのか。執念を見せてほしい。48キロ級の近藤と浅見は拮抗している。それぞれの力を
発揮してほしい」

浅見、ロンドン五輪代表逃したの雪辱に燃える「優勝するしか私には道がない」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160401/jud16040117520003-n1.html

162 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/01(金) 19:21:26.99 ID:uXqwfo4Z

リオデジャネイロ五輪柔道代表の最終選考会となる全日本選抜体重別選手権(2、3日、福岡国際センター)に出場する有力選手が1日、
福岡市内で記者会見した。
男子100キロ超級は今大会だけでなく、29日の全日本選手権の結果を受けて代表が決まる。国際大会を7大会連続で制して代表争いを
リードする原沢は落ち着いた表情で「勢いがあるのはプラス。五輪に出たいという気持ちが強い選手が勝つ」と気を引き締めた。
追う立場の七戸も「五輪に出たい、五輪で勝つという気持ちが一番大事」と強調した。世界選手権で準優勝2度の実績があり、国内2大会で
逆転する可能性は残っている。「二つとも優勝するつもりでやっている」と必勝を誓った。

原沢、最終選考会へ「五輪に出たいという気持ちが強い選手が勝つ」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160401/jud16040118320005-n1.html

柔道全日本男子の井上康生監督は1日、男子100キロ級のリオデジャネイロ五輪代表最有力候補で、最終選考会の全日本選抜体重別選手権を
右膝負傷で欠場する世界王者の羽賀龍之介(旭化成)について、「彼にとって膝のけがは初めて。一日でも早く治すことが重要だ」と話した。
男子100キロ級代表は選抜体重別後に決まる。井上監督は「誰が五輪で金メダルを取れるか。それが一番重要で、そこを含めて選考を審議したい」と
語った。羽賀は実績で他を大きく引き離しており、代表をほぼ手中にしているとみられる。
羽賀は3月18日の練習で負傷し、全治約6~8週間。井上監督は「代表に選ばれたら、本格的な始動は五輪の2カ月前くらいからになる。
多少の出遅れはあると思うが、一日一日をどう過ごすかが大事」と話した。

「一日でも早く治すこと」=井上監督、欠場の羽賀に-柔道選抜体重別選手権
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016040100918

リオデジャネイロ五輪柔道代表の最終選考会となる全日本選抜体重別選手権(2、3日、福岡国際センター)に出場する有力選手が1日、
福岡市内で記者会見した。
男子66キロ級の1番手でロンドン五輪銅メダリストの海老沼匡は「僅差でも勝っていくような隙のない柔道で、泥くさく勝負にこだわっていきたい」と
意気込んだ。
所属するパーク24のコーチに1日付で女子日本代表前監督の園田隆二氏が就任。同氏は過去に海老沼の母校、明大の助監督を務めており
「大学のときからずっと見てくれている心強い存在。コーチボックスにもついてくれると聞いている。すごく強みと思って戦える」と歓迎した。

海老沼、新コーチを歓迎「すごく強みと思って戦える」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160401/jud16040118320004-n1.html <small style="color: #999;">&#128064;
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)</small>

163 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/01(金) 22:40:50.09 ID:uXqwfo4Z

リオデジャネイロ五輪の最終代表選考会を兼ねた柔道の全日本選抜体重別選手権が2、3の両日、福岡国際センターで開かれる。
1日は福岡市内で主要選手が記者会見し、女子48キロ級で、し烈な争いを繰り広げる浅見八瑠奈(コマツ)と近藤亜美(三井住友海上)が
ともに初の五輪代表の座を目指し、抱負を語った。
浅見は「また夢に挑戦できることを幸せに思う。4月3日にキラキラと輝いていたい」と力を込めた。浅見は4年前のこの大会で1回戦敗退し、
本命視されたロンドン五輪代表を逃した。2013年の世界選手権で3連覇を逃した後、約1年の休養を挟んで復帰。27歳になっての五輪再挑戦に
「前は負けることが怖かったが今は心境が違う。優勝をつかみに行く」と前を見つめた。
浅見の休養の間に頭角を現したのが20歳の近藤だ。「私の強みの強気と思い切りの良さを出せれば、優勝できる」と威勢がいい。14年世界選手権
で初出場初優勝。昨年の世界選手権は、浅見の2位に対し、3位だったが、世界ランキングは浅見の9位を上回る6位。五輪2連覇の実績を持つ
所属の上野雅恵コーチから「代表になることがゴールでなく、通過点」と背を押され、表情にも力みがない。
48キロ級の大一番は最終日の3日。競技終了後に代表が発表される。

柔道:浅見、近藤ら抱負 初の五輪代表目指し
http://mainichi.jp/articles/20160402/k00/00m/050/072000c

柔道男子日本代表の井上康生監督は1日、リオデジャネイロ五輪代表最終選考会の全日本選抜体重別選手権を右膝負傷で欠場する
男子100キロ級の世界王者、羽賀龍之介(旭化成)について「この大会に勝って代表になるのは重要だが、世界で誰が勝てるのか。
それが最も重要なポイント」と海外の実績を最大限考慮する意向を示した。
羽賀は代表争いで2番手以降を大きく引き離しているものの、選抜体重別に出ず代表入りすれば極めて異例。井上監督は「彼自身は
出る気が満々だった。しっかりと結果を出して五輪に臨むつもりだった」と述べた。
羽賀は3月中旬に負傷し、周囲の助言もあって欠場を決断。関係者によると本格的な練習再開は6月以降になるという。

選抜体重別欠場の羽賀龍之介は海外実績を最大限考慮
http://www.nikkansports.com/sports/news/1625248.html

これぞ野獣調整!? 福岡国際センターで開催される柔道の全日本選抜体重別選手権開幕を翌日に控えた1日、ロンドン五輪女子57キロ級
金メダリストの松本薫(28=ベネシード)が独特の「調整法」で仕上げに入っていた。
「エメラルドグリーン!」。突如叫んで一目散にその色の対象物へと猛ダッシュ。報道陣の上着に先にタッチすると、ぜえぜえ言いながら喜んでみせた。
練習パートナーの池田彩華と興じていたのは、子供の遊びである「いろ鬼」。鬼役が指定した色を、先に触れるかどうかの鬼ごっこで武道館内を
ところ狭しと駆け回り、獣のような軽快さで次々に獲物を捕らえていった。
その前に興じていたのも「だるまさんが転んだ」。畳の上で技の確認をする他選手とはまったく違う光景だった。
もちろん、子供遊びだけをしているわけではなく、みっちり稽古をした後の行動だが、池田いわく「ちょこちょこやりますよ」。俊敏性などが
鍛えられそうな遊びの中で、楽しみながらメリハリを付けて調整しているようだ。
その後の会見でも、オリジナリティーあふれる松本らしさは全開。この日がエープリルフールにちなみ、周りに「朝起きて鏡を見たら羽が
生えててびっくり」と吹聴した。後輩たちからの反応は、女子48キロ級の浅見からは「先輩なら生えてそう」、同級の近藤からは「先輩、
クオリティー低いですね」とさまざまだったが、本人は満足そう。
「4年前の方がピリピリして焦っていた。いろいろ経験して、五輪は五輪、選抜は選抜と考えている」。
五輪2連覇へ、代表入りは確実視される状況に心は平静を保つ。「どの試合もベストを尽くすだけ。選ばれてから五輪に向けていろいろ悩めればいい」
と泰然自若としていた。

松本薫が野獣調整?仕上げ「いろ鬼」でゼエゼエ…
http://www.nikkansports.com/sports/news/1625223.html

164 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/02(土) 12:09:40.48 ID:/RVjjGMi

男子で最もし烈な代表争いを繰り広げているのが、今日行われる100キロ超級。代表最終決定は今月29日の
全日本選手権(日本武道館)だが、世界選手権2大会連続銀メダルの七戸と現在国際大会7連続優勝中の原沢は
「勝利にこだわりたい」と会見で口をそろえた。
そろって出場した2月のGSパリ大会で優勝したのは原沢。「追われているという感覚はない。(7連続優勝で)自信はついたし、
勢いがあるのはプラス」と話した。

七戸VS原沢し烈男子100キロ超級 最終決定は全日本選手権
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/04/02/kiji/K20160402012325040.html

女子57キロ級の松本に日本一熱い男が乗り移った!?最近のお気に入りは松岡修造の日めくりカレンダー。ホワイトデーに
知人からプレゼントされ「ヤバイですね、修造」と熱い言葉が胸に突き刺さりまくっているという。
昨夏の世界選手権で優勝し、2月のグランプリ大会も制した。2大会連続の五輪代表はほぼ間違いない立場にあるが
「地に足を着けて、しっかり自分の柔道をして優勝したい」と優勝での代表決定に意欲を見せた。

野獣に修造魂 ホワイトデーに日めくり贈られ「ヤバイですね」
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/04/02/kiji/K20160402012325030.html

リオデジャネイロ五輪の最終選考会を兼ねた柔道の全日本選抜体重別選手権(2-3日、福岡国際センター)の出場選手が
1日、福岡市内で会見。代表争いがし烈な女子48キロ級(3日実施)の近藤亜美(20)=三井住友海上=と浅見八瑠奈(27)=
コマツ=が最後の決戦へ、闘志をたぎらせた。
一昨年の世界女王の近藤が「どうせなら、私が代表といえるように直接戦いたい」と言えば、2010、11年の世界選手権覇者の
浅見もきっぱり。「私には優勝するしか道がない。自分自身がキラキラ輝く試合がしたい」。ともに2月のパリ・グランドスラムでは
結果を残せなかっただけに、今大会の勝敗が代表切符に直結する。
ここまでの対戦成績は近藤の2勝1敗。泣いても笑っても、3日に答えが出る。

近藤、女子48キロ級リオ代表へ闘志「私が代表といえるように」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160402/jud16040205010001-n1.html

柔道のリオ五輪代表最終選考会となる全日本選抜体重別選手権は、2日から福岡国際センターで開幕。3日に行われる
女子48キロ級では浅見八瑠奈(27=コマツ)と近藤亜美(20=三井住友海上)が文字通りの最終決戦を迎える。すでに
当確ランプがともった階級も多い中、今大会の結果に大きく左右されるのが女子48キロ級、同70キロ級、男子100キロ超級だ。
浅見と近藤はここまでほぼ横一線。4年前は初戦敗退でまさかの代表落選を味わった浅見は、1日の会見で「優勝した方が
代表をつかむ。試合では自分をキラキラ輝かせたい」と集大成の舞台に懸ける意気込みを示した。一方の近藤も
「そっちじゃないだろうと言われるのはイヤ。私がちゃんとした代表に見えるように最終的には戦いたい」と直接対決での
決着を熱望。4年間を懸けた代表争いは、その1試合で全てが決まる。
柔道のリオ五輪代表選考 出場資格を得るためには5月末の世界ランクが男子22位、女子14位以内(国が重複した場合は
繰り下がる)であることが条件になる。日本代表の選考は世界選手権や国内外の大会の実績に基づいて行われ、
今大会の成績(最重量級は男子が29日の全日本選手権、女子は17日の全日本女子選手権)も判断材料の一つとして
大会後の強化委員会で総合的に判断される。

浅見VS近藤リオへ最終決戦 女子48キロ級、3日に激突
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/04/02/kiji/K20160402012325020.html

165 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/02(土) 18:33:14.41 ID:iGMUcO9V

男子100キロ超級は昨年の全日本王者、原沢久喜(日本中央競馬会)が決勝で七戸龍(九州電力)に優勢勝ちし、初優勝した。
女子は70キロ級でロンドン五輪代表の田知本遥(ALSOK)が2年連続3度目の優勝。78キロ超級は山部佳苗(ミキハウス)が2年ぶりに制し、
昨年の世界選手権2位の田知本愛(ALSOK)は準決勝で敗れた。78キロ級は昨年世界一の梅木真美(環太平洋大)が準決勝で敗れ、
佐藤瑠香(コマツ)が2年ぶり3度目の制覇。63キロ級は能智亜衣美(筑波大)が初めて制した。
男子90キロ級は西山大希(新日鉄住金)がベイカー茉秋(東海大)を決勝で破り、同100キロ級のウルフ・アロン(東海大)とともに初優勝した。
最終日の3日に最重量級を除く男女各6階級の五輪代表が決まる。

原沢久喜が七戸を撃破100キロ超級で初優勝 柔道
http://www.nikkansports.com/sports/news/1625707.html

リオデジャネイロ五輪代表最終選考会を兼ねて行われ、男子100キロ超級は、昨年の全日本選手権覇者の原沢久喜(23)=日本中央競馬会=と
2014、15年の世界選手権で銀メダルを獲得している七戸龍(27)=九州電力=が決勝で対決。原沢が内股で有効をとり、優勢勝ちで大会初優勝
を果たした。
男女とも最重量級は29日の全日本選手権(日本武道館)が最終選考会となる。ここまで国際大会7連勝中と勢いのある原沢が一歩リードした形
になったが、本人は「まだ通過点だと思っている。また全日本でしっかり勝って、目指すのは五輪の金メダル。まず代表権を取りたい」と気持ちを
引き締めた。
一方の七戸は「勝たないといけない試合だったのに負けてしまった。全日本へ向けて切り替えないと」と厳しい表情。「(1回戦から)指導で
勝ち上がって、形はどうあれ優勝したかったので最後に勝てず悔しい」と唇をかんだ。
日本男子の井上康生監督は原沢について「すべてをかけて戦った中で結果を出した。全日本選手権でも非常に期待できるし、その先にも
いい印象を与えた」と高評価を与えた。世界ランク上位の2人の内、五輪に行けるのは1人だけ。同監督は「2人とも五輪への思いは強いので
意地と意地のぶつかり合いになる。2人とも悔いの残らないように戦ってもらいたい」と語っていた。

柔道・男子100キロ超級は原沢が優勝
http://www.daily.co.jp/newsflash/general/2016/04/02/0008951634.shtml

柔道のリオデジャネイロ五輪代表選考会を兼ねた全日本選抜体重別選手権第1日は2日、福岡国際センターで男女計7階級が行われ、注目の
男子100キロ超級は原沢久喜(日本中央競馬会)が優勝し、五輪代表に大きく前進した。決勝で七戸龍(九州電力)から有効を奪い優勢勝ちした。
この階級は29日の全日本選手権が最終選考会となる。
女子は、70キロ級の田知本遥(ALSOK)が決勝で五輪代表を争う新井千鶴(三井住友海上)に優勢勝ちし、2年連続3度目の制覇。78キロ超級は
山部佳苗(ミキハウス)が2年ぶり2度目の優勝を果たし、田知本愛(ALSOK)は準決勝で敗れた。五輪代表入りが有力な63キロ級の田代未来
(コマツ)、78キロ級の梅木真美(環太平洋大)はともに準決勝で敗退。
男子ではほかに、90キロ級決勝で西山大希(新日鉄住金)がベイカー茉秋(東海大)に優勢勝ちして初優勝。100キロ級はウルフ・アロン(東海大)が
初めて制した。この階級の五輪代表は、右膝負傷で欠場した羽賀龍之介(旭化成)がほぼ手中にしている。

原沢、五輪へ大きく前進=ライバル七戸に快勝-選抜体重別柔道
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016040200251&amp;g=spo

柔道全日本選抜体重別選手権第1日(2日・福岡国際センター)――リオデジャネイロ五輪代表選考会を兼ねて行われ、男子100キロ超級は、
原沢久喜(日本中央競馬会)が、決勝で2年連続世界選手権2位の七戸龍(九州電力)に優勢勝ちして初優勝を遂げ、代表に大きく前進した。
女子70キロ級決勝は、ロンドン五輪代表の田知本遥(ALSOK)が新井千鶴(三井住友海上)を退けて2連覇。同78キロ超級は山部佳苗
(ミキハウス)が2年ぶりに制した。男女最重量級を除く五輪代表は、国際大会などの成績を加味して3日に決まる。

男子100キロ超級、原沢がV…柔道選抜体重別
http://www.yomiuri.co.jp/olympic/2016/20160402-OYT1T50085.html

166 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/02(土) 18:34:04.62 ID:iGMUcO9V

柔道のリオデジャネイロ五輪代表選考会を兼ねた全日本選抜体重別選手権は2日、福岡国際センターで開幕。男女計7階級を行い、
男子100キロ超級では昨年の全日本選手権覇者、原沢久喜(23)=日本中央競馬会=が決勝で世界選手権2年連続銀メダリストの七戸龍(27)=
九州電力=を下し、初優勝した。
原沢は1回戦、準決勝を、いずれも一本勝ちで順当に勝ち上がると、決勝では残り29秒に内股で有効を奪い、勝利した。同級は29日の
全日本選手権も選考大会だが、原沢は七戸に差を付け、リオに大きく近づいた。
元世界選手権金メダリストで現格闘家の小川直也(48)を父に持つ雄勢(19)=明大=は準決勝で七戸に敗れた。
世界王者の羽賀龍之介(24)=旭化成=が負傷欠場した同100キロ級はウルフ アロン(20)=東海大=が初優勝。90キロ級は西山大希(25)=
新日鉄住金=がベイカー茉秋(21)=東海大=を僅差で下して初優勝した。
女子は4階級すべてで五輪の最有力候補が優勝を逃した。
70キロ級では昨年12月のグランドスラム東京を制した新井千鶴(22)=三井住友海上=が、決勝でロンドン五輪代表の田知本遥(25)=
ALSOK=に敗れた。2年連続3度目優勝の田知本は、五輪2大会連続出場に大きく近づいた。
78キロ級は佐藤瑠香(るいか、24)=コマツ=が2年ぶり3度目の優勝。昨年の世界選手権を制した梅木真美(21)=環太平洋大=は
準決勝で敗退した。
78キロ超級は昨年の世界選手権銅メダリスト、山部佳苗(25)=ミキハウス=が2年ぶり2度目の優勝。同年世界選手権銀メダリストの
田知本愛(27)=ALSOK=は準決勝で朝比奈沙羅(19)=東海大=に敗れた。63キロ級は能智亜衣美(20)=筑波大=が初優勝。
世界選手権2年連続銅メダルの田代未来(21)=コマツ=は準決勝で能智に敗れた。

原沢がリオに近づく、五輪本命候補の優勝は原沢のみ/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160402/jud16040217480003-n1.html

柔道のリオデジャネイロ五輪代表最終選考会を兼ねた全日本選抜体重別選手権第1日は2日、福岡国際センターで男女計7階級が行われ、
男子100キロ超級は昨年の全日本王者、原沢久喜(日本中央競馬会)が決勝で七戸龍(九州電力)に優勢勝ちし、初優勝した。
女子は70キロ級でロンドン五輪代表の田知本遥(ALSOK)が2年連続3度目の優勝。78キロ超級は山部佳苗(ミキハウス)が2年ぶりに制し、
昨年の世界選手権2位の田知本愛(ALSOK)は準決勝で敗れた。78キロ級は昨年世界一の梅木真美(環太平洋大)が準決勝で敗れ、
佐藤瑠香(コマツ)が2年ぶり3度目の制覇。63キロ級は能智亜衣美(筑波大)が初めて制した。
男子90キロ級は西山大希(新日鉄住金)がベイカー茉秋(東海大)を決勝で破り、同100キロ級のウルフ・アロン(東海大)とともに初優勝した。
最終日の3日に最重量級を除く男女各6階級の五輪代表が決まる。
井上康生・日本男子監督の話
「原沢は非常にたくましく育ってきている。精神的にも技術的にも(国内で)一番強い選手になってきた。七戸はもう1試合ある。反省点を分析し、
悔いの残らないように闘ってほしい」
田代未来の話
「(女子63キロ級の五輪代表有力候補は準決勝敗退)課題が残る。後半で競り負けるということはまだまだ地力がない。負けを次につなげられる
ようにやっていかないといけない」
ウルフ・アロンの話
「(羽賀龍之介が欠場の男子100キロ級を制し)何が何でも優勝するしかないという気持ちだった。羽賀と直接対決し、今の力を確かめたかった。
少し納得いかない面もある」

最重量級は原沢が初優勝 女70キロは田知本遥が2連覇/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160402/jud16040217390002-n1.html

167 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/02(土) 19:39:48.97 ID:iGMUcO9V

ずしりと構え、ライバルを圧倒した。リオデジャネイロ五輪男子100キロ超級代表を争う戦い。残り29秒、原沢が場外際で閃光(せんこう)の
内股を放つ。七戸が畳に落ちると「有効」の声が響き、勝負はほぼ決した。
右の相四つ。奥襟を取られても耐え、組み手争いで妥協せず有利な形へと持ち込んだ。最後の内股はカウンター。原沢の攻勢を示すように、
七戸は指導二つを受けていた。そして体力を奪われた中で逆転しようと勝負に出た相手を、獲物を狙う鋭い目で仕留めた。「おおかた考えていた通り」。
戦略も確かだった。
2月のグランドスラム・パリを制し、代表争いで一歩リード。追われる立場で臨んだ一戦でも気負いは見せなかった。組み手のパターンを増やし、
筋持久力をつけるトレーニングで地力も底上げした。全日本男子の井上監督は「技術、精神ともに一番強い選手になってきた」とたたえた。
国際大会7連続優勝と実績を積み、七戸との直接対決もこれで4連勝。最終選考会の全日本選手権を残すとはいえ、リオへ大きく踏み出した。
日本柔道界にとって、男子の最重量級は伝統的に特別な重みがある。「きょう勝って(日本の)超級を担う気持ちが強くなってきた」と言う表情は
いつものように優しげ。そのポーカーフェースの裏に、決意がにじむ。

力、技、戦略で圧倒=リオへ視界良好の原沢-選抜体重別柔道
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016040200268

七戸はなすすべなく屈した。立ち上がりから自身の間合いに引き込めず指導を二つ受け、終盤に苦しまぎれに攻めに出たところを原沢に内股で
投げられた。「不用意に前に出てしまい、反応が遅れた。追う状況をつくってしまったのがまずかった」と、終始後手に回った戦いを悔やんだ。
原沢には4連敗。世界選手権2年連続銀メダルの威光もかすんできた。29日の全日本選手権が男子100キロ超級のリオデジャネイロ五輪
代表最終選考会となるが、代表争いで大きく後退し「チャンスが残っているかどうかは分からない。もう一度(本来の柔道を)つくり直すしかない」と
言葉を絞り出した。

後手に回った七戸=選抜体重別柔道
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016040200272&amp;g=spo

男子最重量級の代表争いは、勢いのある原沢久喜(日本中央競馬会)が大きくリードした。
柔道のリオデジャネイロ五輪日本代表最終選考会を兼ねた平成28年全日本選抜柔道体重別選手権大会が2日に福岡国際センターで開幕し、
男子の100キロ超級は原沢が内股による有効で七戸龍(九州電工)を下して初優勝を飾った。翌3日の閉幕後には男女計12階級の代表内定選手が
発表されるが、最重量級は、無差別級で行われる4月17日の皇后杯全日本女子柔道選手権、4月29日の全日本選手権を最終選考会としている
ため、両大会終了後に代表選手が決まる。原沢と七戸の争いもまだ最終章を残していることになるが、世界選手権で2度の銀メダルという実績
を誇る七戸を追って来た4歳年下の原沢が、大一番で代表争いのライバルに明確な勝ち方を収めてハッキリと優位に立った。
原沢は「(勝って)ホッとしたというのが一番だけど、全日本選手権もあるので、ここで喜んでいるようでは、五輪はないなと思っている。(全日本では、
代表争いの)プレッシャーとかを考えずにノビノビできるかなとは思うけど、慢心や過信をせずに戦いたい」と最終決戦まで気を緩めずに戦う気構えを示した。
充実した戦いぶりでアピールに成功
初戦から充実ぶりを見せつけるような勝ち上がりだった。原沢は初戦で鮮やかな大内刈りを決め、準決勝でも実力派の上川大樹(京葉ガス)に
大内刈りを仕掛け、相手が後ろに逃げたところで隅落という連続技で1本勝ちを飾った。
七戸との決勝戦も、堂々とした戦いぶりだった。序盤に大きく足を払われてバランスを崩す場面があったが、臆することなく前へ出た。押される展開
で思うように技を仕掛けられなかった七戸は、試合時間が残り4分9秒、2分41秒となったところでそれぞれ指導を与えられて苦しくなった。そして
試合時間が残り30秒を切ったところで、原沢が内股を仕掛けて有効のポイントを奪った。昨年12月のグランドスラム・東京大会では延長戦の末の
指導による勝利だったが、技でポイントを奪い、結果だけでなく試合内容でも代表選考に向けたアピールに成功した。

168 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/02(土) 19:40:28.78 ID:iGMUcO9V

原沢は「完勝ではないけど、良い勝負ができた。(内股は)特に狙っていたわけではなかったが、前に出る組み手をしている中で生まれた
ポイントだと思う。1試合目からすごく調子が良くて、2試合目も1本が取れて、最後もポイントが取れた。まずまずの出来かなと思う。指導の差とか
ではなくて、ハッキリしたポイントを取ったということで良いアピールになったかなと思う。後半でも、ああいう技を出せるのは、自分の強み。自分が
先に(仕掛けて)行こうと思った。自分が前に出て行っても、相手が下がる場面などで相手が疲れているなと感じるところはあった」と、組んだ状態の
我慢比べから後半勝負を制した試合の手ごたえを話した。
井上監督も絶賛する原沢の結果と内容
この1年の飛躍は目覚ましい。原沢は社会人1年目となった昨年の全日本総合選手権で七戸を破って初優勝したが、この時点では世界ランクを
含めて実績面で及ばず、8月の世界選手権(カザフスタン)の代表を逃した。しかし、7月にユニバーシアードで優勝するなど、国際大会の実績を
積み、昨年から今年にかけては、グランドスラムを4連勝。昨年12月のグランドスラム・東京大会では、七戸との直接対決を制して代表争いで
並びかけた。
さらに今年2月、原沢が制したグランドスラム・パリ大会で七戸が5位と振るわなかったため、代表争いを一歩リード。だからこそ、今大会では
追われる立場のプレッシャーにも勝てるかどうかが注目された。勝たなければ、再び互角の争いに持ち込まれるという重要な場面での快勝は、
価値がある。
井上康生・男子日本代表監督は「大会に臨む思いが強ければ強いほど、緊張があったのではないかと思う。それを差し引いた中でも、安定した
戦い方で、非常に良い試合内容で勝ったということは、最後の戦いである全日本においての期待も持てるなと思ったし、その先にある大会においても、
非常に心強い試合内容だったのではないかと感じた。試合内容でも、精神状態においても、たくましく育って来ているなというのが正直な感想。
準決勝で上川選手を投げたように、連係でも最後のところの技術が身についてきている。単調だった組み手も細かなところで向上しているように
感じ取れた。彼の持ち味である独特の柔軟さ、面の強さというか、どんな状態になってもブレないところも一回り(力が)付いて来たと思う。
1回戦でスパッと勝って心のゆとりが多少出たところもあるでしょうが、それにしても大事な一戦で良い内容で結果を残すということは、技術に
おいても精神においても一番強い選手になってきているのではないかと思う」と、原沢が置かれた立場を考慮した上で結果と内容を高く評価した。
代表争いはいよいよ最終局面
敗れた七戸にとっては、痛恨の黒星だ。初戦からキレを欠く印象で、2試合とも指導での勝ち上がりだった。それでも「形がどうであれ、
優勝したかった」と結果にこだわりながらしぶとく戦ったが、決勝では先に指導を取られて厳しい状況に追い込まれた。
敗戦の悔しさを押し殺し「指導を取られて(リードを奪われて)ちょっと不用意に前に出てしまった。ああいう状態を作ったことで難しくなってしまった。
気持ちの面は悪くなかったと思う。全日本に向けては、ゆっくり考えたい」と静かに試合を振り返った。
一騎打ちを制した原沢の優位は揺るがないが、井上監督は「七戸選手は残念ながらこの大会で負けたが、もう1試合、全日本選手権が
残っているわけだから、しっかりと反省点を分析して、意地を見せて、悔いの残らないように戦ってほしい。直接対決で(原沢が)連勝している
ということは(代表争いをリードしたと)そのように考えてもらっていいと思うが、まだ最後の全日本が残っているので、どちらも悔いが残らないように
最高の試合を見せてもらうことを大いに期待している」と最後まで代表争いを続けるように促した。
勝った選手が、どのような立場や気持ちで五輪に向かうかは、代表選考の展開と無関係ではない。最終決戦の場では、原沢が再び力を示すのか、
七戸が意地を見せるのか。いずれにせよ、日本代表選手が何を背負うのかを見せる戦いとなる。

柔道代表争いに前進だけじゃない――原沢久喜の価値ある勝利
http://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201604020006-spnavi

何なんだよ全日本総合選手権って

169 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/02(土) 19:45:06.17 ID:iGMUcO9V

リオデジャネイロ五輪代表最終選考会を兼ねて7階級で行われ、女子70キロ級は決勝で田知本遙(25)=ALSOK=が新井千鶴(22)=
三井住友海上火災保険=に優勢勝ち。大会2連覇を果たし、ロンドンに続いて2大会連続の五輪出場に前進した。一方、姉の女子78キロ超級、
田知本愛(27)=ALSOK=は準決勝で朝比奈沙羅(東海大)に敗れた。
代表選考会で最大のライバルを下した田知本遙は「(代表が)発表されるまで何も言えないが」と言いながらも「自分のできることを最大限に
やっていきたい」と大舞台を見据えた。ロンドン五輪では7位に終わっており「メダルを取るか取らないかは、天と地ほどの差がある。(リオでは)
一番は金メダル。最低でもメダル」と意気込んだ。
昨年2月には、ドーピング違反の恐れのある市販の風邪薬を服用したことで国際大会を欠場。全日本柔道連盟から警告を受けた。
「家族や違う所属の人たちからも励ましてもらって、奮起しないとダメだと思った。特に姉がそばにいてくれたことが大きかった」と振り返った。
姉の田知本愛も今大会で優勝すれば五輪代表に大きく前進していたが、悔しい敗退。「今年こその思いが強くなって、いい方向ではなく悪い方向へ
出た」と反省した。
しかし、男女とも最重量級は29日の全日本選手権(日本武道館)が最終選考会となり、初の姉妹五輪の可能性は残る。田知本遙は「2人で
行きたいです」と願っていた。

田知本遙2連覇 姉・愛は準決敗退
http://www.daily.co.jp/newsflash/general/2016/04/02/0008951980.shtml

悔しい気持ち
ベイカー茉秋 優勝して終わりたかった。悔しい気持ちでいっぱい。試合に入るまで不安はなかったが、状態は良くなかった。
地力がない
田代未来 最初にリードして、そのまま終われないのが敗因。気持ちは前に出ていたが、こういう負け方するのは地力がないからだと感じた。
力不足
梅木真美 優勝を狙った試合で、こういう結果。力不足。五輪代表に選ばれたら、次に向けて自分のやるべきことに取り組んでいきたい。

選抜体重別柔道・談話
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016040200254

全日本選抜体重別選手権第1日(2日、福岡国際センター)女子78キロ超級を制し、五輪代表入りへ望みをつないだ山部は「負けたら次がないと
思っていた」と声を震わせた。
2月のグランドスラム・パリ大会では1回戦で一本負けし「畳に上がるのも怖かった」という。再び自信を取り戻し「パリで負けている以上、日本の中で
私が一番強いと示さないといけない」と、最後のアピールの場となる17日の全日本女子選手権へ意気込んだ。
準決勝で敗れて“当確”とならなかった1番手の田知本愛は「(代表を逃した)4年前を思い出し、今度こそという気持ちが強かった。それが悪い
方向にいった」と落胆した。

山部、五輪へ望みつなぐ「負けたら次がないと思っていた」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160402/jud16040218260004-n1.html

全日本選抜体重別選手権第1日(2日、福岡国際センター)女子78キロ級の五輪代表争いは分からなくなってきた。世界ランキング8位で
本命視された梅木が準決勝で敗れ、同15位で2番手の佐藤が優勝。梅木は昨夏の世界選手権で初優勝した後は精彩を欠き、選考会議では
さまざまな意見が飛び交いそうだ。
梅木は残り1分34秒で指導を受け、攻勢に出たものの挽回できなかった。21歳の世界女王は「優勝を狙っていたが、こういう結果。ただ単に
自分の力不足」とがっくり。日本女子の南條監督は「攻撃的な柔道が影を潜めている」と指摘した。

女子78キロ級は本命・梅木が後退「自分の力不足」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160402/jud16040218390005-n1.html

170 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/02(土) 21:53:17.49 ID:iGMUcO9V

リオデジャネイロ五輪代表の最終選考会を兼ねた柔道の全日本選抜体重別選手権が2日、福岡国際センターで開幕し、男子100キロ超級は
原沢久喜(日本中央競馬会)が決勝で七戸龍(九州電力)に優勢勝ちし、初の五輪代表に大きく近づいた。
女子70キロ級決勝は、2大会連続の五輪を目指す田知本遥(ALSOK)が新井千鶴(三井住友海上)を破り、男子90キロ級決勝は
西山大希(新日鉄住金)がベイカー茉秋(東海大)に競り勝った。女子は波乱が続き、代表有力候補では63キロ級の田代未来(コマツ)、
78キロ級の梅木真美(環太平洋大)、78キロ超級の田知本愛(ALSOK)とも準決勝で敗れた。
男子100キロ級の昨年の世界選手権覇者の羽賀龍之介(旭化成)は故障で欠場し、ウルフ・アロン(東海大)が優勝。全日本柔道連盟は
3日の競技終了後、強化委員会を開き、これまでの実績も踏まえ、男女の最重量級を除いた12階級の代表を決める。
スタミナ武器に攻め貫く
重圧がのしかかる大舞台でも原沢は堂々としていた。培ったスタミナを武器に攻めを貫いての100キロ超級の王座。「まずまずの出来かな」。
初の五輪代表切符を大きく引き寄せても表情一つ崩さず、浮ついたところがない。
最大のライバルの七戸との決勝。我慢比べとなった組み手争いで常に前に出て、七戸の呼吸が荒くなるのを感じ取っていた。残り29秒、
七戸の足の運びが鈍った瞬間を逃さず、頼みの内股で有効を奪った。指導二つを与え、勝ちが見えていたが、強気に技のポイントにこだわり続けた。
日大時代は右肘負傷に苦しんだ。昨春、日本中央競馬会に進み、東京都内の馬事公苑でも特訓。100キロに及ぶタイヤにロープを通して腕で
引っ張り、引き手の力を鍛えた。25キロの砂袋を持ち上げ、筋持久力を鍛えた。連絡技から最後は隅落としで、ロンドン五輪代表の上川大樹
(京葉ガス)に一本勝ちした準決勝にも体力強化の成果が表れていた。
七戸の世界選手権2大会連続2位の実績を追うように、国際大会で連勝し、七戸との直接対決はこれで4戦全勝。この階級は29日の
全日本選手権後に代表が決まるが、全日本男子の井上康生監督も「技術、精神面で非常にたくましく育っている」と評価する。
「慢心せず、過信せず、いい戦いをしていきたい」。23歳の大器がリオへ加速している。
七戸、代表争いで後れ
100キロ超級の代表争いで原沢に後れを取った七戸は「勝たなければいけない試合で負けてしまった」と声を絞り出した。初戦から動きが硬く、
組み手で苦戦し「思い通りにいかず戸惑った」。何とか指導の差で勝ち上がったが「最初に指導を取られ、追う形になった」と悔いた原沢との
決勝まで含めて3試合とも技によるポイントを奪えなかった。昨年の世界選手権で2大会連続の銀メダルを奪って以降、原沢と対照的に失速。
「(29日の)全日本選手権に向けて切り替えないと」と七戸。代表の座をつかむために後がない。
田知本遥、女子70キロ級連覇
女子70キロ級を連覇した田知本遥が2大会連続の五輪出場へ望みをつないだ。準決勝で2014年世界選手権銀メダルのヌンイラ華蓮
(了徳寺学園職)を一本背負いで投げ飛ばし、代表争いで先行する昨年の世界選手権代表の新井との決勝も終始、攻め続けて優勢勝ちした。
ロンドン五輪ではメダルが遠く、昨年2月には、ドーピング規定に違反する風邪薬を服用して全日本柔道連盟から警告処分を受けた。険しい道のりに
「心が折れそうになったが、いろいろなことを経験してタフになった」。持てる力を出し切って吉報を待つ。
女子63キロ級・田代未来 本戦でリードしていたのに、そのまま終わらなかったのが敗因。プレッシャーはあまりなかったが、悔しい結果になった。
女子70キロ級・新井千鶴 (準優勝に終わり)この試合にかけて、日本一になりたいと思ってやってきた。今の段階で出せる力を出して返された。
女子78キロ級・梅木真美 優勝しないといけなかったので、結果としては良くない。ちょっとしたところで指導を取られてしまった。
女子78キロ超級・田知本愛 (準決勝敗退)防御を考えすぎて自分の柔道ができなかった。
男子90キロ級・西山大希 決勝で一本勝ちできれば、代表争いも接戦に持ち込めたと思う。最後は年下に負けたくないという意地だけだった。

柔道:原沢、リオ近づくV 男子100キロ超級
http://mainichi.jp/articles/20160403/k00/00m/050/040000c

171 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/02(土) 21:54:03.41 ID:iGMUcO9V

男子90キロ級決勝は、リオデジャネイロ五輪代表争いで追う立場の西山がベイカーに指導の差で競り勝った。それでも、
「一本勝ちしたかった。意地で勝ったようなもの」と表情は晴れなかった。
2月のグランドスラム・パリを制し、リオ五輪代表最終選考会の今大会も優勝。できる限りのアピールはしたが、
「優勝したと言っても、まだ彼(ベイカー)がリードしていると思う」と冷静に受け止めた。

西山、優勝にも喜べず=選抜体重別柔道
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016040200284

逆転での五輪切符を狙い、気迫がみなぎった。田知本遥は女子70キロ級のリオデジャネイロ五輪代表を争う新井に
決勝で優勢勝ち。「投げにいく」と立ち向かい、残り1分21秒に内股返しで有効を奪って連覇を遂げると涙した。
2012年ロンドン五輪でメダルを獲得できず、雪辱を期した4年間は浮き沈みが激しかった。昨年、ドーピング規定に
抵触する市販薬を服用して国際大会を欠場する失態を犯し、「どん底を味わい、気持ちが折れそうだった」。そんな苦難の時期に
新井が台頭。その若きライバルを最後の代表選考会で下したのは、かつての第一人者の意地だった。

田知本遥、苦難乗り越え涙=選抜体重別柔道
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016040200287

言葉が湯気立つほどに、勝者の口調が熱している。「五輪に行きたいんです。必ず結果を出せるんだ、とアピールしたい」。勝てば当確、負ければ
それまで。胸突き坂の競り合いでライバル新井を蹴落とし、女子70キロ級代表は2大会続けて田知本遥に落ち着きそう。
投げの打ち合い、手の封じ合いで攻防入り乱れた決勝も終盤。内股に出る新井の胴を「考えるより先に」ともろ手で捕らえる。返し技の投げは
畳に鈍い音を残し、千金の有効を刻んだ。
国際大会の直前に、市販の風邪薬を飲むポカをしたのは昨年2月。欠場でドーピングの汚名は免れたが、信用は傾いた。「自分はできる」
と膨らませた今日の自信が翌日には「だめかも」としぼむ。浮き沈みを繰り返す気分屋がそれでも再起したのは、78キロ超級で代表の
最短距離にいる姉、愛(めぐみ)の支えがあったから。
「姉妹で五輪」と「五輪でメダルを」。4年前にかなえ損ねた夢を、妹は再び口にする。取り囲む報道陣に自信を問われ、即座に応じた。
「4年前よりあります」と。課題、難題の多いほど腹の中の可燃物がうずくのも気分屋の本領らしい。

【柔道】女子70キロ級を制した田知本遥「姉妹で五輪」そして「五輪でメダル」へ
http://www.sankei.com/sports/news/160402/spo1604020043-n1.html

悔しい気持ち
ベイカー茉秋 優勝して終わりたかった。悔しい気持ちでいっぱい。試合に入るまで不安はなかったが、状態は良くなかった。
地力がない
田代未来 最初にリードして、そのまま終われないのが敗因。気持ちは前に出ていたが、こういう負け方するのは地力がないからだと感じた。
力不足
梅木真美 優勝を狙った試合で、こういう結果。力不足。五輪代表に選ばれたら、次に向けて自分のやるべきことに取り組んでいきたい。
自信になる
山部佳苗 昨年の世界選手権で勝てなかった後、勝ち方を見失っていたので自信になる。全日本(女子選手権)でもう一度、しっかり勝って
実力を示したい。
自分の柔道できず
田知本愛 自分の柔道ができなかった。自分の手で五輪代表を手にしたい気持ちが強かったけど、その思いが悪い方に出てしまった。
気持ちで押された
新井千鶴 精いっぱいやった。持っているものは出し切ったが、気持ちで押し込められて決められた。経験不足。もっと柔道と向き
合わなくてはいけない。

選抜体重別柔道・談話
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016040200254

2004年アテネ五輪柔道女子78キロ超級金メダリストの塚田真希氏(34)が1日付で母校、東海大の女子副監督に就任したことが2日、分かった。
女子日本代表の重量級担当コーチと兼務する。
現役時代は全日本女子選手権で02年から史上最多の9連覇を果たすなど一時代を築いた。07年世界選手権無差別級を制し、08年北京五輪
78キロ超級は準優勝だった。
10年に引退し、英国留学を経て14年4月から東女体大の監督を務めていた。同大の後任監督は北京五輪57キロ級代表で11年世界女王の
佐藤愛子氏(32)が就任。

塚田真希さんが東海大女子副監督就任、アテネ五輪78キロ超級で金 柔道
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/04/02/kiji/K20160402012330880.html

172 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/02(土) 23:55:53.64 ID:iGMUcO9V

柔道の選抜体重別選手権で、リオデジャネイロオリンピックを目指すし烈な代表争いが繰り広げられた。
男子100kg超級決勝は、原沢久喜(ひさよし)選手と七戸 龍選手、代表を争う、2人の対決となった。
手の内を知り尽くした者同士の一戦は、接戦となったが、残り30秒、原沢選手が、内またで有効を奪い勝利し、七戸選手との直接対決を4勝0敗
として、オリンピック代表へ大きく前進した。
原沢選手は「ここまできたら、どっちが五輪に出たいか、気持ちの勝負だと思うので、その気持ちでは、絶対に負けないように戦いました」と話した。
最重量級を除くオリンピック代表選手は、3日の大会終了後に発表される。

柔道選抜体重別選手権...
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00320524.html

リオの代表を争うライバル対決となった男子100キロ超級の決勝。初優勝で五輪切符をグッとたぐり寄せたのは、23歳の原沢だった。
指導2つの差でリードがあっても、攻撃の手は緩めない。残り29秒。原沢は場外際で、七戸を内股で投げつけた。価値ある有効で直接対決4連勝を
決め、「僅差ではなく、はっきりしたポイントを取れた。すごくいいアピールになった」と心地よく汗をぬぐった。
頭の中で何度も想定してきた七戸戦。勝因は強化してきたスタミナと組み手争いにあった。
奥襟を持たれてもひるむことなく、所属先の賀持道明監督からの「下がるから間合いがなくなる。つらくなっても前に出ろ」という指示を忠実に守った。
そして、試合が動いた試合終盤は「原沢の時間帯」だった。
道場での乱取りに加え、ベンチプレスやタイヤ引き…。苦しくても音を上げることなく消化してきた稽古メニューで培ったスタミナは余力十分で、
七戸に疲れが見えた勝機を見逃さなかった。
初戦から技が出せずに指導差で勝ち上がってきた七戸に対し、原沢は初戦、準決勝といずれも一本勝ち。積極性が光った戦いぶりに、
日本男子の井上康生監督は「技のバリエーションが広がっている。安定した戦いで内容も良かった」とたたえた。
ポーカーフェースが持ち味である男の表情はまだ緩まない。「ここで喜んでいるようでは五輪はない」。夢の舞台は全日本連覇の先に見据える。

【柔道】男子100キロ超級は原沢が制した リオ五輪代表へ大きく前進
http://www.sankei.com/sports/news/160402/spo1604020048-n1.html

173 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/03(日) 11:32:12.50 ID:8QaD/Yq1

リオデジャネイロ五輪に向かう日本柔道界を支えるアナリストは、鈴木利一さん(28)だ。母校の東海大柔道部女子コーチ、
全日本柔道連盟科学研究部員の籍を残し、2014年度から日本スポーツ振興センターで柔道のパフォーマンス分析を
担当している。
国際大会での主な任務は試合の撮影と分析だ。事前に情報を準備するだけでなく、試合の合間にも次の対戦相手の
直前の試合映像を届ける。全柔連科学研究部と連携し、これまで約7000試合の分析を実施してきた。
持ち運ぶ映像機材は30?40キロに及ぶ。機材の設置場所や電源などの確保のため事前に会場に足を運び、係員や
警備員と顔見知りになり、多少の無理を聞いてもらえるようにするのも仕事。少ない時は2人で作業するため「トイレに
立てない時もあり、利尿作用のあるコーヒーは極力控える」と鈴木さんは言う。
世界選手権などでは、選手のやる気をかき立てる「モチベーションビデオ」も個別に用意する。一本勝ちした場面のほか、
家族や親交のある芸能人らからのメッセージもひそかに準備する。作業は未明に及び、大会中は「2?3時間ぐらいしか
国際化が進む「JUDO」。ロシアのサンボ、ジョージアのチタオバ、モンゴル相撲など各国伝統の格闘技の技や動きも
組み込まれる。「柔道は日々、変化している。モンゴル選手の特殊な投げ方など、今後、はやりそうな技はスローモーションで
編集し、情報を共有する」という。
13年から試験採用、14年に正式採用となった新ルールで、消極的姿勢への「指導」が厳しく取られるようになり、先に
仕掛ける重要性が増した。15年の主要国際大会における全日本男子の190試合の結果によると、先に技によるポイントや
指導を奪った試合の勝率は83%、逆に先に奪われた場合の敗戦の確率は64%だった。
昨年の世界選手権で史上初の7連覇を遂げた男子100キロ超級のテディ・リネール(フランス)も攻めが早い。全柔連
科学研究部がリネールが13年に出場した全13試合から考察をまとめたが、リネールは13試合中8試合で開始1分以内に
相手に指導を与えていた。
王者の壁を崩すには、慌てさせる必要がある。「一つの手段として先手を打つことは有効。予期、想定しないことに
人間はもろい一面を持つ」と鈴木さん。試合をコントロールする主審のデータも集め、指導の取り方など傾向を
割り出す作業も進める。全日本男子の井上康生監督は「数字が全てではないが、行き詰まったり、客観的に
証明したりする時、有効活用できる。選手の理解度も変わる」と感謝する。

リオ五輪 第7部 戦うアナリストたち/5 競技国際化に対応 柔道・鈴木利一さん
http://mainichi.jp/sportsspecial/articles/20160403/ddm/035/050/126000c

女子63キロ級で唯一、世界ランク上の五輪出場権を持つ田代は、準決勝でまさかの逆転負け。試合終了間際に指導で
追いつかれ、延長戦で技ありを奪われた。「本戦でリードしたまま終わらないといけない試合だった。ああいう負け方を
するのは、まだ地力がない」と振り返り「初戦から動きが硬かった。調子が悪くてもいい柔道をしないと」と反省した。

田代 準決勝でまさかの逆転負け「まだ地力がない」
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/04/03/kiji/K20160403012332900.html

女子78キロ超級の代表争いをリードしてきた田知本愛は、準決勝で東海大の後輩・朝比奈に苦杯。「自分のペースに
持っていけなくて、防御ばかりを考えすぎた」と肩を落とした。一方、2番手として追う山部は決勝でその朝比奈を下し
2大会ぶりの優勝。大粒の涙をこぼし「負けたら先はないと思っていた。最近は試合が怖かったけど、この優勝は
自信になる」とし、最終決戦の全日本女子選手権(17日、横浜)に視線を向けた。

田知本愛まさか 準決勝で後輩・朝比奈に苦杯「考えすぎた」
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/04/03/kiji/K20160403012332910.html

代表候補同士の激突となった男子90キロ級の決勝は、第2シードの西山が第1シードのベイカーを指導1の差で下した。
今年2月のグランドスラム・パリ大会で優勝し、追いすがってきた西山は、それでも「一本勝ちしてアピールしたかった」と
悔しい表情。一方、昨年の世界選手権銅メダルでリードしてきたベイカーは「(代表争いの)最後は勝って終わりたかったけど、
この1年間は悔いなくやれたから」とさばさばした表情だった。

西山 指導1の差で勝利も「一本勝ちしてアピールしたかった」
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/04/03/kiji/K20160403012332860.html

174 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/03(日) 11:43:56.58 ID:8QaD/Yq1

柔道・全日本選抜体重別選手権第1日(2日、福岡国際センター)女子70キロ級で田知本遥(ALSOK)が、
選考レースでややリードしていた新井千鶴(三井住友海上)と決勝で直接対決。残り1分30秒過ぎにかけた
大外刈りを返しにきた新井の投げを、さらに返して有効とした。これで勝利をつかむと、「できることを最大限やれた」と感涙。
「五輪に行きたいんです。ロンドン(7位)の経験を無駄にしたくない」と、78キロ超級の姉、愛との同時出場に思いをはせた。

田知本、涙のV!リオ選考リードの新井に勝利「五輪に行きたい」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160403/jud16040305000003-n1.html

女子70キロ級でロンドン五輪代表の田知本遥(25)=ALSOK=が2年連続3度目の優勝。決勝では15年世界選手権代表
の新井千鶴(22)=三井住友海上=に優勢勝ちし、78キロ超級の姉・愛(27)とともに“柔道初の姉妹代表”へ、アピールに
成功した。男子100キロ超級では国際大会7連勝中の原沢久喜(23)=日本中央競馬会=が初優勝を果たし、29日の
全日本選手権後に決まる同級代表入りに大きく前進した。
勝利のブザーが響くと、田知本遥は、こみ上げてくる思いを抑えることができなかった。女子70キロ級で2連覇を
達成したことに加え、2大会連続の五輪に大きく近づき「五輪に出るにはここで絶対勝たないとだめだと思っていた。
勝つのと勝たないのでは、あしたからの人生が違うと思っていた」と涙が自然と流れた。
自らに打ち勝った。昨年2月の欧州遠征で飲んだ風邪薬にドーピングの禁止薬物が含まれていたことで、全日本柔道連盟
から警告処分を受けた。海外遠征で大会に出場できなかったことが響き、昨年大会で破った新井に世界選手権の代表の座を
明け渡した。「心が折れそうな時や考えてもどうしようもないどん底の時があった」と振り返るが、それを支えたのは2つ上の
姉・愛だ。「大丈夫!」と励まし、畳の上で戦い続ける力をくれた。
ロンドン五輪で自身だけ代表になった時は「話はあまりしない」と言っていたが、今では欠かせない存在。大会に向けても
「重圧に負けそうになった」というが「姉と一緒に五輪に行きたい」という思いから、迷いを振り切った。投げを意識した柔道を
心がけ、決勝でも新井の仕掛けに反応。内股返しで有効を奪い、相手の攻撃も最後まで封じた。
五輪代表決定は3日の強化委員会。報道陣に代表への思いを聞かれると「自分にできることは最大限したので選んでください。
五輪に出たら必ずいい成績を残します」とアピール。ロンドン五輪で果たせなかったメダル獲得と、柔道史上初の姉妹
同時代表入り。17日に笑顔で姉の代表決定(全日本女子選手権)を迎えられるよう、まずは自らの吉報を待つ。

【柔道】田知本遥、リオ手中!柔道初の姉妹代表へ前進
http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20160403-OHT1T50019.html

昨年の女子70キロ級・世界選手権代表の新井は田知本遥の執念の前に敗れ「優勝しかないと思っていた。
持っているものは出し切れたので力不足。それだけです」と淡々と話した。3日の強化委員会で五輪代表に
選ばれる可能性は残るが「今の戦い方では世界でも勝てない。自分の良さを生かした、目指す柔道のために
練習していきたい」と気持ちを切り替えた。

新井 気持ちを切り替え「今の戦い方では世界でも勝てない」
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/04/03/kiji/K20160403012332880.html

柔道・全日本選抜体重別選手権第1日(2日、福岡国際センター)女子78キロ級は世界女王で代表候補の本命、
梅木真美(環太平洋大)が準決勝で敗退。「甘いところが出てしまった」と肩を落とした。一方、「五輪で金メダルを
取る気持ちは私が一番強いんだという思いだった」とは、優勝した佐藤瑠香(コマツ)。だが、こちらは国際大会の実績で
梅木に劣る。日本女子代表の南條充寿監督は「きょうの佐藤は本来の攻撃的柔道だったが、選考は一連の戦いを
見て行う」と話すにとどめた。

梅木、準決勝で敗退「甘いところが出てしまった」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160403/jud16040305000002-n1.html

女子で、五輪代表確実な有力選手が相次いで敗退した。63キロ級の田代、78キロ級の梅木、78キロ超級の
田知本愛がそろって準決勝で敗れた。
昨年世界選手権金メダルの梅木は「ただ単に自分の力不足です」。日本女子の南條監督は「(敗退の理由を)
見直さないといけない」と渋い顔だった。

田代、梅木、田知本愛…有力者の敗戦相次ぐ
http://www.nikkansports.com/sports/news/1625959.html

175 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/03(日) 11:47:40.99 ID:8QaD/Yq1

