2ch勢い総合ランキング

「ニュース」カテゴリ > 「社説」板

平成の「開国」 韓国に遅れをとるな − 読売新聞 (183)

【pc】

平成の「開国」 韓国に遅れをとるな − 読売新聞 (183)


1 名無しさん@お腹いっぱい。
2011/10/19(水) 22:00:16.28 ID:uj/Yn6mfP

米韓首脳会談 日本のTPP参加促すFTA(10月16日付・読売社説)

経済関係の強化によって米韓同盟は新たな次元へ深化したと言える。
韓国の李明博大統領がワシントンでオバマ米大統領と会談し、米韓の自由貿易協定(FT
A)の早期発効を目指すことで一致した。
米韓FTAは4年前にいったん合意したのに、批准が遅れていた。首脳会談の前日、米議
会が実施法案を可決し、韓国も年内の国会承認を目指している。来年1月にも発効する見
通しだ。
発効から5年以内に、95%の物品で両国の関税はゼロとなる。
オバマ政権は、米韓FTAによる経済効果を、年間110億ドル(約8500億円)、7
万人以上の雇用創出と見込んでいる。
来年11月の米大統領選に向け、失業率が9%に高止まりする中、雇用は米政権の最優先
課題だ。カナダ、メキシコとの北米自由貿易協定(NAFTA)以来の大型FTAにかけ
る期待は大きい。
韓国も、国内総生産(GDP)を5・7%押し上げ、35万人の雇用増につながると試算
する。欧州連合(EU)とすでにFTAを発効させた韓国は、市場圏拡大で輸出に一段と
弾みがつこう。
韓国は、交渉中のものまで含めるとFTA相手国・地域との貿易額は全体の6割以上に達
する。4割に満たない日本の出遅れが目立つ。日本の自動車など輸出産業界が、韓国企業
との競争で不利な条件を強いられることに危機感を募らせるのも当然だ。
野田首相は、環太平洋経済連携協定(TPP)への参加を、速やかに決断すべきである。
オバマ大統領は来月、ハワイでのアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議を機に、
TPPの大枠合意を目指している。
米国にとってTPPは、世界経済の成長拠点であるアジアで、米国が主導する経済圏を作
り、影響力を強めようとする中国を牽制(けんせい)する狙いがあろう。
地政学的にも、中国に近接する同盟国・韓国との関係強化は大きな意味を持つ。米国が主
要20か国・地域(G20)首脳会議のソウル開催を後押しし、米韓同盟を「太平洋地域
の安全保障の礎」と位置づけるのも韓国重視の表れだ。
米韓首脳は今回、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮に対し、迅速で実効性ある対応ができ
るよう連携を強化する点でも一致した。
18日に訪韓する野田首相は、北朝鮮への対処は無論、経済連携協定(EPA)交渉の早
期再開も含めて、戦略的な観点から日韓関係の強化に努める必要がある。

(2011年10月16日01時09分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20111015-OYT1T01014.htm

平成の「開国」 韓国に遅れをとるな - 読売新聞

平成の「開国」 韓国に遅れをとるな − 読売新聞 (183)


44 名無しさん@お腹いっぱい。
2012/03/02(金) 13:54:19.94 ID:wdhREQgS0

読売新聞大阪 優秀な人ほど「いい人生を送れない」と思ってる会社
http://www.mynewsjapan.com/reports/1575

 『読売新聞社報』(2011年7月)によると、読売新聞の広告収入は、2002年3月期から2011年3月期までの10年間で、
1506億円→801億円と、実に46.8%も減少した。もう1つの売上の柱である販売収入も、
2649億円→2560億円と3.3%の減少となったが、発行部数が1015万部→1002万部と
1.2%しか減少しなかった(ABC部数)ため、こちらは微減にとどまっている。
【Digest】
◇いつも『絶対にコメントとってこい!』って言うやろ!
◇社会部至上主義
◇サツ回り事件報道
◇遺族取材
◇狭すぎるキャリアパス
◇「サツ回り専門」に絶望する若手
◇海外赴任はバンコクだけ
◇住宅手当2万円、配偶者手当3万7千円、子供手当2万円…
◇「頑張らへんと、プロジェクト編集室やぞ!」
◇「365日働いて当たり前」の空気
◇3拠点以外は自家用車で取材
◇「記者3人が共同通信の中途採用に応募」情報漏れる


45 名無しさん@お腹いっぱい。
2012/03/15(木) 17:33:22.59 ID:k4npMSd+0


外為業者の偉い方も、結局は株で儲けてるみたいで
韓国の投資家さん
「きんとみこ」
この人の富子会とかネットの記事を読んでるし
履歴とスケジュールで分かりました。
結構きんとみこさんて、著名人に人気あるのね。

 儲かる株レシピがきんとみこさんが書いてるサイト。

46 名無しさん@お腹いっぱい。
2012/08/16(木) 22:04:37.13 ID:tpYG0VBa0

『日王は韓国民に
心から土下座に来い、
それなら入国させてやる。
犯罪者が
土下座もしないで
言葉で謝るのなら
入国させんぞ』
韓国大統領は
こういったんだよ。
これじゃあー
日本人怒るよ。




47 名無しさん@お腹いっぱい。
2012/08/26(日) 20:14:26.72 ID:su3fzOzq0

【日本太郎】高岡フジ韓流ゴリ凸観察スレ15【戻れ】
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mog2/1345832034/l50


48 Ms.名無しさん
2012/10/14(日) 13:33:05.78 ID:1e3dXTlA0

http://www.youtube.com/watch?v=31qNXYHg41I

(動画に日本語字幕ある。レイプに親告罪?どこの国かよ!!)
韓国では「日本は性進国である理由」だと結構はやっている。
「日本は親告罪を適用してるから、レイプ率が隠されているだけ、
日本が韓国よりもレイプがはやっている」といってるんだ。
この動画、マジなら日本は韓国よりだめだな。


49 名無しさん@お腹いっぱい。
2012/10/14(日) 17:31:29.14 ID:7SchWedm0

     ,..:ニニニニニ::::::、
    ;;:::'''       ヾ、
   ;'X:           ミ
   彡   -==、  ,==-i
  ,=ミ_____,====、 ,====i、
  i 、''ーー|| °||=|| °||
  '; '::::::::: """"  i,゙""",l
   ーi::i:::   ,'"`ー'゙`; _ j     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   . |:::|:::   i' ,-ュュャ'  i   <  あきれてものもいえんわい!
    人:::::  ゙ "" ゙̄ ._ノ     \________
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


50 名無しさん@お腹いっぱい。
2012/11/23(金) 08:54:27.73 ID:TZxUU86s0

「TPP解散」 首相は交渉参加の旗を掲げよ(11月13日付・読売社説)

自由貿易を推進し、日本の成長に弾みをつけることが重要だ。野田首相は環太平洋経済連携協定(TPP)への交渉
参加を決断すべきである。
首相が衆院予算委員会で、米国が主導しているTPPについて、民主党の次期衆院選政権公約(マニフェスト)に盛
り込む考えを改めて示し、「党内で議論を進めていく」と述べた。
首相が「TPP交渉参加に向けて関係国との協議に入る」と表明してから1年が過ぎた。一段の市場開放に備えた農
業の国際競争力強化策などの環境整備もしないまま、参加の決断を先送りしてきたのは問題である。
ただ、ここに来て、TPP参加によってアジアの活力を取り込み、日本の成長加速を目指す姿勢を鮮明にする意味は
大きい。
年末から年始の可能性がある次期衆院選はTPPが争点となろう。活発な論議が求められる。
民主党内には依然、反対論が強く、首相の「TPP解散」を阻止する動きも活発化している。
だが、まずは交渉のテーブルに着かないと物事は始まらない。首相は腰砕けにならず、指導力を発揮してもらいたい。
一方、自民党は「関税撤廃を前提としたTPP参加に反対」という慎重な構えを崩していない。
しかし、自民党が政権奪還を目指すなら、通商国家・日本がいかに貿易を拡大し、経済を活性化させるか、具体的な
道筋を示すことが不可欠である。
自民党内には、TPP参加への賛成論も少なくない。党内論議を尽くし、説得力のある政策を打ち出さねばならない。
懸念されるのは、日本が決断をもたついている間に、出遅れが決定的になる事態である。
すでにカナダとメキシコの参加が決まり、TPPを推進してきたオバマ米大統領が再選された結果、来年にかけて、
11か国の交渉は加速する可能性が大きい。
このままでは関税撤廃・引き下げや貿易・投資ルール作りを巡り、日本抜きで交渉が進みかねない。日本がルール作
りなどに関与し、意見を反映できるかどうかで、国益が左右されるだろう。
TPP参加は安全保障上も重要だ。日米関係の強化につながり、尖閣諸島を巡って対立する中国への牽制(けんせい)
効果も期待できる。
TPPとともに、日中韓自由貿易協定(FTA)や東アジア包括的経済連携(RCEP)などにも並行的に取り組み、
したたかな戦略を推進する必要がある。
(2012年11月13日01時32分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20121112-OYT1T01282.htm

51 名無しさん@お腹いっぱい。
2012/11/23(金) 08:55:25.61 ID:TZxUU86s0

TPPと自民党 「反対」で選挙に臨むのか
2012.11.14 03:06
衆院解散・総選挙をにらみ、野田佳彦首相が環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉への参加についてマニフェスト
(政権公約)に明記する方針を表明した。
TPPでは、12日にメキシコで始まった実務レベル会合にメキシコとカナダが正式メンバー国として参加、日本の出遅れ
は明白だ。
こうした事態を招いた責任は、決断できず、何度も交渉参加表明の機会を見送った首相にある。その上に民主党内の調整は
ついておらず、公然と反対する閣僚もいる。実際にマニフェストに書き込めない可能性すらある。
それでも歩を進めようとする首相の姿勢は評価したいが、政治は結果だ。指導力が問われる。
気になるのは、総選挙後の政権復帰をめざす自民党のTPPに対する姿勢だ。TPP公約化が浮上しても、前執行部が決め
た「聖域なき関税撤廃を前提とする交渉参加には反対」との基本方針から踏み込もうとしない。
党内には政権を失った前回衆院選で農村部で苦戦した経験から、農業団体が猛反対するTPP参加には慎重であるべきだと
の考えがある。態度を明確にせず総選挙に臨む方が得策との意見もあるという。果たしてそれが政権奪還を狙う責任政党の
姿勢だろうか。
脱デフレが果たせぬうちに景気後退局面へ入った日本にとって、TPP参加でアジア太平洋地域の成長力を取り込むのは喫
緊の課題だ。それ以上に、大きな地政学的意味をTPPは持っている。
現在アジア太平洋地域では政治、軍事、経済などで米中が激しく競り合っている。TPPもその一環ととらえねばならない。
日本が参加を決めた東アジア包括的経済連携(RCEP)や日中韓自由貿易協定には明らかに中国のTPPへの対抗意識が
ある。
しかも、これらの枠組みには中国を中心にルールづくりが進む懸念がつきまとう。それを阻止し、日米関係を強化するため
にも日本が米国主導のTPPに参加し、成功させねばならない。
TPPに加わるか否かは、アジア太平洋地域を米国主導の自由貿易圏にするか、中国に利する経済秩序を容認するかの選択
といえる。自民党はこの観点を踏まえて議論を前に進める時期だ。選挙の争点にして、万が一にも不参加の事態を招いては
ならない。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121114/plc12111403070005-n1.htm

52 名無しさん@お腹いっぱい。
2012/11/23(金) 08:55:55.14 ID:TZxUU86s0

TPP交渉参加の意義を正しく伝えよ
2012/11/14付
野田佳彦首相が環太平洋経済連携協定(TPP)の推進を、民主党の衆院選政権公約(マニフェスト)に盛り込む考えを示
した。TPP交渉の参加問題で民主党は1年以上も迷走を続けている。首相は参加の意志を貫き、実現への道筋を早急につ
けてほしい。
TPPでは、国論を二分して意見対立が続いた。だが国内農業の保護を中心とする論争は、問題の核心からかけ離れていた
と言わざるをえない。狭い論点に目を奪われて、反対派と推進派が応酬する愚を繰り返してはならない。
まず確認すべきは、環太平洋地域に次世代の通商秩序を築くTPP本来の意義だ。グローバル化で人、モノ、カネ、情報の
流れは一段と複雑になっている。17年前にできた世界貿易機関(WTO)規則は、時代遅れになりつつある。
この間に経済大国となった中国は、対内投資や政府調達、知的財産権保護、輸出規制、競争政策などWTO規則が弱い領域
で、自国優先の身勝手な政策を推し進めている。中国の「国家資本主義」を模す新興国も増えるばかりだ。
こうした21世紀型の通商問題に取り組み、共通のルールの下に公正な市場を築く試みがTPPである。反対陣営の農業協同
組合は、高い関税による市場保護を訴えるが、関税問題はTPP交渉の中でごく限られた一部分にすぎない。
一方、輸出企業を中心とするTPP推進派も、国民への説得力が弱い。交渉に参加しないとルールづくりに乗り遅れると主
張するが、日本にとって具体的にどのようなルールが必要なのか、経済団体も政府も示せないでいる。
アジアに新しい経済秩序を築く協議が、米国の独壇場であってよいはずはない。米国の後を追うだけでなく、日本も独自に
地域の通商ルールのあるべき姿を描き、TPP交渉に臨むべきだ。
もう一つ、民主党政権に欠落していたのは、消費者の視点だ。関税による保護で食料品などの値段が高止まりし、消費者に
しわ寄せが来ている。貿易自由化は輸出企業ではなく、何よりも広く消費者に恩恵をもたらすという基本原理を丁寧に説明
する必要がある。
政権奪取を目指す自民党も、TPP交渉に真正面から向き合うべきだ。農業票を意識して参加に慎重な姿勢だが、問われて
いるのは、世界と日本の将来を見据えた通商政策の構想力である。票田ではなく政策を競い合ってほしい。

http://www.nikkei.com/article/DGXDZO48396500U2A111C1EA1000/

53 名無しさん@お腹いっぱい。
2012/11/24(土) 08:34:42.43 ID:0H3p7ai40

衆院解散表明 首相の重い決断を支持する(11月15日付・読売社説)
◆「1票の格差」是正を先行せよ◆
突然の衆院解散の表明だった。民主党内で早期解散への反対論が噴出する中、乾坤一擲(けんこんいってき)、中央突破を図った
のだろう。
野田首相が党首討論で自民党の安倍総裁に対し、衆院の定数削減を来年の通常国会で実現すると確約すれば、「16日に衆院を
解散する」と言明した。
安倍氏は明言を避けたが、党首討論後、「通常国会で結論を得るべく全力を尽くす」と述べ、16日の衆院解散が固まった。
衆院選は、12月4日公示―16日投票の日程で行われる予定だ。
◆政治不信の増幅を回避◆
内閣支持率が低迷しており、次期衆院選では、民主党の大敗も予想される。首相があえて解散・総選挙を断行することは、見識
ある、重い決断と評価できる。
8月に「近いうち」の解散を表明しながら、何もせずに年を越すようでは、首相発言の信頼性に疑問符が付き、国民の政治不信
が一段と高まりかねない。
首相は、追い込まれる形でなく、主導権を持って解散を断行したい考えだった。日本維新の会など第3極の体制が整う前に、衆
院選に臨む狙いもあろう。
民主党内の大勢を占める解散反対論者は、「解散は政治空白を招く」などと主張する。
しかし、野田政権の基盤が弱体化した中で、重要な政策課題を先送りし、いたずらに延命を図る方が、内政、外交両面で、より
深刻な政治空白をもたらす。
野田首相の解散方針に反発する民主党議員は公然と離党の動きを見せている。解散は首相の専権事項であり、首相の決断に従え
ない以上、離党はやむを得まい。
年内解散を前提にすれば、解散日程が遅れるほど、来年度予算の編成や成立もずれ込むことが懸念されていた。景気への悪影響
を抑える意味でも、最も早い「16日解散」は悪くない選択と言える。
年内に発足する新政権が、来年度予算を編成し、景気対策や外交の立て直しなどの重要課題に取り組むことが望ましいからだ。
党首討論の場で、野党に「踏み絵」を踏ませるかのように、解散条件の受け入れを迫る手法の是非はともかく、野田首相が党内
の反対論にひるまず、解散権を行使することは支持したい。
◆民自公の信頼が大切だ◆
衆院選後も、衆参のねじれ状況が続く可能性が高い以上、民主、自民、公明3党が一定の信頼関係を維持し、協力できる体制を
構築しておく意義は小さくない。
解散までの時間は限られているが、与野党は協力して、喫緊の課題を処理すべきだ。
赤字国債の発行を可能にする特例公債法案は、民自公3党が16日の成立で合意した。国庫が底をつかないよう、解散前に確実
に成立させねばならない。
衆院選の「1票の格差」を是正し、「違憲状態」の解消を図ることも不可欠である。
解散を先送りする思惑から、この問題に真剣に取り組んでこなかった民主党の責任放棄の罪は大きい。民主党は今なお、小選挙
区の「0増5減」と比例定数削減の一体処理に固執している。
「消費税率引き上げ前に国会議員が自ら身を切る」ため、有権者受けのする定数削減に積極的な姿勢を示すポーズだろうが、解
散前に結論を出すのは明らかに時間的に無理がある。
「違憲状態」の解消には本来、「0増5減」の法案成立後、小選挙区の区割り作業を経て、新しい選挙区で衆院選を行う必要が
あるが、それには数か月を要する。
解散前に、まず「0増5減」の法案を成立させる。定数削減やその他の制度改革は来年の通常国会で実現する。これが現実的で
あり、衆院の最低限の責務だろう。
「0増5減」さえ見送ったまま衆院選を行った場合、「違憲」として、選挙無効とする司法判断が出かねない。そうした事態は
回避しなければならない。
◆TPPや原発で論争を◆
衆院選では、3年余の民主党政権の評価が問われる。衆参ねじれ国会の下、「決められない政治」が続いたが、民主、自民の2
大政党が引き続き主導するのか、あるいは、第3極が勢力を大きく伸ばすのかも焦点となろう。
政策面では、野田首相は、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加を掲げ、争点化する意向だ。自民党など他党も、あいまい
な態度では済まされない。
社会保障と税の一体改革や、原発・エネルギー、外交・安全保障政策についても、各政党は政権公約(マニフェスト)を通じて、
立場を明確にしてもらいたい。
(2012年11月15日01時38分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20121114-OYT1T01521.htm

54 名無しさん@お腹いっぱい。
2012/11/24(土) 08:35:44.21 ID:0H3p7ai40

政党の責任―「熱狂の政治」はいらない

野田首相が衆院を解散した。
来月4日公示、16日投開票の総選挙がスタートする。
振り返れば、このところ異様な総選挙が続いた。
05年の「郵政選挙」。
小泉首相が、民営化反対派に放った刺客候補に注目が集まり、自民党が圧勝した。
09年は「政権選択選挙」。
民主党が地滑り的な勝利を収め、政権交代を果たした。
郵政民営化に賛成か反対か。政権交代は是か非か。シンプルな争点を政党が掲げ、多くの有権者の熱い期待を集めた。
■未来への選択肢を
だが、そんな「熱狂の政治」は、果たして人々の期待に応えることができただろうか。
答えが否であることは、1年限りの首相交代を5度も繰り返してきた現状が、何よりも雄弁に物語っている。
右肩上がりの経済成長は終わり、少子高齢化が進む。国の借金は1千兆円に達し、景気の低迷に出口は見えない。産
業の空洞化も進み、多くの若者が正社員になれない……。
国民の不安は切実だ。それだけではない。社会保障や公共事業のツケを回す形で、子や孫の世代にも負担を強いてい
る。
いまの政治の使命は、経済成長を前提につくられた仕組みを仕立て直し、この国の未来を切り開くことにほかならな
い。
野田政権は、社会保障と税の一体改革という実績を残した。だが、その代償として民主党は分裂し、政権は弱体化し
た。
政党にとって苦難の時代だ。
経済のグローバル化は進み、国の財政は厳しい。どの政党が政権を担っても選択肢は少なく、国民に痛みを強いるこ
とを避けて通れない。
■基本政策を明確に
そんな時代、一気に問題を解決できるかのような甘い夢をふりまき、勇ましいスローガンで国民受けをねらう誘惑に、
政治家はかられがちだ。
前者の典型例が、3年前の民主党のマニフェスト(政権公約)だった。
中国や韓国との間で領土問題をめぐる対立が続くなか、強腰の近隣外交を唱えるのは後者のケースだろう。
だがそれは、逆に政治に混乱をもたらすことになる。
困難な問題から逃げず、現状を一歩ずつ改善する選択肢を示す。このことを、改めて各党に求めておきたい。
各党のマニフェストづくりが本格化する。
経済再生や財政再建、震災復興はもちろん、国の根幹にかかわる次の三つの基本政策について、ぜひ明確な方針を盛
り込んでほしい。
第一に、原発・エネルギー政策である。
民主党は「30年代原発ゼロ」を打ち出した。ならば、もう一歩踏み込み、そこに至る工程表もあわせて示してはど
うか。
これに対し、自民党の安倍総裁は「原発ゼロは無責任」と批判する。では、安全性をどう確保し、使用済み核燃料の
管理・処理をどうするのか。納得のいく説明がほしい。
第二に、環太平洋経済連携協定(TPP)への対応だ。
首相はTPPの交渉参加に意欲を示すが、党内には反対論も根強い。まずは党内を一本化すべく、指導力を求めたい。
一方、この問題で安倍氏の発言は二転三転している。支持団体への配慮からだろうが、ことは国際交渉である。推進、
反対いずれにせよ、こんなあいまいな態度では困る。
第三に、外交・安全保障だ。
とりわけ、揺らいだ日米関係をどう立て直し、中韓との関係修復をどう進めるのか。各党の具体的な構想を聞きたい。
政権交代の時代、どの政党も政権を担う可能性がある。少なくともこれらの政策では、党内論議を尽くし、明確な方
針をうち立てる。これもまた、未来への責任である。
■2大政党か多党化か
民主党からの離党者が相次ぐ一方、「第三極」の合従連衡の動きも広がる。今回の総選挙は異例の「多党選挙」とな
る。
2大政党が軸か、多党化の道をたどるのか。今後の政治の基調を占う選挙でもある。結果によっては、政界再編の動
きが加速するかもしれない。
選挙の前後を問わず、連携する政党どうしは基本政策の一致が欠かせない。共通のマニフェストも考えるべきだろう。
見過ごせないのは、所属する政党の旗色が悪いとみるや、離党して新党へと走る議員たちが相次いでいることだ。
消費増税やTPPなど基本政策で、党の方針に納得できない議員がたもとを分かつことはあるかもしれない。
一方で、政策はそっちのけ、風やブームを求めて右往左往する政治家がいかに多いことか。
公示まで残された時間は限られている。それでも、各党は可能な限り、有権者に開かれた議論のなかで、未来に責任
をもてるマニフェストを示すべきだ。

http://digital.asahi.com/articles/TKY201211160920.html

55 名無しさん@お腹いっぱい。
2012/11/24(土) 08:40:17.79 ID:0H3p7ai40

国の針路示す政策の旗で競い合え
2012/11/17付
衆院が解散され、12月4日公示―16日投開票という日程で衆院選が実施されることが決まった。
15日に習近平総書記(国家副主席)をトップとする中国共産党の新体制が始動するなど、今年は世界のリーダーの
交代が相次いでいる。3年4カ月ぶりの衆院選で、日本は誰に国政のかじ取りを託すことになるのか。各党は国の
針路を示す政策の旗を掲げて、争点を明確にする責任がある。
民主党政権への審判
衆院の1票の格差是正のため衆院小選挙区を「0増5減」する法律は16日の参院本会議で成立した。ただ次の選挙
には区割りの見直しが間に合わず、違憲状態での選挙になることが確定した。昨年3月に最高裁が違憲状態と指摘
してから、解散直前まで格差是正に動かなかった国会の責任は重い。
次期衆院選でまず問われるのは、政権交代への期待を背負って誕生した民主党政権の総括である。2009年の民主党
マニフェスト(政権公約)に盛った後期高齢者医療制度の廃止など多くの公約は実現できず、税金の無駄遣いの根
絶などで16.8兆円の財源を生み出すという約束も空手形に終わった。実現できたのは高校授業料の無償化など一部
にとどまる。
野田内閣は消費増税関連法を成立させたが、党内外から政権公約に違反しているとの批判も浴びた。鳩山内閣での
米軍普天間基地移設問題の迷走や、菅内閣での東日本大震災への対応は、民主党の政権担当能力への失望を招いた。
民主党は厳しい評価を覚悟しなければなるまい。
首相官邸で記者会見した野田佳彦首相は、解散理由について「近いうち解散」の約束を果たすためと説明した。次
期衆院選の争点として(1)社会保障(2)経済政策の軸足(3)エネルギー政策(4)外交・安全保障(5)政治改革――を挙
げ「さらに前へ進めていけるのか、従来の古い政治に戻るのか」と、自民党との対決姿勢を鮮明にした。
解散が決まって、民主党からは離党者が続出し、与党は過半数割れする事態に陥った。基本政策を異にする以上、
離党はやむを得ない。環太平洋経済連携協定(TPP)交渉への参加などを巡っては、党内でなお賛否が割れてい
る。時間は少ないが、多くの候補者が参加する形できちんと議論し、政権公約をまとめる必要がある。
自民党は谷垣禎一前総裁の時に、国土強靱(きょうじん)化基本法の制定、法人税率引き下げなどを柱とする公約
をまとめている。TPPについては「聖域なき関税撤廃を前提にする交渉参加に反対」としていた。
安倍晋三総裁は講演で「すべて関税ゼロを突破していく交渉力があるかないか。私たちには突破していく力がある」
と述べ、交渉参加に前向きな考えを示した。自民党も安倍カラーを反映させた最終的な公約を早く示してほしい。
政権公約はもちろん重要だが、各党首は自らの言葉で国家ビジョンを発信してもらいたい。突然の衆院解散で、国
会では十分な政策論争がなされなかった。党首討論会など様々な場で、深みのある論争を期待したい。
今回の衆院選の大きな焦点は民主、自民の二大政党に対抗する第三極勢力の動向だ。小政党が乱立する様相だが、
その中心は日本維新の会の橋下徹代表と太陽の党を率いる石原慎太郎氏だ。
政権の枠組み提示を
石原氏は「小異を捨てる」と繰り返し、維新の会やみんなの党、減税日本に大同団結を呼びかけた。その結果、太
陽の党と維新の会は合流する見通しになった。
しかし原発や消費増税、TPPなどの基本政策の違いに目をつぶって大同団結する数合わせは、将来に禍根を残す
だけである。有権者の理解は得られまい。
衆院選は間接的に首相を選ぶ選挙だ。野田首相にとっては信任投票であり、5年前に体調不良を理由に政権を投げ
出した安倍氏は、いかに信頼を回復するかが課題になる。第三極勢力も早急に首相候補を明示しなければならない。
次期衆院選では民主党の苦戦が予想され、自民党が政権を奪還するとの観測が出ている。だが公明党と連立を組む
だけでは、参院で過半数に達しない。選挙後も衆参のねじれが続く可能性がある。
民主、自民、公明3党は社会保障と税の一体改革で積み残しになっている所得税などの税制改正や、年金制度改革
などについて、選挙後も3党合意に沿って共同で取り組む責任を負っている。各党はどのような枠組みで政権運営
を目指すかについて、選挙戦で方針を示すべきである。

http://www.nikkei.com/article/DGXDZO48525870X11C12A1EA1000/

56 名無しさん@お腹いっぱい。
2012/11/26(月) 01:26:41.96 ID:IchZtNEm0

日米首脳会談 TPP参加へ環境整備を急げ(11月21日付・読売社説)

環太平洋経済連携協定(TPP)交渉の参加に向けて、環境整備を急ぐことが重要である。
野田首相がプノンペンでオバマ米大統領と会談し、日本の交渉参加に関する日米協議を加速することで一致
した。首相は「関係国との協議を決定した当時(1年前)と決意は変わらない」と参加へ意欲を示した。
日米協議は今年2月に始まったが、停滞している。日本政府が民主党内の反対・慎重論を踏まえ、交渉参加
の正式決定を先送りしているうえ、米側も大統領選中、日本参加を警戒する自動車業界などに配慮していた
ためだ。
日本がアジア太平洋地域の活力を取り込み、経済成長につなげるには、自由貿易の新たなルール作りに関与
し、自らの主張を的確に反映させる必要がある。
より強固な日米関係を構築し、将来的に中国に国際貿易ルールの順守を迫る基盤を作るうえでも、TPPの
優先度は高い。
衆院選で、首相は「TPP推進」を民主党候補の公認基準とする意向だ。安倍自民党総裁も交渉参加に前向
きの考えを示した。
だが、両党とも、交渉参加に反対する勢力を抱えている。
衆院選後にどんな政権ができても、早期にTPP交渉に参加できるよう、各党は参加論議を深めるべきだ。
政府が自動車などの日米協議を加速しつつ、農業の国内対策を進めることも欠かせない。
野田首相は会談で、南シナ海の領有権をめぐる中国とベトナム、フィリピンの紛争に言及し、「アジアの平
和と安定に直結する国際社会共通の関心事だ。国際法の順守が重要だ」と強調した。
南シナ海の問題は、日本にとって人ごとではない。尖閣諸島の国有化後、中国は連日、多くの政府船を派遣
し、日本の実効支配を実力で突き崩そうとしている。
中国の手法は、日本だけでなく、アジア共通の懸念材料だとの認識を国際社会に広げることが肝要である。
日米が連携し、中国に自制を求めることも大切だ。
首脳会談では、野田首相が、沖縄で米兵の事件が相次いでいることを指摘し、米軍の綱紀粛正の徹底を大統
領に要請した。
10月の強姦(ごうかん)事件後、米軍が夜間外出禁止令を出したが、これを破った米兵の住居侵入事件が2
件発生した。看過できない問題だ。
米軍は、より実効性のある再発防止策を講じるべきだ。日米同盟の根幹である米軍の駐留を安定したものに
するには、事件・事故防止へ真剣な努力が求められる。
(2012年11月21日01時50分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20121120-OYT1T01621.htm

57 名無しさん@お腹いっぱい。
2012/11/26(月) 01:33:47.07 ID:IchZtNEm0

日米首脳会談 対話だけで領土守れるか
2012.11.21 03:38
野田佳彦首相はプノンペンでオバマ米大統領との首脳会談に臨み、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)問題
では日米の事前協議を加速することで一致し、日中関係では「大局観をもって対話を継続する」との基本的立場
を説明した。
総選挙で審判を受ける首相の立場で踏み込んだ発言をしにくいのは当然だが、それにしてもTPP交渉参加を明
言せず、日中で「対話継続」にとどまったのは極めて物足りない。
とりわけ尖閣諸島では、20日も中国の海洋監視船4隻が日本領海に侵入し、習近平新体制が攻勢を一段と強め
ているのは明白だ。首相はこの厳しい現実を踏まえ、尖閣防衛と実効統治の強化策や米軍再編など日米同盟強化
の具体的行動で結果を出すべきだ。
会談の冒頭、オバマ氏は「日米同盟は地域の繁栄と安全の基礎」と強調した。これに対し、首相は「東アジアの
安保環境は厳しくなり、同盟の重要性が増している」と応じ、オバマ政権のアジア太平洋重視外交を歓迎した。
一連の首脳外交で焦点となった南シナ海問題で「地域の平和と安定に直結する国際社会の関心事で国際法の順守
が必要だ」と、首相が中国の強引な海洋進出を間接的に牽制(けんせい)したのは当然といえる。
だが足元の尖閣問題では「大局観と冷静な対話」に終始した。問われているのは、尖閣をどう守るかだ。首相は
衆院解散直後の会見(16日)でも「極端な排外主義」との表現で尖閣の実効統治強化策を求める動きを批判し、
「意見の異なる国の首脳とは胆力と度量で対峙(たいじ)していく」と強調した。
胆力や度量は必要だが、中国の強まる攻勢に対して、領土や主権の侵害をいかに抑止するかの具体策こそ提示す
べきだ。
冷静な対話も強い外交力も、同盟の確かな抑止力や防衛費の増額などの裏づけがあってこそ発揮できる。米側が
普天間飛行場移設など在日米軍再編の早期履行や、防衛協力指針見直し協議の進展を強く期待するのもそのため
だ。
オバマ氏は別途、TPP参加国の首脳会合を行い、早期妥結へ積極的姿勢をみせた。首相がTPPを衆院選の争
点に掲げるとしながら、交渉参加に言及しなかったことで米側が失望したとしてもやむを得ない。同盟強化もT
PP問題も、行動が伴わなければ、国益につながる結果は生まれない。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121121/plc12112103390001-n1.htm

58 名無しさん@お腹いっぱい。
2012/11/26(月) 01:35:53.66 ID:IchZtNEm0

日中韓FTA―政経分離のきっかけに
日本と中国、韓国が自由貿易協定(FTA)の交渉に入ることを決めた。
3カ国の首脳が「年内の交渉開始」に向けて努力すると合意したのが今年5月。尖閣諸島や竹島の問題で一
時は正式決定が危ぶまれたが、カンボジアでの国際会議の場を利用して、3カ国の経済・貿易担当相が一堂
に会した。
中国からは、事前に「中日間の産業はとりわけ密接につながっている」(陳徳銘商務相)との声が出ていた。
韓国も「FTA交渉自体を拒む必要はない」との判断に至ったという。
領土に関する主張は譲らないが、経済への影響は避ける。そんな「政経分離」の姿勢であれば、歓迎する。
世界の国内総生産(GDP)合計の2割、東アジアでは7割を占める3カ国は、貿易や投資を通じて深く結
びついている。
とりわけ、世界第2位と第3位の経済大国である中国と日本は、切っても切れない関係にある。
中国の日本からの輸入は、景気減速に暴動の影響も加わって急速に落ち込んだ。日系自動車会社が使う部品
なども減っており、生産の停滞が中国の景気の足を引っ張るのは確実だ。日本からの投資も冷え込んでおり、
中国の中長期的な成長に影を落としつつある。
2年前の尖閣沖での漁船衝突事件で、中国はレアアース(希土類)の対日輸出を制限した。その後、日本側
が中国以外での資源確保やレアアースを使わない技術開発に努め、中国の関連企業は経営難に陥った。
こうしたことが「政経分離」への教訓になったのだろう。
もっとも、尖閣、竹島問題での対立は根深く、一朝一夕には解決しない。
今回の国際会議でも、3カ国の首脳会談が見送られる一方、中韓両国のトップ会談では日本の過去の「軍国
主義」や最近の「右傾化」が話題となり、対日批判で一致したという。
政治と経済の問題は本来、分かちがたい。環太平洋経済連携協定(TPP)をめぐる駆け引きは好例だ。米
国主導のTPPに日本が関心を示した後、中国は日中韓FTAに前向きになった。アジア重視を掲げる米国
への対抗意識は明らかだ。
だからといって、政治的な対立を経済に持ち込んでも問題は解決しないし、お互いに困るだけだ。
経済関係の深まりを「重し」として、突発的な衝突を避けつつ、冷静に議論を重ねていかねばならない。
http://www.asahi.com/paper/editorial20121121.html

59 名無しさん@お腹いっぱい。
2012/11/26(月) 01:38:08.77 ID:IchZtNEm0

自民党の公約―3年間、何をしていた
自民党の安倍総裁が、総選挙の政権公約を発表した。
3年前、自民党は有権者に見放され、政権を失った。
野党になってからの3年間、こんどは民主党の政権運営に厳しい批判を浴びせてきた。
この間、自民党は何を学び、野党としてみずからをどう鍛えてきたのか。政権に復帰したら、日本の経済や外交、
社会をどう立て直すつもりなのか。
この政権公約は、その出発点になるはずのものだった。
だが残念ながら、失望した、と言わざるをえない。
まず、年金や医療、介護、雇用といった国民のくらしにかかわる公約の多くが、省庁や支持団体の要望を並べたよ
うな内容になったことだ。
少子高齢化のなかで、社会保障にかかる国の支出は毎年1兆円規模で膨らむ。どの政党が政権を担っても、国民に
負担の分かち合いを求めざるを得ない。
ところが、公約にはそうした痛みを伴う政策はほとんど見あたらない。目に付くのは「生活保護の給付水準の10
%引き下げ」ぐらいだ。
「自助・自立を第一に」というのが自民党の社会保障政策の基本だ。ただ、削りやすい生活保護をやり玉にあげる
だけでは社会の分断を広げ、かえって活力をそぐことにならないか。
■にじむ業界への配慮
喫緊の課題である原発・エネルギー政策、環太平洋経済連携協定(TPP)をめぐる記述も、あいまいに過ぎる。
原発の扱いについては「3年以内に再稼働の結論を出す」「10年以内に電源構成のベストミックスを確立する」
と結論を先送りした。
一定の原発を維持するつもりなら、増え続ける放射性廃棄物をどう管理・処理するのか、具体的な方策とセットで
打ち出す責任がある。
発送電の分離や小売りの自由化などの電力システム改革を進めるのか、「国策民営」という従来の原子力政策を維
持するのかも聞きたい。
TPPについては「聖域なき関税撤廃を前提にする限り、交渉参加に反対する」と、どっちつかずの書き方である。
総選挙を前に、原発維持を求める電力業界や、TPPに反対する農業団体の支持を失いたくない。そんな思惑が見
え見えではないか。
一転、歯切れがよくなるのが「経済再生」である。
公約は「明確な物価目標(2%)を設定、その達成に向け、政府・日銀の連携強化の仕組みを作り、大胆な金融緩
和を行う」と宣言した。
■危険な金融緩和論
安倍氏は「建設国債をできれば日銀に全部買ってもらう」と主張する。それを元手に、10年間で大規模な「国土
強靱(きょうじん)化」を進めるのだという。
しかし、そのために国債発行を膨らませれば、財政悪化のみならず、金利の急騰を招く危険がある。世界経済にも、
無用の混乱を広げかねない。
経済のグローバル化が進むなか、一国の視野で解決できるほど問題は単純ではない。日銀の白川総裁が「現実的で
はない」と反論するのも当然だろう。
憲法改正、集団的自衛権の行使容認など、5年前までの安倍政権で手をつけられなかったテーマでも主張は鮮明だ。
教科書検定基準の抜本改革をうたい、とりわけ歴史教科書の検定をめぐって近隣国に配慮するとした「近隣諸国条
項」の見直しを盛り込んだ。
さらに「戦後補償裁判や慰安婦問題の言説に的確な反論・反証を行う」ことも掲げた。
■目立つ右派的主張
慰安婦問題で安倍氏は、当局が人さらいのように慰安婦を連行する「狭義の強制性はなかった」と主張してきた。
旧日本軍の関与を認め、日本政府としての「おわびと反省」を述べた、93年の河野官房長官談話の見直しもかね
ての持論だ。
だが、近隣諸国条項も、河野談話も、近隣国との信頼を築くうえで重要な役割を果たしてきた。次の政権がこれら
を引き継がないとなれば、近隣国との関係がいっそう悪化しかねない。慰安婦問題には米国や欧州も厳しい目を注
いでいることも忘れてはなるまい。
公約はさらに、尖閣諸島への「公務員の常駐や周辺漁業環境の整備」も盛り込んだ。問題をいっそうこじらせかね
ない主張である。
そうした強腰の外交で、どのように近隣国との関係を立て直すつもりなのか、きちんと説明してもらいたい。
複雑な問題を直視せず、勇ましい言葉で国民受けを狙う。金融緩和論にしても、右派的な主張にしても、自民党の
公約には、そんな危うさを感じざるをえない。
総選挙で各党に望みたいのは、互いの違いを声高に言い募るのではなく、現実的で、問題の解決につながるような
建設的な論戦である。
http://www.asahi.com/paper/editorial20121122.html