男子100キロ超級は、原沢久喜(23=日本中央競馬会)が七戸龍(27)との決勝を優勢勝ちで制して初優勝を飾り、
リオデジャネイロ五輪代表に大前進した。国際大会7連勝中の勢いのままに、ライバルから終盤に内股で有効を奪った。
同級の代表は29日の全日本選手権(日本武道館)の結果も踏まえて決まるが、大きな勝ち星となった。
その瞬間、原沢は七戸の首横の襟をつかんでいた。その持ち方に、歩んできた柔道人生が詰まっていた。
残り30秒。指導を2つ取られて焦った七戸が、強引に奥襟を持ちに来た。すなわち好機。「疲れてきているのも感じていた。
我慢してきて、収穫があった」。引き手の左手は通常の袖口ではなく右胸をつかみ、釣り手は奥襟ではなく、あえて首筋の襟。
後ろに下がりながらの難しい姿勢で内股を仕掛ける。歯を食いしばり、120キロ超えの七戸を畳から引っこ抜いた。ドスン! 
その後に響いた「有効」の審判の声。
勝負ありの一撃のルーツは高校時代にある。山口・早鞆高入学時は66キロ級。そこから高3の終わりに100キロ超級に
なった異色の経歴を持つ。高1では自分より小柄な相手が多く、指導した中村監督は「懐の深さを生かすために奥襟ではなく、
横襟を持たせた」。持つ位置の小差で、有利に運ぶ空間を作り出した。重量級ではがっちり奥襟を持ち引きつける形が定番
だが、原沢は違う。「組み手のバリエーションは増えた」と自負するスタイルがある。
1回戦では左腕を相手の右脇から背中に回して接近しての大内刈り。ロンドン五輪代表だった上川との準決勝では、
大内刈りでぐらつかせると、追い足軽快に一気に5メートルほども前に。隅落としで2戦連続の一本勝ちで、日本男子の
井上監督も「全日本(選手権)も期待できるし、その先も心強い」と目を細めた。
その先は当然リオ五輪だろう。七戸にはこれで4連勝。昨年12月のグランドスラム(GS)東京前、所属先になぞらえて
「2、3馬身」と分析した差は、同大会の優勝で「1馬身」になり、2月のGSパリ大会の優勝で初めて前に出た。今大会の
勝利でその差は実質的には2、3馬身といったところか。本人は「ゴールまで分からない展開。過信せずに」と手綱は緩めない。
ゴールのその先に突き抜ける。
原沢久喜(はらさわ・ひさよし)1992年(平4)7月3日、山口県下関市生まれ。早鞆(はやとも)高3年時に高校総体
100キロ超級3位。日大進学後に成長し、2年の学生体重別優勝。13年の全日本選手権準優勝で注目を集める。
15年に日本中央競馬会に入り、直後の全日本選手権で初優勝。国際大会は初優勝だった14年グランプリ青島から
7連勝中。得意技は内股、大外刈り。191センチ、124キロ。
男女の代表選考 枠は各階級1枠。16年5月30日時点で男子は世界ランキング22位以内、女子は14位以内に
出場資格が与えられる。さらに、国内選考があり、国内外大会の2年間の成績をポイント換算し、参考材料としている。
最終選考会の今大会最終日(3日)終了直後に強化委員会を開いて男女全14階級中12階級の代表を選出し、同日中に
発表。超級のみ、男子は全日本選手権、女子は全日本女子選手権の結果を踏まえる。これまでの国際大会などから、
選抜体重別の結果を待たずに代表選手が実質的に決定しているのは14階級中11階級。今大会の成績が影響するのは
男子100キロ超級、女子48キロ、70キロとなる。

原沢が七戸に4連勝 100キロ超級初V五輪大前進
http://www.nikkansports.com/sports/news/1625962.html

初戦から硬さが目立った七戸は、決勝まで何とか進出したものの、これで原沢には4連敗となった。「(決勝までの)
勝ち上がりが思った通りにいかなくて…。追う立場として勝ちが欲しい試合だったのに」と淡々と振り返った。
世界選手権2大会連続銀メダルと実績は原沢を上回るが、ここにきて形勢は完全に逆転しつつある。残る全日本選手権に
向け「もう一回、つくり直して臨みたい」と巻き返しを誓った。

七戸 原沢に4連敗「思った通りにいかなくて…」と淡々
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/04/03/kiji/K20160403012332850.html

176 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/03(日) 11:53:44.59 ID:8QaD/Yq1

柔道・全日本選抜体重別選手権第1日(2日、福岡国際センター)リオデジャネイロ五輪の代表選考を兼ねて
男女計7階級が行われ、激戦の男子100キロ超級は原沢久喜(23)=日本中央競馬会=がライバルの七戸龍(27)=
九州電力=に決勝で優勢勝ちし、初優勝。昨年4月の全日本選手権から負けなしの若武者が代表入りに大前進した。
決勝で力の差をみせつけた。原沢はライバルの七戸を積極的に攻め、指導2つリードすると、残り29秒から内股で
有効を奪い、勝負あり。直接対決4連勝でリオ切符を大きくたぐり寄せた。
「はっきりしたポイントをとれたことはアピールになったと思います」
1回戦、準決勝は一本勝ち。国際大会も2月のグランドスラム・パリ大会を制すなど、7大会連続で優勝し、外国勢にも
結果を残している。これまで、2人を「横一線」と評していた日本男子代表の井上康生監督は「そう(原沢優勢と)
考えてもらっていい」と認めた。
故郷の山口・下関市からは家族や出身の大西道場の後輩らが応援に駆けつけ、「力になった」と感謝。所属は
日本中央競馬会(JRA)で、注目を集める藤田菜七子騎手の“フィーバー”には「売り上げも上がっていい」と笑う。
「これで喜んでいるようでは五輪はない」
最終選考会は29日の全日本選手権。ほぼ1年無敗のホープはこのまま、リオに突き進む。 
原沢との直接対決で敗れた七戸龍
「勝たないといけない試合に負けてしまった。全日本選手権へ向けて切り替えないといけない」
選考の行方は
この日、男子100キロ超級を除く6階級すべてで、五輪代表候補の本命が優勝を逃した。だが、同90キロ級の
ベイカー茉秋(東海大)や女子78キロ級の梅木真美(環太平洋大)63キロ級の田代未来(コマツ)らは、
男子100キロ級を負傷欠場した羽賀龍之介(旭化成)と同様、実績から選ばれる可能性が高い。女子70キロ級は、
ライバルとの対決を制した田知本遥(ALSOK)がリオに近づいた。78キロ超級では本命の田知本愛(ALSOK)が
準決勝敗退。優勝した山部佳苗(ミキハウス)との決着は、全日本女子選手権(17日)に持ち込まれた。

リオへ“逃げ切る”!JRA職員・原沢、ライバル七戸を下しV/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160403/jud16040305010001-n1.html

男子100キロ超級は、代表を争う原沢久喜(23)=日本中央競馬会=と七戸龍(27)=九州電力=が決勝で直接対決し、
原沢が優勢勝ちで初優勝。最重量級の最終選考会となる29日の全日本選手権に向けて代表入りに大きく前進した。
代表有力候補では女子63キロ級の田代未来(コマツ)、同78キロ級の梅木真美(環太平洋大)、同78キロ超級の
田知本愛(ALSOK)らが準決勝で敗れる波乱もあった。
「有効」のポイント以上に大きなインパクトを与えた。先に指導を奪った原沢は、前に出た七戸を見計らったように入った
内股で、相手の大きな体を一瞬宙に浮かせた。内容ある勝利でリオ切符に王手をかけ、「まだ通過点」としながらも
「いいアピールになった」と汗をぬぐった。
男子柔道の花形の最重量級で、国際大会7連勝と波に乗る23歳。「五輪が見えて勝ちたい気持ちが強くなった」と
エースの気概も芽生え、「国際大会は情報戦なので徹底的に対策するようになった」。持ち味の積極性に加え、
「組み手でも我慢できたのが一番の収穫」と技術面でも急成長を遂げている。
男子の井上康生監督は「緊張感がある中で内容も良く、先の戦いに向けても心強い」と大絶賛。代表争いについても
「(原沢が)リードと考えてもらっていい」と認めた。
初の五輪切符まで残り1戦。原沢は「目標は五輪の金メダルなので、またしっかり勝って代表権を取る」と豪快に一本を狙う。

原沢が七戸下し初V!代表入り前進
http://www.daily.co.jp/general/2016/04/03/0008953013.shtml

女子70キロ級の田知本遥が決勝でライバルの新井に優勢勝ちし、2年連続3度目の優勝で2大会連続五輪に前進。
ロンドン五輪は7位に終わったため「(リオでは)一番は金メダル。最低でもメダル」と意気込んだ。
姉の女子78キロ超級、田知本愛は準決勝敗退。最重量級は17日の全日本選手権が最終選考会となるため、
初の姉妹五輪の可能性は残る。田知本遥は「2人で行きたいです」と願っていた。

柔道 2大会連続五輪へ田知本遥が前進
http://www.daily.co.jp/general/2016/04/03/0008953011.shtml

177 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/03(日) 20:24:23.23 ID:9o1R0K87

全日本柔道連盟は3日、最重量級を除く男女各6階級のリオデジャネイロ五輪代表を発表し、女子48キロ級は20歳の近藤亜美(三井住友海上)が
選ばれた。近藤は初の五輪となる。
女子57キロ級は2012年ロンドン五輪金メダリストの松本薫(ベネシード)が実績を評価されて代表入りし、五輪連覇に挑む。同52キロ級の
中村美里(三井住友海上)は3大会、同70キロ級の田知本遥(ALSOK)は2大会連続の代表。
男子は81キロ級の永瀬貴規(旭化成)、73キロ級の大野将平(同)らが順当に選出され、66キロ級はロンドン五輪銅メダルの海老沼匡
(パーク24)が2大会連続で代表入り。100キロ級の羽賀龍之介(旭化成)は最終選考会の全日本選抜体重別選手権を右膝負傷で欠場したが、
実績で他を大きく上回っていたため選ばれた。
男子100キロ超級は29日の全日本選手権、女子78キロ超級は17日の全日本女子選手権がリオ五輪代表最終選考会となる。 

五輪代表選手の横顔
【柔道】
男子60キロ級
高藤 直寿(たかとう・なおひさ)パーク24。東海大出。13年世界選手権優勝。得意技は小内刈り、肩車。世界ランク2位。160センチ。22歳。栃木県出身。
男子66キロ級
海老沼 匡(えびぬま・まさし)パーク24。明大出。世界選手権は11、13、14年と3連覇。12年ロンドン五輪銅メダル。得意技は背負い投げ。世界ランク7位。170センチ。26歳。栃木県出身。
男子73キロ級
大野 将平(おおの・しょうへい)旭化成。天理大出。13、15年世界選手権優勝。得意技は大外刈り、内股。世界ランク7位。170センチ。24歳。山口県出身。
男子81キロ級
永瀬 貴規(ながせ・たかのり)旭化成。筑波大出。15年マスターズ大会、世界選手権優勝。得意技は大内刈り、内股。世界ランク2位。181センチ。22歳。長崎県出身。
男子90キロ級
ベイカー 茉秋(べいかー・ましゅう)東海大。千葉・東海大浦安高出。15年世界選手権3位。得意技は大内刈り。世界ランク4位。父が米国出身。178センチ。21歳。東京都出身。
男子100キロ級
羽賀 龍之介(はが・りゅうのすけ)旭化成。東海大出。15年世界選手権、グランドスラム東京優勝。得意技は内股。世界ランク5位。186センチ。24歳。宮崎県出身。
 
女子48キロ級
近藤 亜美(こんどう・あみ)三井住友海上。愛知・大成高出。14年に世界選手権をシニアとジュニアの双方で制覇。得意技は払い腰。世界ランク6位。156センチ。20歳。愛知県出身。
女子52キロ級
中村 美里(なかむら・みさと)三井住友海上。東京・渋谷教育渋谷高出。08年北京五輪銅メダル、12年ロンドン五輪は初戦敗退。世界選手権3度優勝。得意技は小外刈り。世界ランク5位。157センチ。26歳。東京都出身。
女子57キロ級
松本 薫(まつもと・かおり)ベネシード。帝京大出。12年ロンドン五輪金メダル。世界選手権は10、15年優勝。寝技が得意。世界ランク5位。163センチ。28歳。石川県出身。
女子63キロ級
田代 未来(たしろ・みく)コマツ。東京・淑徳高出。10年ユース五輪優勝。14、15年世界選手権3位。得意技は内股、小外刈り。世界ランク6位。163センチ。21歳。東京都出身。
女子70キロ級
田知本遥(たちもと・はるか)ALSOK。東海大出。12年ロンドン五輪7位。得意技は大外刈り。姉の愛は78キロ超級。世界ランク11位。167センチ。25歳。富山県出身。
女子78キロ級
梅木 真美(うめき・まみ)環太平洋大。熊本・阿蘇中央高出。11年世界ジュニア選手権、15年世界選手権優勝。得意技は大外刈り。世界ランク8位。174センチ。21歳。大分県出身。

近藤、松本らリオ五輪代表=男子は順当に永瀬、大野ら-柔道
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016040300098

178 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/03(日) 20:30:29.52 ID:9o1R0K87

いつも通り
永瀬貴規 目の前の相手を倒すといういつも通りの気持ちで臨んだ。内容は満足できないが、しっかり優勝して五輪に行きたいと思っていた。
真の王者に
大野将平 持ち味はなかなか出せなかったが、持ち味とは違う(しぶとい)柔道を表現できた。真のチャンピオンになりたいと強く思っている。
もっと強く
高藤直寿 (準決勝で敗れ)少しだけ気を抜いてしまったかな。動きも調子も悪くなかった。このままでは駄目。もっともっと強くならないと。
成長できている
中村美里 勝って自分の力で五輪代表をつかもうという気持ちが大きかった。落ち着いて試合に臨めた。しっかり経験を積んで、精神的にも
成長できている。

柔道選抜体重別・談話
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016040300135

全日本柔道連盟(全柔連)は3日、リオデジャネイロ五輪の男女12階級(最重量級は除く)の代表を発表した。本県関係では
男子60キロ級の高藤直寿(たかとうなおひさ)(22)=下野市出身、パーク24=が初、66キロ級の海老沼匡(えびぬままさし)(26)=
小山市出身、パーク24=が2大会連続の五輪代表に選ばれた。
最終選考会を兼ねて同日行われた全日本選抜体重別選手権終了後、全柔連強化委員会で決まった。同大会で2人はともに
準決勝で敗れたものの、これまでの実績や国際大会での強さが評価された。

柔道の高藤、海老沼がリオ五輪代表に
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/sports/general/news/20160403/2284564

実力者とホープが顔を合わせた男子66キロ級準決勝。海老沼は若い阿部の勢いに防戦一方で、技ありや有効を奪われた後に背負い落としで
一本負けした。「心の隙があった。情けない気持ち」と意気消沈。実績が考慮され、銅メダルだった2012年ロンドン五輪に続いてリオデジャネイロ
五輪代表に選出されたが、課題を残す完敗だった。
18歳の阿部は昨年の講道館杯で3位にとどまり、リオ五輪代表争いから脱落していた。海老沼を倒した勢いで決勝も制して初優勝。
「見返してやろうという気持ちだった。もっと力をつけて五輪で戦いたい」と4年後の東京五輪を見据えた。

海老沼、課題残す完敗=柔道選抜体重別
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016040300148

倒すべき相手が消えた畳で、負けるわけにはいかなかった。女子48キロ級決勝で近藤が対したのは浅見ではなく、伏兵の遠藤。
延長の1分すぎにともえ投げで有効を奪い、決着をつけた。五輪への道を飾ろうという強い意志がこもった戦いだった。
激しい代表争いを続けてきたライバルに直接対決で白黒をつけたい気持ちは確かにあったが、浅見の初戦敗退を聞いても感情は
さほど揺れなかった。自身の戦いに没頭し、最終選考会で頂点に立つことだけを考えた。「自分が一番強い。それを示せた」と言い切った。
最初からリオを目指した4年間ではなかった。14年の世界選手権を初出場で制覇。これを五輪代表への「巡ってきたチャンス」と捉えた。
世界女王の称号を背負う重圧につぶされ、勝てなくなった時期もある。調子の波もまだある。得意の払い腰を磨き、技の幅を広げ、
課題だった上半身の地力をつけて、またはい上がった。
心に壁をつくって意識してきた浅見に対し、「ジュニアの頃、練習をお願いしていた。私を高めてくれた」と素直な気持ちが口を突いた。
浅見がついに果たせなかった日本の看板階級の代表として五輪へ。「先輩が築いてきたものを背負えるのは光栄。注目された方が力が出る」と
覚悟は決めた。かつて、谷亮子が金二つを含め5大会連続でメダルを日本にもたらした階級。その誇りを取り戻す戦いに挑む。

看板階級背負う近藤=覚悟決め、五輪へ-柔道選抜体重別
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016040300154

179 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/03(日) 20:43:05.44 ID:9o1R0K87

全日本柔道連盟(全柔連)は3日、リオデジャネイロ五輪代表最終選考会兼全日本選抜体重別選手権(福岡国際センター)を終え、
同センター内で強化委員会を行い、男女6階級の代表選手を発表した。

 なお男子100超級は29日、女子78キロ超級は17日に決定。

 男子60キロ級 高藤直寿(22=パーク24) 補欠は志々目徹(24=了徳寺学園)

 同66キロ級 海老沼匡(26=パーク24) 補欠は高上智史(24=旭化成)

 同73キロ級 大野将平(24=旭化成) 補欠は中矢力(26=ALSOK)

 同81キロ級 永瀬貴規(22=旭化成) 補欠は丸山剛毅(23=パーク24)

 同90キロ級 ベイカー茉秋(21=東海大) 補欠は西山大希(25=新日鉄住金)

 同100キロ級 羽賀龍之介(24=旭化成) 補欠はウルフ・アロン(20=東海大)

 女子48キロ級 近藤亜美(20=三井住友海上) 補欠は浅見八瑠奈(27=コマツ)

 同52キロ級 中村美里(26=三井住友海上) 補欠は志々目愛(22=了徳寺学園)

 同57キロ級 松本薫(28=ベネシード) 補欠は芳田司(20=コマツ)

 同63キロ級 田代未来(21=コマツ) 補欠は津金恵(20=筑波大)

 同70キロ級 田知本遥(25=ALSOK) 補欠は新井千鶴(22=三井住友海上)

 同78キロ級 梅木真美(21=環太平洋大) 補欠は佐藤瑠香(24=コマツ)

柔道五輪代表に近藤亜美、松本薫、大野将平ら発表
http://www.nikkansports.com/sports/news/1626233.html

全日本柔道連盟は3日、福岡国際センターで行われた全日本選抜体重別柔道後に強化委員会を開き、リオデジャネイロ
五輪男女各6階級の代表を発表した。山下泰裕・強化委員会委員長、男子の井上康生監督、女子の南條充寿監督が
福岡市内で記者会見を行った。
代表12人の内、最終選考会となった今大会で優勝したのは5人。ロンドン五輪銅メダリスト、海老沼匡(パーク24)ら
第1シード3人が敗れた男子の井上監督は「選考においてこれだけ苦しいと思ったのは4年間で始めて」と率直な思いを語り、
「いかに国際大会、五輪で勝てる選手を選考するか考えた」と60キロ級の高藤直寿(パーク24)のデータなどで選考基準を説明した。
また「負けた選手は反省しないといけない」と苦言。今後については「(本番では)いかに100%に調子を持っていくかだが、
70、80%でも勝つことが大事。100%の力を発揮できるように調整する一方で、緊張状態でもいかに(勝てるように)持っていくか」と
課題を掲げた。
南條監督も「6カ月間しっかり準備した上で畳の上に上げさせたい」と語っていた。

井上康生監督、選手に苦言「反省を」
http://www.daily.co.jp/newsflash/general/2016/04/03/0008954534.shtml

全日本柔道連盟は3日、福岡国際センターで行われた全日本選抜体重別柔道後に強化委員会を開き、リオデジャネイロ五輪男女各6階級の
代表を発表した。山下泰裕・強化委員会委員長、男子の井上康生監督、女子の南條充寿監督が福岡市内で記者会見を行った。山下委員長は、
リオ五輪の金メダル数について「個人的には男女合わせて4個、できれば6個取りたい」と目標を掲げた。
最終選考会では「ふがいない試合をした選手もいる」としながらも「十分な準備をすれば不可能じゃない。今回は圧倒的なクラスはないが、
どの階級でも狙える力はある。14階級でメダルを取りたい」と語った。
また、井上監督は「目標としては全階級で(メダルが)狙える選手が出そろったと思うが、新たな危機感も覚えた」と、最終選考会で6階級中
2階級しか代表が優勝しなかったことに言及。その上で、重圧に負けずに優勝した73キロ級の大野将平(旭化成)、81キロ級の永瀬貴規
(旭化成)について「力を持っている証しではないか」と期待した。
また、南條監督はメダル数について「目標は金3個以上。そこに近づけるように準備する」と目標を挙げた。「中村(美里=52キロ級)は3回目で、
田知本(遙=70キロ級)も2回目。ベテラン組がメダルにからめるか」と青写真を描いていた。

山下強化委員長 リオの金メダル「6個」
http://www.daily.co.jp/newsflash/general/2016/04/03/0008954586.shtml

180 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/03(日) 21:18:28.01 ID:9o1R0K87

お家芸復活に挑む、柔道の日本代表選手12名が決まった。全日本柔道連盟は3日、リオデジャネイロ五輪の日本代表選手最終選考会となった
平成28年全日本選抜柔道体重別選手権大会の閉幕後に福岡市内で記者会見を行い、男女の最重量を除く12階級の代表内定選手を発表した。
女子57キロ級で2連覇を目指すロンドン五輪・金メダリストの松本薫(ベネシード)や、男子66キロ級で同銅メダリストの海老沼匡(パーク24)らが
選出された。女子78キロ超級は、無差別級で行われる4月17日の皇后杯全日本女子柔道選手権、男子100キロ超級は同29日の全日本選手権
を最終選考会としているため、それぞれ両大会終了後に発表される。
会見に出席した山下泰裕強化委員長は「強化委員長としては男女合わせて4個、できれば6個の金メダルを取りたい。(最終選考会の)今大会では
ふがいない試合もあったが、選手が持っている力を存分に出して、十分な準備をすれば不可能ではないと思っている。圧倒的な強さはないが、
どの階級でも金メダルが狙える。男女14階級(すべて)でメダルを取りたいというのが、個人的な希望、目標」と出そろった陣容にかける期待を明かした。
前評判通りに落ち着いた選手選考
しかし、最終選考会は、男女とも第1シードの選手が次々に破れる波乱となった。全14階級の代表選手のうち、第1シードの優勝者は5人。
準優勝が2人。全体の半数が決勝まで進めずに敗れた。それでも、昨年11月の講道館杯、グランドスラム東京大会や冬季欧州遠征などの実績や、
ここ1?2年の成績による国内ポイントシステムが重視され、選手選考自体は前評判通りに落ち着いた。
会見では、緊張感が高まっていく選考レースをトップ戦線で走り続けた選手が高く評価されたことが明らかになった。男子では、ともに最終選考会の
準決勝で敗れた海老沼、男子60キロ級の高藤直寿(パーク24)が選出。男子60キロ級では最有力候補の高藤が準決勝で敗れ、優勝した
志々目徹(了徳寺学園職)も候補に名乗りを挙げる形になったが、男子代表の井上康生監督は「代表選考の指標としている国内ポイントで
この1年間を見た上では高藤選手が上。2年間では若干、志々目選手が上。ただ、海外における勝率は高藤が圧倒的。2年間の国際大会の
戦歴8戦6勝に対して、志々目選手は8戦2勝と大きな差があった。いかに世界、五輪で勝つ選手を選考するかという基準で高藤選手を選んだ」と
総合的な実績を重んじたことを明かした。
ただし、敗れて代表に選出されるという形になった選手が多かったという事実に関しては、厳しい指摘も下した。
井上監督は「誰が金メダルを取れる可能性が高いのかという見方で選出した。プレッシャーというものは、五輪では今回以上のものがある。
気を引き締め直さないといけないと感じられる大会となった。監督として感情的になってはいけないと思ったが、これほど(代表選手)選考
において苦しい思いをしたのは、4年間で初めて。代表を逃した者の思いを思うと、心苦しい」と、最後に評価を下げながら選ばれた選手が
多いことに苦言を呈した。「いかに100パーセントの力で臨めるように調整するかが大事だが、現実的に(必ず100パーセントというの)は無理。」
70?80パーセントでも勝つことが大事。今大会は良い例。1番手の選手は五輪が(意識の中に)ちらつくし、モチベーションのピークは、
2番手以降の選手とは違う。それでも、その中で勝つ地力がなければ五輪では勝てない。緊張状態の中でも勝てる準備をすることが必要」と
課題を挙げた。
井上監督の発言からは、長期の安定感と大一番での勝負強さの2点を大きく評価したことが伺い知れた。井上監督は、有力候補の中でしっかり
と最終選考を勝ち抜いた男子81キロ級の永瀬貴規、男子73キロ級の大野将平(ともに旭化成)を高く評価。「全階級でメダル、金メダルを狙える
選手が出そろったが、今大会では新たな危機感を覚えた。この2日間では、本調子でなく、気持ちも高くなくても永瀬と大野が優勝した。力を
持っている証拠。彼らを中心に前回はなかった金メダルを目指したい」と話した。

181 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/03(日) 21:21:28.15 ID:9o1R0K87

代表落ちの選手は他大会でアピール不足
最終選考会を勝ったが選ばれなかった選手に関しては、他の大会でのアピールが不足したことに言及。男子66キロ級で代表となった海老沼に
準決勝で1本勝ちを収めるなど、充実した勝ち方で最終選考会を優勝した阿部一二三(日本体育大学)については、2020年東京五輪に向けた
有力候補としての期待を示しつつ「素晴らしい試合を見せたが、選考は講道館杯から始まっている。阿部選手は講道館杯の準決勝で有効を
取られて3位になり(その次の選考対象大会である)グランドスラム東京大会に出場できず、欧州での大会の日本代表にも選ばれなかった
というところで、自ずと戦線から離脱した」と言い切った。
女子でも78キロ級で代表となった梅木真美(環太平洋大学)が最終選考の準決勝で敗退したのに対し、次点候補の佐藤瑠香(コマツ)が優勝したが、
女子代表の南條充寿監督は「選考レースの中で総合的に見たときに(昨年の)世界選手権の優勝が大きな材料になったことは事実」と直近の成績が
芳しくないことは認めながらも、梅木の実績を評価。一方、最終選考会の決勝で有力候補同士の対決を制した女子70キロ級の田知本遥
(ALSOK)については「新井(千鶴=三井住友海上)選手と代表レースでもつれる形になったが、最終選考会のすべての試合でポイントを
挙げて勝利したところに執念を感じた」と選考レースを戦い切っての勝利を高く評価した。
評価を証明するリオの舞台
最終選考会という表現から、世間には代表決定戦の意味合いが強く伝わるが、実際にはよほど実績で並ばない限り、最終選考会での評価逆転は
難しいというのが現実だった。
山下強化委員長は、最終選考会終了後の委員会を一部報道陣に公開したことについて「期待している選手に厳しい試合内容が多く、異論も出た。
本当にこんな選手が戦えるのかという意見も出た。不満も多かったが、比較的厳しい、活発な意見が出て来たことは良かったと思う。(委員が)
かなり真剣に事前の準備をして来ていた。選手にとっては、一生に一度のチャンス。その運命を握るわけだから、みんなで真剣に議論できたことは
良かった。(公開した委員会の内容に)一定の評価はしたい」と話し、最終的には男女両監督が推した候補者がすべて選出されたことを明かした。
選考レースを戦い続け、その中で実績を残した者が臨むことになったリオの舞台では、評価を証明する戦いが期待される。

リオ五輪柔道代表の選考理由実績重視で「金4?6個」が取れる陣容
http://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201604030003-spnavi

いつも通り
永瀬貴規 目の前の相手を倒すといういつも通りの気持ちで臨んだ。内容は満足できないが、しっかり優勝して五輪に行きたいと思っていた。
真の王者に
大野将平 持ち味はなかなか出せなかったが、持ち味とは違う(しぶとい)柔道を表現できた。真のチャンピオンになりたいと強く思っている。
もっと強く
高藤直寿 (準決勝で敗れ)少しだけ気を抜いてしまったかな。動きも調子も悪くなかった。このままでは駄目。もっともっと強くならないと。
成長できている
中村美里 勝って自分の力で五輪代表をつかもうという気持ちが大きかった。落ち着いて試合に臨めた。しっかり経験を積んで、精神的にも
成長できている。
気引き締め準備を
山下泰裕・全柔連副会長(強化委員長) 試合内容がふがいない者もいた。かなり気を引き締めて準備をしないと、リオでの戦いは簡単ではない。
苦しい思い
井上康生男子監督 これほど選考で苦しい思いをしたのは初めて。代表への重圧はあったと思うが、本番では(重圧が)これ以上になると思ってほしい。
女子で金3個を
南條充寿女子監督 女子は金メダル3個が目標。五輪出場経験者がポイント。残り4カ月で、これ以上やることはないという状態にする。

柔道選抜体重別・談話
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016040300135

182 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/03(日) 22:33:13.86 ID:9o1R0K87

全日本柔道連盟(全柔連)は3日、福岡市内で開いたリオデジャネイロ五輪代表選考の強化委員会を報道陣に公開した。
昨年の世界選手権代表選考に続く異例の試み。新聞やテレビなど26社が傍聴する中、68人の委員が約1時間、議論した。
代表選考の透明化を目指し、全柔連の山下泰裕強化委員長が発案した。一部委員から「自由に意見ができない」との異論があり、
強化委員長は自身以外の発言者が特定されない報道をメディアに求めて実現。事前のコーチ会議で決まった代表候補案を1階級ずつ検討した。
会議では五輪だけにとどまらず、普段の国際大会の派遣方法にまで“物言い”が付く場面も。画期的な案を実現した山下委員長は
「選手の一生の運命を握るのだから、真剣に議論ができて良かった」と述べた。
代表選手の反応はさまざまだ。男子81キロ級のベイカー茉秋選手(東海大)は「公平でいい。理由が早く表に出れば、選手も納得だと思う」と好意的。
女子63キロ級の田代未来選手(コマツ)は「自分は(会議に)入っていないから分からない。いいか悪いかも言えない」と言葉を濁した。

柔道選考、異例の公開 約1時間、報道陣が傍聴
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/04/03/kiji/K20160403012337360.html

男子81キロ級の永瀬は3連覇で五輪代表決定に花を添えた。同階級では2000年シドニー五輪の滝本誠以来となる金メダルの期待が懸かる。
22歳の若武者は「五輪で優勝することしか考えていない」と力強く言い切った。
他階級の有力選手が苦戦する中、落ち着いた闘いぶりが光った。日本男子の井上監督は73キロ級の大野とともに、代表の中心として期待する。
永瀬は「今は楽しみの方が大きいが、近づいてきたら不安も大きくなるかも」と思いを巡らせた。

永瀬、3連覇で五輪代表決定に花添える「近づいてきたら不安も大きくなるかも」
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/04/03/kiji/K20160403012336180.html

本番で金メダルを狙えるかどうかが、リオデジャネイロ五輪代表選考の軸となった。男女の最重量級を除いて決まった計12階級の代表のうち、
最終選考会の全日本選抜体重別選手権を制したのは5人だけ。積み重ねた実績が重要視された。
報道陣に公開された全日本柔道連盟の強化委員会で、選考に対して目立った異論が出たのは2階級。男子60キロ級は2013年世界選手権覇者
の高藤直寿(パーク24)が選抜体重別優勝の志々目徹(了徳寺学園職)を抑えた。13年以降の国際大会の勝率や主要外国選手との対戦成績が
決め手だったが、直近大会の成績を考慮すべきだとの意見も出た。
女子70キロ級は選抜体重別決勝で直接対決を制した田知本遥(ALSOK)が新井千鶴(三井住友海上)を上回った。国際大会の実績を
同等とみなした首脳陣に対し、田知本遥の出場試合数が少ない点を指摘して異議を唱えた委員もいた。
複数ある代表選考会の成績などを総合的に判断し、全体としては順当な選出。実際に代表入りした選手が選抜体重別前から有力とされ、
負傷欠場した男子100キロ級の羽賀龍之介(旭化成)も選ばれた。そのため、選抜体重別の大会としての意味が薄れるとの理由から、
「内定を早く出すことも検討すべきでは」と将来を見据えた意見も出た。

実績重視の代表選考=本番の「金」見据え=柔道選抜体重別
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016040300175

183 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/04(月) 13:18:46.35 ID:ybcrwrkG

夢の五輪へ―。柔道女子78キロ級の梅木真美選手(21)=環太平洋大4年=が3日、今夏のリオデジャネイロ五輪の日本代表に選出された。
九重町出身の女子柔道家が、子どものころから思い焦がれてきた夢の舞台に立つ。
重ねた鍛錬結実 選ばれ「正直ホッ」
うれしい知らせだった。前日の2日、国内最終選考会となった全日本選抜体重別選手権(福岡国際センター)に78キロ級の最有力候補として
臨んだが、準決勝でまさかの敗退。試合直後は「自分が選ばれるか分からない」と険しい表情をのぞかせていた。それだけに代表決定の喜びは
大きく、「試合に負けた後の選考だったので、決まった瞬間は正直ホッとした」。
実家は畜産農家。幼少期から仕事を手伝い、強靱(きょうじん)な足腰を培った。ここのえ柔道クラブで競技を始め、中学、高校はより良い環境を
求めて熊本へ。高校1年で全国高校総体を制すなど頭角を現し、世界ジュニア女王にも輝いた。
高校卒業後は、バルセロナ五輪(1992年)金メダリストの古賀稔彦総監督(48)に「世界一になろう」と誘われて同大学へ。昨夏の世界選手権を
制した後も、「子どものころから憧れてきた場所(オリンピック)へ」と鍛錬を怠らず、積み上げてきた歩みを結実させた。
夢の舞台に立つ切符は手にしたが、本当の戦いはこれから始まる。梅木選手は「オリンピックに出ることではなく、金メダルを取ることが最大の目標。
自分の柔道で堂々と戦えるよう、やるべきことを一つ一つしっかりと取り組んでいきたい」と力強く話した。
父「人生最高のビール」
「人生最高のビールが飲めます」―。梅木真美選手の父彰博さん(59)はまな娘の五輪出場に感無量の様子だった。当初は2日の試合を観戦後、
自宅で吉報を待つはずだった。だが「気が気じゃなかった」と彰博さん。「会場で(真美の)名前が呼ばれた瞬間は跳び上がって喜んだ。本当に
良かった。絶対に金メダルを取らせたい」と締めくくった。

梅木選手「金メダル取る」 リオ五輪柔道代表
https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2016/04/04/005242944

柔道のリオデジャネイロ五輪代表選考会を兼ねて3日に福岡市で行われた全日本選抜体重別選手権の女子48キロ級を制し、初の五輪切符を
つかみ取った名古屋市出身の近藤亜美選手(20)。「優勝することができて良かった。リオでは金メダルを目指したい」と力強く語った。
会場では両親や祖母らが見守った。延長に持ち込まれた決勝は、先にポイントを挙げた方が勝ちという緊迫した戦い。母親の清美さん(50)が
「息ができないようだった」という張り詰めた空気の中、近藤選手がともえ投げで有効を奪うと、「やったあ」と叫んだ。父親の敬造さん(54)は
「気持ちの勝負。そこで勝ったのは成長した証拠かな」と目を細めた。
清美さんは前夜、宿舎を訪ね、大好物の天津飯を差し入れたという。近藤選手は「金メダルを取って家族やお世話になった方にかけたい」
と話しており、母親の計らいに気力を充実させ、臨んだ決戦の舞台だった。
母校の私立大成中学・高校(愛知県一宮市)の柔道部監督、大石公平さん(41)も応援に駆けつけた。リオ五輪へのアピールの大会だった
2月の「グランドスラム・パリ」では、初戦で敗退し、泣きじゃくる近藤選手を慰めたという。この時、「昔から追い詰められて力を出すタイプ。
選考会は大丈夫」と感じたといい、「亜美らしい気持ちが前に出た柔道でチャンスをつかみ取った」とたたえた。
大石さんは、五輪金メダリストの吉田秀彦さんや谷本歩実さんらを輩出した愛知県大府市の名門「大石道場」の大石康師範の長男。
小学校時代から道場に通い始めた近藤選手を見てきた。「畳に上がると表情が変わり、相手に飛びかかっていくような子だった。
五輪では谷本のように一歩一歩勝ち上がってほしい。大舞台の方が力を発揮するので、本当に楽しみです」とリオでの活躍に期待した。

柔道、近藤選手「リオでは金」家族・恩師が声援
http://www.yomiuri.co.jp/chubu/news/20160404-OYTNT50020.html

184 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/04(月) 13:21:33.94 ID:ybcrwrkG

リオデジャネイロ五輪の柔道日本代表メンバーが3日発表され、女子57キロ級に金沢市出身でロンドン五輪金メダルの松本薫選手が選ばれた。
県内の関係者は五輪出場を喜ぶとともに、連覇への期待の声を寄せた。
松本選手が5歳から高校生の頃まで指導を受けた同市の「岩井柔道塾」で塾主を務めた岩井克良さん(70)は「うれしい。2大会連続出場とは
よく頑張った」と目を細めた。リオ五輪代表選考を兼ねた同日の全日本選抜体重別選手権で、松本選手は準決勝敗退を喫しており
「代表になったら金メダルを取るしかない。今までの闘志あふれるスタイルを通しつつ、ミスのない緻密な柔道を」と激励した。
母校・金沢学院高柔道部で松本選手を指導した顧問の西村裕樹教諭(48)も「どの選手もメダルを狙ってくるが、彼女の柔道を
思い切ってやれば自然と結果はついてくるはず」とエールを送った。

柔道・松本選手リオ決定 連覇へ期待とエール
http://www.yomiuri.co.jp/local/ishikawa/news/20160403-OYTNT50205.html

福岡国際センターで2日に行われた柔道・全日本選抜体重別選手権女子70キロ級を制した射水市出身の田知本遥選手(ALSOK)が3日、
リオデジャネイロ五輪代表に選出された。田知本選手の姉、愛選手(同)の78キロ超級は17日の全日本女子選手権後に代表が決まる。
県内の柔道関係者からは「ぜひ姉妹で五輪に出場してほしい」と期待の声が上がった。
田知本姉妹が小学校時代に通った小杉少年柔道クラブ(射水市)の保田辰幸代表(45)は、遥選手の五輪選出に「2大会連続出場は
とにかくすごい」と声を弾ませた。保田代表によると、遥選手は「いいかげんなことを嫌う性格」で、練習で手を抜くことはなかったといい、
男子に交じって出場した大会でも上位に名を連ねていたと振り返る。
大会を会場で観戦した県柔道連盟の橘川謙三会長(73)は、遥選手について「美しい一本背負いを見せ、強さが際立っていた。メダルを
取れなかったロンドン五輪の頃とは違う」と期待を込めた。また、今大会は準決勝で敗れた愛選手については「代表に選ばれる可能性は
十分にある」とし、「姉妹で五輪に出て活躍し、柔道を頑張っている富山の子供たちに夢を与えてほしい」と語った。

田知本遥選手 リオ決定…柔道70キロ級
http://www.yomiuri.co.jp/local/toyama/news/20160403-OYTNT50262.html

全日本柔道連盟は3日、最終選考会となった全日本選抜体重別選手権(福岡国際センター)の後に福岡市内で強化委員会を開き、
男女最重量級を除く各6階級で8月に行われるリオデジャネイロ五輪の代表選手を発表した。
男子66キロ級では、ロンドン五輪銅メダリストで世界選手権3度優勝の実績を持つ海老沼匡(パーク24)が2大会連続で選ばれた。
同100キロ級では、昨年の世界王者で、選抜体重別をけがで欠場した羽賀龍之介(旭化成)が初の五輪代表入り。
女子57キロ級はロンドン五輪女王の松本薫(ベネシード)が選ばれ、日本女子4人目の五輪2連覇を狙う。同52キロ級では北京、
ロンドン両五輪代表の中村美里(三井住友海上)が3大会連続で選ばれた。
女子78キロ超級は、17日の全日本女子選手権(横浜文化体育館)、男子100キロ超級は29日の全日本選手権(東京・日本武道館)の後に
それぞれ強化委員会を開き、代表を決める。

各階級の代表選手は次の通り。
【男子】
60キロ級 高藤直寿(22)(パーク24)=初
66キロ級 海老沼匡(26)(パーク24)=2度目
73キロ級 大野将平(24)(旭化成)=初
81キロ級 永瀬貴規(22)(旭化成)=初
90キロ級 ベイカー茉秋(21)(東海大)=初
100キロ級 羽賀龍之介(24)(旭化成)=初

【女子】
48キロ級 近藤亜美(20)(三井住友海上)=初
52キロ級 中村美里(26)(三井住友海上)=3度目
57キロ級 松本薫(28)(ベネシード)=2度目
63キロ級 田代未来(21)(コマツ)=初
70キロ級 田知本遥(25)(ALSOK)=2度目
78キロ級 梅木真美(21)(環太平洋大)=初

【柔道】リオ五輪代表に海老沼、中村ら12選手 松本は五輪2連覇狙う
http://www.sankei.com/sports/news/160404/spo1604040009-n1.html

185 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/04(月) 13:25:34.68 ID:ybcrwrkG

ライバルはすでに畳から去っていた。女子48キロ級の五輪代表の座をほぼ手中に収めていた決勝の舞台。延長に入っても、
近藤の勝利への執念は消えなかった。「最後は気力の勝負」。有効を奪った巴投げで決着をつけると、感情むき出しの
ガッツポーズが飛び出した。
波乱は午前中に起こった。代表を争ってきた浅見がまさかの初戦敗退。自身の耳にも入ってきた。「自分は勝って
(代表にふさわしいことを)示すべき。気にしないように」。直接対決がなくなっても、集中力は切らさなかった。
減量などの調整をうまく乗り切ったときの強さは際立っている。勢いにも乗った一昨年の世界選手権は初出場で制覇。
ただ、好不調の波が激しく、序盤に負ける悪い癖が抜けない。昨年は世界選手権で連覇を逃し、今年も2月の国際大会で初戦敗退。
不安材料を残していただけに、今大会を第1シードで制した評価は高く、代表を決めた強化委員会でも異論は全く出なかった。
小学生のとき、通っていた愛知県の大石道場の先輩でもある谷本歩実さんがアテネ五輪で獲得した金メダルを見せてくれた。
五輪へのあこがれが芽生えた瞬間だった。
五輪5大会出場で金メダリストでもある谷亮子さん、前回代表の福見友子さん、そして浅見…。歴代の名選手たちが築いてきた
日本の伝統階級を背負う20歳は「浅見さんと競ったおかげで(自らの)レベルが上がった。リオでは、もちろん金メダルを目指す」
と高らかに宣言した。

【柔道】20歳の近藤、優勝で初五輪、狙うは「もちろん金メダル」
http://www.sankei.com/sports/news/160404/spo1604040010-n1.html

男女計7階級が行われ、男子73キロ級は昨年の世界選手権覇者、大野将平(24)=旭化成=が優勝し、初の五輪代表入りを決めた。
この日発表された男女6階級12人の代表選手は4日に記者会見を行う。男女とも最重量級の代表は全日本選手権(男子29日、女子17日)後に
発表される。
大野が最難関の男子73キロ級を制した。決勝ではロンドン五輪銀メダリストの中矢を僅差で破って文句なくリオ切符を手にし、
「4年間争ってきたライバルなので集中した。持ち味だけじゃなく粘りも出せた」と胸を張った。男子の井上監督も「本調子じゃない中で
優勝した大野らが中心になる」とエースとして期待を込めた。
天理大出身としては96年アトランタ五輪から3大会連続金メダルの野村忠宏氏以来となる金メダル獲得を目指す。ただ、決勝では
一本勝ちでなかったこともあって満足はしていない。「野村先輩なら投げきって一本勝ちで決めている。理想は一本勝ち。先輩が
築いてきた天理柔道を見せたい」と大舞台へ闘志を燃やした。

大野 リオ金へ闘志「天理柔道見せる」/スポーツ/デイリースポーツ online
http://www.daily.co.jp/general/2016/04/04/0008955481.shtml

全日本柔道連盟は大会終了後に強化委員会を開き、男女ともに最重量級を除くリオ五輪各6階級の代表を決定した。山下泰裕強化委員長(58)は
福岡市内で会見し、「金メダルは最低でも4個。できれば6個取りたい」と目標を設定。ロンドン五輪では金1個を含む7個のメダルを獲得したが、
「全階級で金を狙える。できれば14階級でメダルを取りたい」と鼻息を荒くした。
昨年の世界選手権代表選考に続き、今回も選考の透明化を目指し、強化委員会が報道陣に公開された。山下委員長は「男女ともに、
誰が勝つ可能性が高いかデータをかなり準備するようになった」と“ガラス張り”の成果を強調した。
国際大会の実績を重視し、順当な選考となった。一方で、選ばれた12人のうち今大会を制したのは5人だけだった。山下委員長によると
「こんな選手で戦えるのか」という声も一部で出たという。
男子の井上監督は選考について「これほど苦しい思いは監督になって初めて」と明かし、代表選手には「五輪はもっとプレッシャーがかかる。
もっと気を引き締めないと」と、日の丸を背負う心構えを説いた。

柔道連盟“ガラス張り選考”で実績重視 online
http://www.daily.co.jp/general/2016/04/04/0008955493.shtml

186 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/04(月) 13:31:11.37 ID:ybcrwrkG

柔道のリオデジャネイロ五輪代表最終選考会を兼ねた全日本選抜体重別選手権最終日は3日、福岡国際センターで男女計7階級が行われ、
リオデジャネイロ五輪代表最終選考会を兼ねた全日本選抜体重別選手権最終日は3日、福岡国際センターで男女計7階級が行われ、
男女各6階級12人の五輪代表が決まった。女子48キロ級は近藤亜美(三井住友海上)が2年ぶり2度目の優勝を飾り、初の代表に選ばれた。
ライバルの浅見八瑠奈(コマツ)は1回戦で敗れた。
男子で昨年の世界選手権を制した73キロ級の大野将平と81キロ級の永瀬貴規(ともに旭化成)は優勝し初の代表入り。大野は決勝で
ロンドン五輪2位の中矢力(ALSOK)を下した。
女子52キロ級は中村美里(三井住友海上)が2年連続6度目の優勝で3大会連続の五輪へ。同57キロ級はロンドン五輪女王の松本薫(ベネシード)が
準決勝で敗れたが、五輪代表に選ばれた。芳田司(コマツ)が初優勝。
男子66キロ級はロンドン五輪3位の海老沼匡(パーク24)が代表に決定。初優勝した阿部一二三(日体大)に準決勝で敗れた。同60キロ級は
志々目徹(了徳寺学園職)が制したが、高藤直寿(パーク24)が初の五輪切符を手にした。
選考会議は報道陣に公開され、2日に優勝した女子70キロ級の田知本遥(ALSOK)らも代表に決まった。17日に女子78キロ超級、
29日に男子100キロ超級を選考する。
近藤、伸び盛り「一番強いと示せた」
思わずガッツポーズが出た。柔道では敗者への敬意が重んじられ、好ましくないともされるが、あふれる感情を抑えきれなかった。
女子48キロ級で初の五輪出場を決めた近藤は、「優勝しか目指してなかった。自分が一番強いとしっかり示せた」と上気した顔で誇った。
決勝の畳に最大のライバルの姿はなかった。激しく代表を争った浅見は初戦敗退。直接対決での決着を望んだ相手の早すぎる退場だったが、
「自分の相手しか見えていなかった」と集中力は切れなかった。試合を経るごとに動きは軽快になり、準決勝は一本勝ち。決勝は延長1分11秒、
「序盤にかけた時に(相手の体が)浮いたので」と、機を見計らったともえ投げで有効。優勝という最高の形で代表レースに終止符を打った。
リオ五輪をめぐる争いに加わったのは、愛知・大成高3年だった2013年のグランドスラム東京で優勝してから。後発の新星は14年の
世界選手権で初優勝して先頭に立ったが、自ら「ぽっと出だった」というように、よく言えば伸びしろが豊富な素材。連覇を狙った昨年の
世界選手権は辛うじて銅メダルと、注目や重圧を力に変える術(すべ)は持ち合わせていなかった。
そんな新鋭を鍛えたのが、7歳上の浅見との一騎打ちだった。浅見が休養から復帰した14年夏以降、国内外の大会で勝ったり負けたり。
ジュニア時代から稽古をつけてもらった第一人者に、「自分を高めてもらった」と感謝する。
谷亮子さんが一時代を築いた女子48キロ級はロンドン五輪でメダルを逃した。看板階級の重み、復権への期待、そして間近で感じた
浅見の五輪にかける思いと、これまで以上に多くを受け止めるが、「背負って戦うべきだと思っている」。20歳は覚悟を決めて大舞台に向かう。
浅見、またも初戦で
思いもよらない幕切れに、女子48キロ級の浅見は放心したような表情で畳を降りた。思い焦がれた五輪への道が断たれる初戦敗退。不規則な
組み手で受けた2度の指導を挽回できず、「怖さ、プレッシャーを全身で受け止めて戦おうと思ったけど、勝てなかったのは自分の弱さ」と
懸命に言葉を紡いだ。
ロンドン五輪の大本命として臨んだ4年前の選抜体重別も、同じく初戦敗退で涙をのんだ。約1年の休養を挟み、復帰後は自身が不在の
間に台頭した近藤とのマッチレース。「勝つことの難しさを常に感じてきた」。悔しさと、支えてくれた人たちへの感謝を原動力に、全ての経験を
注いだ大舞台だったが、結果は無常だった。
止められるまで稽古をやめない生真面目な元世界女王。試合後は「応援に来てくれた人たちに1試合しか見せられず申し訳ない」と深く一礼し、
「リオの先は全く白紙。もう少しやりたかった」と目を赤くした。 

187 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/04(月) 13:31:40.66 ID:ybcrwrkG

大野に油断なし 世界王者の貫禄 男子73キロ級
有力選手が次々と負ける中、男子73キロ級世界王者の大野は頂点を譲らず「粘り強く、泥くさくやれるということを見せられた」と大きく息を吐いた。
勝利にこだわり、五輪代表の座を射止めた。
日本人同士の対決は、組み手争いを中心とした緻密な闘いとなることが多い。互いを知り尽くしたロンドン五輪銀メダルの中矢との決勝も
息詰まる攻防。得意の内股や大外刈りは不発だったが、右奥襟をつかんで中矢の動きを封じ、指導一つを引き出して競り勝った。
昨夏の世界選手権を制覇し、今年2月のドイツでの国際大会も優勝。五輪代表争いを大きくリードし、今大会を前に代表選出が確実視されていた。
「心のどこかに隙がないか、常に自問自答して闘った。一皮むけた」と精神面の収穫を口にした。
白星街道を突き進んだ先に、初の大舞台が待っている。天理大の先輩で五輪3連覇の野村忠宏氏に憧れる。「真のチャンピオンになりたいと
強く思っている」。24歳の実力者が、言葉に力を込めた。
7階級で優勝者選ばれず
全日本柔道連盟(全柔連)は3日、リオデジャネイロ五輪の日本代表を選考する強化委員会を福岡市で開き、報道陣にも公開した。約45分の
会議で男女の最重量級を除く計12階級の代表を選出。最終的には原案通り、全会一致での決定となったが、議論が白熱した階級もあった。
日本代表は国際大会の結果や世界ランキング、国内外の大会の成績をポイント換算した資料を参考に、男女両監督とコーチで原案を作成。
「五輪で金メダルを取る可能性が一番高いのは誰か」という方針にもとづき、1階級ずつ話し合われた。
最終選考会だった今大会で優勝し、代表の座を射止めたのは男女計5人だけ。勝者が落選した階級については「直近の成績を重視すべきだ」とか、
「国際大会の出場機会が平等だったか」といった意見も出たが、最終的には過去数年の国際大会での実績が決め手となった。
女子57キロ級の松本薫(ベネシード)や男子66キロ級の海老沼匡(パーク24)は決勝に進めず、男子100キロ級の羽賀龍之介(旭化成)は故障で
大会を欠場しての選出となったが、いずれも実績で他の追随を許さないことを重視した。
強化委の公開は世界選手権代表を選んだ昨年に続き2度目。関係者からは議論が制限されたり、選手との信頼関係への影響を不安視する声も
あったというが、発案した山下泰裕強化委員長は「公開したことでデータを細かく分析するなど、これまでの代表選考よりはるかに詳しくやれた。
改善の余地はあるが、一定の評価はしたい」と話した。
強化委は女子78キロ超級の代表を決める全日本女子選手権(17日)後と、男子100キロ超級の代表を決める全日本選手権(29日)後にも
行われ、同じく報道陣に公開される。

男女12階級でリオ五輪代表決定 柔道全日本体重別
http://www.tokyo-np.co.jp/article/sports/list/201604/CK2016040402000129.html

男子66キロ級で阿部一二三(日体大、神港学園高出)が初優勝。準決勝でロンドン五輪3位でリオ五輪代表に決まった海老沼匡(パーク24)に一本勝ち。
男子66キロ級は日体大に進学した18歳、阿部が準決勝で海老沼に一本勝ちするなどして初優勝を果たした。五輪代表を圧倒した投げ技は
魅力十分。次世代のホープは「大学初の試合でいいスタートが切れた」と会心の笑顔だった。
昨年11月の講道館杯で3位に終わり、五輪代表争いから脱落。試合がなかった冬場は「絶対に見返してやろうという気持ち」で、一から
体を鍛え直した。今後に弾みをつけ「(今大会の結果が)来年の世界選手権や東京五輪にも関わってくると思っていた」と心地よさそうに汗を拭った。

柔道全日本選抜 阿部初V、代表の海老沼下す
http://www.kobe-np.co.jp/news/sports/201604/0008955777.shtml

188 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/04(月) 13:36:47.27 ID:ybcrwrkG

女子48キロ級は、名古屋市出身の近藤亜美(20)=三井住友海上=が優勝し、リオデジャネイロ五輪の代表に決まった。近藤と代表の座を
争った浅見八瑠奈(27)=コマツ=は、初戦で優勢負けした。男女の最重量級を除く全12階級でリオデジャネイロ五輪の代表が決まり、
男子100キロ超級は29日の全日本選手権、女子78キロ超級は17日の全日本女子選手権後にそれぞれ決まる。
優勝インタビューで笑顔が弾けた。16台のカメラに囲まれた近藤は、無数のフラッシュを浴び、「たくさんの期待も背負っていたので、ここで負ける
わけにはいかなかった。リオに向けて通過点なんで、しっかり優勝できてよかった」と、満面の笑みを浮かべた。
48キロ級決勝は、延長戦にもつれこんだ。立ち上がりに試みたともえ投げで、相手の体が浮き上がったことに、手応えをつかんでいた。
延長も1分を過ぎ、ここぞの場面で再び繰り出した。有効の判定に、思わず右拳を胸の前で固めたが、技が浅かったと感じて「取り消されない
ようにと思った」と演技を強調した。
最大のライバル浅見の初戦敗退は、初戦を袖釣り込み腰で優勢勝ちした後に、付き人から聞いた。「気にしないようにしなきゃ」と、気が緩まないよう、
自分の柔道に集中すると、準決勝では、大外返しで一本勝ち。強気な攻めの姿勢を貫いた。
オリンピックを初めて意識したのは、出身の大石道場(愛知県大府市)の先輩で、代表コーチでもある谷本歩実さんが2004年のアテネ五輪で
道場に凱旋(がいせん)したとき。一緒に乱取りをして、祝勝会で選手を代表して花束を手渡し、メダルを触らせてもらったという。
女子最軽量級は、かつて谷亮子(旧姓田村、現参議院議員)が君臨し、金メダル2個を含む5個のメダルを獲得した日本の看板階級でもある。
「48キロ級は伝統の階級なので、もちろん金メダル目指して頑張ります」ときっぱり。笑顔でリオ五輪優勝を誓った。

[柔道]リオ五輪代表決定 女子48キロ級は優勝の近藤
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/sports/news/CK2016040402000156.html

柔道の全日本体重別選手権最終日が3日、福岡国際センターで行われ、男子73キロ級には世界王者経験者3人が出場。
まずは初戦で秋本が敗れ脱落。10年世界王者の30歳は「全力は出し切ったので悔いはない」とさばさばした表情で話した。決勝では
ロンドン五輪銀メダルの中矢が大野に敗れ「投げてポイントを奪って勝つしか(逆転代表は)ないと思ってた」と話し「また次の目標を決めたい。
大野選手には僕たちの代表として優勝して欲しい」とライバルにエールをおくった。

大野、世界王者3人の最激戦区制す
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/04/04/kiji/K20160404012340210.html

男子73キロ級は、すでに当確ランプのともっていた大野が貫禄の優勝を飾った。決勝は前回五輪銀メダルの中矢に指導差で勝利。
「4年間争ってきたライバル。しっかり集中して戦い抜いた」と相手の土俵である寝技でも追い込む場面があった。普段のような豪快な技は
少なかったが、危なげない慎重な戦いぶり。秋本を含めて世界王者経験者3人によるハイレベルな代表争いを勝ち抜いた。

大野 前回五輪銀の中矢とハイレベル争いも貫禄勝ち
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/04/04/kiji/K20160404012337680.html

内定した12人の五輪代表のうち、今大会の優勝者は男子2人、女子3人だけ。実績上位の第1シードの苦戦で、五輪代表選考としては初めて
報道陣に公開された強化委員会では「負けた選手を選んで大丈夫か?」という声も出たが、紛糾はしなかった。
山下泰裕強化委員長は「ここまで順調に強化が進んできた、と思っていたが、気持ちを引き締めないと」とし、五輪本番の目標については
「男女合わせて最低でも金メダル4個、願わくば6個。全階級でメダルを獲りたい」とした。

大丈夫?内定12人中優勝者は5人だけ 強化委“本番が重要”
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/04/04/kiji/K20160404012337730.html

189 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/04(月) 13:45:31.91 ID:ybcrwrkG

男子81キロ級の永瀬が3年連続同カードとなった長島との決勝を制して3連覇を飾った。手の内を知り尽くした相手との対戦だったが、
試合中盤に横落としで技ありを奪った。
永瀬以外に五輪出場資格を満たす世界ランキング22位以内がいない無風の階級。「しっかり優勝して五輪に臨みたかった」という目標を果たし
「上を見すぎず、下を見ず、目の前のことに取り組んでいきたい」と五輪に向けた抱負を語った。

永瀬 納得の3連覇 五輪へ「上見すぎず、下見ず」
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/04/04/kiji/K20160404012337710.html

決勝を含めた3試合、技でのポイントは一つもなくても、中村の安定感は光っていた。大会6度目のV。日本女子では谷亮子、阿武教子、
上野雅恵という偉大な金メダリストと並ぶ3度目の五輪出場を決めると「今までで一番落ち着いて臨めた五輪選考会だった」と安どの表情を浮かべた。
08年北京は平成生まれ初の表彰台となる銅メダル。エースとして期待された12年ロンドンは初戦で敗退した。その苦い思い出を「集中してて
入り込み過ぎたのかな」と冷静に振り返ることができるのが、精神的成長の証だ。左膝前十字じん帯の手術で長期の戦線離脱もあったが
「膝が安定してしっかり練習できている」と不安もない。「今回はいろんな方向に視野を広げて五輪に臨みたい」という26歳。見えているのは
五輪タイトルだけのはずだ。

美里 女子52キロ級3度目切符 26歳集大成へ狙うは金のみ
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/04/04/kiji/K20160404012337630.html

リオデジャネイロ五輪の最終選考会を兼ねて男女7階級が行われ、女子48キロ級は14年世界女王の近藤亜美(20=三井住友海上)が2年ぶり
2度目の優勝で代表入りを決めた。代表を争う浅見八瑠奈(27=コマツ)がまさかの初戦敗退。ライバルの脱落にも気を緩めず、堂々の優勝で
女子看板階級での五輪切符を獲得した。大会後に報道陣に公開して行われた強化委員会で、男女の最重量級を除いた代表12人が決定した。
最注目の代表争いは予想されたよりもずっと早い幕切れを迎えた。「(浅見さんが)負けました」。近藤は初戦を突破し、別の階級の所属仲間の
試合を見ている最中だった。ライバルの敗戦は後輩から聞かされた。
望んでいた決勝での直接対決はかなわなかったが、この時点で代表切符は手中に収まったも同然だった。だが「ここはリオへの通過点」という
20歳は「気にしないようにしなきゃ」と緩みそうな気持ちを締め直した。遠藤との決勝戦も延長戦にもつれ込む厳しい試合となり、巴投げで有効を
もぎ取った。「ここで優勝したことが次につながる」。五輪代表として負けるわけにはいかなかった。
2年前に初出場の世界選手権を制したシンデレラガール。考えもしなかったリオ五輪がそこから現実的な目標となった。
昨年は女王の看板を背負いきれずに苦しむ一年ともなったが、同世代で活躍する他競技の女王に励まされた。「そういうものを全部背負って
戦わないといけないんだよ」。世界選手権3連覇を果たしたレスリング女子48キロ級の登坂絵莉(22=東新住建)からの言葉が胸に響いた。
昨年12月には登坂が五輪代表を決めた大会を観戦。「おめでとう」とメールを送ると「ちゃんとついてこい」と返ってきた。約束は果たした。
「浅見さんが自分を高めてくれた。競ったおかげでレベルが上がった」。厳しい代表争いの中で身に付けたたくましさ。だから今はこう言える。
「先輩たちが築いてきてくれたものを背負えるのは光栄」。谷亮子、福見友子、浅見が支えてきた女子48キロ級。「48キロ級は伝統の階級。
金を目指して頑張りたい」。1メートル56の小さな体は、日本女子の金看板に押しつぶされたりはしない。

近藤 女子48キロ級Vでリオ決めた!ライバル初戦負けも油断せず
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/04/04/kiji/K20160404012337610.html

190 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/04(月) 13:50:18.70 ID:ybcrwrkG

「野獣」松本薫(28)のぎらついた目が怖い。女子57キロ級準決勝。あおむけで石川に横四方を決められながら、右手を審判につきだし、
さらに何かしゃべっている。待ての指示の有無を必死で確認するが、時間は無情に過ぎ、まさかの一本負け。松本はぶぜんとした顔で
「待てという声で力を抜きました」と言い、審判から「待て」の声が飛んだと主張したが、関係者の話を総合すると、松本の勘違いだった。
57キロ級の代表争いは松本がリードしており、この負けは影響しなかったが、経験豊富なロンドン五輪金メダリストにとっても予想外のアクシデント。
西田審判長は「本人の勘違いです」と指摘し、所属先の中橋監督も「VTRを確認しました。観客の声でした」と、松本の勘違いを認めた。
野性的な柔道が最大の魅力。ただこの日だけは、研ぎ澄ました五感のうち、聴覚だけが鋭敏になりすぎていたようだ。

松本薫“勘違い”負け 「待て!」観客の声だった
http://www.nikkansports.com/sports/news/1626439.html

「待て」と誤解?敗戦…「本番は力緩めない」
後味の悪い試合も、本番の糧にする。柔道女子57キロ級の松本薫選手(28)=金沢市出身、ベネシード=は三日、福岡国際センターであった
全日本選抜体重別選手権に出場。準決勝で敗れはしたが、リオデジャネイロ五輪代表に選ばれた。審判の判断に首をかしげる場面もあり、
「本番ではどんなときも自分から力を緩めない」と前を向いた。
準決勝は帝京大時代の後輩との戦い。立ち技と寝技を織り交ぜ、序盤から果敢に攻めた。が、開始から二分を過ぎた頃、松本選手の体の上に
相手が覆いかぶさった。審判から「抑え込み」の声。そのまま二十秒が経過し、一本負けした。
組み敷かれながら、傍らに立つ主審に何か抗議をするそぶりを見せた。試合後「動きが止まり、審判から『待て』という声が聞こえたので力を抜いた。
そこで判定が覆され『抑え込み』を宣告された」とぶぜんとした表情で振り返った。すぐに気持ちを切り替え「リオでは審判の言葉は信じない。
相手が力を弱めてからこちらも力を抜くようにする」と語気を強めた。
客席から声援を送った両親は、負けを見届けるとすぐに会場を後にした。「一番以外はビリと同じ」という松本家のモットーによるもの。
夜に福岡市内で開かれた、所属するベネシード関係者らの打ち上げには松本選手も駆け付け、両親と握手を交わした。父賢二さん(63)は
「万全の態勢でブラジルに備えてほしい」と話した。
松本選手が小中学生の時に通った岩井柔道塾(閉鎖)の岩井克良さん(70)は代表入りを知り「すごく元気づけられた」と手放しで喜んだ。
今年一月に腰の手術を受け療養中といい「薫の活躍が活力になる。簡単にはいかないがリオでも金メダルを」と期待を寄せた。

松本 五輪連覇へ宿題 柔道女子 リオ切符
http://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/news/CK2016040402100011.html

全日本選抜体重別選手権最終日(3日、福岡国際センター)女子57キロ級準決勝で松本薫(ベネシード)が一本負け。直前まで寝技で
攻めていながら「審判の『待て』という声で力を抜いたら、逆に抑え込まれた」というが、アピールは聞き入れられなかった。
ただ「ビデオで確認したところ、審判の口は動いていない」と全柔連の大迫明伸審判副委員長。松本は「審判を信じちゃいけないと分かりました」と
憤懣(ふんまん)やるかたない表情だった。

松本、抗議も通じず「審判を信じちゃいけないと分かりました」
http://www.sanspo.com/sports/news/20160404/jud16040410000003-n1.html

女子57キロ級では、2大会連続の代表には選ばれたが、松本には後味の悪い最終選考会となった。
準決勝の石川戦。上から寝技で攻めていた松本は「主審の“待て”が聞こえたので力を緩めた」というが、試合は続行。逆に石川に抑え込まれての
一本負けに「相手も力を抜くまで力を抜いちゃいけない、ということを思い知らされた。審判の声も絶対じゃないのか、と思う」と納得がいかない様子
だったが、審判団は「待て」の発声がなかったことを確認したという。

松本、不覚一本負け 後味悪く…「審判の声も絶対じゃない」
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/04/04/kiji/K20160404012337760.html

191 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/04(月) 13:55:30.86 ID:ybcrwrkG

日体大の入学式が3日、東京・世田谷キャンパスで行われ、柔道東アジア選手権2位の古賀颯人(愛知・大成高)レスリング世界カデット優勝の
田口あい(岐阜・飛騨高山高)ら新入生が出席した。
馳浩文部科学大臣列席のもとで行われた式では、同大OBで92年バルセロナ五輪柔道金メダリストの古賀稔彦氏を父に持つ古賀が新入生を
代表して宣誓。式後には「日体大を選んだのは父は関係なく、環境などで決めた。卒業した年にある東京五輪を目指して、柔道だけでなく
人間としても成長したい」と話した。
なお、同じ新入生で柔道の阿部一二三(兵庫・神港学園高)は欠席。この日、福岡で行われた全日本選抜体重別で優勝した。

古賀稔彦氏の長男颯人が日体大入学式で代表宣誓 - 柔道
http://www.nikkansports.com/sports/news/1626302.html

男子66キロ級の海老沼は銅メダルだったロンドン五輪に続く2大会連続代表に選ばれたが、予想外の惨敗を喫して不安を残した。
「緊張はないはずだが体が動かなかった」と1回戦から防戦となる場面が目立ち、準決勝は阿部にいいように投げられて最後は一本負け。
「初戦からいいところが一つも出せなかった。五輪代表うんぬんではなく情けない。何が駄目だったのか。今は要因が分からない」と視線を落とした。

海老沼 不安…初戦から防戦「体が動かなかった」
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/04/04/kiji/K20160404012337670.html

男子60キロ級の高藤は国内大会での相性の悪さをさらけ出した。昨年大会初戦で苦杯をなめた青木には1回戦でリベンジしたが、準決勝は
大島に寝技で振り回されて抑え込まれた。
「動きも調子も悪くなかったが、寝技で少し気を抜いた」と一瞬の隙が命取りとなった。国際大会での抜群の強さとは対照的に国内では苦戦が続き
「日本人に勝てない理由は分からないけど、世界ばっかり見てると駄目だと思った」とうなだれた。

高藤 国内はダメを露呈「日本人に勝てない理由わからない」
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/04/04/kiji/K20160404012337660.html

全日本選抜体重別選手権最終日(3日、福岡国際センター)男子の軽量級は、世界で実績を残してきた2人が決勝にも出られなかった。
男子66キロ級前世界王者の海老沼匡(パーク24)は準決勝で敗れ、「研究不足、実力のなさを感じる。代表うんぬんより、今は情けない気持ちが大きい」。
一方、こちらも準決勝で敗退した60キロ級元世界王者の高藤直寿(同)は「気持ちが入りすぎた。五輪でどうしたら金が取れるかを、
これから考えたい」と反省にも前向きだった。

海老沼「実力のなさを…」 高藤「気持ちが入りすぎた」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160404/jud16040410030004-n1.html

浅見は4年前と同じ初戦敗退の悪夢を味わった。森崎戦は先に指導を取られ、残り1分12秒で再び指導。最後は強引に出るしかなく、
残り18秒で大内返しで有効を取られた。
4年前も初戦で敗れ、最有力だった代表からまさかの落選。2度の世界女王経験者は、今回も悲願の五輪出場はかなわなかった。
「これが実力。自分のベストは尽くしたので後悔はない」と歩みを振り返りつつ、今後については「白紙です」と語るにとどめた。

浅見 4年前と同じ初戦敗退…悪夢再び「これが実力」
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/04/04/kiji/K20160404012337750.html

全日本選抜体重別選手権最終日(3日、福岡国際センター)女子48キロ級で近藤との一騎打ちが予想されていた浅見八瑠奈(コマツ)は、
まさかの1回戦敗退。
ロンドン五輪代表を逃した4年前と同じ過ちを繰り返した。「全力を出し切りましたが、もう少しやりたかった」と悔し涙。世界選手権4度出場で
すべて決勝に進出した。柔道人生の集大成と位置付けて臨んだ大会に敗れ、今後について問われると「全くの白紙」。このまま畳を下りる
可能性もある。

浅見、まさかの1回戦敗退「もう少しやりたかった」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160404/jud16040410060006-n1.html

192 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/04(月) 13:58:08.24 ID:ybcrwrkG

注目された女子48キロ級は浅見が初戦敗退し、近藤との直接対決は実現しなかった。優勝した近藤が五輪代表となったわけだが、試合内容からは
成長がうかがえ、本番が楽しみだと感じた。近藤は体幹の強さが武器。一方で一発の破壊力には優れていたものの、ムラもあった。しかし、この日は
技が掛からなくても粘り強く、細かい技をつないで相手を攻略した。試合に対する「引き出し」が増えた印象で、まだまだ成長できる余地を残していると思う。
浅見の例だけでなく、男子でもトップシードの選手が苦杯を喫するケースが目立った。もちろん、代表争いの重圧がかかる選手と「失うものはない」
という他の選手では、試合に臨む状況は異なる。代表に選ばれた選手は海外選手に対する実績を評価されているもので、何も恥じることはない。
ただ、それでも五輪本番の重圧はこんなものではない。なぜ、勝ちきれなかったのかをしっかり分析し、8月へと向かってほしい。代表となった以上、
結果を残す責任がある。「やるのは自分しかいない」という決意を求めたい。 (94、97年全日本選手権者、日大男子監督、文理学部准教授)

【金野潤の目】「引き出し」増えた女子48キロ級近藤 本番楽しみ
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/04/04/kiji/K20160404012337650.html

全日本柔道連盟(全柔連)は3日、リオデジャネイロ五輪の男女各6階級の代表計12人を発表し、昨年8月の世界選手権男子81キロ級王者の
永瀬貴規(旭化成、長崎日大高出身)が初選出された。本県柔道勢の五輪出場は、1992年バルセロナ大会女子72キロ超級で銅メダルを
獲得した石角(旧姓坂上)洋子以来、2人目。男子は初めて。
永瀬は2度目の出場となった昨年の世界選手権で初優勝。3月28日時点で世界ランキング2位につけており、代表入りが確実視されていた。
最終選考会を兼ねた3日の全日本選抜体重別選手権でも3連覇を飾り、文句なしの選出。永瀬は優勝後のインタビューで「今は楽しみの方が
大きい。五輪で優勝するという目標を達成できるように頑張りたい」と意気込みを語った。

柔道の永瀬リオ代表に決定
http://www.nagasaki-np.co.jp/news/kennaitopix/2016/04/04091259047368.shtml

柔道の全日本体重別選手権最終日が3日、福岡国際センターで行われ、男子66キロ級では18歳の阿部が鮮烈な印象を残した。
この日が日体大の入学式だったという阿部は準決勝で海老沼を3度投げ、最後は一本勝ち。決勝でも丸山を破り初優勝した。全日本男子の
井上監督は「昨年の講道館杯では3位で、その後のグランドスラム東京、欧州遠征には選ばれていなかった時点で代表争いから脱落していた」と
状況を説明し「20年東京に向け頑張って欲しい」と期待を込めた。

“東京五輪の星”18歳・阿部、丸山を破り初V
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/04/04/kiji/K20160404012340220.html

全日本柔道連盟(全柔連)は3日、全日本選抜体重別選手権終了後に強化委員会を開き、男女最重量級を除く計12階級のリオデジャネイロ五輪
代表を決定し、発表した。
男子5人、女子3人が初出場。男子81キロ級の永瀬貴規(旭化成)、73キロ級の大野将平(同)ら世界王者のほか、女子48キロ級の
近藤亜美(同)ら今大会の優勝者が選ばれた一方、今回敗れた女子57キロ級ロンドン五輪金の松本薫(ベネシード)らは国際大会の実績から
選ばれた。山下泰裕強化委員長は「全階級でメダル。金は最低で4、できれば6」と目標を掲げた。
強化委員会は、五輪代表選考では初めて報道陣に公開された。今大会で筆頭候補が敗退した一部階級で議論が交わされたが、最終的に
全階級で監督案が承認された。

初の報道陣に公開で五輪代表決定 目標は「金6&全階級メダル」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160404/jud16040410060007-n1.html

全日本選抜体重別選手権最終日(3日、福岡国際センター)最重量級(男子100キロ超級、女子78キロ超級)の代表は、体重無差別の
全日本選手権(29日、日本武道館)と全日本女子選手権(17日、横浜文化体育館)の結果を踏まえて選考される。
男子は原沢久喜(日本中央競馬会)が今回の優勝で七戸龍(九州電力)との差を広げ、ほぼ当確。女子は今大会で筆頭候補の
田知本愛(ALSOK)が準決勝で敗れ、2番手の山部佳苗(ミキハウス)が優勝したため、17日の成績で上回った方が代表に
選ばれる可能性が高い。

男子100キロ超級&女子78キロ超級の最重量級は「全日本」後に決定
http://www.sanspo.com/sports/news/20160404/jud16040409590001-n1.html

193 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/04(月) 14:02:57.56 ID:ybcrwrkG

全日本選抜体重別選手権最終日(3日、福岡国際センター)リオデジャネイロ五輪の代表選考を兼ねて男女計7階級が行われ、
注目の女子48キロ級は近藤亜美(20)=三井住友海上=が2年ぶり2度目の優勝を飾り、初の五輪切符を手にした。
近藤と代表の座を争った浅見八瑠奈(27)=コマツ=は1回戦で敗れた。男子73キロ級の大野将平(24)、同81キロ級の永瀬貴規(22)=
ともに旭化成=の世界王者は順当に優勝。男女最重量級を除く計12階級の五輪代表が決まった。
気力を振り絞り、己に勝った。選考レース最後の大一番。延長戦に突入しても近藤に焦りはなかった。序盤に仕掛けた際に好感触を
得ていたともえ投げで有効を奪い、ガッツポーズ。自らの手でリオ五輪への道を切り開いた。
「本当にうれしい!」
勝利者インタビューで満面の笑みを浮かべた。2010、11年の世界女王・浅見と14年の世界女王・近藤。注目の48キロ級五輪代表争いに
文句なしの決着をつけた。1回戦で最大のライバルの浅見が敗退。直後に付き人の後輩から聞いたが、冷静だった。
「自分の相手しか見ていなかった」。番狂わせに動じず、攻めの柔道を貫いた。
「世界選手権で金メダルを取ってから、プレッシャーに押しつぶされていた。でも、きょうはたくさんの期待を背負ってやりました」
世界のトップに君臨する異業種の先輩の助言が生きた。昨年12月。親交の深いレスリング女子48キロ級で世界選手権3連覇中の
登坂絵莉(22)=東新住建=に重圧に弱い自身の精神面を相談すると、こう言われた。「期待やプレッシャーを全部背負って戦うべき」。
逃げるのではなく、真正面から受け止める-。発想を転換し、畳の上で力に変えた。
五輪の夢を抱いたのは12年前。アテネ五輪女子63キロ級の頂点に立った大石道場(愛知・大府市)の先輩・谷本歩実の祝勝会で
金メダルを触らせてもらった。「花束も渡して、道場で乱取りもして。金メダルは輝いていました」。8歳の頃の夢が目標に変わり、
この日ついに結実した。
「これまで悔し涙ばかりなので、今年は笑顔で終わりたい。伝統の階級で金メダルを取りたい」
屈託のない笑顔が魅力的な20歳の元気娘。かつて谷亮子が君臨した女子48キロ級でニューヒロインの座を狙う。(小松真也)
日本男子・井上康生監督
「大会の2日間を通じ、あらためて危機感を抱いた。気持ちをもう一度引き締め、全階級で金メダルを目指していく」
日本女子・南條充寿監督
「金メダル3個と全階級メダルに近づけるよう準備していく。ポイントは五輪経験者。中村や松本が中心となる」

近藤、谷亮子が君臨した48キロ級でニューヒロインの座を狙う/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160404/jud16040410040005-n1.html

全日本選抜体重別選手権最終日(3日、福岡国際センター)新旧の世界王者が激突した男子73キロ級決勝では、大野将平(旭化成)が
前王者の中矢力(ALSOK)に指導1つの差で勝利。
「世界一レベルが高い日本の73(キロ級)で、自分が一番強いと証明できた」と喜んだ。持ち味の華麗な技の切れは見せられなかったが、
「粘りの柔道もできると表現できた」と前向きにとらえつつ、「(五輪では)内容もしっかりしないと」と貪欲に話した。

男子73キロ級 大野が中矢に勝った「自分が一番強いと証明できた」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160404/jud16040410000002-n1.html

試合後に福岡市内で代表発表会見が開かれた。山下泰裕副会長兼強化委員長(58)は、目標の金メダル数について「最低でも男女で4、
できれば男女で6。男女14階級でメダルを取りたい」と力強く宣言した。
男子の井上監督は「目標はあくまでも全階級で金メダル。100%の力を発揮できる調整を行いつつ、70~80%の緊張状態でも勝てる準備が
大事」と言及。女子の南條充寿監督(43)は「金3つ以上、全階級でメダル獲得」と中村、松本ら五輪経験者に期待した。
会見前の強化委員会は、一部が報道陣に公開された。第1シードが5階級でしか優勝できず、山下副会長は「大会の内容がふがいなかったので、
厳しい、活発な意見が出たのはよかった。公開したことで監督たちが事前に準備してきた」と一定の評価を与えた。

【柔道】山下強化委員長が宣言、金メダル目標は「男女で6つ」
http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20160404-OHT1T50004.html

194 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/04(月) 14:08:29.37 ID:ybcrwrkG

柔道界のニューヒロインがブラジルに乗り込む。女子48キロ級は元世界女王の近藤亜美(20=三井住友海上)が2年ぶり2度目の優勝を飾った。
代表争いのライバル浅見八瑠奈(27)が初戦敗退に終わるなか、しっかり結果を残し、リオデジャネイロ五輪切符をつかんだ。
近藤は近藤らしく、リオ切符を手中にした。遠藤との決勝戦は互いに譲らずに延長戦に。1分過ぎ、深く相手の懐に踏み込んだ。その足は右から。
通常は右組みなら左から入るのが通例だが、その独自性こそ近藤らしさ。「気力の勝負だった。技が入った瞬間にいけると」。宙に舞わせて
有効奪取。優勝で文句なしの初五輪を決めた。
数多くの名選手を輩出してきた大石道場(愛知・大府市)で小2から指導した大石師範いわく「工夫が多すぎて怒った子は初めて」。
基本を忠実に守るタイプと正反対。教えていない技が試合で出ることも多々。ともえ投げ1つ取っても、バリエーションが豊富にある。
それが大一番で出た。浅見との最終決戦。浅見が1回戦負けする姿にも「気を抜かなかった」。3試合を勝ち抜き「浅見さんが自分を高めてくれた。
競ったおかげでレベルが上がった」と感謝した。
畳内での奔放さが、畳外では問題だったのは過去の話。14年に三井住友海上に入社した当時を、貝山コーチは「『なんでそんなことするの?』
ばかりだった」と振り返る。試合会場でも観客席に上がり、自販機で水を購入する。五輪や世界選手権では観客席に入れないのに…。
「それは用意できるでしょ。全てが五輪につながるよ」。高校総体の感覚でいる教え子を粘り強く、諭してきた。
「自立」と「自律」がいまのテーマ。ご飯の配膳から、体重管理まで。昨年夏にはタニタ社の計量器具を購入し、毎食の質量を測った。
多すぎる寮食を避けて自炊に入る試合前の減量期には、ご飯を炊いたり。生き抜く力を付けることが、畳の上でも生きると信じた。
代表関係者から、自然と「近藤は成長したね」の声が聞こえるようになった。
大石道場出身の谷本歩実さんが、アテネ五輪の金メダルを手に凱旋(がいせん)した04年。「これ、いいな~」と無邪気に触った9歳の少女は、
道場の7大会連続五輪出場も決め、あのあこがれを自らがつかめる舞台に立つ。
近藤亜美(こんどう・あみ)1995年(平7)5月9日、愛知県生まれ。名古屋市内の六郷道場で5歳から競技を始める。小2で大石道場へ。
大成中で10年全国中学生大会制覇。大成高では13年高校総体優勝。13年11月のグランドスラム東京で優勝し注目を集める。
14年世界選手権優勝。得意技は内股。好きな食べ物は天津丼。156センチ。

ニューヒロイン近藤亜美が五輪初切符 Vで文句なし
http://www.nikkansports.com/sports/news/1626437.html

最注目の代表争いは予想されたよりもずっと早い幕切れを迎えた。「(浅見さんが)負けました」。近藤は初戦を突破し、別の階級の所属仲間の試合
を見ている最中だった。ライバルの敗戦は後輩から聞かされた。
望んでいた決勝での直接対決はかなわなかったが、この時点で代表切符は手中に収まったも同然だった。だが「ここはリオへの通過点」という
20歳は「気にしないようにしなきゃ」と緩みそうな気持ちを締め直した。遠藤との決勝戦も延長戦にもつれ込む厳しい試合となり、巴投げで有効を
もぎ取った。「ここで優勝したことが次につながる」。五輪代表として負けるわけにはいかなかった。
2年前に初出場の世界選手権を制したシンデレラガール。考えもしなかったリオ五輪がそこから現実的な目標となった。
昨年は女王の看板を背負いきれずに苦しむ一年ともなったが、同世代で活躍する他競技の女王に励まされた。「そういうものを全部背負って
戦わないといけないんだよ」。世界選手権3連覇を果たしたレスリング女子48キロ級の登坂絵莉(22=東新住建)からの言葉が胸に響いた。
昨年12月には登坂が五輪代表を決めた大会を観戦。「おめでとう」とメールを送ると「ちゃんとついてこい」と返ってきた。約束は果たした。
「浅見さんが自分を高めてくれた。競ったおかげでレベルが上がった」。厳しい代表争いの中で身に付けたたくましさ。だから今はこう言える。
「先輩たちが築いてきてくれたものを背負えるのは光栄」。谷亮子、福見友子、浅見が支えてきた女子48キロ級。「48キロ級は伝統の階級。
金を目指して頑張りたい」。1メートル56の小さな体は、日本女子の金看板に押しつぶされたりはしない。

近藤 女子48キロ級Vでリオ決めた!ライバル初戦負けも油断せず
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/04/04/kiji/K20160404012337610.html

195 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/04(月) 14:17:00.09 ID:ybcrwrkG

20歳より幼く見える笑顔が畳の上では別人になる。ゴールデンスコア方式の延長戦までもつれこんだ女子48キロ級決勝。近藤はともえ投げで
「有効」を奪うと右こぶしでガッツポーズを見せた。「本当にうれしかった」。大一番で得たのは、初の五輪切符と「攻めの柔道を貫けば投げることも
できるし、勝つこともできる」という確信だった。
長年しのぎを削ってきた浅見は初戦敗退。直接対決で決着をつけられなかったからこそ、最後まで勝ち続ける必要があった。「自分が優勝することで
(実力を)示したかった」。最大の敵は自分だ。
2014年に世界選手権を制したが、その後は「プレッシャーに押しつぶされた」と言う。しかし、親交のある女子レスリング48キロ級のリオ五輪代表、
登坂絵莉(至学館大)から「そういうのも背負って戦わないといけない」と助言を受けた。世界選手権3連覇の友人の言葉で「重荷に感じるんじゃなく、
強気で戦う意識になった」と振り返る。
アテネと北京で金メダルを獲得した“女三四郎”谷本歩実らを輩出した愛知県大府市の大石道場出身。初めて五輪を意識したのは
「谷本さんが金メダルを持って道場に来てくれた時。触らせてもらったら、特別重いわけじゃないけど輝いていた」と少女の目にまぶしく映った。
柔道ニッポンの復活が懸かるリオで「先輩たちが築いてくれたものを背負えるのは光栄です。一生懸命背負います」。次世代の“女三四郎”が、
覚悟を決めた。

近藤 延長戦制しリオ切符獲得
http://www.daily.co.jp/general/2016/04/04/0008955483.shtml

愚直に攻め続けた先に、五輪切符は大野に輝いた。男子73キロ級決勝。日本人同士の対決は、組み手争いを中心とした緻密な闘いが多い。
互いを知り尽くしたロンドン五輪銀メダルの中矢との決勝も息詰まる攻防。指導1つだけの差の勝利だったが、「日本の73キロ級は(国内外で)
一番レベルが高い階級。内容はともかく一番強いことを証明できた」と胸を張った。
13年世界選手権ではオール一本勝ちで世界一となるなど、豪快な足技が身上だ。今年2月のドイツでの国際大会も優勝。五輪代表争いを
大きくリードし、今大会を前に代表選出が確実視されていた。だが、徹底的に研究され、技によるポイントは準決勝の橋本壮市(パーク24)戦の
肩車で得た有効のみ。それでも「粘りと泥臭さでも大野は勝てるというところを見せられた」とプラスにとらえている。
イメージするのは天理大の先輩で60キロ級五輪3連覇の野村忠宏さんだ。大野が高校3年の頃、一度だけ練習で組んだ経験がある。
その時感じたのは「持たれたら動けない。すべてコントロールされているような感覚」という。常に主導権を持ち攻め続ける理想はこの日できず
「今日の内容はたぶん怒られます」と苦笑いを浮かべたが、あこがれの先輩と同じ舞台に立つ権利を得ることができた。
今回、五輪切符をつかんだ男子選手6人のうち、今大会を制したのは大野と81キロ級の永瀬だけ。大野も「精神的にピークを合わせるのは
難しかった」と振り返る。その中での勝利に井上監督は「7、8割の状態でも勝てる。それが地力だし、それを見せてくれた大野と永瀬はチームの
中心」と大きな期待を寄せた。
ロンドンでは、史上初めて「金0」の屈辱を味わった柔道男子。お家芸復活を託されたエースは「五輪で金メダルを取るためにやっている。
そのためにどうするかは、これから考えます」と静かに闘志を燃やす。歓喜はリオの表彰台の頂点に立ったときにとっておく。

大野がニッポンのエース!康生監督も復活託した
http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20160404-OHT1T50000.html

全日本柔道連盟の強化委員長を務める山下泰裕副会長は3日、福岡市内で記者会見し、リオデジャネイロ五輪での金メダル数の目標について
「最低でも男女合わせて4個。できれば6個取りたい」と語った。
男子の井上康生監督は「全階級で金メダルを目指せる選手がそろった。そこを目標に努力したい」と話し、特に81キロ級の永瀬貴規(旭化成)、
73キロ級の大野将平(同)に対する期待感を表した。
女子の南條充寿監督は「金メダル3個以上を掲げている。ポイントになるのは経験者」とし、五輪連覇が懸かる57キロ級の松本薫(ベネシード)、
3度目の代表となった52キロ級の中村美里(三井住友海上)らに期待した。

金4~6個目標=リオ五輪で山下氏
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016040300176

196 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/04(月) 17:38:53.53 ID:t07QCf00

男女最重量級を除く12階級のリオデジャネイロ五輪代表が3日、全日本柔道連盟から発表された。
女子52キロ級の中村が、北京、ロンドン大会に続く3大会連続代表の切符を獲得したほか、同57キロ級の松本と同70キロ級の田知本遥、
男子66キロ級の海老沼が連続で代表に選ばれた。一方で初の五輪代表は8人という新鮮な陣容となった。
公開された強化委員会で議論の中心となったのは、ロンドン五輪代表だった田知本遥と昨年の世界選手権代表の新井千鶴(三井住友海上)が
激しく代表切符を争った女子70キロ級。直近の国際大会などでの戦績が細かく比較され、「甲乙つけがたかった」として、今回の選抜体重別を
制した田知本が選ばれた。
また、男子100キロ級でけがで今大会を欠場した昨年の世界選手権覇者の羽賀を選んだ理由について、山下強化委員長は
「2番手以下の選手の力量を考えたら仕方ない」と説明した。

柔道リオ代表、8人が初選出
http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20160404-OYS1T50072.html

柔道のリオデジャネイロ五輪代表を決める全日本柔道連盟(全柔連)の強化委員会が3日、福岡市内で報道陣に公開して開催された。
代表選考の透明性を高めることなどが目的で、全柔連が五輪代表の選考会議を公開するのは初めて。この日は男女最重量級を除き、
ロンドン大会に続く金メダルを目指す女子57キロ級の松本薫選手(ベネシード)ら計12階級の代表が選出された。
国際大会の代表選考を巡ってはマラソンなど他競技でも、わかりにくいなどと問題化するケースがある。柔道でも「不透明」と
批判されたことがあったため、山下泰裕強化委員長が「公正な視点で選んでいることを理解してもらいたい」と、昨年の世界選手権
代表選考に続いて公開に踏み切った。
委員会では、代表候補の最近の国際大会での成績や強豪外国人選手との対戦成績などが説明され、「五輪で金メダルを取れる選手は誰か」
との観点で代表を選んだ。国内最終選考会の全日本選抜体重別選手権(2~3日・福岡)の優勝者以外が7人も選ばれ、「今大会での内容が悪く、
これでは五輪本番が心配だ」との率直な意見も。山下委員長は「かなり様々な角度から検討できた」と語った。

全柔連、五輪選考を公開
http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20160404-OYS1T50035.html

197 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/04(月) 20:33:37.21 ID:t07QCf00

3日に決定したリオデジャネイロ五輪の柔道男女代表12人(最重量級を除く)が4日、東京都文京区の講道館で記者会見し、2012年ロンドン五輪
女子57キロ級優勝の松本薫(ベネシード)は「すがすがしい気持ち。2連覇に向けて、挑戦者として闘う」と気合を入れた。同48キロ級の近藤亜美
(三井住友海上)は代表最年少の20歳。「勢いのある、畳の上で跳ねるような柔道をしたい」と初々しく意気込みを語った。
前回は全7階級で頂点を逃した男子は5人が初出場の若い布陣。73キロ級の世界王者で金メダルが期待される24歳の大野将平(旭化成)は
「真のチャンピオンであることを証明したい」、第1日に登場する60キロ級で22歳の高藤直寿(パーク24)は「自分らしい奇想天外な柔道をして、
いい流れをチームに呼び込みたい」と張り切る。左膝負傷で最終選考会を欠場しながら100キロ級代表となった羽賀龍之介(旭化成)は
「けがを治し、五輪で結果を出して認めてもらいたい」と表情を引き締めた。
会見には150人を超える報道陣が集まり、注目の高さを示した。日本男子の井上康生監督は「代表の自覚と誇りを持って闘ってほしい」と述べた。

松本薫「挑戦者として戦う」リオ代表12人が会見/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160404/jud16040419040009-n1.html

女子57キロ級で2連覇が懸かる松本薫(ベネシード)は「開き直って連覇へ挑戦し、すがすがしい気持ちで戦う」と抱負を語った。
金メダルを獲得したロンドン五輪後は古傷を抱える右肘付近の手術を経て不振の時期もあり、自身の柔道スタイルを模索してきた。
「本当に長く、葛藤があった4年間だった。成長できてうれしい」と実感を込めた。相手を鋭くにらみつける表情から「野獣」の異名を持つが、
「知性を持った野獣で戦う」と頭脳的な柔道も目指していく。
女子48キロ級で初代表の座をつかんだ近藤亜美(三井住友海上)は、「伝統階級だと自覚している。それだけの責任もある。畳の上で
跳ねるような元気で勢いのある柔道をしたい」と意気込んだ。
男子は昨年の世界選手権覇者2人に金メダルの期待が大きい。73キロ級の大野将平(旭化成)は「持ち味の攻撃柔道で一本を取るのが
理想だが、粘り強い我慢の柔道もしたい」と本番を思い描き、81キロ級の永瀬貴規(同)は「相手が嫌がる柔道で優勝を」と決意を込めた。
女子78キロ超級は17日の全日本女子選手権後、男子100キロ超級は29日の全日本選手権後に代表が決まり、計14人が出そろう。

松本、連覇へ「開き直って」=大野、永瀬も金へ抱負
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016040400641

高藤直寿(60キロ級)
「常に五輪で金メダルを取りたいと考えていた。流れをチームに呼び込みたい」

海老沼匡(66キロ級=前回大会3位)
「五輪の借りは五輪でしか返せない。4年間が無駄でなかったことを証明したい」

大野将平(73キロ級)
「全て(の経験)をリオにつなげられればいい。必ず金メダルを獲得したい」

永瀬貴規(81キロ級)
「何が何でも金メダルを取りたい。相手が嫌がるような柔道をする」

ベイカー茉秋(90キロ級)
「全ての思いを力に変えたい。井上監督が(シドニー大会で)金メダルを取る姿を見て、そこから五輪に憧れた」
羽賀龍之介(100キロ級)
「選抜体重別選手権を欠場し非常に悔しい。金メダルを取りたい」

近藤亜美(48キロ級)
「伝統ある階級で五輪に挑戦できることを誇りに思う。責任を自覚している」

中村美里(52キロ級)
「3度目(の五輪)になるので、三度目の正直で金メダルを取ってきたい」

松本薫(57キロ級)
「2連覇を目指して頑張る。スタート地点にやっと来られた」

田代未来(63キロ級)
「金メダルを取ることだけを考えて頑張る。支えてくれる方に恩返ししたい」
田知本遥(70キロ級)
「ロンドン五輪の経験を生かし、チャンピオンになって帰ってきたい」
梅木真美(78キロ級)
「金メダルを取れるように、自分の力をしっかり発揮してきたい。前に出て勝ちにいく」

【リオ五輪代表会見コメント集】田知本「チャンピオンになって帰ってきたい」
http://www.sanspo.com/sports/news/20160404/jud16040419290011-n1.html

198 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/04(月) 20:38:35.01 ID:t07QCf00

柔道のリオデジャネイロ五輪代表に内定した男女各6階級の代表選手が4日、東京都文京区の講道館で記者会見し、ロンドン五輪
女子57キロ級金メダリストで2大会連続出場の松本薫(ベネシード)は「スタート地点に立てたことをうれしく思っている。2連覇を
目指して頑張りたい」と力を込めた。
記者の質問に「耳が遠いので…」と身を乗り出す57キロ級の松本薫(左)に、52キロ級の中村美里(中央)は??? 48キロ級の
近藤亜美(右)は好意的な? 笑顔を見せた
男子は、5人が初出場のフレッシュなメンバー。左膝負傷で最終選考の全日本選抜体重別選手権を欠場しての初選出となった100キロ級、
羽賀龍之介(旭化成)は「チャンスをもらえたので何としても金を取りたい」と決意をにじませた。5月中旬にも稽古を再開させるという。
男子で1人だけ2大会連続で選ばれたロンドン五輪66キロ級銅の海老沼匡(パーク24)は「ロンドンの借りを返したい」と語った。
女子で3度目の出場を勝ち取った52キロ級北京五輪銅メダルの中村美里(三井住友海上)は「3度目の正直で金メダルを取る」と悲願達成に
意欲を見せた。

柔道日本代表12選手が会見 女子の松本「2連覇目指す」
http://www.sankei.com/photo/story/news/160404/sty1604040031-n1.html

全日本柔道連盟(全柔連)は4日、リオデジャネイロ五輪男子100キロ級代表の羽賀龍之介(旭化成)が負傷した箇所を、当初発表した
右膝から左膝に訂正した。
羽賀は3月18日の練習で負傷。膝の内側側副靱帯(じんたい)損傷で約6~8週間の安静、加療が必要と診断された。全柔連は
同29日の発表で右膝の負傷としていたが、左膝が正しかった。

羽賀の負傷は左膝=全柔連が訂正
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016040400650

柔道のリオデジャネイロ五輪男子100キロ級代表で左膝を痛めている羽賀龍之介(旭化成)は4日、東京都内で行われた代表選手の
記者会見に出席し、順調に回復すれば5月中旬にも本格的な練習を再開できる見通しを明らかにした。
現在は膝に負担をかけず、筋力強化などに取り組んでいる。「不安はあるが、自分を見詰め直すいい機会。逆境にあったり不安を持っていたり
する方が力を発揮するタイプ」と前向きに語った。 
昨年の世界選手権を制した羽賀は、3月18日の練習中に投げた相手に乗りかかられて左膝の靱帯(じんたい)を損傷。リオ五輪代表最終選考会の
全日本選抜体重別選手権を欠場したが、これまでの実績で代表に選ばれた。「けがは全て自己責任。しっかり治して、必ずリオ五輪で結果を残したい」
と意気込みを語った。

羽賀、5月にも練習再開=リオへ「自分見詰め直す」
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016040400665

3日に決定したリオデジャネイロ五輪の柔道男女代表12人(最重量級を除く)が4日、東京都文京区の講道館で記者会見し、全日本選抜
体重別選手権をけがで欠場した羽賀は「こういう選ばれ方は気持ち良くないが、五輪に向けて頑張ろうという気持ちが強い」と前を向いた。
全日本柔道連盟は右膝の負傷と発表していたが、本人によると左膝の誤りという。3月18日に負傷した後は治療に専念。可能な範囲で
体を動かしながら、柔道の稽古は5月中旬の再開を目指す。
「自分は逆境や不安のある方が力を発揮するタイプ。そういうのをひっくり返す」と誓う。昨年の世界選手権で初優勝し、25歳で迎える
初めての五輪は王者として闘う。

全日本選手権欠場も代表入りの羽賀「自分は逆境で力を発揮するタイプ」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160404/jud16040419040008-n1.html

199 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/04(月) 22:27:25.07 ID:t07QCf00

今夏のリオデジャネイロ五輪・柔道代表となる男女各6階級12選手が4日、代表発表から一夜明け、都内で一堂に会し、リオ五輪への意気込みを語った。
男子の井上康生監督が「全階級で金メダルを取る」と話したとおり、選手は皆、目標に「金メダル」を掲げるなど、気が引き締まった表情で、
早くもリオ五輪を見据えて前を向いていた。
その中で唯一、連覇の期待が掛かる松本薫(ベネシード)は「連覇にかかるプレッシャーを抱えることは、もう諦めた。自分らしく、連覇に挑戦する
気持ちになった。開き直って、清々しい気持ちで戦おうと思っている」と抱負を語った。
なお、女子78キロ超級は17日の全日本女子選手権、男子100キロ超級は29日の全日本選手権の最終選考会を経て代表が発表される。
高藤「リオでは奇想天外な柔道を」
男子60キロ級:高藤直寿(パーク24)初出場
「試合が初日なので、金メダルを取って良い流れをチームに呼び寄せたい。この4年間は(2014年に遅刻等の規律違反により強化指定選手の
AランクからBランクに降格するなど)大変な時期もあったけど、常に五輪で金メダルを取りたいと考えていたので、実行できたら良いと思う。
リオでは、自分らしい奇想天外な柔道を見せたい。
柔道を始めてから初めて見たシドニー五輪で(自分と同じ男子60キロ級の)野村忠宏選手が金メダルを取った姿が、五輪の中では一番印象に
残っている。テレビで見ていて、日本の柔道の選手が金メダルをたくさん取ったことも衝撃として残っていて、そのときに『僕も取りたい』と
思ってここまでやって来た。地元の方には、後援会を作って応援していただいているし、勝って恩返しをしたい」
前回銅の海老沼「五輪の借りは五輪で返す」
ロンドン五輪・銅メダリストの海老沼は、リオでのリベンジを目指す
男子66キロ級:海老沼匡(パーク24)2回目
「ロンドン五輪では(銅メダルで)悔しい思いをした。五輪での借りは、五輪でしか返せないと思っている。借りをしっかりと返して、リオでは金メダルを
取りたい。この4年間が無駄ではなかったことを証明したい。
幼い頃、両親から『スポーツの最高峰は五輪。五輪を目指せるスポーツが良いのではないか』と勧められて、柔道を始めた。だから、金メダルを
目指す意識は、その中で両親から植え付けられていたのかなと思う。
リオでは、背伸びをするのではなく、自分の柔道を、生き生きとした柔道を見せたい。これまで見てきた五輪では、数々の選手が生き生きと
輝いている姿を見てきたので、僕も『そっち側』の人間になりたいと思っている。地元の人、両親、先生とたくさんの人にいつも支えてもらって
柔道ができている。結果を出すことで恩返しをしたい」
大野「長州出身の誇りで戦う」
男子73キロ級:大野将平(旭化成)初出場
「レベルの高い階級だけど、必ず金メダルを獲得して(世界選手権を2度制覇しているが五輪も勝って)真のチャンピオンであることを証明したい。
五輪でメダルを取りたいと強く思ったのは、講道学舎に入門して五輪のメダリストや世界チャンピオンの先輩たちと接するようになってから。
4年前のロンドン五輪は、天理大学の研修で観戦させてもらった。柔道以外のことも含めて様々なことを経験できた。そのすべてをリオ五輪に
つなげたい。試合では、自分の持ち味である攻撃的な柔道で1本を取るのが理想だが、それだけでなく、我慢強く、粘り強い柔道もしていきたい。
柔道に出会ったのも、今の僕があるのも、地元である山口県の両親や先生のおかげ。長州出身の誇りを持って戦いたい」
永瀬「相手が嫌がる柔道を」
男子81キロ級:永瀬貴規(旭化成)初出場
「何が何でも金メダルを取って日本に帰ってきたい。前回のロンドン五輪をテレビで見ていて、次は自分がこの舞台に立って金メダルを取りたいと
思った。この4年間で、今(そのときに)やれることを必死でやって来たし、リオ五輪の金メダルが(夢や憧れから現実的な)目標に変わった。
試合では、自分らしく、相手が嫌がる柔道で優勝したい。ここまで成長できたのは、たくさんの人に支えてもらったおかげ。金メダルを取って
恩返しをしたい」
ベイカー「何が何でも金メダル」
男子90キロ級:ベイカー茉秋(東海大)初出場
「すべての思いを力に変えて、金メダルを取ってきたい。この4年間、それだけを目標にやってきたので、今は代表に選ばれてホッとしているが、
試合では何が何でも金メダルを取りにいくという強い気持ちで頑張りたい。シドニー五輪で井上監督が金メダルを取った姿を見た時から、五輪に
憧れを持つようになった。僕を心から応援してくれている人たちに、五輪という素晴らしい舞台で勝って恩返しをしたい」

200 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/04(月) 22:31:18.36 ID:t07QCf00

羽賀「ケガをしっかり治して五輪へ」
ケガで選抜体重別選手権を欠場した羽賀は「悔しかった」と話した
男子100キロ級:羽賀龍之介(旭化成)初出場
「五輪まで良い準備をして、試合当日は誇りを持って戦いたい。ロンドン五輪の予選(代表選考レース)の後に(左肩を)手術をしたのは、
リオで結果を残すための選択だった。必ず、リオ五輪で結果を残したい。試合ではしぶとく、執念を持って最後まで諦めないで戦う姿勢を見せたい。
(最終選考会である)選抜体重別選手権を欠場したことは、悔しい。欠場して選ばれるということは、気持ち良いことではない。勝って次の日に
選ばれるようにしたかった。ケガをしたのは、すべて自己責任。ただ、五輪というチャンスをもらえたので、(負傷した)膝をしっかりと治して、
気を引き締めて五輪に臨み、結果を残すことで皆さんに認めてもらいたい。世界選手権を勝ってから、ほかの大会ではなく五輪で優勝すること
を意識してきた。
父(善夫氏)が柔道選手だったので、小さいころから五輪で金メダルを取ることを夢に描いていた。前回大会で日本男子の金メダルが1つもなかった
ことは、すごく印象的だった。今回は自分たちが戦える立場にあるので、何としても金メダルを取りたいと思う。宮崎県延岡市の出身で、現在の
所属である会社の拠点も延岡にある。その人たちの理解があって柔道ができているので、勝って恩返しをしたい」

近藤、初日金メダルへ「勢いのある柔道する」
高藤(右)とともに五輪初日に登場する近藤(左)はチームとして勢いのつく結果を出すことを誓った
女子48キロ級:近藤亜美(三井住友海上)初出場
「伝統ある48キロ級で五輪に挑戦できることを誇りに思う。(五輪出場に関しては)崖っぷちの状態で(最終選考会である)選抜体重別選手権を
優勝することしか、出場の道はないと思っていた。相当な気持ちで臨んだつもり。(代表の座をずっと争ってきたライバルの)浅見(八瑠奈)さん
に対しては、自分を高めてくれた良いライバルだったと思っている。
リオでは、自分らしい勢いのある柔道をして金メダルを目指す。この4年間は、勝ったり負けたりと浮き沈みがあった。だからこそ成長できたこともあり、
貴重な4年だった。(代表メンバーで)最年少なので、勢いがあって元気の良い、畳の上で跳ねるような柔道をしたい。
私は大石道場の出身で(OGである)谷本歩美選手が北京五輪の決勝で(リュシ・)ドコス選手を内股で投げたシーンが、五輪では一番印象に
残っている。大石道場からは、7大会連続で出身選手が五輪に出場することになるので、次は自分が金メダルを取って、道場の子どもたちに
見せられたら良いと思う。谷本選手が道場に持って来て触らせてくれた金メダルがすごく輝いて見えたので、私もそこに立ちたいと思った。
試合が初日なので、金メダルを取って後ろ(の日程になる重い階級の選手)に回したい」
3大会連続出場の中村「3度目の正直で金」
女子52キロ級:中村美里(三井住友海上)3回目
「3度目の出場になるので、3度目の正直で金メダルを取って来たい。この4年間は、手術やリハビリなどたくさんの経験をして、すごく成長できた。
試合では、自分らしくしぶとく粘りっこい柔道をしたい。五輪で印象に残っている試合はいくつもあるけど、何度見ても鳥肌が立つのは、横澤由貴
先輩が残り1秒で逆転した(アテネ五輪の準決勝の)試合。地元である八王子も含め、たくさんの人のおかげで柔道ができているので、感謝して
試合に臨みたい」

201 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/04(月) 22:33:53.83 ID:t07QCf00