60 名無しさん@お腹いっぱい。
2012/11/26(月) 01:39:58.57 ID:/Lqmz29V0

自民党政権公約 国論二分の政策でも方向示せ(11月23日付・読売社説)

安倍政権時代に得た教訓と、3年余りの野党暮らしの経験は、どう生かされているのか。
「日本を、取り戻す。」と題した自民党の政権公約は、保守志向の「安倍カラー」が強い政策が目立つ。
その一つが、安倍政権が取り組み、挫折した「国家安全保障会議」(日本版NSC)の設置だ。
中国の急速な軍備増強や北朝鮮の核開発など、日本を取り巻く安保環境は厳しさを増している。
首相官邸を中心に、総合戦略を立案し、緊急事態に即応できる体制を整える必要がある。そのために外交・安
保政策の司令塔を創設することは理解できる。
集団的自衛権の行使容認を掲げて、「国家安全保障基本法」制定を明記したことは評価したい。長年の懸案だ
けに、実現すれば、鳩山政権以降、傷ついた日米同盟を修復し、強化する一助になる。
教育政策も安倍氏らしさを前面に打ち出した。
「日教組の影響を受けている民主党には、真の教育再生はできない」と主張し、「我が国と郷土を愛する」と
した教育基本法に沿った教科書検定や、教育委員会制度の見直しなどを挙げた。選挙の主要な争点となろう。
景気刺激策の一つとして、「国土強靱(きょうじん)化基本法」を定め、集中的に防災対策を進めるという。
この点について、民主党は「古いバラマキ型の公共事業だ」と批判する。財政規律との兼ね合いをどう図るの
か、自民党は論戦の中で明らかにしてもらいたい。
原発の再稼働については、可否を順次判断し、3年以内に決着させるとしている。電気料金の高騰を抑え、電
力を安定供給するためには再稼働が不可欠なことを国民に丁寧に説明する必要がある。
将来については「10年以内には『電源構成のベストミックス』を確立する」とあるだけで、結論を先送りし
た。原発をどう利用していくのか、道筋を示すべきだ。
環太平洋経済連携協定(TPP)への言及は、物足りない。
安倍氏は「国益が守られれば、交渉は当然だ」と明言したのに、公約は「聖域なき関税撤廃を前提にする限り、
交渉参加に反対する」と従来の見解通りにとどめた。
いつまで野党気分でいるつもりなのか。TPP推進の方向にカジを切るべきである。
自民党は、国論を二分する政策についても明確な方針を打ち出さねばならない。
(2012年11月23日01時49分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20121122-OYT1T01512.htm

61 名無しさん@お腹いっぱい。
2012/11/26(月) 01:40:54.19 ID:/Lqmz29V0

アジア経済連携 TPPテコに日本が主導せよ(11月24日付・読売社説)

アジアで新たに二つの巨大な自由貿易圏作りが動きだした。日本の成長促進へ、同時に推進する戦略が
問われよう。
日中韓と、東南アジア諸国連合(ASEAN)10か国、インド、豪州、ニュージーランドの計16か
国がプノンペンで、包括的経済連携(RCEP)の交渉開始を宣言した。
16か国は2013年初めに交渉をスタートさせ、域内関税の引き下げや投資障壁の削減などについて
15年末までの妥結を目指す。
RCEPは、国内総生産(GDP)の合計が20兆ドルに達し、世界の3割を占める経済圏だ。日本が
提唱してきた構想がベースになっている。経済大国に成長した中国とインドを含む自由貿易圏を構築す
るメリットは大きい。
交渉次第で日本企業の輸出拡大が期待できる。国内と域内の生産拠点をつないだ国際的なサプライチェ
ーン(供給網)も整えやすくなる。アジアの活力を取り込むビジネス展開の道が広がろう。
日中韓3か国は併せて、自由貿易協定(FTA)の交渉を来年開始することでも合意した。
日中は尖閣諸島、日韓は竹島を巡って対立しているが、領土問題を切り離し、経済優先で交渉に踏み出
したのは妥当だ。早期合意を目指してもらいたい。
二つの枠組みで交渉開始が決まった背景には、中国の思惑がうかがえる。中国は、米オバマ政権が環太
平洋経済連携協定(TPP)交渉を推進し、アジアでの影響力増大を図っていることを警戒しているか
らだ。
中国抜きのTPPに対抗するためにも、米国が非メンバー国のRCEPや日中韓FTAを重視する方針
を鮮明にしたと言える。
これとは別に、日中や米国など21か国・地域は、地域全体をカバーするアジア太平洋自由貿易地域
(FTAAP)を将来的に実現する方針でも合意済みだ。
FTAAPへの道筋は不透明だが、TPPを軸にする米国と、RCEPを中心に据えたい中国との綱引
きが活発化するだろう。
問われるのは日本の通商政策だ。野田首相は「TPP、日中韓FTA、RCEPを同時並行的に推進す
る」と繰り返している。
日本はまず、TPPへの早期参加を急ぐべきだ。それを弾みにRCEPや日中韓の交渉を有利に進め、
TPP交渉でも自らの主張を反映できるようにしたい。
米中のせめぎ合いの中、日本の国益を守りつつ、アジア経済連携を主体的に作る必要がある。
(2012年11月24日01時34分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20121123-OYT1T01011.htm

62 名無しさん@お腹いっぱい。
2012/11/29(木) 22:16:27.01 ID:uxi9M6+w0

東アジア経済統合に原動力TPPが要る
2012/11/23付
 東アジア首脳会議(サミット)で、日中韓など16カ国の首脳が、東アジアのほぼ全域を覆う「地域包括的経済連携
(RCEP)」の交渉開始を宣言した。欧州連合(EU)をしのぐ巨大な自由貿易圏をつくる意欲的な合意だ。
 狙い通りに広い範囲で市場統合が実現すれば、域内の経済効率は高まり、東アジア地域の成長力は一段と高まるだろ
う。内需に期待できない日本にとって、貿易と投資が拡大する恩恵は大きい。
 課題は、実際に中身が濃い協定をつくれるかどうかだ。経済事情が異なる国々が集まる交渉は、自由化の深掘りが難
しい。互いの弱点に切り込むことなく、最大公約数を追い求めれば、国ごとに細かく自由化の例外分野を設けるなど不
完全な統合になってしまう。
 RCEPの枠組みだけで、自然に東アジア経済統合が進むと考えるべきではない。より高い自由化に向けてアジア各
国の背中を押す強力なエンジンが必要だ。
 関税の完全撤廃を目標に掲げ、国有企業の改革、政府調達、技術規格の統一など広範なルールづくりを目指す環太平
洋経済連携協定(TPP)にこそ、その推進力がある。日本はTPP交渉に早く参加し、国内で必要な改革を実行しな
がら、東アジア全体の自由貿易を先導する役割を担うべきだ。
 東南アジア諸国連合(ASEAN)の大半の国々は、現時点では背伸びしてもTPPの高い目標についていけない。
相対的に甘い交渉になりそうなRCEPなら参加できるとの判断があるだろう。
 中国の姿勢はさらに政治色が強い。RCEPと日中韓3カ国の自由貿易協定(FTA)の交渉に応じたのは、その経
済効果でなく、米国が加わらない枠組みを重視したためだ。米国主導のTPPに対抗する意味合いが大きい。
 こうした各国のさまざまな思惑が前面に出れば、自由貿易圏を築くという大局を見失い、RCEP交渉は漂流する恐
れがある。そうさせないために日本がとるべき道は、TPPとRCEPの両方に加わり、率先して高い目標を追求しな
がら、同時にアジア各国に着実な自由化を促すことだ。
 12月の衆院選後に誕生する新政権には、日本経済を再生させる成長戦略が問われる。並行して走るTPP、RCEP、
日中韓FTAの3つの枠組みから、成長につながる相乗効果を生み出せるか。戦略的な通商政策が重要になる。
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO48744550T21C12A1EA1000/

63 名無しさん@お腹いっぱい。
2012/11/29(木) 22:29:39.30 ID:uxi9M6+w0

民主党政権公約 「現実化」と具体策を聞きたい(11月28日付・読売社説)

厳しい批判を招いた政権公約(マニフェスト)の見直しだけに、時間と労力をかけたのは確かだが、この内容で国
民に評価されるだろうか。
民主党が衆院選マニフェストを発表した。社会保障、経済、エネルギー、外交・安全保障、政治改革の5項目を重
点政策として掲げている。
年16・8兆円の財源捻出など、非現実的な目標を満載した2009年マニフェストの破綻の反省を踏まえて、数
値目標や達成期限の明示を最小限に抑えたのは当然である。しかし、まだ現実化路線が不十分な点も少なくない。
社会保障では、前回同様、最低保障年金の創設や後期高齢者医療制度の廃止を明記した。最低保障年金では「月7
万円」との記載は見送ったものの、それには最大6・2%もの消費税の追加増税が必要と民主党が試算している。
「社会保障制度改革国民会議の議論を経た上」としているが、少子高齢化に伴い、社会保障費全体の給付抑制が課
題となる中、実現性が乏しいのは明らかだ。
野田政権の政策を踏襲した「2030年代の原発稼働ゼロ」方針も、責任ある対応ではない。
核燃料サイクルの見直し、人材・技術の維持、国際連携、再生可能エネルギーの飛躍的普及など、様々な課題を列
挙しただけで、どう実現するのか、肝心の具体策と道筋を提示していない。
これでは、財源の裏付けがない事業の公約と同じだ。有権者に対して説得力を欠いている。
一方で、踏み込み不足になったのが、環太平洋経済連携協定(TPP)の参加問題である。
公約は、TPPや日中韓自由貿易協定(FTA)、東アジア包括的経済連携(RCEP)を「同時並行的にすすめ、
政府が判断する」という表現にとどめた。
党内のTPP慎重・反対派に配慮して、政府方針がまだ最終決定されていないことを強調したものだ。TPPの
「推進」を明記した10月の野田首相の所信表明演説と比べても、後退している。
前回のように小沢一郎元代表ら一部の意思で公約が決まるのも問題だが、今回、幅広い党内論議の結果、首相が望
む方向でTPPの結論を出せなかったことには、政権党として不安を禁じ得ない。
外交・安保も、「日米同盟の深化」といった抽象論に終始した。自民党公約にある集団的自衛権の行使容認、日米
防衛協力指針の改定などの具体論がないままでは、同盟深化は画餅にすぎない。
(2012年11月28日01時23分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20121127-OYT1T01730.htm

64 名無しさん@お腹いっぱい。
2012/11/29(木) 22:31:45.83 ID:uxi9M6+w0

TPP 強力政権で推進

戦後の日本の繁栄は、自由な貿易ができることで可能になった。関税の原則撤廃を目指す環太平洋経済連携協走
(TPP)の交渉に参加するかどうかが衆院選の大きな争点となっているが、「聖域なき」とか「国益」とか条件
を付けてゲームしている時間はない。アジア地域での新しいルールづくりに参加するのか否か。各党にはそのスタ
ンスをはっきり示してもらいたい。
野田首相は、オバマ米大統領との日米首脳会談で「協議を加速させる」と述べたが、交渉参加の表明には至らなか
った。TPPは成長が見込めるアジア太平洋地域での経済自由化を目的にしたルール作りだ。世界の通商秩序の主
導権を取っていくもので、ルール作りに参加することは意義がある。交渉参加を決断した方が、有権者の判断をあ
おぐことが出来て良かったのではないか。
東アジア首脳会議(サミット)などの場では、日本、中国、韓国が自由貿易協定(FTA)の交渉を来年開始する
ことで合意し、アジア間が国による包括的経済連携(RCEP=アールセップ)の交渉に入ることも正式に決まっ
た。
RCEPは、域内の関税を引き下げるとともに、国境を越えた経済活動の支障になっているサービスや投資分野の
規制撤廃を目指すものだが、農業や知的財産などの重要な部分の扱いが不透明だ。日中韓FTAも領土問題と通商
を切り離して議論しにくい。だから、質が高いTPPへの参加が日本にとっては重要だ。
円高が長引く中、現在の日本の法制度、税金、エネルギ-政策は「製造業は国内から出て行け」と言っているに等
しい。日本は今年度中にTPP交渉に参加しないと、出来上がったルールを受け入れるか否かの二者択一の選択し
かできなくなり、国益を損なう。
TPPを含め、アジア地域で経済連携の動きが広がっているのは、中国が台頭した世界で、政治と経済の秩序をど
のように維持するかのルール作りが必要だからだ。米国は年明けのオバマ新政権の発足後、交渉のプロセスに本腰
を入れてくるだろう。
日本は、小泉政権の下、2002年にシンガポールと経済連携協定(EPA)を締結するなどアジアで早い段階に
経済連携に乗り出していたが、首相が毎年代わるようになってから歩みが遅くなった。政権の基盤が弱くなり国内
に強い抵抗がある問題を決断できなくなったからだ。その結果、韓国などに先を越される状況になった。
通商政策を前に進めるためには強力な政権が出来ることが重要になる。世論が割れる課題を決めるのが政治だ。
(聞き手 経済部・池松洋)
(2012年11月27日03時03分 読売新聞)

65 名無しさん@お腹いっぱい。
2012/11/29(木) 22:34:55.63 ID:uxi9M6+w0

成長戦略 政治主導で縦割り打破

政府はこれまでダラダラと成長戦略を作り続けてきたが、着実に実行に移されることはなく、結果も全く出ていな
い。しかし、日本に残された時間はもうない。
まずは、日本の景気の足を引っ張っている円高やデフレの問題解決に努めながら、明確なエネルギー政策を打ち立
て、経済成長の芽を育てていくステップが必要だ。
中国の景気減速などの要因もあり、日本経済は当面、厳しい状況が続く。即効性のある経済対策は、エコカー補助
金など打ち尽くした。しかるべき規模の補正予算を出来るだけ早く組み、景気を下支えすることが必要だ。その際、
いずれ投資が必要になる社会資本(インフラ)の維持補修や、地震の防災対策を優先的に進めることが重要だろう。
成長戦略で、中長期的に成長要因となるのは3点ある。①女性や高齢者を活用し、労働人口の減少に対応②法人実
効税率の引き下げなど、海外からも含めた投資の増加③イノベーション(技術革新)を通じた生産性の向上──だ。
さらに、短中期に効果が期待できるのは、復興予算を加速度的に執行することや、アジアの成長を取り込むため官
民が協力したインフラ整備を海外で積極的に行うことなどだ。環太平洋経済連携協定(TPP)交渉の参加も必須
だ。日本の電気製品や自動車は、円高・ウォン安でハンデを背負っているのに、さらに関税で負ければ、日本の産
業はどうやって生き延びてゆくのだろうか。
規制・制度改革や、社会保障改革も全力で進め、若者が将来に希望が持てるように世代間格差などにもメスを入れ、
不公平感を取り除くことも欠かせない。
さらにもっと本質的な改革が必要な部分も残されている。例えば、成長分野の柱であるライフサイエンスは「日本
版NIH」※の創設が待ち望まれて久しいが、実現していない。経済産業省や厚生労働省などが協力し、予算を一
括集中して担当機問が差配することが大事だ。だが、ほとんどの政策課題が縦割り行政の結果、前進しない現実に
直面している。政治主導で壁を破らない限り、成長の成果を得ることは難しい。(聞き手 岩城択)
※日本版NlH 大学などの研究機関が生み出す基礎的な研究開発のアイデアなどを産業界に橋渡しして、医薬品
や医療機器の開発につなげる機関。米国の国立衛生研究所(NlH)が代表例。海外では類似の機関を持つ国も多
いが、日本では省庁や大学、産業界の利害が対立してまだ創設されていない。
(2012年11月28日03時03分 読売新聞)

66 名無しさん@お腹いっぱい。
2012/11/30(金) 23:29:29.35 ID:PJU0r92n0

社説:衆院選・TPP アジア戦略に不可欠だ
毎日新聞 2012年11月24日 02時30分
総選挙で各党とも経済再生を訴えている。そのためには世界の成長センターであるアジア太平洋
地域の活力を取り込む。ここまでは、あまり異論はないと思われる。
違うのはその方法だ。私たちは環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉に参加し、アジア
太平洋地域の貿易・投資ルールを日本に有利なものにしていく必要があると考える。来年が交渉
の正念場である。交渉参加は早ければ早いほどよい。
しかし、各党の姿勢は必ずしも前向きなものばかりでない。みんなの党と日本維新の会は賛成が
明快だ。民主党も賛成一色ではないにしても野田佳彦首相は「TPP推進」を公認の条件にする
と言っている。
◇自由化の大きなうねり
自民党は選挙公約で「聖域なき関税撤廃」なら参加反対だという。安倍晋三総裁は前向きともと
れる発言をしているが、公約は後ろ向きの印象を与える。公明党も賛否こもごものようである。
これ以外の政党は反対であるか、警戒的な主張のように思われる。
アジア太平洋地域の貿易・投資促進への大きなうねりが起きていることに、もっと注目すべきだ。
懸案の日中韓自由貿易協定(FTA)は日中関係、日韓関係が悪化している折から交渉開始が先
送りされる懸念があった。しかし、先日カンボジアのプノンペンで開かれた3カ国の経済貿易担
当相会合で、交渉開始が宣言された。
この会合は中国側が呼びかけたものである。中国との関係修復はなかなか先が見通せない状況だ
が、これは中国がいかに日中韓FTAを重視しているかを示している。
専門家が指摘するのは、TPPの影響だ。米国は東アジア地域の自由貿易圏作りで「米国外し」
が起きることに警戒を強め、TPPを戦略的に利用しようとしている。米国はオバマ再選でTP
P交渉を加速する構えであり、参加国も増えている。
米大陸では米国、ペルー、チリに加えてカナダとメキシコが参加、アジア太平洋ではシンガポー
ル、マレーシア、ブルネイ、オーストラリア、ニュージーランドに加え、ベトナムが参加し先日、
タイも参加表明した。フィリピンも意欲を示す。日本が加われば「中国抜き」の自由貿易圏のジ
グソーパズルがほぼ形をあらわす。
中国は敏感に反応しており、日中韓FTAだけでなく、東南アジア諸国連合(ASEAN)と日
中韓、そしてインド、オーストラリア、ニュージーランドによる東アジア地域包括的経済連携
(RCEP)にも非常に積極的になった。
これはもとは日本が提唱した枠組みで、中国への対抗上、インドやオーストラリアを加えた。中
国は消極的だったが、積極姿勢に転じた。これもいわばTPPへの対抗軸として活用しようとい
う戦略だろう。

67 名無しさん@お腹いっぱい。
2012/11/30(金) 23:30:01.52 ID:PJU0r92n0

こうしてアジア太平洋地域の自由貿易圏への動きは、大きくはTPPとRCEPが競合する形と
なっている。日本にとってこれはチャンスである。日中韓FTAと加えて、三つの枠組みが準備
された。
重要なのはこのうちどれかという選択でなく、同時並行的に追求すべきだということだ。日中韓
FTAもRCEPも日本にとって重要な枠組みだが、TPP参加国としての日本でなければ、そ
のなかでの発言力も半減してしまうだろう。
◇高まる中国への警戒感
アジア地域では中国の突出に対する警戒感が強まっている。中国とのFTAの結果、ベトナムや
インドネシアでは地場産業の衰退などの問題が起きている。この2カ国に加えてインド、ミャン
マーの4カ国は中国へのカウンターバランスとして、日本との協力強化を求めている。
日本企業にはすでに「中国プラス1」を模索する動きがあったが、こうした国々に対しては、技
術供与やインフラ整備の協力など、官民挙げた戦略的取り組みが必要だ。総選挙はそのアイデア
を競う格好の機会であり、TPPへの参加はその前提であることが理解されるだろう。
TPPでは農産物への打撃が懸念されるが、それは農家への直接支払いの手法次第で解決できな
い問題ではない。問題は、TPPに参加しなければ日本の農林水産業は再生できるのかというと、
まったくその展望が示されていないことだ。
若い世代が希望をもって農業を職業として選ぶ。そういう方向に変えていかなければならない。
それはだれもが分かっているはずのことだ。日本農業の潜在力は低くない。非常に高度な技術を
有する農家がたくさんあるが、規制で身動きならないのが実情ではないのか。
すばらしい美田が広がっているのに、その過半が減反対象などという地域すらある。むざむざ大
豆などを植えている。こうした不合理を一掃すればコメですら輸出を展望することが可能だろう。
世界、とりわけアジアに国を開き、こちらも内懐にはいっていく。それしか日本に活路はない。
この総選挙で問われているのはその決意だ。
http://mainichi.jp/opinion/news/20121124k0000m070115000c.html

68 ↓(上村シーラ千賀子) 経済植民地化、もう一つの日本侵略計画
2012/12/01(土) 02:09:42.16 ID:wXxfEGSJ0

213 :(上村シーラ千賀子) 経済植民地化、もう一つの日本侵略計画:2012/11/23(金) 00:33:40.56 ID:???
http://www.youtube.com/watch?v=q63-35zmH8g&feature=youtube_gdata

民主党が愚かしくも公認条件に掲げている「TPP参加」の推進。
しかし、既に暴露されているように、これはアメリカの形振り構わぬ「近隣窮乏化政策」であり、
そのために仕込まれた「ISD条項」や「ラチェット規定」などの毒素条項で悪名高い不平等条約である。

しかし日本のマスメディアはTPPを農業問題に矮小化して「平成の開国」を煽っているため、
TPPにより国家主権が脅かされるという恐怖の未来像について、大多数の有権者が正確な知識を持つに至っていない。

今回は、欧米のビジネスシーンに精通しておられる上村シーラ千賀子氏をお招きし、

弁護士や医師などのライセンサーまでもが「開国」され、
その挙げ句に日本がアメリカの経済植民地と化す暗黒の未来像について実体験を背景に御説明いただくとともに、

「報道しない自由」の横行が、結局マスメディアの自殺行為になることを警告していただきます。

    (非常に重要)





69 名無しさん@お腹いっぱい。
2012/12/11(火) 01:12:21.58 ID:lbRWKaBV0

TPP―2大政党、情けない
環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉に加わるのか、拒否するのか。
衆院選の争点の一つなのに、民主、自民両党が明言を避けている。他の多くの政党が賛否
を明確にしたのとは対照的だ。
民主党は野田首相が交渉参加に意欲を見せながら、党内の根強い反対を受け、マニフェス
トでは「政府が判断する」と先送りした。
自民党は公約で「聖域なき関税撤廃が前提なら反対」としつつ、安倍総裁は「民主党政権
には交渉力がない。自民党にはある」と力説する。だが、交渉に参加するとは言わない。
両党とも、TPPに反対する業界団体、とりわけ農業団体の強硬姿勢にすくんでいるのが
実態だ。政権を争う2大政党として、あまりに情けない「あいまい戦術」である。有権者
に堂々と問うべきだ。
TPPの対象は関税の削減・撤廃のほか、サービス分野の規制緩和、投資、政府調達、知
的財産保護など幅広い。当然、日本にとって利点が大きい分野も影響が心配な分野もある。
基本は「全体として消費者の利益につながるか」である。既得権を守ろうとする業界団体
の反対ばかり聞こえるのが通商交渉の常だが、日本経済の停滞を打ち破るために大局的な
判断がますます重要になっている。
政府は交渉状況について各国から情報を集めてきたものの、限界がある。
まずは交渉に加わり、当事者となって、詳しい情報を得つつルール作りで日本に有利な仕
組みを主張する。同時に、必要な国内対策を見極めていく。これが通商国家として生きて
きた日本の立ち位置ではないか。
民主、自民両党とも、党幹部の多くは同じ思いのようだ。「選挙が終われば参加を表明す
る」というのでは、有権者にあまりに失礼である。
コメなどを高関税で守ってきた農業は、確かに影響が小さくない。ただ、交渉を主導する
米国は砂糖などの輸入関税を残す考えで、「聖域なき関税撤廃」が避けられる可能性は十
分ある。交渉で同様の措置を勝ち取り、米作の強化を急ぐ。そんな姿勢が求められている。
日中韓、東アジア全域、そして対EU(欧州連合)と、自由化に向けた交渉開始が相次い
で決まった。いずれも日本がTPPへの関心を示した後に動きが加速した。
複数の交渉を並行して進め、貿易・投資自由化の恩恵を手にしていくうえで、TPPへの
交渉参加は欠かせない。
http://www.asahi.com/paper/editorial20121203.html

70 名無しさん@お腹いっぱい。
2012/12/12(水) 00:55:24.76 ID:d+0jJeZb0

日・EU交渉の前進に改革の実行力が要る
2012/12/3付
 欧州連合(EU)が日本との経済連携交渉の開始を決めた。韓国とEUが協議に入ってから、6年近くも遅れ
てスタート台に立つことになる。交渉を急ぎ、対等に競争する条件を早く取り戻さなければならない。
 日韓の企業は、欧州市場でライバル関係にある。先行する韓国には、EUは昨年7月から関税を引き下げ、同
年7~12月の韓国の自動車輸出額は前年同期からほぼ倍増した。値段で勝負にならず、日本製品のシェア低下は
著しい。
 危機的な状況である。米国と並ぶ巨大市場のEUで日本勢が敗退し、長年かけて築いた「日本製」のブランド
力まで失いかねない。国内政治の焦点となった環太平洋経済連携協定(TPP)の陰にかくれて目立たないが、
輸出企業にとって、米国よりもEUの関税撤廃の方が差し迫った課題だ。
 交渉入りしても安心は禁物だ。EU内には対日交渉への反対論が根強く残っている。業績不振のフランスとイ
タリアの自動車会社がその代表格だ。こうした保護主義勢力を押し切ってEUが交渉に踏み切ったのは、米国が
主導するTPP交渉の効果が大きい。
 日本がTPPに前向きな動きを見せたからこそ、EUは姿勢を転じた。日本が加わると、TPPの経済規模は
世界全体の約4割となる。経済大国の日米が先に手を結べば、通商ルールづくりで自分たちの影響力が落ちるの
ではないかとEUは焦っている。再びEUを後退させないためには、TPP交渉への早期参加が欠かせない。
 一方で、EUと米国の間では、日本やアジアを含まずに「環大西洋」で高い水準の自由化を目指す構想も浮上
している。東アジアでは、米欧が加わらない地域包括的経済連携(RCEP)の交渉も始まり、中国が意欲を示
している。
 米国かEUか中国か、どれか一つの極を選ぶという選択肢の問題ではない。複数の枠組みが競い合う状況を活
用して、排他的なブロック経済を避けつつ、日本の国益に沿った成果を、自ら、どう創出するか。次期政権の経
済外交に、その構想力と交渉力が問われる。
 日・EU交渉では、日本側に非関税障壁の撤廃が厳しく求められるだろう。要求の核となる規制緩和や基準・
認証の統一は、関税率の数字を調整する従来型の貿易交渉よりも格段に難しい。早期合意に導くには、国内で改
革を強力に進める政治の実行力が必要だ。
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO49102580T01C12A2PE8000/

71 名無しさん@お腹いっぱい。
2012/12/12(水) 00:56:10.53 ID:d+0jJeZb0

日欧EPA 早期合意で劣勢を巻き返せ(12月7日付・読売社説)

日本は経済連携を広げる戦略で韓国に大きく出遅れた。欧州連合(EU)との妥結を急ぎ、劣勢を巻き返す必要
がある。
EUの貿易相理事会が懸案だった日本との経済連携協定(EPA)交渉の開始を決めた。来年早々にも首脳間で
正式に合意する予定だ。
日本からの輸出増を警戒するEUが交渉になかなか同意せず、長い道のりだったが、交渉のテーブルに着くこと
を歓迎したい。
ライバルの韓国は、2007年にEUと交渉を始め、昨年7月に自由貿易協定(FTA)を発効させている。鉱
工業品などの関税を互いに段階的に引き下げて、5年以内に撤廃する内容だ。
EUは日本などから輸入する自動車に10%、薄型テレビに14%の高い関税をかけている。これに対し、韓国
製品の関税引き下げが始まり、昨年下半期に韓国からの欧州向け自動車輸出が前年同期比で倍増するなど効果は
大きい。
韓国メーカーと競う日本の自動車や家電業界が危機感を強めているのは当然だ。不利な条件を改善するため、政
府は対EU交渉を加速すべきである。
しかし、先行きは不透明だ。
EUは交渉開始から1年後に、市場開放への日本の取り組みが不十分と判断した場合、交渉を打ち切る方針を示
した。日本に大幅譲歩を求める強硬姿勢を警戒しなければならない。
日本から特定品目の輸入が急増した時、EUは緊急輸入制限措置(セーフガード)導入を検討すると牽制(けん
せい)した点も懸念される。
EUは日本市場への参入を狙って、医療機器などの安全基準の規制緩和や、鉄道・交通分野での政府調達の見直
しなど、非関税障壁の改善を要求する構えという。
通商交渉は、互いに守るべきものを守りながら接点を探り、自由貿易を拡大することが基本だ。日本は非関税障
壁の改善を検討し、粘り強く交渉すべきだ。
EUが日本との交渉に踏み出す背景には、日本が米国の主導する環太平洋経済連携協定(TPP)への参加に向
けて関係国と協議に入ったことがある。TPPに含まれないEUには、日米の動きに強い関心があるのだろう。
だからこそ、日本はTPPに早期に参加することでEUを揺さぶり、通商交渉の主導権を握る戦略的な取り組み
を進めるべきだ。
自由貿易の拡大で、日本の成長に弾みを付けることが重要だ。日本は積極的な通商政策を推進しなければならな
い。
(2012年12月7日01時32分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20121206-OYT1T01521.htm

72 名無しさん@お腹いっぱい。
2012/12/12(水) 00:57:14.33 ID:d+0jJeZb0

農業政策 バラマキいつまで続けるのか(12月9日付・読売社説)

貿易自由化をにらんで農業の体質強化は待ったなしである。
ところが、衆院選の政権公約では、「農村票」を目当てにしたばらまき路線が目立つ。強い日本農業を実現する
政策こそを競うべきだ。
農業政策の焦点は、戸別所得補償制度の見直しである。
民主党が2009年衆院選の政権公約に掲げ、10年度から導入した。コメ農家などに補助金を一律に支払う仕
組みだ。民主党は今回、所得補償を法律に基づく制度に格上げすると公約している。
所得補償制度の11年度の予算規模は5400億円に膨らみ、農業予算の4分の1を占める。
巨費を投じたにもかかわらず、規模拡大や経営改善につながったとは言い難い。
それどころか、生産性の低い零細農家が補助金目当てに農業を続ける現状を招く結果となった。費用対効果が極
めて乏しい政策は見直さなくてはならない。
自民党の公約にも問題が多い。所得補償制度は全面的に見直すというが、農地の維持を条件に、コメだけでなく
果樹や野 菜、畜産農家にまで対象を広げ、補助金を支給する新法を制定する方針だ。
所得補償の拡大以外の何物でもない。農地を持っていれば補助金がもらえる政策が、果たして生産性向上につな
がるだろうか。
意欲的な専業農家に支援を集中してこそ、農業が産業として自立でき、税負担する消費者の理解も得られよう。
自民党は、民主党政権が大幅に削減した土地改良事業費を復活させる方針も掲げた。これでは二重のばらまきだ。
公約で示した「競争力のある攻めの農業」など到底、実現できまい。
収益が上がらないから、後継者が減り、高齢化が進む――。悪循環を断ち切るには、農業再生への将来展望を示
す必要がある。
環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加へ、国際競争力を高めねばならない。1戸当たり平均2ヘクタールの
水田面積を5年間で10倍超にする政府目標も掛け声倒れだ。
生産・加工・販売を一体化した体制の整備、生産意欲をそぐ減反の段階的廃止、若者や異業種参入組の積極的育
成など、進むべき方向は明らかだろう。
TPP反対を応援条件に候補者に踏み絵を迫るJAグループも、「水田」を「票田」としか見ない政治家と同様、
農業の自立を自ら妨げている。
補助金漬け農政からの脱却が、農業再生への第一歩だ。
(2012年12月9日01時32分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20121208-OYT1T01129.htm

73 名無しさん@お腹いっぱい。
2012/12/12(水) 00:58:56.10 ID:d+0jJeZb0

受け身ではなく世界の舞台回す通商論を
2012/12/7付
 あすの貿易や投資の枠組みを築くための通商政策であるはずが、衆院選では、その本質から離れた議論ばかり
が目立つ。
 各党の環太平洋経済連携協定(TPP)をめぐる主張は、単純すぎるか、あいまいか、そのどちらかだ。選挙
公約の言葉だけでは、有権者にとって十分な判断材料にならない。日本の未来を見据えた通商政策を、真正面か
ら論じてほしい。
 自民党は「聖域なき関税撤廃」を前提とする交渉参加に反対だとしている。高関税による市場保護を求める農
業協同組合の組織票を強く意識する一方で、自由化そのものは支持する姿勢と読める。
 民主党は日中韓の自由貿易協定(FTA)などTPP以外の交渉と同時並行で進めると記した。野田佳彦首相
は参加を目指すが、党内の反対派と意見統一ができず、はっきりしない表現となった。
 公明党は国会で審議できる環境を作るとの立場にとどまり、参加の是非について言及を避けた。維新の会は参
加を掲げるが「国益に反すれば反対」と不明瞭だ。
 主要政党が文言に悩むのは、農業関税の即時撤廃や、米国の交渉支配、医療制度への悪影響など、誤った認識
に基づくTPPの負のイメージが広まったからだ。誤解を解く丁寧な説明をし、自由化に伴い必要となる国内改
革と過渡的な保護策の道筋を示すべきだ。
 TPPは、米国のルールを受け入れるか拒否するかの交渉ではない。環太平洋の国々と共に、貿易や投資の未
来図を描く場である。
 日本として、どのような通商の秩序を築きたいのか。政治に問われているのは、外圧への受け身の対応ではな
く、経済大国である日本が世界に働きかける構想力、提案力、交渉力である。
 日本国内や米国だけでなく、世界の動きをしっかり視野に入れているだろうか。欧州連合(EU)は日本との
交渉開始を決め、中国やインドを含む東アジア全体の自由化の取り組みも動き出した。米欧間でも連携構想が浮
上し、EUの東南アジア諸国連合(ASEAN)接近も著しい。
 TPPの賛否をめぐる表面的な議論だけでは足りない。乱立する多くの枠組みを活用し、日本にとって望まし
い国際秩序をどう組み立てるか。その理念と道筋を、各党は堂々と有権者に問うべきだ。
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO49281970X01C12A2EA1000/

74 名無しさん@お腹いっぱい。
2012/12/15(土) 22:24:11.15 ID:heoNe8GO0

横並び農業保護から脱却を

2012/12/14付
 選挙になると、農村は票田に変わる。今回のように環太平洋経済連携協定(TPP)
交渉への参加が争点になれば、各党はなおさら農業団体の組織票を意識した保護支援策
を競う。
 選挙のたびに繰り出される全国横並びの農業保護策が、結果として農業の競争力を弱
めたことを反省し、産地ごとの適性に合わせて競争力を伸ばす農業政策に転換しなけれ
ばならない。
 国内農業が抱える問題は農政が市場競争を避け、平等主義を変えないことにある。
2010年のコメ農家一戸あたりの生産規模は7ヘクタール近い北海道に対し、東海や近畿、
中国、四国地域は0.6~0.7ヘクタールと10倍の開きがある。専業農家の割合も地域で大
きく違う。
 横並び保護の発想を抜け出せば、北海道などの大規模農家ではコスト競争力を追求し、
規模拡大に限界のある産地ではより付加価値の高い作物への転換を推進する政策も考え
られる。
 しかし、民主党が法制化を掲げるコメ農家に対する戸別所得補償制度は専業、兼業農
家の区別もなく、全国ほぼ一律の生産調整への参加が支給条件だ。
 戸別所得補償制度に代わり、自民党が打ち出す「農地を農地として維持する支援策」
も、ほぼすべての農家が対象で、横並び保護の発想から脱却できていない。
 両党とも農業支援策で食料自給率の向上を目指すという。一定量の食糧を国内でまか
なうのは重要だが、小麦などの供給には限界がある。食糧の安定供給は海外産地とのつ
ながりを強めるなど総合的に対処し、農業の競争力強化と矛盾しないことが大切だ。
 それぞれの農家が競争力を高め、魅力ある産業に変われば新たな担い手も増える。そ
のためには農地法などの規制緩和も要る。
 これまでの農業政策には消費者の視点も欠けている。農業への財政支出がどのような
利点につながるのか、消費者に分かりやすい説明が求められる。
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO49541590U2A211C1EA1000/

75 名無しさん@お腹いっぱい。
2012/12/22(土) 23:08:55.45 ID:kKq6bHMh0

New lords, New laws(地頭が代われば掟も変わる)という英語のことわざがある。現代の民主制国家
はそう単純ではないが、この1年、世界の様々な国で指導者が入れ替わった。
昨年12月の北朝鮮に始まり、ロシア、フランス、エジプト、中国……そして日本、韓国がとりを飾る。
米国のオバマ大統領も1年余の厳しい選挙戦の禊ぎを受けて再選を手にした。
指導者交代の年は、その国の中にある亀裂や対立などいわば国の「弱さ」が表面に表れる。表現の自
由が制約され国民による選挙も行われない中国や北朝鮮であっても、突然の幹部解任などを通して権
力聞争の根深さがあらわになった。
日米仏の先進国は、財政赤字と低成長に悩み、福祉負担や成長戦略を巡る論争の渦中にいまもある。
国民に「痛み」を求めねばならない先進国の指導者は、政権基盤が弱体化する危険にいつもさらされ
ている。
中韓露の新興国は、経済成長が減速する中、成長の「果実」の配分を巡って不公平感が強まり、財閥
や官僚汚職に対する国民の不満が噴き出している。
政治体制を変革し、民主化への一歩を踏み出したエジプトでは、イスラム主義の急速な台頭による困
惑と混乱が続いている。
再選されたオバマ大統領を含め、新たな指導者たちはまず、こうした国内の亀裂や対立の修復に取り
組まざるをえない。世界第1位と第2位の経済大国である米中両国は当面、国内向けの経済対応や、
ナショナリズムを鼓舞する膨張政策などを優先し、外交問題の調整に積極的に動こうとしない可能性
がある。
だが、中東情勢や欧州経済をはじめ、世界はいまなお不安定だ。日本の安全保障と経済成長にとって、
同盟国の米国を内向きにさせず、中国に責任ある外交姿勢を促していくことは、とりわけ不可欠であ
る。
安倍次期政権には新しい外交ゲームを始めるためのカードはある。
一つは、環太平洋経済連携協定(TPP)への交渉参加だ。米国のアジア重視戦略に呼応し、アジア
の通商交渉を巡る中国の対抗意識も刺激できる。
もう一つは、北朝鮮と日米中韓露の6か国協議の枠組みを動かすことだ。韓国大統領選で朴槿恵氏の
当選を見届け、米政府高官は言った。「米国以外の5か国首脳が全て代わる。新しい動きが起きる」
(2012年12月21日 読売新聞)