松本「プレッシャーを抱えること諦めた」
会見中も笑いを起こすなど終始明るい表情だった松本
女子57キロ級:松本薫(ベネシード)2回目
「昨日の最終選考会では、審判に抗議をしてしまったけど、申し訳ないと思っている(※注)。私の勘違い。観客席からの声を審判の声と勘違いして、
力を緩めてしまった。試合後は頭に血が上って、私は間違っていないと言ってしまったが、1日経って自分の間違いに気が付いた。最後まで集中し
切れなかった私の反省点。リオではなくて、今回で良かったと、今は前向きに捉えている。あらためて、こういう間違いをしないように気を引き締めないといけないと思った。
リオでは、2連覇を目指して頑張る。この4年間は、本当に長かった。いろんな葛藤があって、やっとスタート地点に立てたという思いだけど、今は
この4年間で成長できたことを嬉しく思っている。(メンバーの中で最年長になり)立場は前回と全然違う。今回は、個性があって芯のあるメンバーが
そろったと思う。このメンバーでリオに行けることを嬉しく思うし、みんな金メダルを狙える、ベストなメンバーだと信じている。
試合では(4年前に報道で表現されたような)野獣ではなく、知性を持った野獣で戦いたい。連覇にかかるプレッシャーを抱えることは、もう諦めた。
もともと抱えることができないもの。自分らしく、プレッシャーを抱えるというよりも、連覇に挑戦する気持ちになった。開き直って、清々しい気持ちで戦おうと思っている。
私は5人兄弟の7人家族で育ち、兄弟が多いために家が貧乏だった。両親が地元の石川県から出たことがなかったので、私が海外に連れて行くと
約束したのがきっかけで、五輪、金メダルを目指すことになった。出身地である金沢は、すごく良いところ。良い空気、良い温泉、良い食べ物が
あるところで育ってきた。それに、会社の方や仲間など多くの人に支えてもらって、今こうしていられる。その気持ちを精いっぱい背負って、頑張っていきたい。
五輪で印象に残っているのは……私は柔道を見ていなかったので、競泳の北村……北島康介選手が(アテネ五輪で)優勝して「超、気持ちいい」と言った場面(笑)」
※試合中に主審から「待て」がかかったと勘違いして脱力したところで、抑え込まれて1本負けを喫した。
田代「勝って恩返ししたい」
女子63キロ級:田代未来(コマツ)初出場
「五輪では、金メダルを取ることだけを考えて頑張る。4年前までは、自分が五輪で優勝するということは(自信を持って)言えなかったけど、
さまざまな経験をさせてもらうことで、五輪で優勝したいという思いが強くなった。試合では、ノビノビと思い切った柔道をしたい。両親、先生方、
支えてくれる仲間、会社の方々、出身地の八王子で応援して下さる方に、勝って恩返しをしたい」
田知本「自分が一番強いと証明したい」 「子供たちのためにも、しっかりとメダルを」と決意を語った田知本
女子70キロ級:田知本遥(ALSOK)2回目
「ロンドン五輪の経験を必ず生かして、五輪チャンピオンになって帰って来られるように頑張る。(最終選考会で優勝するまで)今までにない
気持ちで1カ月、どうやって過ごしてきたのかもよく分からない日々を過ごした。決勝戦で(代表争いをしていた)新井千鶴選手と正々堂々と戦って、
決着をつけたいと思っていた。実際にそうなったときは、嬉しかった。ちゃんと戦って白黒つけたかったし、自分の力を全部出して戦えた。
ロンドン五輪の後は(試合前に市販の風邪薬を使用してしまい、ドーピングを避けるために国外試合を欠場するなど)いろいろなことがあり、
五輪と口に出せない時期もあった。今、ここにたどり着けて、今までのことはリオ五輪のためにあったのだと実感している。リオで結果を残したいし、
自分が一番強いんだということを五輪の舞台で証明したい。
五輪で印象に残っているのは、母校の東海大学の先輩で、女子(代表)のコーチの塚田真希先生の北京五輪の決勝戦で、(中国の)トウ文選手を
相手に優勢の状態だったのにそれでも攻めにいって、かつがれて(背負い投げによる1本で)負けてしまったシーン。負けて銀メダルだったけど、
最後まで攻め続ける姿勢が、金メダルじゃないけど、金メダルのように見えた。そのときから、金メダルって何なのだろうと意識するようになった。
高校まで地元の富山県で育ち、たくさんの人に支えてもらって力をもらっている。特に、保育園の子どもたちには力をもらっている。ロンドン五輪が
終わってから訪問した時に『ずっと、ずっと応援しているよ』という大きな似顔絵をもらって、それを4年間ずっと部屋に飾って、いつも力をもらってきた。
その子供たちのためにも、しっかりとメダルを持って帰りたい」

202 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/04(月) 22:36:49.25 ID:t07QCf00

梅木「最高の形で恩返しを」
女子78キロ級:梅木真美(環太平洋大)初出場
「金メダルを取れるように自分の力をしっかり発揮したい。最終選考会で負けてしまい、発表されるまでは不安もあったけど、連絡を受けてからは、
やるしかないと気持ちを切り替えた。技術面も精神面も課題はたくさんあるけど、期間は限られているので、一つひとつしっかりと取り組んで五輪に
備えていきたい。
4年間、リオ五輪に出たいという気持ちで必死に頑張ってきた。リオでは、自分から前に出てどん欲に勝ちにいく柔道をしたい。ここまで来られたのも、
地元をはじめとする多くの方々の応援があったから。五輪で勝って最高の形で恩返しをしたい」
井上監督「五輪で戦う覚悟を持ってほしい」
「全階級で金メダル」を目指す覚悟を選手に訴えた井上監督
井上康生・男子監督
「昨日までは(代表選手の選考をしなければならず)複雑な思いだったが、今日、代表選手たちの顔を見て、あらためて五輪で戦う覚悟がついたと
思っている。選手には、2つのことをお願いした。1つは、覚悟を決めること。代表である自覚と誇りを持った上で、すべての思いを持って五輪で戦う
覚悟を持ってほしい。もう1つは、今回の記者会見でも豪語しろと言った。われわれは、全階級で金メダルを取るんだという、金メダル目指すんだ
という、勝利至上主義ではなく、みんながその思いを持っている。その強い思いがあるからこそ、究極の世界で戦っていき、目標を達成できると伝えた。
伝えたときに、選手の顔が引き締まったように思った。このチームで一丸となって(リオ五輪の)8月5日の開会式、6日から始まる柔道の大会でも
最高のパフォーマンスができるように準備をしていきたい。
これまでの五輪の歴史を振り返ると、初日に結果を出したときに勢い付いているのは、間違いない。男子においても高藤が切り込み隊長として進んで
いくことになるが、全体のことはわれわれ(スタッフ)は考えておかなければいけないが、彼本人や選手は、これから五輪までの過程を悔いのない
形に持っていき、試合では、いろいろな方たちの思いや、代表から漏れた選手たちの思いを胸に、そして自分自身で勝ち取った代表権なので、
自分自身の目標を達成するために全力で戦ってほしい。その結果が、みんなに力を与えて、後に続くのではないかと私は思っている。
前回大会は、コーチとして選手とともに戦ったが、さまざまな敗因があった。コンディショニング、技術、フィジカルの問題があったから、あってはならない
(男子の)金メダルゼロという結果に終わってしまったのだと思っている。それも踏まえて、全日本チーム、所属先のチーム、そして選手自身の考えを
しっかりと調整したい。何が最善かという考えでスケジュールを組みたいが、国外で試合に臨む選手もいれば、国内合宿のみで調整することになる
選手もいると思うので、具体的には個々の対応になると思う」
南條監督、金メダルへ「全力でサポートする」
南條充寿・女子監督
「選手の話にも、井上監督の話にもあったように、われわれは、金メダルを取りにいく集団。そのための準備として、あと4カ月で何ができるか。
自分たちで整理し直して、取り組んでほしい。最後には(不安が一つもなく)笑顔で『いってきます』という状態を作って畳に上がってもらいたいし、
そうなるようにわれわれも全力でサポートしたい。
試合の日に最高のパフォーマンスを発揮することが求められる。そのためには(昨年亡くなった)斉藤仁・前強化委員長が常におっしゃっていた、
選手、所属、全日本が一つになった『三位一体』が大事。そのようなスケジュールをすでに個々に取っている。女子は48キロ級の近藤亜美選手が
(一番手として戦う)自覚を持っているようなので、信じて、精いっぱいに最高の準備をして臨んでもらってチームに勢いを付けてもらいたいと思う」
山下強化委員長「リオに向けて万全の準備を」
山下泰裕強化委員長
「まだ男女の重量級の代表が決まっていないが、代表に内定した12名の選手を前にして、いよいよこれからがスタートだ、これから本当の戦いが
始まるという気持ちを持っている。どんな状況であろうと、最悪のコンディションであろうと、与えられた場で最高のパフォーマンスを発揮できるように、
男女両監督やコーチ、所属(チーム)の先生、さまざまな方々の力を一つにして、リオに向けて万全の準備をしていきたい」

松本、五輪連覇は挑戦「開き直った」柔道代表が全階級“金”へ意気込み
http://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201604040011-spnavi

203 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/06(水) 13:40:41.21 ID:tDKkMJt7

女子70キロ級は大会2連覇を果たしたロンドン五輪代表の田知本遙(25)=ALSOK=が2大会連続で
五輪出場する。
試合後に姉の女子78キロ超級、田知本愛(27)=ALSOK=と「2人で五輪に行きたい」と姉妹出場を強く望んだ遙。愛はこの大会の
準決勝で敗退した。女子は17日の全日本選手権(横浜)で最重量級代表が決まる。しかし、全日本選抜を制していれば代表へ大きく
前進するところだっただけに、黒星は痛かった。愛は「自分のやってきたことを出したいと思った。今度こその思いが強すぎた」と悔やんだ。
柔道では1996年アトランタ五輪男子の中村3兄弟がいるが、姉妹同時出場は例がない。富山・小杉高時代からともに戦ってきた仲のよい
姉妹にとって、一緒に五輪出場することは究極の目標だ。
遙も姉のいない五輪は考えられない。昨年2月、ドイツでの国際大会直前にドーピング違反の恐れがある市販の風邪薬服用が発覚。
全日本柔道連盟から警告処分を受けた。本人が「どん底を体験した」という時期だ。
帰国後、泣いてばかりいる遙に黙って寄り添ったのが愛だった。「家族や違う所属の選手までみんなが心配してくれて、自分が奮起しないと
ダメだと思った。中でもずっとそばにいてくれた姉の存在は大きかった」。今大会を制し、強くなれた理由を「感謝の気持ち」だと言う遙。
だからこそ、今度は自分が姉を支える役割を担う。

柔道・田知本姉妹、夢は初の同時五輪
http://www.daily.co.jp/general/2016/04/06/0008961320.shtml

女子柔道でリオデジャネイロオリンピック出場を決めた小杉高校出身の田知本遥選手が4日東京で記者会見にのぞみました。
2大会連続のオリンピックにむけ、田知本選手は、「メダルを富山に持ち帰りたい」と意気込みを語りました。
代表決定から一夜、4日東京で開かれた会見で田知本遥選手が今の心境を語りました。
「今ここにこうやってたどり着けて、今までのことは全部リオのためにあったんだと今実感しているので、ちゃんと最後、リオで結果を残したいです」
(田知本遥選手会見)
田知本選手は2日、福岡県で開かれた全日本選抜体重別選手権女子70キロ級で優勝。
4年前のロンドン大会に続き2度目のオリンピック出場を決めました。
「この1か月は特に生きた心地がしなくて、人生が決まってしまう怖さなどいろいろあったけど、いい方にきょう決まって、きょう結果を出せて
本当に嬉しいです」(遥選手試合後インタビュー)
小学校2年生のとき現在、78キロ級超で活躍する姉の愛選手とともに柔道を始めた田知本選手。
徐々に頭角を現し、高校時代にはインターハイの個人、団体で全国制覇。
21歳のときに初めてオリンピックに出場しました。
しかし、大会中に左ひじを痛め、力を出し切れぬまま7位に終わりました。
「怪我をしてでも勝つ人はいます。自分には、片手でも勝てる戦術と気迫がまだまだ足りなかったです」(遥選手試合後インタビュー)
もう一度あの舞台へ。
その一心で掴んだオリンピックの切符でした。
「『自分が一番強いんだ』ってことを、オリンピックの舞台で表現できたら」(遥選手会見)
母校、小杉高校の道場には先輩が残した数々の栄光が。
今も年に2度ほど道場で後輩たちを指導していて、後輩たちは偉大な先輩の代表決定を共に喜びました。
「乱取りをした時やっぱり強くて、たくさん投げられて身体で実感した。金メダルを取って、小杉に持ってきてほしい」
「目標の存在です。優勝目指して自分の力を出し切ってもらいたい」(高校生インタビュー)
一方、今回のオリンピックで田知本選手にはもう一つの夢があります。
「お姉ちゃんと一緒に(オリンピックに)行くの(という夢)が、ロンドンでは叶わなかったこと」(遥選手インタビュー)
柔道を始めてからずっと背中を追ってきた姉・愛選手とそろっての出場です。
愛選手は、前回のオリンピックでは予選で惜しくも出場を逃し、2日も準決勝で敗退。
まだ切符はつかめていません。
78キロ超級の最終選考は、今月17日の全日本女子選手権です。
「最後の予選でしっかり勝って、目標のオリンピックに出ることができるようにこれから2週間やってきたい」(田知本愛選手インタビュー)
姉ならきっと夢をかなえてくれる…
2度目のオリンピックは姉とそろって出場しメダルをとることが遥選手の目標です。
「私は地元・富山県で高校まで育ち、本当にたくさんの人に支えられた。今回メダルを持って帰りたいので頑張ります」(遥選手会見)

2大会連続五輪へ 田知本遥「メダルを富山に」
http://www.tulip-tv.co.jp/news/detail/?TID_DT03=20160404204724

204 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/06(水) 13:41:52.59 ID:tDKkMJt7

左膝のケガで全日本選抜体重別選手権を欠場しながらも男子100キロ級代表に選出された羽賀(旭化成)も会見に出席し
「ケガした後も諦めずに出場する準備をしていたが、出られる状態ではなかった。気持ちは良くないが、五輪で活躍します」と必死に前を向いた。
現在はケガの箇所以外の強化とリハビリを同時に行っており、「5月中旬には畳に戻りたい」と復帰の青写真を描いた。

ケガで全日本欠場「五輪で活躍」羽賀前を向く
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/04/05/kiji/K20160405012345410.html

3日に決定したリオデジャネイロ五輪の柔道男女代表12人(最重量級を除く)が4日、東京・文京区の講道館で会見。左膝負傷で最終選考会
を欠場しながら100キロ級代表となった羽賀龍之介(24)=旭化成=は「けがを治し、五輪で結果を出して認めてもらいたい」と表情を引き締めた。
5月中旬に練習再開の方向で、その後の国際大会への出場希望も表明。リハビリとトレーニングに努めている現在を「自分を見つめ直す機会
にしたい」と語った。
日本男子の井上康生監督は「代表の自覚と誇りを持って闘ってほしい」と注文をつけた。

左膝負傷の羽賀、5月練習再開へ「けが治し五輪で結果を」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160405/jud16040505010001-n1.html

リオデジャネイロ五輪の柔道代表に内定した男女12選手が4日、都内の講道館で会見。3月中旬に左ひざ靱帯(じんたい)を故障した
男子100キロ級の羽賀龍之介(24)=旭化成=も参加し、5月中旬の練習再開を目指していることを明かした。膝をサポーターで固定し、
歩く際には引きずるようなそぶりも見せ「五輪で勝つことが大事。6月の欧州の大会に出られればいいけど、(出られなくても)準備していくしかない」
と“ぶっつけ本番”も覚悟した。
男子代表の井上康生監督(37)からは「焦らず、一番は治療」と求められた。羽賀は過去に左肩を手術するなど長期離脱の経験もあり
「性格的に不安や逆境があるほど、はね返せると思っている」とプラス思考だ。欠場した全日本選抜体重別選手権(福岡)についても
「勝って決めたかったし気持ちよくはない。結果で応えるしかない」と決意。14年に世界選手権代表が選ばれなかった悔しさを翌年の
世界王者につなげた反発力で、苦難を乗り切るつもりだ。

【柔道】男子100キロ級の羽賀、ひざ負傷でぶっつけリオも
http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20160404-OHT1T50233.html

205 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/06(水) 13:42:20.57 ID:tDKkMJt7

ロシアのタス通信は4日、同国の柔道の4選手が禁止薬物のメルドニウムに陽性反応を示したと報じた。匿名の情報筋によると、
世界選手権銀メダルのミハイル・プリャエフが含まれている。ロシア柔道連盟はこの件に関するコメントや氏名の公表を拒否している。 
持久力向上などに効果があるとされるメルドニウムは、世界反ドーピング機関が今年1月に禁止薬物に指定した。

ロシア柔道選手が陽性か=メルドニウム
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016040500395

ロシアの柔道4選手がドーピング検査でことしから禁止薬物に指定されたメルドニウムに陽性反応を示したと4日、タス通信が報じた。
ロシア柔道連盟は事実を認めていないが、世界選手権メダリストや2012年ロンドン五輪代表が含まれているとみられる。不整脈などの
治療に使用されるメルドニウムは競技力向上にも効果があり、ロシアのムトコ・スポーツ相によると、これまで世界で126件、ロシアでは
30件の違反が出ている。

【ドーピング問題】ロシアの柔道4選手、メルドニウム使用か
http://www.sankei.com/sports/news/160405/spo1604050016-n1.html

ロシアメディアは4日、世界選手権メダリストを含む4人の柔道選手について、検体から禁止薬物の「メルドニウム(Meldonium)」が検出されたと報じた。
匿名の情報筋は国営タス通信(TASS)に対し、違反を犯したのは、ミハイル・プリャエフ(Mikhail Pulyaev)、デニス・ヤルツェフ(Denis Yartsev)、
ナタリア・コンドラチェワ(Natalia Kondratieva)、エカテリーナ・バルコワ(Ekaterina Valkova)の4選手だと明かしている。
それでもロシア柔道連盟(RJF)は本件に関するコメントを拒否しており、禁止薬物を摂取したとされる選手の名前も発表していない。
メルドニウムは、今年1月1日から禁止表に入り、女子テニス選手のマリア・シャラポワ(Maria Sharapova、ロシア)が、1月に行われた
全豪オープン(Australian Open Tennis Tournament 2016)の薬物検査で、検体が同薬に陽性反応を示したと発表して以来、大きな注目
を集めている。
シャラポワの他にも、水泳選手のユリア・エフィモワ(Yuliya Efimova)、スケート選手のセミョン・エリストラトフ(Semion Elistratov)らロシアの
名だたるアスリートが、メルドニウム摂取の違反を犯している。
ロシアのビタリー・ムトコ(Vitaly Mutko)スポーツ相は、メルドニウムが禁止表に入ってから、これまで30人以上の選手から同薬が検出されたと
述べている。

柔道選手もメルドニウム陽性、世界選手権メダリストら4人 News
http://www.afpbb.com/articles/-/3082912

206 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/06(水) 13:43:17.28 ID:tDKkMJt7

山口市は5日、リオデジャネイロ五輪の柔道男子73キロ級の日本代表に市出身の大野将平選手(24)が選ばれたことを記念し、市役所の
本庁舎に懸垂幕を設置した。約1か月間掲げる予定。
大野選手は3日の全日本選抜柔道体重別選手権での優勝を始め、昨年カザフスタンで行われた世界選手権でも優勝するなど、実績を重ねてきた。
懸垂幕は縦9・4メートル、横1メートルで、大野選手の写真を入れている。
市スポーツ交流課の森野和彦課長は「市民みんなで応援したい。リオ五輪ではメダルを取ってほしい」と語った。

柔道・大野選手 リオ出場懸垂幕 山口市役所
http://www.yomiuri.co.jp/local/yamaguchi/news/20160405-OYTNT50080.html

リオデジャネイロ五輪の柔道男女6階級の代表12人(最重量級を除く)が4日、都内で会見し、男子の井上康生監督(37)は会見前に選手たちに
「(目標を)金メダルと豪語しろ!!」と指令。12人全員が金メダルを宣言した。
井上監督は「選手たちには2つのことをお願いした。1つは覚悟を決めること。2つ目は金メダルを豪語しろと。決して勝利至上主義ではなく、
強い思いがあるからこそ目標を達成できる」と説明。「選手たちはあらためて引き締まった顔をしていた」と手応えを語った。

康生イズムで12人全員「金」豪語
http://www.daily.co.jp/general/2016/04/05/0008958456.shtml

60キロ級・高藤直寿(パーク24) 大会初日の試合なので、金メダルを取っていい流れをチームに呼び寄せたい。奇想天外な柔道を見せる。
66キロ級・海老沼匡(同) (銅メダルだった)ロンドン五輪の借りをしっかり返し、生き生きとした柔道でリオでは金メダルを取りたい。
81キロ級・永瀬貴規(旭化成) 五輪で優勝することが目標。なにが何でも金メダルを取りに行くという強い気持ちを持って日本に帰ってきたい。
90キロ級・ベイカー茉秋(東海大) やっと五輪代表の座をつかめてホッとしている。勝って、応援してくれる人たちに恩返しをしたい。

【女子】
48キロ級・近藤亜美(三井住友海上) 浮き沈みのあるこの4年間があったから成長できた。伝統ある階級で五輪に挑戦できることを誇りに思う。
52キロ級・中村美里(同) (3大会連続の出場となるリオ五輪では)三度目の正直で金メダルを取りたい。この4年間はすごく成長したと思う。
63キロ級・田代未来(コマツ) 4年前は五輪で優勝するとまで言えなかったが、金メダルを取ることだけを考えて頑張る。思い切った柔道をする。
70キロ級・田知本遥(ALSOK) ロンドン五輪での経験を生かしたい。自分が一番強いということを畳の上で表現できたらいい。
78キロ級・梅木真美(環太平洋大) この4年間はリオに出たいという気持ちで必死になってきた。貪欲に勝ちに行く柔道をしていきたい。

柔道:五輪代表、全員が目標「金」 代表ひと言
http://mainichi.jp/sportsspecial/articles/20160405/ddm/035/050/043000c


柔道のリオデジャネイロ五輪代表に決まった男女12選手が4日、東京都文京区の講道館で記者会見し、九州、山口出身の4選手も金メダル
奪取を宣言した。
宮崎県延岡市出身で男子100キロ級の羽賀龍之介(旭化成)は、最終選考会の全日本選抜体重別選手権(2、3日)を膝のけがで欠場したが、
昨夏の世界選手権優勝の実績が評価され、初の五輪代表に選出された。「(欠場は)リオ五輪で結果を出すための選択だった。チャンスを
もらえたので、結果を残すことで認めてもらいたい」と自信を見せた。
山口市出身で同73キロ級の大野将平(同)は「長州出身の誇りを持って戦いたい」と胸を張った。長崎市出身で同81キロ級の永瀬貴規(同)は、
全日本選抜体重別で3連覇を飾り、「何が何でも金メダルを取って帰ってきたい」と意気込んだ。
一方、準決勝で敗退した女子78キロ級の梅木真美(環太平洋大、大分県九重町出身)は、「課題はたくさんあるので、一つ一つ取り組んで五輪に
備えたい」と語った。
男子100キロ超級と女子78キロ超級の代表は、体重無差別で争われる17日の全日本女子選手権、29日の全日本選手権の結果を踏まえて
決定する。

柔道リオ代表12選手会見
http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20160405-OYS1T50012.html

207 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/06(水) 13:44:11.31 ID:tDKkMJt7

4月2、3日に福岡で行われた柔道の全日本選抜体重別選手権大会で、リオデジャネイロ五輪男女代表のうち12人が決まった。
「最終選考会」の難しさか、大会の優勝者で五輪代表となったのは男子2人、女子3人だけ。最有力とされた選手は次々と敗れ、
改めて大会の難しさを感じさせた。
ただし、選ばれた選手は国際舞台での実績は上位で、特に問題となる選考はなかった。それでも報道陣に公開された強化委員会では
「負けた選手を選んで大丈夫なのか?」という声があったのも事実。ここでリセットして、世界での戦いに臨んで欲しい。
そこで、メダル予想をしたい。
代表発表の会見では山下泰裕強化委員長が「最低でも金メダル4、できれば6個。全階級でメダル」という目標を掲げたが、個人的にも
十分可能なメンバーだと思う。そしてポイントの1つが、初日の男女最軽量級だとみている。
金メダル4個の00年シドニー、8個も獲得した04年アテネという両五輪は、初日に登場した男子・野村忠宏、女子・田村(アテネ時は谷)亮子
という2人の天才が頂点に立ち、代表を勢いづけた。個人戦とはいえ、やはり「流れ」は大事。勝てると思われていた選手が初日に敗れると、
チーム全体が意気消沈することもあるのだろう。金メダル1個に終わった12年ロンドンを思い出して欲しい。
そして今回の初日の2人である。
男子60キロの高藤直寿(パーク24)は22歳、そして48キロ級の近藤亜美(三井住友海上)は20歳。両者とも初の五輪ではあるが、
世界選手権で頂点に立った経験がある。柔道の内容は別として、似ている部分も感じる。「強いときは圧倒的に強い」という爆発力。
そして何より、物怖じしない精神的な強さ。ときに「大丈夫?」と思えるほど天真らんまんさは、試合で集中力へと一変するあたりも、共通点だろう。
現在のところ男女通じて最年長は女子57キロ級の松本薫(ベネシード)の28歳。20代前半が多いのが今回の代表の特徴。初日の若い2人が
勢いをつければ、アテネの再現すら可能性はあると見ている。そして、若い選手が多いということは、その結果が20年東京につながっている
ということでも注目してみたい。

柔道ニッポン、メダルの鍵は初日…初五輪の高藤&近藤に期待
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/04/05/kiji/K20160405012345710.html

柔道のリオ五輪代表に決定した最重量級以外の男女12選手が4日、都内で行われた会見に出席した。女子57キロ級で連覇を狙う松本薫
(28=ベネシード)は「野獣ではなく知性をもった野獣になりたい」と連覇に向けた抱負を述べた。前日の全日本選抜体重別選手権では準決勝で
「主審の“待て”が聞こえた」と力を緩めた途端に抑え込まれて敗退。審判への不満を訴えていたが、この日は観客の声と勘違いしたと説明し
「本当に申し訳なかった」と謝罪した。
それでも明るさは失わず、いつも通りの珍回答も繰り返した。マイクを使わずに質問した記者には「すみません。普段は耳が遠いんです」と
聞き返し、五輪の思い出を聞かれると他の選手が柔道について語る中、1人だけ競泳をチョイス。おまけに北島康介を「キタムラ選手」と間違えた。
会見後は「お笑い担当じゃないんですー!」と恥ずかしがっていた。

松本 珍解答連発は相変わらず「知性をもった野獣になりたい」
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/04/05/kiji/K20160405012345400.html

208 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/06(水) 23:18:30.14 ID:Aa5dw/BU

これでいいのか。柔道のリオ五輪男女代表(各最重量級を除く)が、3日の全日本選抜体重別選手権(福岡国際センター)終了後の
強化委員会で決定した。全日本柔道連盟の山下泰裕副会長(58)は合計4~6個の金メダル、全階級でのメダル獲得を目標に掲げたが、
思わぬ誤算となったのが男子66キロ級代表に選ばれたロンドン五輪銅メダルの海老沼匡(26=パーク24)。準決勝で新鋭・阿部一二三
(18=日体大)に惨敗したことで物議を醸し、今後への影響が懸念される事態となった。
見るも無残だった。阿部の猛攻に海老沼の体はなすすべもなく、宙を舞う。大外刈りで技あり、袖釣り込み腰で有効を取られてから、
背負い落としをまともに食らってまさかの一本負け。「(敗戦の)要因が何か、今の時点では分からない」。年下のライバルに3度も投げられた
海老沼は額に汗を浮かべたまま、表情をこわばらせた。
大会後に行われた代表選考の強化委員会は報道陣に公開された。本紙を含む新聞やテレビなど26社が傍聴する異例の会議となったが、
強化委員の間で飛び交ったのは海老沼に対する厳しい意見ばかり。海老沼はロンドン五輪銅メダル、2014年には世界選手権3連覇の
偉業を達成した実力者。この試合に勝っても負けても代表入りは確実だったが、予想を裏切られる内容だったため、議論はヒートアップしていった。
海老沼の姿に失望したある強化委員は「海老沼の今日の負け方はあまりにひどい」と名指しで批判。強化委員長を兼ねる山下氏も「今日の
あの試合で戦えるのか」と金メダル候補の実力に疑問符をつけた。
さらに、話は選考方法の見直しにまで発展。前出の強化委員は「(4月中旬の)アジア選手権まで見るとか(5月の)マスターズ大会まで
延ばすとかしないと、この大会の意義が薄れる」と語気を強めた。東京五輪の金メダル候補とされる阿部は昨年の講道館杯で優勝を逃し、
選考レースから早々に脱落。ただ、今大会では海老沼を破った勢いのまま決勝も勝って、初優勝を果たした。今後の伸びシロも海老沼を
上回るだけに、選考期間の延期の要望には「阿部にチャンスを」という言葉が透けて見えた。
また、事実上代表に内定していても“即取り消し”制度の導入を訴えたのは全柔連幹部。「70~80%決まっていても、ひどい負け方したらゼロ
にするとかね。あんなんだったら、ケガしたとか言って休んでくれたほうがよかった。3度も投げられた。次やっても勝てない」と怒りが収まらない
様子だった。
一方で、海老沼も「今日の柔道は本当に情けなく、心の隙があった。絶対、勝たなければいけなかった」とショックを隠せない。ストイックで
生真面目な性格だけに、代表に選ばれたことを喜ぶ状況にないことは明らかで、プライドも切り裂かれた。全日本男子の井上康生監督(37)も
軸になる選手について、73キロ級の大野将平(24=旭化成)と81キロ級の永瀬貴規(22=旭化成)の名を挙げ、海老沼の名前を口にしなかった。
リオ五輪まで残り4か月。海老沼はこの屈辱をバネにするしかないが、全柔連の屋台骨を揺るがす事態にもなり、後遺症が心配だ。

日本柔道を襲った「海老沼ショック」 新鋭に惨敗も代表入り
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/526339/



旭化成柔道部の大野将平(24)=73キロ級、永瀬貴規(22)=81キロ級、羽賀龍之介(24)=100キロ級の3選手のリオ五輪出場決定を祝う横断幕が5日、延岡市の庁舎に隣接する市公会堂「野口記念館」に設置された。
2、3日にあった五輪選考会を兼ねた全日本選抜柔道体重別選手権で、大野、永瀬の両選手が優勝。羽賀選手はけがで欠場したが、2015年の2大会で優勝するなど実績を評価された。
横断幕は長さ10メートル、幅1・5メートル。3人が五輪代表に選ばれたことに首藤正治市長は「この快挙を市民を代表して祝福したい。リオで最高のメダル獲得を期待している」とコメント。市民も横断幕を見上げ、3人の活躍を願っていた。

リオ五輪:出場祝い横断幕 旭化成柔道部・大野、永瀬、羽賀選手
http://mainichi.jp/articles/20160406/ddl/k45/050/321000c

209 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/09(土) 13:48:20.09 ID:9eUGy7EB

柔道のリオデジャネイロオリンピック日本代表に決まった12人がそろって記者会見し、前回の金メダリストで、チーム最年長の松本薫選手は、
「一人一人が金メダルをねらえるベストのメンバーだ」とともに戦う仲間への信頼を語りました。
3日、リオデジャネイロオリンピックの代表に決まった男女合わせて12人の選手は、4日、東京・文京区の講道館で記者会見しました。
このうちオリンピック2連覇に挑む女子57キロ級の松本選手は「プレッシャーというより、挑戦。開き直って、すがすがしい気持ちで戦っていこうと
考えている」と意気込みを話しました。
12人の中で最年長、28歳の松本選手は「それぞれ個性があって芯も強い。このメンバーでオリンピックに行けるのはうれしく思うし、一人一人が
金メダルをねらえるベストのメンバーだと信じている」と、ともに戦う仲間への信頼を語りました。
一方、先月、練習中に左膝のじん帯を痛めて最後の代表選考会を欠場した男子100キロ級の羽賀龍之介選手は、「けがは自己責任で、大会を欠場
する形になって非常に悔しい。ただオリンピックというチャンスをもらったので、しっかり結果を残して皆さんに認めてもらいたい」と力強く話しました。
羽賀選手は来月中旬の練習再開を目指してリハビリに取り組んでいるということです。
残る男女の最も重いクラスの代表は、今月行われる体重無差別の大会のあとにそれぞれ決まります。
大野選手「真のチャンピオンであることを証明したい」
男子73キロ級で去年、世界選手権を制し、男子日本代表の井上康生監督からチームの柱と期待される大野将平選手は「持ち味である攻撃的な
柔道をして一本をとるのが理想だが、それだけではなく我慢強く粘り強い柔道もしていきたい。レベルの高い階級で金メダルを獲得して真の
チャンピオンであることを証明したい」と力強く話しました。
銅メダルに終わったロンドンオリンピックから巻き返しをねらう男子66キロ級の海老沼匡選手は、「ロンドンでは悔しい思いをした。オリンピックでの
借りはオリンピックでしか返せないと思っている。今回のリオデジャネイロでしっかり結果を出して、この4年間はむだじゃなかったということを
証明したい」と話しました。
代表メンバーでただ1人、北京オリンピックから3大会連続出場となる女子52キロ級の中村美里選手は、「3度目の正直で金メダルをとってきたい。
この4年間は膝の手術やリハビリなどたくさんの経験をし、成長した4年間だった。自分らしく、しぶとく粘りのある柔道をしたい」と意気込みを話しました。
オリンピック初出場となる女子48キロ級の近藤亜美選手は、今回の代表メンバーで最も若い20歳で、記者会見では、「最年少なので、勢いがあって
元気のいい、畳の上で跳ねるような柔道をしたい。48キロ級は伝統ある階級だと自覚し、責任も感じている。柔道競技の初日ということもあり、
金メダルをとってしっかり後ろに回したい」と意気込みを話しました。

柔道 リオ五輪代表の12人が意気込み
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160404/k10010467371000.html

210 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/12(火) 13:11:10.75 ID:f8bM2ehu

バドミントンの有力選手の違法カジノ賭博問題を受け、全日本柔道連盟(全柔連)は既に決まった
リオデジャネイロ五輪男女代表12選手に注意を喚起する文書を8日付で送付したと11日、明らかにした。
文書は全柔連副会長でもある山下泰裕強化委員長名で通達。代表選手を指導する監督やコーチ陣にも出された。
五輪代表選手としての自覚を強く持ち、軽率な行動を慎むことなど、注意を数項目に分けて記しているという。

ノーモア賭博!山下泰裕副会長、五輪代表に注意喚起
http://www.nikkansports.com/sports/news/1630198.html

全日本柔道連盟は11日、男子66キロ級の阿部一二三(日体大)が左膝の靱帯(じんたい)を
損傷したためアジア選手権(15~17日・タシケント)を欠場すると発表した。
全治は約3週間の見込み。9日の稽古中に負傷した。18歳の阿部は3日に全日本選抜体重別選手権で優勝した。

阿部一二三、左膝靱帯損傷でアジア選手権欠場 - 柔道
http://www.nikkansports.com/sports/news/1630200.html

全日本柔道連盟は11日、アジア選手権(15~17日、ウズベキスタン・タシケント)に出場予定だった男子66キロ級の
阿部一二三(日体大)が、左膝を痛めたため欠場すると発表した。9日の練習で負傷した。左膝内側側副靭帯(じんたい)
損傷で約3週間の安静、加療が必要と診断された。
阿部は3日の全日本選抜体重別選手権男子66キロ級で初優勝した。

阿部、左膝負傷で欠場=柔道アジア選手権
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016041100739

211 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/13(水) 12:59:40.95 ID:xNG9vM+Z

1996年のアトランタ五輪柔道女子61キロ級で、金メダルに輝いた旭川南高出身の恵本裕子さん(43)=三井住友海上特別コーチ=を
モデルにした漫画「女子柔道部物語」が8月から漫画誌「イブニング」(講談社)で連載される。「柔道部物語」や「ホワッツ マイケル?」などで
知られる漫画家の小林まことさん(57)が、旭川の高校で競技を始め、世界の頂点に立つまでを描く。恵本さんは「日本中に元気を届けたい」と
張り切っている。
新作誕生のきっかけは、偶然だった。恵本さんと小林さんは知人を通じて「フェイスブック」で交流するようになり、ともに横浜市中区在住と知った。
しかも「数百メートルしか離れていないご近所。驚きました」と恵本さん。旭南高時代は、「柔道部物語」を愛読。「主人公のように一本背負い
を練習したり、合宿で回し読みしました」。小林さんも高校時代は柔道部員で、すっかり意気投合した。
そして、恵本さんの現役当時のエピソードも話題になった。旭南高では蚊が嫌でテニス部を1日で辞めて柔道部へ。社会人に進んでも
世界選手権で1回戦負けしたり、五輪代表選考会でも優勝を逃しながら代表に選ばれたり…。小林さんは「子ども時代から頭角を現してきた
エリートではなく、高校で競技を始めて、紆余(うよ)曲折もあり、わずか8年で日本柔道女子で初の金メダル。これは漫画になるって、
自然とストーリーを作ってました」と振り返る。
漫画化を打診された恵本さんは「最初は冗談かと」。それでも現役時代の試合や合宿での写真約300枚を収めたアルバムを提供するなど協力し、
漫画の原作者を務める。
漫画では恵本さんをモデルにした「神楽(かぐら)えも」が主人公。架空の高校が舞台だ。恵本さんは「ストーリーは小林さんと相談しながら
考えています。(主人公は)自分らしい表情が出ている。でも、キレ気味のキャラクターは違いますけど…」と笑う。
旭南高時代の恩師だった中野政美さん(71)は昨年12月、旭川で2人から取材を受けた。「近年、道内では全国で活躍する選手が
少なくなっている。漫画を読んで、柔道をやろうという子どもが出てほしい」と期待している。

旭川出身の五輪王者・恵本さん題材 柔道娘の成長劇、漫画に
http://dd.hokkaido-np.co.jp/entertainment/culture/culture/1-0258681.html

リオでの活躍誓う
リオデジャネイロ五輪の柔道女子78キロ級の日本代表に決定した環太平洋大4年の梅木真美選手(21)が12日、県庁を訪れ、伊原木知事に
意気込みを語った。
梅木選手は大分県九重町出身。2015年に世界選手権で優勝するなど、これまでの実績を評価され、日本代表に選ばれた。
同大学女子柔道部の古賀稔彦総監督が同行し、代表決定までの経緯を報告。「リオでは必ず金メダルを取る覚悟で臨みたい」と決意を表明した。
梅木選手は「代表になれたのは県民の皆さんの応援があったから。『もんげー』期待に応えます」と県のキャッチコピーを交え、活躍を誓った。
伊原木知事も「ぜひ金メダルを持ち帰ってほしい。『もんげー』応援させてもらいますので、存分に力を発揮して」と花束を贈った。

柔道・梅木選手「期待応えます」
http://www.yomiuri.co.jp/local/okayama/news/20160412-OYTNT50152.html

212 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/14(木) 14:37:24.95 ID:sJJcc+Kq

柔道は4月2、3日に行われた全日本選抜体重別選手権で男女の最重量級を除く12人のリオ五輪代表が決定した。ただし、この大会は4年後の
東京五輪に向けて大きな課題を残した。
「最終選考会」と銘打たれた大会で優勝した代表選手はわずか5人だった。ここでの問題点は「なぜ優勝者が五輪に行けないのか」ではなく、
「なぜ代表選手が勝てなかったのか」にある。
柔道の五輪代表は一発選考ではなく、これまでの世界選手権や国内外の大会によって選定され、選り分けられてきた。選抜体重別も位置づけは
そうした選考大会の1つ。最後だからといって特別に2倍、3倍に評価されはしない。トップに立つ選手が逆転不可能なリードを築いていれば、
どんな結果もほとんど意味をなさないのである。
今回は女子の48キロ級と70キロ級以外では、大会前にほぼ決着していた。それでも代表となる選手ならばしっかりと優勝してほしい、という
思いはもちろんある。だが、モチベーション維持やコンディショニングは簡単ではない。五輪を見据えればなおのこと、ここでピークを作るわけ
にもいかない。
「最終選考会」で負けたのに五輪代表に選ばれている。普段は柔道をフォローしていない人が見れば、矛盾を感じても無理はない。これはもう
柔道の側の問題である。
まぎらわしい看板は外すべきではないのか。代表レースで飛び抜けた選手には早めに内定を与え、五輪前の敗戦で無用に勢いをそぐようなことは
避けるべきではないのか。
そうすれば前年の世界選手権から年末のグランドスラム東京大会、2月の冬季欧州遠征、そして選抜体重別と一連の流れがもっと注目される
はずである。賛否はあるものの、マラソンの場合は複数の選考レースがあることでそのたびに注目を集めている。柔道も「最終選考会」の看板に
こだわってわずか2日間だけ話題になるよりは、露出も増えるように思える。
それができないのは中継するテレビ局の放映権料によるものか、大会を開催する地方連盟の力によるものか。
幸いにも全日本柔道連盟の山下泰裕副会長は、代表決定時期の前倒しも視野に入れているようだ。早期内定案について、4年後に向けた
「検討課題」としている。今回は代表選考の強化委員会を公開にするなど新たな試みに取り組んだ山下氏。ぜひこの問題でも指導力を
発揮してもらいたい。

「最終選考会」という柔道界の呪縛
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/04/14/kiji/K20160414012401800.html

213 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/14(木) 21:51:30.49 ID:WiDYPSGm

全日本柔道連盟(全柔連)は14日、体重無差別で争う全日本女子選手権(17日・横浜文化体育館)を朝比奈沙羅(東海大)が
左足の負傷のため欠場すると発表した。
19歳の朝比奈は優勝候補の一角とみられていた。全柔連によると、準優勝した2日の全日本選抜体重別選手権で痛め
「左第5中足骨骨折で約6週間の通院加療の見込み」と診断された。
鈴木伊織(環太平洋大)は右膝内側側副靱帯(じんたい)損傷により欠場する。

V候補の朝比奈沙羅、左足負傷で全日本女子欠場へ - 柔道
http://www.nikkansports.com/sports/news/1631697.html

全日本柔道連盟は14日、体重無差別で日本一を争う全日本女子選手権(17日、横浜文化体育館)に出場予定だった
朝比奈沙羅(東海大)が、左足を痛めたため欠場すると発表した。2日に女子78キロ超級で準優勝した全日本選抜
体重別選手権で負傷。「左第5中足骨骨折」で約6週間の通院、加療が必要と診断された。

朝比奈が負傷欠場=全日本女子柔道
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016041400865

214 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/16(土) 19:56:55.86 ID:yCmFoxtG

柔道のアジア選手権第1日は15日、ウズベキスタンのタシケントで行われ、男子73キロ級の橋本壮市(パーク24)と女子52キロ級の志々目愛
(了徳寺学園職)が優勝した。
女子63キロ級の津金恵(筑波大)は2位。男子60キロ級の大島優磨(国士舘大)、女子48キロ級の渡名喜風南(帝京大)、同57キロ級の
山本杏(国士舘大)は3位だった。

橋本、志々目が優勝=柔道アジア選手権
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016041600315

柔道のアジア選手権は15日、タシケントで開幕し、女子52キロ級の志々目愛(了徳寺学園職)と男子73キロ級の橋本壮市(パーク24)が優勝した。
女子63キロ級の津金恵(筑波大)は2位となった。
女子48キロ級の渡名喜風南(帝京大)と同57キロ級の山本杏(国士舘大)、男子60キロ級の大島優磨(国士舘大)は3位だった。

志々目、橋本が優勝 柔道のアジア選手権
http://this.kiji.is/93726021651908085?c=39546741839462401

体重無差別で争う柔道の全日本女子選手権を17日に控え、連覇を狙う田知本愛(ALSOK)と2年ぶり3度目の優勝を目指す山部佳苗(ミキハウス)が
16日、会場の横浜文化体育館で記者会見した。今大会はリオデジャネイロ五輪の78キロ超級代表の最終選考会を兼ねる。実績で上回る田知本は
「あと少しで手が届く。しっかりつかみたい」と意気込み、山部は「優勝しないと五輪はない」と決意を語った。
先の全日本選抜体重別の78キロ超級では、田知本が準決勝で敗退し、山部が優勝。ともに戦いが消極的だったと振り返る。田知本は「不利に
なったときにどう戦えるかを意識して練習してきた」と修正する姿勢。山部は「思い切りのある柔道をしたい」と意気込んでいた。

田知本愛、五輪「あと少し」=17日、全日本女子柔道
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016041600264

体重無差別で争われ、リオデジャネイロ五輪78キロ超級代表最終選考会を兼ねた柔道の全日本女子選手権前日の16日、五輪代表候補の
田知本愛(ALSOK)と山部佳苗(ミキハウス)が会場の横浜文化体育館で記者会見し、闘志を燃やした。
田知本は昨年初優勝し、2010年に9連覇を達成した塚田真希以来の連覇を狙う。五輪代表争いをリードするが「目の前の試合に勝つことだけを
考える」と引き締まった表情。追う山部は「優勝しなければ五輪はない。夢の舞台に立つチャンスをつかみたい」と2年ぶり3度目の頂点を見据えた。

田知本愛「目の前の試合に勝つことだけを考える」 山部も闘志燃やす
http://www.sanspo.com/sports/news/20160416/jud16041616560002-n1.html

取材を続けていると、思わぬスポーツのつながりを感じさせられることがある。柔道の女子78キロ超級の山部佳苗(25)と競泳の鈴木聡美(25)。
同じミキハウス所属だけでなく、山梨学院大の同級生でもある2人も、そうだった。
体重無差別で争われ、リオデジャネイロ五輪78キロ超級代表最終選考会を兼ねた柔道の全日本女子選手権の前日会見が開かれた16日、
記者会見に出席した山部はいの一番に鈴木の名前を出した。先週開催された競泳の日本選手権。その会場に足を運び、親友の雄姿を
見守ったばかりだった。
「一発勝負で決めた。決勝始まる前の入場から気合が入っていた。最初から攻めて、すごいなと」
鈴木は12年ロンドン五輪で女子100メートルで銅メダル、200メートルで銀メダルを獲得し、日本競泳女子史上初となる五輪個人種目での
複数メダルを獲得。しかし、その後は不振が続き、リオがかかる一発勝負の大一番にも決して、前評判が高かったわけではない。それが、
目の前で、攻めに攻めて、100メートルの代表の座をつかんでみせた。それを見た。
「最初の50メートルでガンガンいっていた。そういうのが足りないのかな。勇気を持っていた。すごく勉強になった」
競技は違えど、積極性に関しては共通点を感じたという。だからこそ、リオ五輪切符がかかる最終選考会で、その刺激を体現したい。
昨年の国際大会での結果などで、状況は厳しい。1番手の田知本愛に大きく水をあけられているのが現状。わずかな可能性を開くには、
優勝だけでなく内容も問われる。
「おめでとう」
「私も応援しているからね」。
鈴木への祝福メッセージの返信は、この大会へのエールだった。2年ぶり3度目の日本一の先に、まだ道は続くために、競技の垣根を越えた
友情を力に変える。

ともにリオへ 柔道・山部に水泳・鈴木聡美から勇気
http://www.nikkansports.com/sports/news/1632841.html

215 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/17(日) 12:34:05.44 ID:FXWZ4oqC

体重無差別で争う柔道の全日本女子選手権が17日、リオデジャネイロ五輪女子78キロ超級の最終代表選考会を兼ねて
横浜市の横浜文化体育館で開催される。ともに初代表を狙う田知本愛(ALSOK)と山部佳苗(ミキハウス)が16日、
記者会見し意気込みを語った。
代表争いは、昨年の世界選手権銀メダルで世界ランキング5位の田知本がリード。同12位の山部が2日の全日本選抜
体重別選手権で優勝して望みをつないだ。
田知本は妹の遥(ALSOK)が70キロ級で2大会連続の五輪代表に決まり、「五輪が手の届く所にある。しっかりつかみ取りたい」と
姉妹での代表入りに意欲を燃やす。
山部は今月初旬に競泳の日本選手権を観戦。山梨学院大の同級生で所属も同じ女子平泳ぎの鈴木聡美が2大会連続の五輪出場を決めた
のを目の当たりにし、「どんどん攻めていた。勇気をもらった」と発奮する。
全日本柔道連盟は17日の競技後、強化委員会を開き、代表を決める。

柔道:全日本女子選手権 リオ五輪、最終チャンス 田知本愛、山部「つかむ」 女子78キロ超級
http://mainichi.jp/articles/20160417/ddm/035/050/120000c

体重無差別で争われ、リオデジャネイロ五輪78キロ超級代表最終選考会を兼ねた柔道の全日本女子選手権前日の16日、五輪代表候補の
田知本愛(27)=ALSOK=と山部佳苗(25)=ミキハウス=が会場の横浜文化体育館で会見し、闘志を燃やした。田知本は昨年初優勝し、
10年に9連覇を達成した塚田真希以来の連覇に挑み、山部は2年ぶり3度目の頂点を狙う。
リオ五輪の柔道女子日本代表最後の1階級は田知本か山部か。78キロ超級の2強は決戦前日に対照的な表情を見せた。
これが追われる者の重圧だ。田知本は「優勝した昨年は初めて見た景色。そこにもう一度上がりたいという気持ちが今まで以上に強い」と吐露。
笑顔はなく、緊迫感を漂わせた。
昨年の世界選手権は2位。2月の国際大会を制して代表レースで一歩抜け出したが、2週間前の全日本選抜体重別選手権は準決勝で敗れた。
17日は70キロ級代表を決めた妹の遥(ALSOK)がサポート役。優勝を逃しても姉妹代表の可能性があるが「あと少しで五輪に手が届く。
自分の力でしっかりつかみたい」と文句なしの決定を狙う。
山部は大逆転に向け、豪快な勝ち方を伴った優勝にわずかな望みを託す。冬場の国際大会では表彰台を逃したが、選抜体重別優勝で
踏みとどまった。「最後はどちらが執念を出せるか。日本一になって五輪に出たい」。順当なら田知本と当たる決勝に全てを懸ける。

リオ切符かけ田知本&山部メラメラ
http://www.daily.co.jp/general/2016/04/17/0008996914.shtml

リオデジャネイロ五輪選考会となる柔道の全日本女子選手権は開幕を翌日に控えた16日、会場となる横浜文化体育館で前日会見があり、
女子78キロ超級で五輪切符を争うライバル2人が出席した。国際大会の成績で後続を大きく引き離す田知本愛(27=ALSOK)は、
「妹が自分の力で勝って代表権を獲得した。自分も優勝して五輪を狙いたい」と2連覇を誓った。
70キロ級で代表に決まっている妹遥は、今月上旬の全日本選抜体重別選手権で優勝した。普段はけんかも絶えない姉妹だが、
妹は「ライバルという気持ちが強い」という。4年前はロンドンに妹が行き、自分は行けなかった。「負けたくない」と士気は高い。
選抜体重別では「お姉ちゃん」と慕われる48キロ級の浅見も代表権を逃した。「4年間やってきたことを出せないのは悔しいよ」と
大親友から言葉ももらったと言い、その思いも乗せて再びの日本一、その先へと進む。
78キロ超級で2番手に甘んじる山部にとっては、優勝だけでなく内容を問われる一戦になる。会見では、昨年の決勝で敗れて2連覇を
阻まれた田知本を横目に「負けた悔しさがある。リベンジしたい」と語気を強めた。先週、山梨学院大の同級生で、同じミキハウスの
競泳の鈴木聡美を応援しに、選考会に足を運んだ。目の前でリオ行きを決めた親友の姿に、「前半から攻めていた。私にはそういうのが足りない」と
刺激を受けた様子だった。

田知本愛が妹の遥から刺激受け「自分も五輪狙う」 - 柔道
http://www.nikkansports.com/sports/news/1633117.html

216 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/17(日) 12:35:03.71 ID:FXWZ4oqC

体重無差別で争われ、リオデジャネイロ五輪78キロ超級代表最終選考会を兼ねた柔道の全日本女子選手権(横浜文化会館)は17日に行われる。
16日は五輪代表候補の田知本愛(27)=ALSOK=と山部佳苗(25)=ミキハウス=が会場で会見し、闘志を燃やした。
2連覇を目指す田知本愛は前日会見で柔道史上初の姉妹五輪代表へ意気込んだ。
「あと少しで五輪に手が届く。しっかりつかめるように」
妹の田知本遥(25)=ALSOK=は70キロ級の代表に内定。今回は妹にサポートを受けて臨む。
昨年の世界選手権は2位。2月の国際大会を制して代表レースで一歩抜け出したが、2週間前の全日本選抜体重別選手権は準決勝で敗れた。
「優勝した昨年は初めて見た景色。そこにもう一度上がりたいという気持ちが今まで以上に強い」
笑顔はなく、緊迫感を漂わせた。優勝を逃しても姉妹代表の可能性があるが、もちろん文句なしの決定を狙う。

田知本愛、妹に続き五輪切符獲る!「しっかりつかめるように」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160417/jud16041705020003-n1.html

体重無差別で争われ、リオデジャネイロ五輪78キロ超級代表最終選考会を兼ねた柔道の全日本女子選手権(横浜文化会館)は17日に行われる。
山部は大逆転に向け、豪快な勝ち方を伴った優勝にわずかな望みを託す。冬場の国際大会では表彰台を逃したが、選抜体重別優勝で踏み
とどまった。守るものがない立場で逆に吹っ切れたのか、「最後は(田知本愛と)どちらが執念を出せるか。日本一になって五輪に出たい」と笑顔。
順当なら田知本愛と当たる決勝に全てを懸ける。

山部、豪快な勝ち方で大逆転だ「日本一になって五輪に出たい」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160417/jud16041705010002-n1.html

柔道のアジア選手権第2日は16日、ウズベキスタンのタシケントで行われ、男子100キロ超級の影浦心(東海大)と女子70キロ級の
大野陽子(コマツ)が優勝した。
男子90キロ級の小林悠輔(旭化成)と女子78キロ級の高山莉加(三井住友海上)は2位。同78キロ超級の井上愛美(JR九州)は3位だった。

影浦と大野が優勝=柔道アジア選手権
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016041700021&amp;g=spo

男子100キロ超級の影浦心(東海大)と女子70キロ級の大野陽子(コマツ)が優勝した。男子90キロ級の小林悠輔(旭化成)と
女子78キロ級の高山莉加(三井住友海上)は2位、女子78キロ超級の井上愛美(JR九州)は3位だった。

影浦心、大野陽子が優勝 柔道アジア選手権 - 柔道
http://www.nikkansports.com/sports/news/1633002.html <small style="color: #999;">&#128064;
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)</small>

217 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/17(日) 14:19:46.71 ID:FXWZ4oqC

"The Games, I think about them all the time now," said Riner, who took bronze in Beijing before claiming Olympic gold in London 2012.
"There isn't a day that I don't think about the Games, it's every day, several times a day.
"I'm impatient to be in Rio but without wanting to be there straight away."
Riner, bidding for a fifth European crown in Russia, said he was in a very positive mindset: "Positive attitude that's my motto.
I'm relaxed and focused. My serenity has returned, my desire to laugh and be joyful are still there.
"It's a great step towards the Games and towards this big preparation that awaits."
The intensity of his training was evident as the heavyweight champion smashed France national team coach Larbi Benboudaoud's wrist
at the Judo Grand Prix in Turkey.
Riner had asked Benboudaoud to help him warm-up and during the session the 140kg athlete fell on former world 66kg champion Benboudaoud.
"My wrist swelled up immediately. When I arrived back in Paris I immediately went to hospital where I was operated on. My wrist was
like a jigsaw puzzle," Benboudaoud, who coaches the French women's team, told AFP.
Benboudaoud, a Sydney Olympics silver medallist, had four pins inserted with his wrist, which will remain in a splint for six weeks.
"I'm 42 years and it's the first time I've spent the night in hospital. Teddy was very upset," he said
Riner usually trains with lightweight judokas to try and learn from their speed.
"This is the first time since I started training with the light weights that this has happened to me," he lamented.