76 名無しさん@お腹いっぱい。
2012/12/22(土) 23:09:52.91 ID:kKq6bHMh0

衆院選では民主党に厳しい審判が下った。自民党が勝ったのではない。自民党の比例選での得票率は
28%で、2009年衆院選で惨敗した時とほぼ変わらない。日本維新の会とみんなの党を足した得票
率は29%で、自民党を上回る。自民党は浮かれてはいけない。
自民党が、環太平洋経済連携協定(TPP)に関し、衆院選の政権公約で「聖域なき関税撤廃を前提
にする限り、交渉参加に反対」としたのは、ポピュリズム(大衆迎合主義)のにおいがする。表現を
曖昧にしたのは結局、農村票を取りたいからだ。
安倍さんの課題は、党内をしっかりまとめることだ。「TPPは交渉に入っていきましょう。どこか
でおかしくなったら、私がノーと言います」と。そういうことをやらないといけない。
政権内に、しっかりしたブレーン集団を作ることも大事だ。党の総力を結集し、民間の良い人も集め
る。時には、これまで安倍さんの身近にいた人と距離を置くことが必要な場合もあるだろう。
当面は2012年度補正予算と、来年度予算の組み替えに集中するのだろう。東日本大震災の復興を
進め、日銀との関係をどう再構築するかだ。外交面で最初に取り組むべき課題は、対中関係の安定だ。
中国国内にも、安倍さんへの警戒心と、2006年の第1次安倍内閣で日中間係は好転したという評
価の、両方がある。「中国と事を構えるつもりはない。日中関係を重視している」というメッセージ
を色々なパイプで送るべきだ。
日本について、また、安倍さんについて、「右傾化」という批判が出ている。しかし、イデオロギー
的な右傾とリアリズムは違う。安全保障能力を適切に強化するのはリアリズムだ。安倍さんには、国
際協調に立脚したリアリズムであることを明らかにして、プラグマティック(実利的)なアプローチ
で進んでほしい。
日米同盟を補強する集団的自衛権の行使容認については、粛々とやることが肝要だ。中国船による沖
縄県・尖閣諸島周辺の領海侵犯が繰り返され、米艦船と共同対処する可能性は高まった。北朝鮮の長
距離弾道ミサイルがフィリピンまで届くようになり、米国に届くかもしれないミサイルを、日本のミ
サイル防衛システムで撃ち落とすケースも現実味を帯びてきた。
大勝した政権に対しては、外国からも「しっかりと付き合わなくてはいけない」という声が出てくる。
大きな勝利を生かして、最初は安全運転で、経済と外交を進めるべきだ。
民主党には実行する能力が欠けていた。「政治主導」と言いながら、政治家が責任を持って政府全体
をまとめられなかった。実現可能性を度外視しても歓心を買う政策を唱える「ポピュリズム(大衆迎
合主義)」の失敗とも言えるが、ガバナンス(組織統治)に失敗した面が大きい。優先順位をつけて
合憲していくことができなかった。
衆院選で最も大衆迎合的な公約を掲げたのは日本未来の党、共産党、社民党の3党だ。3党は原発反
対、消費増税反対、環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉参加も反対──という点で一致していた。
「反消費税、反原発と言えば有権者の支持が得られるだろう」という計算があったのだろうが、これ
は究極のポピュリズムだ。国民の健全な判断で、特に日本未来の党は惨敗した、
原発の安全は厳しくチェックし、大丈夫なら再稼働すればいい。具体的な方法論を示さずに「203
0年代に原発ゼロ」と言うような政党は、信頼できない。
「決められない政治」から脱するために必要なことの一つは、参院改革だ。法案が参院で否決された
場合に、衆院で再可決するための要件を「3分の2」から「2分の1」に引き下げる憲法改正案を出
すことを考えるべきだ。衆参両院の議決が異なる場合に開く「両院協議会」の衆参の構成比を衆参10
人ずつではなく、衆院20小人、参院10人に変える方法もある。ただ、両院協議会の結論を両院が尊重
するかどうかという問題があるので、これだけでは不十分だ。
目公両党は衆院選で3分の2を超える議席を取ったが、衆院での再可決は、あくまで「最後の手段」
だ。再可決を繰り返すと世論の反発を招き、自公両党が来年夏の参院選で負ける可能性が高まるので
はないか。それは「決められない政治」に逆戻りする恐れがある。
年明けの通常国会では衆院選挙制度改革が課題になる。
現行の小選挙区比例代表並立制では、小選挙区の候補者が1票を争って大衆迎合に走りやすくなって
いる。たとえば定数3、計150選挙区のような中選挙区制とすることを早急に検討すべきだ。
選挙制度改革は、政治家の手を離れたところで(有識者らによって)進めてほしい。利害関係者が自
分で案を作るのは良くない。(聞き手 政治部 東武雄)
(2012年12月21日 読売新聞)

77 名無しさん@お腹いっぱい。
2012/12/22(土) 23:13:53.26 ID:kKq6bHMh0

TPP「不戦敗」避けよ
新政権は、安倍総裁にとって2度目のチャンスだが、停滞してきた日本経済にとっては立て直しのラストチ
ャンスとも言える。
前回の安倍政権だった約6年前と比ベ、名目国内総生産(GDP)は7%も下がっている。その後、衆参の多数派
が異なる「ねじれ国会」という政治状況が続き、重要なことは何も決められなかった。この間、消費税率
の引き上げを含む社会保障と税の一休改革を決めたことが唯一の成果だ。
人口が減っていく中で経済成長を維持するのは至難の業だ。医療や介護、農業などの分野で規制を取り除
いて成長産業を育てることや、輸出・輸入の双方を増やし、生活を豊かにしていくことが求められる。米
豪など11か国による環太平洋経済連携協定(TPP)交渉には、ぜひ参加してほしい。
交渉参加しないというのは不戦敗だ。TPP交渉参加のタイミングは、早ければ早いほど、日本の立場を主張
できる余地が大きくなる。遅れれば「11か国で決めたことをのみなさい」と言われる可能性が高まる。
「安倍政権は、貿易拡大による成長戦略をとるんだ」という強いメッセージを出すべきだ。
安倍氏は「聖域なき関税撤廃を原則にするのなら反対」と言っているが、全く何の規制も設けないという
経済連携協定はあり得ない。「聖域」の定義を狭く捉えれば、米国ですら聖域はある。豪州との自由貿易
協定(FTA)で、米国は砂糖を例外にしている。日本に聖域があっても問題はない。もし本当に聖域がないん
だったら、交渉を決裂させて帰ってくるというくらいの気持ちで臨めばいい。
物価が持続的に下がるデフレからの脱却については、(あらかじめ明示した物価上昇率を実現するように中
央銀行が政策運営をする)インフレ目標を導入することが有効な手段となる。目標を達成できなかった場合、
日本銀行総裁の責任を問うといった枠組みを整えることが重要だ。
衆院選後、円安が進んで株価が上昇しているのは、新政権が今までにない手段を使ってでもデフレを克服
しようとしていることを市場が評価しているからだ。リーマン・ショック後、日本は(大量のお金を市場に
流し込む)量的緩和の国際的な流れに乗ることができなかった。日銀は、自らの政策が景気浮揚にどうつな
がっていくと考えているのか、市場とよく対話していく必要がある。

日本発の財政リスク回避
2012年の日本経済は、政治の混迷もあって、思っていたよりも悪化した。年明けに補正予算を編成するこ
とはやむを得ない。14年4月から消費税率を上げるかどうか、13年10月ごろに決定することになっているか
ら、経済成長率を高めておきたいという事情もある。予算が足りずに後回しにされていた公共事業などを
実施することになるのだろう。
ただし、12年度末に10兆円規模の補正予算を組むのであれば、13年度予算の歳出は控えめにするといった
対応は欠かせない。
08年のリーマン・ショック以降、税収が歳出の半分以下という事態が続いている。いわば、給料の2倍以上
のお金を使い、クレジットカード(国債)を使っている状態だ。思い出してもらいたいのは、前回の安倍政
権の時には、国債の新規発行額が25兆円(07年度)に過ぎなかったということだ。当時は景気が良かったと
いう事情もあるが、今では「44兆円以下」がベンチマーク(指標)で、さらに10兆円を足すかどうかという
議論をしている。非常に危険だ。
ギリシャの財政悪化をきっかけとする欧州危機は、最悪の事態を避けられたという安心感が広がっている。
今や日本発の財政リスクをどう回避するかを考え始めた方がいい。自民党は政権公約で「今後2~3年は、
弾力的な経済財政運営を推進する」と書いているが、国債の発行額を、いつまでに、どのように減らして
いくのか。「44兆円をゼロにする」くらいの気概を持ってほしい。
これは私の個人的な解決策だが、「財政赤字がゼロになるまで、毎年1%ずつ消費税を上げていく。経済成
長によって税収が増え、赤字がゼロになれば増税をやめる」というルールを作ればいい。改革を怠れば25%
まで消費税率は上がるということを示しつつ、歳出削減にも取り組む。景気が悪ければ、一時的に赤字国
債を出すのは構わないが、中長期的な財政再建の道筋は示しておく必要がある。
経済課題というのは、自民党も民主党も、そんなに違うはずがない。社会保障費を抑えることや、国民一
人一人に番号を割り振る共通番号(マイナシバー)制度の導入、成長産業の規制改革など、やらなくてはい
けない政策リストはそろっている。「これとこれをやりましょう」という政治的な決断こそが求められて
いる。(聞き手 経済部 五十棲忠史)
(2012年12月22日 読売新聞)

78 名無しさん@お腹いっぱい。
2012/12/24(月) 21:06:28.56 ID:rNP2oWLY0

鬼女の姦酷潰しまとめ
http://www.logsoku.com/r/ms/1353248970/3-13

79 名無しさん@お腹いっぱい。
2012/12/24(月) 22:26:56.16 ID:mu4ErmkE0

日米電話会談 同盟強化にTPP不可欠
2012.12.19 03:22
自民党の安倍晋三総裁がオバマ米大統領と電話会談し、東アジア情勢に関して「日本もパワーバラ
ンスが崩れないよう責任を果たしたい」との考えを伝えた。
国際社会の平和と安定のため貢献しようとする姿勢を評価したい。だが、日本が自ら防衛力を強化
し、集団的自衛権の行使容認に踏み込まなければ、責任を果たすことにはならない。
来年1月にも訪米して首脳会談を行うことでも合意したが、それまでに新政権が日米同盟を立て直
すため、具体的な方向性を示すことを期待したい。
安倍氏は北朝鮮の長距離弾道ミサイルへの対応で「緊密に連携したい」と大統領に語った。それに
は米国を目標に発射されたミサイルを日本が迎撃できるよう、集団的自衛権に関する政府の憲法解
釈を変更する必要がある。
「日米防衛協力のための指針」(ガイドライン)の見直しで、日米が中国の海洋進出に対応できる
内容に改める作業も急がれる。いずれも待ったなしだ。
環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への対応でも意見交換が行われた。安倍氏は「国益に即し
て積極的に自由貿易を促進する」との立場を示しながらも、「協議内容を把握した上でどう対応す
るか考えていきたい」と述べるにとどめた。
オバマ政権は2期目となる来年1月以降、アジアの同盟強化やTPP交渉促進など、安保と経済を
両輪にアジア太平洋戦略を推進する。それには、日本の緊密な連携と協力が不可欠だ。
米国が主導するTPPに対抗して、中国は「東アジア包括的経済連携(RCEP)」などの枠組み
作りを急いでいる。場合によると日本は中国を利する経済秩序に手を貸すことになりかねない。
自民党が野党としてつくった「聖域なき関税撤廃を前提にする限り反対」といった公約にとらわれ
ていては、政権政党としての役割は果たせまい。大統領は「フランクに話し合う」意向を示した。
参加方針を明確にして首脳会談に臨む必要がある。
17日に死去した米民主党重鎮、ダニエル・イノウエ上院議員は半世紀以上議員を務め、慰安婦問
題で日本政府を糾弾した米下院決議に反対するなど、日米同盟への貢献は計り知れない。知日派と
の関係強化も課題である。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121219/plc12121903230004-n1.htm

80 名無しさん@お腹いっぱい。
2012/12/24(月) 22:27:40.05 ID:mu4ErmkE0

社説:農業政策 ばらまきは許されない
毎日新聞 2012年12月23日 02時32分
自民党は、今回の総選挙で民主党の農業者戸別所得補償制度を「ばらまき」と批判し、「力強い日本農業
の構築」を農政の目標に掲げた。
環太平洋パートナーシップ協定(TPP)などの自由貿易交渉もにらみ、国内農業の競争力強化は避けて
通れない。新政権は「ばらまき」から脱却し、構造改革による農業の体力強化を進めるべきだ。
自民党の安倍晋三総裁は総選挙後の会見で、「ばらまき政策に国民がはっきりノーといった」と民主党の
政策を批判した。
確かに、民主党政権の戸別所得補償制度は、耕作規模や専業・兼業の区別なく一律に補助金を支給する仕
組みだ。その結果、片手間でコメを作る零細な兼業農家を温存し、意欲ある農家への農地の集約を妨げて
いるとの批判がある。農水省内でも政策効果を疑問視する声が出ているほどで、見直しは不可避といえる。
しかし、自民党が今回掲げた公約にも「ばらまき」を加速させかねない施策が並んでいる。その代表が、
戸別所得補償制度に代わるとされる「多面的機能直接支払い」制度だ。これは、農地を農地として維持す
ることに対する補助金で、コメに限らず、麦・野 菜などの畑作や畜産農家を含む全農家が対象になる。
規模も作目も問わない補助金が、競争力強化につながるとは思えない。やる気のある農家が、より意欲を
持てるような支援にするよう制度の再検討を求めたい。
農村での公共事業である農業基盤整備事業の強化を打ち出していることも気がかりだ。これは、民主党政
権が大幅に削減した事業の復活を意味する。農業の規模拡大や効率化に資する事業を厳しく選別しなけれ
ば、ばらまき復活との批判は避けられないだろう。
安倍総裁は1回目の首相の時に臨んだ07年の参院選で、敗北した。その選挙前に農業の競争力強化を目
指して、規模の大きな農家に絞った補助金制度を導入したところ、小規模農家の反発を受け、農村部で大
きく議席を減らした。前回総選挙ではマニフェストの目玉の一つとして戸別所得補償を掲げた民主党に大
敗した。
結果として、3年余りの野党生活を余儀なくされたわけだが、その反省の成果が「ばらまき復活」であっ
てはなるまい。
自民党は、農家の高齢化、担い手不足への対策として若者を中心とした新規就農者支援の大幅拡充や、生
産から加工・販売まで一貫して手がけることで付加価値を高める6次産業化の推進なども打ち出している。
7月の参院選を意識した人気取りに走らず、農業の強化につながる農政改革を期待する。
http://mainichi.jp/opinion/news/20121223k0000m070109000c.html

81 名無しさん@お腹いっぱい。
2012/12/24(月) 22:28:24.64 ID:mu4ErmkE0

ばらまき排し経済成長促す補正予算を
2012/12/23付
26日に発足する安倍晋三政権が、来月中旬にも大型の経済対策を打ち出す。国費で10兆円
規模の2012年度補正予算案を編成し、金融緩和の強化に動く日銀とともに景気を下支えす
る方針だ。
だが不要不急の公共事業をばらまき、経済対策の規模だけを膨らませるのでは困る。徹底
的に無駄を排除し、成長力の強化やエネルギーの安定供給に資する施策を選別しなければ
ならない。
日本の実質成長率(前期比)は4~6月期から2四半期連続でマイナスを記録した。世界
経済の減速や日中関係の悪化、エコカー補助金の終了などが原因だ。
中国経済の底入れや円安・株高といった追い風も出てきたが、楽観できる状況ではない。
景気を確実に回復させ、14年度からの消費増税につなげる必要がある。
肝心なのは経済対策の中身だ。安倍政権は防災・減災対策や震災復興の公共事業を中心に
据える公算が大きい。自民党の「国土強靱(きょうじん)化計画」や、公明党の「防災・
減災ニューディール」の具体化が想定される。
老朽化したインフラの補修や公共施設の耐震化に、一定の投資が必要なのは確かだ。これ
を口実に無駄な公共事業を膨らませる動きには首をかしげざるを得ない。
自民党は経済対策の財源を賄うため、民主党が財政運営の指針としてきた44兆円の新規国
債発行枠を見直す考えも示している。大盤振る舞いで財政規律を損なわないよう注意して
もらいたい。
重視したいのは新産業の育成や新技術の開発を促すような施策である。再生エネルギーの
普及に欠かせない送電網の整備や蓄電池の開発などを後押しすべきだ。
予算や税制、規制緩和といった政策手段をうまく組み合わせ、こうした事業を支援してほ
しい。公的資金に頼るだけでなく、民間資金の活用を検討してもいい。
メリハリと規律が問われるのは13年度予算案も同じである。成長と財政再建の両立という
大きな目標を忘れず、ここでも経済の底上げに役立つ施策に予算を重点配分しなければな
らない。
もちろん中長期的な成長戦略も欠かせない。自民党が公約した法人税の大胆な引き下げや
不断の規制緩和を具体化する必要がある。環太平洋経済連携協定(TPP)には慎重だが、
日本の貿易や投資を活性化する効果は大きい。一刻も早く参加を表明すべきだ。
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO49921180T21C12A2PE8000/

82 名無しさん@お腹いっぱい。
2012/12/25(火) 03:10:43.89 ID:+63iX5pB0

どれも長すぎて、読む気が起こらない。
興味を持たせるには数行とリンク先だけでいいんだよ。

83 名無しさん@お腹いっぱい。
2012/12/25(火) 07:17:03.72 ID:61a9AHhg0

在日は出て行けとは言わないが
犯罪を犯したら強制送還はすべきだろ

84 名無しさん@お腹いっぱい。
2012/12/25(火) 07:25:37.40 ID:ouEKrUVL0

韓国引き合いにだした時点で信憑性薄れるのどうにかしなせい

85 名無しさん@お腹いっぱい。
2012/12/29(土) 20:18:29.07 ID:H4DaEzwR0

  ●●●ケネディ大統領は何故、死なねばならなかったのか?●●●
  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/3729/1226114724/53

  ¥¥¥¥¥¥¥『万有サロン』書き込み大賞・総額100万円¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥

  この掲示板に優秀な書き込みをして、総額100万円の賞金をゲットしよう!(*^^)v
    万有サロン
      http://jbbs.livedoor.jp/study/3729/
    書き込み大賞の詳細
      http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/3729/1069922074/78-
    書き込み大賞の詳細(資料倉庫内)
      http://www2.tba.t-com.ne.jp/a-z/omake/banyu/taisho.htm

  また、あらゆる疑問に関する質問を、携帯電話やメールでも受け付けています。
    電話番号 080-4437-4187
    メール  aaa-zzz@tba.t-com.ne.jp

  ¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥

86 名無しさん@お腹いっぱい。
2012/12/30(日) 15:43:27.16 ID:ViKNmjjb0

  ●●●ケネディ大統領は何故、死なねばならなかったのか?●●●
  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/3729/1226114724/53

  ¥¥¥¥¥¥¥『万有サロン』書き込み大賞・総額100万円¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥

  この掲示板に優秀な書き込みをして、総額100万円の賞金をゲットしよう!(*^^)v
    万有サロン
      http://jbbs.livedoor.jp/study/3729/
    書き込み大賞の詳細
      http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/3729/1069922074/78-
    書き込み大賞の詳細(資料倉庫内)
      http://www2.tba.t-com.ne.jp/a-z/omake/banyu/taisho.htm

  また、あらゆる疑問に関する質問を、携帯電話やメールでも受け付けています。
    電話番号 080-4437-4187
    メール  aaa-zzz@tba.t-com.ne.jp

  ¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥

87 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/01/01(火) 09:00:06.87 ID:cMzXidP80

自公連立合意 TPP先送りなら国益損ねる(12月26日付・読売社説)
国益を本当に重視するなら、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉に参加する決断を先送りしてはなるまい。
自民党の安倍総裁と公明党の山口代表が会談し、景気・経済対策、外交安保など8項目の連立政権合意書に署
名した。
合意書は、「自由貿易をこれまで以上に推進する」としたうえ、TPPについて「国益にかなう最善の道を求
める」と明記した。
先の衆院選政権公約は、自民党が「聖域なき関税撤廃が前提なら反対」、公明党も「(国会で)十分審議でき
る環境をつくる」と、いずれも慎重だった。連立合意は、TPP交渉参加に含みを持たせたのであれば、前向
きな動きだ。
米豪など11か国は、来年中のTPP交渉の妥結を目指している。日本は参加に踏み切れず、カナダ、メキシ
コにも後れをとった。
自由貿易を通じた経済成長にも日米同盟の強化にも、TPP参加は有力な手段となるはずだ。
自民党内では、来年初めの首相訪米時の参加表明を求める積極論がある一方で、農業票の離反を恐れて来夏の
参院選後に決断を先送りする慎重論も根強い。
参院選前は「安全運転」に徹したい事情は理解できるが、交渉参加を遅らせる不作為は、日本の主張を貿易・
投資ルールに盛り込む余地を狭め、結果的に国益を損ねることを忘れてはならない。
通商協定では、国益に反すると判断すれば、交渉過程で離脱することも、最終的に国会で承認しない選択もあ
り得る。交渉前から、悪いシナリオばかりを想定するのは建設的ではない。まずは早期に交渉参加を表明すべ
きだ。
連立合意は、消費税率引き上げ時の低所得者対策として、食料品などの軽減税率の導入を検討することを盛り
込んだ。自民党が公明党に歩み寄ったものだ。
軽減税率は、民主党政権が主張する給付付き税額控除よりも簡明で、分かりやすい。新聞や書籍を対象とすれ
ば、知的文化を守ることにつながる。対象品目の線引きなどの課題は、自公両党が十分協議し、克服してもら
いたい。
原発政策は、公明党が公約に掲げた「原発ゼロ」を採用せず、「原発依存度を減らす」との表現で当面の活用
をうたった。安全が確認された原発の再稼働も容認し、現実的な内容と評価できる。
安倍氏は、原発新設を認めない民主党政権の方針を見直す考えも示している。経済・雇用への悪影響を最小限
に抑えることと、原発の安全確保との両立が大切だ。
(2012年12月26日01時25分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20121225-OYT1T01615.htm

88 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/01/01(火) 10:02:50.62 ID:cMzXidP80

自公連立合意 危機突破へ実行力みたい
2012.12.26 03:17
 自民党の安倍晋三総裁が掲げる「危機突破」政権の党内布陣が決まり、自民、公明両党の連立政権合意がま
とまった。
 合意文書にはあいまいな部分も残るが、「原発ゼロ」を排して、「憲法改正」を明記するなど、日本の国益
を踏まえた内容になっていることを評価したい。
 内政外交にわたり日本の危機的状況は一段と深刻化している。安倍氏の使命は、その進行を食い止め、危機
克服策を実行していくことにある。
 参院のねじれを考えれば、自公連立、さらには民主党とも協力して具体的な成果を示していかなければなら
ない。
 安定的な政権運営が求められているが、その一方で憲法など戦後放置されてきたテーマにも取り組むことに
よって、「強い日本を取り戻す」とした姿勢を具現化する必要がある。
 合意は「本格的な大型補正予算や来年度予算の編成・成立に万全を期す」としたほか、物価目標2%の設定
や名目3%以上の経済成長実現を明記するなど、経済政策への積極的姿勢を示している。
 原発・エネルギー政策では「原発ゼロ」を盛り込まず、省エネや再生可能エネルギーの導入、火力発電の効
率化などで「可能な限り原発依存度を減らす」との表現に落ち着いた。原発の再稼働も容認する余地を残した。
 新政権として、経済再生に不可欠な電力の安定確保に責任を持つべきだ。それがなければ、強い経済は実現
できない。
 環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)では「国益にかなう最善の道を求める」として、参加反対とはしな
かった。国益を守るためにも、新たな自由貿易のルール作りに参加する決断が重要だ。
 憲法については「憲法審査会の審議を促進し、憲法改正に向けた国民的な議論を深める」とした。安倍氏が
目指している「衆参両院で総議員の3分の2以上の賛成」という憲法96条の改正要件緩和も政治日程に乗せ
るべきだ。
 一方、党三役人事で総務会長に野田聖子元郵政相、政調会長に高市早苗元沖縄北方担当相をそれぞれ起用し
た。
 政権公約では女性の力を「成長戦略の原動力」と位置付けたが、党三役に女性2氏を抜擢(ばってき)した
のは初めてだ。新しい自民党の姿をこれからも国民にみせてほしい。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121226/stt12122603170002-n1.htm

89 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/01/01(火) 10:56:10.15 ID:cMzXidP80

安倍自民の力結集し政治の安定を
2012/12/27付
 自民党の安倍晋三総裁が5年ぶりに首相に返り咲き、第2次安倍内閣が船出した。
 自民党政権で初の首相再登板である。1年で政権を投げ出した前回のような失敗は許されない。安倍氏は
今回の内閣を「危機突破内閣」と命名し、経済再生・デフレ脱却を最優先する考えを示している。先の衆院
選で大勝した民意を背景に、安倍自民党の総力を結集してこの難局に臨んでほしい。
参院選重視の姿勢鮮明
 安倍首相は組閣に先立つ党役員人事で、来年夏の参院選対策を重視する姿勢を鮮明にした。衆参のねじれ
解消が、政権の安定に欠かせないとの判断からだ。人気のある石破茂幹事長を続投させ、選挙実務に通じた
河村建夫選挙対策局長を党三役級に格上げした選対委員長に起用した。
 目玉は高市早苗政調会長と野田聖子総務会長だ。党三役に女性を2人起用したのは初めて。ともに50歳代
前半の若さで、女性票や無党派層を強く意識した人選である。党内をまとめる力量は未知数だが、自民党が
変わったという印象を与えたのは確かだろう。
 閣僚人事では麻生太郎元首相を副総理兼財務相に起用したのをはじめ要所に親しい議員を配した。政治思
想を同じくするタカ派議員の登用も目立つ。一方で、谷垣禎一前総裁や、総裁選で争った石原伸晃、林芳正
両氏を入閣させ「挙党態勢」づくりに腐心した。
 経済政策の司令塔役の経済再生相には、首相に近い甘利明氏が就いた。社会保障と税の一体改革の担当相
も兼務する。甘利氏は商工関係議員の有力者であり、電力業界との関係も深い。電力改革などの規制改革に
果敢に切り込めるかが試金石となる。麻生財務相には財政規律への目配りも求めたい。
 安倍首相は官邸主導で経済再生に取り組む意向で、経済関係閣僚や官邸メンバーは側近議員で固めた。経
済再生で成果をあげられなければ、かつての「お友達内閣」批判が再燃することになろう。
 25日に結んだ自民、公明両党の連立政権合意では、大胆な金融緩和でデフレ脱却を図ることや、可能な限
り原発依存度を減らす方針を明記した。焦点の環太平洋経済連携協定(TPP)は「国益にかなう最善の道
を求める」との表現に落ち着いた。交渉参加に含みを残した表現といえる。
 参院選に悪影響を与えるとして、自民党内では農業団体などが反対しているTPP交渉への参加に二の足
を踏む声が多い。しかしTPPは成長戦略の柱であり、各国が手を携え、中国に国際ルールを守るよう促し
ていくための枠組みでもある。日本が入れば、中国をにらんだ日米の結束にもつながる。安倍首相は党内を
説得して、早く交渉入りを決断すべきだ。
 経済再生とともに、外交と安全保障の体制立て直しは安倍内閣の喫緊の課題だ。尖閣諸島では中国による
領海への侵入が相次ぎ、最近は領空も侵犯された。
 まず民主党の鳩山政権で傷ついた日米同盟を修復し、強めるところから始めなければならない。安倍首相
もそうした認識から、最初の訪問先に米国を選ぶ考えだ。
 日米同盟が揺らいだきっかけは、米軍普天間基地の移設問題で鳩山政権が迷走したことだった。安倍首相
は現行移設案への理解を得られるよう、地元への説明を尽くしてもらいたい。
中韓との関係修復急げ
 日米が直面している最大の課題は、台頭する中国にどう向き合うかである。中国軍の増強への対応も含め
日米で対中戦略を擦り合わせ、連携できる体制をつくることが肝心だ。
 日米と併せて周辺諸国との関係の再構築も待ったなしだ。なかでも急がなければならないのは、日韓関係
の修復だ。北朝鮮の暴走を止めるためにも、日米韓の協力が不可欠だからである。
 自民党は先の衆院選で「竹島の日」を祝うため、2月22日に政府主催の式典を開くという公約をかかげた。
竹島は日本の領土だが、実行すれば、韓国が反発を強めるのは必至だった。安倍首相はこの式典の開催を見
送り、特使として額賀福志郎元財務相を韓国に派遣する意向を表明している。現実的な対応と評価できる。
 尖閣諸島でぶつかる中国との対立も、放置できない。海上保安庁の拡充など、日本の領土である尖閣諸島
を守るための措置は着実に講じていくべきだ。日本から中国を挑発する言動は控え、関係改善の糸口を探る
ときである。韓国と同様、中国との外交でも現実路線を軸に、対立の負の連鎖に歯止めをかけてほしい。
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO50055950X21C12A2EA1000/

90 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/01/01(火) 11:55:40.23 ID:cMzXidP80

第2次安倍内閣 危機突破へ政権の総力挙げよ(12月27日付・読売社説)
◆「強い経済」取り戻す知恵が要る◆
デフレからの脱却、震災復興、原発政策の再構築、外交立て直し――。日本が直面する難問を解決しようとい
う意欲のうかがえる布陣だ。
第2次安倍内閣が発足した。戦後、首相の再登板は吉田茂以来2人目である。
安倍首相は就任後の記者会見で「一日も早く結果を出すことで信頼を得たい」と強調した。短命政権に終わっ
た5年前の苦い経験を教訓に政策実現能力が問われる。「危機突破内閣」の看板通り、閉塞状況を打開しても
らいたい。
◆「霞が関」を使いこなせ◆
閣僚には、自民党の麻生元首相や谷垣禎一前総裁、公明党の太田昭宏前代表ら重鎮が並んだ。根本匠復興相ら
首相に近い中堅・若手の登用も目立つ。
内閣の要となる官房長官に腹心の菅義偉前幹事長代行、官房副長官には世耕弘成前参院政審会長ら側近を据え
た。内閣官房参与に小泉元首相の政務秘書官を務めた飯島勲氏を起用している。
首相官邸を中心にしたチーム力と大災害時などの危機管理能力を高めるのが狙いだろう。
民主党政権の誤った「政治主導」とは一線を画し、官僚機構を十二分に使いこなして、霞が関の機能を引き出
すことが大切だ。
安倍内閣の最重要課題は、日本経済の再生である。麻生太郎副総理・財務・金融相、甘利明経済再生相、茂木
敏充経済産業相の3閣僚が、その中核を担う。
いずれも政調会長を経験した政策通である。実効性のある政策を迅速に打ち出してほしい。
◆司令塔を機能させたい◆
社会保障財源を確保するため、消費税率を着実に引き上げていく必要がある。それには、後退色を強める景気
を下支えする大規模な補正予算の編成が急務だ。
経済再生に向けて、首相は経済財政諮問会議を復活させ、新たに日本経済再生本部を置く。二つの組織を経済
の司令塔として、しっかり機能させねばならない。
野田政権の「2030年代に原発稼働ゼロ」の方針では電力の安定供給が揺らぎ、産業空洞化も加速する。こ
れを早急に撤回し、現実的な原発・エネルギー政策を再構築すべきである。
少子高齢化と人口減で中期的には国内需要の縮小が避けられない。日本の成長に弾みをつけるには環太平洋経
済連携協定(TPP)への参加を決断するしかない。
林芳正農相は、一層の市場開放に備え、農業の国際競争力を強化する重要な役割を担う。
老朽化したインフラ(社会基盤)の整備と防災対策も欠かせない。古屋圭司防災相が目玉政策の「国土強靱
(きょうじん)化」を担当する。
無論、日本が深刻な借金財政に陥っていることも忘れてはなるまい。将来世代にこれ以上重いツケを回さない
よう、効率的な公共投資を工夫することが肝要だ。
社会保障制度を持続可能にするには給付の削減は避けられない。社会保障の専門家である田村憲久厚生労働相
の手腕が問われる。
外相には、岸田文雄元沖縄相が就任した。鳩山政権が著しく損なった沖縄県との信頼関係を回復しなければ、
米軍普天間飛行場の移設問題は前進しない。
沖縄県の事情に通じ、仲井真弘多知事とも一定の信頼関係があると言われる岸田氏の起用は妥当だと言えよう。
防衛相には小野寺五典元外務副大臣が起用された。
尖閣諸島を巡って中国は、領海だけでなく、領空まで侵犯した。経済、軍事両面で膨張路線をとる中国とどう
向き合うかは外交・安全保障の最重要課題だ。
首相は岸田、小野寺両氏と十分連携し、柔軟で、したたかな戦略を打ち立てる必要がある。
一方、自民党の新執行部体制では、高市早苗政調会長、野田聖子総務会長という女性2人の党三役への登用が
注目される。
◆自公民路線は堅持を◆
地方で人気のある石破幹事長とともに来夏の参院選で「党の顔」とすることを狙った人事だ。自民党の変化を
示すものだという。
だが、イメージだけでは党に対する国民の信頼は回復しない。政治を前に動かすために、一層の努力と謙虚な
姿勢が求められる。首相が言う通り、「伝統にあぐらをかけば、あっという間に陳腐な古い自民党と化す」だ
ろう。
参院選までは衆参のねじれが続く。社会保障と税の一体改革の実現に向けて、自公民3党の協力路線を堅持し
ていくべきである。
「決められない政治」はもううんざりだ。これまでとは次元の違う政権運営を期待したい。
(2012年12月27日01時09分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20121226-OYT1T01329.htm

91 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/01/01(火) 12:47:10.69 ID:cMzXidP80

安倍外交 日米「基軸」で隣国関係改善を(12月28日付・読売社説)
◆同盟強化へ防衛指針を改定せよ◆
3年余の民主党政権下で大きく後退した日本外交をどう立て直すのか。
安倍内閣が全力で取り組むべき重要課題だ。
安倍首相は来月中にも米国を訪問し、オバマ大統領と会談する。日米同盟の強化が、中国、韓国など近隣国と
の関係を再構築する第一歩と考えるからだ。
鳩山元首相が米軍普天間飛行場の移設問題を迷走させ、日米同盟を混乱させた。その
間隙(かんげき)を突くように、中国、韓国、ロシアが領土問題で日本を揺さぶった――。多くの外交関係者の
共通理解だ。
◆安保課題の工程表作れ◆
問題は、日米同盟を強化する具体策である。自民党は衆院選の政権公約に、集団的自衛権の行使容認や防衛協
力指針(ガイドライン)再改定などを盛り込んだ。
いずれも実現すべき安全保障の課題である。一つひとつに優先順位をつけ、着実に取り組むことが同盟関係を
より強固にしよう。
10年連続で減少している防衛費の拡充は急務だ。来年度予算編成で考慮する必要がある。
自衛隊と米軍の防衛協力を強化するガイドライン再改定についても、日米協議を早期に開始し、具体的な検討
に入りたい。
衆参ねじれ国会の下、首相が創設に意欲を見せる国家安全保障会議(日本版NSC)の関連法案の成立は簡単
ではない。だが、民主党も同様の構想を持つ。与野党協議を呼びかけてはどうか。
集団的自衛権の問題は、公明党や内閣法制局との調整が難関となる。来夏の参院選後の実現を目指し、まずは
与党内でしっかりと議論を深めるのが現実的だろう。
安倍首相の訪米時には、環太平洋経済連携協定(TPP)参加問題が重要議題となろう。日本の国益を確保す
るため、極力早期に交渉参加を決断すべきだ。
長年の懸案である普天間問題も正念場を迎えている。
普天間飛行場の代替施設の建設には、沖縄県の仲井真弘多知事の埋め立て許可が不可欠だ。地元関係者の理解
を広げ、「県外移設」を主張する知事が翻意しやすい環境を整えることが大切である。
日中両国は、今年9月の尖閣諸島の国有化以降、険しい対立関係にある。中国政府船が連日、尖閣諸島周辺で
示威活動を繰り返す異常な状況が続いている。
◆中国と「互恵」を再構築◆
無論、日本は、尖閣諸島の領有権に関しては一切の譲歩をすべきではない。ただ、この問題だけで日中関係全
体が停滞することは、双方にとって大きな損失だ。
安倍首相は6年前の訪中で、靖国神社参拝問題に明確な結論を出さずに、「戦略的互恵関係」を目指すことで
中国と一致した。解決が困難な外交問題も、より大きな交渉の一部に包含することで、打開できる道はあるは
ずだ。
今回も、例えば、尖閣問題は継続協議にしておく一方、戦略的互恵関係を追求することで習近平指導部と包括
的な合意を図るなど、知恵を絞らねばならない。
そのため、自民党が政策集の検討項目に掲げた尖閣諸島での「公務員の常駐」などの強硬策は当面、棚上げに
するのが現実的だ。
安倍首相が領土問題などで掲げる「主張する外交」は、「主張しない外交」と比べれば、はるかに良いが、主
張すること自体が目的化しては意味がない。
目指すべきは、時には静かに解決策を模索するなど、硬軟両様で「結果を出す外交」である。
韓国との関係の改善も、急がなければならない。
竹島訪問を強行した李明博大統領から朴槿恵氏への交代は、その好機である。安倍首相が特使の派遣を検討し
ているのは妥当だ。
核開発を進める北朝鮮や、軍事大国化する中国に効果的に向き合うには、米国に加え、韓国との緊密な連携が
欠かせない。
◆新政権で「拉致」進展を◆
日朝関係は、今月の北朝鮮の弾道ミサイル発射で、予定されていた局長級協議が延期された。膠着(こうちゃ
く)状態にある日本人拉致問題の前進には、日本が交渉に値する相手だと北朝鮮の金正恩第1書記に確信させ
ることが不可欠だ。
混乱が続いた民主党政権から安倍政権への移行を契機に、「対話と圧力」路線に沿って北朝鮮への働きかけを
強めねばならない。
ロシアについて政府は、来年2月ごろにプーチン大統領と親しい森元首相を派遣し、その後の安倍首相の訪露
につなげる考えだ。
大統領は対日関係を重視し、北方領土問題の解決にも意欲を持っている。様々なレベルで対話を重ね、領土問
題やエネルギー協力を進展させることが重要だ。
(2012年12月28日01時30分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20121227-OYT1T01728.htm

92 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/01/01(火) 13:44:06.12 ID:cMzXidP80

経済立て直しへ問われる実行力
2012/12/28付
 日本経済は長期停滞から抜け出せず、家計の所得も減少を続けている。安倍晋三内閣が経済
再生を最優先とする方針を掲げたのは歓迎すべきことだ。問われるのは政策の中身や組み合わ
せであり、必要な政策を前に進められるかという実行力である。
 安倍首相は就任後の記者会見で「強い経済を取り戻す」と宣言。マクロ経済政策を統括する
経済財政諮問会議とミクロ政策を担当する日本経済再生本部を司令塔にして、経済を立て直す
考えを明らかにした。
成長力の強化に全力を
 マクロとミクロをうまく切り分けられるかどうかは別として、内閣に司令塔を置いて総合的
な経済戦略を打ち出すのはいいことだ。民主党政権ではこの機能が弱く、縦割りの弊害に陥り
がちだった。経済を強くしていくという意思も弱かった。
 安倍首相が最も力を込めるのが、デフレ脱却と円高是正のための金融政策、財政政策を活用
した経済刺激策である。
 経済の低迷の背景に行き過ぎた円高があるのは確かだ。デフレは円上昇の要因でもあり、結
果でもある。金融危機を背景にした米国などの超金融緩和が円高と株安につながったのは否め
ない。
 強力な金融緩和を進めることは円高やデフレに歯止めをかけるうえで必要な条件だ。そのや
り方を考えるのは独立した中央銀行である日銀の役割である。金融の安定へも目配りしながら、
望ましい緩和策の実行に知恵を絞るべきだ。
 財政政策の柱は公共事業に置かれている。老朽化したインフラの補修や再生エネルギーの普
及に不可欠な送電網の整備など必要な事業は進めるべきだ。だが、短期的な効果や地方の要望
を重視して、いたずらに量を求め、中身の選定をおろそかにすれば債務が積み上がるだけの無
駄遣いに終わる。
 財政政策を使うならば、法人税率の引き下げなど民間の力を引き出す税制改革のほうが持続
的な経済効果は大きい。
 忘れてならないのは財政規律を堅持していくという姿勢である。公的債務残高が国内総生産
(GDP)の約2倍という日本の財政状況は、どうとりつくろっても危機的と言わざるをえな
い。
 「新政権は国債発行の増加に無頓着で、いざとなったら日銀に国債を引き受けさせようとし
ているのでは」。そんな見方が市場で広がれば国債金利は急上昇し、利払い費の増加などで予
算編成は一気に苦しくなる。国債を大量に保有する銀行も苦境に陥り、金融システム危機にも
つながりかねない。
 財政への信認を失えば経済再生も台無しになってしまうということを肝に銘じ、財政の健全
化を着実に進めなければならない。消費税増税とともに社会保障費などの歳出抑制策も進める
必要がある。
 経済の再生に向けて重点的に取り組むべきなのは、民間の活力を引き出す成長力の底上げ策
だ。
 自民党は総選挙の公約で「成長するアジア経済圏を取り込み、戦略的な海外投資と経済連携
協定などを展開する」「企業の活動のしやすさを世界最先端にするため、制度的障害をなくす」
などとうたった。日本経済再生本部には産業競争力会議も設け、企業活動の下支えに取り組む
姿勢を示す。
旧来型の手法に陥るな
 これに内実が伴うかが重要である。試金石になるのが環太平洋経済連携協定(TPP)交渉
に参加するのかどうかだ。自由貿易協定の締結で出遅れたことがグローバル競争を戦う日本企
業の立場を厳しくしている。支持母体の農業団体などの反対に屈せず、交渉参加をすみやかに
決めてほしい。
 新しい需要を引き出す規制改革を大胆に実行できるかも問われる。医療、保育などサービス
分野では様々な既得権益の壁が企業の活動を抑えている。こうした障壁を取り払うことができ
なければ、規制緩和に後ろ向きだった民主党政権を批判する資格はなくなる。
 起業を促進すると同時に、価値を生めなくなった事業や企業は退出や再生を促す新陳代謝も
経済の活性化には不可欠だ。保護のみを目的とした旧来型の中小企業対策では経済構造の転換
は進まない。
 経済再生を旗頭に掲げる安倍政権への期待は大きい。だが、昭和時代の自民党政権のように
財政・金融政策頼みで経済を強くできるという幻想に陥ってもらっては困る。それでは、しば
らくはうまくいったように見えても長続きはしないだろう。
 長期政権をめざすなら、視線を目の前だけでなく、遠くにも向けるべきである。
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO50097190Y2A221C1EA1000/

93 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/01/01(火) 14:43:06.81 ID:cMzXidP80

春秋
2012/12/28付
「今年もお疲れさまでした」「あっという間の1年だったよね」。得意先へのあいさつ回りを済ませ、
身の回りの片付けをしながら、職場のあちらこちらできっと、こんな会話が交わされるのだろう。寒さ
が厳しい今日このごろ。28日は多くの企業で「仕事納め」だ。▼官公庁で明日から1月3日まで休みと
決まったのは明治6年の太政官布告までさかのぼる。現在の法律をみてもこの6日間は休みと書いてあ
る。民間がその後、お役所にならったわけだが、今年は本家である霞が関の様子はちょっと違う。安倍
新政権が発足し、予算編成に向けて年末年始も仕事、という人が少なくない。▼国の予算が年を越すの
は19年前の細川内閣以来になるそうだ。ただし、1993年の今ごろ世間で話題を集めていたのは、予算で
はなくてコメだった。冷害のためにコメが戦後最悪の不作となり、海外から急きょ輸入することになっ
た。多国間の貿易交渉で日本のコメ市場の部分開放が決まったのもこの年の12月だった。▼思うにコメ
を巡る時計の針はあの時から止まったままなのだろう。主食のコメには国内農家を守るために高い関税
がかけられたままだ。当時も農業の規模拡大が課題だったが、ほとんど進んでいない。経済再生へ止ま
った時間を前に進められるのか。5年余りを経て再登板した安倍首相には仕事納めどころではあるまい。
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO50100660Y2A221C1MM8000/

94 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/01/01(火) 15:41:42.09 ID:cMzXidP80

次官連絡会議 真の「政治主導」を確立したい(12月29日付・読売社説)
 安倍政権が目指す「政治主導」の仕組みとルールが固まりつつある。
 政治家と官僚が連携して、迅速に政策を決定、実行する体制を築かなければならない。そのために
は、民主党政権で損なわれた政と官の関係修復が不可欠である。
 安倍首相は、各府省の事務方トップを集めた「次官連絡会議」の初会合で「政官相互の信頼関係に
基づく真の政治主導を推進する必要がある」と強調した。
 連絡会議は毎週金曜日の閣議後に開かれる。閣議が決めた方針に沿って、各府省が情報を共有し、
具体策を検討する場となる。
 民主党政権は次官会議を廃止するなど、官僚を政策決定から排除した。その結果、官僚が萎縮して
「指示待ち」の状態に陥り、政府の機能は著しく低下した。
 安倍首相が次官を通じて政府内の連携を図ろうとする姿勢は理解できる。野党的感覚で官僚を信頼
しなかった民主党の誤った政治主導を是正するのは当然である。
 政府が閣僚懇談会で申し合わせた「政・官の在り方」とする文書は、官僚が基礎データや政策の選
択肢を複数提示し、政治家は政策決定に責任を持つとしている。
 政治家と官僚が役割を分担し、協力し合わなければ、危機管理や災害対応などで政府が総力を挙げ
ることはできない。
 民主党政権が廃止した次官の記者会見を復活させるのも妥当だ。本来、官僚が記者会見での実務の
説明を通じて閣僚を補佐することは何の問題もなかった。
 一方、自民党は、政府提出法案などに関し、政務調査会の各担当部会と、総務会が事前に審査・了
承する手続きを再開する。税制も党税制調査会がリードする。
 こうした党主導の意思決定は、関連する業界や地元の意見を反映しやすい反面、その意向に政策が
ゆがめられる恐れもある。各部会の利害が対立する場合は、迅速な政策決定が難しい。
 その一つが環太平洋経済連携協定(TPP)への態度決定だ。
 農協などが強く反対し、外務、経済産業両省と農林水産省も対立している。関係議員間の利害調整
ができなければ、政府はTPP参加を決められまい。
 国益にかかわる重要政策は、経済財政諮問会議などの場で大所高所から議論して、首相官邸主導で
決断すべきである。
 政府・与党の協議機関として、「政府・与党連絡会議」も設置される。自民、公明両党は緊密な意
思疎通を心掛けてもらいたい。
(2012年12月29日01時21分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20121228-OYT1T01435.htm

95 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/01/01(火) 17:32:52.05 ID:ZHfZpxHd0

社説:TPP参加 首脳会談で意思明確に
毎日新聞 2012年12月31日 02時30分
 来年1月に予定される日米首脳会談で、日本の環太平洋パートナーシップ協定(TPP)参加問題が主要議
題になりそうだ。安倍晋三首相は会談で交渉参加の意思を明確に示し、国内経済の活性化と日米同盟の強化を
追求すべきだ。
 米国は日本の参加を強く望んでいる。しかし、安倍首相は組閣後の会見で「国益を守れるか、総合的に検討
していく」と述べるにとどまった。自民党の石破茂幹事長は、7月の参院選までに党の方針を決める考えを示
した。首脳会談での参加表明には慎重な姿勢がうかがえる。
 新政権に参加をためらわせている最大の要因は、農業界の強い反発だ。総選挙で農業票を得るため、「TP
P反対」を訴えた自民党の衆院議員は少なくない。
 しかし、交渉参加を遅らせることは、「国益」に反する。TPP交渉には米大陸やアジア太平洋の11カ国
が参加し、さらに拡大する勢いだ。これらの国々との貿易・投資が国益に欠かせないことは明らかだろう。
 貿易・投資のルールを決める交渉は来年中に、正念場を迎える見通しだ。日本の主張を反映させるために残
された時間は、あまりない。
 確かに、国民の間にTPP参加への不安があることは否めない。「コメ農家が壊滅する」「食の安全が脅か
される」「医療格差が広がり、弱者が切り捨てられる」といった心配が、その代表例だろう。政府はそうした
不安を解消するため、国民に対して説明を尽くすべきだ。
 そもそも、「最善の国益」を求めて交渉するのが政府の職責である。守るべき「聖域」は、交渉の中で勝ち
取らなければならない。そのためにも、ルールが固まる前に交渉に参加する必要がある。最悪の事態を想定し、
交渉参加を先延ばしするのは本末転倒といえる。
 それでも、関税化をめぐる交渉次第では、国内農業に影響が出る可能性はあるだろう。しかし、国内で維持
すべき産品に関しては、所得補償の工夫で保護する手立てがある。国際競争力を高めるための構造改革も急が
なければならない。
 第2次安倍内閣で農相に就任した林芳正氏は、農水族ではない。農業界とのしがらみがないだけに、思いき
った取り組みを期待したい。林農相は早速、ばらまきとの批判がある戸別所得補償制度の見直しを表明した。
農業強化策を早急に打ち出し、交渉参加の環境を整えてほしい。
 アジア太平洋地域では、TPP以外にも日中韓自由貿易協定(FTA)など複数の経済連携の取り組みが進
む。そうした交渉を主導していくためにも、TPPに参加することで発言力を高める必要がある。
http://mainichi.jp/opinion/news/20121231k0000m070058000c.html

96 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/01/01(火) 18:23:20.58 ID:Kl2k+Cas0

農業政策―もうバラマキはやめよ
限られた予算を有効に使い、経営規模を大きくし、競争力を高めていく――。日本の農業の課題は
はっきりしている。
焦点は、民主党政権が導入した戸別所得補償の見直しだ。
とくに、米作について一定の条件を満たせば、零細・兼業を含むすべての農家を支払い対象とする
仕組みである。田を貸したり譲ったりする動きにブレーキをかけ、規模拡大への妨げになっている。
自民党は「バラマキだ」と厳しく批判してきたが、どうも雲行きが怪しい。
総選挙での公約と政策集には次のような文言が並ぶ。
政権交代後、大幅に削減された予算を復活させる▼農地を農地として維持することに対価を支払う
日本型直接支払いの仕組みを法制化する▼コメに加えて麦、大豆、畜産、野 菜、果樹など、多様な
担い手の経営全体を支える……
民主党政権が切り込んだ農業関係の公共事業費を元に戻し、農家への支払いはさらに手厚くする、
ということか。
自公政権は07年、すべての農家へ品目別に支払ってきた補助金を改め、1戸あたり4ヘクタール
以上(北海道は10ヘクタール以上)の農家に絞って所得補償する制度を導入した。農業の大規模
化をめざし、「戦後農政の大転換」と言われた改革だ。
しかし、農業関係者の反発にあい、同年の参院選で敗北する一因となった。その後、制度は骨抜き
になっていく。
09年には当時の石破農水相が生産調整(減反)の義務づけをゆるめる「減反選択制」に意欲を見
せたが、党内や農協の反対で断念した。この年の総選挙で惨敗し、政権を明け渡した。
今回の公約は、農業票を強く意識した結果だろう。しかし、わが国の財政に大盤振る舞いする余裕
はない。バラマキが農業の体質を一層弱めかねない危うさは、自民党が最もよくわかっているはず
だ。
民主党政権は、コメ農家などの経営規模を20~30ヘクタールと現状の10倍程度に広げる目標
を打ち出した。農林漁業に加工と販売を組み合わせる「6次産業化」推進のためのファンドや、新
規就農者に年150万円を出す給付金制度も立ち上げた。
大規模化への障害は何か。ファンドや給付金は一時的なバラマキに終わらないか。これらの点検も
必要だ。
選挙のたびのバラマキ合戦に終止符を打ち、農業の再生に必要な政策を練り直す。「責任政党」を
自覚するなら、まっとうな姿勢を見せてほしい。
http://www.asahi.com/paper/editorial20121231.html

97 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/01/02(水) 00:42:23.92 ID:kQ5Fbtxl0

  ●●●ケネディ大統領は何故、死なねばならなかったのか?●●●
  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/3729/1226114724/53

  ¥¥¥¥¥¥¥『万有サロン』書き込み大賞・総額100万円¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥

  この掲示板に優秀な書き込みをして、総額100万円の賞金をゲットしよう!(*^^)v
    万有サロン
      http://jbbs.livedoor.jp/study/3729/
    書き込み大賞の詳細
      http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/3729/1069922074/78-
    書き込み大賞の詳細(資料倉庫内)
      http://www2.tba.t-com.ne.jp/a-z/omake/banyu/taisho.htm

  また、あらゆる疑問に関する質問を、携帯電話やメールでも受け付けています。
    電話番号 080-4437-4187
    メール  aaa-zzz@tba.t-com.ne.jp

  ¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥

98 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/01/03(木) 21:34:17.79 ID:1KEcS0er0

民主党 元首相 野田佳彦

増税 庶民いじめで英雄気取り

軽減税率導入なし(財務省の方針)

わが身を削る気はなし

政治家&公務員天国は温存

99 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/01/25(金) 04:00:10.90 ID:Ofx0o0BH0

日本経済再生 脱デフレへ歩み確かに 規制改革で民間に勢いつけよ
2013.1.3 03:09
今年こそ、デフレ脱却と日本経済の再生に一歩踏み出せるのではないか。近年、これほど期待を持っ
て迎えた新年はなかった。そういっても過言ではあるまい。
その先頭に立っているのは5年3カ月ぶりに政権復帰を果たした安倍晋三首相だ。安倍氏は衆院選で、
デフレ脱却と円高是正を最優先課題に掲げて「これまでとは次元の違う政策」を唱えた。自民党が大
勝すると、首相就任前から矢継ぎ早に手を打った。
日銀に物価目標の導入と大胆な金融緩和を促す一方で、思い切った財政出動の実施を表明する。さら
に、復活した経済財政諮問会議と日本経済再生本部を経済政策の両輪とする構想を打ち出した。
≪財政に新たな歯止めを≫
時の政権が、デフレ脱却への明確な意志とその実現のための具体的手段と枠組みを示す。これこそが、
野田佳彦前首相はじめ、ここ数年の政権に最も足りなかった部分であり、市場や経済界が切望してい
たものだった。
安倍氏の姿勢が歓迎され、衆院選前から株価が上昇、円高是正が進んだのはこのためだ。しかも、こ
れまでのところ、こうした考えは、形を整えつつある。
日銀は1月21、22日の金融政策決定会合で物価目標の導入を打ち出す見通しだ。その目標達成に、
日銀と政府が役割と責任を分担する政策協定も検討されている。安倍政権も発足早々、東日本大震災
からの復興や防災などに重点を置いた10兆円規模の大型補正予算の編成を進めている。
脱デフレへ上々のスタートを切ったといえるが、財政出動に伴う財源問題は素通りできない。
補正予算と平成25年度予算の国債頼みは避けられまい。しかし日本の財政事情は既に危険水域だ。
借金の残高は国内総生産の2倍超と、危機に陥ったギリシャなど欧州諸国より深刻な状況にある。
それでも国債価格が安定しているのは、日本は財政規律を守る国という信頼感があるからだ。
ここが揺らぐと、国債価格は下落し、長期金利は上昇する。国の利払い費が増えて財政を圧迫、国債
を大量に抱える銀行の経営をも直撃する。財政危機と金融危機を同時に起こしかねない。
安倍政権は2020(平成32)年に基礎的財政収支を黒字化する目標は堅持するという。麻生太郎
財務相も「国債発行額にこだわらない」としつつ、25年度予算編成では「財政健全化目標を踏まえ
る」と述べた。
民主党政権下の「新規国債発行44兆円以下」は棚上げするにせよ、市場の信頼をつなぎ留めるため
にも新たな歯止めは必要だ。
デフレ脱却とともに日本経済再生の鍵を握るのは実効性ある成長戦略の構築だ。規制改革、構造改革
は、その起爆剤となる。
≪貿易立国の復活を図れ≫
貿易収支で黒字大国の名をほしいままにしてきた日本も、今は赤字が常態化しつつある。海外景気の
減速による輸出の減少、原発停止に伴う火力発電燃料の輸入増が大きいが、国際競争力の低下という
根深い問題を見過ごせない。
韓国、台湾などの追い上げに、国内家電メーカーは、価格ばかりか、技術面でも後塵(こうじん)を
拝しているケースも多い。
競争力回復の主役である民間が勢いを取り戻すには、法人税減税や民間活力をそいでいる規制にもメ
スを入れねばならない。企業活動の自由度を拡大し、新たなビジネス市場の創出が欠かせない。
資源小国で人口減による国内市場の縮小が顕在化している日本が貿易立国の旗を降ろせば国の衰亡に
つながる。環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への参加は、貿易復活の前提条件である。
自民党は海外との違いを合理的に説明できない制度的障害は「3年以内に撤廃する」とし、規制の見
直しでは事業仕分け的手法の導入も検討している。総論賛成、各論反対に陥らぬよう、あらゆる手段
を駆使し、撤廃・緩和を一気に進める必要がある。経済財政諮問会議や日本経済再生本部は、その司
令塔となるべきだ。
故梶山静六元官房長官の言葉を借りれば、デフレは「陰気な化け物」だ。日本列島に15年以上も居
座り、経済だけでなく社会全体を閉塞(へいそく)感で覆った、これを追い払う。今年はその最大に
して最後のチャンスかもしれない。政府、日銀はもとより、日本全体の覚悟が試される1年である。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130103/plc13010303100004-n1.htm

100 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/01/25(金) 05:41:00.36 ID:r2qhanlf0

日米安保体制 「強い同盟」に立て直しを 日本自らリスクを負う時だ
2013.1.4 03:07
今年の東アジアは、昨年にも増して危険に満ちている。とりわけ安全保障環境の激変で、日本の
平和と安全は急を告げている。
尖閣諸島に対する中国の領海・領空侵犯は今年も繰り返されると予想され、北朝鮮の長距離弾道
ミサイルの再発射や3度目の核実験の可能性に備える必要もある。
この状況を招いたのは、3年余の民主党政権下で日米同盟を空洞化させ、抑止の実効性を低下さ
せたことが大きい。中国の攻勢をはねのけ、北の脅威に立ち向かうには、「強い同盟」に立て直
すとともに、時代にふさわしい日米安保体制へ向けて、日本も自らリスクと責務を背負う覚悟が
必要だ。
「危機突破」を掲げて再登板した安倍晋三首相が月内にも訪米して臨む日米首脳会談は、その第
一歩だ。2期目に入るオバマ大統領と歩調をそろえ、アジア太平洋の平和と日本の防衛を支える
基盤の再構築に全力を注いでほしい。
昨年末の電話会談で、安倍氏は「日米が協力して平和で安定したアジアを構築したい。パワーバ
ランスが崩れないように日本も責任を果たしたい」とオバマ氏に語った。中国の軍事的台頭と強
引な海洋進出で、地域の軍事均衡が危機にさらされているとの認識が極めて重要だ。民主党政権
に最も欠けていた問題意識といえる。
同盟立て直しへ向けて、日本から行動を起こすべき課題はいくつもある。第1は、「保有するが、
行使はできない」とする従来の憲法解釈を変更して集団的自衛権を行使できるようにすることだ。
安倍氏は第1次内閣時に有識者会議報告を通じて米国を狙う弾道ミサイルの迎撃など、行使を容
認すべき4類型を整理した。中でもミサイルの迎撃は、当時の駐日米大使も「同盟国の責務」と
訴えた緊急課題だ。同盟強化に必須の前提と言わざるを得ない。
昨年末の組閣後、安倍氏は「報告をもう一度聞き、検討を進めたい」と語ったが、米艦船の防護、
国際平和活動など既存の類型に加え、中国の攻勢への対応も新たな課題となる。連立相手の公明
党は行使容認に慎重だが、首相自ら指導力を発揮して、早急に解釈変更を実現してもらいたい。
第2に、「日米防衛協力のための指針」(ガイドライン)の見直しも急務だ。現行指針が決まっ
た1997年当時は、中国の海洋進出も尖閣攻勢も想定しなかった。共同対処のあり方を見直し、
欠落を埋めていかねばならない。
第3は、米軍普天間飛行場移設の促進だ。普天間移設は昨年春の日米合意で在沖海兵隊のグアム
移転計画から切り離されたが、米国が中国包囲網の一環とする海兵隊分散・広域配備との密接な
補完関係を忘れてはならない。在日米軍再編が遅れるほど、同盟の対中抑止機能も損なわれかね
ない。
一方、2期目のオバマ政権は安保と経済を両輪にアジア太平洋戦略を推進する。その重要な柱は
環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉であり、米側が日本に「交渉参加」の意思表明を真
っ先に期待していることは確実だ。
TPPには、自由貿易や民主主義を掲げる国々を結集して中国に規範の尊重を促すなどの地政学
的意味がある。対抗する中国は米国抜きの自由貿易枠組みを画策している。安倍氏はアジアの成
長を取り込む上でも、同盟の結束強化の観点からも、参加方針を明確にして訪米に臨んでほしい。
同盟強化には外交、軍事、経済の総合的検討が欠かせず、安倍氏が早期設置を約束した日本版国
家安全保障会議(NSC)は、そうした場にふさわしい。防衛費の増額や海上保安庁強化なども
含めて速やかに発足させたい。
昨年夏、米知日派報告が「日本は二流国家に甘んじるのか」と問うたように、「強い同盟国」の
復活に対する期待は米側でも強い。同盟の信を失い、中国には「位負け」外交で国益を損なって
きた前政権の外交・安保政策を、根底から一新するメッセージを内外に発信することが何よりも
重要だ。
訪米はケリー次期国務長官らと意思疎通を深める好機でもある。強固な同盟を再構築した上で韓
国とも関係を改善し、日米韓が結束して中国や北と向き合う態勢を整えたい。産経新聞が一昨年、
提案した日米安保条約再改定案のように、日米が完全な相互防衛義務を果たすことも必要だ。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130104/plc13010403070002-n1.htm

101 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/01/25(金) 07:38:16.19 ID:r2qhanlf0

転機の日本政治 試される安倍政権の統治能力(1月5日付・読売社説)
◆参院選前に着実に成果を示せ◆
政権交代して迎えた今年を展望すれば、やや明るい兆しも見える。
安倍政権の発足前後から、超円高が修正され、株価も急上昇した。経済政策への期待感がうかが
える。新年初日の取引だった4日の大発会は、ほぼ全面高で東日本大震災前の水準を回復した。
安倍首相は「強い日本」を取り戻し、ほぼ1年ごとに首相が代わる政治に終止符を打てるのか。
期待が失望に変わると7月の参院選でたちまち国民から厳しい審判が下されよう。首相は迅速に
成果を上げていかねばならない。
◆バラマキ復活させるな◆
安倍首相は年頭の記者会見で「巳年(みどし)のヘビは商売繁盛のシンボルでもある。景気が上向
いていくよう、経済再生の大きな一歩をしるせるよう頑張る」と語った。
緊急経済対策・簇りまとめ、大規模な補正予算案を国会に提出する。日銀と連携して大胆な金融
政策を打ち出す意向も表明した。
まずは、もたつく景気を回復軌道に乗せることが必要だ。
来年度予算編成については1月中の政府原案決定を目指すという。国会審議の難航で予算執行が
遅れてはなるまい。政府・与党は、本予算の早期成立にも全力を挙げてもらいたい。
安倍政権は、民主党の目玉政策だった「高校授業料無償化」の見直しや、農家に対する戸別所得
補償制度の廃止など、矢継ぎ早に政策転換の方針を打ち出している。バラマキ政策を修正するの
は妥当な判断だと言える。
ただし、形を変えたバラマキの復活になっては困る。産業競争力を高める成長戦略を再構築する
ことが肝要である。
麻生副総理・財務相は、新規国債発行額を44兆円以下に抑えるとする民主党政権の目標にはこ
だわらない意向のようだが、財政規律との両立を忘れてはならない。
◆選挙制度改革に本腰を◆
今月末に召集される通常国会では、国会運営能力が問われる。参院選までは衆参のねじれが続く。
政府・与党は、政策ごとに部分連合を実現し、法案を成立させることに専念する必要がある。
もはや待ったなしの課題が、衆院の選挙制度改革である。
自民、公明、民主3党は、定数削減を含む抜本改革を検討することで一致している。現行の小選
挙区比例代表並立制では、得票数と獲得議席数の隔たりが大きく、政治が安定しないなど、様々
な問題点が指摘されている。
制度をどう改善するか、各党は早急に議論を開始すべきだ。
選挙制度には党利党略が絡むため、政党協議で議論を出せないのであれば、有識者による議論の
場を設けることも考えたい。
一方、安倍政権は、自民党内あるいは与党間、自治体との間で調整が必要な懸案も抱えている。
その一つは環太平洋経済連携協定(TPP)への参加問題だ。
自民党内では、農業団体が強く反対していることもあって、参加への賛否が割れている。これを
念頭に、石破幹事長は「参院選までに党として何らかの対処方針を決めないといけない」と述べ
た。
だが、「参院選まで」と悠長に構えていては手遅れになる。交渉参加へ党内をまとめることは急
務だ。
TPPに参加する11か国との交渉の席につかなければ何も始まらない。交渉力を発揮し、国益
にかなう貿易ルール作りを進めるべきである。
経済成長のために、安全性が確認された原子力発電所の再稼働は欠かせない。安倍政権は、自治
体の説得など様々なハードルを越えなければならない。
参院選で与党が過半数の議席を獲得すれば、憲法改正や集団的自衛権の行使を巡る問題にじっく
りと向き合う環境が整うだろう。その際には、改めて公明党との調整力が試される。
◆公明党との調整も重要◆
自民党は昨年春に第2次憲法改正草案を取りまとめた。集団的自衛権の行使についても、党内で
ほぼ足並みがそろった。公明党はいずれも慎重な構えだ。
しかし、日本の安全保障環境は激変している。中国が尖閣諸島を巡り、領海だけでなく領空まで
侵犯し、北朝鮮が米本土への到達も可能な長距離弾道ミサイルの発射に成功した。そんな危機か
ら目をそらしてはならない。
内外の情勢の変化に対応しきれなくなっている憲法は改める必要がある。日米同盟強化のための
手立てを講じることも当然だ。
安倍政権には、憲法改正や集団的自衛権の行使にも果敢に取り組む政治力が求められる。
(2013年1月5日01時46分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20130104-OYT1T01070.htm

102 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/01/25(金) 09:28:05.40 ID:r2qhanlf0

日本経済再生 デフレ脱却の成果が問われる(1月7日付・読売社説)
◆活性化へ企業競争力を高めよ◆
安倍政権が最優先課題に掲げているのが、日本経済の再生だ。
景気回復とデフレ脱却を実現し、中長期的な安定成長に道筋をつけられるかどうか。今年こそ、
バブル経済崩壊から続く「失われた20年」にピリオドを打ちたい。
安倍首相が掲げる「これまでとは次元の違う経済政策」の具体策を早急にまとめ、機動的に実行
することが肝要だ。
◆ゼロ成長に甘んじるな◆
家計や企業の実感に近い名目国内総生産(GDP)は約470兆円で、20年前と変わらない。
同じ期間にGDPが約20倍に急拡大した中国とは対照的な「ゼロ成長国家」に甘んじている。
今後は少子高齢化と人口減少で経済成長はさらに難しくなると、多くの専門家も指摘する。もは
や日本で成長は望めない。そう将来を悲観する人もあろう。
本当にそれでいいのだろうか。首相は就任後の記者会見で「成長をあきらめた国に未来はない」
と訴えた。その通りだ。国民が希望と意欲を失えば、経済の活力は決して戻らないだろう。
まず、10年以上に及ぶデフレを退治しないことには、展望は開けない。デフレは企業の利益や
家計の収入を減らし、経済の縮小を加速させるからだ。
大胆な金融緩和、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略の「3本の矢」で、強い経済
を取り戻すという、安倍政権の処方箋は妥当である。
年末から年始にかけて、東京市場の平均株価が急騰し、円相場も1ドル=88円台まで円安が進
んだ。新たな経済政策に対する期待の大きさを示している。
◆物価目標で連携強化◆
日銀の金融緩和と並行して、政府が効果的な公共事業などで需要不足を補うことが求められる。
特に重要なのが、政府と日銀の連携強化である。
首相は日銀の白川方明総裁に、2%の物価目標と政策協定の締結を要請し、日銀は今月中に導入
する見通しだ。明確な物価目標を定め、その達成に政府と日銀が連帯して責任を負うべきである。
気がかりなのは、首相などが日銀法改正や総裁の後任人事と関連づけて、政策協定などを日銀に
求める場面が目立つことだ。
戦時中、政府が国債を日銀に引き受けさせ、国債暴落や超インフレを引き起こした歴史がある。
日銀の独立性が揺らげば、国債の急落を招く恐れもある。日銀に政治圧力をかけていると誤解さ
れる言動は厳に慎しんでほしい。
バラマキ政策をやめ、消費税率を着実に引き上げて、財政再建に取り組むことは、国債の信用を
維持するためにも大切だ。
◆法人税下げの検討を◆
デフレ以外にも日本経済は多くの課題を抱えている。
歴史的な超円高が解消されつつあるのは朗報だが、円安も行き過ぎれば、貿易赤字拡大などの副
作用がある。
特に、原子力発電所の代わりに火力発電所をフル稼働しているため、液化天然ガス(LNG)な
ど燃料の輸入は急増している。
円安で燃料の輸入費が上がり、電気料金の上昇に拍車がかかる。そんな「悪い物価上昇」は避け
たい。安全を確認できた原発の再稼働は、円安の副作用を緩和する意味でも重要である。
現役世代の減少につれて、消費などの国内市場が縮小に向かうのは間違いない。働き手が減れば
経済成長力も低下しよう。
子育て支援の充実で人口減少に歯止めをかける。女性や高齢者の就労促進で労働市場の縮小を防
ぐ。高すぎる法人税率を引き下げて企業の競争力を高める――。
活性化に必要な政策のメニューは、すでに分かっている。
高齢化で需要の増える医療や介護などの分野には、もっと高額でもいいから質の高いサービスを
求める潜在需要がある。硬直化した規制の見直しも進めたい。
政府は効果的な施策に大胆に予算や人員を集中投入し、実行を急がねばならない。
再起動する経済財政諮問会議と新設する日本経済再生本部を活用して、府省縦割りの弊害や、さ
まざまな既得権益を打破することが求められる。
アジアなど海外の需要を取り込むため、米国が主導する環太平洋経済連携協定(TPP)への参
加は不可欠である。
経団連をはじめ経済界は、成長促進のため早期参加を強く求めている。政府が決断を急ぎ、貿易・
投資のルール作りに関与することこそ国益にかなう。
(2013年1月7日01時26分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20130106-OYT1T00938.htm

103 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/01/25(金) 19:32:31.73 ID:k66T5us80

TPP参加 首相の指導力が問われる
2013.1.9 03:08
新年早々、安倍晋三首相の指導力が問われる事態を迎えている。
首相の訪米は、2期目の就任式などを控えたオバマ大統領の日程上、難しいとされ、2月にずれ
込んだ。問題は、日米首脳会談の焦点となる環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉への参
加反対論が自民党内で再燃していることである。
首相は反対派を説得して党内をとりまとめるべきだ。訪米前に参加方針を決断しなければ、同盟
の危機は乗り越えられない。
TPPには、自由貿易や民主主義を掲げる国々を結集させる戦略的意味がある。対抗する中国は
米国抜きの枠組みを画策している。さらに尖閣諸島周辺の領海侵犯を繰り返す中国に対しては、
「日米同盟の強化」で対応することが安倍政権の最優先課題だ。
安保と貿易・経済上の意義を併せ持つTPP交渉への積極参加は、首脳会談を成功させる不可欠
の要件である。「強い経済を取り戻す」という使命を果たす上でも極めて重要だ。
首相と大統領は12月の電話会談で、訪米時にTPP問題を率直に話し合うことで合意した。安
保と経済の両輪でアジア太平洋戦略を推進したい大統領が、日本の参加表明を待望していること
は間違いあるまい。
自民党は政権公約で「聖域なき関税撤廃を前提にする限り、交渉参加に反対」としたが、首相は
昨年末に「前提条件が変われば、当然参加ということも検討の視野に入ってくる」と踏み込んだ。
これを踏まえて高市早苗政調会長は6日に「交渉に参加しながら守るべき国益は守る、条件が合
わなかったら脱退する選択肢もゼロではない」と発言した。当然なのに党内から直ちに異論が出
た。
細田博之幹事長代行は「あらかじめギロチンに首を差し出すようなことはすべきでない」と、関
税撤廃の例外品目を確保せずに参加することに反対した。国益確保に全力を挙げるのは当然だが、
交渉にも参加しないでいて例外は勝ち取れるのだろうか。
反対論の背後では、有力な支持団体の農協、医師会が「国内農業や国民皆保険制度の崩壊につな
がる」と参加阻止を唱えている。
参院選勝利は政権を安定させるための最大目標だ。だが、選挙支援目当てに過度な配慮で国益を
損なっては本末転倒となる。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130109/plc13010903080008-n1.htm

104 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/01/25(金) 23:16:39.83 ID:k66T5us80

成長と財政再建を両立できる司令塔に
2013/1/10付
 安倍政権の経済政策の司令塔となる経済財政諮問会議と日本経済再生本部が始動した。大胆な
金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略という「3本の矢」の具体化が始ま
る。
 忘れてはならないのが成長と財政再建の両立だ。双方のバランスを保たないと、本格的な経済
再生はおぼつかない。安倍晋三首相が「強い経済」を取り戻したいのなら、その点を肝に銘じて
ほしい。
 諮問会議はマクロ政策を統括し、6月に中長期的な経済財政運営の指針をまとめる。ミクロ政
策を担当する再生本部は、同じ時期に成長戦略を打ち出す予定だ。
 民主党政権には経済政策の司令塔が見当たらなかった。安倍政権が民間人の力も借り、官邸主
導の政策決定を目指すのは評価できる。ただ諮問会議と再生本部の役割分担にはあいまいな点も
残る。組織の乱立が議論の形骸化や意思決定の遅れを招くようでは困る。
 最優先の課題はデフレからの脱却と円高の修正だ。諮問会議には日銀の白川方明総裁も定期的
に出席する。この場も生かして政府・日銀が連携を深め、ともに適切な政策を繰り出す必要があ
る。
 政府・日銀は2%の物価上昇率目標を掲げ、大胆な金融緩和に動くことを検討している。金融
緩和の強化は欠かせないが、硬直的な目標が金融政策の柔軟性や独立性を損なわぬよう注意して
ほしい。
 政府は事業規模20兆円超の緊急経済対策を11日にまとめ、日銀の金融緩和と歩調を合わせて景
気の下支えに万全を期す。先端的な研究開発や新事業の創出を促す施策はいいとしても、防災対
策などの名を借りた旧来型の公共事業が紛れ込んでいるようにみえる。
 政府が財政規律を守れぬまま、日銀が国債の購入を増やすのでは、「財政赤字の尻ぬぐい」と
受け取られる恐れがある。2014年度からの消費増税に頼るだけでなく、無駄な支出の削減や社会
保障費の抑制にも努力すべきだ。
 充実させてほしいのは成長戦略である。再生本部は製造業の復活を目指す「日本産業再興プラ
ン」や、企業の海外展開を支える「国際展開戦略」などを策定する。
 成長をけん引する企業の活性化に照準を合わせるのはいい。だが聞こえのいい文句ばかりが先
に立つのでは意味がない。環太平洋経済連携協定(TPP)への参加や法人税の減税など、民間
の活力を引き出す施策に集中すべきだ。
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO50450060Q3A110C1EA1000/

105 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/01/26(土) 01:19:33.27 ID:DmrNaT4Z0