Judo: Teddy Riner eager to defend his Olympic gold, despite shoulder inflammation

http://www.straitstimes.com/sport/judo-teddy-riner-eager-to-defend-his-olympic-gold-despite-shoulder-inflammation

218 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/17(日) 14:20:16.90 ID:FXWZ4oqC

Le champion d'Europe de judo Loic Korval (-66 kg) ne pourra pas faire les Championnats d'Europe la semaine prochaine mais reste en
lice pour les jeux Olympiques de Rio suite a sa suspension d'un an prononcee vendredi par le Conseil d'Etat, selon le DTN Jean-Claude Senaud.
"Apres une etude approfondie faite par nos avocats, il manque 18 jours a Loic pour purger la sanction d'un an prononcee par le Conseil d'Etat",
a assure samedi a l'AFP le directeur technique de la Federation francaise de judo.
"Il ne pourra pas faire les Championnats d'Europe mais reste qualifiable pour les Jeux de Rio", a-t-il indique.
D'apres le DTN, Korval a deja effectue une premiere periode de suspension de 10 mois puis une deuxieme periode de 1 mois et 12 jours.
Korval a ete suspendu pour trois manquements a ses obligations de localisation (entre le 18 septembre 2013 et le 21 aout 2014).
Apres moult aleas dans les procedures, l'Agence francaise de lutte contre le dopage (AFLD) a inflige le 10 septembre une suspension de
deux ans a Korval, reduite a un an vendredi par le Conseil d'Etat, saisi par le judoka.
Une source proche de l'AFLD a affirme vendredi que la sanction prononcee par le Conseil d'Etat "va conduire a ce que ce sportif ne
puisse pas participer aux JO".
Selon la Federation francaise de judo, Korval peut "juridiquement" participer aux JO. En revanche, il doit "sportivement" avoir son
billet et pour cela il lui faut se maintenir dans le Top 22 mondial en cumulant des points sur les competitions (il est actuellement 13e).
La suspension annule un certain nombre de points, ce qui le fait sortir de la zone de qualification, a explique le DTN.
"Loic devra donc enchainer les competitions pour tenter de se qualifier pour les Jeux".

Judo: Loic Korval ne "peut pas faire les Euros mais reste qualifiable pour les JO"

http://www.lexpress.fr/actualites/1/sport/judo-loic-korval-ne-peut-pas-faire-les-euros-mais-reste-qualifiable-pour-les-jo_1783409.html

219 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/17(日) 19:06:35.81 ID:SbmXIOin

体重無差別で日本一の座を争う柔道の第31回全日本女子選手権は17日、リオデジャネイロ五輪の女子78キロ超級代表最終選考会を兼ねて
横浜文化体育館で行われ、決勝で昨年の世界選手権同級3位の山部佳苗(ミキハウス)が同2位の田知本愛(ALSOK)に一本勝ちし、
2年ぶり3度目の優勝を果たした。
3年連続で同じ顔合わせとなった決勝は終盤まで互いに決め手を欠いたが、山部が左膝を痛めた田知本愛を終了間際に攻め、
合わせ技で一本を奪った。

山部が2年ぶり3度目V=決勝で田知本愛に一本勝ち-全日本女子柔道
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016041700149

体重無差別で日本一の座を争う柔道の第31回全日本女子選手権は17日、リオデジャネイロ五輪の女子78キロ超級代表最終選考会を
兼ねて横浜文化体育館で行われ、山部佳苗(ミキハウス)が2年ぶり3度目の優勝を遂げ、初の五輪代表に選ばれた。

山部優勝、初の五輪代表に=全日本女子柔道
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016041700169

柔道・全日本女子選手権(17日・横浜文化体育館)――リオデジャネイロ五輪78キロ超級代表の最終選考会を兼ねて体重無差別で争われ、
3年連続で同じ顔合わせとなった決勝で、山部佳苗(ミキハウス)が、田知本愛(ALSOK)に一本勝ちし、2年ぶり3度目の優勝を飾った。
山部は2日の全日本選抜体重別選手権78キロ超級に続く優勝で、初の五輪代表に選ばれた。3位は梅津志悠しゆ(三井住友海上)と、
市橋寿々華(大阪府警)。

全日本女子柔道、山部佳苗がV…初の五輪代表に
http://www.yomiuri.co.jp/olympic/2016/20160417-OYT1T50081.html

リオデジキロネイロ五輪女子78キロ超級代表の最終選考会を兼ねて体重無差別で行われた。山部佳苗(25)=ミキハウス=が、
3年連続の顔合わせとなった代表最有力候補の田知本愛(27)=ALSOK=との決勝で、技ありから押さえ込んで合わせ技一本勝ち。
2年ぶりの制覇を果たした。代表はこの後開かれる強化委員会で決まる。
田知本は試合中に左膝を負傷し、試合後は担架で運ばれた。

山部佳苗2年ぶりV 田知本は左膝負傷/スポーツ/
http://www.daily.co.jp/newsflash/general/2016/04/17/0008998777.shtml

体重無差別で争う大会が行われ、3年連続の顔合わせとなった決勝では25歳の山部佳苗(ミキハウス)が27歳の田知本愛(ALSOK)に
一本勝ちし、2年ぶり3度目の優勝を果たした。
3位は梅津志悠(三井住友海上)と市橋寿々華(大阪府警)だった。
全日本柔道連盟は続いて報道陣に公開で強化委員会を開き、五輪代表を選考する。

山部佳苗が田知本愛に勝利2年ぶり3度目V 柔道
http://www.nikkansports.com/sports/news/1633365.html

220 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/17(日) 20:43:44.25 ID:SbmXIOin

自信取り戻した
山部佳苗 (決勝は)何が何でも一本を取らないといけないと思っていた。この優勝をきっかけに自信を取り戻した。
五輪ではもっと前に出て金メダルを目指す。
悔しい
田知本愛 最後まで戦えなかった悔しさがある。(膝を痛めた後)立てるかどうかで五輪の可能性がなくなるのは嫌だと思って立った。
金のチャンスある
山下泰裕・全柔連副会長(強化委員長) 山部は全日本選抜体重別と全日本女子で優勝し、(田知本との)直接対決で一本勝ちしたのは重い。
非常にいい柔道をしているので、自分の力を出し切れば金メダルのチャンスもある。
まだ十分ではない
南條充寿女子監督 田知本のけがの回復が遅れるから山部になったということは全くない。攻撃的な柔道をするのが山部の良さ。
まだまだ十分とは言えない。(良かった頃の)勢いが戻るようにしたい。

全日本女子柔道・談話
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016041700214

リオデジャネイロ五輪女子78キロ超級代表として有力視された田知本愛選手(27=ALSOK)は決勝で敗れて落選した。
70キロ級代表に決まっていた妹の田知本遥選手(25=ALSOK)との同時出場の夢は実現しなかった。
田知本愛選手はライバルの山部佳苗選手(25=ミキハウス)との決勝で左膝を痛めて一本負け。担架で運ばれた救護室で
「1パーセントでも望みがあるなら、その報告を待つだけです」と願ったが、かなわなかった。4年前のロンドン五輪も妹だけが出場。
この4年間は互いに励まし合い、あと一歩のところまで来ていたが、最後に悲運が待っていた。
妹は決戦に臨む姉を懸命にサポート。試合後は姉の乗った車いすを押して会場を離れようとした直前に代表漏れの知らせを聞き、
2人とも目に涙を浮かべた。愛選手は「すいません」と言うのが精いっぱいだった。

田知本愛落選で涙、姉妹同時五輪出場ならず 柔道
http://www.nikkansports.com/sports/news/1633365.html

体重無差別で争う大会が行われ、3年連続の顔合わせとなった決勝で25歳の山部佳苗(ミキハウス)が27歳の田知本愛(ALSOK)に一本勝ちし、
2年ぶり3度目の優勝を果たした。
全日本柔道連盟は大会終了後に報道陣に公開で強化委員会を開き、2番手だった山部を初の五輪代表に選んだ。3日に決まった6階級と合わせ、
女子は代表7人が出そろった。
山部は決勝で積極的な闘いぶりを展開。左膝を負傷した相手を終了間際に隅落としから横四方固めでの合わせ技で仕留めた。田知本は
2大会続けて五輪代表を逃し、70キロ級で妹の遥(ALSOK)との同時出場も実現しなかった。
3位は梅津志悠(三井住友海上)と市橋寿々華(大阪府警)。ロンドン五輪78キロ級代表で3年前の覇者、緒方亜香里(了徳寺学園職)は
準々決勝で梅津に敗れた。
山部佳苗の話 決勝は自分ができる全てをここで出そうと、前に出るしかないと思っていた。五輪ではもっともっと攻める柔道で金メダルを目指して頑張る。
一歩ずつ進んでいきたい。
山下泰裕・全日本柔道連盟強化委員長の話 相手が脚を痛めたとはいえ、今回の内容ならば山部だろう。監督、コーチも全員一致だ。
気持ちが少し弱いところがあるが、いいところを出し切れば金メダルも狙える。
南條充寿・日本女子監督の話 田知本のけがは関係なく、今日の試合内容と結果を見て山部に決まった。好調だった2年前の勢いはまだ
戻っておらず、再び到達できるように準備させたい。
山部佳苗(やまべ・かなえ=女子78キロ超級)15年世界選手権3位。全日本女子選手権を3度、全日本選抜体重別選手権を2度制した。
世界ランキング12位。得意は払い腰。北海道・旭川大高、山梨学院大出。ミキハウス。172センチ、108キロ。25歳。北海道出身。

山部佳苗がV、女子78キロ超級リオ五輪代表決定
http://www.nikkansports.com/sports/news/1633395.html

ロンドン五輪78キロ級代表で熊本県宇城市出身の緒方(了徳寺学園職)は故郷を思って奮闘した。度重なる地震に苦しむ地元に
駆け付けたい気持ちを抱えながらも「頑張って結果を残すことが使命」と畳に上がった。
3年前の女王は、気合を前面に出して勝ち進んだが、準々決勝で抑え込まれて敗退。「ほっとできるニュースを伝えたかった。
その思いが届かず悔しいが、精いっぱい頑張った」と大粒の涙を拭った。

緒方、熊本思い奮闘=全日本女子柔道
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016041700204

221 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/17(日) 21:15:06.56 ID:SbmXIOin

ためらうことなく、攻め続けた。残りは50秒。山部は田知本愛の痛めた左膝を何度も蹴った。隅落としで転がすと横四方固めで抑え込んで
一本勝ち。「相手がどうなろうと手段を選んではいられない」。勝利への執念が実った。
リオデジャネイロ五輪を目指した4年は常に田知本愛の背中を追っていた。国際大会の実績は及ばない。2月のグランドスラム・パリは中国勢を
破って優勝したライバルに対し、初戦敗退。「練習の畳に上がるのも怖い」と、どん底だった。
それでも五輪を諦められなかった。経験者の話を聞いて回り、メンタルトレーニングの専門家の本を読み、映像を見ることで新しい空気を吸ってみた。
自分の気持ちを吐き出すことで不安を取り除き、モチベーションを引き上げた。全日本選抜体重別選手権に続いて連勝。土壇場での逆転で、
夢の大舞台を引き寄せた。
全柔連の強化委員会では、対外国選手の実績で田知本愛に劣る点や、気持ちの弱さを指摘する声もあった。しかし、強化委員長を務める
山下副会長は「直接対決での一本勝ちは重い」。たとえそれがけがであれ、相手が不利となった瞬間を逃さず鬼の形相で迫った山部は、
心の弱さを一つ乗り越え五輪へ向かう。

執念実った山部=心の弱さ乗り越える-全日本女子柔道
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016041700220

田知本愛は担架に乗せられ畳を離れた。ライバル山部に無念の一本負け。終盤に足払いを仕掛けた際に自身の左膝を痛め、
何とか立ち上がったが、攻勢に出た相手にあらがえなかった。「最後まで戦えなかった悔しさがある」と小さな声を絞り出した。
昨年の世界選手権で2位となり、今年2月のグランドスラム・パリでは于頌、馬思思の中国勢を破って優勝。世界での実績で
五輪は近いとみられていたが、選考会の最後の2大会で連勝した山部に代表の座をさらわれた。
4年前もロンドン五輪代表入りを惜しくも逃した。「あの悔しさを忘れずにやってきた。この大会で出し切りたい」と意気込んでいたが、
またも悔しい結末となった。

田知本愛、無念の負傷=全日本女子柔道
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016041700226

222 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/17(日) 22:16:24.87 ID:SbmXIOin

手負いのライバルに、山部が“鬼”になった。残り50秒。「待て」の後、左膝を負傷した田知本が崩れたまま起き上がれない。
山部は必死の形相で立ち上がった相手の左足に「何が何でも一本を取りに行く」と、容赦なく足払いを見舞った。
最後は畳に投げ倒し、そのまま抑え込んでの一本勝ち。旗判定で敗れた前年決勝の雪辱を果たし、2年ぶり3度目の女王に返り咲くと、
リオ五輪78キロ超級代表の座も大逆転でもぎ取った。
決戦を前に刺激を受けたのは、今月上旬に観戦した競泳の日本選手権。山梨学院大の同級生で、所属も同じ女子平泳ぎの鈴木聡美が
攻めの姿勢で2大会連続の五輪出場を決めたのを見て、「攻めることが大事だと勇気をもらった。自分もガンガン前に出ようと思った」と、
この日は初戦から積極的に仕掛けた。
今月2日の全日本選抜体重別選手権に続き、国内の五輪選考大会2連勝を飾っても、代表を選ぶ強化委員会では、最近の国際大会の
実績から田知本を推す声が出た。自身が3位だった昨夏の世界選手権で田知本が2位。2月に初戦負けした国際大会でも田知本は
優勝していたからだ。
不振の時期を「五輪が頭にあって恐さにつながった。練習の畳に上がるのも恐かった」と振り返る。25歳は無差別級の元世界女王でもある
薪谷翠コーチの親身な指導や、メンタルトレーナーの本を読むなどして、課題の精神面の弱さ克服に努めてきた。成果を垣間見せて
つかみとった夢舞台で、世界で勝てることを証明してみせる

【柔道】25歳・山部、残り50秒、大逆転でリオ五輪78キロ超級の代表つかむ
http://www.sankei.com/sports/news/160417/spo1604170028-n1.html

体重無差別で争う柔道の全日本女子選手権が17日、リオデジャネイロ五輪女子78キロ超級の代表最終選考会を兼ねて横浜文化体育館で行われ、
山部佳苗(かなえ、25)=ミキハウス=が決勝で、田知本愛(たちもと・めぐみ、27)=ALSOK=に一本勝ちし、2年ぶり3度目の優勝を果たした。
全日本柔道連盟は競技終了後に強化委員会を開き、山部を78キロ超級の五輪代表に選んだ。山部は五輪初出場となる。
日本の看板階級の女子最重量級の代表レースを劣勢だった山部が逆転で制した。「4年前、五輪は雲の上の存在だった。夢なのかなと思う」。
出世の妨げだった弱気を払拭(ふっしょく)した25歳に笑みが広がった。
決勝は代表争いの大本命の田知本との直接対決。山部は終始、飛びかかるように奥襟をつかみに行った。受けに回った田知本に指導が
一つ多く飛んで残り50秒。突如、反撃に出ようとした田知本の左ひざが崩れた。負傷した田知本は再び立ち上がったが、戦える状態でなく、
山部が隅落としから抑え込んだ。
4年前のこの大会を制したが、五輪代表争いは圏外だった。昨年の世界選手権で銅メダル。ただ波が激しく、田知本が優勝した2月の
グランドスラム・パリ大会では初戦敗退。「結果を出さなくてはと思うと、畳に上がるのが怖かった」という。
書物もあさり、昨年のワールドカップで南アフリカを破るなど躍進したラグビー日本代表の心構えも参考にした。「不安を抱え込まずに、
書き出し、はき出した」。弱さと向き合うことで、全日本選抜体重別選手権との連勝につなげた。
この階級は2004年アテネ五輪で優勝した塚田真希を挟んで日本勢は4大会連続でメダルを獲得している。「自信もついた。
メダリストに仲間入りしたい」。その視線は力を増していた。
田知本無念の負傷
目の前にあった五輪代表切符を逃した田知本。山部との決勝の終盤、左膝の痛みで崩れ、意地で立ち上がったが一本負け。
試合後は係員5人がかりで担架で運び出され、病院へ向かった。「自分で技に入った時(に痛めた)と思う。最後まで戦えなかった悔しさがある」。
全日本女子の南條充寿監督によると、昨夏の世界選手権での左太もも裏痛も尾を引いての故障だという。2歳下の妹の遥(はるか)が
70キロ級で2大会連続の五輪出場を決めている。女子が1992年バルセロナ五輪で正式種目になって以降、日本初の姉妹での
五輪同時出場を目指したが、かなわなかった。

全日本女子柔道:山部逆転、リオ切符…78キロ超級
http://mainichi.jp/articles/20160418/k00/00m/050/064000c

223 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/17(日) 23:08:26.27 ID:SbmXIOin

全日本柔道連盟は17日、全日本女子選手権後に開かれたリオデジャネイロ五輪女子78キロ超級代表を決める強化委員会を報道陣に公開した。
試合会場と同じ横浜文化体育館で行われた会では、さまざまな意見が飛んだ。
代表争いの俎上(そじょう)に登ったのは、優勝した山部佳苗(25=ミキハウス)と準優勝だった田知本遥(27=ALSOK)。決勝は互いに技の
ポイントがないまま進んだ残り1分を切ってから、田知本が左膝を負傷。何とか立ったが、山部が攻勢を強めて隅落としから横四方固めで
一本勝ちしていた。
その後の直前のコーチ会議で作成された代表候補選手の原案で選ばれたのは山部だった。監督、コーチは満場一致だったが、強化委員会の
場では異論も出た。
ある委員がいの一番に追及したのは、選考基準のブレについて。超級をのぞく男女各6階級12人が決まった今月上旬の全日本選抜
体重別選手権後の強化委員会で最重視されたのは、国際大会の成績、外国勢との勝敗だったが、この日の78キロ超級に関しては、
「ここだけ別。2週間前とスタンダード(基準)が変わっているんじゃないか」という声が出た。
2人の国際大会の成績を比較すれば、田知本愛に軍配が上がるのは明らか。一昨年の世界選手権は銅メダル、昨年は準決勝でロンドン五輪
覇者のオルティス(キューバ)を破っての銀メダル、さらに2月のグランドスラムパリ大会では世界ランク1、2位の中国選手を下して優勝も飾った。
一方の山部は世界選手権は14年が7位、15年は銅メダル、グランドスラムパリ大会では初戦敗退に終わっている。
これに対し、強化委員会後の記者会見では、山下泰裕強化委員長はこう説明した。
「対外人、2年間の海外での実績、世界ランクでは田知本の方が若干良いじゃないかという声もあった。福岡の時(選抜体重別)には海外成績を
優先すると言いながら、国内で2回勝った(選抜体重別と全日本女子選手権)山部を選ぶのはいかがなものかと言う声もありました。しかし、
強化委員の方々のなかにやはり、海外の大会をよく見ているわけではない、しかも監督、コーチは全員一致で山部を選んでいる、その監督、
コーチが常に試合を見ている。2年間をみると同じように勝っている、体重別、全日本の優勝、内容も山部のほうが良かったし、一本で勝ったことを
評価することが多かった。挙手に至らずに山部に決まった」。
他にも田知本のケガの状況を考慮すべきという声や、山部の精神面での成長を期待する声もあった。最終的には多数決をとるための
挙手は行わなかったが、すんなりとはいかない選考となった。

強化委から異論の山部佳苗が代表 選考基準にブレ? - 柔道
http://www.nikkansports.com/sports/news/1633483.html

試合場の照明に、緒方の頬が照り返る。全日本女子準々決勝の一本負けに声を湿らせ「勝って、ほっとできるニュースを(熊本に)伝えたかった。
その思いを届けられなかったのが悔しい」。頬に光るのは涙だった。
14日の熊本地震で郷里の宇城市が被災。家族と縁者は無事だったが、試合場に来るはずの両親は地元を離れられない。不安な夜を過ごす中、
自身にできることは何かと自問した。「結果を残すことが使命、と。心は揺れてしまったけど」
硬さの抜けない1回戦、組み手に難渋した2回戦を制し、3回戦は踏みつぶすような大外刈りで一本勝ち。ロンドン五輪78キロ級代表としての
面目を施している。
右膝の靱帯断裂は3年前。リオ五輪の代表争いから早々と姿を消し、引き際を意識した折のこの地震だった。悲嘆に暮れる郷里を思い、
畳に立った今大会は25歳の胸に火をともす。「負けても楽しい。勝ったらもっと楽しいだろう、と」
行き先のない長旅の終着駅は「ボロボロになるまで」。目を赤くしながら笑った。

【柔道】熊本出身の緒方、準々決勝敗退も被災の郷里に雄姿届ける
http://www.sankei.com/sports/news/160417/spo1604170033-n1.html

224 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/17(日) 23:35:05.40 ID:SbmXIOin

全日本女子選手権(17日、横浜文化体育館)初出場で18歳の梅津が3位と健闘。「ここまでやれるとは思ってなかった。力を出し切れた」と
充実の表情だった。
福岡・敬愛高時代は団体戦で金鷲旗優勝などの実績はあるが、78キロ級の個人戦で全国タイトルはない。強豪ぞろいの三井住友海上に
入ったばかりの成長株は「東京五輪での金メダルを目指して、頑張っていく」と飛躍を期した。

18歳の梅津、初出場で3位「ここまでやれるとは」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160417/jud16041721130008-n1.html

全日本女子選手権(17日、横浜文化体育館)地震に襲われた熊本県宇城市に実家がある緒方は準々決勝敗退。「苦しい中にほっとできる
ニュースを伝えたかった」と涙を流した。
家族は無事だったものの応援に駆けつけることができなかった。25歳の実力者は「柔道で頑張って、結果を出すことが使命」と自らに言い
聞かせて試合に臨んだが、18歳の梅津に完敗した。
2012年ロンドン五輪78キロ級代表で13年の全日本女子選手権を制した。最近は苦戦が続くが「もうちょっと、ぼろぼろになるまで頑張ろうかな
と思う」と前を向いた。

熊本出身の緒方、準々決勝敗退で涙「ほっとできるニュースを伝えたかった」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160417/jud16041721040007-n1.html

全日本柔道連盟の強化委員会は17日、女子78キロ超級五輪代表を決定し、女子7階級の代表全員が出そろった。
前回に引き続いて公開された強化委では、田知本愛の国際大会での実績が上回っているとの声も出たが、最終的には山部佳苗が
国内での最終選考会に連勝したことを評価する意見が大勢を占めた。山下泰裕委員長は「4月の2大会を見ると、山部の方がはるか
に勢いがある」と述べた。男子で最後に残る100キロ超級の代表は、29日の全日本選手権後に決まる。

「山部にはるかに勢い」公開強化委で山下泰裕氏
http://www.yomiuri.co.jp/olympic/2016/20160417-OYT1T50113.html

225 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/18(月) 14:13:21.68 ID:hKDLAmE2

全日本女子選手権(17日、横浜文化体育館)リオデジャネイロ五輪78キロ超級代表最終選考会を兼ねて体重無差別で争う大会。
3年連続の顔合わせとなった決勝では山部佳苗(25)=ミキハウス=が田知本愛(27)=ALSOK=に一本勝ちし、2年ぶり3度目の
優勝を果たした。全日本柔道連盟(全柔連)は大会終了後に強化委員会を開き、2番手だった山部を初の五輪代表に選んだ。3日に
決まった6階級と合わせ、女子は代表7人が出そろった。残る男子の100キロ超級は29日の全日本選手権(日本武道館)後に代表が決まる。
何度も前に出た。山部は心を鬼にし、勝負に徹した。代表争いでリードを許す田知本愛との決勝戦。残り50秒でライバルは左膝を痛め、
崩れ落ちたが、容赦しない。終了間際に相手の左足を攻めて転がし、技ありを奪うと、そのまま横四方固めで合わせ技一本。逆転の
リオ五輪切符をつかんだ。
「自分は一本を取るためなら、手段を選べる立場ではなかった。必ず一本を取ろうと思った」
国際舞台での実績の差で、田知本愛に五輪代表争いで後れをとっていた。リオ切符を得るためには体重別選手権に続いてライバル
に連勝することと、充実した内容が必要だった。
山梨学院大時代の同級生で、競泳女子平泳ぎの鈴木聡美(25)が五輪代表を決めた競泳日本選手権を観戦。「攻める勇気をもらった」。
この日は、同じミキハウス所属でもある鈴木から声援を受け、攻め続けた。
昨年8月の世界選手権から負けが込み、五輪出場を諦めかけていた。だが、ミキハウスの新谷翠コーチ(35)に救われた。
気持ちを高めるために、編集してくれたビデオを渡された。映像にある男子60キロ級五輪3連覇の野村忠宏氏(41)=
ミキハウスGM=のメッセージに勇気づけられた。
自らも、ラグビー日本代表FB五郎丸歩(30)=ヤマハ発動機=の「お祈りポーズ」の“生みの親”である荒木香織氏(43)の
著書を読んでメンタル強化を図った。周囲のサポートと努力が実を結んだ勝利だった。
「金メダルを目指して頑張りたい!!」
日本女子が2000年シドニー五輪から4大会連続でメダルを獲得する78キロ超級。流れは途絶えさせない。 (小松真也)
地震に襲われた熊本県宇城市出身で準々決勝敗退の緒方亜香里(了徳寺学園)
「苦しい中にほっとできるニュースを伝えたかった」
観戦した競泳女子平泳ぎ五輪代表の鈴木聡美(ミキハウス)
「めちゃくちゃ声を出してしまいました。機会があれば、食事にも行きたいですね」
山部 佳苗(やまべ・かなえ)
女子78キロ超級。1990(平成2)年9月22日生まれ、25歳。北海道出身。2015年世界選手権3位。全日本女子選手権を3度、
全日本選抜体重別選手権を2度制した。世界ランキング12位。得意は払い腰。北海道・旭川大高、山梨学院大出。ミキハウス。
1メートル72、108キロ。

山部、大逆転初切符!大本命・田知本愛に一本勝ち/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160418/jud16041805040002-n1.html

リオデジャネイロ五輪女子78キロ超級代表の最終選考会を兼ねて、無差別で行われた。3年連続の顔合わせとなった決勝は、
山部佳苗(25)=ミキハウス=が最有力候補の田知本愛(27)=ALSOK=に技ありからの押さえ込みで、合わせ技一本勝ち。
衝撃的な幕切れとなった。代表入りが有力視されていた田知本愛は、自身の左足払いが相手の足に接触した後、踏ん張りがきかなくなった。
「残り50秒で、五輪の可能性がなくなるのは嫌だった」と一度は立ち上がったが、力尽きた。試合後は立ち上がれず、担架で医務室へ直行。
そのまま病院に向かった。
5年越しの姉妹の夢はまたも散った。ロンドン五輪代表を逃してからは、国際大会でトップの実績を残してきた。既に70キロ級で
代表を決めている妹の遥(25)と、今度こそ姉妹で柔道初の同時五輪代表になるはずだった。
非情な結末に、田知本愛は座ったままぼう然。「まだ自分でも(状況が)わからない。最後まで戦えず悔しい」と力なく話した。

田知本また落選 姉妹五輪ならず/
http://www.daily.co.jp/general/2016/04/18/0009000134.shtml

226 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/18(月) 14:17:55.21 ID:hKDLAmE2

女子78キロ超級のリオ五輪最終選考会を兼ねて行われ、山部佳苗(25=ミキハウス)が初めての五輪代表に決定した。
決勝ではライバルの田知本愛(27=ALSOK)に一本勝ち。試合終盤に田知本が右膝を痛めるアクシデントもあったものの、
五輪代表への執念を見せて2年ぶり3度目の優勝を飾った。今月2日の全日本選抜体重別選手権に続いて選考レース終盤で
2大会連続優勝。国際大会などの実績では劣るとみられていたが、その後の強化委員会で全会一致で決定。大逆転での代表入りとなった。
五輪代表決定まで残り時間は50秒。「待て」の声がかかり、2人の体が離れた瞬間、山部の目の前で田知本が突然へたり込んだ。
すぐに立ち上がれず、ケガを負ったのは誰の目にも明らかだった。だが、これは五輪切符を懸けた一世一代の勝負。
情けをかける余裕は山部にもなかった。
「相手がどうなろうと一本勝ちしないといけない。一本を取るためだったら手段を選んでいられない」
再び田知本がよろけた瞬間に猪突猛進。隅落としで技ありを奪うと、そのまま横四方固めに捉えた。試合時間は6分2秒、
合わせ技での一本勝ちで、同じ決勝で敗れた1年前の借りを返した。
高校時代はほぼ無名の存在。大学には進まず、柔道をやめて就職の道も考えていた遅咲きの代表だ。前回のロンドン五輪は全くの圏外で、
25歳にして今回が初めての五輪代表争い。今までにない緊張感に襲われた時期もあった。
「この大会で代表が決まってしまう。五輪、五輪という(気持ち)のが凄く強くて試合の畳に上がるのも、練習の畳ですら怖いと思った」。
昨年12月のグランドスラム東京ではメダルを逃し、今年2月のグランドスラム・パリ大会は初戦敗退。だが、そこでようやく吹っ切れた。
「いろんな話を聞いて、本を読んで、吸収して受け入れた」。ラグビー日本代表のメンタルコーチの本を読み、「今までは出したら負けだと
思っていた」という自分の弱さを吐き出す大事さにも気づいた。薪谷翠コーチに「柔道やりたくないです」と正直に言うことで、重圧を乗り越えた。
この日はこれまでと見違えるように相手に突進する山部の姿があった。
強化委員会では田知本のケガよりも山部の一本勝ちを評価する声の方が多かったという。女子代表の南條充寿監督は「田知本のケガの
回復が遅くなるから山部ということはない。内容を見て山部」ときっぱり言った。
「今は夢なのか、夢じゃないのか分からない。これで自信を取り戻せた。五輪ではもっともっと攻める柔道をして金メダルを目指したい」。
日本にとって女子78キロ超級はメダル獲得が不可欠な階級。厳しい代表争いをくぐり抜け、それにふさわしい選手へと成長した。

山部 2年ぶり3度目V!大逆転で初の五輪切符
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/04/18/kiji/K20160418012423630.html

今年2月のグランドスラムパリ大会で優勝し、大きくリードしていたはずの田知本だが、最後に悪夢が待っていた。
決勝の5分すぎに左膝を負傷。「(ケガは)初めての場所で分からない。最後は五輪の可能性がなくなるのが嫌で立ち上がった」と振り返ったが、
戦う状況ではなかった。試合後は会場内の診察室から病院へと搬送。12年ロンドンに続き、70キロ級の妹・遙との姉妹出場は夢と消えた。

田知本 最後に悪夢…決勝で左膝負傷 姉妹出場消える
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/04/18/kiji/K20160418012423840.html

選抜体重別に続いて公開された強化委員会では「あくまで海外選手との対戦成績が優先だったのでは?ここでスタンダードを替えるのはどうか?」
などの意見があり、約20分にわたって意見が交換された。
それでも(1)田知本と山部の海外実績に大きな差はなかったこと(2)田知本の膝の状況が不透明なこと、などの説明を経て最終的には
山部に一本化された。

20分間の公開選考 最終的に山部に一本化
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/04/18/kiji/K20160418012423980.html

13年以来の優勝を目指した緒方は準々決勝で敗退。熊本県宇城市の実家が地震で被害を受け、観戦予定だった父・達雄さん、
母・より子さんは上京できず。幸い、ケガなどはなかったというが「私に何ができるかって、勝ってホッとできるニュースを届けたかった」と涙を流した。
ロンドン五輪78キロ級代表も、リオは出場できず。それでも「ボロボロになるまで頑張りたい。まずは大きな大会で優勝したい」と気持ちを切り替えた。

緒方は準々決勝敗退 熊本出身「ホッとできるニュースを届けたかった」
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/04/18/kiji/K20160418012423960.html

227 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/18(月) 14:21:11.83 ID:hKDLAmE2

前回も触れたが、重量級の戦いで最初の鍵を握る「陣地取り」。開始と同時にどちらが前に出て、どちらが後退するか。前に出ている方は
押し込みながらでも引き出しながらでも技を掛けられるが、押されている方の技の選択肢が狭まる。決勝では「勝つしかない」山部が前に出て、
実績的にリードしていたはずの田知本が受けてしまった構図だった。
その精神状況がさらに明確だったのが引き手の使い方だ。山部はケンカ四つの引き手を深く取り、間合いを詰めて、払い腰など威力のある
技を仕掛けていく姿勢。田知本は釣り手、引き手ともに襟を取り、威力より技数優先で試合を有利に運ぼうとしていた。攻めの気持ちの差が、
試合結果に表れたように感じる。
海外選手との対戦成績は田知本の方が上だとみてきたが、国内2大会で見せた山部の執念が一定の評価を受けたのだろう。あとは最近、
海外選手との試合で実績を残せなかった反省点を、残る4カ月でどうクリアしていくか。まずは、この日のような積極的な攻めの姿勢で
五輪本番にも挑んでほしい。 

【金野潤の目】山部の執念が評価か 陣地に引き手に表れた気持ちの差
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/04/18/kiji/K20160418012426330.html

体重無差別で争う柔道の全日本女子選手権は17日、リオデジャネイロ五輪78キロ超級代表最終選考会を兼ねて横浜文化体育館で行われ、
3年連続の顔合わせとなった決勝で25歳の山部佳苗(ミキハウス)が27歳の田知本愛(たちもと・めぐみ=ALSOK)に一本勝ちし、2年ぶり
3度目の優勝を果たした。
全日本柔道連盟は大会終了後に報道陣に公開で強化委員会を開き、2番手だった山部を初の五輪代表に選んだ。3日に決まった6階級と合わせ、
代表7人が出そろった。
山部は決勝で積極的な闘いぶりを展開。左膝を負傷した相手を終了間際に隅落としから横四方固めでの合わせ技で仕留めた。田知本は
2大会続けて五輪代表を逃し、70キロ級で妹の遥(はるか=ALSOK)との同時出場も実現しなかった。
3位は梅津志悠(しゆ=三井住友海上)と市橋寿々華(大阪府警)。ロンドン五輪78キロ級代表で3年前の覇者、緒方亜香里(了徳寺学園職)は
準々決勝で梅津に敗れた。
負傷のライバル攻め倒す
優勝しかリオデジャネイロ五輪への道が開けない状況で、山部の執念が実った。決勝でライバルの田知本に一本勝ち。「夢じゃないのか」と
満面の笑みを見せた。
決勝の残り50秒。足技の応酬の中で田知本が崩れ落ちた。左膝を痛め、再開後も立っているのがやっとの状態。だが、山部はためらわなかった。
「一本を取るには手段を選んでいる立場ではないので」。踏ん張りの利かない相手の左足を払い、圧力をかける。残り13秒、隅落としで倒して
技ありを奪い、そのまま抑え込んだ。勝負師として、なすべきことをやりきった。
昨年の決勝は消極的な姿勢が響き、旗判定で連覇を逃した。「なんであと一歩が出なかったのか」と今でも悔いが残る。もともと代表争いでは
田知本を追う立場。重圧から練習で畳に上がるのも怖くなり、眠れない夜も過ごした。
昨夏の世界選手権や今春の欧州遠征と大一番を落とし、どん底に沈んだが、他競技の選手の成功談を読んだり、あえて不安を周囲に吐き出したり。
弱気を振り払うために何でもやった。2週間前の全日本選抜体重別を制して踏みとどまると、この日の決勝は圧巻の攻め。「はじめ」の合図と
同時に小走りで間合いを詰め、荒々しくつかみかかった。踏み出せた一歩に成長の跡を見せ、「この優勝で自信を取り戻した」と胸を張った。
ロンドン五輪直前のこの皇后杯で初優勝した時は「五輪は雲の上だった」が、リオへの4年間は「本気で目指してきた」と言い切れる。
日本の女子78キロ超級は五輪4大会連続でメダルを獲得中。「必ず自分もメダリストの仲間入りをする」と伝統の看板を背負う気概は十分だ。

山部、執念の五輪切符 皇后杯柔道・女子78キロ超級
http://www.tokyo-np.co.jp/article/sports/list/201604/CK2016041802000111.html 

228 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/18(月) 14:25:45.25 ID:hKDLAmE2

リオデジャネイロ五輪女子78キロ超級代表の最終選考会を兼ねて、無差別で行われた。3年連続の顔合わせとなった決勝は、
山部佳苗(25)=ミキハウス=が最有力候補の田知本愛(27)=ALSOK=に技ありからの押さえ込みで、合わせ技一本勝ち。
2年ぶり3度目の優勝で、2週間前の全日本選抜体重別に続いて連勝した。
前回に引き続き、報道陣に公開で強化委員会が行われた。山部の国際大会の実績で疑問も噴出したが、監督、コーチ陣は満場一致。
山下強化委員長は「直接一本で勝ったのは大きい。力を出しきれば金メダルも十分ある」と期待。女子の南條監督は「田知本と
(実績の)ポイント差はあったが大きくはなかった。全日本選抜体重別、今回を見て山部を選出した」と説明した。
ただ、全日本選抜体重別では優勝者よりも実績を優先していただけに、選出理由の一貫性に疑問は残る。

実績面疑問?強化委は満場一致
http://www.daily.co.jp/general/2016/04/18/0009000139.shtml

リオデジャネイロ五輪女子78キロ超級代表の最終選考会を兼ねて、無差別で行われた。3年連続の顔合わせとなった決勝は、
山部佳苗(25)=ミキハウス=が最有力候補の田知本愛(27)=ALSOK=に技ありからの押さえ込みで、合わせ技一本勝ち。
2年ぶり3度目の優勝で、2週間前の全日本選抜体重別に続いて連勝した。
競泳リオ五輪代表の鈴木は「佳苗が応援に来てくれたので、絶対に行かなくちゃ」と観客席で初観戦した。入社してから親交が深くなり、
大会直前には一言、「ファイト」とメール。「(応援で)思わず大声を出してしまった。(山部は)初戦から積極的ですごかった」。試合後は
「かっこよかったよ」と声をかけ、リオでの共闘を楽しみにしていた。

生観戦の聡美、山部を思わず大声で応援
http://www.daily.co.jp/general/2016/04/18/0009000132.shtml <small style="color: #999;">&#128064;
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)</small>

229 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/18(月) 14:27:41.15 ID:hKDLAmE2

リオデジャネイロ五輪女子78キロ超級代表の最終選考会を兼ねて、無差別で行われた。3年連続の顔合わせとなった決勝は、
山部佳苗(25)=ミキハウス=が最有力候補の田知本愛(27)=ALSOK=に技ありからの押さえ込みで、合わせ技一本勝ち。
2年ぶり3度目の優勝で、2週間前の全日本選抜体重別に続いて連勝した。山部はその後の強化委員会を経て、逆転で初の五輪代表
に選出された。
リオへのラストチャンスを“立ち合い”で制した。山部は、決勝で始めの合図と同時に猛突進。「ガンガン前に出るしかない、絶対に下がらない、と。
昨年の決勝は一歩勇気が出なくて負けた。4年間やってきたすべてを出そうと思った」。前面に押し出した気迫が、奇跡の大逆転劇を生んだ。
崖っぷちからはい上がるには、鬼になるしかなかった。残り1分を切り、左膝を負傷した田知本を攻め立てた。最後は体当たりのような
浮き落としから、押さえ込み。宿敵から、喉から手が出るほど欲しかった「一本」をついに奪い取った。
闘志に火をつけたのは、不調から復活した同い年のアスリートだった。今月6日に観戦した競泳の日本選手権。山梨学院大の
同級生で同じ所属先の鈴木聡美が、前半からの積極的なレースでリオ切符をつかみ取った。「入場の時から一人だけ表情の本気度が違った。
攻める勇気をもらった」と山部。自身に足りなかった最後のピースを見つけた。
12、14年と全日本を制し、リオ五輪代表争いに名乗りを挙げながら、国際大会では田知本に差をつけられた。最大の弱点は気持ちの弱さ。
「畳に上がるのが怖かった。でも誰にも言えなかった」。今年2月のグランドスラム・パリ大会では初戦で敗退し、
そこから今月の全日本選抜体重別を制し、ラストチャンスをものにした。
「この優勝をきっかけに自信を取り戻せた。リオ五輪では金メダルを目指す」。もう後ずさりはしない。

山部攻めて逆転V 初の五輪代表に選出
http://www.daily.co.jp/general/2016/04/18/0009000136.shtml

体重無差別で行われ、78キロ超級世界ランク12位の山部佳苗(25)=ミキハウス=が2年ぶり3度目の優勝を飾り、リオデジャネイロ五輪代表の
座を射止めた。決勝では国際実績十分の同級5位、田知本愛(めぐみ、27)=ALSOK=に合わせ技で一本勝ち。今月の全日本選抜体重別に
続いて国内主要大会で連勝。代表有力視されていた田知本を最後の選考試合で逆転し、初の五輪切符を勝ち取った。
山部が勝負に徹し、夢の舞台を引き寄せた。3年連続で同じ顔合わせとなった田知本との決勝。過去1勝1敗のライバルを抑えてのV、
そしてリオ行き。「優勝が決まった後から夢なのか、夢じゃないのか交じっていて…。4年前のロンドンの時は(五輪は)手の届かない存在。
チャンスをものにできたことがうれしい」と笑みを浮かべた。
非情になれた。終盤まで決め手に欠けたが、残り1分を切り、もつれたところで田知本が左膝を痛めた。海外での実績では田知本に劣り、
代表切符をつかむには優勝が最低ノルマ。「一本勝ちしないと選考レースは難しいと思っていた。手段を選んでいられなかった」。ラスト50秒。
猛然と襲いかかり、寝技に持ち込んで技あり。合わせ技で一本勝ちを決めた。
今月初旬の全日本選抜体重別78キロ超級に続く優勝で“国内女子最強”を証明した。五輪出場に導いた劇的な勝利を「絶対に下がらないという
思いだった」と攻めの姿勢を貫いた。
この日は同じミキハウス所属で母校・山梨学院大の同期、競泳女子100メートル平泳ぎ代表の鈴木聡美(25)が応援に訪れた。山部は6日の
競泳全日本選手権を観戦。不振にあえいでいた鈴木が積極的な泳ぎで出場権を獲得した姿に感銘した。「レース前の鈴木選手は一人だけ顔が
違った。あれで攻める勇気を学んだ」。閉会式後、畳の上で鈴木から「かっこよかったよー」と祝福された。
ロンドン五輪の2012年の全日本女子選手権で初優勝。当時は選考対象外だった伏兵が、4年後に本命を倒し五輪に行く。「この優勝を
きっかけに自信を取り戻せた。もっと攻める柔道を目指し、五輪では金メダルを取りたい」。山部が勝負の年に本当の輝きを放つ。

【柔道】山部が逆転リオ!ライバル田知本撃破で初切符「金メダル取りたい」
http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20160417-OHT1T50166.html

230 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/18(月) 14:35:41.46 ID:hKDLAmE2

体重無差別で行われ、78キロ超級世界ランク12位の山部佳苗(25)=ミキハウス=が2年ぶり3度目の優勝を飾り、リオデジャネイロ五輪代表
の座を射止めた。決勝では国際実績十分の同級5位、田知本愛(めぐみ、27)=ALSOK=に合わせ技で一本勝ち。今月の全日本選抜体重別に
続いて国内主要大会で連勝。代表有力視されていた田知本を最後の選考試合で逆転し、初の五輪切符を勝ち取った。
大会後に報道陣に公開で強化委員会を開き、山部が78キロ超級代表に選出された。山下泰裕副会長兼強化委員長(58)は会見で、
「山部は選抜体重別、全日本で2回勝ち、内容もよかった。さらに直接対決での一本勝ちは大きい」とこの日の決勝が決め手になったことを明かした。
委員会では、女子の南條充寿監督(43)とコーチ陣が「満場一致」で山部をリオ代表に推薦した。一部委員からは、2月のグランドスラム・パリで
優勝(山部は初戦敗退)した田知本の「国際大会での実績」を評価する声も出たが、別の委員は「14年以降の国際大会の優勝は2人とも4度で同じ」
と説明。さらに選抜体重別では男女代表12人中7人が優勝を逃しながらも「実績」で選出されており、「選抜の時と選考基準が違う」との
指摘もあった。

【柔道】女王山部の選考理由…田知本の実績より直接対決が決め手
http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20160417-OHT1T50171.html

夢舞台を奪い去る悲劇だった。田知本愛(27=ALSOK)が畳の上であおむけになり起き上がれない。決勝、残り1分を切った時。
山部の背面深く出足払いを放った直後だった。左脚から力が抜けた。痛みが襲う。「よく分からない。初めての感覚」。混乱のなか
「残り50秒で立てるかで、五輪の可能性がなくなるのは嫌だ」。奮い立ったが、脚は動かない。攻勢を許し、寝技で一本負けを喫し、
担架で救護室に運ばれた。
大会前まで十分なリードがあった。国際大会の成績では山部を大きく上回った。今月上旬の全日本選抜体重別選手権で準決勝で負けても、
優位は揺るがないとみられたが…。試合後は70キロ級でリオ五輪代表の妹遥に車いすを押され、検査のため病院に向かう間際に知らせを聞き、
2人で目に涙を浮かべた。愛は「すいません」の一言。妹だけが五輪に出るのはロンドン五輪と同じ。予期せぬケガ、そして一本負け。姉妹出場の
夢が散った。

田知本愛 姉妹五輪の夢散る 残り1分左膝に痛み - 柔道
http://www.nikkansports.com/sports/news/1633606.html

231 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/18(月) 14:36:16.48 ID:hKDLAmE2

山部佳苗(25=ミキハウス)が大逆転でリオデジャネイロ五輪を射止めた。3年連続同じ顔合わせとなった田知本愛(27)との決勝は積極的に攻め、
終了間際に隅落としから横四方固めでの合わせ技で一本勝ち。2年ぶり3度目の優勝を果たした。国際大会などの実績で2番手とされていたが、
全日本柔道連盟による強化委員会で初の代表に選出された。これで女子は代表7人が出そろった。
山部の柔道人生をかけた6分間だった。残り約50秒。技の応酬から田知本に異変が起きた。左膝を痛めて、立つのもやっとの状態。ざわめく会場。
だが心を鬼にした。「一本を取るためなら手段を選んでいる立場じゃない」。左脚を容赦なく足技で攻めた。奥襟をつかみ、隅落としでの技ありから
寝技に持ち込み、横四方固め。リオ行きを確定させる一本勝ちが決まった。
失意のどん底からはい上がった。2月のグランドスラムパリ大会で初戦敗退。五輪を諦めかけた。直後の現地での国際合宿。薪谷コーチから
昨年の世界選手権金メダリストで世界ランク1位の于頌(中国)へ乱取りを申し出るよう促された。自信を失っている時に、あえて格上の相手と
ぶつかった。力の差をはっきり実感することになるかもしれない。組み合い、無我夢中で投げ飛ばす。世界女王から奪った一本に自分でも驚いた。
まだやれると、前向きになれた。
全日本選抜体重別選手権を制し、迎えた最終選考。この日観戦した小、中学時代のクラブの指導者、斎藤監督から「最後なら花を咲かせろ」の
言葉を送られ、気持ちを奮い立たせた。周囲に引退をほのめかすこともあったが「0・1%の可能性があるなら」とわずかな望みにかけた。
現役最後の戦いも覚悟し、最後に五輪をたぐり寄せた。
日本女子最重量級は4大会連続でメダルを獲得している。山部にはバトンを引き継ぐ責任がある。「この優勝をきっかけに自信が持てた。
必ずメダリストの仲間入りをしたい」。日本のプライドを背負って五輪の畳の上に立つ。
山部佳苗(やまべ・かなえ)1990年(平2)9月22日、北海道札幌市生まれ。札幌本町小1年から札幌厚別区体育館柔道クラブで競技を始める。
札幌東栄中3年で全国3位。旭川大高から山梨学院大。13年にミキハウス入り。12、14年全日本選手権優勝。世界選手権は14年団体銅、
15年は個人銅、団体金メダル獲得。家族は両親と兄。172センチ、108キロ。

山部佳苗が攻めて逆転五輪 田知本から一本 - 柔道
http://www.nikkansports.com/sports/news/1633605.html

全日本女子選手権(17日、横浜文化体育館)全柔連は全日本女子選手権終了後に報道陣に公開で強化委員会を開き、山部佳苗を初の
五輪代表に選んだ。
日本女子代表の南條充寿監督やコーチ陣は4月の国内主要2大会を続けて制した山部を推薦したが、国際大会の実績を重視して
田知本愛を推す委員が相次いだ。
昨夏の世界選手権は田知本が準優勝、山部は3位。今年2月のグランドスラム・パリ大会で優勝した田知本に対し、山部は1回戦敗退だった。
結果的には田知本が左膝を負傷した事実が響いた。全柔連の山下泰裕強化委員長が「重量級の選手が膝をけがすれば時間がかかる。
思い切り戦える選手を出すべきではないか」と発言。これで流れが決まり、多数決にも至らなかった。
南條充寿・日本女子監督
「田知本のけがは関係なく、今日の試合内容と結果を見て山部に決まった。好調だった2年前の勢いはまだ戻っておらず、再び到達できるように
準備させたい」

田知本愛負傷で状況一転…山下強化委員長の発言で代表決定/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160418/jud16041805030001-n1.html

232 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/18(月) 22:05:12.12 ID:k0IR1fji

非情の攻めに迷いはなかった。
「一本勝ちをしないと代表の選考レースでは難しいかなと思っていた。一本勝ちをしてやっと(代表選出の可能性があるか)どうかなという
気持ちだった」
審判の「待て」がかかって止まった時計が示した試合時間は、残り50秒。足を痛めてなかなか起き上がれなかった田知本愛(ALSOK)に対し、
山部佳苗(ミキハウス)は容赦なく襲いかかった。田知本が左ひざから崩れ落ちたところを隅落としで攻め、そのまま横四方固めで抑え込んで
合わせ技による一本勝ち。ライバルを仕留めた。
リオデジャネイロ五輪の柔道女子78キロ超級の日本代表最終選考会を兼ねた第31回皇后杯全日本女子柔道選手権。代表候補同士の
一騎打ちとなった決勝戦は、極めて重要だった。
昨年の世界選手権で銀メダルを獲得するなど、実績で上回る田知本に、直接勝って存在をアピールするしかなかった山部は
「相手がどうかではなく、一本勝ちをしなければということしか考えていなかった。50秒しかない状況で、どうやったら一本勝ちをできるか。
相手がどうやって(左足を)痛めたのかは分からない。夢中だった」と相手の負傷に動揺することなく攻め切った。
試合が再開したとき、横浜文化体育館で試合を見ていた誰もが、山部の勝利を予感した。田知本は、片膝立ちになることすらままならず、
グラグラと揺れそうになる体のバランスをどうにか保って立ち上がるのが精いっぱいだったからだ。抵抗する術などあるわけがなかった。
思いと覚悟が詰まった決勝戦
山部が試合に勝っても、田知本が代表に選ばれる可能性は十分に考えられた。それだけに、山部は一本勝ちという完全決着にこだわった。
五輪の出場切符は、1枚しかない。厳しい現実が、4年間の思いをかけた最後の攻撃を生み出した。
負傷した相手を攻める。その行為に複雑な胸中はなかったか、という質問に「一本を取るためには、手段を選んでいられなかった」と
言い切る姿には、この試合にかけていた思いと覚悟が漂った。
山部の代表選出は、土壇場の大逆転だ。大会終了後、代表内定選手の発表を行った全日本女子代表の南條充寿監督は
「対外国人選手の成績の話は、強化委員会でも出た。ちょっと山部には課題が多いのではないか、田知本の方が、
実績があるのではないかという声はあった。ただ、(最近の)海外での成績に若干の開きはあったが、2014年に関しては
(田知本と)互角。直近では(山部は)少し見劣りするが、力はある。冬季の欧州遠征、福岡での体重別選抜、今日(皇后杯)の
3戦を見て、どちらがいいのかという点を重く見て山部の代表選出となった」と、山部が実績面で劣ることを認め、最後の
ひと押しが効いたことを明かした。
実績で劣り、大一番に弱いという難点を持っていた山部が代表選考レースで猛追を見せたのは、どん底に追い込まれたからだった。
2月、グランドスラム・パリ大会で初戦敗退を喫した頃のことを、山部は「毎回、ここで変な試合をしてしまったら、もう代表に選ばれなく
なってしまうかもしれないと結果を怖がっていた。試合が来るのが怖かったし、練習で畳に上がるのも怖い時期があった。
そういう気持ちが結果に出てしまった」と振り返った。
プレッシャーに押し潰され、持ち味である攻撃的な柔道を失っていた。しかし、パリで絶望の淵へ追いやられ、何かを変えなければ
可能性は見えてこないと思い至ったという。他人の話を聞き、ラグビー日本代表の活躍をメンタルコーチとして支えた荒木香織氏の
著書などの本を読み、試合に対する心構えを変えていった。そして、弱さを他人に見せることを嫌って強がる自分が、抱えきれなくなった不安に
持ち味を奪われていたことに気が付いた。自分の中にある弱さを受け入れ、向き合おうと考えた。山部は「不安を誰かに言ったら負け、
他の選手はもっと苦しいかもしれないと思っていた。でも、自分は自分。不安があった。言ってみたら楽になった。コーチに柔道を
やりたくないと言っても『やろっか』と言われるだけだったけど」と笑いながら、自己変革を行ったことを明かした。

233 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/18(月) 22:06:58.49 ID:k0IR1fji

「金メダルを目指したい」
攻撃的な柔道が戻ってきた山部は、勢いを取り戻した。
今大会では、全試合で開始と同時に相手の胴着をつかみに行き、積極的に攻めた。初戦と準決勝は、秒殺勝利。決勝こそ序盤は拮抗(きっこう)したが、
先に攻めて、田知本に2つ目の指導が与えられる展開に持ち込んだ。当然のごとく攻めに転じた田知本に対し、山部は受けに回らず押し返した。
「昨年(の同じ大会で同じ相手に)負けたことが悔しかった。いまだに悔しい。なんで、あそこで一歩行けなかったのか。昨年の悔しさがあって、
今日がある。自分との戦い。絶対に下がらないという思いだけだった。何が何でも一本、どんな形でもいいから一本と思っていた。何があっても
退かない、前に出るしかないと思って、ガンガン出られた」と攻めた結果が、大逆転の代表選出につながった。
執念の一本でチャンスをつかんだ山部は、代表発表後の記者会見で、「この優勝をきっかけに、自分に自信を取り戻せた。五輪では
もっともっと攻める柔道をして金メダルを目指したい」と、次なる舞台への思いを口にした。小さかった可能性をぐっと広げてつかんだ夢舞台。
そこには、迷うことなく攻める山部の姿があるはずだ。