タイ、コメ輸出「世界一」転落
大衆迎合政策で打撃
【バンコク=深沢淳一】タイのインラック政権が進めるポピュリズム(大衆迎合主義)政策が、
経済に打撃を及ぼし始めた。政府がコメを事実上、市場価格より高く農家から買い取る制度を始
めた影響で、2011年まで31年間、世界一を維持してきたタイのコメ輸出は昨年、3位に転落
した。
年明けからは、法定最低賃金が全国一律1目300バーツ(約860円)とされ、県によっては
最大2倍近くにはね上がった。地場企業は「倒産や解雇が増える」として批判を強めている。
首相の母体であるタイ貢献党は日年7月の総選挙で、農民や労働者層の支持目当ての公約を掲げ
た。その柱が11年10月導入のコメ担保融資制度で、農家は自来1㌧を担保に、市場より約3割有
利な約1万5000バーツ(約4万3000円)を借りられる。借りる量に上限はなく、返済し
ない農
家も多いため、政府が抱え込むコメの在庫は1000万㌧以上になった。
流通するコメが減り、輸出業者が買い取る際の価格は上昇。タイ米輸出業者協会によると、タイ
米は他国産より1㌧あたり150㌦以上割高になり、12年の輸出量は前年比マイナス35%の69
0万㌧に激減。インドの950万㌔ベトナム780万㌧を下回った。
政府が在庫米を今の市場価格で売却すれば約3260億円、今年分も含めると約7000億円の
損失が生じるとの試算もある。タイ米輸出業者協会のチューキアット名誉会長はコメ担保融資制
度について「大規模農家には有利だが、農地の賃借料なども値上がりしており、全体の75%を占
める小規模農家にはほとんど恩恵がない」と批判する。
一方、最低賃金は12年4月にバンコクなど7都県でアップしたのに続き、残る70県でも、1月1
日から一律300バーツとなった。
9日付のタイ紙はパドゥームチャイ労働相の話として、一律アップ後の2~6日だけで約250
0人の労働者が解雇されていると報じた。政府は8日、影響が大きい中小企業の救済策として法
人税負担の緩和措置などを急きょ、決定した。
キティラット副首相は「一連の政策は低所得層の生活改善をもたらし、消費も刺激する」と主張
する。だが経済専門家らは、人気取りと引き換えに財政や経済の競争力が悪化する危険を警告し
ている。
(2013年1月10日03時02分 読売新聞)
http://premium.yomiuri.co.jp/pc/#/news_20130110-118-OYTPT00138

106 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/01/26(土) 13:30:06.47 ID:1RrlK4IS0

公共事業頼みの経済対策で終わらせるな
2013/1/12付
 政府が事業規模20兆円を超える緊急経済対策をまとめた。停滞が続く景気を下支えし、日本経
済の再生につなげるのが狙いだ。実質国内総生産(GDP)の押し上げ効果は2%程度を見込む。
 企業の設備投資や研究開発を促す施策には意味がある。だが防災などの名を借りた旧来型の公
共事業が多いのは気になる。一時的なカンフル剤だけに頼らず、本格的な成長戦略を急ぐべきだ。
 今回の経済対策は(1)復興・防災(2)成長による富の創出(3)暮らしの安心・地域活性化――とい
う3本の柱で構成する。これらの財政支出を盛り込んだ13.1兆円の2012年度補正予算案を編成し、
5.2兆円の国債を増発する。
 今の日本が重視すべきなのは、新たな産業や技術の育成につながる施策だ。電気自動車の普及
に欠かせない充電拠点の整備や、iPS細胞を使った再生医療研究に予算を投じるのは理解でき
る。設備投資や給与を増やす企業を税制面で支援するのもいいだろう。
 問題は国費の半分を占める公共事業の妥当性である。東日本大震災からの復興や老朽化したイ
ンフラの更新に一定の投資が必要なのは確かだが、不要不急の事業も紛れ込んでいるようにみえ
る。
 補修や耐震強化を急いだ方がいい道路、橋、学校などをしっかりと選別できるのか。農林水産
業や地域経済の活性化に、これだけの予算が本当に要るのか。そんな疑問を抱かずにはいられな
い。
 70~74歳の医療費の窓口負担割合を本来の2割に引き上げず、1割に据え置く予算を計上した
のも納得できない。「これが経済対策か」と首をかしげたくなるような経費もあちこちにみられ
る。
 今夏の参院選に勝ちたい自民・公明両党や、民主党政権下で予算を削減された中央省庁が、無
駄な支出を膨らませるのでは財政規律を保てない。これでは13年度予算案の中身まで心配になる。
 成長と財政再建の両立なくして、真の経済再生はおぼつかない。安倍政権は14年度からの消費
増税をあてにするだけでなく、歳出の抑制にも本腰を入れるべきだ。
 公共事業には景気対策としての即効性はあっても、持続力は乏しい。日本経済の成長力を高め
るには、企業や個人の活力を引き出す環境づくりが欠かせない。環太平洋経済連携協定(TPP)
への参加や法人税減税を柱とする成長戦略を早急に打ち出してほしい。
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO50534300S3A110C1EA1000/

107 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/01/27(日) 15:30:08.47 ID:IZmtvsQm0

東南アジア歴訪 連携して台頭中国と向き合え(1月19日付・読売社説)
平和で、開かれた東南アジアを維持することは国際社会共通の利益だ。日本は各国と緊密に連携
し、台頭する中国と向き合う必要がある。
安倍首相が初外遊で、ベトナムとタイ、インドネシアを訪れた。各国首脳との会談では、安全保
障を含む「戦略的パートナーシップ」を一層強化していくことで合意した。
3か国は、貿易・投資面で日本との関係が深く、東南アジア諸国連合(ASEAN)の有力国で
もある。首相に先立ち、麻生副総理がミャンマーを、岸田外相はフィリピンなどを訪問した。
安倍内閣のASEAN重視の姿勢を印象づけた。中国を意識した外交戦略と言えよう。
安倍首相は、ジャカルタでの記者会見で、アジア外交の新たな原則を明らかにした。民主主義な
ど普遍的価値の尊重や、自由でオープンな経済、「力ではなく法とルールの支配」による海洋秩
序づくりなどを挙げた。
中国については、「国際社会で責任ある行動をとっていくことが重要だ」と指摘した。
中国が南沙諸島の領有権を巡り、軍艦を使った威圧的な外交を続けていることが念頭にあろう。
中国は尖閣諸島についても領有権を主張して示威行動を展開し、日本の主権を脅かしている。
首相の発言は、領土問題に限らず、中国から圧力を受けている国の共感を得たのではないか。
アジアにおける中国の存在感は近年格段に強まった。ASEANは、中国寄りの国を内部に抱え、
南シナ海問題で中国をけん制する見解をまとめることも困難だ。
ASEANが、中国の「力」に屈し、その意向になびくような事態は避けなければならない。
日本は、戦略的外交を展開することが求められている。
米国主導の環太平洋経済連携協定(TPP)への参加を日本が決断し、早期の発効に努力するこ
ともその一つの手段となろう。
首相は2月にも訪米し、オバマ米大統領と会談する。アジア回帰を打ち出した米国との信頼を再
構築するためにも、ASEANとの関係強化は重要である。
首相は今回の歴訪で、原発や高速鉄道の輸出を通じて各国のインフラ整備に協力する考えを示し
た。安倍内閣が最重要課題とする経済成長にも資するはずだ。
日本は今年、ASEANとの友好協力40周年を迎えた。様々な機会を利用し、戦略的外交を具
体化してもらいたい。
(2013年1月19日01時43分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20130118-OYT1T01552.htm

108 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/01/27(日) 21:20:18.60 ID:gPmdO4ki0

日米外相会談 対中抑止に同盟力強めよ
2013.1.20 03:15
訪米した岸田文雄外相はクリントン国務長官との会談で、来月17日の週に安倍晋三首相とオバ
マ大統領の初の日米首脳会談を行うことで合意し、日米同盟強化の作業を進めることで一致した。
尖閣諸島問題ではクリントン長官が「日本の施政権を害そうとするいかなる一方的行為にも反対
する」と踏み込んで中国を強く牽制(けんせい)した。尖閣が日米安保条約の適用対象であり、
米軍の関与をにじませたことを評価したい。
これに対し、岸田外相は「冷静な対応」を約束したが、中国は日本の領海・領空侵犯を繰り返す
など緊張は日々高まっている。日米は「日米防衛協力のための指針」(ガイドライン)の再改定
などを柱に有事対応や抑止の実効性を高めるのが先決だ。外交でも中国包囲網の構築を急ぐ必要
がある。
その意味で、安倍首相が歴訪先のインドネシアで発表した対東南アジア諸国連合(ASEAN)
外交5原則は重要な意義がある。
5原則は、自由、民主主義、人権など普遍的価値と法の支配を掲げている。「アジア太平洋重視」
へ舵(かじ)を切った米国とともに日米同盟を軸としてASEANを巻き込み、中国の力ずくの
海洋覇権を牽制しつつ、「法が支配し、自由で開かれた海洋」の安全と安定を確保していく戦略
だ。
日米外相会談では、アルジェリア人質事件に関する情報交換や連携強化でも一致した。首脳会談
日程が決まったことと併せ、安倍外交の滑り出しは順当といえる。
一方で、安倍政権が早急に克服すべき課題もある。その第1は、米側が強く期待する環太平洋戦
略的経済連携協定(TPP)交渉への日本の参加表明だ。同盟強化には、安保も経済も必須の両
輪といえる。ASEANを対中包囲網に取り込む上でも欠かせない。
また米空軍が日本配備を検討中の特殊作戦仕様の垂直離着陸機オスプレイCV22は、前方展開
戦力を充実させ、離島防衛にも威力がある。小野寺五典防衛相は「わざわざ聞く必要はない」な
どと消極的だが、その意義を見失っては防衛トップの見識が疑われる。
ガイドライン見直しや集団的自衛権の問題などと並行して懸案の普天間飛行場移設を速やかに前
進させることも必要だ。首相は訪米前にこれらの課題にメドをつけ、同盟強化を確かで具体的な
ものにしてもらいたい。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130120/plc13012003160005-n1.htm

109 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/01/28(月) 02:17:23.80 ID:0TPBsRus0

日本の交渉参加で議論
TPP 成長戦略の柱に

環太平洋経済連携協定(TPP)への反対論が根強いが、具体的な中身に関する議論は少ないよ
うだ。筆者は以下の主に三つの理由でTPP交渉への参加が不可欠だと考える。
①世界成長の中核を担うアジアで、本格的な自由貿易協定が生まれようとしているのに、アジア
最大の自由経済国家・日本が背を向けるべきでない。
②TPP参加は輸入自由化品目の価格引き下げで消費者に恩恵をもたらす。
コメの自由化を現時点で主張するものではないが、私が所属する財団の研究会調べでは、例えば
2010年の国産米販売価格は1㌔・㌘当たり約273円、一方輸入米は同170円。自由化で
国産米が輸入来並みの価格になれば約38%値下げになる。消費税増税や電気料金引き上げなど、
消費者につらい話が多い中、数少ない朗報といえる。
③コメ価格が3割以上も値下がりしても日本農業が「崩壊の危機」に瀕することはない。TPP
参加で生じる値下がり分を、国が補填すれば良いからだ。
具体的には、現行の農家戸別所得補償制度を抜本的に見直し、自由化の場合に限り、専業・兼業
を問わず減収分を全て国が補填する。これならTPP参加前と後で農家所得に変動はない。少な
くともTPP参加で農家が弱まることはない。この場合、財政負担増で国が窮することもない。
農家の減収分を1㌧当だり10万円とし、販売用のコメの年約600万㌧を補助対象にすれば、6
000億円が要補助金支給額となる。これは現行所得補償予算8003億円の範囲内で、その振
り替えで対処できる。畜産物などコメ以外も補助する場合には現行予算を超えるが、他の農水予
算の振り替え可能な範囲だ。これら品目の自由化は、するとしても10年ほど後となろう。この間
に徹底して農業改革を実施すべきだ。
補助金漬けでは、競争力ある農業が育たないとの意見もあるだろう。しかし、すでに日本農業は
超高関税等により保護措置漬けになっている。農業以外でもサービス業などの日本企業を、TP
Pへの参加によって外国企業と切磋琢磨させ、生産性を向上させることが、特に人口減少下の日
本経済にとって肝要だ。
もとよりTPPに参加すれば、加盟する輸出先国の日本製品への貿易障壁が最小限となる。この
結果、日本からの輸出は顕著に増え、成長戦略の柱となる。
米国政府は日本政府にTPP交渉への参加を露骨に要求してはいないが、それは米国が外圧を加
えたと見られるのは非生産的だと考えているからで、本音では日本に参加してほしいのだ。世界
第2の自由主義経済国家で、安全保障条約で固く結ばれている日本が、米国の内心の叫びに鈍感
であってはいけない。
その立場からすれば日本のTPP交渉参加は当然であり、逆に不参加を決めるには説得力あるデ
ータが不足している。日本は交渉に参加しないと必要な内部情報も得られない。TPPという経
済・貿易の制度に、日本の主張を反映するためにも交渉参加は不可欠だ。
(2013年1月24日03時02分 読売新聞)
http://premium.yomiuri.co.jp/pc/#/news_20130123-118-OYTPT01654

110 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/02/02(土) 14:36:46.73 ID:P/gBG1jT0

貿易赤字で問われる稼ぐ力と財政規律
2013/1/26付
モノの輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支(通関ベース)が、2012年に過去最大の赤字と
なった。世界経済の減速などで輸出が減り、火力発電所の燃料を中心に輸入が増えた結果だ。
海外からの配当や利子を含む所得収支の黒字はなお大きい。これで貿易赤字を相殺し、総合的
な海外取引の状況を示す経常収支の黒字を今は確保することができる。
だが貿易赤字の定着に高齢者の貯蓄の取り崩しなどが重なって、10年代にも経常赤字に転落す
るとの見方が出ている。そのリスクを重く受け止め、日本経済の稼ぐ力を高めなければならな
い。
日本の貿易収支は11年に31年ぶりの赤字となった。東日本大震災や円高の影響が大きい。12年
も輸出の減少と輸入の増加が続き、前年の2.7倍にあたる6兆9273億円の赤字を記録した。
中国や米国の景気回復、円高の修正などで輸出が持ち直し、いずれ貿易黒字に戻るとみる専門
家も少なくはない。だが製造業の海外移転が進み、輸出が構造的に伸びにくくなっているのは
気になる。
原子力発電所の再稼働が難しく、火力発電所で使う液化天然ガス(LNG)などの輸入が高止
まりする恐れもある。貿易赤字は一時的な現象だと楽観せず、様々な改革を急がなければなら
ない。
まずは海外で稼ぐ力を高める必要がある。自動車や電機をはじめとする主力産業の輸出競争力
を強化するとともに、海外への直接投資や証券投資で得た利益を国内に還流させなければなら
ない。
こうした民間の活動を支えるのが政府の役割である。安倍政権は目先の景気対策に終始するの
ではなく、環太平洋経済連携協定(TPP)への参加や法人税減税を柱とする成長戦略を急ぐ
べきだ。
財政再建にも本腰を入れざるを得ない。大幅な経常黒字や豊富な貯蓄を抱える日本は、国債の
9割以上を国内の資金で消化することができた。その強みが失われると、海外の資金にもっと
頼らざるを得なくなる。日本の経済財政運営に対する信用を高め、マネーを呼び込む努力が重
要性を増す。
安倍政権がデフレからの脱却を最優先課題に掲げるのはいい。しかし財政健全化の努力を怠り、
公共事業などをいたずらに膨らませるのでは困る。29日に決める予定の13年度予算案では、新
規国債発行の抑制に向けた強い覚悟を示してほしい。
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO51011360W3A120C1EA1000/

111 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/02/02(土) 22:34:14.04 ID:nc36f9qG0

目先の賃金交渉に終わるな
2013/1/28付
デフレ脱却への取り組みを政府が強めるなかで春の労使交渉が始まる。各社の労使は目先の賃
金の交渉に終始せず、企業の競争力を高めて賃金の原資を増やしていくための議論を深めてほ
しい。企業の成長が消費を活発にし、経済を持続的な回復軌道に乗せていくことにつながるか
らだ。
国際競争に勝つための社員の処遇制度改革や能力開発の充実など、企業にとって課題は多い。
多面的な議論を労使に望みたい。
連合は昨年に続き、毎年賃金が上がる定期昇給(定昇)の維持や諸手当などを含めた給与総額
の1%引き上げを求めている。
これに対し経団連は定昇の実施延期や凍結もあり得るとし、賃金決定に仕事内容や貢献度をも
っと反映させるべきだと提案する。
「賃金の引き上げがデフレ脱却につながる」というのが連合の主張だ。1990年代後半から雇用
者報酬は横ばいを続け、これが消費を抑えてきた面はある。最近の円高修正で輸出企業は業績
が持ち直しそうだ。企業は賃金を適切な水準に保つよう努めてほしい。
だが重要なのは、収益をどのように分配するかよりも、賃金の原資となる利益をいかに増やし
ていくかだ。激しさを増す国際競争に企業が勝つには年功制を改め、職務内容や役割、成果に
応じた処遇の仕組みが必要になる。
専門性のある外部の人材や外国人を採りやすくするには実力主義の人事・賃金制度が要る。年
功賃金である定昇制度は、勤続年数が上がるごとに技能が身につき、生産性が高まりやすい若
手の段階などを除いて、見直すべきだ。
人口が減るなかで労働力をどう確保するかも企業の課題だ。女性や高齢者の活用が欠かせない。
勤務日数や時間を柔軟に選べるようにするなど制度を工夫する必要がある。社員の能力開発の
進め方についても労使は議論すべきだ。
労使が話し合うべきテーマはますます増えている。この春の交渉を各企業の労使は実りある場
にしてもらいたい。
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO51059190Y3A120C1PE8000/

112 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/02/02(土) 23:21:01.63 ID:nc36f9qG0

所信表明演説 危機突破へ成長戦略を語れ(1月29日付・読売社説)
日本が直面する「危機」を突破していくには、強い意志と具体的な政策が重要である。
安倍首相が衆参両院本会議で、政権復帰後初めての所信表明演説を行った。
首相に再登板した決意の源は「深き憂国の念」だとし、経済と震災復興、外交・安全保障、教
育の四つの「危機」に内閣を挙げて取り組む姿勢を明確にした。
最大かつ喫緊の課題と強調したのは経済再生だ。「強い経済」が国民の所得を増やし、社会保
障制度の基盤強化にもつながるとする首相の認識は妥当である。
政府は、2%の物価目標を明記した日本銀行との共同声明をまとめた。10兆円規模の経済対
策を盛り込んだ補正予算案を近く国会に提出する。首相の掲げる「3本の矢」のうち金融緩和
と財政政策が動き出したことは評価できる。
残るのは成長戦略だ。全閣僚参加の日本経済再生本部や、有識者を交えた産業競争力会議で、
民間投資を喚起する効果的な政策を打ち出し、金融・財政政策との相乗効果を高めねばならな
い。
首相は演説で危機突破のために「与野党の叡智(えいち)を結集させ、国力を最大限発揮させよ
う」と野党に協力を求めた。衆参ねじれ国会であることからも、丁寧な国会運営が欠かせない。
国会の焦点は、4月に任期が切れる白川方明日銀総裁の後任人事の国会同意取り付けと、予算
案と予算関連法案の早期成立だ。
参院第1党の民主党に加え、金融・経済政策で共通点が多い日本維新の会やみんなの党とも協
議することが重要だ。政策ごとの連携も視野に入れる必要があろう。
今回の演説は、首相がメリハリをつけようと項目を絞り込んだため、シンプルで分かりやすい
メッセージになった。反面、多くの重要課題に言及がなかったことは物足りない。国会論戦を
通じて見解を明らかにしてもらいたい。
例えば、最大の懸案の一つである中国政策だ。尖閣諸島を「断固として守り抜く」とする一方
で、日中関係をどう立て直すのか。
エネルギー政策にも触れていない。電力不足への不安感が経済再生の足を引っ張らないよう、
首相が原発再稼働の必要性を丁寧に説明すべきだったのではないか。
首相は演説で、日本がアジア太平洋地域で経済や安保の「先導役」となることを明言した。
それならば、アジアの成長を取り込むため、米国が主導する環太平洋経済連携協定(TPP)
交渉への参加を決断すべきである。
(2013年1月29日01時27分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20130128-OYT1T01550.htm

113 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/02/03(日) 01:22:30.14 ID:oUPsMPvu0

所信表明演説 危機突破に総力挙げよ 「安全運転」では物足りない
2013.1.29 03:25
安倍晋三首相が行った所信表明演説の最大の特徴は、「日本の未来を脅かしている数々の危機」
を突破するために、世界一を目指して「国民とともに邁進(まいしん)する」と、強い決意を
表明したことだ。
与野党の英知を結集させ、「強い日本を創る」とも語っている。国の総力を挙げて打開しよう
という姿勢こそが今、求められているものだ。
問題は、そうした決意を具体的成果に結びつける処方箋であり、それを実行する指導力である。
そこが踏み込み不足であることは否めず、大きな課題といえる。
国民の関心が高い経済再生については、首相自身「最大かつ喫緊の課題」と位置づけ、演説で
も最大の分量を割いた。
大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略の「3本の矢」でデフレ脱
却に取り組むとの持論を展開し、「必ずや『強い経済』を取り戻す」と強調した。その決意と
意気込みは十分に伝わってくる。
さらに首相は、経済の司令塔として日本経済再生本部を設けるなど、日銀との間で物価安定目
標2%を「できるだけ早期」に達成するよう迫る共同声明を取り交わしたことを実績として訴
えた。
確かに、政権を担って約1カ月でこうした枠組みを作り上げたのは評価できる。これらは「ア
ベノミクス」と称され、市場も歓迎の方向だ。円高の修正が進み、株価は反騰している。
産経新聞社とFNNの合同世論調査によると内閣支持率は64・5%で、発足1カ月で9・5
ポイント上昇した。日銀との共同声明を評価する回答は6割を占め、首相の明確な経済重視路
線は内閣への支持率を押し上げている。
外交・安全保障では、尖閣諸島問題などを念頭に「国民の生命・財産と領土・領海・領空は、
断固として守り抜いていく」と宣言した意義は大きい。中国が奪取の動きを強める尖閣諸島を
日本が守り抜くために、必要なあらゆる措置を講じてもらいたい。
拉致問題について、首相が全ての拉致被害者の家族が自分の手で肉親を抱きしめるまで「私の
使命は終わらない」との見解を表明したのも、良かった。
もちろん、首相が今後問われるのは「結果」であり、「その先」である。その意味で、経済成
長のカギといえる環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉や、原発・エネルギー政策など
に言及しなかったことには不満が残る。
自民党内で大きく賛否が割れるテーマには極力触れたくないということだろう。だが、日本の
TPP参加は日米両国にとっても、対中国戦略の重要な柱であることを忘れてはなるまい。
安定した電力供給も経済再生に欠かせない。安全性を確保した上で必要な原発再稼働を進める
現実的な姿勢が不可欠であることを、今後の国会論戦を通じて明確に語ってほしい。
一方、演説全体として保守らしさを示す「安倍カラー」が抑制された印象は否めない。その主
な原因は、首相が最重要課題の一つに掲げてきた憲法改正に全く言及しなかったことだ。
連立を組む公明党が、現段階での改正論議に慎重なことが大きな理由だろう。だが、首相は憲
法96条が定める「衆参両院で総議員の3分の2以上の賛成」という改正要件の緩和を先行さ
せる方針も示していたはずだ。2月にも改めて行う施政方針演説では、憲法改正をどのように
政治日程に乗せていくかを語ってもらいたい。
集団的自衛権の行使容認に向けた憲法解釈変更について触れなかったのも物足りない。首相が
かつて設けた有識者懇談会では、公海上で攻撃された米軍艦船の防護など行使を容認する「4
類型」が示され、首相は行使容認の対象の拡大など「再検討が必要」と、近く議論を再開する
としている。2月のオバマ米大統領との首脳会談で取り上げるなら直近の課題だ。
首相は参院選で自公で過半数を獲得し、政権を安定させる使命を担っている。経済再生で成果
を急ぐ一方、自民党内や与党間で意見対立が残る政策の調整が難しい事情はある。
だが、課題を先送りしたままでは日本の立て直しは困難だ。国民は失望し、危機の克服もでき
ないことを認識すべきである。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130129/plc13012903260005-n1.htm

114 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/02/03(日) 04:28:25.70 ID:qX5b4X920

危機突破へ首相はTPPに踏み出せ
2013/1/29付
時の流れを感じさせる、安倍晋三首相の所信表明演説だった。
小泉純一郎氏の後を継ぎ、2006年9月に52歳の若さで首相に就任した安倍首相の初の所信表明
演説は肩に力が入っていた。
「美しい国創り内閣」を提唱し、首相官邸の新体制から集団的自衛権の憲法解釈の変更、憲法
改正問題まで幅広く取り上げ、随所に安倍色を強調していた。
1年で政権を投げ出した挫折を経ての再登板後、初めてとなる今回の所信表明演説では「過去
の反省を教訓として心に刻み……」と切り出した。
今国会中に今後1年間の国政運営の基本方針を示す施政方針演説を予定していることから、今
回は経済再生、震災復興、外交・安全保障の3テーマに絞り込んだ。これに教育を加えた4分
野を挙げて首相は「危機突破にまい進する」との決意を示した。演説は簡潔で、メッセージは
わかりやすい。
最大かつ喫緊の課題という経済再生に関しては、大胆な金融政策、機動的な財政運営、成長戦
略の「3本の矢」で推進する考えを重ねて示し、日銀との共同声明などの成果を誇った。
外交・安保では日米同盟の一層の強化を訴え、自由、民主主義、法の支配などの価値観を共有
する国との連携に基づく戦略的な外交を展開していく基本姿勢を明確にした。そのうえで「国
民の生命・財産と領土・領海・領空は断固として守り抜く」と表明した。
演説で物足りなかったのは、環太平洋経済連携協定(TPP)や、エネルギー政策への言及が
一切なかったことだ。
とりわけTPPは成長戦略の柱であり、2月に予定されるオバマ米大統領との首脳会談で主要
議題となる外交案件でもある。TPPを巡る各国の交渉をにらめば、残された時間は少ない。
一刻も早く交渉に参加し、日本の主張を反映させることが国益にかなう。
自民党内にはTPP交渉参加への強い反対・慎重論がある。夏の参院選への悪影響を懸念する
声も多い。農業団体などの反対運動も続いている。首相が交渉参加に向けて、強い指導力を発
揮しなければ、いたずらに時間を空費することになりかねない。
各種の規制改革を含め、3本目の矢の成長戦略でもロケットスタートを切らなければ「アベノ
ミクス」は早晩、失速してしまうだろう。TPPが試金石になる。
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO51104260Z20C13A1EA1000/

115 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/02/03(日) 06:24:38.69 ID:dr5I6z5Q0

参院選後とか日本遅れまくりでどうすんの

116 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/02/03(日) 07:03:15.26 ID:nBcOO+XI0

成長と財政再建につながる予算か
2013/1/30付
安倍晋三政権が2013年度予算案を決めた。12年度補正予算案と一体の「15カ月予算」を組み、
景気の下支えに万全を期す。財政規律にも一定の配慮を示し、引き締まった中身にしたという。
だが歳出全体を厳しく抑制しつつ、日本経済の成長力を高める事業に重点配分したとは言い難
い。内実は公共事業頼みの景気対策と借金依存の財政運営である。
公共事業頼みに危うさ
一般会計の総額は92.6兆円に上った。基礎年金の国庫負担などの会計処理が変わっており、実
質的な規模で比べると前年度当初予算を7年ぶりに割り込む。
国債費を除く政策経費も実質的に減額となった。新規国債の発行額は4年ぶりに税収を下回る。
財政の健全化に向けた最低限の体裁だけは整えたといっていい。
ただ危機対応の予備費を廃止して歳出を抑え、基金を取り崩して国債全体の発行額を減らすと
いう帳尻合わせも目立つ。13.1兆円の12年度補正予算案や、4.4兆円に上る13年度の東日本大
震災復興特別会計を含め、予算の抑制が甘いといわざるを得ない。
安倍政権だから切り込めた予算もある。民主党政権が手をつけなかった生活保護費の削減は前
進だ。本当に必要な人に支給し、働ける受給者の自立を促すためにも、一層の効率化が欠かせ
ない。
地方公務員の給与を国家公務員に準じて引き下げるのも妥当だろう。地方自治体の財源に充て
る地方交付税も聖域とはいえず、減額するのはやむを得ない。
しかし社会保障費を抑え込む努力は到底足りない。13年度は診療・介護報酬の改定がなく、抜
本的な制度改革論議も棚上げ状態にある。給付の膨張を止める手段が限られていたとはいえ、
国費の投入をもっと抑えるべきだった。
70~74歳の医療費の窓口負担割合を本来の2割に引き上げず、1割に据え置く経費を12年度補
正予算案に計上したのも問題だ。
民主党政権の目玉だった農家の戸別所得補償や高校無償化はわずかな削減にとどめ、制度自体
の見直しを先送りした。これらの政策を「ばらまき」と批判してきたのは自民党ではなかった
か。
尖閣諸島への揺さぶりを強める中国などの情勢を踏まえれば、11年ぶりの防衛費増額は理解で
きる。装備品の調達コスト引き下げなどを進めながら、防衛力を固める「選択と集中」を求め
たい。
心配なのは持続的な成長につながる施策より、一時的なカンフル剤に重きが置かれたようにみ
える点だ。将来性の高いiPS細胞を使った再生医療の研究予算を増やしたり、再生エネルギ
ーの技術開発を支援したりするのはいい。
だが、それ以上に存在感が目立つのは伝統的な公共事業である。老朽化したインフラの更新や
小中学校の耐震化に一定の投資が要るのは確かだが、不要不急の事業まで紛れ込んでいるよう
にみえる。
11~15年度に19兆円と見積もっていた震災復興の経費を、いきなり25兆円に増やすのも疑問が
残る。人材や資材の不足で消化できない事業も多いのに、必要な金額を積み上げたとは思えな
い。
政府は13年度の実質経済成長率を2.5%と見通した。今回の15カ月予算で景気の回復を後押し
し、14年度からの消費増税につなげるというシナリオを描く。
一方で国と地方の長期債務残高は13年度末に977兆円に達し、国内総生産(GDP)の2倍に
膨らむ。日本にいつまでもカンフル剤を打ち続ける余裕はない。
社会保障の効率化急げ
安倍首相は28日の所信表明演説で「我が国にとって最大かつ喫緊の課題は経済の再生だ」と語
った。その認識自体は正しいが、成長と財政再建の両立なくして真の意味での経済再生は望め
ない。
政府は消費増税に頼るだけでなく、歳出の抑制にも本腰を入れるべきだ。基礎的な財政収支の
赤字を15年度に半分に減らし、20年度に黒字に転換する――。その目標を堅持するのなら、社
会保障費の効率化に踏み込まざるを得ない。
自民、公明両党は現行の年金・医療制度の手直しを基本に据える。応急措置にとどまらず、高
齢者にも給付の抑制と応分の負担を求める改革を急ぐ必要がある。
財政の健全化を怠り、日銀に借金の穴埋めまで強要することは厳に慎まなければならない。そ
れでは日本の信用を保てなくなる。
民間の活力を引き出す本格的な成長戦略も要る。環太平洋経済連携協定(TPP)の参加や法
人減税、規制緩和を急ぐべきだ。小手先の政策で日本経済の再生を実現できるほど現実は甘く
ない。
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO51144010Q3A130C1EA1000/

117 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/02/03(日) 09:35:24.22 ID:nBcOO+XI0

13年度予算案 デフレ脱却へ問われる積極策(1月30日付・読売社説)
◆中長期の財政健全化を怠るな◆
積極財政で景気テコ入れを狙った予算である。安倍政権が最重視する経済再生とデフレ脱却へ
の実行力が問われる。
政府が2013年度予算案を閣議決定した。一般会計の総額は92・6兆円で、7年ぶりの減
額予算となった。
歳入では、税収が4年ぶりに新規国債発行額を上回った。歳出も各省庁の政策的経費を70・
4兆円に抑えたのがポイントである。
麻生副総理・財務相は記者会見で「財政政策の枠組みを頭に置いて編成した。引き締まった予
算になった」と述べた。
◆消費増税へ景気回復を◆
ただし、4・4兆円に大幅増額した別枠の復興予算と合わせると、過去最大規模である。
安倍政権は、12年度補正予算案と13年度予算案を「15か月予算」と位置付け、切れ目の
ない財政出動を目指している。
来年4月の消費税率引き上げを今秋に最終判断する上で、確実に景気回復を成し遂げたい考え
だ。超大型予算の編成で、環境整備を図ることはやむを得ない。
だが、来年度の国債依存度は46・3%となり、国の歳入のほぼ半分が借金だ。国と地方の長
期債務残高も来年度末に977兆円に達する。国内総生産(GDP)の2倍に相当し、財政危
機のギリシャをしのぐ債務大国だ。
先進国で最悪の財政状況を深刻に受け止めねばならない。
問題なのは、民主党政権が編成した12年度当初予算より規模を抑え込むため、様々な手法で
やり繰りしたことだ。
歳出規模の圧縮は、1兆円近い経済危機対応の予備費の全廃や、各省庁が今年度補正予算案に
支出を前倒しした影響が大きい。
政府は来年度経済見通しについて、民間予想よりかなり高い実質2・5%成長とし、税収を多
めに見込んだが、安定成長の実現は不透明である。
基礎年金の国庫負担分を賄う国債を別扱いにしたのも、国債発行額を抑える弥縫(びほう)策ではないか。
歳出面の切り込みも不十分だ。公共事業費は前年度比で約7000億円多い5・3兆円を計上
した。老朽化した道路や橋などの改修は必要としても、「国土強靱(きょうじん)化」の名の下
に、非効率な事業を増やすことがあってはならない。
◆公共事業は精査が必要◆
景気への一時的なカンフル剤である公共事業に頼るだけでなく、政府は企業の競争力を高める
成長戦略を強化し、経済を成長軌道に乗せることが重要である。
民主党政権が削減した土地改良事業費を積み増し、農家の戸別所得補償制度も名称を変え、前
年度並みの予算を計上した。これではバラマキに他ならない。一層の市場開放に備えた農業の
体質強化につながるのかは疑問だ。
その他の支出項目でも、財政の硬直化が一段と鮮明になった。
自然増などで社会保障費は約29兆円に膨らみ、生活保護費を小幅削減する程度にとどまった。
年金や医療費の給付抑制など、さらなる圧縮が必要である。
安全保障分野では、首相の意向を反映した予算が目立った。
防衛費を11年ぶりに増額した。沖縄・尖閣諸島をはじめ、日本の領土と領海を守る意志を明
確にしたことを評価したい。
南西防衛を重視し、警戒監視活動や離島防衛の対処能力を強化するもので、妥当な内容だ。
◆評価できる防衛費増◆
政府は年内に新たな防衛大綱を策定する。来年度予算限りとせず、中長期的に自衛隊の体制を
改革・拡充することが必要だ。
海上保安庁予算も6年ぶりに増えた。このうち、巡視船艇と航空機の整備費などは前年度比4
割増となり、人員も増やす。
尖閣諸島を巡り、中国の挑発行為が続いている。海保の巡視船艇はこれまで「スクラップ・ア
ンド・ビルド」が原則だったが、増加に舵(かじ)を切ったことは適切だ。
今後の重要課題は、中長期的な財政再建の道筋を早急に付けることにある。財政規律が緩んだ
ままでは、日本国債に対する国際的な信認を失いかねない。
地方公務員の給与引き下げを念頭に、地方自治体に配分する地方交付税を6年ぶりに削減した
のは一歩前進と言える。
安倍首相は、民主党政権が掲げた「20年度に基礎的な財政収支を黒字化する」との政府目標
を踏襲したが、このハードルは高い。
消費増税を柱とする税制改革で財源確保を図るとともに、歳出合理化が不可欠である。成長と
財政規律の両立という重い課題を克服しなければならない。
(2013年1月30日02時01分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20130129-OYT1T01449.htm

118 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/02/03(日) 10:30:21.73 ID:nBcOO+XI0

代表質問―なめられるぞ、野党
安倍首相の所信表明演説に対する代表質問が始まった。
政権交代後、与野党が論戦を交わす最初の舞台だ。自民、公明合わせて320議席を超える巨
大与党に、野党がどう挑むかも注目された。
だが、きのうの衆院本会議での民主党と日本維新の会の質問を聞く限り、迫力を欠いたと言わ
ざるをえない。
民主党の海江田万里代表は、経済の専門家らしく安倍政権の経済・財政政策の追及に多くの時
間を割いた。
アベノミクスは、財政出動と公共事業に偏重している。2%の物価上昇は、国民生活に副作用
を及ぼす――。
こうした懸念は、私たちも共有する。
では、民主党は政権時代の反省もふまえ、どうしたら経済再生が実現できると考えているのか。
海江田氏は「グリーン、ライフ、農林漁業の3分野に予算を重点配分する」と従来の主張を繰
り返すにとどまり、物足りなかった。
中国や韓国との関係改善をどう図るのか。普天間問題をどう打開するのか。これらについても
海江田氏は首相の考えをただすだけで、具体的な対案を示すことはなかった。
環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉参加については、質問すらなかった。民主党内で賛否
が割れているからだろうが、これでは政権に足元を見られてしまう。
実際、答弁に立った首相は「大変困難な状況の中で民主党代表に就任された海江田氏に敬意を
表し、エールを送りたい」と余裕さえ見せた。野党として情けないではないか。
一方、維新の平沼赳夫・国会議員団代表は、首相が持論とする憲法改正や集団的自衛権の行使
容認などにエールを送る場面が目立った。
自民党との保守連携をにらんでいる、と勘ぐられても仕方あるまい。
地方からの改革を訴えて野党第2党に躍り出た維新にとって、この日が国政のデビュー戦だっ
た。平沼氏の保守色の強い主張や、安倍政権への親和的な姿勢に、違和感を覚えた支持者もい
るだろう。
政権交代時代の野党の役割は、政権の暴走をチェックするとともに、説得力のある対案を示し
てその実現を迫ることにある。両党とも、その自覚が足りない。
国会は6月26日までの長丁場だ。これからの論戦で、ぜひとも野党としての気概を見せてほ
しい。
http://www.asahi.com/paper/editorial20130131.html

119 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/02/03(日) 11:18:53.04 ID:nBcOO+XI0

安全運転にとどめず政策論議を深めよ
2013/1/31付
国会で政権交代後の初の与野党論戦が始まった。「当面は安全運転」を心がける安倍晋三首相
は低姿勢の物言いに終始し、全般に薄口な論戦だった。環太平洋経済連携協定(TPP)はど
うするのかなどを巡り、突っ込んだ建設的な政策論議を深めてほしい。
「国民の信頼が完全に戻ったのではない」。首相が一番伝えたかったのはこの言葉だ。衆院選
で自民、公明両党は3分の2を超える議席を得た。おごり高ぶったと思われてはなるまいとの
姿勢は続けてもらいたい。
自民党の高村正彦副総裁も衆院選勝利を「政治の安定に比較的、自民党が役に立つと思われた」
と分析してみせた。「党一丸となって総裁を支える」と締めくくったのは民主党政権への皮肉
だろう。与党議員は拍手喝采だった。
首相は国会が憲法改正を発議すするのに必要な衆参両院の3分の2の多数という要件の緩和に
意欲を示した。他方で現憲法は議会での議決を経ており、「有効」と明言した。押し付け憲法
かどうかを蒸し返すのは改憲論議をややこしくするだけで、妥当な答弁だ。
だが、TPPについて「聖域なき関税撤廃を前提にする限り参加しない」との線にとどまった
のは残念だ。テレビ番組で「参院選の前に方向性は示していきたい」と踏み出した直後だけに
詳しい説明が聞きたかった。
野党は攻めにくかったに違いない。民主党も日本維新の会も首相の所信表明演説が触れなかっ
た社会保障、地方自治や憲法改正、皇室制度などを取り上げたが、首相は大まかな方向を手短
に語るにとどめ、揚げ足を取らせなかった。
民主党の海江田万里代表の質問は、野党になっても針路が定まらない党の現状を反映した内容
だった。「政権運営の経験を持つ野党として『決める政治』を前進させる」と話し合いムード
を醸し出したかと思えば、「すり寄るつもりは毛頭ない」と声を荒らげた。
安倍政権の経済政策を「財政出動と公共事業に偏重した旧来型」と批判したが、首相は「財政
健全化と日本再生の双方を実現していく」と議論に乗ってこなかった。
初顔の維新が送り出したのは党首ではなく、当選11回の平沼赳夫国会議員団代表だった。戦勝
国が敗戦国に憲法改正を迫るのは国際法違反であるといった自民党時代からの持論の開陳に時
間を割き、新鮮さはあまりなかった。
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO51186370R30C13A1EA1000/