山部佳苗、弱さを受け入れ取り戻した自信大逆転でつかんだリオ五輪柔道代表
http://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201604180003-spnavi

柔道界がまたまた“疑惑の選考”に揺れた。17日に全日本女子選手権(横浜文化体育館)が行われ、山部佳苗(25=ミキハウス)が
2年ぶり3度目の優勝。リオ五輪女子代表で唯一決まっていなかった78キロ超級代表の座も手にしたが、その選出をめぐり、
全日本柔道連盟の強化委員会では反対の声が続出した。すっきりしない結果となった舞台裏で、いったい何が起こったのか――。
代表選考レースで2番手と言われていた山部は、決勝で最大のライバルだった田知本愛(27=ALSOK)と対戦。気迫と意地がぶつかる
戦いとなったが、残り50秒となったところでアクシデントが発生する。田知本が左ヒザを負傷し、立ち上がるのもままならない。
これで優位に立った山部は隅落としからの横四方固めで一本勝ちした。
田知本は担架で救護室に運ばれ、その後、病院に搬送された。この大会の結果にかかわらず、田知本の五輪代表入りが有力とみられていたが、
ケガを負ったことで状況は一転。選考は展開が読めない状況となる。
混乱の中、報道陣に公開される形で行われた強化委員会は予想通り、大荒れとなった。事前に南條充寿監督(43)とコーチ陣が協議して選んだ
原案は山部。しかし、これに3人の強化委員が次々に反発した。
その理由は国際大会での実績だ。世界ランキングは田知本が5位で山部は12位。
直近の国際大会である2月のグランドスラム・パリ大会では田知本が優勝し、山部は初戦敗退だった。
山部はパリ大会後、今大会を含む国内2戦を連勝したが、海外に弱いイメージを払拭できなかった。また、男子代表の選考では競った階級で
国際大会の戦績が重視された経緯があり、ある強化委員は「(選考の)スタンダードが変わっていると思わざるを得ない印象」と痛烈に批判した。
最終的には「それほど明らかな差はあるのか。最後に2戦取った山部でいい」などの意見で決着したが、挙手による多数決は行われなかった。
また、男子の選考では資料に明記されていた国際大会の勝率や世界の強豪との対戦成績が山部と田知本の比較では明記されておらず、
別の強化委員は「山部ありきの選考」と公平性を疑問視した。
これまで何度も物議を醸してきた柔道の五輪選考。強化委員長を兼ねる全柔連の山下泰裕副会長(58)は「山部は優勝だけじゃなく、
内容もはるかによかった。順当だと思う。いいところを出し切れば、金メダルのチャンスがある」との見解を示し、選出は妥当と強調したが…。
選考の難しさを改めて浮き彫りにする結末となった。

山部ありき? 柔道五輪選考また大モメ舞台裏
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/531767/

234 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/18(月) 22:17:34.29 ID:k0IR1fji

日本柔道に課せられた「金メダル」というミッション
オリンピックで日本の金メダルが期待される競技の筆頭に挙げられる柔道。2012年のロンドンでは、史上最低の金メダル1つに終わったとはいえ、
すべての大会で日本に金メダルをもたらし続けている唯一の競技である。銀メダルを獲った選手がインタビューで「すみませんでした」と語り、
悔しさを露わにする日本柔道は、やはり特別だ。
そのミッションである「金メダル」を目指す柔道日本代表(JOCが派遣を承認するまでは正式には「日本代表内定選手」だが、ここではそう記す)に
ついて、まず女子の7名が出そろった。
日本柔道ナショナルチームの「戦い方」
オリンピック本番での戦いを占う前に、日本柔道がこの4年間どのように世界と戦ってきたのかを紹介したい。日本柔道が「世界一」を目指すことは
今も昔も変わらないが、2009年以降、この競技に大きな変化が起きた。国際柔道連盟がワールドツアーとランキング制度を導入したのだ。
テニスのようにワールドツアーに参加し、その成績で世界ランキングが変動。オリンピックへの出場権をその年の5月末の時点のランキング
上位者に与えるというものだ。
北京大会までは谷亮子や野村忠宏のように休養期間を置いて、オリンピックイヤーに照準を合わせて代表となるような選手や、北朝鮮などから
出場する未知の強豪選手もいたが、ツアーとランキング制度の導入により、ツアーに出場し続けなければ上位に入ることはできず、当然、
オリンピックに出場することは難しくなった。
この制度が導入されて初めてのオリンピックとなったロンドンでは、「日本選手は世界ランキング1位であらねばならない」という「金メダル」と
同様の呪縛から、ワールドツアーに選手を出し続けた。その結果、日本選手は疲弊し、ライバル達に自身を分析される情報を与え続けることとなり
史上最低と言われる結果を招いた。
その後、不祥事による強化体制の一新もあり、「世界で結果を残しつつ、オリンピックで成果を出す」ために日本柔道ナショナルチームも
戦い方を変えてきた。
ワールドツアーで成績を残した選手に、オリンピック出場圏権内のランキングをある程度維持させる一方で、成績を残せなかった選手は
派遣対象から外し、国内の大会で成長を見せた選手と入れ替える。こうして、「オリンピック出場権圏内に多くの日本人選手をランクインさせ、
選択肢を持つ」ことを目指してきた。
これまでは、代表選考レースの終盤に現れた新星が「若さと勢い」に賭けて選ばれたり、前述のような復帰したベテランが「経験と実績」を
買われて選ばれたりしていたが、いまの柔道の仕組みでは「ワールドツアーで結果を残し、ランキング上位に名を連ねた」者だけが、選考の
対象となる。
4月2日と3日に行われた全日本選抜柔道体重別選手権大会には現時点での各階級の日本の上位選手8名が出場し「最終選考会」と
銘打たれているが、水泳などのそれとは違い、この大会でのみ勝利しても、世界ランキングに入っていない選手はオリンピック代表には
選考されない(ただし、今後のワールドツアー派遣選手とするかどうかの選考には影響がある)。優勝した選手がオリンピック代表に
選ばれるわけではないのは、こうした背景がある。
任務を託された戦士7名たち
今回、リオ大会の代表に選ばれたのは、いずれもワールドツアーで成績を残し、世界ランキング14位以内にいる選手であり、他の競技で言えば
誰もが「メダル候補」と書かれる実力の持ち主だ。しかし、日本柔道であるので、ここは「金メダル獲得に向けて」という観点で彼女たちを紹介したい。
48キロ級代表の近藤亜美(三井住友海上)は2014年の世界選手権を19歳で制した。本人も「私にあるのは若さと元気と勢い」と口にしていたが、
世界中のライバルから研究されたこと、また「世界王者らしく」なろうとして空回りしている時期があったが、ベテランの元世界王者・浅見との
代表争いの中で一回り成長した。この階級はモンゴルのムンクバット(世界ランキング1位)、モンゴルからカザフスタンに国籍変更し旋風を
巻き起こすガルバドラフ(世界ランキング4位)がライバル。近藤は5月のマスターズ(メキシコ)に出場し、世界ランキングの上積みと、
シード権の獲得を目指すが、ここでライバルに勝ち、再び「私には元気と勢いがある」と自信をもって言える状態で本番を迎えたい。

235 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/18(月) 22:23:21.25 ID:k0IR1fji

52キロ級代表の中村美里(三井住友海上)は北京・ロンドンに続く3大会連続代表。平成生まれの初めての日本人メダリストとなった北京、
膝の怪我を抱えながら代表の座をもぎ取るも、初戦敗退したロンドン。手術・リハビリを経て新たな技術も上乗せし、再び世界選手権を制して
迎えるリオは、「3度目の正直」という金メダルに向けしっかりと足元を固めている。
57キロ級代表は、前回大会唯一の金メダリスト・松本薫(ベネシード)。対外国人の成績で35連勝を含む無敵状態だったロンドン前と違い、
この4年間は何度も敗戦を喫してきた。しかし、敗戦のたびに「今の私には〇〇が必要」とはっきり口にし、次の大会ではしっかりと課題を
克服した姿を見せてきた。「野獣」がキャッチコピーの彼女だが、ダーウィンも驚く進化を見せ続けている。全日本選抜柔道体重別選手権大会では、
客席の声援を審判の指示と聞き間違えるというミスで敗れているが、課題の見つかった後には必ず進化してきた彼女。リオではどんなニュー松本
をみせてくれるか楽しみだ。
63キロ級代表の田代未来(コマツ)は、世界選手権で2大会連続銅メダリスト。この階級はフランスのアグベニュー、スロベニアのトルステニャクが
壁として立ちはだかる。ライバルの胸を借りに、トルステニャクの所属する道場に単身武者修行に行くなど、メダルの色を変えるべく奮闘中だ。
「一本を取る柔道」でアテネ・北京で金メダルを獲った谷本歩実さんと同じ階級であり、雰囲気も似ており「谷本二世」と言われる田代は、
同じコマツに所属し、谷本氏に日々指導を受ける。谷本同様の観ていて気持ちのよい柔道に注目してほしい。

70キロ級代表の田知本遥(ALSOK)はロンドンに続く出場。しかし、この4年間は山あり谷あり。若手のヌンイラ、新井に世界選手権代表の座を
譲るばかりか、国際大会の直前に、禁止薬物が含まれる市販の風邪薬を不用意に服用して現地から帰国させられ、「強化選手としての自覚に欠ける」
と処分を受けた。代表決定後の会見で「一時は『オリンピック(を目指す)』を口にできない時期もあった」と語ったが、ライバル新井との直接対決で
勝ち、代表の座を奪還した。2大会連続で出場を逃した姉のぶんも、そして自身の4年前の無念も晴らすような戦いぶりを期したい。
78キロ級は昨年の世界選手権王者の梅木真美(環太平洋大学)。世界選手権以降は、いまひとつの成績の彼女だが、高校時代(阿蘇高)を過ごした
熊本、出身の大分が震災に苦しむ今、地元を元気づけるような奮起が求められる。
そして、17日の皇后杯で決定した78キロ超級の代表は、山部佳苗(ミキハウス)。最後まで代表を争ったのは70キロ級代表の田知本遥の姉・
田知本愛だ。昨年の世界選手権では山部は銅、田知本は銀。2月に揃って参戦したワールドツアーの上位大会、グランドスラム・パリでも山部は
初戦で敗れたが、田知本は世界ランク1位の于頌(中国)を破って優勝。選考レースは田知本がリードされていたが、全日本選抜柔道体重別
選手権大会、皇后杯と直接対決で田知本に連勝し「逆転」で代表に選出された。
金メダルを目指すミッション達成のため、日本人同士での国内成績よりも、国際大会での成績、さらに「世界の強豪との対戦成績」に
プライオリティが置かれてきた他階級と比べて、「選考基準がブレているのでは」と選考会議において異論も出たが、田知本が皇后杯で膝を負傷し、
リオに間に合うかわからない状況もあり、代表の座を得た。選考で揉めただけに「山部を選んで良かった」と言わせる結果が欲しいが、
鍵は「メンタル」だ。選考会議でも「安定感なら田知本だが、山部には伸びしろがある。試合中に弱気になって勝ち切れない山部のメンタルが
強化されれば、さらに上積みが見込める」との意見が出された。弱気でも世界3位になれた実力の山部のハートが一皮むければ、ミッションも
達成できるだろう。
今後、各代表選手は「金メダル」の確率を高めるため、早速5月初旬のワールドツアーに参戦してリオ本番までの世界ランキングを高め、
強豪と決勝ラウンドまで対戦しないシード権を獲得することを目指す。
「上位入賞」「メダルを目指す」とは決して口にせず、「金メダル」のみを目指す彼女たちの極限の戦いは、もう始まっている。

「金メダル」のみを求められる戦い リオ五輪に臨む日本女子柔道の現状
http://dot.asahi.com/dot/2016041800148.html

236 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/18(月) 22:23:47.78 ID:k0IR1fji

柔道のアジア選手権最終日は17日、ウズベキスタンのタシケントで団体戦が行われ、女子決勝で日本がモンゴルを5-0で下して優勝した。
男子の日本は準決勝でモンゴルに1-4で敗れ、3位決定戦では韓国に3-2で勝った。

日本女子、団体戦制す=柔道アジア選手権:時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016041800572

オリンピックの切符をかけた大会です。
小杉高校出身の田知本愛選手は、17日全日本女子柔道選手権の決勝で敗れ、リオデジャネイロオリンピック出場を逃しました。
女子78キロ超級の代表に最も近い、田知本愛選手。
父・又広さんが見守る中、すでに代表に内定している妹、遥選手とのオリンピック姉妹出場を目指し、決勝戦に挑みました。
相手は、ここまで代表を争ってきたライバルの山部佳苗選手。
互いに一歩も譲らず、試合は終盤へもつれこみます。
すると残り50秒、田知本選手が左膝を痛め畳に崩れ落ちます。
姉妹でオリンピックへ。
家族みんなの夢のため気力をふりしぼってなんとか立ち上がります。
しかし。
そのまま押さえ込まれ、合わせ技で一本負けを喫しました。
「お互い闘志のぶつかりあいでしたね。途中ああなりましたが、いい試合内容だったと思います」(父・又広さん)
「やっぱり妹と一緒に出たいっていう気持ちが強いです」(田知本愛選手)
しかし、試合後に開かれた強化委員会で、78キロ超級の代表には山部(やまべ)選手が選出され、姉妹でオリンピック出場の夢は
叶いませんでした。

全日本女子柔道選手権 田知本愛 リオ五輪逃がす
http://www.tulip-tv.co.jp/news/detail/?TID_DT03=20160418150800

競泳日本選手権に出場したミキハウスのメンバーが18日、大阪・八尾市内の同社を訪れて「報告会」に参加した。午前8時半
開始にもかかわらず、前日17日にリオデジャネイロ五輪出場権を獲得した柔道の山部佳苗(25)もサプライズで参加。同社関係者が
「急すぎて(山部への)花束が用意できなかった」と苦笑いする展開で豪華な顔ぶれが出そろい、参加した社員も興奮を隠せなかった。
同社競泳チームからは7人がリオ五輪代表に選出された。200メートル平泳ぎの小関也朱篤(やすひろ、24)は「世界記録を出して
金メダルを取って、社長にメダルをかけてあげたい」と高らかに宣言。12年ロンドン五輪で3つのメダルを獲得した、100メートル平泳ぎの
鈴木聡美(25)は「4年前よりパワーと技術は上がっている。残りの期間でバテないスタミナをつけることにチャレンジしたい」と誓った。
マイクを握った木村皓一社長(71)は「(五輪では)練習の成果を精いっぱい出してほしい。気持ちを1つにして、大きいテレビで応援しています」と
笑顔でエールを送った。

ミキハウス競泳陣五輪報告会 柔道の山部佳苗も参加
http://www.nikkansports.com/sports/news/1633758.html

競泳のリオデジャネイロ五輪代表に決まった鈴木聡美や小関也朱篤らミキハウス所属の11選手が18日、大阪府八尾市の同社を訪れ、
社員へ向けて今後の抱負を語った。
競泳チームの報告会に、柔道女子78キロ超級で五輪に出場する山部が飛び入り参加した。
17日の全日本女子選手権を制し、代表に選ばれたばかりとあって社員からは拍手喝采。山部が「勝った時も負けた時も温かく迎えてくれた
皆さんのおかげ。五輪では金メダルを目指す」と宣言すると、さらに大きな拍手が起きた。

山部「金メダル目指す」 競泳チームの報告会に飛び入り参加/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160418/jud16041814450005-n1.html

237 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/19(火) 14:15:20.03 ID:LofE8u14

山梨学院大出身の山部佳苗選手(25)(ミキハウス)が17日に横浜市の横浜文化体育館で行われたリオデジャネイロ五輪78キロ超級代表の
最終選考会を兼ねた柔道・全日本女子選手権で優勝を果たし、リオ五輪出場を決めた。同大柔道部出身の五輪出場は初。大学の関係者からは
祝福と、期待の声が聞かれた。
山部選手は五輪選考会の一つである今月2日に行われた全日本選抜体重別選手権で優勝。全日本女子選手権の決勝では序盤から
終始攻め続け、田知本愛選手(ALSOK)を見事一本勝ちで破って優勝した。
直後に開かれた全日本柔道連盟の強化委員会では、田知本選手の国際大会での実績が上回っているという声もあったが、最終的には選考会で
連勝したことを評価する意見が大勢を占め、五輪代表に選ばれた。
山部選手は北海道出身。旭川大学高校3年時に全日本ジュニア選手権で優勝。同大柔道部の山部伸敏・女子監督は重量級の他の選手にはない
足技のキレとスピードに可能性を感じ、同大へスカウトしたという。
「パワーを鍛えればもっと強くなる」。大学では男子の重量級と積極的に稽古させるなど、パワーを強化。次第に頭角を現し、大学4年時の
全日本女子選手権では初優勝を果たすなど、国内大会では常に上位に食い込む実力をつけていった。
山部監督は「正直、五輪に出場する選手になるとは想像出来なかった」と話す。山部選手は、気持ちにムラがあり、悪いときには攻める
気持ちがなくなってしまうからだという。17日に全日本女子選手権の決勝を現地で観戦したという山部監督は、決勝では、序盤から積極的に
攻め続け、五輪への気迫を感じたという。「決勝のような気迫のこもった佳苗らしい攻めの柔道が出来れば、リオでもメダルが狙える」と
エールを送った。
同じく、現地で観戦したという同大柔道部女子の長内香月主将は「勝ちに行こうという攻めの柔道が格好良かった。東京五輪を目指している
自分にとっても、とても良い刺激になった」と喜んでいた。

山学大出身・山部選手 五輪へ…攻めの柔道称賛
http://www.yomiuri.co.jp/local/yamanashi/news/20160418-OYTNT50270.html

聡美に最大5000万円が用意された。ミキハウスの競泳チームと柔道チームが18日、大阪府八尾市の本社で行われた競技報告会に参加。
木村皓一社長(71)は競泳に関して金メダル=5000万円、銀メダル=2000万円、銅メダル=500万円をプレゼントすることを約束した。
同社からは現時点で7競技16人の所属選手がリオデジャネイロ五輪出場権を獲得。総額3億円のニンジン作戦が競泳の鈴木聡美(25)ら
日本のメダルラッシュを後押しする。
鈴木聡美らも目を丸くするボーナスだ。報告会に訪れた選手、その激励に集まった大勢の社員の前で、木村社長がえびす顔で大盤振る舞い
を約束した。
「五輪の報告会をするのは9月かな。そこでは大きな小切手を用意しておきます。0がいくつかは分からないけれど」
決してリップサービスではない。報道陣に説明した報奨金の内訳は、競泳などは金メダル「5000万円」、銀メダル「2000万円」、
銅メダル「500万円」。現時点で7競技16人の所属選手が出場予定で、競技や種目によって金額は異なるものの、総額3億円を用意。
総額を超えても「そりゃ払います」と青天井で報いる考えだ。
同社長はこれまでも五輪に出るスポーツ選手を支援。柔道3連覇の野村忠宏さん、卓球の平野早矢香さんなどが五輪でメダルを獲得してきた。
今大会で金メダル候補はテコンドーの浜田真由、柔道の山部佳苗ら。あいさつで「金メダルを社長の首にかけたい」と語った競泳の小関也朱篤は
「モチベーションになる」と目を輝かせた。
ロンドン五輪では日本オリンピック委員会が金300万円、銀200万円、銅100万円の報奨金を定め、競技団体によっては独自に報奨金を
贈るところもあったが、それと比べても破格。前回平泳ぎ100メートルで銅、200メートルで銀メダルを獲得し、2大会連続メダルを目指す鈴木が
「自分の目標を見失わないようにやりたい」と語ったようにあくまで

リオ金でボーナス5000万円 ミキハウス木村社長大盤振る舞い
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/04/19/kiji/K20160419012429460.html

238 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/20(水) 22:06:03.62 ID:kNXCb0bF

地元を思い畳に立つことが、再起への道筋を明確にした。柔道女子78キロ級の緒方亜香里(25)=了徳寺学園職=は、
熊本県宇城市出身。熊本地震の発生直後にあった17日の全日本女子選手権(横浜文化体育館)には、被災地を勇気づける
覚悟で臨んだが、準々決勝敗退に終わった。2012年ロンドン五輪出場後はけがに悩まされ、今夏のリオデジャネイロ五輪は代表落選。
岐路に立たされながらも「一つ一つ結果を残す」と今後への展望も語った。
宇城市内の実家には両親と消防士の兄が暮らす。地震でのけがはなかったが、たんすが倒れるなど少なからぬ被害に遭った。
兄は救助活動にも当たっていたという。両親は大会前日の16日から応援に来るはずだったが、会場入りを断念。連絡は取り続けていても、
顔を見る、見ないでは全く違う。緒方は「こっちに来てくれた方が安心する」と本音を隠さなかったが、「勝って地元を安心させるニュースを伝える」と
気持ちを切り替え、勝負に集中した。
順調に勝ち進んでいたが、準々決勝は開始から2分弱で梅津志悠(三井住友海上)に大内刈りから固め技を決められ、一本負け。あっけなく敗れた
結果に加え、「(リオの代表漏れから)復活したところを見せる」という思いがかなわず、試合後は涙をこらえることができなかった。
初出場したロンドン五輪では2回戦敗退に終わったが、翌13年の全日本女子で優勝。体重無差別で争う大会で、最重量級の78キロ超級以外の
選手では14年ぶりに皇后杯を手にした。しかし、直後に右膝前十字靱帯(じんたい)断裂の重傷を負い、約1年実戦を離れる苦難を経験。以降は
国内外の主要大会で頂点には立てなかった。五輪へのわずかな望みを託した2日の全日本選抜体重別選手権は、結果的に78キロ級のリオ代表
になる梅木真美(環太平洋大)を準決勝で破ったが、決勝で敗れた。
五輪の2文字がかすむにつれ、「柔道が嫌いになりかけた」。それでも、勝利への渇望は尽きない。何より家族をはじめ、支えてくれる地元の
人々のために今できるのは、柔道選手として結果を残すこと。「もうちょっとボロボロになるまで柔道を頑張ろうと思う」と力を込めた。

柔道:宇城出身の緒方「熊本のため」再起誓う
http://mainichi.jp/articles/20160420/k00/00e/050/241000c

全日本柔道連盟は20日、グランドスラム・バクー(5月6~8日、アゼルバイジャン・バクー)の派遣選手を発表した。リオデジャネイロ五輪代表では、
男子66キロ級の海老沼匡(パーク24)、同81キロ級の永瀬貴規(旭化成)、女子78キロ級の梅木真美(環太平洋大)、同78キロ超級の
山部佳苗(ミキハウス)が出場する。

海老沼、山部ら派遣=柔道GSバクー
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016042000702

239 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/22(金) 20:35:42.33 ID:dwlVtmo7

手元の携帯電話が鳴る。仙台大柔道部で総監督を務める南條充寿は、自宅にいた。「お前、できんか?」。全日本柔道連盟
(全柔連)強化委員長、斉藤仁(故人)の声だった。2013年3月16日のことだ。
同年1月末、女子代表の指導陣による暴力的指導を匿名の女子選手15人が告発。当時の女子代表監督らが辞任し、
代表の強化は宙に浮いていた。指揮を執れ-。それが電話の用件だった。
暴力的指導が明るみに出たのは1月29日。南條が日本女子ジュニアのヘッドコーチとして、後にリオデジャネイロ五輪の
代表に入る48キロ級の近藤亜美(三井住友海上)らを率い、海外遠征に出る日だった。往路の機中、南條はワインの
小瓶を20本近く空けた。「これから、柔道界はどうなるのか」。不安が胸を満たし、酔いは全く回らなかったという。
不祥事は暴力的指導にとどまらず、助成金の不適切受給が問題化。全柔連理事のセクハラも表面化し、柔道界の
信用は地に落ちた。
斉藤が男子代表監督を務めた08年北京五輪で、南條は総務コーチを務めた縁がある。斉藤の要請に南條は思わず
声を上げたが、女子代表の明日を思えば断れなかった。
南條は思案に暮れている。金メダルを取らせるための厳しい指導は「勝利至上主義」と罪悪視され、「選手の自主性」を
重んじる風潮から代表指導陣の“不要論”が声高に語られた。実際、強化合宿で南條は遠目から練習を見守るだけ。
選手に声をかける場面は、ほとんどなかった。
就任から約5カ月後、リオで開かれ世界選手権で“地獄”を見た。女子は22年ぶりの個人戦金メダルゼロ。南條は振り返る。
「世界選手権が終わるまで頭の中は真っ白のまま。練習メニューもコーチ任せで、極端に言ったら逃げていた」。
逃げるしかなかった。
「自主性」を重視しろと言うなら、強化から調整まですべてを所属先に委ねればよい。南條は送り出されてきた“代表”を、
試合で起用するだけでよい。しかし、それだけでは勝てないことを、世界選手権の惨敗が示していた。「このままではいけない」。
代表監督が担うべき強化、できる強化とは何か…。
思い知らされたのは、外国人の試合運びの巧さだった。技でのポイントを狙う正攻法の日本選手を尻目に、指導や反則を
誘って勝つ。「ゲームと割り切れる発想があった」と南條。その傾向をデータとして蓄積し、勝つための対策を選手に
落とし込む。戦術の指南役。そこに代表監督の意味を添えようと考えた。
技術指導は谷本歩実や塚田真希ら元五輪金メダリストの代表コーチに任せ、日頃の鍛錬や弱点補強は所属先に委ねる。
代表監督として今果たせる務めはそれしかない、と割り切った。
南條の思いは女子代表を少しずつ「戦う集団」へと変えていった。リオ五輪を前年に控えた15年の世界選手権では、
3階級で金メダルを獲得。今月に五輪代表を選考した強化委員会では透明性を狙い、初めて報道陣に公開。「新生・柔道界」
をアピールした。
リオ五輪まで4カ月を切り、南條は言う。「柔道界としては20年東京五輪が一つの区切りになる。そこに向けて、
リオでホップ、ステップができているかが問われる」
リオ五輪は、自身の提示した「代表」のあり方の成否を問う戦いでもある。その覚悟を秘めて、南條は決戦の地へ向かう。

暴力的指導で信用失墜の女子柔道 指揮官の南條充寿氏、立て直しに尽力
http://www.sankei.com/sports/news/160422/spo1604220006-n1.html

240 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/22(金) 20:44:47.02 ID:dwlVtmo7

リオデジャネイロ五輪の柔道男子日本代表は22日、横浜市の桐蔭横浜大で代表決定後初の強化合宿を報道陣に公開し、
男子60キロ級で五輪初出場となる高藤直寿(パーク24)は「4年に1度の夢舞台に選んでいただいた。金メダルは宿命だ。
物狂いで頑張る」と宣言した。
22歳の高藤は多彩な技と機敏な動きが持ち味で、3年前に世界王者となった。五輪では競技開始日に登場するため
「僕次第で金メダルの数が変わると感じている。インパクトのある柔道で勝ちたい」と強気に語った。
29日に決定する100キロ超級を除く代表6人のうち、100キロ級の羽賀龍之介(旭化成)が左膝の故障で練習には不参加。
18日から始まった合宿は東海大や国士舘大などへの出稽古中心で27日まで行われる。

高藤「金メダルは宿命」 代表決定後初の強化合宿で宣言/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160422/jud16042218290001-n1.html

リオデジャネイロ五輪・柔道女子78キロ級への出場が決まった梅木真美選手(21)=環太平洋大=の出身地・九重町で、
梅木選手の後援会(会長・坂本和昭町長)が発足した。
梅木選手は同町菅原出身で、五輪への初出場を決めた今月3日には、「貪欲に勝ちに行きたい」とメダル獲得に意欲を示した。
後援会結成は18日に町役場であり、物心両面から梅木選手を支える方針を確認した。役場の庁舎にはさっそく、五輪出場
を祝う横断幕(長さ20メートル、幅1・8メートル)が掲げられた。
6月以降に壮行会を開き、梅木選手も里帰りして参加する。五輪の試合当日は、パブリックビューイングを実施して生中継し、
町民を挙げて応援する態勢だ。

柔道女子78キロ級代表 梅木選手の後援会発足 出身地の九重町 /大分
http://mainichi.jp/articles/20160422/ddl/k44/050/371000c

全日本柔道連盟は20日、グランドスラム(GS)バクー大会(5月6~8日)に出場する男女9選手を発表し、リオデジャネイロ
五輪代表では男子66キロ級の海老沼匡(パーク24)、同81キロ級の永瀬貴規(旭化成)、女子78キロ超級の山部佳苗
(ミキハウス)、同78キロ級の梅木真美(環太平洋大)の4人が名を連ねた。
GS大会は五輪と世界選手権を除けば、マスターズ大会に次いで格付けが高い。実戦感覚を磨くとともに、五輪のシードに
反映される世界ランキングのポイントを獲得する狙いがある。

海老沼、永瀬ら男女9選手が出場 GSバクー大会/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160420/jud16042017380001-n1.html

241 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/22(金) 20:45:08.46 ID:dwlVtmo7

身長163cm・体重80kgの体格と類まれな柔道センスで、全国大会での功績を数多く残している国府中学校1年生の
佐藤琉絢君は、2024年の五輪出場を目指す少年柔道家だ。フランスへの柔道留学を経験するなど、
「お家芸」の次代を背負うべく稽古に汗を流している。
2008年の北京五輪。テレビに映った選手が内股で相手を倒した光景を、今でも良く覚えている。「自分も柔道で
一本を取りたい」と、幼稚園生のころから茅ヶ崎市の柔道場に通い始めた。
当時から体格は群を抜いていたが、心技体でぶつかり合う武道の世界は甘くなかった。試合に負け、周囲と口を
利くことをためらうほど悔しさをにじませることもあった。「昔から気が強くて負けず嫌いな子でしたから」と母の深雪さん。
勝負にかける強い思いが、上達を後押ししたと見る。
現在は、小学校4年生から所属している朝飛道場(横浜市)で稽古に励む。リオデジャネイロ五輪男子100kg級代表の
羽賀龍之介選手を輩出するなど、名門として知られる道場だ。昨年9月には、少年柔道大会の最高峰とされる
「マルちゃん杯全日本少年柔道大会」に道場の団体戦副将として出場し、100kgを超える相手を抑え込みで沈め優勝に貢献。
実績が評価され、今年3月の大磯町スポーツ表彰選手にも選ばれた。
稽古にはほぼ毎日参加し、帰宅時間は夜11時を回る。宿題は学校の休み時間に終わらせるなど、柔道最優先の日々。
稽古の辛さや同級生と遊ぶ時間の少なさに弱音を吐いたこともあったが、「そんな時は、自分がなんで柔道を始めたのかを
思い出すんです」。真剣勝負の先にある勝つ喜びが、艱難辛苦を乗り越える糧になった。
国際的な柔道感覚を養おうと、昨年11月と今年3月に柔道留学のためフランスに渡った。「向こうの選手はすごくパワーが
強い。身長も高いから、日本と違ってどんどん間合いをつめてくる感じ」と、日本を凌ぐほどの人気を誇るフランスの
「JUDO文化」に触れたことが、自身の戦術眼を養うきっかけになった。
留学を機に、フランス文化への興味も芽生えた。帰国後はフランス語の習得に挑戦。語学教室の講師と冗談を
交わせるまでに上達した飲み込みの早さには、母の深雪さんも驚いたという。
リオ、そして東京の先にある2024年の五輪開催時は21歳。柔道家を志すきっかけとなった「五輪での一本」の舞台は、
まだまだ遠い先にある。高校、大学の進学先を問うと「あまり柔道が強くない学校に行って、自分の力で有名にしたい」。
大言壮語ではなく、夢をつかむためのステップと捉えている。

夢の「一本」東京五輪の先に
www.townnews.co.jp/0606/2016/04/22/329419.html

242 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/22(金) 23:01:55.21 ID:dwlVtmo7

リオデジャネイロ五輪柔道男子60キロ級代表の高藤直寿(22=パーク24)が、一層語気を強めて言った。
22日に横浜市内の桐蔭横浜大で公開された男子代表合宿。「思いを無駄にできない。僕を選んでくれた(井上)先生に、負け
たり、中途半端は裏切りだと思う。死にものぐるいといままで中高でも言ってきたが、本当にそれをするのはいまだな。
1日1日大切にする」。井上康生監督にささげる金メダルを人一倍強く誓うのは、熱い言葉をかけられたから。
今月上旬の全日本選抜体重別選手権では準決勝で敗れながら、初の五輪代表に選出された。13年の世界選手権優勝
以降も、選考の対象となる過去2年間の国際大会、対外国人への対戦成績などを考慮されたためだったが、ライバルとなる
志々目徹は全日本選抜体重別で優勝していた。代表決定後、決断を下した井上監督に言われたのは「オレはお前に賭けたから」。
最後まで志々目と競り合う中で、自分を選んでくれたことに、「リオで金メダルは宿命。取って当たり前と世間は思っている。
その中でインパクトある五輪王者になりたい」と期するものがある。実際、最軽量級の60キロ級は競技初日に登場して、
チームの流れを決める役割も持つ。「僕次第で金メダルの数が変わるというのは感じているし、理解している。重圧
受けすぎて勝てないのではなく、その中で勝てる選手になりたい」と使命感を口にする。 型にとらわれない我流の柔道は、
伝統的な一本柔道の系譜とは一線を画する。「いろいろな技の幅を広めたい」と本番へさらなる進化を図る最中。
誰もが認める唯一無二の柔道スタイルで、恩師に報いるべく頂点に立つ。

高藤直寿、井上康生監督にささげる金メダル誓う http://www.nikkansports.com/sports/news/1635964.html

リオデジャネイロ五輪の柔道男子日本代表は22日、横浜市の桐蔭横浜大で代表決定後初の強化合宿を報道陣に公開した。
代表が決まって最初の合宿で、日本男子の井上康生監督も気合が高まってきた。指揮官としては初の五輪。選手には
心技体の重要性を記した心得を合宿前に配布し「プレッシャーを受け止めろ」と説いたという。
コーチを務めた前回ロンドン五輪で男子は史上初の金メダルゼロと惨敗。雪辱の舞台が刻々と迫り、練習中は個別に
細かく指示を出しながら激しい乱取りを見守った。「(決まっている)6階級の選手は非常に個性的。表情も引き締まってきた。
われわれは真剣に闘い、命を懸けるほどの思いで五輪に臨んでいく」と、言葉も熱を帯びた。

気合高まる日本男子・井上監督「命懸けるほどの思いで」 http://www.sanspo.com/sports/news/20160422/jud16042220390002-n1.html

リオデジャネイロオリンピックに出場する柔道男子の日本代表が、代表決定後、初めての強化合宿を公開しました。
柔道男子の日本代表は、最も重い階級を除く6階級のオリンピック代表選手が今月3日に決まり、今月18日から強化合宿を
行っています。
横浜市内の大学で報道陣に公開された練習には、けがのため別メニューで調整している100キロ級の羽賀龍之介選手を
除くオリンピック代表選手5人が参加しました。今回の合宿は、体力の強化が大きな目的で、選手たちは2時間余り、
ほとんど休むことなく実戦的な練習に打ち込みました。
このうち60キロ級の高藤直寿選手は、相手の帯をつかんで投げるなど変則的な柔道が持ち味で、外国選手への強さを
評価され、初めてのオリンピック代表に選ばれました。練習では、大学生の選手を相手に多彩な攻撃を次々と仕掛けて
技に磨きをかけていました。
オリンピックの柔道で初日に登場する高藤選手は「僕しだいで金メダルの数が変わる。プレッシャーを力にできる選手に
オリンピックまでにならないといけない」と精神面の強化を今後の課題に挙げました。男子日本代表の井上康生監督は
「リオデジャネイロに向けた最初の合宿ということで、選手たちは引き締まった顔をしている。選手たちが思い残すことは
ないと言える状態で試合に送り出したい」と話していました。

柔道男子 リオ五輪代表の強化合宿を公開 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160422/k10010494841000.html

243 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/23(土) 12:28:08.90 ID:u3/+Fk20

柔道男子のリオ五輪代表が22日、神奈川・桐蔭横浜大で合宿を公開し、60キロ級代表の高藤直寿(22=パーク24)は
家族同伴で五輪に臨むことを明かした。
「せっかくだし、次出られるかも分からない。応援してもらうのはこのタイミングだと思う」と志津香夫人だけでなく、まだ1歳半の
長男・登喜寿くんも現地に連れて行く予定だ。14年6月に柔道の元強化選手だった夫人と結婚し、同年11月に長男が誕生。
結婚を機に生活リズムや食生活が安定し、減量も楽になったという。高藤も「おしめとミルクはプロ」と育児を手伝い、
最近は公園遊びにも付き合っている。「僕も妻も柔道選手として五輪の金メダルを夢見てきた。一緒に金メダルを獲れればいい。
息子にはメダルをかけてあげたい」とパパは家族の存在を力に変える。

高藤 リオ五輪は家族同伴「息子にはメダルをかけてあげたい」
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/04/23/kiji/K20160423012453090.html

リオデジャネイロ五輪柔道男子日本代表が22日、横浜市で強化合宿を公開した。
ロンドン五輪で、史上初めて金メダルゼロに終わった男子。競技初日に登場する60キロ級の高藤直寿(パーク24)は
「僕次第で金メダルの数が変わる。金メダルは宿命」と、“切り込み隊長”役に闘志をみなぎらせた。
29日に決定する100キロ超級を除く代表6人のうち、100キロ級の羽賀龍之介(旭化成)が左膝の故障で練習には不参加だった。

柔道代表高藤 切り込み隊長役に闘志 online
http://www.daily.co.jp/general/2016/04/23/0009015484.shtml

柔道リオデジャネイロ五輪男子60キロ級代表の高藤直寿(22=パーク24)が、強力な「援軍」を帯同する。22日、
男子代表が合宿を公開した横浜市の桐蔭横浜大で、「リオには妻と子どもに来てもらう。次の五輪があるかわからない。
このタイミングでないと」と明かした。元柔道家の妻志津香さん、1歳半の長男登喜寿(ときひさ)くんが地球の裏側までやってくる。
今春、東海大を卒業したばかりだが、在学中の14年に結婚。「2人とも夢見ていた」金メダルを追う夫として、いまは姉さん
女房に支えてもらっている。それまでは「昼ダラダラしていた」時間も息子と公園にいったり、生活にリズムも生まれた。
「オムツとミルクはばっちり」というイクメンぶりが、柔道にも好影響をもたらした。「1番は妻に感謝している」という思いを、
ブラジルの地で目の前でとる金メダルで形とする。

柔道高藤直寿、元柔道家の妻と1歳半長男がリオ援軍 - 柔道
http://www.nikkansports.com/sports/news/1636103.html

244 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/23(土) 22:25:08.24 ID:CGp8Vj/T

17日に行われた全日本女子選手権で、3年ぶりの日本一を目指した緒方亜香里(了徳寺学園職)は準々決勝で敗退した。
熊本県宇城市出身で実家は地震に襲われ、厳しい状況が続く。「被災された方々に、ほっとできるニュースを伝えたかった」と涙を流した。
宇城市の実家は激しく揺れ、たんすが倒れるなどしたという。両親にけがはなかったが、余震を警戒して車の中で寝るなど生活は落ち着かず、
横浜文化体育館に応援へ来ることができなかった。
緒方は「自分にできることは何だろう」と自問し「柔道で頑張ることが自分の使命」と闘うことを決意した。得意の大外刈りで一本勝ちするなど
3試合に勝ったが、準々決勝で梅津志悠(三井住友海上)に屈した。
25歳の実力者は世界選手権78キロ級で2010年に銅、11年に銀メダルに輝き、12年ロンドン五輪にも出場。13年の全日本女子選手権で
優勝し、さらなる飛躍を期待された直後に、右膝の前十字靱帯(じんたい)を断裂した。強行出場した世界選手権は初戦で敗退し、その後は
約1年間の長期離脱となった。
リオデジャネイロ五輪代表争いから脱落して一時は引退を考えたが、家族や周囲の励ましを受けて現役を続けている。被災地を思い、
熊本県出身の柔道家としての自覚も強まった。「ぼろぼろになるまで頑張ろうかなと思う」と涙を拭って頭を上げた。

東京新聞:闘う、被災地のために 熊本出身の緒方、再起誓う
http://www.tokyo-np.co.jp/article/sports/list/201604/CK2016042302000251.html

柔道の男子日本代表が22日、横浜市内の桐蔭横浜大で練習を公開。
リオデジャネイロ五輪で開会式翌日の8月6日に行われる60キロ級で初代表となった高藤直寿(22)=パーク24=は「僕にとって金メダルは宿命。
取るのと取らないのでは(後に続く選手に)大きく変わるし、皆さんがビックリするような柔道で金メダルを取りたい」と力強く先陣を切ると誓った。
男子柔道はロンドンで金メダルが史上初のゼロ。巻き返しを狙っている。高藤は「型にはまらない横文字のJUDO」が売り。今では禁止になっている
足をつかみにいく肩車も「一瞬のひらめき」で改良し、2013年には世界王者にも輝いた。「自分の場合は大外刈りや内股ではなく、こんな技が
あるんだというヒラメキの柔道。それが出せている時は負けない」と自信を見せた。
開幕まで100日あまり。「自分のいいところに合わせて、基本的な部分もできるだけ取り入れたい。日本らしさも忘れずにいきたい」と日本選手が
得意とする大外刈りや内股の練習もこなし、本番に挑む。1996年アトランタ大会から3連覇した野村忠宏氏ら、男子軽量級の活躍はその大会の
柔道陣全員にも勢いをもたらす。日本柔道界の異端児は「インパクトのある五輪チャンピオンになります」と力を込めた。

【柔道】高藤、型にはまらないJUDOで金メダルの先陣切る
http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20160423-OHT1T50035.html

リオデジャネイロ五輪の柔道男子日本代表は22日、横浜市の桐蔭横浜大で強化合宿を公開。五輪初出場、競技開始日(8月6日)に
登場する60キロ級の高藤直寿(22)=パーク24=は「僕次第で(日本勢の)金メダルの数が変わる。これまで(の大会)も初日で戦ってきて、
(責任を)感じています」と決意を示した。
前回の2012年ロンドン五輪で男子は史上初の金メダルなしに終わった。復権を目指す柔道ニッポンの先陣を切り、新風を吹き込む役割を担う。
今後は課題の受けの技術向上に励み、本番を見すえる。「びっくりするような柔道をして、インパクトのある五輪チャンピオンになりたい」と
ビッグウエーブを生み出す構えだ。
18日から始まった合宿は東海大や国士大などへの出稽古中心で27日まで行われる。

高藤、ビッグウエーブ生み出す「五輪チャンピオンになりたい」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160423/jud16042305010001-n1.html

245 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/23(土) 22:25:32.52 ID:CGp8Vj/T

リオデジャネイロ五輪の柔道男子日本代表は22日、横浜市の桐蔭横浜大で代表決定後初の強化合宿を報道陣に公開した。
代表が決まって最初の合宿で、日本男子の井上康生監督も気合が高まってきた。指揮官としては初の五輪。選手には心技体の重要性を記した
心得を合宿前に配布し「プレッシャーを受け止めろ」と説いたという。
コーチを務めた前回ロンドン五輪で男子は史上初の金メダルゼロと惨敗。雪辱の舞台が刻々と迫り、練習中は個別に細かく指示を出しながら
激しい乱取りを見守った。「(決まっている)6階級の選手は非常に個性的。表情も引き締まってきた。われわれは真剣に闘い、命を懸けるほどの
思いで五輪に臨んでいく」と、言葉も熱を帯びた。

気合高まる日本男子・井上監督「命懸けるほどの思いで」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160422/jud16042220390002-n1.html

リオデジャネイロ五輪の柔道男子日本代表は22日、横浜市の桐蔭横浜大で代表決定後初の強化合宿を報道陣に公開した。
66キロ級代表の海老沼匡(パーク24)、81キロ級代表の永瀬貴規(旭化成)は5月6~8日のグランドスラム・バクー大会に出場する。
実戦感覚を養うと同時に、五輪のシード権に直結する世界ランキングを上げる狙いもある。
26歳の海老沼は昨年12月から4大会目と日程が立て込んでいるが「試合の中でしかつかめないものがある。外国人と数多く組んでおきたい」と
意気込む。世界王者で22歳の永瀬は昨年12月以来の国際大会となる。「五輪までにどこかで出ておきたかった。結果よりも内容が大事」と冷静に
見据えた。

世界王者の永瀬、GSバクー大会へ「結果よりも内容が大事」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160422/jud16042220560003-n1.html <small style="color: #999;">&#128064;
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)</small>

246 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/25(月) 21:24:04.12 ID:EGbno6Qt

リオ五輪柔道男子60キロ級代表の高藤直寿(22=パーク24)がいよいよ本調子を取り戻した。
22日に横浜市内で行われた代表合宿で「金メダルは宿命。取って当たり前だと思っている。その中でもインパクトの
あるチャンピオンになりたい」と力強く宣言。日本の流れを決める大会初日の登場に「ボク次第で金メダルの数が変わる」と腕をぶした。
昨年は無念の代表落ちを経験。表舞台に立てず、言動にも慎重さがうかがえた。しかし、志々目徹(24=了徳寺学園職)とのシ烈な
代表争いを制し、高藤のバロメーターも復活。本番で警戒する相手として世界ランク19位の選手を筆頭に3人の名前を挙げ「あとは
勝ってるから大丈夫」と自信をみなぎらせる。
井上康生監督(37)からは代表決定の際、「志々目を選ぶこともできたけど、俺はお前にかけたから」とゲキを飛ばされた。
高藤も「負けたり中途半端な試合は裏切り」と期待に応える決意だ。

柔道・高藤“ビッグマウス”復活
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/533708/

ミキハウスとスポーツのつながりは、1980年代に女子柔道の3選手を受け入れたのが始まりだ。競技としてマイナーだった
時代から支え、92年バルセロナ五輪で田辺陽子が銀メダルを獲得。男子の野村忠宏は96年アトランタ五輪から3連覇の
偉業を達成し、その後も30人以上の選手を五輪舞台へ送り込んできた。
ロンドン五輪の際に、メダリストを中心に総額1千万円の報奨金を出して話題を集めた木村皓一社長は、今回も「メダリストには
小切手を用意しています」と笑顔で約束。リオで輝くのは、はたしてどの選手か。

リオ五輪でミキハウス旋風!? 代表選手が続々決定、競泳、柔道、テコンドー
http://www.sankei.com/west/news/160418/wst1604180077-n2.html

247 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/26(火) 13:25:47.57 ID:bHPRSPt0

瞬時に相手の懐に潜り込んでの肩車。脚を持たないから、正しくは「改良型肩車」だ。リオデジャネイロ五輪に出場する柔道男子60キロ級代表、
高藤直寿(22)=パーク24=の多彩な技の中でも輝きを放つ。ルール変更のあおりで一度は封印しかけながら、改良を重ねて、よみがえらせた。
本来の肩車は、膝を畳んで相手の脇の下に頭を潜らせ、片手を股の間に差し込みながら肩に担いで背から落とす。160センチと小柄で機敏な
高藤はジュニア時代から得意としていた。国際柔道連盟は2009年にルール変更に着手し、立った状態で下半身への攻撃や防御をすること
を禁じた。いわゆる「脚取り」禁止。10年からは一発で反則負けとなり、14年からは連続攻撃や返し技でも全面禁止となった。国際化したことで
タックルが目立つようになり、レスリングとの差別化などが変更の趣旨とされたが、伝統の技の肩車までが消滅の危機になった。
実際、高藤は脚取りによる反則負け適用の国内第1号となる。試験導入された09年の全日本ジュニア体重別選手権で、同じく高藤が得意
としていたすくい投げで脚を持ったとされた。「こんなのでは柔道は面白くない」。簡単にふてくされるのが高藤なら、簡単に切り替えるのも高藤だ。
直後の講道館杯で、のちに12年ロンドン五輪で銅メダルをつかんだ66キロ級の海老沼匡(パーク24)が肩車を封印して、五輪2連覇の内柴正人
を破った。同じ栃木の野木町柔道クラブ出身で尊敬する先輩の姿に「脚を取らないでも勝てると勇気づけられた」という。
それから試行錯誤で生まれたのが「改良型肩車」だ。脚を持てないから力ずくとはいかない。勝負はスピードだ。まず布石を打つ。例えば
「奥襟を取られることを嫌がるふりをして下がる」。相手が出てきたところで深く相手の右脇下に潜り込む。最初の左足のステップを相手の
内側に置くことで、投げる際の体の回転も利かせる。
後は「背中で感じる」のだという。相手の重心の位置を背で確かめ、投げ落とす方向を決める。動きが中断すれば、足が自由な分、相手の
抵抗を受ける。一連の動きの「答えを見つける時間が早ければ早いほど豪快に投げられる」という。
畳の上の「ひらめき」は探求心が根底にある。暇があれば、自身や海外勢の試合などの映像にかじりつく。練習は実験の場。軽量級から
重量級まで相手を代え、発想を形にしていく。「もともと天才肌だが、ルール変更で不利な状況に置かれ、先を読む力もついた。
ワンパターンになることがない」。高藤が今春卒業した後も活動拠点とする東海大男子柔道部の上水(あげみず)研一朗監督の評だ。
13年世界選手権。高藤は左太ももを痛めながらも初出場で初優勝を遂げた。その原動力は、唯一無二の肩車だった。そして初出場で
金メダルが期待されるリオの舞台に向け、宝刀に磨きをかけ続けている。

オンリーワン:必見の技・RIO2016 柔道男子・高藤 「背中で感じる」肩車 改良重ね宝刀復活
http://mainichi.jp/sportsspecial/articles/20160426/ddm/035/050/057000c

248 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/26(火) 19:20:03.74 ID:RyIhj54r

全日本柔道連盟は26日、リオデジャネイロ五輪男子66キロ級代表の海老沼匡(パーク24)が、出場予定だったグランドスラム・バクー
(5月6~8日、アゼルバイジャン・バクー)を欠場すると発表した。けがではなく、五輪に向けた調整を優先するため。

海老沼が欠場=柔道グランドスラム
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016042600589

全日本柔道連盟は26日、リオデジャネイロ五輪男子66キロ級代表の海老沼匡(パーク24)がグランドスラム・バクー大会
(5月6~8日)を欠場すると発表した。負傷ではなく、五輪に向けた調整を最優先するため。
ロンドン五輪銅メダリストの26歳、海老沼は昨年12月から国内外で3大会に出場するなど、厳しい日程が続いていた。

海老沼がGS大会欠場 五輪への調整を最優先
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/04/26/kiji/K20160426012474220.html

柔道のリオデジャネイロ五輪女子日本代表が26日、東京・北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで合宿練習を公開。熊本地震で
大分県の実家近くや、熊本の高校の近くが被害を受けた78キロ級の梅木真美(21)=環太平洋大=は、「柔道で、少しでも元気を与えられれば」と、
五輪での活躍を誓った。
テレビの映像や、友人がメールで送ってくれた画像は、ショッキングなものだった。大分県九重町で酪農を営む実家に被害はなかったが、
小中学校時代の通学路はあちこちに地割れが。
寮生活を送った熊本県阿蘇市の阿蘇中央高校近くでは、より被害が大きかった。今年1月に初詣して「けがなく1年間、しっかり頑張れますように」
とお祈りした阿蘇神社は楼門と拝殿が倒壊。阿蘇大橋も落ちた。「東海大(阿蘇キャンパス)で亡くなった方とか、土砂崩れで行方不明になった方
とか…。高校の同級生にも、一時的に避難所に入った人もいて、心配です」と郷里を気遣う。
「こういう状況でも好きな柔道をできていることには感謝しなければ。できることを全力でやるのが、今自分がすべきことだと思います」。
そのためにも、目標であるリオでの金メダルを、ぜがひでもつかみたい。
昨年の世界選手権(8月、カザフスタン)で初出場優勝した後は、12月のグランドスラム(GS)東京で5位、今年2月のGSパリでは2回戦敗退。
4月上旬の五輪代表選考会、全日本選抜体重別選手権(福岡)も3位に終わっている。「守りに入ったつもりはないが、考えたり、迷ったりした
部分はあったかも」という。
南條充寿監督は梅木について「実戦でやらなきゃいけない部分も多い。今は負けてもいいから、経験を積ませることが必要」とし、すでに
発表されているGSバクー大会(アゼルバイジャン、5月6~8日)に加え、世界マスターズ(メキシコ・グアダラハラ、同27~29日)にも
派遣する考えを示した。
「練習でやった分だけ気持ちにつながる。(五輪本番で)考えたり、悩んだりしないですむように、練習で組み手など技術に自信を付けて臨みたい」と
梅木。被災者を勇気づけるという思いが、金メダルへ背中を押す。

故郷の被災者に元気を 大分出身の梅木、五輪金を誓う/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160426/jud16042617560002-n1.html

249 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/26(火) 19:21:16.42 ID:RyIhj54r

15?17歳が対象の全日本カデ柔道体重別選手権で、久留米市の女子選手2人がそれぞれの階級で優勝した。
市立南筑高1年の素根輝(そねあきら)さん(15)=70キロ超級=と市立田主丸中3年の古賀若菜さん(14)=44キロ級。
ともに目標は2020年東京五輪で「絶対に出場したい」と意欲を見せた。
素根さんは22日、古賀さんは25日に市役所を訪問。楢原利則市長らから「日本を代表する選手になってほしい」などと激励された。
同選手権は、実績がある選手のみが出場できる選抜大会で、今月10日に大阪府であった。素根さんは市立田主丸中3年だった昨年も
同大会で優勝し、今回で連覇を果たした。昨年の優勝で出場権を得た2年に1度の世界大会も制している。
世界大会のない今年、古賀さんはそれに次ぐレベルのドイツカデ国際大会(今月30日?5月1日)の代表選手団のメンバーに選ばれた。
「優勝できるよう頑張ります」と決意を語った。

柔道:全日本カデ体重別選手権 久留米から2人優勝 素根さん、古賀さん /福岡
http://mainichi.jp/articles/20160426/ddl/k40/050/439000c