120 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/03/16(土) 06:10:13.03 ID:T3dt9wbC0

TPPと自民党 交渉参加を前提に議論を
2013.2.2 03:07
 環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉への対応をめぐり自民党が近く外交・経済
連携調査会での論議を始め、2月下旬の安倍晋三首相の訪米までに提言をまとめるという。
 懸念されるのは、党内に交渉参加への反対論が根強い中で首相の手足を縛るような提言
になることだ。日本の参加を期待するオバマ大統領との首脳会談にも悪影響を与えかねな
い。
 こうした党側の圧力に、首相の腰が定まっていないことも問題だ。首相はテレビ番組で
「参院選前に方向性を示したい」と述べた2日後には国会で「時期は決めていない」と修
正した。
 農協など支持団体の意向を背景とした反対一辺倒の議論がまかり通るなら、難しい調整
を乗り越えて国益を守るべき政府・与党の責務は果たせない。
 昨年の衆院選で、農協側の政治組織は、TPP参加阻止に合意した候補160人を推薦
したが、その9割は自民党だ。すでに参院選を見据えて「与党内での反対勢力拡大」の方
針を決め、支援した議員らにクギを刺している。
 参院選勝利という課題があるのだろうが、首相には、特定の支持団体に重要政策の決定
を左右される古い政治の構図を断ち切れるかどうかの覚悟が問われている。
 参加国が関税や市場参入の障害となる規制などを撤廃し、自由貿易圏形成をめざすTP
Pへの参加は、日本がアジア太平洋地域の成長力を取り込む上で不可欠だ。
 これは「脱デフレ三本の矢」の1つとして規制緩和・撤廃を柱とする成長戦略を掲げる
首相の経済政策と軌を一にする。他の2本の矢の金融政策と財政政策が好発進した後だけ
に極めて重要だ。
 自民党の議論で前提とすべきは、あくまでも「交渉参加」だ。そのうえで、TPPから
日本が得られるプラスを最大にし、マイナスを最小に抑える農業政策などの具体策を練る
ことこそ必要だ。農地の集約化や農業への企業参入といった規制緩和推進など「攻めの農
業」への転換も急務だ。
 参加によるデメリットなど、入り口の議論にばかり時間を費やしていては、結論先送り
の口実にしているとみられよう。米国などは今秋の基本合意を目指し交渉を先行させてい
る。このままだと、日本は結局、「蚊帳の外」で終わりかねない。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130202/plc13020203070004-n1.htm

121 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/03/16(土) 09:20:13.21 ID:T3dt9wbC0

2013年2月2日(土)付
英国とEU―きしむ政治と経済
欧州連合(EU)から英国が脱退すべきか否か。その是非を問う国民投票を5年以内に実
施すると、キャメロン英首相が宣言した。
背景には、脱退を求める国民世論の広がりがある。だが、首相演説から見えてくるのは、
この国の抱える矛盾と苦悩にほかならない。
EUの加盟国は27カ国、総人口は5億人。半世紀余りに及ぶ欧州統合の取り組みで、共
通政策は対外通商から農業、外交・安全保障まで広がった。
日本から見れば、英国は欧州統合の真ん中にいるように見えるが、実はそうではない。
EUの共通通貨ユーロは英国では使えない。ドーバー海峡を越えて英国に入る時には、パ
スポートが必要だ。国民も欧州統合への違和感を伝統的に抱えている。
キャメロン氏は、英国はEUに残留すべきだとする一方、EUはあまりに課題が多いとも
語っている。
暮らしや仕事にかかわる規制や法律が、国民に知らされないままEU官僚の手で決まる
「民主主義の赤字」への国民の不満は強い。経済競争力の強化やユーロ危機からの克服策
も不十分なままだ。
そうした弱点を、フランスやドイツは銀行監督の一元化や財政協調など一層の連携強化で
克服しようとしている。
英国はこうした動きにも抵抗しており、逆に、労働時間や環境の規制、司法分野の主権を
EUから取り戻そうとしている。
首相演説には、2年後の総選挙に向けて、反EU派の多い保守党の結束を保つ狙いがある
といわれる。
同時に、ギリシャに端を発する債務危機でEU不信を募らせる国民に向けたメッセージで
あることも間違いない。
もちろん、英国内にも産業界やエリート層を中心に脱退に反対する意見もある。経済への
影響を懸念するからだ。
グローバル経済のもとでは、競争力の回復も、財政再建や失業対策も、一国で克服するの
は難しい。脱退となれば、英国の金融や輸出産業は大きなダメージを受ける――。
英国民がこうしたリスクを覚悟するなら、脱退もひとつの選択肢かもしれない。
日本にとっても、ひとごとでは済まない。
グローバル化のもとでの政治と経済の相克という意味で、環太平洋経済連携協定(TPP)
への参加問題も、同じ根っこを抱えているからだ。
英国の選択を注目したい。
http://digital.asahi.com/articles/TKY201302010492.html

122 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/03/16(土) 21:50:08.60 ID:f9sJrLLf0

TPP交渉参加を決断し成長戦略の柱に
2013/2/5 3:30
 安倍晋三首相の経済政策「アベノミクス」は、3本目の矢である成長戦略が最も重要だ。
日本経済の成長を支える柱は、日本企業と日本人の活動の舞台を広げる貿易自由化である。
そのためには環太平洋経済連携協定(TPP)交渉に一日も早く加わる必要がある。
 自民党内には交渉参加への反対論が根強い。農業団体や医師会など、政界に影響力が強
い勢力の反対運動が続いている。党内の議論は、夏の参院選で不利になりたくないとの見
方に傾きがちだ。
 だが日本経済の再生は待った無しである。通商を含む外交政策は政府の決定で進めるの
が筋だ。得票を気にして揺れる党内の議論に委ねず、首相自身が政策的観点から決断し、
実現に向けて強い指導力を発揮しなければならない。
 2月後半の日米首脳会談での参加表明が、日本が交渉に間に合うぎりぎりの期限となる
だろう。日本が参加を表明しても、すぐには交渉に入れず、米国内の手続きに最短3カ月
かかるからだ。
 現在11カ国のTPP交渉国は、10月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議
での大枠合意を目指している。今後の交渉は3月、5月、9月に開かれるが、仮に安倍首
相が2月に参加を表明しても、合流できるのは早くて9月の会合からとなる。
 もし参院選まで先送りすれば、9月合流も不可能となり、APECにも間に合わない。
11カ国によるTPP交渉が目標通り年内に妥結するとは限らないが、日本が不在のまま、
次世代の通商秩序のひな型となる協定の骨格が固まってしまう恐れが大きい。
 昨年までの民主党政権の最大の問題は、関税撤廃に不安を抱く国内農家に対し、有効な
対策を示せなかったことだ。過渡的な支援策や競争力を高める新しい農政シナリオを描か
ない限り、農業側はTPP反対の声を高めるだけだ。
 従来と同じ方法で手厚い保護を続けても、日本の農業の衰退は止まらない。安倍首相は、
力強い成長を目指して、産業競争力会議と規制改革会議を立ち上げた。その意志を貫き、
農業改革からも逃げずに真正面から取り組むべきだ。
 安倍首相は農業再生の戦略策定を国内で明確に指示し、日米首脳会談でTPP交渉に参
加する意志を伝えるべきだ。参院選まで難題を先送りするなら、国民と金融市場の「アベ
ノミクス」への期待は一気にしぼむだろう。
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO51378590V00C13A2EA1000/

123 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/03/17(日) 00:05:08.68 ID:vJrwVBbX0

規制改革実現へ既得権との対決避けるな
2013/2/6 3:30
 民主党政権がほぼ3年にわたって休眠させてきた規制改革会議を安倍晋三首相が復活さ
せた。経済再生へ向け、首相が掲げる3本の矢のうち、規制改革は成長戦略の核になる。
その成否を握るのは、規制に守られた勢力の既得権益を突き崩せるかどうかだ。
 規制改革は1990年代から漸進してきた。この間、通信、金融、土地利用などの分野は着
実に成果を重ねてきたが、最近5、6年間はほとんど実績がない。改革の照準が農業、医
療、教育、法務、雇用など既得権益者の抵抗が激しい分野に移ったからだ。
 新たな参入を嫌う既得権益層が規制官庁や族議員と組んだスクラムは、改革を阻む岩盤
と化した。これを打ち砕くのは骨が折れる。担当閣僚が改革を率先するよう、首相は規制
改革会議を通じてにらみをきかせなければならない。
 首相が会議の委員に大田弘子元経済財政相、金丸恭文フューチャーアーキテクト会長、
鶴光太郎慶応大教授ら、改革への意欲に富む識者や経営者を集めたのは評価できる。一方、
委員を支える事務局の体制が手薄なのは問題だ。
 会議事務は内閣府が担当する。その陣容は民主党政権の行政刷新会議の事務局がほぼ横
滑りした。
 雇用や保育市場の改革に背を向けてきたのが民主党だ。その名残を引きずる事務局は一
新したほうがよいだろう。また官主導の改革メニューにさせぬよう、意欲ある民間人を事
務局に登用すべきだ。
 内閣府が示した会議行程によると当面は医療、エネルギー、雇用について関係団体など
からの聞き取りを続ける。それを踏まえて6月に報告書をまとめるが、報告書づくりを目
的にしてはならない。改革を実行することが肝要だ。
 たとえば、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉への参加を地ならしするために、農業
と医療分野に照準を絞り、どの規制を、いつまでに、どう変えるか、具体的に示してはど
うか。
 農業は民間企業に農地の所有をみとめる法改正、医療は保険診療と自由診療とを併用す
る混合診療の解禁などが待ったなしだ。これらは真の成長戦略につながる。
 インターネットなどによる薬の通信販売を制限していた厚生労働省は、最高裁判決を経
てようやく規制の網を外した。司法判断が出ないと改革しないのは、行政府の怠慢といわ
ざるを得ない。その点でも規制改革会議の責任は重い。
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO51429840W3A200C1EA1000/

124 名無しさん@お腹いっぱい。

さげ

2013/03/17(日) 01:39:36.16 ID:uuQ33q490

在日朝鮮人の異常さがよく分かる動画www

日本人弁士を襲う韓国人 ! (踊れコリア)
http://www.youtube.com/watch?v=bcufs5Xht5M&feature=youtu.be
在日はこんなイカれたキチガイだらけです。。
2012年12月この動画の朝鮮人は未遂も含め計10件の
強盗容疑で大阪府警に逮捕されました。www

連続強盗容疑で21歳男逮捕 大阪 - MSN産経ニュース

 大阪府警捜査1課は5日までに、強盗などの疑いで、大阪市生野区巽中、
青果店店員、姜竜明容疑者(21)を逮捕した。未遂も含め計10件、
約106万円の被害を確認した。 www
捜査1課によると、昨年1月からことし5月までの間、大阪市や同府守口市、
同府河内長野市のコンビニや書店、弁当屋、カラオケ店で、刃物で店員を脅し現金を
奪ったなどとして逮捕、追送検された。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/121205/crm12120514080013-n1.htm

■脳のブレーキ機能を破壊!
キムチに含まれる唐辛子の成分カプサイシンの多量摂取は
「脳のブレーキ機能を破壊する」(ネットだけでなくついにTBS番組にて学者が言及した)
韓国人はアジア人の割には感情の起伏が激しく攻撃的だ。自殺率の高さも世界No.1。
脳のブレーキが壊れているのだろう。キムチや韓国料理を日常的に食べるのは
やめといた方がいい。wwww

125 名無しさん@お腹いっぱい。

さげ

2013/03/17(日) 01:40:21.46 ID:uuQ33q490

●TBSは韓国人に乗っ取られている。wwwwwwwwww
【就職】「在日は武器」 在日女子大生、面接で靖国や独島の質問答えて
TBSに内定:2007/01/10(水) 民団新聞
■TBSテレビ内定【李民和】さん
http://blog-imgs-34.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/200904151813039e3.jpg
↓2年後↓
http://blog-imgs-34.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/200912230321527fc.jpg

【金景敏】(TBSテレビ編成制作本部スポーツ局勤務)
【TBS社員が韓国代表に】 アメフトW杯、TBS社員など在日10人が韓国代表に!!!
<アメフトW杯>在日選手10人が韓国代表  2007-05-16、民団新聞
 W杯大会でチームを牽引するクォーターバックの金景敏さん
(TBSテレビ編成制作本部スポーツ局勤務)は大阪・鶴橋出身。wwwww
http://blog-imgs-34.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/464a70c4d3aba.jpg

2010年4月12日スタート『水戸黄門』シリーズ「第41部」第三話の監督は金鐘守www
金鐘守は2009年7月27日スタート『水戸黄門』シリーズ「第40部」
第一話(初回2時間スペシャル)でも監督を務め、両替商の「高麗屋」
お吉が善人として登場した。↓wwwwww
http://blog-imgs-34.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/DSCN1795.jpg

TBS『みのもんたの朝ズバッ!』で、 毎日新聞の鈴木琢磨が、
「メディアにも朝鮮学校卒業生がたくさんいる」と暴露した!
■You Tube 動画wwwwwwwwwww
日本のマスコミには、在日朝鮮人が多いんです 【韓流ブームの正体】
http://www.youtube.com/watch?v=IDfEUKhCXps
「実際、メディアにも朝鮮学校卒業生がたくさんいるんですよ。」

126 名無しさん@お腹いっぱい。

さげ

2013/03/17(日) 01:41:20.79 ID:uuQ33q490

http://blog-imgs-44.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/201301290824061a1.jpg
伊良部秀輝
あらゆる事業失敗、帰国もできず、最後のうどんチェーンも韓国人の
デタラメで破綻  真夏に首吊り自殺、腐乱死体で発見される
実家家族は、火葬場にも入れず、宮古でも香川でもない成田の無縁仏寺に遺骨を
捨てられる。

http://blog-imgs-44.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/20130129081850896.jpg
高嶋政伸
自称台湾系ハーフと詐称していた美元に騙され結婚、朝鮮人と知ったのは
記者会見の場  一族情報を執拗に週刊誌に垂れ流しにされた上、仕事消滅、
離婚できず(※後日離婚可能との判決)

木梨憲武
視聴率激減、冠番組消滅、個人活動も大コケ
2012年春ごろから木梨は、都内の高級ホテルと長期滞在契約をして、
そこで一人暮らしをしている

松本人志
映画の失敗、入院、視聴率激減、番組消滅


韓国では殺人やレイプや窃盗などが非常に多いため、満17歳以上の全国民は
住民登録する際、両手のすべての指の10指紋を登録することが義務付けられている。

http://blog-imgs-44.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/20120209223228152.jpg
http://blog-imgs-44.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/2012020922334827c.jpg

127 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/03/17(日) 01:46:57.82 ID:VpBF/QhK0

鬼女の姦酷潰しまとめ2013.03.07版
http://www.logsoku.com/r/ms/1362613311/2-12

128 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です
2013/03/17(日) 02:04:45.53 ID:7IRxQ1zQ0

ナベツネのボケ!。
御前、政治家からいくら貰ってんだ?。
自分のエゴでセリーグ開幕を2011年に通常通りにしようとしたこと
俺は忘れていないぞ!。
さっさとこの世から消えちまえ糞老害!、因業ジジイ!。

129 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/03/17(日) 08:00:15.30 ID:AO4AeiAp0

衆院予算委 首相はTPP参加へカジ切れ(2月8日付・読売社説)
 安倍首相は、最優先課題の経済再生を実現するためにも、環太平洋経済連携協定(TP
P)交渉参加に前向きに取り組むべきである。
 安倍内閣の発足後、初めての本格的な国会論戦となる衆院予算委員会での質疑が始まっ
た。
 首相のTPP交渉参加に関する答弁は、「例外なき関税撤廃を前提とする限り反対する」
との自民党公約の域を出なかった。今月下旬の日米首脳会談についても「参加に言及しな
ければならないことはない」と語るにとどめた。
 何とも腰の引けた姿勢だ。
 夏の参院選を控え、自民党内で、農協など支持団体の離反を恐れた慎重論が勢いを増し
ていることに配慮したのだろう。
 自民党は、外交・経済連携調査会でTPPの見解を取りまとめる作業に入っているが、
意見集約の難航が予想される。
 首相は昨年の衆院選前、自民党には「交渉力がある」と強調していた。政権に復帰した
以上、「交渉力」発揮に必要な体制を整え、参加へカジを切るべきだ。
 高市政調会長は先月のテレビ番組で、「交渉に参加しながら、条件が合わなければ脱退
する選択肢もゼロではない」と指摘した。
 まずは交渉に参加し、日本の国益にかなう通商ルールづくりを目指さなければならない。
 だが、自民党内は、この程度の発言も許さない雰囲気だ。
 反対派の中には「TPPに参加した場合の具体的メリットの説明がない」との声もある。
 アジアの活力を取り込むTPP参加は、成長戦略の柱となり得る。政府は、こうした利
点をきちんと説明する必要がある。
 一方、東シナ海における中国の相次ぐ挑発行為に対しては、与野党から強い懸念が示さ
れた。
 小野寺防衛相は、中国軍艦艇による自衛艦への火器管制レーダー照射について「武力の
威嚇に当たる」として、国連憲章に抵触する可能性を指摘した。
 首相は「問題があるからこそ対話を進めるべきだ」と中国との関係改善に意欲を示した。
 中国は、国連安全保障理事会常任理事国として世界の平和と安定の維持に大きな責任を
持つ。米国などと連携して、国際社会のルールを順守するよう中国に強く働きかけねばな
るまい。
 東アジアの緊張が高まることは日中両国の経済に悪影響を与える。政府は、日中関係の
正常化が両国の利益につながることを中国に説き続けることが肝要だ。
(2013年2月8日01時27分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20130207-OYT1T01484.htm

130 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/03/17(日) 19:15:14.12 ID:EJ4G4c2P0

経常黒字の縮小が迫る変革
2013/2/9 3:30
 海外との総合的な取引状況を示す経常収支の黒字が、2012年に過去最小の4.7兆円まで
縮小した。モノの輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支の赤字が、過去最大を更新した
のが主因だ。
 この統計が映し出す日本経済の課題を真摯に受け止め、必要な変革を急がねばならない。
安倍政権は海外への輸出や投資で稼ぐ力を高めるとともに、財政再建にも本腰を入れるべ
きだ。
 12年の貿易収支は5.8兆円の赤字(国際収支ベース)を記録した。世界経済の停滞が響
いて輸出が減り、火力発電用の燃料を中心に輸入が増えたためである。
 海外からの配当や利子を含む所得収支は14.3兆円の黒字となった。この金額が大きいの
で経常収支も黒字を維持できたが、11年のほぼ半分に縮んでしまった。
 世界経済の改善や円高の修正を追い風に輸出が回復に向かえば、貿易黒字に戻るとの見
方は根強い。だが製造業の海外移転で輸出が伸びにくくなり、原子力発電の停止で代替燃
料の輸入が減りにくくなっているのは見逃せない。
 日本では貯蓄を取り崩し、消費に充てる高齢者が増える。貿易赤字の定着に高齢化の影
響も加わって、早ければ10年代に経常赤字に転じるとの予測も出ている。
 大幅な経常黒字という強みが失われれば、国債の消化をより多くの海外資金に頼らざる
を得なくなる。そのリスクを念頭に置き、経済政策を練り直す必要がある。
 重要なのは総合的な成長戦略だ。日本企業の輸出競争力を高め、海外への直接投資や証
券投資で稼いだ利益を国内に還流させる。そのためにも環太平洋経済連携協定(TPP)
への参加や法人税の減税などに踏み込んでほしい。
 もうひとつは財政の健全化である。14年度からの消費増税に頼るだけでなく、社会保障
費を含めた歳出の抑制にも全力を挙げるべきだ。日本の財政運営に対する信用を維持し、
海外のマネーを国内に呼び込む。その努力が重要性を増すことを忘れてはならない。
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO51548800Y3A200C1EA1000/

131 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/03/18(月) 15:40:08.85 ID:lJKp28od0

農業政策 攻めの戦略で自由化に備えよ(2月11日付・読売社説)
 競争力を高め、一層の貿易自由化に耐えうる体質に変えていく。日本農業の課題は明ら
かだ。
 農林水産省が「攻めの農林水産業推進本部」を設置した。農産品の輸出拡大などを検討
し、政府がまとめる成長戦略に反映させるという。
 林農相は初会合で「生産現場が需要を敏感につかんで付加価値を高め、農林水産業の潜
在力を最大限に引き出したい」と語った。
 基本的な方針に異論はない。問題は、それを裏付ける政策を打ち出せるかどうかである。
 安倍政権の農業論議は、とても「攻め」の姿勢とは言えない。
 2013年度予算案が象徴的だ。農業予算は13年ぶりに増額されたが、どこまで農業
の競争力強化に役立つだろうか。
 民主党政権が大幅に削減した土地改良事業費を復活させた。12年度補正予算案と合わ
せると約6000億円に上る。補助金を一律にばらまく農家の戸別所得補償制度も手つか
ずで、名称を変えて前年度並みの予算を計上した。
 兼業農家が主体のコメを偏重した政策が、農業の地盤沈下を招いた要因である。就業者
の高齢化にも歯止めがかからない。
 異業種を含めて意欲ある若手の新規参入者を増やし、経営感覚に優れた中核的な農家に
農地や資金を集中する規模拡大政策を徹底しなければならない。
 14年度の導入を目指して自民党が検討に乗り出した「多面的機能直接支払い制度」も
問題だ。
 農地には国土や集落を守る多面的な機能があるとして、農地を維持するすべての農家を
所得補償の対象にする仕組みである。
 補助金漬け農政をさらに拡大するだけでは、展望は開けない。
 野 菜、果樹、酪農などは専業農家の比率が高く、自助努力で商品の付加価値を高め、海
外産品と市場で競い合っている。
 安易な補助金より、生産性を向上させ、国内外に販路を拡大する体制づくりが求められ
よう。
 農業を成長産業に育てるには、規制改革が欠かせない。復活した政府の規制改革会議で
は、農ビジネスへの企業進出を阻んでいる農地法や農協制度などの規制にも切り込んでほ
しい。
 自民党内では、環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉参加への反対論が勢いを増して
いる。
 「攻めの農業」を掛け声倒れに終わらせないためにも、安倍首相は交渉参加を早期に決
断すべきである。農業改革を加速し、TPPに備えることが必要だ。
(2013年2月11日01時12分読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20130210-OYT1T00873.htm

132 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/03/19(火) 10:50:23.30 ID:qa/oA/wC0

対中意識に温度差
加藤 良三氏
元駐米大使
日米関係が「良い」と思う人は日本で50%に回復した。日本で「悪い」の方が多かった時
期は、民主党政権の時期とほぼ一致している。関係を悪化させた要因の多くは日本側にあ
った。
米国で日本への信頼度は70%に達している。日本は英国などと並んで強固な同盟国だと認
識されている。
ただ、中国を軍事的な脅威として捉えるかどうかでは、これまでのところ、日米両国で温
度差がある。米国は当面、イランなど中東への対応が喫緊の課題だ。中国の周辺には日本
などの同盟国や友好国があるためもあって、中東ほどの緊迫感はまだない。
日本には、米国が中国の脅威をあまり深刻に捉えていないという焦燥感がある。そのこと
が、中国を脅威だとみなす割合を一層押し上げているのだろう。
アジア・太平洋地域で存在感を増している中国に対峙するため、日米同盟の堅持は当然だ。
その上で、日本にとって大切なことは、米国の動向を心配するのもさることながら、日本
が自ら、経済、安全保障、経済技術協力、文化など様々な分野で「強い国」になる努力を
することだ。そうすれば、米国だけでなく世界の関心が日本に向けられるようになる。
TPPへの参加、原子力発電の利用について、日本は米国よりも消極的だが、いずれも日
本を「強い国」にするために重要な問題だ。政府は、国民に丁寧に理解を求める必要があ
る。
(2013年2月15日 読売新聞)

133 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/03/19(火) 14:10:20.63 ID:qa/oA/wC0

強い日本経済望む
ジョセフ・ナイ氏
元米国防次官補
調査結果は、良好な日米関係を目指す両国の関係者にとって励みになるものだ。両国とも
に半数の人が日米関係は良いと答え、約4分の3の人が日米安保条約はアジア・太平洋地
域の安全に役立っていると答えた。
米軍普天間飛行場の移設問題については、多数の米国民が「よく知らない」と答え、日米
でこの問題の影響に対する見方が異なっている。この問題で、東アジアの安定にとって重
要な日米の安全保障関係を損なってはいけない。
日米ともに多数の人が、アジア・太平洋地域で米国よりも中国の影響力が強くなると答え
たが、私は懐疑的だ。米中は同じ程度に重要であり続けるだろう。
日米の国民は、中国を信頼していない点では共通している。この不信を、関係悪化につな
がる「恐怖」に転化させないことが重要だ。
日米中3か国の良好な関係がら得られるものは大さい。日米は、米国が冷戦時代にソ連に
対して行ったように、中国の封じ込めを図るべきではない。むしろ、日米が協力して、中
国が「責任あるステークホルダー(利害関係者)」として発展するように仕向けるべきだ。
エネルギーや環境分野での共同事業を模索したい。
米国は、日本経済が強くなることを望んでいる。この観点から、米国民の大多数は、日本
がTPPに参加することを求めている。日本でTPP参加について意見が割れているのは
気がかりだ。
(2013年2月15日 読売新聞)

134 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/03/19(火) 17:00:08.35 ID:qa/oA/wC0

社説:TPP交渉 参加を決断する時だ
毎日新聞 2013年02月15日 02時31分
 環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉への参加に向け、残された時間が少なく
なってきた。政府与党内では、参加の是非を巡る綱引きが続くが、決断が遅れるほどTP
Pの貿易・投資ルールに日本の意向を反映しにくくなる。
 安倍晋三首相は、今月下旬に予定されるオバマ米大統領との首脳会談で参加の意向を示
すべく、リーダーシップを発揮すべきだ。
 自民党の外交・経済連携調査会は、「聖域なき関税撤廃を前提にする限り、TPP交渉
参加に反対する」という「基本方針」をまとめた。衆院選の公約を再確認する内容だが、
交渉参加の余地を残したことで、参加表明に向けた環境整備がわずかに進んだ格好だ。
 安倍政権の経済政策「アベノミクス」は、成長戦略を「三本の矢」のひとつに位置づけ
ている。経済が成長するには、日本の企業や事業者の活躍の場を潜在力豊かなアジア太平
洋地域に拡大する必要がある。そこでの貿易や投資のルールを決めるTPP交渉への参加
は、「アベノミクス」のためにも不可欠といえる。
 もっとも党内には、農業団体などの意向を反映した強い反対論がある。7月の参院選を
不利にしたくないとの思惑から、決断の先送りを求める声も根強い。
 しかし、それでは時間切れになりかねない。米国はじめ交渉に参加している11カ国は、
今後、3、5、9月に会合を重ね、10月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳
会議でTPP協定に基本合意することを目指している。
 今回の日米首脳会談後に日本が交渉参加を表明したとしても、米国には新しい参加国を
認める手続きに議会が90日以上かけるルールがあるため、交渉のチャンスは9月の1回
しかない。参院選後にずれ込めば、その機会も失われることになる。
 もちろん、基本合意が遅れる可能性はある。与党内には、それを見越した「決断先送り
論」もある。しかし、それは無責任に過ぎる。
 オバマ大統領は先日の一般教書演説で、「TPP交渉を完了する」と表明した。一般教
書演説に「TPP」の言葉が盛り込まれたのは初めてで、合意に向けた大統領の強い意欲
の表れといえるだろう。楽観的な「先送り論」は、協定に日本の主張を反映せる機会を奪
い、国益を損なうことになりかねない。
 安倍首相は日米首脳会談で、「聖域」の余地が認められるかどうかの感触を探る意向だ
という。しかし、「聖域」を守るためにも早く参加し、交渉力を発揮すべきではないか。
「アベノミクス」を掲げる首相の政治決断を期待したい。
http://mainichi.jp/opinion/news/20130215k0000m070119000c.html

135 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/03/19(火) 19:50:12.56 ID:Bfcf3C2P0

2013年2月15日(金)付
TPP交渉―主体的に関わってこそ
米国と欧州連合(EU)が、自由貿易協定(FTA)に向けて協議を始める。
世界貿易機関(WTO)を舞台にした多国間交渉が暗礁に乗り上げた後、さまざまな国や
地域が、FTAや、より幅広い経済連携協定(EPA)の交渉を進めている。
合わせて世界の国内総生産の5割を占める米国とEUの動きは、通商ルール作りを両者が
主導し、「世界標準」を決めてしまおうという狙いだろう。
世界3位の経済大国として、海外との通商を基盤に発展してきた国として、日本はこの流
れにどうかかわっていけるか。
EUとの間では、近くEPA交渉に入る。米国と向き合う場は、環太平洋経済連携協定
(TPP)である。
まもなく日米首脳会談が開かれる。絶好の機会ではないか。安倍首相は交渉への参加を表
明すべきだ。
当事者となってTPPの実態をつかみ、わが国の利害を反映させる。農産物などの関税引
き下げに加え、サービスや投資など20を超える交渉分野全体で利害得失を見極め、実際
に加わるかどうかを決める。
これが基本だ。恐らく、首相もわかっているのだろう。
ところが、総選挙で自民党が掲げた「聖域なき関税撤廃を前提にする限り反対」という公
約に沿って、オバマ米大統領との会談で自ら感触を得た上で判断する、と繰り返している。
農協はTPPに猛反対している。夏の参院選で農業票を失いたくない。オバマ氏から何ら
かの発言を引き出し、農業関係者への説明に使いたい――。首相の狙いはこんなところか。
TPPは、関税交渉では「全ての品目を対象にする」のが原則だ。ただ、「完全撤廃」と
は限らない。
当の米国が、豪州と締結したFTAで砂糖の輸入関税を残すことになっているのを踏まえ、
「TPPでは再交渉しない」としているのが好例だ。
昨年秋からTPP交渉に加わったカナダは鶏肉や乳製品の農家を関税などで保護している。
かつてこの仕組みの維持を前提に交渉への参加を模索したが果たせず、「すべてを交渉の
テーブルに乗せるが、譲歩すると約束したわけではない」との姿勢に転じ、認められたと
いう。
交渉の現状を見すえつつ、あとは自らの交渉力次第、ということである。
首相は、オバマ氏の言質を取ろうと躍起になるより、新たなルール作りに主体的にかかわ
っていくべきではないか。
http://digital.asahi.com/articles/TKY201302140529.html

136 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/03/19(火) 22:15:07.54 ID:Bfcf3C2P0

景気の本格回復へ中身の濃い成長戦略を
2013/2/15付
 2012年10~12月期の日本経済は3四半期連続のマイナス成長となった。足元の景気には
持ち直しの兆しもみられるが、本格的な回復にはまだ時間がかかる。
 金融緩和の強化や緊急経済対策の効果はこれから出てくるだろう。同時に企業や個人の
活力を引き出す成長戦略を具体化し、真の経済再生につなげる必要がある。
 12年10~12月期の実質成長率は前期比年率でマイナス0.4%だった。輸出や設備投資の
減少が大きく、個人消費や住宅投資、公共投資の増加で補えなかった。
 だが海外経済の改善などを追い風に、輸出や生産に下げ止まり感が出てきた。12年春か
らの景気後退局面はすでに終わったとの見方が大勢で、政府・日銀も景気判断を相次ぎ上
方修正している。
 日銀は前年比2%の消費者物価上昇率を目標に掲げ、金融緩和の強化に乗り出した。そ
の効果もあって円安・株高が続き、当面の景気を下支えする公算が大きい。
 事業規模20兆円を超える政府の緊急経済対策の中身には問題もあるが、一定の押し上げ
効果を期待できるのは確かだ。14年度からの消費増税を控えた住宅や自動車などの駆け込
み需要も表面化するため、13年度の実質成長率は2%程度に高まるとの予測が多い。
 しかし緊急経済対策の効果や消費増税の駆け込み需要は、一時的なかさ上げ要因にすぎ
ない。14年度の実質成長率はその反動で、大幅に低下するとみられる。
 日本経済の本格回復を後押しし、デフレの克服につなげるには、持続的な効果のある成
長戦略が要る。目先の景気対策に終始するだけでなく、成長力の強化に資する施策に本腰
を入れるべきだ。
 安倍政権は6月にも成長戦略をまとめる。製造業の復活を目指す「日本産業再興プラン」
や、企業の海外展開を支える「国際展開戦略」などを柱に据えるという。
 海外への輸出や投資で稼ぐ力と、海外の資金や人材を呼び込む力を高めるには、環太平
洋経済連携協定(TPP)への参加や法人税減税が欠かせない。医療や介護などの規制を
緩和し、国内の需要を掘り起こす必要もある。
 今夏の参院選に勝つために、TPPや規制改革に反対する勢力の利益を守り、不要不急
の公共事業だけを積み上げるのでは困る。安倍政権が本気で経済再生を目指すのなら、中
身の濃い成長戦略をまとめなければならない。
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO51730530V10C13A2EA1000/

137 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/03/20(水) 01:30:15.82 ID:C1I1Q/mD0

成長が賃金増やす流れをつくろう
2013/2/17 3:30
 デフレ脱却の目的は賃金が伸びることと雇用の安定だ。成長が働く人の所得の増加につ
ながり、新しい雇用を生みだす。それが経済を良くしていく。そうした好循環をつくって
いくような手立てを多面的に講じるときだ。
 安倍晋三首相は経団連など経済3団体に賃金の引き上げを求めた。金融緩和などで消費
者物価を前年比2%上げていく目標を掲げており、実質的な賃金の目減りを抑えるためだ。
経済界は最近の円高修正を踏まえ、「業績改善分を賞与に反映する」などと応じた。
企業活動を妨げるな
 大切なのは円安の恩恵に頼らず、競争力のある製品やサービスを生みだすことで企業が
持続的に成長し、賃金の原資を安定的に増やしていくことだ。
 収益力が高まれば正社員だけでなく、パート、契約社員など非正規社員の収入も底上げ
しやすくなる。非正規労働者は働く人の35%を占めており、処遇改善は消費の活性化につ
ながる。
 グローバル競争の激化や資源価格の上昇などで、企業の1人あたり付加価値額は1990年
代から低迷している。1人あたりの労働生産性も日本は先進諸国のなかで低い。雇用者報
酬が90年代後半から横ばいになっているのはこうした背景がある。
 生産性や付加価値を高めるために、企業が活動しやすい環境をつくらなくてはならない。
賃金引き上げを経済界に促すのもいいが政府自身がやるべきことは多い。
 世界を舞台に企業が利益をあげていくには、貿易自由化に乗り遅れるわけにはいかない。
環太平洋経済連携協定(TPP)交渉に一日も早く加わるべきだ。
 規制改革では電力事業への新規参入を促し、エネルギーコストを抑える電力市場改革が
待ったなしだ。30日以内の短期派遣を原則禁止としている労働者派遣法など労働規制も見
直すべき課題が多い。
 企業に重い保険料負担を強いている現行の医療・年金制度も問題だ。社会保障制度改革
も急がなければならない。
 電機業界のように、競争激化で企業が人員調整に追い込まれるリスクは増大している。
削減する人員数も大規模だ。やむを得ず退職した人が再就職しやすくし、収入の安定をは
かることも重要だ。
 別の会社や仕事に柔軟に人が移れる労働市場づくりを急ぐ必要がある。非正規社員がよ
り待遇の良い職に就く機会も増やせる。
 成熟産業から医療・介護、環境、エネルギーなどの成長分野へ人材が移りやすくなる利
点もある。女性や高齢者の就労も促せ、将来の労働力不足を和らげられる。
 労働市場を育てるには人の能力を客観的に評価する仕組みをつくり、企業が採用活動に
使えるようにする必要がある。政府は介護や省エネなどの実践的な知識や技能を測る「キ
ャリア段位」という資格制度を整備中だ。対象の職種を順次広げてほしい。
 人材サービス会社が就労支援をしやすくする規制改革も要る。たとえば求職者本人から
手数料を取る民間の職業紹介事業は対象が部長以上の「経営管理者」などに限られている
が、見直すべきだ。
 個人が自らの能力を高めることも必要だ。多くの企業が仕事の成果を賃金に反映させて
おり、生産性を上げなければ収入は増えない。労働市場が育ち、働き口を見つけやすくな
っても、求められる技能がなければ就職は難しい。
経営力が問われる
 公共職業訓練の民間事業者への開放を進め、訓練メニューづくりを民に競わせて質を高
めるなど、能力開発支援を見直すべきだ。ソフトウエア開発者など需要の旺盛な情報やサ
ービス分野の人材養成に力を入れたい。
 企業の経営者は価値創造力を一段と問われる。上場企業は前期末で約60兆円も手元資金
を積み上げている。資金を有効活用して付加価値を増大させる経営者本来の役割を、今こ
そ果たすときだ。
 M&A(合併・買収)や設備・研究開発投資、人材の教育投資などお金の使い方は多様
だ。競争力のある事業戦略や投資計画を組み立てる力がますます求められる。
 投資家に成長戦略を明確に語る力も欠かせない。独自のビジネスモデルが株式市場から
資金を呼び込み、それをまた活用して成長につなげる好循環をつくりたい。
 経済を元気にし、家計を潤わせるけん引役は民間だ。企業は新しい製品やサービスの創
造を競い、政府は企業活動が活発になるよう政策面で支援する。その両輪が回転すること
が持続的な賃金の増加につながっていく。
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO51814830X10C13A2PE8000/

138 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/03/20(水) 07:15:23.50 ID:8qx/dwzV0

デフレ対策の必要性を粘り強く訴えよ
2013/2/18 3:30
 日米欧に新興国を加えた20カ国・地域(G20)の財務相・中央銀行総裁会議が閉幕した。
大胆な金融緩和を柱とする日本の経済政策に一定の理解を示し、円安誘導と名指しで批判
するのは避けた。
 日本がデフレから脱却し、本格的に経済を再生するには、強力な金融緩和が不可欠だ。
安倍政権はG20にくすぶる不満にも配慮しつつ、デフレ対策の必要性を今後も粘り強く訴
え続けてほしい。
 安倍政権の強い意向を踏まえ、日銀が金融緩和の強化に動いたこともあって、為替市場
では円高修正の動きが続く。自国・地域の通貨が対円で上昇している欧州や新興国の一部
からは、円安誘導ではないかとの批判が出ていた。
 G20が16日採択した共同声明は特定の国・地域への言及を慎重に避け、「通貨の競争的
な切り下げを回避する」との方針を確認した。「金融政策は国内の物価安定と景気回復を
支援するために実行すべきだ」との認識も示した。
 為替相場は自由で柔軟な市場で決まるのが原則である。各国・地域が安易な通貨切り下
げ競争に走れば、世界経済や金融市場の安定が損なわれるのは間違いない。
 しかし今の円安には様々な要因がある。欧州債務危機の一服や米中経済の持ち直し、日
本の貿易赤字拡大などもからんでいる。日本が海外からの円安誘導批判に反論するのは当
然ではないか。
 麻生太郎副総理・財務・金融相と白川方明日銀総裁は、金融緩和の目的を「デフレから
の早期脱却」と説明し、「日本経済の再生は世界経済にも良い影響を与える」と強調した。
こうした認識をG20に共有してもらうための努力を続けなければならない。
 日本にも反省すべき点はある。安倍政権が金融緩和の圧力をかけたり、特定の相場水準
に触れたりする発言を繰り返してきたのは確かだ。誤解を招きかねない不用意な言動は慎
んだ方がいい。
 経済運営全般への信頼を高める必要もある。金融緩和や財政支出による景気の下支えに
頼るだけでなく、環太平洋経済連携協定(TPP)などを柱とする成長戦略を急ぐべきだ。
もちろん中長期的な財政再建の努力も怠れない。
 景気を下支えする金融緩和が海外の批判を浴びるのは米国も同じだ。先進国が供給する
大量のマネーが、新興国の通貨や資産価格を押し上げるという副作用には、細心の注意を
払わざるを得ない。
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO51832360Y3A210C1PE8000/

139 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/03/20(水) 11:05:09.81 ID:8qx/dwzV0

TPP交渉 決断し「新しい自民」示せ
2013.2.17 03:12
 環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉への参加問題で、いま問われているのは、
安倍晋三首相自身のリーダーシップなのである。
 首相は、ワシントンで22日(現地時間)に行うオバマ米大統領との初の首脳会談に合
わせて交渉参加を決断し、「新しい自民党」を国民に示す必要がある。
 懸念されるのは首脳会談を前にした自民党の動きだ。党の外交・経済連携調査会がTP
Pに関する基本方針をまとめたが、これは米国側が「聖域なき関税撤廃を前提にする限り、
交渉参加に反対する」とした昨年末の衆院選公約堅持を改めて確認したものだ。
 だが、これは票と既得権益で特定業界と結びついた、いわゆる族議員が幅をきかせた、
かつての自民党ともダブる。それが国内改革を滞らせてきた側面もある。こうした状況が
続けば、内実に乏しい「新しい自民党」に失望する有権者も少なからず出てこよう。
 首相も首脳会談では米国の感触を探るにとどめる構えのようだ。「聖域の設定」が可能
と判断した場合の交渉参加にも含みを持たせているが、7月の参院選に向け、農業団体や
日本医師会などへの配慮が発言ににじむ。首相としてあまりにも消極的ではないか。
 首脳会談の最大の眼目は、民主党政権下で亀裂が入った日米関係の修復と強化だ。TP
Pはオバマ大統領が一般教書演説で「交渉妥結をめざす」と明言するほど力を入れるテー
マなのだ。
 TPPは、中国の動きが活発化するアジア太平洋地域の経済秩序形成のカギとなる。中
国をにらんだ場合、日本にも大きなメリットがあることを忘れてはならない。首相が目指
す脱デフレにも、アジアの活力を取り込み、成長戦略の柱とする国内の規制改革を進める
てこになり得る。
 政府の規制改革会議では、保険外診療を併用する混合診療の拡大や、農業への参入規制
緩和などが議論される。医師会や農業団体の反発は必至だ。それらに抗せないのなら、金
融緩和や財政出動で一時的に景気は浮揚しても、日本再生という大きな目的は、とうてい
達成できまい。
 TPP参加の前段階である交渉に加わるかどうかの議論でさえ、特定団体への配慮で立
ち往生するようでは、安倍政権の成長戦略の先行きは危うい。
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130217/fnc13021703140000-n1.htm

140 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/03/20(水) 20:45:11.53 ID:8qx/dwzV0

安倍首相にTPP決断を迫る米欧連携
2013/2/19 3:30
 米国と欧州連合(EU)が幅広い経済連携を目指して、自由貿易協定(FTA)交渉を
始めることになった。安倍政権は、米欧が急接近する理由と日本やアジアへの影響を正し
く読み取り、民主党政権下で停滞していた通商政策を立て直さなければならない。
 日本にとっては、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉への参加が待ったなしになる。
次世代の通商のルールづくりが米欧の主導で進めば、日本に不利な仕組みが出来上がりか
ねない。環大西洋の動きに合わせて、環太平洋でも日米を軸に連携を急ぐ必要がある。
 米欧間の貿易自由化の構想は、1990年代から何度も浮上したが、実現には至らなかった。
それぞれ守りたい分野で関税を残しているほか、安全や環境をめぐる技術基準や投資規制
など、米欧の制度の隔たりが大きいためだ。
 違う仕組みで動く2つの巨大経済圏を統合する交渉は、容易ではない。実現には痛みを
伴う構造改革が必要となり、米欧ともに域内の政治コストは大きい。それだけに、構想を
実行に移せる政治指導者は、これまでは現れなかった。
 痛みを覚悟で両者が交渉に踏み切るのは、経済成長の活路を自由貿易に見いだしている
からだ。ユーロ危機に伴う緊縮財政で、欧州は内需の成長が見込めない。リーマン・ショ
ックの後遺症が残る米国は輸出への期待が大きい。
 世界経済を支える柱である先進国として、米欧は必死に成長を模索している。その危機
感を日本は共有しているだろうか。
 今週訪米する安倍晋三首相は日米首脳会談で、TPP交渉の過程で関税撤廃に例外品目
を設ける可能性を探るという。経済大国の政治指導者が語る通商政策として、いかにも小
さいのではないか。
 FTA締結で環大西洋の貿易・投資を増やすだけでなく、米欧の関心は、成長力が旺盛
な東アジアにも向いている。米欧には環大西洋の連携をテコに、アジア各国に自由化を促
す狙いもある。
 とりわけ自国の利益を優先する中国を国際ルールの枠組みに取り込む努力は、日米欧が
協調して取り組むべき課題であるはずだ。中国も加盟する世界貿易機関(WTO)協定は、
導入から20年近くたち時代遅れとなりつつある。新しい通商秩序を築く時が来ている。
 TPPはその次世代のルールの土台となる可能性が大きい。早急な交渉参加が日本の責
任である。
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO51871990Z10C13A2EA1000/

141 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/03/21(木) 12:45:08.53 ID:U5bXsN+V0

攻めの農業 首相は本気で抜本改革を
2013.2.20 03:15
 安倍晋三政権が打ち出した「攻めの農業」を目指す改革路線を大いに歓迎したい。
 環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉への参加は、日本が貿易立国として生き残
るうえで欠かせない。そのためにも、日本農業を国際競争に耐えうる強い産業へ転換させ
ることが必須だ。耕作地の大規模化など、具体的な政策として推進してほしい。
 首相は政府の産業競争力会議で「農業を成長分野と位置づけ、産業として伸ばしていく」
と述べた。成長戦略の策定に向けた重点10項目が定められ、農林水産品の輸出額を1兆
円に倍増する考えも示した。
 目に見える目標設定は当然だし、実現してほしい。一方で、日本農業を根本かつ構造的
に再生させるには、より思い切った改革が必要だ。規模の小さい農地を集約化し、若者も
従事できる専業農家を育成する基本政策である。
 日本の農業従事者は、この30年で半減し、平均年齢は65歳を超えた。全国には埼玉
県とほぼ同じ約40万ヘクタールの耕作放棄地が広がる。同時に、農協組合員の多くを占
める小規模な兼業農家を優遇する農政が続いてきた。選挙での「票」をあてにする農林族
議員が幅をきかせてきた結果である。
 高い関税で輸入米の参入を抑えるなどの対症療法で、それが本来の生産性向上への努力
を阻害し、担い手であるべき専業農家の意欲も削(そ)いできた。将来世代に農業を継承
するためにも、抜本的な改革は待ったなしだ。
 競争力会議では、林芳正農林水産相が、生産者が収益を高めるため加工、流通・販売ま
で手がける「6次産業化」の促進などを説いた。農地の大規模化に向けた規制改革も積極
的に進める。いずれも方向性は正しい。
 もちろん、中山間地の棚田など、環境保全の観点から必要な農地もある。生産性向上を
基本としつつも、そうした農業の多様な姿を残す知恵も必要だ。
 ここで気になるのは、政権としての取り組みの本気度だ。稲田朋美行革担当相は19日
の会見で、規制改革の具体化について「いま何というところまでは考えていない」と消極
的だった。
 自民党内にはいまもTPP反対論が根強い。首相はこれを説き伏せ、日本の農業再生に
向けた改革を成し遂げてほしい。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130220/plc13022003150006-n1.htm

142 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/03/21(木) 17:25:08.71 ID:U5bXsN+V0

安倍首相訪米 対中抑止へ具体的行動を
2013.2.21 03:20
 安倍晋三首相には、自ら米国をリードする覚悟でスピードと実効性ある措置に思い切っ
て踏み込んでもらいたい。
 オバマ米大統領と就任後初の日米首脳会談に臨む際の注文である。
 過去3年間の民主党政権下で日米同盟の空洞化が進み、北朝鮮の核実験や尖閣諸島への
中国の攻勢強化などで東アジアと日本の安全保障環境は急を告げている。
 首相が会談で日米連携や同盟強化をめざすのは当然だが、中でも緊急に必要なのは北の
暴走をやめさせ、中国の無法で危険な挑発を抑止するための具体的行動だ。
 そのためには、首相が掲げる集団的自衛権の行使容認を早急に実現し、在日米軍再編の
核となる普天間飛行場移設を遅滞なく進めることが何よりも必要になる。日本の平和と安
全のためにも決断し、行動をとってほしい。
 会談は、安倍政権の発足後2カ月弱、オバマ政権は2期目の1カ月で新外交安保チーム
の編成途上というタイミングで行われる。
 同盟強化の方向や共通課題を議論し、首脳間の信頼を再構築する意義はこの上なく重要
だ。首相自身が「同盟の絆が戻ったと世界とアジアに示すことが日本の国土・領海・領土
を守ることにもつながる」と強調している。
 問題は、日米の周辺環境の悪化が急速に進み、一刻の猶予もならないことだ。認識や言
葉の共有にとどまっていてはなるまい。中国海軍のレーダー照射事件が象徴するように、
中国の力ずくの覇権行動は国連憲章の一線も越えた。
 これを牽(けんせい)し抑止するには、米国の対日防衛義務を定めた日米安保条約第5
条をいつでも発動できる態勢が不可欠になる。
 首相は防衛大綱や日米防衛協力のための指針の見直しなどにも前向きだが、まずは集団
的自衛権の問題や普天間移設を実行しなければ同盟の強化につながらない。このことを強
く認識すべきだ。
 米側新閣僚には対中協調を重視する傾向もある。訪米に同行する岸田文雄外相とケリー
国務長官の会談で突っ込んだ協議を行い、対中認識を一致させてほしい。
 「同盟の絆」の再構築には、原発・エネルギー協力や、中国をにらんだ新経済秩序のカ
ギとなる環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉への主体的参加も欠かせない。ここ
でも、率先実行する指導力と覚悟が問われている。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130221/plc13022103200003-n1.htm

143 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/03/21(木) 20:00:22.32 ID:uiO+zK800

日米首脳会談―TPPは消費者視点で
安倍首相がオバマ米大統領との会談後、環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉に加わる
考えを事実上、表明した。
10年秋に当時の菅首相が交渉参加に意欲を見せてから2年半近く。農業団体をはじめと
する国内の根強い反対を受けて迷走が続いた末、ようやく軸足が定まった。
首相の姿勢を評価する。
安倍政権は、デフレと低成長からの脱却を最優先課題に掲げる。そのためには海外との経
済連携を強め、その成長を取り込むことが欠かせない。
ただ、すぐに交渉に入れるわけではない。TPPを主導する米国では、政府が通商交渉に
入る場合、議会の承認を得るのに90日間かかる。一方で、オバマ政権は今年中に交渉を
終えるとしている。日本に残された時間は多くない。
これから米国との事前協議が本格化する。米政府は議会の声を受けて、自動車と保険、牛
肉の3分野で日本市場に関心があると表明済みだ。
米国との事前協議、その後の本交渉を通じて、政府が守らねばならない原則がある。
まず、情報をできるだけ開示することだ。通商交渉では手の内を全てさらすわけにはいか
ないが、TPPに不安を感じる国民は少なくない。丁寧な説明を心がけて欲しい。
米国との事前協議で、交渉に早く加わりたいからと理不尽な要求を秘密裏に受け入れるよ
うでは、TPPへの反発を強めるだけである。
なにより大切なのは、特定の業界の利害にとらわれず、「消費者」の視点に基づいて総合
的に判断していくことだ。
TPPのテーマは物品の関税引き下げ・撤廃にとどまらず、投資や知的財産、電子商取引、
環境など20を超える。さまざまな分野で規制・制度改革が求められるのは必至だ。
当然、恩恵を受ける業界があれば、打撃が予想される分野もある。いかにプラスを増やし、
マイナスを抑えるか。
高関税で守ってきたコメなどの農産物について、激変を避けるよう交渉するのは当然だ。
それと並行して、高齢化や耕作放棄地の増加など山積する課題への対策を急ぎ、体質強化
をはかる必要がある。
むろん、TPP交渉の見返りに予算をばらまくのは許されない。コメの「聖域化」ばかり
に目が向いて、他の分野が二の次になるのも論外だ。
TPP交渉で、安倍政権は外交、内政両面での総合力が問われる。
http://digital.asahi.com/articles/TKY201302230385.html

144 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/03/21(木) 22:25:08.13 ID:uiO+zK800

日米首脳会談 アジア安定へ同盟を強化せよ(2月24日付・読売社説)
◆TPP参加の国内調整が急務だ◆
安倍首相に対する米政府の期待の大きさが鮮明になった。首相は政治、経済両面で「強い日本」を復活させ、
その信頼に応えるべきだ。
安倍首相とオバマ米大統領がホワイトハウスで初会談し、日米同盟を強化することで合意した。
大統領は「日米同盟はアジア太平洋地域の安全保障にとって中心的な礎だ」と述べた。首相は「日米同盟の
強い絆は完全に復活したと宣言したい」と応じた。
◆エネルギー協力も重要◆
アジアは、北朝鮮、中国など多くの不安定要因を抱える。地域の平和と繁栄を維持するには、強固で安定し
た日米同盟という「公共財」を基盤に、両国がそれぞれの役割を果たすことが肝要だ。
日本の民主党政権の3年余、日米関係は迷走し、連動するように日中・日韓関係も悪化した。
オバマ米政権も、安倍政権との間で日米関係を再構築することがアジア全体の安定につながり、自らのアジ
ア重視戦略にも資する、と判断しているのだろう。
焦点だった日本の環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加について、日米両首脳は共同声明を発表した。
全品目を交渉対象にするとの原則を堅持しながら、全ての関税撤廃を事前に約束する必要はないことを確認
した。
首相は訪米前、「聖域なき関税撤廃を前提とする交渉参加には反対する」との自民党政権公約を順守する方
針を強調していた。
公約と交渉参加を両立させる今回の日米合意の意義は大きい。
成長著しいアジアの活力を取り込むTPP参加は、安倍政権の経済政策「アベノミクス」の成長戦略の重要
な柱となり、経済再生を促進する効果が期待されよう。
自民党内の一部や農業団体には反対論が根強い。だが、首相は、経済連携の狙いを丁寧に説明して指導力を
発揮し、TPP参加へ国内調整を急がねばならない。
米国にとっても、世界3位の経済大国の日本がTPPに参加するメリットがある。日米が連携した自由貿易
圏作りは、台頭する中国への牽制(けんせい)効果を持つからだ。
安倍首相が米国産シェールガスの対日輸出の早期承認を求めたのに対し、大統領は「同盟国の日本の重要性
は常に念頭に置いている」と応じた。3月にも輸出が解禁され、割安なガスを調達する道が開けるとの見方
がある。
首相は、「2030年代の原発稼働ゼロ」という民主党政権の方針を見直す考えを強調した。
エネルギー・原発政策を含め、経済面での日米協力を幅広く進展させることが大切だ。
◆対「北」圧力を強めよ◆
安全保障分野で安倍首相は、防衛大綱の改定や、集団的自衛権の行使問題、日米防衛協力指針(ガイドライ
ン)見直しなどに積極的に取り組む方針を説明した。
いずれも日米同盟を実質的に強化する重要課題だ。優先順位をつけて、着実に実績を上げたい。
米軍普天間飛行場の移設問題では、日米合意に基づき辺野古移設を進める方針で一致した。
沖縄県は「県外移設」を求める立場を崩していないが、地元の基地負担の軽減には辺野古移設が最も近道だ。
粘り強く関係者を説得することが求められる。
北朝鮮の核実験について、日米両首脳は「挑発行為を容認すべきではないし、報奨を与えるべきでもない」
と確認した。
国連安全保障理事会での追加制裁決議の採択を目指すとともに、日米などによる独自の制裁を検討すること
でも合意した。
2006年の北朝鮮の第1回核実験後、ブッシュ米政権は、核施設廃棄と「テロ支援国家」指定解除との取
引に応じた。今年の第3回核実験によって、北朝鮮が利益を得ることは避けるべきだ。
◆尖閣問題で国際連携を◆
本来は、実効性ある安保理の制裁決議を採択することが望ましいが、中国は慎重姿勢を示している。日米韓
3か国を中心に、安保理決議以外の「圧力」を具体的に検討することが重要である。
首脳会談後に行われた日米外相会談では、ケリー国務長官が日中関係に関連し、尖閣諸島には日米安全保障
条約が適用され、米国の対日防衛義務の対象に含まれるとの見解を表明した。
クリントン前長官の見解を踏襲したことを歓迎したい。
日本は、中国軍の火器管制レーダー照射などの挑発に動じず、冷静な対応を続ける一方、自衛隊と海上保安
庁による警戒監視活動を強化すべきだ。中国に示威活動の自制を促すため、米国など関係国との連携も深め
ねばならない。
(2013年2月24日01時42分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20130223-OYT1T01092.htm

145 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/03/22(金) 01:20:08.46 ID:/hWGfdlE0

社説:日米首脳会談 TPPで早く存在感を
毎日新聞 2013年02月24日 02時30分
 日米首脳会談で、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉への参加問題が、大き
く前進した。共同声明で、全ての関税撤廃を前提とするものではないことが確認され、安
倍晋三首相が示していた参加を阻害する条件が除かれたからだ。
 もっとも国内には、農業団体を中心に強硬な反対論がある。政府は速やかに交渉参加を
決めるとともに、そのメリットをしっかり説明し、国民の理解を得る必要がある。
 米国にとってTPPは、アジア太平洋戦略の要といえる。台頭する中国をけん制する意
味からも、日本の参加を強く期待しているはずだ。
 日本にとってもアジア太平洋地域の貿易・投資ルールを決めるTPP交渉は、経済を成
長させるために避けて通れない。日中韓自由貿易協定(FTA)などの貿易交渉で主導権
を握るためにも、TPPで存在感を示す意味は大きい。
 異例の共同声明で関税撤廃に例外があり得ることを認めたのは、安倍、オバマ両首脳の
TPPに対する意欲の表れと考えられるだろう。
 「聖域なき関税撤廃が前提であれば交渉に参加しない」と説明してきた安倍首相はこれ
で、最大の障壁をクリアしたといえる。今後は交渉に日本の意向を反映させるため、参加
の決断を急ぐべきだ。
 一方で、国内の反対論や慎重論にも耳を傾け、参加が国益につながることに理解を得る
必要もある。
 反対派の急先鋒(せんぽう)は、農業団体だ。輸入障壁がなくなることで農産物輸入が
急増し、国内農業が深刻な打撃を被ると主張する。農水省がコメの9割、農業生産全体で
は半分近くが失われるという試算を公表したことも、そうした不安を増幅している。
 TPPの影響は、経済産業省、内閣府もそれぞれ異なる試算を示している。政府内がば
らばらでは説得力はない。政府は足並みをそろえ、合理的な理由を挙げて「損得勘定」を
示す必要がある。
 農業への影響は避けられないだろうが、現状でも高齢化や担い手不足は深刻だ。国内に
欠かせない重要品目については、直接支払いなどで激変緩和を図りながら、農業改革を急
ぐ必要がある。安倍首相は産業競争力会議で農業を成長産業と位置付け、改革を加速させ
る考えを示した。「聖域」化ありとの思惑から、その手を緩めてはなるまい。
 国民皆保険制度の形骸化や食品安全基準の切り下げなどを心配する声も根強い。交渉の
中で守るべき課題であり、政府は交渉の情報をできる限り開示し、こうした不安の払拭
(ふっしょく)にも努めるべきだ。
http://mainichi.jp/opinion/news/20130224k0000m070073000c.html

146 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/03/22(金) 03:55:15.46 ID:yxumkYtk0

日米首脳会談 「強い絆」復活を評価する TPP参加へ国内調整急げ
2013.2.24 03:07
 日米両首脳が過去3年の民主党政権下で失われた信頼を回復し、「強い同盟」の再構築
をめざす新たな出発点を確認した。
 安倍晋三首相とオバマ大統領の初の日米首脳会談で、首相は「同盟の信頼と強い絆が完
全に復活した」と宣言し、大統領は「日米同盟はアジア太平洋の安全の中心的基盤で、米
国は強力かつ頼れるパートナーだ」と応じた。
 中国が尖閣諸島問題で挑発と攻勢を強め、北朝鮮が核・ミサイル開発を進める中、日米
同盟を名実ともに強化することで合意したことを高く評価したい。
 ≪最大の「障害」を越えた≫
 両首脳はさらに、最大の焦点である環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉では
「全ての関税撤廃を約束するものではない」との共同声明を発表、日本の交渉参加へ向け
大きく踏み出した。
 自民党の「聖域なき関税撤廃を前提とした交渉には参加しない」とした選挙公約を満た
す内容で、交渉参加の決断を阻む最大の障害は越えたといえる。
 だが、首相が触れた集団的自衛権の行使容認の議論や普天間飛行場移設は何も具体化し
ていない。TPP問題でも高いハードルが待つ。安保・経済の両面で日米の絆を完全に回
復させるには、日本が率先して行動することが何よりも重要だ。首相にはスピードと実効
性のある措置を進めてほしい。
 とりわけ急がれるのは、オバマ氏も「両国経済の成長と繁栄の活性化がナンバーワンの
優先課題」と述べたように、TPP問題を速やかに前進させることだ。
 米国を中心にアジア太平洋の11カ国が交渉を進めるTPPは日本の成長戦略に欠かせ
ず、地域の成長を取り込む上でも重要だ。中国が参加していない点で、安全保障面でも大
きな意義を持つ。
 日米共同声明は、全ての物品を関税撤廃交渉の対象とする原則を掲げる一方、日米双方
に「センシティビティー(慎重な検討を要する重要な品目)がある」と明記し、「一方的
に全ての関税撤廃をあらかじめ約束させられるものではない」としている。
 安倍首相も会談後の会見で「なるべく早い段階で決断したい」と交渉参加に意欲を示し
た。だが、交渉参加を決断しても、実際に交渉に加わるには米国内の承認手続きだけで3
カ月程度かかる。他の参加国の承認も必要だ。
 11カ国は「年内の交渉妥結」を目指している。参加が遅れるほど、日本の国益を満た
すルールづくりの議論や交渉に参画する機会と時間が失われてしまう。
 速やかに交渉参加を表明し、国益上守るべき例外品目の獲得などの実質協議に入らなけ
ればならない。国際競争力を持つ「強い農業」に向けた政策も打ち出す必要がある。
 ≪スピード感持ち行動を≫
 首相はTPP反対論が根強い自民党の役員会で参加の一任を取り付ける考えだ。米国は
農業だけでなく、自動車の対日輸出の拡大にも関心をみせている。実のある交渉にするた
めにも、首相自ら国民や党内の説得を急ぐべきだ。
 両首脳は北の核・ミサイルに日米韓が連携し、「断固として対処する」ことで一致した。
国連安保理の追加制裁決議の早期採択や独自の金融制裁で日米が協力する重要性を確認し
た。首相が日本人拉致問題解決に協力を求め、大統領が支持したことも評価したい。
 尖閣諸島問題について、首相は「日本は常に冷静に対処してきた」と説明し、オバマ氏
が「日米が協力して対応していく。日米協力が地域の安定につながる」と応じたことは重
要だ。
 同時に開かれた岸田文雄外相との外相会談でも、ケリー国務長官は尖閣諸島が日米安保
条約の適用範囲にあるとする米政府の「揺るぎない立場」を確認した。
 ただ、米側には「重大な衝突に発展しないように」日中双方に自制を求める姿勢も強い。
中国の行動や意図に対する共通認識を日米で深めていくと同時に、共同訓練などを通じて
有事への備えを強化していくことが必要だ。日本は自らの力で尖閣を守り抜く態勢を固め
るべきだ。
 両首脳は普天間移設や嘉手納以南の米軍基地・施設返還の加速を確認した。首相は民主
党前政権の「原発ゼロ」政策をゼロベースで見直すことも約束した。いずれも迅速に行動
しなければ、同盟の信頼は回復できない。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130224/plc13022403070003-n1.htm

147 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/03/22(金) 06:15:17.29 ID:bVZB+Hag0

同盟強化へ首相が行動するときだ
2013/2/24付
 「日米同盟の信頼、強いきずなは完全に復活した」。安倍晋三首相はオバマ米大統領と
会談した後に、こう宣言した。
 確かに、今回の訪米で日米関係を強める道筋を敷くことはできた。だが、それが実を結
ぶかどうかは、今後の行動にかかっている。
 その最たるものが、環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉への参加問題だ。
TPP参加へ改革急げ
 両首脳は、日本のTPP交渉参加について「一方的に全ての関税撤廃をあらかじめ約束
することは求めない」と確認し、共同声明に盛り込んだ。この合意によって、安倍政権が
交渉参加に踏み切る条件は整った。
 安倍首相は、先の衆院選で「聖域なき関税撤廃を前提とする限り、TPP交渉参加に反
対する」と訴えた。一方、米主導のTPP交渉は「全ての貿易品目で自由化を目指す」と
の目標を掲げている。
 両首脳はこうした互いの立場を踏まえ、ぎりぎりの線で折り合ったといえる。全品目を
交渉の机に載せるが、最終的に関税を撤廃するかどうかは交渉の結果次第――。共同声明
にはこんな認識を書き込んだ。
 安倍首相が参加を決断できるようにするため、オバマ大統領が「高水準の自由化」とい
うTPPの看板を損いかねないリスクをとって、共同声明の文言を練ったと考えるべきだ。
 次は安倍首相が行動しなければならない。実際の交渉参加までに、まだ多くの関門が残
っている。7月の参院選を控えて自民党内には反対の声が根強く、決断すれば党内で批判
が高まるだろう。
 自由化への不安を取り除くには、農家への一時的な補償措置や、国内農業の競争力を高
める抜本的改革が欠かせない。だが自民党と農林水産省、農業協同組合には農業に関連し
た既得権益の構造が色濃く残っている。TPPの交渉に向け、安倍首相はこうした壁も突
き破らなければならない。
 そもそも、日米両国にとっての最大の課題は、台頭する中国にどう向き合い、協力を引
き出していくかである。TPPはそのための経済の枠組みだ。両国は同様に、外交・安全
保障面でも協力の足場を固めなければならない。
 今回の会談はその意味でも成果があった。日米が結束し、中国に責任ある行動を促して
いく体制づくりで一致したからだ。
 特に尖閣諸島をめぐり、オバマ大統領から「日米が協力して対応していく」との言質を
取りつけた意味は大きい。
 こうした米側の支持が揺らがないよう、安倍首相は緊密に連携を保ってほしい。それに
は日本が冷静に対応し、決して中国を挑発しない姿勢を貫くことが前提だ。
 日米同盟を深めるためには、言葉だけでなく、行動が必要だ。米国の国防予算は大幅に
削られようとしている。米軍のアジア関与が息切れしないよう、日本として支えていく努
力が大切だ。
 では、どうすればよいのか。まずは、安倍首相が会談でも約束した日本の防衛力強化だ。
日本を守るための負担が減れば、米軍はアジアの他の地域に余力を回せる。
 政府は民主党政権下でつくられた防衛計画の大綱(防衛大綱)を見直し、年内に新たな
大綱を策定する。集団的自衛権の行使に向け、有識者による議論も再開した。米側とも調
整しながらこれらの作業を急ぎ、防衛体制の充実につなげてもらいたい。
日米韓の連携も急務
 同時に避けて通れないのが、米軍普天間基地の移設問題だ。安倍首相は会談で、早期に
移設を進めると伝えた。市街地にある普天間の危険を取りのぞくうえで、移設は不可欠だ。
地元の理解を得られるよう、真剣に努力してほしい。
 安倍首相がこれらの課題に取り組み、日米関係が強化されていったとしても、日本の国
益を守るにはなお十分とはいえない。日本の周辺には、日米だけでは対処できない危機が
起きているからだ。
 その筆頭が北朝鮮による核兵器とミサイルの開発だ。北朝鮮に圧力を強めるには、日米
と韓国などの協力が急務だ。だが日韓関係は竹島や歴史問題でささくれだったままだ。こ
れには米政権も強い懸念を抱いているという。
 安倍首相は、25日に発足する韓国の朴政権と安定した関係を築くよう、最善の努力を払
ってほしい。それに失敗すれば、日米関係にも悪い影響が及びかねない。
 鳩山元政権下で傷ついた日米関係は、1回の会談で元通りになるはずがない。安倍首相
の指導力が試されるのはこれからだ。
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO52081250U3A220C1PE8000/

148 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/03/22(金) 13:30:09.12 ID:bVZB+Hag0

農業の強化策―規制改革を、忘れるな
高い関税で守ってきたのに、高齢化と後継ぎ不足、耕作放棄地の増加が深刻な農業を、ど
う立て直すか。
日本も、環太平洋経済連携協定(TPP)に加わる方向となり、対策をいよいよ急がなく
てはならない。
「経営所得安定対策」と名前を変えて自民党政権が温存した戸別所得補償制度の見直しや、
農地をめぐる優遇税制のあり方などに関心が集まりそうだ。
忘れてもらっては困る課題がある。
規制・制度改革だ。
安倍首相は、民間人らが中心となる政府の規制改革会議に対し「健康・医療」「エネルギ
ー・環境」「雇用」の三つを重点分野とするよう指示し、歴代政権で焦点となってきた
「農業」をはずした。
一方、同じく民間人が主体の産業競争力会議では「農業を成長分野と位置づけ、構造改革
を加速させる」と強調した。
ならば、規制改革でも農業を重点分野とするべきだ。
おいしく、安全な作物をより安く提供できるように競争力を高め、国内の市場を広げて、
輸出も伸ばす。若い人たちを農業に呼びこみ、過疎化が進む農村の活性化につなげる。
政権が強調する「攻めの農業政策」を展開するには、農地の集約化を進めるとともに、ビ
ジネスの発想をもっと取り入れることが必要だ。
たとえば、農地や法人をめぐる規制・制度である。
農地の売買や賃貸借、転用で大きな権限や影響力を持つ各地の農業委員会は、地元の農業
関係者が中心で、運営が不透明だと指摘されてきた。
維持すべき農地の転用を防ぎつつ、集約化を進めるには、農業委員会のあり方から見直す
ことが不可欠だ。
法人については、農地の所有が認められる「農業生産法人」が急増している。4年前の法
改正で、農業者以外からの出資に関する規制が緩和されたことがきっかけだ。
残る規制をさらに緩和し、弾みをつけるべきだ。現在は農地を借りることしかできない一
般企業に農地の所有を解禁することも検討課題だ。
TPP交渉への参加方針に対し、農協などがさっそく反発を強めている。規制改革に及び
腰な政府の姿勢には、夏の参院選もにらみ、農業者の反発を避けたいとの思惑もあるのだ
ろう。
日本経済を立て直すには、金融、財政政策に続く「3本目の矢」である経済連携と規制・
制度改革は、避けて通れない。
http://digital.asahi.com/articles/TKY201302250489.html

149 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/03/22(金) 19:00:15.37 ID:GscQ5uxf0

社説:補正予算成立 国会で政策連合を競え
毎日新聞 2013年02月27日 02時32分
 緊急経済対策を盛り込んだ総額13.1兆円の12年度補正予算が成立、安倍内閣は最
初のハードルを越えた。参院本会議でも野党の一部が賛成に回るなど1票差で可決され、
国会の構図変化を印象づけた。
 ねじれ国会の参院で民主党が決定権を握り抵抗するような戦術はもはや通用しない。与
野党が多数派の形成を目指し政策連合を競い合う展開が今後、強まることは確実だ。とり
わけ民主党には、早急に政策重視にかじを切るよう求めたい。
 安倍内閣の順調な滑り出しを象徴するような参院本会議採決だった。補正予算案にはみ
んなの党なども反対していたため参院での否決後、憲法の衆院優越の規定に従い成立する
と当初はみられていた。
 ところが民主党の2参院議員が離党届を提出するなど参院の状況は変化している。日本
維新の会など一部野党の協力を得たことなどで参院本会議では僅差ながら可決された。与
党が政策ごとに野党と合意を形成する「部分連合」の大きな足がかりを得たといえよう。
 序盤国会で民主党は政策重視をアピールしきれなかった。国会同意人事をめぐり当然廃
止すべき「事前
道ルール」にいったん固執して批判を浴びた。日銀総裁人事をめぐっても黒田東彦氏の起
用方針が事前に報道されたことに民主党は不快感を示している。政策、人物本位で判断す
る姿勢をなぜ、明確に打ち出さないのか。
 今回の補正予算案採決では民主、みんな、生活、社民4党が公共事業費を削減する共同
修正案を提出した。結局、否決されたが、政策別に連合し与党に対峙(たいじ)する取り
組みを柱に据えるべきだ。
 追い風に乗る形の安倍内閣だが、国会で民主党も含めた合意を形成する努力を怠っては
ならない。通常国会で13年度本予算案審議が次の焦点となると同時に、政府・与党は個
人番号利用法案(マイナンバー法案)など多くの懸案を抱える。参院選を控え会期延長の
余裕は乏しいうえ、政権再交代の影響で本予算案の審議入りが遅れるなど、日程は厳しい。
与野党の活発な政策協議が欠かせない。
 安倍晋三首相による施政方針演説の中身が問われる。さきの所信表明演説は政策を総合
的に説明する内容ではなかった。とりわけ、日米首脳会談で地ならしが進んだ環太平洋パ
ートナーシップ協定(TPP)については、参加意思を明確に表明すべきだ。
 こう着状態が続く日中関係など首相の見解が改めて注目されるテーマは多いはずだ。安
倍内閣のビジョンを国民に語りかけ、与野党の論戦につなげてほしい。
http://mainichi.jp/opinion/news/20130227k0000m070107000c.html

150 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/03/22(金) 23:05:17.82 ID:w3xp9S4K0

施政方針演説―さあ、仕事をしよう
安倍首相が施政方針演説にのぞんだ。
アベノミクスへの期待から、政権発足とともに円安・株高が進み、内閣支持率は上がって
いる。日米首脳会談をこなし、補正予算も成立した。日銀総裁人事や、環太平洋経済連携
協定(TPP)の交渉参加にもめどがつきつつある。
まずは順調な滑り出しを反映してのことだろう、演説のメッセージは明確だ。あまたの懸
案を前に進め、「強い日本」を私たち自身でつくろう――。
だが、演説に盛られたのはいわば「目次」にすぎない。肝心なのは、ひとつひとつに、ど
のような具体的な解決策を描いていくかである。
首相はいう。
「未来に希望を持てる『強い農業』をつくる」「国民の生命と財産を守る、『強靱(きょ
うじん)な国づくり』が急務だ」「財政健全化目標の実現を目指す」
いずれも異論はない。
一方で、疑問も禁じ得ない。
TPP交渉参加で農業予算を増やしたり、国土強靱化に予算をつぎ込めば、財政再建は逆
に遠のきかねない。すべてをかなえるのは至難の技だ。
イタリアの選挙結果が円高・株安に直結したように、グローバル化した経済の下では、そ
もそも一国の経済政策に限界があることも忘れてはならない。
TPP交渉参加について、首相は「政府の責任で判断する」と述べた。関係国との交渉に
加え、農業団体など既得権をもつ国内の利害関係者との調整も待ち受ける。本当の意味で、
首相の手腕が問われる。
「できる限り原発依存度を低減させる」と首相は語った。ならば代替エネルギーの確保や
電力システム改革をどう進め、廃炉や放射性廃棄物の最終処理をどうするのか。いつまで
も先送りは許されない。
安全保障政策も同様である。首相は、日米同盟には「不断の強化が必要」と強調した。
「普天間飛行場の固定化はあってはならない」というのもその通りだ。では、沖縄県民の
間に辺野古移設に反対が根強い中で、どう打開しようというのか。
どれもが日本の将来を左右する難題である。だれが政権をになったとしても逃れられない
課題でもある。政権の胸突き八丁はまさにこれからだ。
野党もまた、答えを持ち合わせてはいない。政権批判に迫力を欠くのもそのためである。
国会論戦を通じて、より良い解決策を見いだすしかない。
与党も野党も、しっかり仕事をしよう。
http://digital.asahi.com/articles/TKY201302280549.html

151 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/03/23(土) 03:05:19.67 ID:g8XziXNS0