リオデジャネイロ五輪の柔道女子日本代表は26日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで代表決定後初の強化合宿を
報道陣に公開し、2連覇を狙う57キロ級の松本薫(ベネシード)や52キロ級で3大会連続出場の中村美里(三井住友海上)ら代表7人が
勢ぞろいして稽古した。
チームの軸となる松本と中村は打ち込みで技の確認を行った後、乱取りで汗を流した。27日で五輪開幕まであと100日。
日本女子の南條充寿監督は金メダル3個と全階級メダル獲得を目標に掲げ「外国勢は五輪では命懸けで闘う。われわれもそれ以上の
空気を出したい。選手も十分に気合が入っている」と本番を見据えた。
25日に始まった合宿は29日まで行われる。

松本薫ら代表7人が勢ぞろい 代表強化合宿を公開  - 柔道
http://www.nikkansports.com/sports/news/1637839.html

250 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/26(火) 23:21:52.16 ID:RyIhj54r

熊本地震で大分市の実家や出身校の熊本・阿蘇中央高が被災した柔道女子78キロ級のリオデジャネイロ五輪代表、
梅木真美(環太平洋大)が26日、強化合宿が行われている味の素ナショナルトレーニングセンターで取材に応じ、
「自分の柔道で少しでも元気を与えられたら」と活躍を誓った。
酪農業を営む実家に大きな被害はなかったが、一時避難生活を強いられた高校の同級生もいたという。五輪へ向けて
年初参りした阿蘇神社も被害を受けたことを知り、「ショックだった。知り合いも被害を受け、心配だった」と話した。
地震発生時は大学がある岡山に滞在しており、両親への電話は通じなかったがメールで無事を確認。2度目の強い地震の
際は不安を感じたが、練習に集中するよう努めてきた。「こういう状況で好きな柔道ができていることに感謝し、できることを
全力でやる」。昨年の世界選手権を初出場で制した後は精彩を欠く戦いが続いているが、「出るからには金メダルを
目指している」と五輪への決意を口にした。

梅木「柔道で元気を」=大分出身のリオ五輪代表
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016042600909

柔道のリオデジャネイロ五輪女子日本代表が26日、東京・北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで合宿練習を公開した。
柔道女子7階級の五輪代表が出そろって最初の強化合宿。南條充寿監督は厳しい視線を畳に向け、決戦に備える。

五輪の目標は。
「金メダル3個以上。そして全階級でメダルを獲得して日本に帰ることがチームの目標だ。残りは約3カ月。選手がいい形で
本番を迎えられるよう、できる限りの準備をしたい」

南米大陸初の五輪。
「リオデジャネイロには2007年の世界選手権でスタッフとして行ったが、あまりいい思い出はない。13年もああいう結果(女子は金メダルゼロ)。
ただ、覚悟はできたし、後は対策をするだけだ。選手も十分に気合が入っている」

昨年の世界選手権は3階級を制覇した。
「五輪は別物と思っている。外国人選手は(優勝すれば)生活が百八十度変わるから、命懸けでやってくる。われわれはその勢いを
ただ受け止めるのではなく、それ以上の空気を出したい」

【強化合宿一問一答】女子代表の南條監督「全階級でメダルを獲得して日本に帰る」
http://www.sanspo.com/sports/news/20160426/jud16042619120003-n1.html

251 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/27(水) 13:22:05.67 ID:K6JJ2Uz7

4月27日で開幕まであと100日となるリオデジャネイロオリンピック。柔道・全日本女子代表の合宿が始まりました。
活躍を期待されるのが柔道の女子日本代表です。激しい代表争いを勝ち抜いた最強の7人、目指すは全階級メダル獲得です。
中でも気合いをみなぎらせていたのは、ロンドンオリンピック金メダリスト、松本薫選手(28)。試合中のその鋭い目つきから
「野獣」と言われることも。26日の稽古でも本番さながらの表情をみせます。
リオまであと3か月、チーム最年長が目指す目標は?
「自分の持ち味をしっかり出して、2連覇、そして金メダル目指して頑張ります」(松本薫選手)

「柔道・全日本女子合宿、本番さながらの表情で稽古」
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2759635.html

柔道女子57キロ級で2連覇を目指す松本薫(28)=ベネシード=は、勢ぞろいした7人の代表を見て「全員が世界一を目指せるメンバー。
(監督などの)方針の違いはあるけどロンドンの時よりも自分で考える選手がそろった」と分析。
金メダルを獲得した4年前の五輪を振り返り「金メダルを取って、ラーメンを食べてても、SNSで出された。そういうのを見て、
自分を強く持つことができた。今の方が(柔道は)強いです」と自信を見せた。

【柔道】松本、ロンドン金で鍛えられた?2連覇へ「今の方が強いです」
http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20160426-OHT1T50226.html

柔道女子は「おでんジャパン」!? リオデジャネイロ五輪代表らが26日、都内で合宿を公開。女子57キロ級で2連覇を狙う松本薫
(28=ベネシード)が7人の代表がそろったチーム名を聞かれると「考えてなかったな~。こういうの求めてきますよね~」と最年長らしく
悩み抜いた結果、「おでんくんたち」の一声。きょとんとする報道陣に説明し始めたのは…。
リリー・フランキー原作のキャラクターで、もちきんちゃくをモチーフにしたのが「おでんくん」。それにそっくりなのが、女子78キロ級の梅木真美。
松本いわく、「あの子を畳の上になじませて、自立させたい。私たち(先輩は他の種として)だしになってくるんでしょうね」。年少の梅木が初の
五輪でも物おじしない試合をできたら、おのずと他選手も「自立」している? ということか。
伝え聞いた梅木は、「似ているし、しょうがないですね。良い具材になるように頑張ります。言ってもらえてありがたい」と苦笑いで感謝した。
松本が「個性豊かな選手がそろった」と話す7人。1つの鍋、いやチームのなかで個性を生かし合い、「絶品」の試合をみせる。

女子柔道「おでん日本」!?松本薫が名付け親 - 柔道
http://www.nikkansports.com/sports/news/1638139.html

リオデジャネイロ五輪の柔道女子日本代表は26日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで代表決定後初の強化合宿を報道陣に
公開し、2連覇を狙う57キロ級の松本薫(ベネシード)や52キロ級で3大会連続出場の中村美里(三井住友海上)ら代表7人が勢ぞろいして稽古した。
チームの軸となる松本と中村は打ち込みで技の確認を行った後、乱取りで汗を流した。代表最年長となる28歳の松本は「4年前に比べ、今は
自分で考えて畳に立っている。ロンドン五輪とは違う私がいる。持ち味をしっかりと出して2連覇したい」と意気込み、28日に27歳の誕生日を
迎える中村は明るい表情で充実ぶりをうかがわせた。
27日で五輪開幕まであと100日。日本女子の南條充寿監督は金メダル3個と全階級メダル獲得を目標に掲げ「外国勢は五輪では命懸けで闘う。
われわれもそれ以上の空気を出したい」と本番を見据えた。25日に始まった合宿は29日まで行われる。

2連覇狙う松本「ロンドン五輪とは違う私がいる」強化合宿を公開/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160426/jud16042620520004-n1.html

252 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/27(水) 13:27:08.04 ID:K6JJ2Uz7

柔道のリオデジャネイロ五輪女子日本代表強化合宿が26日、公開され、78キロ級の梅木真美(環太平洋大)は震災被害にあった熊本に
勇気を与える金メダルを誓った。同県の小国中、阿蘇中央高出身で通学路が地割れし、同級生は一時避難もしたという。
「自分は柔道で少しでも元気を与えられたら。リオで金メダルをとりたい」。また、同代表の南條監督は目標に「金メダル3個以上、
全階級メダル獲得」を掲げた。

熊本出身の梅木、リオで金とり「元気与える」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160427/jud16042705000001-n1.html

8月5日に開幕するリオデジャネイロ五輪は、27日で「あと100日」となった。本県関係では26日現在、水泳、柔道、射撃の3競技で男女6選手が
日本代表に決定。選考会や代表発表を今後行う競技もあり、最終的には10選手前後が代表入りしそうだ。
既に代表に決まった選手の中には、メダル候補も多い。特に、2012年ロンドン大会銅メダリスト、競泳男子の萩野公介(はぎのこうすけ)選手(21)
と柔道男子66キロ級の海老沼匡(えびぬままさし)選手(26)には金メダル獲得の期待が懸かる。柔道男子60キロ級の高藤直寿(たかとうなおひさ)
選手(22)も金メダル有力候補。

リオ五輪、栃木県勢の「金」複数に期待 萩野、海老沼、高藤ら圏内
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/sports/general/news/20160427/2308626

リオデジャネイロ五輪の柔道女子日本代表は26日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで代表決定後初の強化合宿を
報道陣に公開し、女子70キロ級で2大会連続代表の田知本遥(ALSOK)は「絶対に金メダルを取るという気持ち」と言い切る。ロンドン五輪は
7位に終わった。「4年前は右も左も分からず、ただついていくだけだった。今は自分に何が必要か分かっている」と自信を漂わせた。
姉の愛(ALSOK)は78キロ超級代表を惜しくも逃し、左膝に大けがを負った。23日に2人で食事をし「姉ちゃんは前を向き始めていて、
私はそれがうれしかった。リオ五輪も応援に来ると言ってくれた。金メダルを取って喜びを分かち合いたい」と目を輝かせた。

2大会連続代表の田知本「絶対に金メダル」と自信/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160426/jud16042621050005-n1.html

Only one of the -78kg judoka can be selected for the Rio Olympics, with Wales' Commonwealth champion Powell leading the race.

Powell beat Gibbons to claim bronze at the European Championships in Russia.

"I think we're both capable of getting a medal, so it's a shame we can't both go," Powell told BBC Radio Wales Sport.

"At the World Championships and European Championships, you can send a team of nine so we can double up but, in the Olympics,
you can only send seven [in all weights].

"I think the same rules should apply to the Olympics."

Powell is 492 points ahead of Gibbons in the race for Olympic selection.

However, there are 700 points on offer at the World Judo Masters in Mexico in May, the final competition before the Olympics.

Although she recognises the pressure will be increased, Powell is relishing her rivalry with Gibbons.

"My judo has come on so much from having Gemma there, having to do better than her," she added.

"The results I've had this year are probably down to Gemma in some roundabout way because, if I didn't have that pressure,
I'm not sure how much my judo would have come on.

"It's the last one, so the pressure will be on. I've just got to keep getting those points and hopefully I'll go [to the Olympics]."

Natalie Powell wants change to Olympic judo selection rules
http://www.bbc.co.uk/sport/wales/36134585

253 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/28(木) 00:31:38.31 ID:GW70vc2h

体重無差別で男子柔道日本一の座を争う伝統の全日本選手権は29日、リオデジャネイロ五輪100キロ超級代表の
最終選考会を兼ねて東京・日本武道館で行われる。代表争いは連覇を狙う原沢久喜(日本中央競馬会)がリード。
追う七戸龍(九州電力)は勝利はもとより、内容が求められる。
原沢と七戸は順当なら決勝で当たる。直接対決は原沢が4連勝中。今月2日の全日本選抜体重別選手権は内股、
昨年の全日本選手権は小外刈りで有効を奪って勝った。七戸が先に指導を受けるように攻め、試合後半になって
相手が挽回しようと前に出てきたところでカウンター気味に技を繰り出してポイントを取った。
原沢は2月のグランドスラム(GS)パリを制して国際大会7連続優勝とし、世界選手権2年連続銀メダルの七戸に
実績でも引けを取らない。確かなスタミナと戦略に加え、技の種類も増やしてきた。代表争いで優位に立ち、
「後半でも投げを出せるのが自分の強み。プレッシャーを考えず、慢心せず対応する」と集中している。
七戸はGSパリで5位に終わり、全日本選抜体重別での完敗で逆風は強まった。「立ち上がりをテーマに」
と話すように、試合の序盤で後手に回らない積極的な戦いが求められる。逆転でリオへの切符を手にするには、
原沢を圧倒的な内容で倒して優勝するほかない。

原沢リード、追う七戸=五輪懸け29日に全日本柔道
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016042700685

リオ五輪柔道女子代表7人が26日、都内で報道陣に練習を公開。57キロ級で2連覇を狙う松本薫
(28=ベネシード)が“絶口調”だ。ロンドン五輪では柔道唯一の金メダルを獲得。「野獣」と呼ばれた松本
は「知性を持った野獣」にバージョンアップした。自主性を重んじる南條充寿監督(43)の練習でも自分で
考えるという方針に意識を大きく変えた。攻撃は足技、寝技、大技とバリエーションを増やし、防御も負け
パターンを反復し、隙をなくした。
2連覇を成し遂げれば、リオを代表する顔になるが「欲はないです」と気持ちは挑戦者だ。一方で「妖精が見える」など
数々の“ぶっ飛び発言”は健在。この日も、将来の夢について聞かれると「空に浮いて仙人状態になりたい。
仙人になりたい!」と話すなど、独自の世界観はさらに磨きがかかっている。代表では男女合わせて最年長になった。
女子代表をアニメキャラクターに例えて「おでんくんジャパン」と命名し「自分がダシになっていく」と役割を宣言した。
「やっとリオのメンバーが揃った。みんな『世界一』の目標をしっかり頭に叩き込んで合宿に臨んでいます」。
経験豊富な松本が個性豊かなメンバーも統率していく。

柔道・松本薫ぶっとび発言「空に浮いて仙人になりたい」
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/534923/

254 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/28(木) 13:02:12.47 ID:jxJSQs/k

体重無差別で日本一を争う柔道の全日本選手権が29日、日本武道館で行われる。リオデジャネイロ五輪男子100キロ超級代表の
最終選考会を兼ねており、激戦が予想される。代表争いで優位に立つ原沢久喜(日本中央競馬会)が2連覇を狙い、初優勝を目指す
七戸龍(九州電力)は大逆転での代表入りに望みを懸ける。
原沢が優勝争いの大本命だ。今月初旬の全日本選抜体重別選手権決勝で、七戸に優勢勝ちして優勝。直接対決を4戦全勝とした。
スタミナ自慢の23歳にとって、試合時間が1分長い6分となる全日本の舞台は望むところ。代表争いで大きくリードするが、「1試合残っている。
気持ちだけ五輪に先走らないようにしたい」と最終決戦に集中する。
崖っぷちに立たされた七戸は優勝が絶対条件。全日本選抜体重別では、原沢の組み手の圧力に後退する場面が目立ったが、「全日本では
作り直す。もちろん勝ちにいく」と代表権獲得を諦めてはいない。低迷が続いていた最重量級を引っ張り、世界選手権でも2年連続2位に入る
などしてきた意地を見せたい。

100キロ超級リオへ最終決戦 : スポーツ特集
http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/sports/olympiad/20160428-OYS1T50017.html

ドングリ眼に身ぶり手ぶりを激しく交える語り口には情熱があふれていた。リオデジャネイロ五輪の招致が決まった翌年の2010年、
ブラジルレスリング協会幹部のロベルト・レイタオさん(51)は、ブラジル柔道連盟に頼み込んだ。「柔道の選手にレスリングを紹介してほしい。
柔道のトップ以外の選手もすごくいい選手が多いが、五輪出場は各階級1人だけだ。リオ五輪に出場できないなんて、もったいないじゃないか」。
訴えは相手の胸に届き、競技団体同士が協力する異例の競技転向策が始まった。
競技転向を図ろうという考えは、レイタオさん自身の経験に基づく。3歳から柔道を始め、1983年に一度は国内王者になったが、柔道は国内の
争いが激しく、五輪代表には届かなかった。レイタオさんは国内で未普及だったレスリングに着目。83年ごろから練習を始め、86年に転向すると、
88年ソウル五輪と92年バルセロナ五輪の出場を果たした。
ブラジルのレスリングの競技人口は約5000人。一方、ブラジル柔道連盟の公表する競技人口は200万人超で人材の宝庫だ。以前からレイタオさんは
柔道連盟に「協力提携を結ぼう」「柔道の畳の上にレスリングのマットを置いて一緒に練習しないか」などと呼び掛け続けていた。ようやく協力を
得られ、柔道連盟の紹介から複数の選手がレスリングに転向したが、最も成功した例が、女子53キロ級で国内トップになったジュリア・オリベイラ(24)だ。
柔道で国内大会2位の経験を持っていたが09年に足取りが禁止され「それが私のスタイル。痛かった」。柔道連盟を通じてレスリングを紹介されて
体験すると「ダイナミックで激しい。自由に攻められる」と感じた。1年ほど悩んだが「レスリングならば夢のリオ五輪出場をつかめる可能性がある」
と転向を決断。順調に力をつけ、5月6?8日の世界予選最終戦(トルコ)で五輪切符獲得を目指す。
レイタオさんは他にも改革を進めてきた。07年、大手銀行に「人も実績もないが強化プランはある」と訴えてスポンサーになってもらい強化費を確保。
強い相手と練習するため、13年以降に5回ほど日本で武者修行を行った。15年からはスポーツ省の支援で雇用したキューバ人コーチ10人を
各地に派遣し、地方の環境整備も図る。「ブラジルのレスリングの歴史は浅いから、新しいことに挑戦しやすい」と意欲的だ。
ポルトガル語で「レスリング」の発音は難しい。ブラジルレスリング界初の五輪メダルを獲得し、競技名が浸透することをレイタオさんは願っている。

Paixao:ブラジルのメダル量産計画/2 レスリング 柔道と連携、選手確保
http://mainichi.jp/sportsspecial/articles/20160428/ddm/035/050/082000c

255 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/28(木) 13:25:30.91 ID:jxJSQs/k

リオデジャネイロ五輪開幕まで27日であと100日となった。金メダル量産が期待される柔道では、男子100キロ超級代表最有力の原沢久喜
(日本中央競馬会)が29日の全日本選手権(日本武道館)で大会2連覇と初の五輪代表入りを目指す。
体重無差別で争う全日本選手権は柔道家憧れの大会。ただ、近年の男子のエース不在を示すように、連覇は2005年の鈴木桂治を最後に
10年間いない。
柔道が五輪の正式競技となった1964年以降、9連覇の山下泰裕を筆頭に全日本選手権を連覇した6人のうち5人は五輪で決勝に進んでいる。
現在、男子代表で原沢を指導する鈴木コーチは「全日本を連覇して初めて一つの時代を築く。原沢にとってはこの大会が大事。柔道界を盛り上げる
意味でも、優勝して代表になってほしい」と望んだ。
原沢には191センチ、123キロの体、23歳の若さ、攻撃的スタイルと期待を膨らませる材料がそろう。国際大会は7連続優勝中で、昨年の
全日本選手権から負け知らず。快進撃は不断の努力の結果だ。男子代表の井上康生監督は「潜在能力がある上に、練習では誰が相手だろうと
手を一切抜かない。この子は絶対に出てくると数年前から思っていた」と話す。
多くの五輪代表候補が精彩を欠いた2、3日の全日本選抜体重別選手権で快勝し、評価はさらに高まった。「五輪が見えてきて、勝ちたい気持ちが
一層強くなってきた。全日本もしっかりと闘う」。“原沢時代”の幕開けとなるか。

原沢、連覇で代表狙う「全日本もしっかりと闘う」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160427/jud16042718440002-n1.html

南米初となるリオデジャネイロ五輪開幕まで100日。開催国のブラジルには、1908年に日本から初めて移民が渡って以来、
世界最大となる160万人規模の日系人社会が築かれてきた。男子柔道66キロ級のチャールズ・チバナ選手(26)は日系3世のブラジル人。
祖先が切り開いた歴史を胸に刻みながら、メダル獲得を目標に、まずは代表入りを目指す。
今月18日、リオ市内の海軍施設で柔道ブラジルチームの公開練習があった。白い柔道着に身を包んだチバナ選手は、練習相手に何度も
足技を繰り出していた。柔道着には「知花」の刺しゅう。「漢字の方がかっこいいから」とはにかんだ。
チバナ選手の祖父母は沖縄出身で、58年にボリビアに移住した後、63年にブラジル・サンパウロへ移った。祖母弘子さん(78)は
「食べるものもお金もなかった。とにかく家族で力を合わせて生きてきた」と振り返る。
祖父母は8人の子供を育てながら、裁縫や野 菜売りなどで生計を立てた。その後も魚屋、ガソリンスタンド、レストランと、長男である父マリオさん
(57)を中心に家族でさまざまな職場で働いた。一家は今、沖縄出身の移住者や子孫が多く暮らすサンパウロ市東部で自動車部品工場を営み
ながら、20年前に建てた4階建てアパートに約50人で暮らす。
マリオさんは日系社会で柔道に触れ、めきめきと上達した。マリオさんの「柔道は人間の精神を鍛える日本の武道」という教えを受け、チバナ選手
兄弟やいとこも柔道に励んだ。ブラジルの年齢別大会で、出場した一家18人全員が優勝したこともあるという。「柔道のチバナ一家」はブラジルで
一目置かれる存在となった。
チバナ選手は3歳で柔道を始めた。3人の兄は仕事に就いたが、マリオさんは「兄弟で力の差はないけれど、末っ子だから柔道を続けさせた」と言う。
弘子さんも「チャーリー(チバナ選手)はファミリア(家族)の夢」と五輪での活躍に期待を寄せている。
自国の大会に向け調整に余念がないチバナ選手は「言葉も文化も違う国に移住し、築き上げられた日系社会を誇りに思う。五輪では、
どんな色でもいいからメダルを取りたい」と話した。

RIO・リオ五輪:男子柔道66キロ級 チャールズ・チバナ選手 日系の歴史と誇り胸に ブラジル代表「家族の夢」
http://mainichi.jp/sportsspecial/articles/20160427/dde/041/050/019000c

256 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/28(木) 20:12:42.27 ID:3F66rItA

リオデジャネイロオリンピック、柔道男子100キロを超えるクラスの最後の代表選考会を兼ねた全日本選手権が29日行われるのを前に、
代表を争うライバル2人が意気込みを述べました。
リオデジャネイロオリンピックの柔道男子100キロを超えるクラスは、全日本選手権2連覇を狙う原沢久喜選手と、世界選手権で2大会連続銀
メダルの七戸龍選手が代表を争っています。代表の最終選考会を兼ねた全日本選手権を29日に控え、2人は東京・文京区の講道館で記者
会見しました。
原沢選手は今月2日の代表選考会で七戸選手を破って優勝し、代表争いをリードする立場で、会見では「柔道をやってきてオリンピックは夢
であり目標。そこで優勝するという気持ちを持ち続ければ全日本選手権も優勝できる」と述べました。
七戸選手は、原沢選手とこれまで4回対戦しすべて敗れていて「過去全敗しているのでオリンピックに出るためには直接対決で一本勝ちしないと
いけない。投げて勝てるように頑張りたい」と逆転での代表選出へ覚悟を語りました。
全日本選手権は体重無差別で柔道の日本一を争う大会で、原沢選手と七戸選手は順調に勝ち進めば決勝で対戦します。男子100キロを
超えるクラスのオリンピック代表は29日の大会終了後に発表され、柔道の代表が出そろいます。

リオ五輪 柔道最後の代表争う2人が意気込み
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160428/k10010502341000.html

柔道の全日本選手権が29日、リオデジャネイロ五輪男子100キロ超級代表の最終選考会も兼ねて、体重無差別で日本武道館で行われる。
代表を争う前年覇者で世界ランク2位の原沢久喜(23)=日本中央競馬会=と、同3位の七戸龍(27)=九州電力=は28日、都内で行われた
前日会見に出席した。
国際大会7連勝中で、今月の全日本選抜体重別も制し、大きくリードしている原沢は「最終選考会なので、結果にこだわり勝ちに行く」と意気込んだ。
「重量級で一番強いことを証明して五輪に行きたい」と、連覇を果たしてエースを証明する。
一方の七戸も形勢は厳しいが、「挑戦者なので優勝を目指して一戦一戦戦う。初戦から一本を狙う」と気合。「原沢選手は身長も体重も似ているけど、
スピードでは勝っている自信はある」と闘志を燃やした。
両者は順調に勝ち上がれば、決勝で激突する。過去の直接対決で4戦全勝の原沢は「スタミナでは勝てる」と自信をのぞかせた。

リオへ最終決戦 柔道原沢が連覇へ自信
http://www.daily.co.jp/newsflash/general/2016/04/28/0009032804.shtml

257 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/28(木) 20:14:25.05 ID:3F66rItA

体重無差別で男子柔道日本一の座を争う全日本選手権(29日、東京・日本武道館)で優勝候補に挙がる原沢久喜(日本中央競馬会)と七戸龍
(九州電力)が大会前日の28日、東京都文京区の講道館で記者会見して抱負を語った。
リオデジャネイロ五輪100キロ超級代表最終選考会を兼ねる大会。代表争いでリードする昨年覇者の原沢は「重量級で一番強いことを証明して
五輪に行く。(七戸に追われる立場でも)怖さは全く感じていない」と強気。2連覇すれば2004、05年の鈴木桂治(現全日本男子コーチ)以来で、
「少なからず意識しているが平常心で臨む。代表最終選考会なので結果にこだわって勝ちにいく」と意気込んだ。
七戸は「挑戦者なので優勝しかない。(原沢に)一本勝ちしなくてはいけない立場。投げて勝ちたい」と気合を込めた。 

原沢と七戸、五輪代表へ意欲=29日に全日本柔道
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016042800797

体重無差別で争う柔道の全日本選手権は29日に東京・日本武道館で行われ、リオデジャネイロ五輪男子100キロ超級代表が決まる。
昨年覇者の原沢久喜(日本中央競馬会)、同2位の七戸龍(九州電力)が28日に東京・講道館で記者会見し、原沢は「一番強いことを証明して
五輪に行く」と宣言した。
初優勝した昨年大会から無敗の23歳、原沢は五輪代表争いをリード。連覇なら11年ぶりの快挙でもあり「結果にこだわる」と気を引き締める。
27歳の七戸は昨年の決勝を含め、原沢に過去4戦全敗。選考レースで追い詰められており「自分は挑戦者。一本勝ちをしないといけない。
投げて勝てるように頑張る」と決戦をにらんだ。

リオ五輪切符は原沢か七戸か29日柔道全日本選手権 - 柔道
http://www.nikkansports.com/sports/news/1638878.html

体重無差別で争う柔道男子の全日本選手権が29日、リオデジャネイロ五輪100キロ超級の最終代表選考会を兼ねて東京・日本武道館で
開催される。ともに初代表を狙う原沢久喜(日本中央競馬会)と七戸龍(九州電力)が28日、記者会見し、意気込みを語った。
代表争いは、昨年から国際大会で優勝を重ね、2日の全日本選抜体重別選手権も制した原沢が大きくリード。大会連覇も懸かっており
「2回勝てば本物。重量級で一番強いことを証明して五輪に行きたい」と力を込めた。七戸は昨夏の世界選手権で2大会連続銀メダルを獲得して
から振るわず、後がない。結果だけでなく内容も問われるだけに「一本を取る柔道を目指せば道は開ける」と語った。
全日本柔道連盟は競技終了後に強化委員会を開いて100キロ超級の代表を決定し、男女全14階級の代表が出そろう。

柔道:原沢と七戸が意気込み…29日、全日本選手権
http://mainichi.jp/articles/20160429/k00/00m/050/039000c

体重無差別で争う柔道の全日本選手権は29日に東京・日本武道館で行われ、リオデジャネイロ五輪男子100キロ超級代表が決まる。
昨年覇者の原沢久喜(日本中央競馬会)、同2位の七戸龍(九州電力)が28日に東京・講道館で記者会見し、原沢は「一番強いことを証明して
五輪に行く」と宣言した。
初優勝した昨年大会から無敗の23歳、原沢は五輪代表争いをリード。連覇なら11年ぶりの快挙でもあり「結果にこだわる」と気を引き締める。
27歳の七戸は昨年の決勝を含め、原沢に過去4戦全敗。選考レースで追い詰められており「自分は挑戦者。一本勝ちをしないといけない。
投げて勝てるように頑張る」と決戦をにらんだ。

連覇狙う原沢「一番強いことを証明して五輪に行く」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160428/jud16042816560002-n1.html

258 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/28(木) 20:15:04.85 ID:3F66rItA

柔道のブラジル代表チームで日本人コーチが奮闘している。藤井(旧姓中野)裕子さん(33)。前回ロンドン五輪のメダル4個を上回ろうと、
指導に熱がこもる。
「コンチヌア(止まるな)」「イッソ(そうだ)」。リオ市西部の五輪公園にある道場で、男子選手と練習するロンドン五輪女子48キロ級金メダリストの
サラ・メネセスに声を掛ける。時には自ら組み合い、体の使い方を繰り返し教えている。
5歳で柔道を始め、愛知・同朋高で全国高校選手権3位。広島大大学院修了後、英国へ留学した縁で英国代表コーチとなり、ロンドン五輪で
ジェマ・ギボンズを女子78キロ級銀メダルに導いた。その指導ぶりを評価され、ブラジルに招かれた。
2013年5月に就任してから丸3年。藤井さんは「ブラジル選手は腕力があり、技も切れる。そこをもっと生かせるように、体の使い方や技の
入り方といった基礎を重視して教えてきた」と振り返る。「今調子がいい選手も、ここで気を緩めたらいけない。五輪は特別な大会。もう一歩上を
目指さなくては」
2カ国で過ごした年月は「今後に生かせるかどうか分からないが、面白い経験だった」。リオが終われば、4年後は東京五輪。「まだぼんやり
としているが、何らかの形で関わっているかな。将来的には日本で柔道界に貢献したい」

日本人柔道コーチ奮闘=ブラジル代表の藤井さん-リオ五輪100日
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016042800576

岡山柔道界に注目の女子選手が加わった。環太平洋大で総監督を務める五輪金メダリスト・古賀稔彦氏の長女ひより。父の指導と
ハイレベルな環境を求めて今春、地元神奈川を離れて創志学園高へ。同年代トップクラスの力量を誇る15歳は「自分の技術を世界で試したい」
と30日に開幕するドイツ・カデ国際に日本代表として出場する。
古賀氏が見つめる環太平洋大の道場で、ひよりが学生相手に果敢に一本背負いを仕掛ける。「自分には勝つための一発がない。得意技にしたい」。
“平成の三四郎”と呼ばれた父の必殺技をものにすべく、必死に稽古に励む。
物心がついた時には父が営む道場「古賀塾」(川崎市)に2人の兄と一緒に通っていた。小学生で全国大会に出場し、神奈川・東橘中3年だった
昨夏の全国中学校大会52キロ級で準優勝。「強い選手が多く、自分を高められる」と、大学女子で5度団体日本一に輝いている環太平洋大と共
に練習できる系列の創志学園高への入学を決めた。
巧みな組み手に足技を絡め、相手に応じて戦い方を自在に変えられる抜群の柔道センスは父親譲りだ。ただ、一本を取れる技に欠けるため、
153センチの小柄な体格を生かせる「担ぎ技」を習得中。一本背負いはその一つで、父の現役時代の映像なども参考に腕を磨く。
10日に行われた15~17歳世代の全日本カデ選手権では4強入り。初の国際大会に向け、古賀氏は「日の丸を背負う責任を感じながら、
メンタルのコントロールの仕方を学んでほしい」と話す。
「五輪金メダリストの娘」の肩書が付いて回るのは承知している。「いつか父の実績を抜いて、自分の名前を知ってもらえるよう頑張りたい」とひより。
岡山の地で、偉大な父の背中を追う挑戦が始まった。

柔道古賀ひより 一本取れる技を 創志学園高、父は金メダリスト
http://www.sanyonews.jp/article/340406/1/

259 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/29(金) 19:57:26.31 ID:gV0FOnsy

4月29日(金)東京・日本武道館で開催される『平成28年全日本柔道選手権大会』の記者会見が、28日(木)東京・講道館にて行われた。
体重無差別で柔道日本一を争う全日本選手権は、昨年の優勝者・原沢久喜(はらさわひさよし/日本中央競馬会)と準優勝者・
七戸龍(しちのへりゅう/九州電力)に加え、全国の予選を勝ち抜いた全42名がトーナメントで王座を争う。また、この大会は、
8月に開催されるリオデジャネイロ五輪のの最終選考会も兼ねている。
会見には今大会でも優勝候補の筆頭に名を挙げられている原沢が出席した。原沢は2014年11月から2016年2月まで国際大会で7連勝中で、
4月3日に福岡で行われた『全日本選抜体重別選手権』でもライバルの七戸を下して優勝するなど、国際大会での実績と勢いともに五輪代表
争いをリードする。
そんな原沢だが、特に警戒するのは意外にも初戦で対戦する中量級選手だという。
二回戦から登場する原沢は、垣田恭平(旭化成)と吉永慎也(国士舘大学)のどちらかの勝者と対戦するが、原沢は両選手について
「やりづらいですね」と言い、「すごくしぶとい相手なので、そこをまずしっかりと勝ち切ることが大事」と警戒する。
特に垣田とは3年前の全日本柔道選手権大会の準決勝で対戦し、原沢が終盤(5分2秒)に逆転の内股で一本勝ちを収めてはいるが、
内股透かしで技ありを取られるなど苦戦を強いられた。原沢は「心理的な面でもそこを超えないといけないと思っています」と気を引き締める。
対抗馬として有力視される七戸(左)は、原沢(右)から「一本勝ちを狙う」と意気込む
一方、前回大会の決勝でも対戦し最大のライバルと見られる七戸についても、原沢は「やはり(前回とは)違うことをやってくると思うので
そこで動揺せずに冷静にいられることが大事だと思います」と述べ、原沢は現在4連勝中の相手である七戸についても油断はない。
果たして、原沢は苦手意識を持つ初戦の難敵、そして最大のライバル・七戸を下し、五輪代表権を勝ち取ることができるのだろうか。
注目の大一番を迎える。 

【柔道】王者・原沢、初戦の中量級・垣田を警戒。技ありを取られた過去も
http://efight.jp/news-20160428_237325

会見に出席した昨年の準優勝者・七戸龍(九州電力)は、「相手が誰であろうと一本を取る柔道をしたいし、それが自分の柔道」と抱負を述べた。
トーナメントでは初戦から一本勝ちを続けることで、決勝までスタミナを温存したいとの考えもある。
七戸と決勝で対戦が予想されるのが、最大のライバルであり、現在七戸が4連敗を喫している昨年の優勝者・原沢久喜(日本中央競馬会)だ。
七戸は「(原沢には)過去に全敗をしているという経緯はあるが、オリンピックに出ることを考えると一本勝ちしないといけないので、投げて勝ちたい」
と一本勝ちを宣言した。
この無差別級の大会は全国の予選を勝ち上がってきた180~190センチ超、100kgクラスがゴロゴロいる格闘技ヘビー級も凌駕するトーナメント。
昨年この大会で七戸は5戦中3試合で一本勝ちと好調だったが、決勝では原沢から試合後半に小外刈りで有効を取られ敗れている。
五輪出場を目指す七戸だが、オリンピックの選考基準であるここ2年間の国際戦の実績でいけば、原沢は7回優勝、七戸は3回優勝と
ライバルの原沢には差をつけられている。
しかし原沢は国際大会の最高峰といわれる世界柔道選手権で実績が無い。七戸は、世界柔道選手権では昨年、一昨年と2年連続で
準優勝している。
七戸は全試合一本勝ちで悲願の優勝を果たし、五輪への出場を叶えることができるだろうか。注目の大会が明日開幕する。

【柔道】七戸龍、王者・原沢に「一本で勝って五輪へ」
http://efight.jp/news-20160428_237318

柔道男子100キロ超級のリオ五輪代表最終選考会を兼ねた全日本選手権は29日、東京・日本武道館で行われる。
初優勝での逆転代表入りを狙う七戸龍(27=九州電力)は「初戦の入り方が大事」と初戦となる2回戦で一本勝ちを自らに課した。
実際に過去2年で優勝した大会は全て初戦を一本で突破。全日本選抜体重別ではライバルの原沢久喜(23=日本中央競馬会)に
直接対決で敗れており、今大会決勝で原沢にも一本勝ちできれば最高のシナリオだ。それでも代表に届かない可能性はあるものの
「自分には優勝しかないと思っている」と希望を捨てずに体重無差別での戦いで頂点に挑む。

七戸 初優勝での逆転代表入りへ「初戦大事」
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/04/29/kiji/K20160429012489550.html

260 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/29(金) 20:01:08.65 ID:gV0FOnsy

リオデジャネイロ五輪開幕まで100日を切り、国内の代表選考会も熾烈(しれつ)を極めている。柔道では男子最重量級・100キロ超級代表の
最終選考会を兼ねて29日に全日本選手権(日本武道館)が行われる。28日には都内で前日会見が開かれ、一騎打ちが濃厚な世界ランク2位の
原沢久喜(23)=日本中央競馬会=と同3位の七戸龍(27)=九州電力=が火花を散らした。
代表争いでリードする前年覇者の原沢は、連覇で“知名度アップ”も狙う。過去に連覇しているのは山下泰裕、井上康生、鈴木桂治ら名だたる
柔道家ばかり。気鋭の23歳は「すごく記憶に残っている。自分はまだ一般的に“ただのでかいヤツ”。重量級で一番強いことを証明して五輪に
行きたい」とエース襲名に闘志を燃やした。
15年グランドスラム(GS)東京を制するなど国際大会7連勝中。さらに、2日の全日本選抜体重別では決勝で七戸との直接対決を制し、
リオ切符に王手をかけた。男子の井上監督も「緊張感がある中で内容も良く心強い。(代表争いで)リードと考えてもらっていい」と目を細める。
ただ、女子の最重量級(78キロ超級)では2番手だった山部が全日本女子で一本勝ちで優勝。逆転で代表入りしただけに、原沢は
「女子の結果を見てビックリした。気が引き締まった」とチャレンジャー精神も忘れない。
一方の七戸も形勢は厳しいが「自分には優勝しかない」と腹をくくった。世界選手権で2年連続銀メダルと実績もあり、内容次第では逆転も
ゼロではない。「挑戦者なので初戦から一本を狙う」。極真空手の師範である父・康博さん、ベルギー出身の母・ベラさんの期待も背負って戦う。
両者の対戦成績は原沢の4戦全勝。全日本では順調に勝ち進めば決勝で激突する。この階級には12年ロンドン五輪金メダリストで世界選手権
7連覇中のリネール(フランス)が君臨するだけに、絶対王者への挑戦権をどちらが得るのか世界が熱視線を送る。

リオへ最終決戦!原沢VS七戸が火花
http://www.daily.co.jp/general/2016/04/29/0009034142.shtml

連覇で「ただのでかいやつ」卒業だ! 体重無差別で争う柔道の全日本選手権は今日29日に開催される。リオデジャネイロ五輪男子100キロ
超級代表最終選考会を兼ねる日本一決定戦を翌日に控えた28日に都内で会見があり、最有力の原沢久喜(23=日本中央競馬会)が
「いろんな人に認知してもらえるために、記憶に残る記録は大切」と、2連覇へ意気盛んに語った。
「2回勝ったら本物」。そう自認する。柔道が五輪の正式競技となった64年以降、連覇達成は6人。うち、9連覇の山下ら5人が五輪決勝の
畳に上がった「本物」だ。昨年日本一に輝き、国際大会7連勝中と勢いに乗る原沢だが「まだ知られていない」と痛感。スーパー銭湯などでも
「ただのでかいやつ、です」と現実は厳しい。柔道界はスター選手不在が現状。だからこそ「本物」になりたい。
連覇は05年の鈴木を最後に10年以上ない。さらに今回はリオ五輪を争うライバルの七戸が追う。ただ「相手がはなから一本狙いに
きてくれたらやりやすい」と自信はある。歴代のスターに並ぶ2連覇が「原沢時代」への号砲となる。

柔道原沢、V2で「ただのでかいやつ」卒業だ - 柔道
http://www.nikkansports.com/sports/news/1639153.html

体重無差別で争う柔道の全日本選手権は今日29日に開催される。リオデジャネイロ五輪男子100キロ超級代表最終選考会を兼ねる
日本一決定戦を翌日に控えた28日に都内で会見が行われた。
七戸龍(27=九州電力)は今月上旬の全日本選抜体重別選手権決勝で原沢に敗れ、後がない状況。代表レースでリードを許し、
過去の直接対決も4連敗中と劣勢で「五輪に出るなら一本勝ちしないといけない」と覚悟する。原沢に勝るのは「外国人にも負けない体格
とスピード」。それを武器に昨年まで2年連続世界選手権銀メダルの実力者は「初戦から決勝のつもりで」と逆転切符に挑む。

柔道七戸、逆転切符へ「五輪出るなら一本勝ち」 - 柔道
http://www.nikkansports.com/sports/news/1639150.html

261 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/29(金) 20:06:11.98 ID:gV0FOnsy

体重無差別で競う柔道の全日本選手権は29日、東京・日本武道館で、リオデジャネイロ五輪100キロ超級の最終選考会を兼ね、42人が
参加して行われ、王子谷剛志(23)が2年ぶり2度目の優勝を果たした。
王子谷は2回戦から順当に勝ち上がると、準決勝では世界選手権2年連続銀メダリストの七戸龍(27)に大外巻き込みで一本勝ちして決勝に進出。
決勝でも上川大樹(26)から序盤に大外刈りで技ありを奪うなど優勢な展開とすると、残り1分25秒に支え釣り込み足で2つめの技あり。
合わせ技で一本勝ちした。

王子谷が2年ぶりV 柔道全日本選手権
http://www.sankei.com/photo/daily/news/160429/dly1604290028-n1.html

柔道・全日本選手権(29日・日本武道館)――体重無差別で日本一を争い、王子谷剛志おうじたにたけし(旭化成)が決勝で上川大樹(京葉ガス)
に一本勝ちし、2年ぶり2度目の優勝を飾った。
リオデジャネイロ五輪男子100キロ超級代表には、準決勝で敗退して連覇を逃した原沢久喜(日本中央競馬会)が選ばれた。代表候補だった
七戸龍(九州電力)も準決勝で敗れた。

王子谷、2年ぶり2度目V…柔道・全日本選手権
http://www.yomiuri.co.jp/sports/etc/20160429-OYT1T50053.html

柔道のリオデジャネイロ五輪男子100キロ超級選考会を兼ねた全日本選手権が29日、東京・日本武道館で行われ、王子谷剛志(23)=
旭化成=が優勝し、2年ぶりに日本一に返り咲いた。
有力視されていた原沢久喜(23)=日本中央競馬会=が準決勝で敗れ、リオ五輪の切符が誰の手渡るのか注目されていた。
王子谷は決勝で、上川大樹(26)=京葉ガス=を終始攻め続けた。先に技ありを取り、支え釣り込み足で合わせ技一本を奪った。
「最近調子が悪くて、苦しい思いがあった。事実上昨年の12月に五輪がないと言われていた。その中で、勝ちきることができ成長出来た。
(普段だったら)先に技ありを奪うと守りに入るところだが、殻を破るつもりで技をかけ続け一本を狙った」と2年ぶりの日本一を振り返った。
王子谷は準決勝で、2014、15年世界選手権で2年連続銀メダルの七戸龍(27)=九州電力=に一本勝ちし決勝に進み、上川は、V候補の
原沢久喜(23)=日本中央競馬会=を破り決勝に駒を進めていた。
男子日本代表・井上康生監督「(有力候補だった原沢、七戸が準決勝敗退)代表争いというものが、2人の動きを硬くしてしまったと思う。
代表選考は、海外でオリンピックで勝つためには、『誰か』というところ」

【柔道】男子100キロ超級は王子谷が優勝
http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20160429-OHT1T50112.html

柔道全日本選手権(29日、日本武道館)リオデジャネイロ五輪代表選考を兼ねて体重無差別で日本一争う大会に、格闘家で
1992年バルセロナ五輪の柔道95キロ超級銀メダリスト、小川直也(48)の長男、小川雄勢(19)=明大=が初出場して8強入り。
親子での優勝を目指したが、準々決勝で七戸龍(27)=九州電力=に一本負けで敗退した。
小川は初戦の2回戦を上四方固めで一本勝ちすると、3回戦も突破。準々決勝に進出したが、優勝候補の一角の七戸に大内刈りから
抑え込まれ、合わせ技一本で敗れた。
1メートル90、137キロの小川は予選を兼ねた東京都選手権で8強入りして、今大会初出場を決めた。父の直也は全日本5連覇を含む
優勝7度を数え、親子2代での優勝を狙っていた。親子出場は棟田利幸、康幸ら数例ある。

小川直也の長男、雄勢は準々決勝で敗退 親子日本一ならず/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160429/jud16042916350003-n1.html

準々決勝で「暴走王」の異名を取る格闘家・小川直也の長男、小川雄勢(明大)がリオデジャネイロ五輪代表を目指す男子A強化選手の
七戸龍(九州電力)と対戦し、1本負けを喫した。
全日本初出場で男子B強化選手の小川は8強入りを果たしたが、七戸には大内刈りで技ありを取られ、そのまま押さえ込みに入られて屈した。
今月上旬に行われた福岡での全日本体重別選手権でも七戸と対戦していた小川は試合後、「組み手ではいける感触があったが、
小さなところで油断があった」と反省。父の直也からは試合前に「絶対に勝つ気持ちでいけ」とアドバイスされ、敗戦後は「これが
全日本の試合だ」と言葉をかけられたという。
対戦相手・七戸の父も、極真空手の元強豪・七戸康博氏で、ファンの間では2世対決の実現に注目が集まっていた。

小川ジュニア、8強入りも七戸に敗れる
http://www.daily.co.jp/newsflash/general/2016/04/29/0009036167.shtml

262 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/29(金) 20:12:18.26 ID:gV0FOnsy

体重無差別で男子柔道日本一の座を争う全日本選手権は29日、リオデジャネイロ五輪100キロ超級代表の最終選考会を兼ねて東京・
日本武道館で行われ、2014年大会と同じ顔合わせとなった決勝で、王子谷剛志(旭化成)が上川大樹(京葉ガス)に合わせ技で一本勝ちし、
2年ぶり2度目の優勝を果たした。
リオ五輪代表候補として大会を迎えた原沢久喜(日本中央競馬会)と七戸龍(九州電力)は、ともに準決勝で敗退。全日本柔道連盟は大会終了後に
強化委員会を開き、これまでの複数大会の結果などから原沢を満場一致で代表に選出した。原沢は五輪初出場となる。これで男女各7階級全14人の同
五輪柔道代表が出そろった。
王子谷は準決勝で、七戸に大外巻き込みで一本勝ち。上川との決勝でも攻め続け、場外際の大外刈りと支え釣り込み足で技あり二つを奪った。
大会2連覇を狙った原沢は準決勝で上川を攻められず、0-3の旗判定で屈した。

王子谷、2年ぶり優勝=リオ五輪代表は原沢-全日本柔道
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016042900420

全日本柔道連盟は大会後の強化委員会で、男子100キロ超級のリオ五輪代表に原沢を選んだ。
23歳の原沢は五輪、世界選手権を通じて初の代表。代表候補は、国際大会での実績などから事実上、原沢と七戸の2人に絞られていた。
強化委は、報道陣に公開して実施。原沢が出場した直近の国際大会で7大会連続優勝していることや、七戸との直接対決でも4戦全勝であることが
報告され、世界選手権で2年連続2位となった七戸の評価を上回った。各委員からの異論もなかった。柔道は、これで男女14階級の五輪代表が
出そろった。山下泰裕強化委員長は「全員に金メダルを取らせたい」と述べた。

柔道男子100キロ超、原沢久喜が初の代表に
http://www.yomiuri.co.jp/olympic/2016/20160429-OYT1T50064.html

決勝は王子谷剛志(旭化成)と上川大樹(京葉ガス)の対戦となり、王子谷が合わせ技で1本勝ちし、2年ぶり2度目の優勝を果たした。
リオデジャネイロ五輪100キロ超級代表候補の原沢久喜(日本中央競馬会)と七戸龍(九州電力)はともに準決勝で敗退した。
柔道男子の五輪代表は6階級がすでに決定していたが、全日本柔道連盟は決勝戦後に強化委員会を開き、最後の7枚目の切符、
男子100キロ超級の代表に原沢を選んだ。
全日本男子・井上康生監督は決勝戦後、代表候補の2人が準決勝で敗退したことを踏まえ、「代表争いをすることで動きが硬くなっていたが、
オリンピックではこれ以上の緊張感がある。その上で代表に選ばれた者は準備をしなければと、あらためて危機感を覚えた。オリンピックで勝つ
選手になれることを基準に(代表を)選考したい」と語っていた。 一方で日本一に返り咲いた王子谷はインタビューで、「最近は調子が悪くて苦しい
思いをしたが、この大会に向けてきた。去年負けたから今年があった。去年の12月には事実上オリンピック(代表)はないと言われ、それを
受け入れながら、そういう思いを振り切ってやりました」などと話した。

100キロ超級代表は準決勝敗退の原沢
http://www.daily.co.jp/newsflash/general/2016/04/29/0009036416.shtml

王子谷剛志(23=旭化成)が決勝で上川大樹(26=京葉ガス)に一本勝ちして2年ぶり2度目の優勝を果たした。
リオデジャネイロ五輪男子100キロ超級代表を争った原沢久喜(23=日本中央競馬会)と七戸龍(27=九州電力)はともに準決勝で敗退。
代表には実績を評価された原沢が初めて選ばれ、男女14階級の代表が出そろった。前回ロンドン五輪で金メダルなしに終わった男子は
7人中6人が初出場のフレッシュな顔触れで、雪辱に挑む。

原沢が柔道100キロ超級五輪代表!王子谷日本一も - 柔道
http://www.nikkansports.com/sports/news/1639419.html

263 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/29(金) 20:21:24.68 ID:gV0FOnsy

リオデジャネイロ五輪柔道男子100キロ超級の代表選考を兼ねた全日本柔道選手権が29日、東京・日本武道館で行われ、大会後の強化委員会で
原沢久喜(23=日本中央競馬会)が代表に決まった。原沢は初の五輪代表。柔道のリオ五輪代表は男女計14人が出そろった。
2日の全日本選抜体重別選手権の100キロ超級決勝で、ライバルの七戸龍(27=九州電力)に優勢勝ちし、選考レースで抜け出していた原沢は、
2連覇を狙った全日本では準決勝で上川大樹(26=京葉ガス)に0―3の判定負け。「こういう結果になって情けないなという気持ち。(プレッシャーを)
感じているつもりはなかったけど、どっかにあったのかな」と振り返った。
リオ五輪に向けては「これで決まるのは、後味が悪くなってしまう。やることをしっかりやって、試合に臨みたい」と話した。
原沢久喜 この1年ずっと勝ち続けてきたのに最後にこんな形で悔しくて情けない。これを糧に覚悟を決めて死に物狂いで金メダルを取りにいきたい。
国技でもある柔道で歴史ある柔道家の方々に負けずに名を刻みたい。(世界王者のフランスのリネールは)今まで通りの準備をしていては勝てない
相手。奇襲技や相手が予想もしないものを準備しないといけない。
井上康生監督 人間がむしゃらさがないと今日みたいな試合になってしまう。わたしが見る中でも隙ができていた。引き締め直していきたい。
普通のことをやっていてはリネールを倒せない。普通ではなく異常なことを求めていくのがポイント。

柔道五輪代表 男子100キロ超級は原沢、全日本準決勝敗退も実績評価
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/04/29/kiji/K20160429012493410.html

4月29日(金・祝)日本武道館で開催された『全日本柔道選手権大会』の後、全日本柔道連盟は会見を行いリオ五輪・柔道男子100kg超級日本代表に
原沢久喜(はらさわひさよし/日本中央競馬会が内定したことを発表した。
原沢は同大会に2連覇を懸けて臨んだが、初戦から動きが悪く、技もなかなか出ない状態が続き、準決勝で上川大樹(京葉ガス)に破れ敗退した。
しかし、五輪代表選考の基準である世界ランキングと国際大会・国内大会の成績で評価され、代表選出となった。
試合後に開かれた会見で井上康生監督は、原沢が試合後に敗戦の理由について「五輪へのプレッシャーがあったかもしれない」と述べたことに
ついて「本戦の中で戦うプレッシャーはこんなものではない」と厳しい表情。
また、金メダルを目指すには世界王者リネール(フランス)の攻略も必要だが、井上監督は「普通のことをやっていてはあのリネールを破ることは
できない。ここからは普通ではなく異常なことを求めるのがポイントになる」と述べた。

【柔道】原沢が選手権で準決勝敗退も五輪代表に
http://efight.jp/news-20160429_237424
 
原沢は「最終選考という大会で負けてしまい、後味の悪いかたちでオリンピックが決まってしまったのですが、選ばれたからには死にもの狂いで
覚悟を決めて金メダルを取りに行きたい」と抱負を述べた。
柔道男子100キロ超級のリオ五輪代表最終選考会を兼ねた全日本選手権が29日、東京・日本武道館で行われ、激しい五輪代表争いを
繰り広げている
原沢久喜(23=日本中央競馬会)と七戸龍(27=九州電力)がともに準決勝で敗れる波乱があった。
昨年4月に全日本選手権を制してから国内外で破竹の7大会連続優勝を飾っている原沢は上川大樹(26=京葉ガス)に判定負けを喫した。
逆転代表入りを目指した七戸は準決勝で王子谷剛志(23=旭化成)に一本負けを喫し敗退した。
原沢は試合後「五輪が懸かった試合でこういう結果になってしまい情けない。自分の長所である後半勝負や、技出しの思い切りの良さが
全く出せなかった。プレッシャーを感じているつもりはなかったが、どこかであったのかもしれません」と振り返った。
七戸は「悔しい。組み手で苦しむのは分かっていたが、その組み手が雑になった。指導を意識してしまったのかな。優勝するつもりで臨んだのに
負けてしまったので、五輪についてどうこう言うことはできない」と大きな息をついて話した。

五輪代表どうなる…柔道男子100キロ超級、原沢&七戸が準決勝敗退
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/04/29/kiji/K20160429012493020.html

264 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/29(金) 20:22:13.00 ID:gV0FOnsy

柔道の体重無差別で争う全日本選手権(日本武道館)が29日、リオデジャネイロ五輪100キロ超級代表の最終選考会を兼ねて行われる。
28日は東京・文京区の講道館で会見が開かれ、同代表最有力の原沢久喜(23)=日本中央競馬会=は2005年の鈴木桂治以来の大会2
連覇を狙う。
「歴代(連覇)の方は記憶に残る柔道家ばかり。自分も人の記憶に残る柔道がしたい」
代表争いのライバル・七戸龍(27)=九州電力=には過去4戦4勝。ほぼ1年無敗で国際大会は2月のグランドスラム・パリ大会を制すなど、
7大会連続優勝中と外国勢にも結果を出している。「守りに入らず、一本を取る柔道をしたい」。偉大な先輩に肩を並べる快挙で五輪切符を
文句なしで手にする。

原沢、連覇で五輪切符だ「守りに入らず、一本取りたい」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160429/jud16042905010001-n1.html

決勝は王子谷が一本勝ちで上川を下し2年ぶりの日本一に輝いた。大会終了後に選考会議で五輪代表選手が決定する。
男子100キロ超級を除く6階級の日本代表がそろった4日。井上康生監督は「覚悟を決めろ。金メダルしか目指さないという、
強い思いを持って五輪に挑んでほしい」と各選手の目を見ながら力を込めた。指揮官は「引き締まった表情を見ることができた。
選手も全員が頂点を目指してやってくれると思う」と笑みを浮かべた。
屈辱からの再出発だ。12年ロンドン五輪で柔道男子は史上初の金メダルゼロに終わった。当時、特別コーチとして会場にいた井上監督はショックを
忘れていない。「五輪の舞台は、ほかの大会とは比べものにならない。選手は命がけでいるけど、私にも責任がある」。その年の10月に監督に就任。
「対話」と「分析」を軸に強化を進めている。
合宿では選手と個別に話す時間を設けているが、対話はそれだけではない。14年の世界選手権。練習やミーティングに遅刻した60キロ級の
高藤直寿に、強化指定の降格という厳しい処分を下した。自身も「私自身の指導力不足」と丸刈りにした。「当時はただのクソガキだった」という
高藤も「周りが見えなかった自分に、ダメだと気付かせてくれた」と私生活から見直した。代表が決まり「井上監督に一番最初に金メダルを
プレゼントしたい」と恩返しを心に決めている。
相手の研究にも余念がない。これまでは他国に分析されても「自分たちが強ければいい」という風潮があったが、現在は映像を基に得意技や攻撃の
組み立て方などを数値化し、選手にフィードバック。ロシアのサンボや沖縄相撲など、他国の選手の技に似ている格闘技なども練習に取り入れ、
対策を講じてきた。
15年の世界選手権(カザフスタン)で、日本男子は金3個を含むメダル7つを獲得した。各国も日本勢の対策に余念はない。それでも井上監督は
「目指すのは全ての階級で金」と言い切る。ライバルの上を行く強さを見せた時、柔道ニッポンの復活がある。

【柔道】康生監督「全階級で金。覚悟決めろ」ロンドンの雪辱胸に
http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20160429-OHT1T50003.html

265 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/29(金) 21:35:15.57 ID:PYI2FEhc

連覇が懸かった伝統ある大会の重みと五輪代表への重圧が、原沢の心と体をしばった。初戦の2回戦から上川に屈した準決勝までの全4試合で、
技によるポイントは一つもなかった。「後味が悪い。プレッシャーとはこういうものか」。代表に決まっても放心した。
初戦から技が出ない。苦手意識がある90キロ級の垣田は旗判定で辛うじて退けたが、組み手争いで妥協。引き手をつかめないまま得意の
内股を狙って決め切れなかった。上川には出足払いや大外刈りで攻められて守勢に。0-3の旗判定は当然の結果だった。
国際大会で7連続優勝し、代表を争った七戸にも4連勝。大事な試合で物おじしない度胸も評価されていたが、未知の重圧につぶされた。
上川との一戦を振り返り「相手に指導がいく柔道に切り替えようとしたが、やり切れなかった」。守りに入った自分の気持ちの弱さを、率直に認めた。
再建を目指してきた日本の最重量級を背負うとは、胸を張って言えなかった。王者リネール(フランス)が君臨する男子100キロ超級。
「今あるものにプラスして、相手が予想しない何かをしないと勝てない」と自覚している。五輪の大舞台で勝負するにはまず、この1年で
一気に駆け上がってきた勢いと、挑む心を取り戻さねばならない。

原沢に未知の重圧=五輪つかんでも放心-全日本柔道
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016042900558

伸びる余地ある
山下泰裕全柔連副会長(強化委員長) 原沢にはリオデジャネイロ五輪で金メダルを期待している。真っ向から挑む正攻法の柔道。
まだ伸びる余地はある。
隙があった
井上康生男子監督 原沢は(心に)隙があったように見えた。プレッシャーだったとしたら、五輪本番はこんなものではない。
それに耐えうる精神力と技術をつけていかなくては。

全日本柔道・談話
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016042900579&amp;g=spo

七戸は準決勝で姿を消し、わずかに残っていた五輪代表への望みもついえた。王子谷に一本負けすると「率直に、もう一回やりたい」と胸の内を明かした。
王子谷が3度目の指導を受けて優位になったが、残り2分20秒で大外刈りに耐えられず、そのまま巻き込まれて技あり。再び同じ技で今度は
一本を奪われ、「相手の技を甘く見ていたのかもしれない」と漏らした。
世界選手権で2年連続銀メダルを獲得するなど、リオデジャネイロ五輪代表争いをリードしてきた。だが、原沢の台頭で追う立場に。圧倒的な
内容で今大会を制覇しなければ、逆転は不可能な状況だった。
原沢との直接対決も実現せず、むなしさは募る。「日本の重量級が弱いと言われた中、全体として盛り上げることはできた」。自分を保つための
言葉を探し、そう言った。

七戸、望みついえる=全日本柔道
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016042900574

27歳の七戸龍は準決勝で敗れ、大逆転での五輪代表入りはならなかった。「仕切り直しをしないといけない。(足りなかった点は)パッと
浮かぶものはないが、こみ上げてくると思う」と悔しさをあらわにした。
王子谷との準決勝は互いに指導が重なる展開から、中盤で相手の攻めに屈した。世界選手権で2年連続2位に入るなど実績十分だっただけに
「日本の重量級は確実にレベルアップしていると思っている。その中で自分が1番手であり続けたかった」と無念さを隠さず言葉にした。
日本男子の井上監督は「重量級を引っ張ってきたのは七戸。彼を核にしながら原沢らが追いかけた。その言葉はかけてあげたい」と、
ここ数年の奮闘をねぎらった。

七戸龍は準決勝で敗れる リオ五輪逃し悔しさあらわ - 柔道
http://www.nikkansports.com/sports/news/1639531.html

全日本選手権(29日、日本武道館)初出場の小川雄勢(明大)は準々決勝で七戸に完敗した。開始1分すぎ、大内刈りで倒されて抑え込まれ、
合わせ技一本。「まだまだトップと比べ(実力が)全然足りない。これくらいなら(持たれても)いいと思った組み手で投げられた」と目を赤くした。
日本一に7度も輝いた父の直也氏からは「これが全日本の舞台だ」と言われたという。19歳のホープは「優勝候補と言われるくらい力を付けて
戻ってきたい」と巻き返しを期した。

初出場の小川、準々決勝で七戸に完敗「力を付けて戻ってきたい」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160429/jud16042919530009-n1.html

266 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/29(金) 22:16:28.32 ID:PYI2FEhc

五輪代表争いから外れていても、失った誇りを取り戻すために戦った。王子谷は真の日本一の称号を2年ぶりに奪回した瞬間、
思わず拳を握っていた。2014年大会に続き、決勝で上川を撃破。大外刈り、支え釣り込み足の合わせ技で一本を奪い、
「どんどん攻めた。その姿勢だけ」。ぼくとつな男の胸の内には、さまざまな感情が迫っていた。
七戸との準決勝では瀬戸際で強い気持ちが湧いてきた。指導を3度受け劣勢に立たされたが「返されてもいいから、がんがんいこう」と前に出た。
力強い大外巻き込みで技ありを奪うと、その直後に同じ技で鮮やかに一本。豪快にねじ伏せた。
2年前にノーマークの存在から頂点に立ち、日本の最重量級で頭角を現したが、組み手を研究されて技が決まらなくなった。昨年の準決勝で同じ1992年
生まれの原沢に敗れて連覇を逃すと低迷が始まり、「(自分から)離れていく人もいた」と振り返る。どん底の心を立て直すには、時間がかかった。
昨年12月のグランドスラム東京準々決勝で七戸に屈して負傷し、リオデジャネイロ五輪への思いは断ち切った。まだ23歳。4年後の東京五輪を
しっかり見据えている。「(東京が)柔道人生のラストチャンス。20年までこの大会で勝ち続けたい」と言う表情は、久々に晴れやかだった

取り戻した誇りと王座=王子谷、攻めて復権-全日本柔道
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016042900589

準決勝で原沢を破った上川だが、決勝では息が上がり王子谷に完敗した。リオデジャネイロ五輪代表争いは原沢と七戸の2人に
絞られていただけに、「吹っ切れて優勝したかった」。その思いはかなわず、技あり二つを奪われ一本負けした。
2012年ロンドン五輪で日本男子は史上初めて金メダルなしに終わった。競技最終日に出場した上川が2回戦で敗退した瞬間、その不名誉な
歴史がつくられた。「ふがいなく、自分が(日本の伝統を)止めてしまった。リオでは金を取ってほしい」とエールを送った。

上川、決勝は完敗=全日本柔道
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016042900599

リオデジャネイロ五輪100キロ超級代表候補だった原沢久喜(日本中央競馬会)と七戸龍(九州電力)はともに準決勝で敗退。全日本柔道連盟は
決勝戦後に強化委員会を開き、同級代表に原沢を選んだ。
五輪切符を逃した七戸は準決勝で一本負けし、原沢と対戦することなく五輪の夢がついえた。ただ、この4年間は最重量級再興の旗頭として
競争をけん引した。「重量級が弱いと言われた中で盛り上げたかった。一番になりたかったが、確実にレベルアップした」と振り返った。
一方、代表となった原沢も「七戸さんがお手本だった。(五輪では)思いを背負って戦いたい」と話した。

七戸、五輪逃すも原沢から「お手本」
http://www.daily.co.jp/newsflash/general/2016/04/29/0009037190.shtml

全日本選手権(29日、日本武道館)27歳の七戸は準決勝で敗れ、大逆転での五輪代表入りはならなかった。「仕切り直しをしないといけない。
(足りなかった点は)パッと浮かぶものはないが、こみ上げてくると思う」と悔しさをあらわにした。
王子谷との準決勝は互いに指導が重なる展開から、中盤で相手の攻めに屈した。世界選手権で2年連続2位に入るなど実績十分だっただけに
「日本の重量級は確実にレベルアップしていると思っている。その中で自分が1番手であり続けたかった」と無念さを隠さず言葉にした。
日本男子の井上監督は「重量級を引っ張ってきたのは七戸。彼を核にしながら原沢らが追いかけた。その言葉はかけてあげたい」と、
ここ数年の奮闘をねぎらった。

準決勝敗退の七戸は悔しさあらわ「仕切り直しをしないと」
http://www.sanspo.com/sports/news/20160429/jud16042920450010-n1.html

267 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/29(金) 22:19:54.09 ID:PYI2FEhc

体重無差別で争う柔道の全日本選手権は29日、東京・日本武道館でリオデジャネイロ五輪男子100キロ超級代表最終選考会を兼ねて行われ、
一昨年と同じ顔合わせとなった決勝は23歳の王子谷剛志(旭化成)が26歳の上川大樹(京葉ガス)に合わせ技で一本勝ちし、2年ぶり2度目の
優勝を果たした。

王子谷剛志の話
「前に出て、どんどん攻めたことが勝因だった。20年の東京五輪に向けて、ここで勝っておかないと(ライバルたちに)どんどん先を越されてしまう
状況だった。勝てて良かった」

原沢久喜の話
「後味の悪い形で五輪代表になったが、選ばれたからには、死に物狂いで覚悟を決めて金メダルを取りにいきたい。プレッシャーを感じて、
自分の思うような柔道ができなかった。悔しくて情けないが、糧にしたい」

井上康生・日本男子監督の話
「われわれも原沢も目指すのは金メダルだ。素直で純粋な気持ちが長所。ここから何をするべきかを考えてほしい。王子谷はまさに意地を見せた」

山下泰裕・全日本柔道連盟強化委員長の話
「多くの代表選手が最後の試合で結果を出せず、懸念はしている。だが原沢はまだまだ伸びていく余地が十分にある。(世界選手権を7連覇している
フランスの)王者リネールに真っ向から挑んでほしい」

【全日本選手権コメント集】日本男子・井上監督「われわれも原沢も目指すのは金メダル」
http://www.sanspo.com/sports/news/20160429/jud16042920560011-n1.html

全日本選手権(29日、日本武道館)上川は2年前に続いて王子谷に決勝で完敗。「先に行こうと思ったが、向こうがどんどん出てきて
止められなかった」と肩を落とした。
準決勝では原沢を破ってロンドン五輪代表の意地を示した。「原沢選手も追われる立場になって、消極的になったと思う」と分析。自身は4年前の
五輪でメダルに届かなかった。「ふがいない結果だった。リオでは金メダルを取ってもらいたい」とエールを送った。

上川、王子谷に決勝で完敗「先に行こうと思ったが…」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160429/jud16042921040012-n1.html

全日本選手権(29日、日本武道館)2012年に続き、全日本選手権の優勝者が五輪代表になれなかった。報道陣に公開された代表選考の
強化委員会は約3分で原沢に決めたが、選考方法の見直しを求める声が会議室の外で上がった。
男女の最重量級は4月に2大会をこなす。全日本は体重無差別で、試合時間やルールも五輪と異なる。「けがのリスクも考えた方がいい」と、
ある強化委員。昨年から10大会以上に出ている原沢はスタミナが尽きた格好だ。
山下強化委員長は飛び抜けた戦績の選手に「内定」を与えるべきだとの意見が複数あることを認め、議論を重ねると明言。「20年は
日本代表がベストの準備をできるようにしたい。リオ五輪の結果を見て、十分に検討したい」と述べた。

全日本選手権の優勝者がまた五輪代表になれず…選考方法見直しの声も/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160429/jud16042921040013-n1.html

268 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/29(金) 22:56:07.83 ID:PYI2FEhc

リオ行きの切符をつかんだ原沢に笑顔はなかった。準決勝で敗れて連覇を逃し「悔しくて情けない。選ばれたからには、死に物狂いで
全日本柔道連盟(全柔連)は29日の全日本選手権終了後に、日本武道館内で男子の強化委員会を開き、リオデジャネイロ五輪
男子100キロ超級代表に原沢久喜(23)=日本中央競馬会=を選んだ。原沢は初の五輪出場。これで男女計14階級の代表が出そろった。
原沢は最終選考会を兼ねた同日の全日本選手権で準決勝敗退。2連覇を逃したが、この2年間の国際大会の成績を勘案して選ばれた。
候補だった七戸龍(27)=九州電力=は補欠となった。
強化委員会は報道陣に公開されたが、強化スタッフからの案に異論は出なかった。
原沢は「後味が悪い結果だが、選ばれたからには、五輪で金を取ると決めて、死にものぐるいでやる」と話した。

リオ100キロ超級代表に原沢「後味が悪い結果だが…」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160429/jud16042918380007-n1.html

金メダルを取りにいきたい」と険しい表情で覚悟を語った。
豪快な内股や大外刈りなど思い切りの良さが鳴りを潜め、初戦から3試合は技によるポイントがなかった。ロンドン五輪代表の上川との
準決勝も組み手争いに終始。支え釣り込み足で腹ばいにされるなど劣勢の印象を与え、旗判定は0-3だった。
攻撃的な姿勢で昨年は日本一に輝き、その後は国内外で負け知らず。今月上旬の全日本選抜体重別選手権はライバルの七戸に快勝して
五輪代表の座へ大きく近づいていた。しかし大会11年ぶりの連覇が懸かった最終選考会は苦い敗戦。「自分は精神的に強いと思っていたが、
プレッシャーを感じた」と認め、日本男子の井上監督は「隙が出たように見えた。それが五輪では大きな落とし穴になる」と指摘した。

【柔道】原沢、リオ切符に笑みなし「情けない」
http://www.sankei.com/sports/news/160429/spo1604290034-n1.html

決勝に五輪候補の本命不在とあっては、せっかくの全日本も盛り上がりに欠けた。「後味の悪い形で(代表に)決まった。情けない…」。
初めてつかんだ五輪代表の座にも、リオに携えて行くはずだった全日本王者のタイトルを失った男子100キロ超級・原沢の表情はさえなかった。
2連覇を狙った大会は初戦から動きに精彩を欠き、準決勝であえなく敗れた。強化委員会が満場一致で代表に選出したのは、昨年の優勝から
国内外で勝ち続けた実績を評価してのことだった。
「この1年で一番動きが悪かった。プレッシャーとはこういうものなんだと勉強になった。(わかるのが)五輪本番だったら遅かった」。
五輪開幕まで100日を切っての久々の敗戦で手にした収穫は、いつも淡々とした試合運びをこなし、無縁だと思っていた重圧への弱さを痛感で
きたことだった。
五輪はおろか、世界選手権すら出場したことがない原沢がリオで頂点に立つには、一度も対戦がない絶対王者のテディ・リネール(フランス)にも
勝たなければいけない。重圧に打ち勝つ精神力はもちろん、体力、技術、さらに本番での奇襲にも知恵を絞らなければならない。上積みは
まだまだ必要だ。
「選ばれたからには死に物狂いで金メダルを取りにいく」。日本重量級の再建は、覚悟を口にした23歳に託された。

【柔道】負けて五輪初選出の原沢「死に物狂いで金メダル取る」
http://www.sankei.com/sports/news/160429/spo1604290037-n1.html

五輪や世界選手権で活躍した小川直也さんの長男、雄勢が初出場で8強入り。準々決勝では七戸に臆さず立ち向かって左の奥襟を狙ったが、
大内刈りで倒され抑え込まれて一本負けした。「七戸さんと前回対戦した時、もう一歩だと思っていた。優勝候補と言われるぐらいの力をつけて
戻ってきたい」と目を赤くした。
全日本選手権で5連覇を含む7度の優勝を誇った父からは、試合後に「これが全日本の舞台だ」と声を掛けられた。明大2年の19歳は、
国内で最も権威ある大会で多くを学んだ。

小川ジュニアが8強=全日本柔道
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016042900611

269 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/30(土) 00:21:12.49 ID:Sq28tS/a

静けさを破る赤旗3本。歓声とため息が交錯する中、原沢久喜(日本中央競馬会)の視線が宙をさまよった。29日、東京・日本武道館であった
体重無差別で男子日本一を競う柔道の全日本選手権。準決勝で上川大樹(京葉ガス)に突きつけられた1年ぶりの敗戦の味。「悔しくて情けない。
重圧に勝てず自分の弱さに気づいた」。実績から男子最重量級のリオ五輪代表に決まったが、笑顔はない。
ライバルの七戸龍(九州電力)が直前に敗れ、どよめきの中で畳へ。ロンドン五輪代表の実績を持つ難敵の上川に組み手でいなされ、足が止まる。
開始1分、得点はされなかったが足技で崩された。3?0の旗判定が優劣を明確にした。
故障にも泣かされ、代表争いから消えそうになっていた昨年のこの大会で優勝。以来、鍛錬でスタミナを蓄え、国際大会7連勝するなど負け知らず。
この日の強化委員会で、コーチ陣が代表に原沢を推すと、出席した35人の委員は一人も異論を挟まなかったのは、絶大な信頼の表れだ。
ロンドン五輪で史上初の金メダルなしに終わった男子柔道界にとって最重量級の復権は悲願。ただリオでは世界選手権7連覇中で五輪2連覇を
期すテディ・リネール(フランス)が待ち構える。「相手が予想しないことをしないと勝てない。何か大きく違ったものをプラスする必要がある」。
この敗戦を糧に、再び戦いが始まる。

柔道:原沢、まさかの苦杯 準決勝で 体重無差別
http://mainichi.jp/articles/20160430/k00/00m/050/091000c

前に出る王子谷剛志(旭化成)が戻ってきた。体重無差別で男子日本一を競う柔道の全日本選手権が29日、東京・日本武道館であり、
王子谷が決勝で上川大樹(京葉ガス)に一本勝ちし、2年ぶり2回目の優勝を果たした。準決勝では七戸龍(九州電力)を破り、
決勝では上川を一方的に攻めて、足技で技ありを二つ重ねての一本勝ちだった。
「前に出て(技を)返されるなら、そこまでの人間」と開き直って王者返り咲きだ。昨年は結果を出せず、代表選考の対象外になって臨んだ今大会。
「東京五輪に向け、ここで勝たないと、どんどん置いていかれると思った」。リオ五輪では同年齢の原沢久喜(日本中央競馬会)に先を行かれたが、
4年後に向けての再出発だ

柔道:前に出る王子谷、2年ぶりの優勝
http://mainichi.jp/articles/20160430/k00/00m/050/093000c

4月29日、日本武道館において体重無差別の全日本柔道選手権大会が行われ、小川直也の長男である小川雄勢(19歳=明治大学)が
初出場した。父直也は全日本選手権7回優勝、バルセロナ五輪銀メダリストで、総合格闘技にも参戦、現在はプロレスラー兼柔道の指導者だ。
風貌、身長は身長190cmでそっくりながら体重は135kgと父を凌ぐ。
その小川は今年4月の全日本選抜柔道体重別大会では一昨年の全日本王者の王子谷剛志(23歳=旭化成)に対し積極的に攻め指導1つの差で
優勢勝ちを収め大金星、大物の片鱗を見せる。準決勝で七戸龍(27歳=九州電力)と対戦したが、七戸が積極的に攻め指導1つの差で小川が
敗れている。この伸び盛りの小川がどこまで勝ち上がるか期待された。
小川直也も会場入りし長男・雄勢を応援。1回戦シードの小川は2回戦で支え釣り込み腰で相手を転がし、押さえ込んで一本勝ち、3回戦は
優勢勝ちで勝ち上がり準々決勝は昨年の準優勝者の七戸龍。
七戸の父は極真本部の怪物と言われ極真空手全日本重量級3連覇を成した七戸康博。父の実績だけを見ると格闘技ファンには極真vsプロレスと
言う見え方も重なる一戦となった。
4月の体重別のリベンジを果たすかのように小川は開始早々七戸の奥襟を取りパワーで惹きつけ積極的に攻めるが、七戸の大内刈りで転がされ
技あり、そのまま15秒押さえ込まれ1本負けとなった。
小川の順位は奇しくも1988年に父が全日本に初出場した成績と同じ5位となった。
今回の全日本大会で優勝を勝ち取ったのは4月に小川が勝った王子谷剛志に輝いた。

【柔道】小川直也の息子、全日本初出場は父と同じ5位
http://efight.jp/topics-20160429_237427

270 名無しさん@お腹いっぱい。
2016/04/30(土) 00:27:13.93 ID:Sq28tS/a

4月29日(金・祝)日本武道館で開催された『全日本柔道選手権大会』の後、全日本柔道連盟は会見を行いリオ五輪・柔道男子100kg超級
日本代表に原沢久喜(はらさわひさよし/日本中央競馬会が内定したことを発表した。
原沢は同大会に2連覇を懸けて臨んだが、初戦から動きが悪く、技もなかなか出ない状態が続き、準決勝で上川大樹(京葉ガス)に破れ敗退した。
しかし、五輪代表選考の基準である世界ランキングと国際大会・国内大会の成績で評価され、代表選出となった。
試合後に開かれた会見で井上康生監督は、原沢が試合後に敗戦の理由について「五輪へのプレッシャーがあったかもしれない」と述べたこと
について「本戦の中で戦うプレッシャーはこんなものではない」と厳しい表情。
また、金メダルを目指すには世界王者リネール(フランス)の攻略も必要だが、井上監督は「普通のことをやっていてはあのリネールを
破ることはできない。ここからは普通ではなく異常なことを求めるのがポイントになる」と述べた。
 原沢は「最終選考という大会で負けてしまい、後味の悪いかたちでオリンピックが決まってしまったのですが、選ばれたからには死にもの狂いで
覚悟を決めて金メダルを取りに行きたい」と抱負を述べた。

【柔道】原沢が準決勝敗退も男子100kg超級リオ五輪代表に
http://efight.jp/news-20160429_237424

体重無差別で男子柔道日本一の座を争う全日本選手権は29日、リオデジャネイロ五輪100キロ超級代表の最終選考会を兼ねて東京・
日本武道館で行われ、2014年大会と同じ顔合わせとなった決勝で、王子谷剛志(旭化成)が上川大樹(京葉ガス)に合わせ技で一本勝ちし、
2年ぶり2度目の優勝を果たした。
リオ五輪代表候補として大会を迎えた原沢久喜(日本中央競馬会)と七戸龍(九州電力)は、ともに準決勝で敗退。全日本柔道連盟は大会終了後に
強化委員会を開き、これまでの複数大会の結果などから原沢を満場一致で代表に選出した。原沢は五輪初出場となる。これで男女各7階級全14人の同
五輪柔道代表が出そろった。
王子谷は準決勝で、七戸に大外巻き込みで一本勝ち。上川との決勝でも攻め続け、場外際の大外刈りと支え釣り込み足で技あり二つを奪った。
大会2連覇を狙った原沢は準決勝で上川を攻められず、0-3の旗判定で屈した。

王子谷、2年ぶり優勝=リオ五輪代表は原沢-全日本柔道
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016042900420

1 2 3 最新 全部 

2ch勢い総合ランキング

【マターリ】IPPONグランプリ★2 (790)
勢い 28077.33 19.50レス/分 実況ch > 番組ch(フジ)
大阪コロナ重症センターの看護師不足、吉村知事が自衛隊に派遣を打診 ★4 [首都圏の虎★] (1002)
勢い 23410.40 16.26レス/分 ニュース > ニュース速報+
大阪コロナ重症センターの看護師不足、吉村知事が自衛隊に派遣を打診 ★2 [首都圏の虎★] (1003)
勢い 20680.53 14.36レス/分 ニュース > ニュース速報+
【NIKE差別動画】なんと朝鮮総連と連携して作った動画だった 日本の学校で差別とイジメに悩まされる設定も嘘  [Toy Soldiers★] (1001)
勢い 19556.55 13.58レス/分 ニュース > ニュース速報+
米民主党、トランプ政権にクーデター? (Japan In-depth) ★10 [首都圏の虎★] (1001)
勢い 18653.52 12.95レス/分 ニュース > ニュース速報+
大阪コロナ重症センターの看護師不足、吉村知事が自衛隊に派遣を打診 ★3 [首都圏の虎★] (1005)
勢い 18048.52 12.53レス/分 ニュース > ニュース速報+
【NIKE差別動画】なんと朝鮮総連と連携して作った動画だった 日本の学校で差別とイジメに悩まされる設定も嘘★2   [Toy Soldiers★] (1001)
勢い 18033.03 12.52レス/分 ニュース > ニュース速報+
【新型コロナ】東京都、新たに584人の感染確認 過去最多 [potato★] (1001)
勢い 17802.88 12.36レス/分 ニュース > ニュース速報+
【NIKE差別動画】なんと朝鮮総連と連携して作った動画だった 日本の学校で差別とイジメに悩まされる設定も嘘★4   [Toy Soldiers★] (1001)
勢い 17775.00 12.34レス/分 ニュース > ニュース速報+
【NIKE差別動画】なんと朝鮮総連と連携して作った動画だった 日本の学校で差別とイジメに悩まされる設定も嘘★3   [Toy Soldiers★] (1001)
勢い 17525.11 12.17レス/分 ニュース > ニュース速報+
米民主党、トランプ政権にクーデター? (Japan In-depth) ★17 [首都圏の虎★] (1001)
勢い 17414.85 12.09レス/分 ニュース > ニュース速報+
米民主党、トランプ政権にクーデター? (Japan In-depth) ★13 [首都圏の虎★] (1001)
勢い 17348.77 12.05レス/分 ニュース > ニュース速報+
米民主党、トランプ政権にクーデター? (Japan In-depth) ★14 [首都圏の虎★] (1001)
勢い 16719.27 11.61レス/分 ニュース > ニュース速報+
【速報】東京都、新たに584人の感染確認 過去最多 新型コロナ ★3 [potato★] (1001)
勢い 16436.03 11.41レス/分 ニュース > ニュース速報+
米民主党、トランプ政権にクーデター? (Japan In-depth) ★16 [首都圏の虎★] (1001)
勢い 16313.73 11.33レス/分 ニュース > ニュース速報+
米民主党、トランプ政権にクーデター? (Japan In-depth) ★9 [首都圏の虎★] (1003)
勢い 16310.78 11.33レス/分 ニュース > ニュース速報+
【米大統領選】ジョージア州務長官、「投票用紙は違法に秘密裏に数えられた」と認める  [Toy Soldiers★] (1001)
勢い 16142.18 11.21レス/分 ニュース > ニュース速報+
米民主党、トランプ政権にクーデター? (Japan In-depth) ★15 [首都圏の虎★] (1001)
勢い 15735.46 10.93レス/分 ニュース > ニュース速報+
米民主党、トランプ政権にクーデター? (Japan In-depth) ★20 [ebolanium2014 р★] (1001)
勢い 15337.19 10.65レス/分 ニュース > ニュース速報+
米民主党、トランプ政権にクーデター? (Japan In-depth) ★12 [首都圏の虎★] (1001)
勢い 15335.88 10.65レス/分 ニュース > ニュース速報+
米民主党、トランプ政権にクーデター? (Japan In-depth) ★11 [首都圏の虎★] (1001)
勢い 14384.00 9.99レス/分 ニュース > ニュース速報+
【40歳男性・自粛反対】 「コロナをおそれることは全体主義的である。それに染まるのは気分が悪い。だから自分は自粛をしない」 [影のたけし軍団★] (1001)
勢い 14300.10 9.93レス/分 ニュース > ニュース速報+
【速報】 東京 +584 過去最多 [842194458] (1001)
勢い 14285.83 9.92レス/分 雑談系2 > ニュー速(嫌儲)
【NIKE差別動画】なんと朝鮮総連と連携して作った動画だった 日本の学校で差別とイジメに悩まされる設定も嘘★5   [Toy Soldiers★] (1001)
勢い 14272.57 9.91レス/分 ニュース > ニュース速報+
日本人の5割はコロナに「暴露済み」か 集団免疫獲得へ、致死率も低下 (デイリー新潮) [首都圏の虎★] (1001)
勢い 14100.00 9.79レス/分 ニュース > ニュース速報+
【速報】東京都、新たに584人の感染確認 過去最多 新型コロナ ★3 [記憶たどり。★] (1002)
勢い 13997.05 9.72レス/分 ニュース > ニュース速報+
【速報】東京都、新たに584人の感染確認 過去最多 新型コロナ ★2 [potato★] (1001)
勢い 13020.06 9.04レス/分 ニュース > ニュース速報+
大阪コロナ重症センターの看護師不足、吉村知事が自衛隊に派遣を打診 [首都圏の虎★] (1001)
勢い 12699.80 8.82レス/分 ニュース > ニュース速報+
【陸自】50キロの荷物を背負い山中で4日間、食事はヘビやカエル、睡眠時間は1時間…帰還の8人に「レンジャー記章」 [シャチ★] (1001)
勢い 11662.27 8.10レス/分 ニュース > ニュース速報+
広告
【社会】 死亡前 コロナ検査断られ 金沢の男性 死後に陽性判明 ★2 [朝一から閉店までφ★] (1001)
勢い 11510.88 7.99レス/分 ニュース > ニュース速報+
大阪コロナ重症センターの看護師不足、吉村知事が自衛隊に派遣を打診 ★5 [首都圏の虎★] (1001)
勢い 11507.69 7.99レス/分 ニュース > ニュース速報+
コロナ専門病院 退職者続出で悲鳴 「中等症病床拡充を」 ★2 [蚤の市★] (1001)
勢い 11262.33 7.82レス/分 ニュース > ニュース速報+
【GoTo 継続】 菅首相 「経済重視」貫く・・・周囲に覚悟を伝える 「ある意味、政治生命を懸けた」 [影のたけし軍団★] (1001)
勢い 11153.69 7.75レス/分 ニュース > ニュース速報+
大阪コロナ重症センターの看護師不足、吉村知事が自衛隊に派遣を打診 ★7 [首都圏の虎★] (1001)
勢い 11029.32 7.66レス/分 ニュース > ニュース速報+
肴30958 (706)
勢い 10861.54 7.54レス/分 ネット関係 > 難民
【ドコモ】ahamo、ドコモショップのサポートは受けられない 手厚いサポート必要なら変えるべきではない [雷★] (1001)
勢い 10285.96 7.14レス/分 ニュース > ニュース速報+
大阪コロナ重症センターの看護師不足、吉村知事が自衛隊に派遣を打診 ★6 [首都圏の虎★] (1002)
勢い 10255.12 7.12レス/分 ニュース > ニュース速報+
日本人の5割はコロナに「暴露済み」か 集団免疫獲得へ、致死率も低下 (デイリー新潮) ★2 [首都圏の虎★] (1002)
勢い 10115.45 7.02レス/分 ニュース > ニュース速報+
芸能人が本気で考えた!ドッキリGP 鬼滅の刃人気声優に全集中ドッキリSP ★6 (944)
勢い 10012.47 6.95レス/分 実況ch > 番組ch(フジ)
【首相会見】GoTo「旅行業界優遇では」の質問に…菅首相「二階幹事長が特別ということじゃなくて」 [ばーど★] (1001)
勢い 9854.64 6.84レス/分 ニュース > ニュース速報+
立ちんぼ疑い、女61人逮捕 大阪「泉の広場」、17〜64歳 ★2 [首都圏の虎★] (1001)
勢い 9853.31 6.84レス/分 ニュース > ニュース速報+
米民主党、トランプ政権にクーデター? (Japan In-depth) ★8 [首都圏の虎★] (1001)
勢い 9289.05 6.45レス/分 ニュース > ニュース速報+
【社会】「どんなふうに私を楽しませてくれますか」 婚活デートにおける女高男低の実態★2 [みなみ★] (1001)
勢い 9119.22 6.33レス/分 ニュース > ニュース速報+
甘酒3129(濱婆出禁) (579)
勢い 8995.79 6.25レス/分 ネット関係 > 難民
盗まれない合宿 (1001)
勢い 8958.12 6.22レス/分 ネット関係 > 難民
【独自】ファイザーのコロナワクチン治験者 副反応で熱や頭痛、筋肉痛も [首都圏の虎★] (1001)
勢い 8810.79 6.12レス/分 ニュース > ニュース速報+
【社会】「どんなふうに私を楽しませてくれますか」 婚活デートにおける女高男低の実態 [みなみ★] (1001)
勢い 8794.00 6.11レス/分 ニュース > ニュース速報+
【米大統領選】ジョージア州務長官、「投票用紙は違法に秘密裏に数えられた」と認める★2   [Toy Soldiers★] (1006)
勢い 8628.58 5.99レス/分 ニュース > ニュース速報+
亜美の雑談272 (1001)
勢い 8411.58 5.84レス/分 雑談系2 > なんでもあり
冬眠中の侍 (1001)
勢い 8344.08 5.79レス/分 ネット関係 > 難民
「やむなし」「やめた方がいい」五輪で1910億円追加負担に賛否の声くっきりと [蚤の市★] (1001)
勢い 8238.14 5.72レス/分 ニュース > ニュース速報+
肴30957 (1001)
勢い 8237.58 5.72レス/分 ネット関係 > 難民
【疑問】歳をとったらゲームが苦痛になって続かない理由って何なの? [242521385] (1001)
勢い 8196.35 5.69レス/分 雑談系2 > ニュー速(嫌儲)
【東京都医師会】「コロナ感染が蔓延している。国はGoToの一時中断を」 尾崎会長 ★2 [ばーど★] (1001)
勢い 8180.85 5.68レス/分 ニュース > ニュース速報+
八十八3127(濱婆出禁) (1001)
勢い 8173.68 5.68レス/分 ネット関係 > 難民
コピペ先で権利侵害サイトの作り方講座実施中 (277)
勢い 8145.95 5.66レス/分 ネット関係 > 難民
【ドコモ】ahamo、ドコモショップのサポートは受けられない 手厚いサポート必要なら変えるべきではない ★2 [雷★] (1001)
勢い 8138.58 5.65レス/分 ニュース > ニュース速報+
Jざつ4544 (1001)
勢い 8087.38 5.62レス/分 ネット関係 > 難民
広告
金沢大准教授・高橋広夫さん(42)、検査を受けられないまま新型コロナ死 [445972832] (1001)
勢い 7952.56 5.52レス/分 雑談系2 > ニュー速(嫌儲)
米民主党、トランプ政権にクーデター? (Japan In-depth) ★6 [首都圏の虎★] (1001)
勢い 7937.22 5.51レス/分 ニュース > ニュース速報+
Jざつ4546 (1001)
勢い 7720.62 5.36レス/分 ネット関係 > 難民
Jざつ4550 (1001)
勢い 7532.47 5.23レス/分 ネット関係 > 難民
剣豪合宿 (1001)
勢い 7352.27 5.11レス/分 ネット関係 > 難民
医療従事者がひとこと「限界。」 [399583221] (1001)
勢い 7308.07 5.08レス/分 雑談系2 > ニュー速(嫌儲)
【陸自・訓練】50キロの荷物を背負い山中で4日間、食事はヘビやカエル、睡眠時間は1時間…帰還の8人に「レンジャー記章」★2 [シャチ★] (1001)
勢い 7171.60 4.98レス/分 ニュース > ニュース速報+
☆【画像】8744 (1001)
勢い 7153.07 4.97レス/分 ネット関係 > 難民
米民主党、トランプ政権にクーデター? (Japan In-depth) ★18 [首都圏の虎★] (1002)
勢い 7124.79 4.95レス/分 ニュース > ニュース速報+
吉村「自衛隊の看護師あまってない?ヤバいのは大阪だけじゃないし。国は外国からの支援を検討しろよ。」 [618676474] (1001)
勢い 7074.01 4.91レス/分 雑談系2 > ニュー速(嫌儲)
リングライト690個 (1001)
勢い 7069.93 4.91レス/分 ネット関係 > 難民
別館★羽生結弦&オタオチスレ15280 (1001)
勢い 7061.84 4.90レス/分 ネット関係 > 難民
Jざつ4547 (1001)
勢い 7049.19 4.90レス/分 ネット関係 > 難民
【漫画】「鬼滅の刃」最終巻、完売相次ぐ。人気過熱、客が書店外まで長い列★3 [記憶たどり。★] (1001)
勢い 7013.37 4.87レス/分 ニュース > ニュース速報+
たこ焼きvsえび焼き (1001)
勢い 6959.51 4.83レス/分 ネット関係 > 難民
【経済】 飲食店の倒産 「過去最多」が確定 居酒屋で急増 [影のたけし軍団★] (1001)
勢い 6932.96 4.81レス/分 ニュース > ニュース速報+
Jざつ4543 (1001)
勢い 6931.37 4.81レス/分 ネット関係 > 難民
【お墓】イスラム教徒の土葬墓地建設 町議会が反対側住民の陳情採択「風評被害が起きる」 大分県日出町 ★3 [ばーど★] (1001)
勢い 6906.05 4.80レス/分 ニュース > ニュース速報+
実質上々95 (1001)
勢い 6857.47 4.76レス/分 ネット関係 > 難民
arsざつ 26 (1001)
勢い 6750.42 4.69レス/分 ネット関係 > 難民
コロナ専門病院 退職者続出で悲鳴 「中等症病床拡充を」 [蚤の市★] (1001)
勢い 6725.75 4.67レス/分 ニュース > ニュース速報+
米民主党、トランプ政権にクーデター? (Japan In-depth) ★3 [夜のけいちゃん★] (1001)
勢い 6685.81 4.64レス/分 ニュース > ニュース速報+
【日韓】韓国で「ノージャパン」直撃受けたユニクロ、1年で売り上げが半減 [ブギー★] (1002)
勢い 6539.77 4.54レス/分 ニュース > ニュース速報+
【マターリ】IPPONグランプリ★3 (102)
勢い 6518.34 4.53レス/分 実況ch > 番組ch(フジ)
【漫画】「鬼滅の刃」最終巻、完売相次ぐ。人気過熱、客が書店外まで長い列★4 [記憶たどり。★] (1001)
勢い 6476.49 4.50レス/分 ニュース > ニュース速報+
ふぉー3126(濱婆出禁) (1001)
勢い 6320.72 4.39レス/分 ネット関係 > 難民
■ 飯窪春菜・ゲスト:牧野真莉愛 ■ MBSラジオ(大阪 1179kHz)『MBSヤングタウン土曜日』 ■ 22:00〜23:30 ■ (784)
勢い 6277.23 4.36レス/分 雑談系2 > モ娘(狼)
■ 鞘師里保 ■ MBSラジオ(大阪 1179kHz/90.6MHz) (新)『鞘師里保と○○と【第一回】』 ■ 23:30〜24:00 ■ (278)
勢い 6227.43 4.32レス/分 雑談系2 > モ娘(狼)
実質上々97 (1001)
勢い 6206.18 4.31レス/分 ネット関係 > 難民
広告
【速報】東京+584 過去最多★2 今週は初の計3,000人超え [597533159] (1001)
勢い 6140.32 4.26レス/分 雑談系2 > ニュー速(嫌儲)

勢い 6119.77 4.25レス/分 ネット関係 > 難民
【国際】 中国籍妻理由に機密情報取扱許可与えられず、ノルウェー中銀副総裁が辞任 [朝一から閉店までφ★] (1001)
勢い 6112.57 4.24レス/分 ニュース > ニュース速報+
【速報】エンジン大破で緊急着陸したJAL日本航空機、胴体と水平尾翼も損傷していたことが発覚 マジで惨劇の一歩手前だった… [503851864] (748)
勢い 6014.63 4.18レス/分 雑談系2 > ニュー速(嫌儲)
5h〜6h薬物乱用教室 (1001)
勢い 5978.92 4.15レス/分 ネット関係 > 難民
Fate/GOスレ (637)
勢い 5971.87 4.15レス/分 雑談系2 > ニュー速VIP
ちまき3128(濱婆出禁) (1001)
勢い 5945.72 4.13レス/分 ネット関係 > 難民
米民主党、トランプ政権にクーデター? (Japan In-depth) ★19 [首都圏の虎★] (1000)
勢い 5925.73 4.12レス/分 ニュース > ニュース速報+
【お墓】イスラム教徒の土葬墓地建設 町議会が反対側住民の陳情採択「風評被害が起きる」 大分県日出町 ★2 [ばーど★] (1001)
勢い 5906.53 4.10レス/分 ニュース > ニュース速報+
転載先ブログで大麻を販売しているよ! (1001)
勢い 5855.94 4.07レス/分 ネット関係 > 難民
愛知知事リコールで不正署名か 参加ボランティアが発表 [蚤の市★] (497)
勢い 5811.45 4.04レス/分 ニュース > ニュース速報+
グレートトラバース3 日本三百名山全山人力踏破30▽岩手・秋田の7座 ★2 (460)
勢い 5795.28 4.02レス/分 実況ch > BS実況(NHK)
Jざつ4551 (1001)
勢い 5784.27 4.02レス/分 ネット関係 > 難民
Jざつ4551 (1001)
勢い 5776.16 4.01レス/分 ネット関係 > 難民
【 児島だよ!クイズ15問 他】土曜夜のクイズスレ【共催大会(出題者募集中)】 (805)
勢い 5771.47 4.01レス/分 雑談系2 > ニュー速VIP
肴30953 (1001)
勢い 5693.92 3.95レス/分 ネット関係 > 難民
別館★羽生結弦&オタオチスレ15279 (1001)
勢い 5688.95 3.95レス/分 ネット関係 > 難民
【PSO2】PHANTASY STAR ONLINE2【33313】 (489)
勢い 5685.59 3.95レス/分 ネットゲーム > ネトゲ実況3
米民主党、トランプ政権にクーデター? (Japan In-depth) ★5 [首都圏の虎★] (1001)
勢い 5624.08 3.91レス/分 ニュース > ニュース速報+
亜美の雑談273 (1001)
勢い 5560.81 3.86レス/分 雑談系2 > なんでもあり
5061分の一人芝居 (1001)
勢い 5471.40 3.80レス/分 雑談系2 > なんでもあり
Jざつ4549 (1001)
勢い 5471.05 3.80レス/分 ネット関係 > 難民
実質上々100 (734)
勢い 5454.34 3.79レス/分 ネット関係 > 難民
☆【画像】8745 (937)
勢い 5440.28 3.78レス/分 ネット関係 > 難民
【陸自・訓練】50キロの荷物を背負い山中で4日間、食事はヘビやカエル、睡眠時間は1時間…帰還の8人に「レンジャー記章」★3 [シャチ★] (903)
勢い 5416.50 3.76レス/分 ニュース > ニュース速報+
Jざつ4541 (1001)
勢い 5415.89 3.76レス/分 ネット関係 > 難民
実質上々94 (1001)
勢い 5398.99 3.75レス/分 ネット関係 > 難民
肴30954 (1001)
勢い 5389.57 3.74レス/分 ネット関係 > 難民
【名無し奥も○○奥も】気楽に井戸端会議11864【みんな来い】 (1001)
勢い 5362.36 3.72レス/分 カテゴリ雑談 > 既婚女性
広告
【首相会見】GoTo「旅行業界優遇では」の質問に…菅首相「二階幹事長が特別ということじゃなくて」 ★2 [ばーど★] (1001)
勢い 5279.57 3.67レス/分 ニュース > ニュース速報+
【韓国】日本製品不買運動を第2の独立運動に[12/15] [ハニィみるく(17歳)★] (1001)
勢い 5270.35 3.66レス/分 世界情勢 > 東アジアnews+
肴30956 (1001)
勢い 5210.02 3.62レス/分 ネット関係 > 難民
【韓国】韓国で「背伸びして身の丈に合わないクルマに乗る貧困者」が後を絶たない理由★3[12/5] [Ikh★] (1001)
勢い 5193.13 3.61レス/分 世界情勢 > 東アジアnews+
【悲報】菅内閣の10代コロナ死誤報、他の死者と間違えた訳ではなく1名の死者そのものが消えてなくなる
勢い 5132.11 3.56レス/分 雑談系2 > ニュー速(嫌儲)
【PSO2】PHANTASY STAR ONLINE2【33311】 (1001)
勢い 5116.93 3.55レス/分 ネットゲーム > ネトゲ実況3
ひろゆき 「アメリカで大麻合法化した。大麻危険派は説得力無い」 反論できる? (1001)
勢い 5114.51 3.55レス/分 ニュース > ニュース速報
アンジュルム新メンバー「寒いね。」キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! (1002)
勢い 5072.08 3.52レス/分 雑談系2 > モ娘(狼)
興行収入を見守るスレ4093 (1001)
勢い 5023.31 3.49レス/分 文化 > 映画一般・8mm
Jざつ4545 (1001)
勢い 5005.58 3.48レス/分 ネット関係 > 難民
【韓国】日本製品不買運動を第2の独立運動に★2[12/05] [ハニィみるく(17歳)★] (1009)
勢い 4963.26 3.45レス/分 世界情勢 > 東アジアnews+
『進撃の巨人』 アニメファイナルが明日ついに始まるわけだが、なんで誰も話題にしてないの? [856517811] (429)
勢い 4918.47 3.42レス/分 雑談系2 > ニュー速(嫌儲)
絵師「姉に鬼滅の刃のキャラを描けと要求されクリエイターとしてのメンタルがぐちゃぐちゃにされた」 [192334901] (1001)
勢い 4855.20 3.37レス/分 雑談系2 > ニュー速(嫌儲)
【新型コロナ】 「公正なワクチン供給」…韓国で開かれた国際腐敗防止会議 ‘ソウル宣言文’を発表 [12/05] [荒波φ★] (210)
勢い 4853.93 3.37レス/分 世界情勢 > 東アジアnews+
亜美の雑談271 (1001)
勢い 4835.97 3.36レス/分 雑談系2 > なんでもあり
日本経済が成長しない原因30年間考えてもわからない。そんな事本当にあるの? [175786485] (1001)
勢い 4823.01 3.35レス/分 雑談系2 > ニュー速(嫌儲)
【米大統領選】ジョージア州務長官、「投票用紙は違法に秘密裏に数えられた」と認める★3   [Toy Soldiers★] (1001)
勢い 4744.96 3.30レス/分 ニュース > ニュース速報+
実質上々98 (1001)
勢い 4700.60 3.26レス/分 ネット関係 > 難民
【悲報】まんさん、女性専用車に男性が乗り込んだため怯えて号泣し過呼吸にwwwwwwwwwwwwwwww [243251451] (757)
勢い 4688.18 3.26レス/分 雑談系2 > ニュー速(嫌儲)
両面ハゲ (1001)
勢い 4618.77 3.21レス/分 家電製品 > 携帯電話ゲー

勢い 4598.34 3.19レス/分 ネット関係 > 難民
■ 前田こころ・岡村美波・平井美葉・小林萌花・里吉うたの ■ フジテレビ系 土曜プレミアム『IPPONグランプリ』 ■ 21:00〜23:10 ■? (1001)
勢い 4597.68 3.19レス/分 雑談系2 > モ娘(狼)
【自信】今週の鉄板レース3484【確信】 (1001)
勢い 4586.19 3.18レス/分 ギャンブル > 競馬
【名無し奥も○○奥も】気楽に井戸端会議11860【みんな来い】 (1001)
勢い 4582.40 3.18レス/分 カテゴリ雑談 > 既婚女性
立ちんぼ疑い、女61人逮捕 大阪「泉の広場」、17〜64歳 [首都圏の虎★] (1001)
勢い 4570.28 3.17レス/分 ニュース > ニュース速報+
納 涼 (1001)
勢い 4555.03 3.16レス/分 ネット関係 > 難民
【韓国】韓国で「背伸びして身の丈に合わないクルマに乗る貧困者」が後を絶たない理由★4[12/5] [Ikh★] [Ikh★] (1001)
勢い 4548.09 3.16レス/分 世界情勢 > 東アジアnews+
【東京都医師会】「コロナ感染が蔓延している。国はGoToの一時中断を」 尾崎会長 [ばーど★] (1001)
勢い 4532.11 3.15レス/分 ニュース > ニュース速報+
亜美の雑談270 (1001)
勢い 4500.52 3.13レス/分 雑談系2 > なんでもあり
広告
■■速報@ゲーハー板 ver.55270■■ (1001)
勢い 4466.35 3.10レス/分 ゲーム > ハード・業界
【NIKE差別動画】なんと朝鮮総連と連携して作った動画だった 日本の学校で差別とイジメに悩まされる設定も嘘★6   [Toy Soldiers★] (282)
勢い 4425.94 3.07レス/分 ニュース > ニュース速報+
米民主党、トランプ政権にクーデター? (Japan In-depth) ★4 [さかい★] (1001)
勢い 4422.91 3.07レス/分 ニュース > ニュース速報+
☆【画像】8743 (1001)
勢い 4329.30 3.01レス/分 ネット関係 > 難民
【アニメ】フェミニストが「ドラえもん」のお風呂覗きシーンカットの署名運動開始 「日本のアニメ、変わってほしい」意見投稿 [muffin★] (415)
勢い 4298.25 2.98レス/分 ニュース > 芸スポ速報+
10年前のニュース速報(ν速)って面白かったよな、モペキチ、Wなんとか、あひるちゃん、忍法帖、クソみたいだったけど今より楽しかった [515020545] (191)
勢い 4263.08 2.96レス/分 雑談系2 > ニュー速(嫌儲)
ドラッグは破滅へ広がる黒い罠 (1001)
勢い 4257.90 2.96レス/分 ネット関係 > 難民
rice burger3125(濱婆出禁) (1001)
勢い 4246.82 2.95レス/分 ネット関係 > 難民
フォトーショップ婆の5062pixel捏造画像では騙せません (1001)
勢い 4141.37 2.88レス/分 雑談系2 > なんでもあり
KPざつ★341 (1001)
勢い 4133.68 2.87レス/分 ネット関係 > 難民
【ドコモ】ahamo、ドコモショップのサポートは受けられない 手厚いサポート必要なら変えるべきではない ★3 [雷★] (144)
勢い 4133.42 2.87レス/分 ニュース > ニュース速報+
MUSIC FAIR【デビュー30周年 福山雅治特集】★1 (918)
勢い 4131.22 2.87レス/分 実況ch > 番組ch(フジ)
『鬼滅の刃』、なぜオタクは売上ばかりを語って、内容について批評を語らないの?この作品には、どんなテーマやメッセージ性があるの? [564368815] (857)
勢い 4082.98 2.84レス/分 雑談系2 > ニュー速(嫌儲)
Jざつ4548 (1001)
勢い 4069.95 2.83レス/分 ネット関係 > 難民
☆太田奈緒の誕生日を祝うもの達 地下売上議論25169★ (1001)
勢い 4057.04 2.82レス/分 雑談系2 > モ娘(狼)
721スレ957(ワッチョイなし) (635)
勢い 4034.71 2.80レス/分 ネット関係 > 難民
【名無し奥も○○奥も】気楽に井戸端会議11861【みんな来い】 (1001)
勢い 3997.15 2.78レス/分 カテゴリ雑談 > 既婚女性
東京 +584 (12/05) (1001)
勢い 3993.76 2.77レス/分 ニュース > ニュース速報
実質サタン763 (976)
勢い 3873.16 2.69レス/分 ネット関係 > 難民
実質上々99 (1001)
勢い 3872.06 2.69レス/分 ネット関係 > 難民
実質サタン762 (1001)
勢い 3824.63 2.66レス/分 ネット関係 > 難民
別館★羽生結弦&オタオチスレ15278 (1001)
勢い 3763.39 2.61レス/分 ネット関係 > 難民
【PSO2】PHANTASY STAR ONLINE2【33312】 (1001)
勢い 3757.29 2.61レス/分 ネットゲーム > ネトゲ実況3
松本人志って絶対山口組と繋がってるだろ (71)
勢い 3733.66 2.59レス/分 雑談系2 > ニュー速VIP
【自信】今週の鉄板レース3485【確信】 (353)
勢い 3729.42 2.59レス/分 ギャンブル > 競馬
【東京都医師会】「コロナ感染が蔓延している。国はGoToの一時中断を」 尾崎会長 ★3 [ばーど★] (1001)
勢い 3703.02 2.57レス/分 ニュース > ニュース速報+
米民主党、トランプ政権にクーデター? (Japan In-depth) ★7 [首都圏の虎★] (1001)
勢い 3686.61 2.56レス/分 ニュース > ニュース速報+
テンプレ必読 (1001)
勢い 3614.11 2.51レス/分 ネット関係 > 難民
■ 前田こころ・岡村美波・平井美葉・小林萌花・里吉うたの ■ フジテレビ系 土曜プレミアム『IPPONグランプリ』 ■ 21:00〜23:10 ■? (266)
勢い 3573.69 2.48レス/分 雑談系2 > モ娘(狼)

カテゴリランキング

ページのトップへ戻る