WTOサービス交渉へ官民で戦略を
2013/2/28付
 経済の姿は常に変わり続ける。世界共通の通商規則を定めた世界貿易機関(WTO)協
定ができてもう18年がたつ。技術や企業経営の進歩を追いかけて、モノだけでなく、無形
のサービスでも貿易・投資の国際ルールを書き換えなければならない。
 4月にも始まるWTOのサービス貿易交渉は、そのための意欲的な取り組みだ。21カ国・
地域が参加する協議に向けて、日本の戦略を早急に練る必要がある。政府が多国間交渉の
舞台で動けるように、産業界は「何を獲得したいか」を積極的に提案すべきだ。
 サービス貿易は、頭の中でイメージしにくい面がある。たとえば外国人の観光客が日本
で旅館に泊まり、新幹線に乗ると、日本からの「サービス輸出」となる。日本の会社が外
国の銀行やコンサルタントを利用するのは、日本への「サービス輸入」だ。
 関税率の数字が一目瞭然のモノの輸出入と異なり、サービスでは何が貿易の障壁なのか
を測りにくい。しかも品目がはっきりしている工業品や農産物と違って、新しい業態が次
々と生まれる。金融、運輸、通信、医療、教育など既存のサービスに限定せず、未知の成
長分野を予想しながら、柔軟な発想で交渉に臨む必要がある。
 得意としてきた「モノづくり」だけに頼っていては、日本経済の成長には限界がある。
製造力から派生する付加価値が高いサービス業を育てる道筋が、成長戦略の重要な柱にな
るはずだ。関税削減に焦点が当たりがちだが、比重が増すサービス産業で通商政策が手薄
になってはならない。
 日米欧を含む交渉参加国は、1995年のサービス貿易一般協定(GATS)を全面的に見
直し、新しいサービス貿易のルールづくりを目指している。具体的にどんな分野を自由化
の対象とするか、まず各国が提案を持ち寄るところから交渉が始まる。白紙に絵を描くよ
うな作業だといえる。
 関税率の数値をめぐる攻防ではなく、構想力、想像力、提案力が問われる交渉になる。
これまでのところ、官民をあげて新しいアイデアを出す力で米国の優勢が目立つ。日本も
負けてはいられない。
 サービスの市場開放は、規制改革と表裏一体だ。安倍政権が立ち上げた産業競争力会議
と規制改革会議は、民間の知恵を吸い上げ、WTOサービス交渉への取り組みについて議
論を深めるべきだ。
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO52231730Y3A220C1EA1000/

152 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/03/23(土) 14:20:12.84 ID:WSzyK3+/0

高支持追い風に安倍首相は懸案に挑め
2013/3/1付
 平易な言葉で語ろうという思いは伝わってきた。第2次安倍内閣で初めての施政方針演
説で、安倍晋三首相は各省の重要政策を並べるスタイルを排して、「自立」をキーワード
に演説を組み立てた。
 1月の所信表明演説では経済再生など当面の政策課題に絞り込んだ。今後1年の政権運
営の指針となる施政方針演説ではエネルギー政策など前回触れなかったテーマに幅広く言
及した。
 教育分野では道徳教育の充実をはじめとするいじめ対策の実行や、六・三・三・四制を
見直す「平成の学制大改革」を訴えた。「憲法審査会の議論を促進し、憲法改正に向けた
国民的な議論を深めよう」と呼びかける場面もあり、安倍色もにじませた。
 焦点の環太平洋経済連携協定(TPP)への交渉参加については「政府の責任において
判断する」と意欲を示した。自民党内の反対派などに配慮し、交渉参加に踏み込まなかっ
たが、国内外の調整作業を急ぎ、一刻も早く正式表明すべきである。
 エネルギー政策では「安全が確認された原発は再稼働する」と明言した。妥当な判断と
いえる。再稼働が円滑に進むよう、政府は地元自治体の説得などの役割をきちんと果たし
てもらいたい。
 演説を通じ「強い日本」をつくりたいという首相の思いはわかる半面、総じて具体性に
欠ける印象は否めない。
 その典型が社会保障制度改革だ。「安定財源を確保し、受益負担の均衡がとれた制度を
構築する」というだけで、社会保障制度国民会議の議論を待つ姿勢なのは物足りない。公
務員制度改革なども同様で、具体的な方向性が何も示されていない。
 どの政策をいつごろ実現するかという工程表を含め、今後の国会論戦で首相は、施政方
針演説を肉付けする具体策をもっと語る必要があるだろう。
 第2次安倍内閣の滑り出しは極めて順調で、本紙の直近の世論調査で内閣支持率は70%
に達した。野党が多数を占める参院でも緊急経済対策を盛り込んだ2012年度補正予算が1
票差で可決された。野党の足並みはそろっておらず、政策ごとの部分連合が成立しやすい
状況が生まれている。
 首相はこの好機を生かし、TPP交渉への参加で待ったなしとなった農業改革や規制改
革に果敢に立ち向かうときである。
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO52279460R00C13A3EA1000/

153 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/03/23(土) 18:00:11.29 ID:WSzyK3+/0

社説:視点・日露フォーラム 太いパイプを築こう
毎日新聞 2013年03月03日 02時30分
 「日本・ロシアフォーラム」(毎日新聞社など主催)が2月28日に東京都内で開かれ、
さまざまな分野の専門家が今後の日露協力の可能性を議論した。プーチン大統領と森喜朗
元首相の会談を機に日露関係の新展開に期待が高まっている中で、参加者は500人を超
え、関心の高さをうかがわせた。さまざまな分野で日露協力を前進させる弾みとなること
を期待したい。
 フォーラムで講演した、プーチン大統領のロシア極東地域における全権代表であるイシ
ャエフ極東発展相は、ロシアがアジア太平洋地域を「世界経済の新しいセンター」として
重視していることを説明し、エネルギーはじめ多くの事業計画を挙げて日本の投資に期待
を表明した。(1)資源開発(2)インフラ(3)宇宙・IT(情報技術)(4)文化・
スポーツのテーマ別分科会では、各分野での日露協力の現状や新しい提案などが紹介され
た。
 ロシアの「東方重視」の根底にあるのは、欧州部に比べて発展の遅れた極東にアジア太
平洋経済圏の活力を取り込んで産業やインフラを整備し、人口流出に歯止めをかけたいプ
ーチン政権の国家戦略だ。日本に対しては自動車産業の進出や液化天然ガス(LNG)生
産など技術協力への期待が高い。
 だが同じ隣国でありながら、中国や韓国との関係に比べ、日露間のパイプはきわめて細
い。観光に限っても日本からロシアへの旅行者は年約8万人で、中国や韓国への40分の
1程度だ。国民レベルで関心を高め、交流拡大につなげるきっかけとして今回のフォーラ
ムのようなイベントは意義があると考えたい。
 併せて日露間の懸案である北方領土問題解決への道を探る必要があるのは言うまでもな
い。日露間のパイプを太くし、相互理解と信頼関係を築いていく中で「双方に受け入れ可
能な」解決策を模索したい。同時に、ロシアが国家戦略として投資を強化し、「ロシア化」
が進む一方の北方四島の経済に、日本が関与する方法も探る必要があるのではないか。イ
シャエフ氏は毎日新聞との会見で、日本企業の投資と共同開発を呼びかけた。法的に多く
の問題があるのは事実だが知恵を絞りたい。
 ロシアが対日関係強化を探る背景の一つに、台頭する中国の存在もある。だが、日露が
手を組んで中国に対抗するシナリオは非現実的だ。日露間の協力を拡大し、そこに中国や
韓国をも引き込むことこそが、東アジアの平和と安定に向けて日本が取るべき戦略だろう。
そのためにも日露間のパイプを強化するさまざまな可能性を探りたい。
(論説委員・大木俊治)
http://mainichi.jp/opinion/news/20130303k0000m070085000c.html

154 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/03/23(土) 20:55:12.47 ID:WSzyK3+/0

社説:混合診療 全面解禁には反対だ
毎日新聞 2013年03月04日 02時32分
 政府の規制改革会議や環太平洋パートナーシップ協定(TPP)に関する議論で混合診
療が注目されている。混合診療の一部は現在も認められており、必要性に応じて慎重に広
げるべきだが、患者の安全や負担の面から全面解禁には反対だ。
 病気で治療を受けると公的医療保険から治療代や薬代が支払われる。どの治療や薬を保
険適用とするかは値段も含めて国が決めており、それ以外の自由診療は患者の自己負担と
なる。混合診療とは保険適用の治療と自由診療を併用することで、この場合は保険適用分
も含めてすべて患者が負担しなければならない。重い自己負担を課すことで、実質的に自
由診療を制限しているのだ。
 海外で使われているのに国内では未承認の医薬品、先進的な医療技術を用いることに意
欲のある医師は少なくない。希望する患者も多いはずだ。自由診療の拡大は製薬企業や医
療機器メーカーだけでなく民間保険会社も歓迎するだろう。
 しかし、一般の商品やサービスと医療は違う。消費者の立場である患者より医師の方が
圧倒的に専門知識がある「情報の非対称性」、医療が本質的に持つ不確実性を考えねばな
らない。もしも大事な家族が病気となり、未承認で費用もかかるが効くかもしれない治療
法があると医師に言われたら、借金をしても頼みたくなるのが人情ではないか。有効性や
安全性の判断は最終的に医師に委ねるしかなく、効果や副作用を後で患者が検証すること
も容易ではない。
 国内外で承認された薬でさえ不適切な使用で多くの副作用被害を出した例はいくらでも
ある。市販後に新たな副作用や不具合が確認された薬や医療機器も珍しくない。そのため
に公的な審査機関で何重ものチェックをしているのだ。
 現在、100種類以上の高度先進医療が混合診療を認められているが、国が指定する医
療機関で行われ、有効性や安全性が確認されれば保険適用となり、そうでなければ混合診
療から外される。その枠を広げることは検討すべきだが、個々の医師の判断にすべてを任
せるのは無謀だ。最高裁も安全面などを考慮し現行制度を認める判決を出している。
 高齢化や医療技術の革新に伴って公的医療費は年々増えている。医療費抑制への圧力が
強まる中で混合診療を解禁したら、患者負担の自由診療が広がるのは目に見えている。毎
日多数の患者を診察して疲弊している現場の医師にとっても高収益の自由診療は魅力的な
はずだ。今でさえ医師不足や医療崩壊が叫ばれているのだ。保険診療しか受けられない患
者は医師探しに苦労することになりはしないだろうか。
http://mainichi.jp/opinion/news/20130304k0000m070107000c.html

155 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/03/24(日) 00:30:14.42 ID:k0J1YNnJ0

成長のために規制改革が不可欠だ
2013/3/4 3:30
 安倍晋三首相は農業を成長戦略の重要分野と位置づけた。日本が環太平洋経済連携協定
(TPP)に加わる道筋が見えてきた今こそ、貿易自由化に耐える強い農業を築かなけれ
ばならない。
 農家の平均年齢は66歳に達している。耕作放棄地は40万ヘクタールと、農地全体の1割
近くに及ぶ。このままでは自由化と関係なく、日本の農業は内側から崩壊してしまう。再
生に残された時間は少ない。
コメと野 菜は異業種
 産業として伸ばす政策と保護政策を混同してはならない。安倍政権は、品質や安全性を
高める日本の技術力を生かし、意欲ある若者が集まる成長産業へ変える方向に政策のカジ
を切るべきだ。それには輸出を支援するだけでなく、思い切った規制改革が欠かせない。
 農業はコメや野 菜、果物、畜産物などの分野ごとに事業環境や競争力が大きく異なる。
農業という名前だけでひとくくりに扱うと問題の本質を見失うだろう。
 たとえば高関税に守られていなくても、多くの野 菜生産者は自立している。過去3年で
1000社を超えた企業の農業参入も半分近くが野 菜
。しかしコメや麦への参入は2割に満たない。
 供給カロリー(熱量)で計算すると39%しかない日本の食料自給率も、生産額ではじけ
ば66%とけっして低くない。野 菜や果物などは、穀類に比べて熱量は低くても付加価値が
高いからだ。
 政府はこれまで、農業をことさら弱く見せる熱量自給率を示し、だからコメ市場を守ら
なければならない、と強調してきた。この姿勢を改め、競争力の高い「攻めの農業」に転
換するときである。
 和牛や国産ワインへの評価は、海外でも高まっている。まず、限られた農地でも技術で
強さを引き出せる分野を後押しする政策を強化すべきだ。
 一方、野 菜などと違い、農地の大きさがコストを左右するコメは、全国横並びの生産調
整を見直さなければ体質を強化できない。経営規模が大きいコメ産地や農家は生産量を増
やし、潜在能力を最大限に引き出すべき
。生産調整を続けながら経営規模を広げる政策には、そもそも矛盾がある。
 競争を避けて、小規模の兼業農家まで守るのが今の農政だ。その護送船団方式を見直せ
ば、競争で行き詰まるコメ生産者が出てくるはずだ。こうした農家には、付加価値型の農
業への転換や他の農家への農地の提供を促すべきだ。
 農地の規模拡大や集約を後押しするために、農地法は、企業による農地所有の解禁を含
めて抜本的に見直す必要がある。農業に情報技術を導入したり、製造や販売と融合させた
りする強化策の障害とならないためにも、思い切った改革を打ち出してほしい。
 農産物の収量は天候にも左右される。経営安定のために一定の所得補償は必要だ。ただ、
所得補償も横並びではなく、生産性を引き上げる制度の設計が欠かせない。消費者にとっ
て農業支援策はどのような利益に結びつくか、分かりやすい説明も求められる。
農政の壁を突き破る
 1993年にコメの部分開放が決まった際には、農業対策だけでなく、市場での需給調整を
通じ農業を強化していく対策に取り組んだ。ところが供給過剰が露呈し、取引価格が急落
すると農業協同組合が抵抗を強め、2011年にコメの公設現物市場は廃止された。
 企業は消費者の動きに絶えず目をこらし、商品や売り方を工夫している。農業を産業と
して成長させるためには、需要の変化をかぎ取り、経営意識を高める市場の存在は不可欠
だ。
 生産者が農産物の販売を農協組織に委ね、売り上げは平均価格で精算する共同販売とい
う仕組みで創意工夫は生まれにくい。競争力強化の視点から農協制度の改革も進めてもら
いたい。
 農協や農業に関係が深い議員は、これまで通りの農政の枠組みを守る姿勢に傾きがちだ。
その発想の壁を突き
り、農業の再生につなげられるか。農政改革の成否は、安倍首相の政治指導力にかかって
いる。
 日本経済の復活を目指すアベノミクスは、「3本目の矢」である成長戦略が最も重要だ。
日本の農業は、成長産業として生まれ変わってほしい。そのための改革が本物でなければ、
安倍政権への国民と市場の期待は失望に変わる。
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO52378400U3A300C1PE8000/

156 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/03/24(日) 04:00:13.74 ID:g9mkE2PW0

代表質問 安倍政権を攻めあぐねる野党(3月5日付・読売社説)
 安倍内閣の支持率が高く、重要政策に対する野党の方針も定まらない。野党が政府を攻
めあぐねているのは、そんな事情があるからだろう。
 安倍首相の施政方針演説に対する各党の代表質問が始まった。
 民主党の大畠章宏代表代行は、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉の参加問題に関連
し、「聖域なき関税撤廃を前提にする限り反対」とした自民党の衆院選公約との整合性を
取り上げた。
 関税撤廃の例外品目が認められるかどうかは交渉で決まる以上、公約の条件は満たされ
ておらず、国民を欺く「安倍トリック」だと厳しく批判した。
 確かに例外品目が、日本に約束されたわけではない。だが、現段階で公約違反か否かは
生産的な議論ではない。民主党自身、TPPへの方針が定まらぬから、本質から外れた質
問になるのだろう。
 首相もそっけなかった。オバマ米大統領との会談を説明し、「TPPでは聖域なき関税
撤廃が前提にされるものではないとの認識に至った」と答えただけだ。
 首相はTPP参加が貿易立国・日本の成長戦略の柱になることをもっと国民に分かりや
すく訴える必要がある。その上で早期に自由貿易のルール作りに参加し、コメなどを関税
撤廃の例外品目にすることを目指すべきだ。
 日本維新の会の藤井孝男国会議員団総務会長は、日銀総裁人事について、金融政策への
政府の関与を強める日銀法改正に賛成である候補が望ましいと主張した。
 首相は、日銀法改正も視野にあるとした上で、まずは候補の黒田東彦アジア開発銀行総
裁の大胆な金融緩和策に期待感を示した。
 維新内部では、黒田氏に否定的な橋下共同代表と、前向きな国会議員団との亀裂が表面
化した。結局、所信聴取を踏まえて判断するというが、藤井氏の質問が迫力を欠くのは、
党の立場が明確ではないためだろう。
 黒田氏は4日、衆院議院運営委員会での所信聴取で「デフレ脱却に向けやれることは何
でもやる」と決意を表明した。日本経済再生に向けて妥当な見解である。
 一方、首相は、自民、公明、民主3党で合意した定数是正を含む衆院選挙制度改革につ
いて、「党に対し、積極的に取りまとめるよう指示している」と強調した。
 野田前首相が衆院解散の条件として改革実現を提案し、今国会中に結論を出すことを安
倍氏も了承した経緯がある。与野党協議を加速させねばならない。
(2013年3月5日01時29分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20130304-OYT1T01547.htm

157 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/04/21(日) 01:42:54.50 ID:/ir0XFjK0

 

「韓国人によるレイプ事件一覧」
http://takeshima.takara-bune.net/

 ↑

絶対に広めるなよ!
韓流ブームがあっという間に終わっちゃうからね!!

 

158 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/04/22(月) 13:24:59.19 ID:GPa9OlDPO

八巻正治教育学博士のお言葉。 (博士号はニューポート大学より授与)

「いわゆる靖国問題で、さまざまな意見が噴出しています。
参拝推進派の人たちの口からは、やたらと「日本人(にっぽんじん)」という言葉が聞かれます。
要するに偏狭なるナショナリズムです。困ったことだなぁ・・ オリンピックでもあるまいに・・ 沖縄と同じように、東京にも『平和の礎』を建設すればよいのに、そう思うのですが・・ 」

159 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/04/23(火) 09:09:54.98 ID:74W3LuEg0

今、日本国内では、「戦争」が勃発している。その「戦争」とは、「女性」対「男性」の戦いである。

この「戦争」を仕掛けてきたのは女性であり、「女性は差別されてきた」あるいは「女性は差別されている」
などと称して、「聖戦」気取りで、際限のない「女権拡大」を目指している。
一方、男性にとって、この「戦争」は、自分たちの(当たり前の)権利を守る防衛戦である。

もし、あなたも、「今、内戦が起こっている」との認識をお持ちであれば、是非、私らの「戦い」に
参加していただきたい。この「戦い」は、むしろ、私ら(男性)にとっての「聖戦」である。
http://blogs.yahoo.co.jp/sabetsu5555

160 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/06/22(土) 14:51:47.95 ID:diUX+aRj0

京王線の女性専用車両内で起きた事件のスクープ映像
こちらがその瞬間です
http://www.youtube.com/watch?v=7QyHmAe2c-0&amp;list=PLzeFCSP7xRziIIipBhtKgGQ-aCrLXq8Hi

男性のお客様に対して接客精神に欠けた無礼な車掌と
下品な女の暴言をご覧ください

161 名無しさん@お腹いっぱい。
2014/01/05(日) 10:59:37.27 ID:AFZ9oiuG0

寛政の改革の本来の目的

http://music.geocities.jp/jphope21/0203/32/207_1.html

ロシアの開国要求をかわすことが、目的だった。

( http://music.geocities.jp/jphope21/0102/6/190.html )

162 名無しさん@お腹いっぱい。
2014/01/09(木) 11:58:12.67 ID:b5lbGCSj0

<児童買春>読売新聞記者を逮捕 警視庁

警視庁碑文谷署が読売新聞西部本社経済部記者の寺村暁人(あきひと)容疑者(44)
=福岡市西区姪浜駅南1=を児童買春禁止法違反容疑で8日に逮捕していたことが分かった。
逮捕容疑は昨年8月19日午前、東京・新宿のホテルで、大阪府の高校1年の女子生徒(16)
に3万5000円を渡し、わいせつな行為をしたとしている。
同署によると、「間違いありません」と認めているという。
同署によると、インターネット掲示板で女子生徒と知り合い、大阪から遊びに来ていた
女子生徒と会ったとみられる。女子生徒が8月21日に警視庁に補導され、発覚した。
読売新聞グループ本社広報部は「極めて遺憾。事実関係を確認し厳正に処分する」としている。

http://mainichi.jp/shimen/news/20130626dde041040062000c.html

163 アサヒる
2014/01/16(木) 03:29:45.19 ID:u1hpn2RN0

貴方は新聞が「権力の監視役」だと考えていませんか

しかし本当にそうでしょうか

米国、官僚、財界など本当に強いものに媚びへつらう、「権力の追従者」ではないでしょうか

この度の消費税増税に関する報道でそれが明らかになりました

貴方が権力の監視役だと思い、多大な信頼を寄せ、少なくない代価を支払っている新聞が貴方の首を絞めている

それが現実です

新聞に対する評価を改める必要があります

164 名無しさん@お腹いっぱい。
2014/01/18(土) 15:16:03.41 ID:unpKOWIO0

開国て聞こえはいいけど
つまり日本人をやめる
ということじゃないのか
英語を話して
混血が進んで
世界が一つに
みたいな

165 名無しさん@お腹いっぱい。
2014/01/22(水) 22:53:45.08 ID:dswlGknJ0

自民党大会 政府と一体で経済を再生せよ(1月20日付・読売社説)

「日本を覆っていた厚く、黒い雲を吹っ飛ばすことができた」と、安倍首相は経済政策「アベ
ノミクス」を自賛した。
だが、油断は禁物だ。アベノミクスの真価が問われるのはこれからである。
自民党が都内で定期党大会を開いた。首相は「景気回復を全国津々浦々まで届けることが今年
の私たちの責任だ」と強調した。
確かに、経済指標は好転しているが、4月には消費税率の引き上げが控えている。このハード
ルを乗り越え、景気の腰折れを招かぬよう、自民党としても政府を支えていかねばならない。
成長戦略のカギを握る環太平洋経済連携協定(TPP)交渉も大詰めを迎える。自民党はコメ
や麦など重要5項目の関税維持を求めている。だが、大事なのは国益の最大化である。何を守
り、何を譲るのか大局的に判断すべきだ。
党大会で決まった運動方針は、「政府・与党が一体となって、デフレ脱却と景気回復に取り組
む」と明記した。原子力発電所の再稼働に向けて地元自治体の説得に努力するとの記述もある。
いずれも着実に進めてもらいたい。
運動方針は憲法改正に積極的に取り組むことも明記し、党憲法改正草案への理解を求めるため
の対話集会の開催を盛り込んだ。参院選後、憲法改正に向けた動きが鈍い。もっと力を入れる
べきだ。
石破幹事長は、党運営に関連し、野党時代のつらさを忘れず、「謙虚で丁寧で正直で親切」な
自民党を目指そうと呼びかけた。
昨年秋の臨時国会で、特定秘密保護法の審議が混乱し、与野党の泥仕合になったのは、与党の
強引な国会運営も一因だった。「数の力」に傲(おご)ってはならない。
民主党や日本維新の会、みんなの党など野党側と政策ごとの合意形成に努力することが大切だ。
党大会に来賓として出席した公明党の山口代表は「お互いの持ち味を出し合って国民の期待に
応えたい」とし、自公連立政権の力を結集したいと語った。
公明党は、靖国神社参拝など、首相が掲げる保守色の強い政策に慎重な姿勢を崩していない。
公明党との関係にも一層、留意しなければなるまい。
例えば、安倍首相が春以降取り組む集団的自衛権の行使を可能にする憲法解釈の見直し問題だ。
山口代表はかつて、「断固反対」とまで語っていた。首相は、憲法解釈変更の意義と必要性を
公明党にきちんと説明し、周到に根回しすることが求められよう。
(2014年1月20日01時29分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20140119-OYT1T00861.htm

166 名無しさん@お腹いっぱい。
2014/01/30(木) 22:49:43.53 ID:NhJHkXrx0

オバマ氏演説 そっけなかった「アジア重視」(1月30日付・読売社説)

中間所得層への支援を優先課題に掲げ、雇用創出や所得格差是正の実現を約束した。11月の
中間選挙に向け、低迷する支持率の回復を意識した演説と言えるだろう。
オバマ米大統領が、1年間の施政方針を示す一般教書演説を行って、今年を「行動の年」と位
置づけた。固い決意がうかがえる。
オバマ氏は、下院を支配する共和党と激しく対立し、政府機能の一部停止という事態を招いた。
内政、外交とも失点続きで、支持率が一時は、就任以来最低の水準にまで落ち込んだ。
中間選挙で、民主党が上下両院で少数党に転落すれば、政権のレームダック化は決定的だ。巻
き返しへの戦略が問われている。
オバマ氏は演説で、金融危機後の経済再生の成果を強調した上で景気回復の恩恵を得ていない
低所得者層に配慮し、最低賃金引き上げを提案した。環太平洋経済連携協定(TPP)に伴う
雇用拡大や移民制度改革も表明した。
いずれも、民主党の支持基盤固めにつながる政策だ。
特に注目されるのは、議会で法案が可決されない場合、大統領令を発すると述べたことだ。最
低賃金引き上げを共和党が拒んでも、連邦政府契約職員に限っては、大統領令で引き上げると
いう。
共和党との対立軸を鮮明にした形だが、共和党は早くも「議会軽視」と強く反発した。対立は
かえって先鋭化する恐れがある。
選挙の年だけに、内政が重視され、外交・安全保障政策への言及は比較的少なかった。
アフガニスタンに駐留する米軍戦闘部隊が今年末に撤収し、テロとの戦いが「ようやく終わる」
と強調した。撤収後もテロ対策には万全を期してもらいたい。
エネルギー問題では、「シェールガス革命」を念頭に、「エネルギー自給に近づいた」と述べ
た。これが、中東への米国の関心の減退につながっては困る。
アジア太平洋については「引き続き、重視し、同盟国を支え、より安全で繁栄した未来を形作
っていく」と主張した。「アジア重視」政策の継続は言明したものの、そっけない表現にとど
まった。
オバマ氏はアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議を2年続けて欠席した。「重視」
をどう具体化していくのだろうか。
中国の台頭を受け、米国と、日本など同盟国との結束が今ほど必要なときはない。オバマ氏は
今春のアジア歴訪で、指導力を一層発揮することが求められる。
(2014年1月30日01時35分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20140130-OYT1T00157.htm

167 名無しさん@お腹いっぱい。
2014/02/01(土) 22:53:27.05 ID:OHn+rIbR0

ttp://2chlog.com/2ch/live/livenhk/image/1391256790-0007-001.jpg

168 名無しさん@お腹いっぱい。
2014/03/07(金) 18:56:21.82 ID:9orc949m0.net <a href="javascript:be(4151601195);">?2BP(0)

壮大な演出が行われた改革

http://music.geocities.jp/jphope21/0203/32/207_1.html

寛政の改革はロシアの開国要求をかわすことが目的だった。

( http://music.geocities.jp/jphope21/0104/44/295.html )

169 名無しさん@お腹いっぱい。
2014/03/08(土) 20:29:47.53 ID:xQb29p/S0

ライムスターの宇多丸(ラッパー)が天皇陛下をディスる。

キ・キ・チ・ガ・イ feat_宇多丸(from Rhymester)&K-DUB SHINE.

だから言ってんの 正反対だ
     (天皇制反対だ)
まるで常習的性犯罪者 なのに裁かれずに死んだ酷い人
思わせる 心の広い人 おかげでこの国じゃ事勿れ
       (裕仁)
こそぎとっちゃ、大の大人がね
(こそ美徳じゃん)
税金も、選挙も、ねえ禁治産者みてぇな生き方して威張る悲惨さ
しかもそれが世襲制 んなもんに誓えるか忠誠
とか言ってると背中で銃声 響ききかねん時代
まるで中世 そう、ボケのムス違和みたく高質
         (苔のむす岩みたく皇室)
家庭システム支える口実 巷に自粛無
            (巷に自粛ムード)
まるで猿みたく 目と耳と口押さえた立ちすくむ
しかねぇんじゃ やな奴かと飛びつくブス
                (ブーツ ブート盤?軍靴のブーツか?)  
ただそれなりに高くリスク付く だから上手くタブの裏各地へ
                     (タブー)
使うんだこんな言葉の隠しへ つまり


ttp://www.youtube.com/watch?v=ar48jyB_vSQ

170 名無しさん@お腹いっぱい。
2014/03/08(土) 20:48:48.29 ID:+foOYblZ0

いいね

171 名無しさん@お腹いっぱい。
2014/05/14(水) 22:16:12.88 ID:Nbi16njv0

公然と店舗ブログで韓国人をこき下ろすアダルトショップ店主
ttp://www.ayanamishoten.com/c/blog

172 名無しさん@お腹いっぱい。
2014/08/07(木) 00:00:07.66 ID:iWD4TsHc0

                                       i,.|、
       ☆ 日本の核武装は絶対に必須です ☆        ヽ,.|:|::ヽ-─-   ,
     総務省の『憲法改正国民投票法』のURLです。      レ ´ :: :: :: :: :: :: :: ` .. 、
http://www.soumu.go.jp/senkyo/kokumin_touhyou/index.html , ' :: :/:: :: :: :: :::/:: :: :: :: ::ヽ
                                      ,':: :: /:: :: ::/:: ::/:: /:: :i:: :i:: :: ',
              , -‐- 、-─-__、,               !、:: ,':: :: ::/:: /!::/ ,'::∧ :|;: :: ::',
            ,_ ´   , -‐ ¨ヽ´   \           .,イ::ヽ:|:i:: :::,':∠_/:/ // V.!:: :: ::'
           , '  ',  /       ヽ, \      _ _ i::ヽ,/'|:|:: :,'/x=/'´ |´ .-- |:: :: ::|
          /    .', ,'          ` `-'‐-, -‐´   ` ',:: ::{ |:l :::| {んハ    xz  |:: :: i:|
         ,'    .il               /        `ヽ,`|:ヽ,:! 弋::ノ    んi`} !:: ::,'リ
         i     .|              ,'   i      ', /!:: :!'      弋ノ /:: i:/
           ,    ,.!             i    ',      V .! ::|,    __ '   / `'.|´
               `' ,            |     '      ', .|:: |.\  (r‐-、 /:|
           ',       ` ヽ、          |-‐‐-  _',     .'|::! , '/' -\  `' .'、
            ,         ヽ,-──ヽ,/ ヽ,_    _, 'ヽ    '.!:: | /    ヽtニニ、コ
              ,          ' ,     |   ` ̄´ i  ' ,    '.,:|'´.|`'   | |:: :!`,`!/\
            '.,.          ',    ',      / /´' ,.    ',! |     . | |:: :| } 'i.//,ヽ
               ヽ          ,    ヽ , __ , '、_'_ __ ,'.,     , ,      , !:: :! l '´‐' ,'
              ' ,         ,     |   `'─‐'.´ '     ヽ.',    ,_!_!::::|-´   ノ
     _          .'         .',.      |         ',    ',',  /.   !:: |  /
    /´ `' 、,   , -‐ 、  '.,        .,      .!         '     ',、     |::├ ´
   i      ` ‐ '──`¨= ',        ,     .|          i、    ' `' ‐‐ !:: |
   | ヽ,_            ',       i     |          |::i,     ,   .|::/
    ,   .i`' 、         ヽ       ',    |          |::| '.,     ,  .|'
   .|    .l   `  ,              l    ,            レ'  '   .',
    ', i i i ',ヽ     ',`_r- .,_          /  , '              '    '
    ´´`.¨`´     `´     ¨ ` ‐─‐ '  ̄´                  ',   ヽ,_
                                            {  -, -.、‐,- 、
                                             `¨', ',ヽ ', !ヽヽ
                                               `' ヽ!j `'

173 名無しさん@お腹いっぱい。
2014/08/07(木) 20:20:03.96 ID:IFE3t5Vb0

 
ゴキブリ都知事 舛添要一 ゴキブリ在日韓国人

http://itainews.rnill.com/2014/08/post-440.html


 

174 名無しさん@お腹いっぱい。
2014/09/13(土) 08:16:53.86 ID:TUKk2hnX0

朝日謝罪にはしゃぐ読売、産経の誤報
http://lite-ra.com/2014/09/post-454.html

175 日本は神の国
2014/11/13(木) 13:09:12.98 ID:6dYwDwEQ0

日本はれっきとした神の国です。

天皇はやがて世界を統べる存在。

だから「国王」ではなく「天皇」と呼ぶ。

日本国民よ、自信と誇りを取り戻そう!


「中杉弘のブログ」

http://blog.livedoor.jp/nakasugi_h/

「中杉弘の徒然日記」

http://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi

176 名無しさん@お腹いっぱい。
2014/11/20(木) 00:28:35.32 ID:MjfW3Qm60

http://i.imgur.com/73Ud5Zv.jpg
http://i.imgur.com/X74eArO.png

177 名無しさん@お腹いっぱい。
2015/01/30(金) 23:20:36.53 ID:okD9i4b60

http://i.imgur.com/VlRQTjI.png

178 名無しさん@お腹いっぱい。
2015/03/08(日) 12:18:24.68 ID:wd53iUNgJ

事件を同時にぶつけていた

http://music.geocities.jp/jphope21/01/1/1.html

誇示したい事件と歴史から消し去りたい事件のことだ。

( http://sky.geocities.jp/datepedia/02/update.html )

( http://music.geocities.jp/jphope21/0103/33/217.html )

179 名無しさん@お腹いっぱい。
2015/04/18(土) 21:05:33.37 ID:CBnFWMv80

読売みたいな保守新聞って、貿易だけは開国したいけど価値観は鎖国したいという
いいとこどりのゲスい考えしかしないから嫌い

180 名無しさん@お腹いっぱい。
2015/04/27(月) 09:20:13.30 ID:BtVXcfdm0

■日本に帰化した韓国人も兵役義務を果たしていない方は韓国籍が残ったままです!■

韓国政府が国籍離脱を認めなければ、日本国籍は当然剥奪されます。
韓国兵役庁曰く、「日韓ハーフの方々も兵役を受けてもらいます。」とのこと。
「父母のうち、どららか一人が韓国人の場合、その子供は大韓民国の国民になります!」

韓国政府は在外を含む国民全てに住民登録を約束しています。
不備があれば在外居住者に対する不当差別になってしまいますので、
現在、一生懸命に情報を収集しております。

皆様で、在日韓国人や帰化人の情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら
韓国政府へご連絡してあげて下さい。
どんな些細なことでも結構でございます。
韓国側のリストから漏れてしまっている在日韓国人や帰化人がいるかも知れません!!

参考URL
http://ameblo.jp/espresso-legend/entry-12000092126.html
http://ameblo.jp/espresso-legend/entry-12007310904.html

韓国政府連絡先:
@bluehousekorea   韓国大統領府 / 青瓦台 
@mma9090  韓国兵務庁 (徴兵)
@happymogaha  韓国行政自治部 (在外国民住民登録)
@mosfkorea  韓国企画財政部 (徴税)

日本語での情報で構いません。
韓国政府は、在日・帰化人に関する情報を喉から手が出るほど欲しがっております!!


以上、日本人にナリスマシて反日活動、凶悪犯罪を繰り返す在日韓国人と在日帰化人を
彼らの大好きな祖国に送り返してあげる援助活動のご案内でした。

181 名無しさん@お腹いっぱい。
2015/05/01(金) 17:28:10.96 ID:7smx5gpo0

安部総理の米国議会演説は素晴らしかった。
米国に媚びてもよし、東アジアで覇権が取れればよし

我々は、安部総理、稲田政調会長を断固支持する保守系市民団体である。
核武装化、國軍復活、秘密警察、徴兵実施、原発再稼動を訴える。
安部政権を批判する売国奴、在日、貧乏人、社会的な弱者を徹底的に攻撃する。
性欲、イライラがたまった草莽の士よ集まれ!

新社会運動(児童ポルノ法に反対)
在日特権を許さない市民の会(ストーカー規制法に反対)
しきしま会(児童買春規制に反対)
国家社会主義日本労働者党(援助交際規制に反対)

発起人:桜井誠
皇紀二六七五年

182 名無しさん@お腹いっぱい。
2015/10/07(水) 23:36:30.32 ID:bkwne9kd0

http://up.mugitya.com/img/Lv.1_up78577.png
http://up.mugitya.com/img/Lv.1_up78579.jpg

183 名無しさん@お腹いっぱい。
2015/12/28(月) 00:19:21.14 ID:5YN6YYqs0

★★★★★★★安倍政権のパチンコへの規制がどこまで本気か?★★★★★★★

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151218-00000006-jct-soci

http://bylines.news.yahoo.co.jp/kodamakatsuya/20151113-00051404/


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

1 2 最新 全部 

2ch勢い総合ランキング

みんなで仲良くtwitch見るスレ part3727 (1001)
勢い 12427.99 8.63レス/分 ネット関係 > ネットwatch
みんなで仲良くtwitch見るスレ part3725 (1001)
勢い 11709.50 8.13レス/分 ネット関係 > ネットwatch
【なぜ…】 夏場のエアコン、「我慢派・使わない派」が4割超 パナソニック調査 [ベクトル空間★] (1001)
勢い 10198.64 7.08レス/分 ニュース > ニュース速報+
【KDDI】au・UQモバイルの通話やデータ通信、つながりにくい障害…原因確認中 [ぐれ★] (1001)
勢い 10177.27 7.07レス/分 ニュース > ニュース速報+
KDDI、全国で通信障害 通話やネットに広範な影響 [蚤の市★] (1001)
勢い 9750.81 6.77レス/分 ニュース > ニュース速報+
Jざつ 9426 (1001)
勢い 9704.49 6.74レス/分 ネット関係 > 難民
【KDDI】au・UQモバイルの通話やデータ通信、つながりにくい障害…原因確認中 ★3 [ぐれ★] (1001)
勢い 9687.10 6.73レス/分 ニュース > ニュース速報+
みんなで仲良くtwitch見るスレ part3728 (1001)
勢い 9675.18 6.72レス/分 ネット関係 > ネットwatch
「非正規だから結婚できない」と言われる一方で、「正社員でも年収500万以上でも生涯未婚の男」問題 ★2 [ぐれ★] (1004)
勢い 9543.87 6.63レス/分 ニュース > ニュース速報+
「非正規だから結婚できない」と言われる一方で、「正社員でも年収500万以上でも生涯未婚の男」問題 [ぐれ★] (1001)
勢い 9038.71 6.28レス/分 ニュース > ニュース速報+
【速報】自民・赤松健さんの痛車選挙カー、事故る  [minato★] (445)
勢い 9016.89 6.26レス/分 ニュース > ニュース速報+
ウェークアップ★1 (258)
勢い 8955.89 6.22レス/分 実況ch > 番組ch(NTV)
みんなのスレ part3722 (1001)
勢い 8850.43 6.15レス/分 ネット関係 > ネットwatch
stylishnoobスレ part3723 (1001)
勢い 8615.58 5.98レス/分 ネット関係 > ネットwatch
東京都 熱中症で6人死亡 全員が冷房使用せず [minato★] (1003)
勢い 8276.91 5.75レス/分 ニュース > ニュース速報+
技研ランキングを語るスレ part3724 (1001)
勢い 8262.36 5.74レス/分 ネット関係 > ネットwatch
「今後の重要なパートナー」日本2位 中国と逆転 対日世論調査 [蚤の市★] (1001)
勢い 7986.55 5.55レス/分 ニュース > ニュース速報+
auで全国規模の大規模通信障害発生中 原因不明でいまだ復旧のめどが立たず☆2 [515760715] (1001)
勢い 7594.52 5.27レス/分 雑談系2 > ニュー速(嫌儲)
GO! (1001)
勢い 7404.66 5.14レス/分 ネット関係 > 難民
Jざつ 9425 (1001)
勢い 7041.15 4.89レス/分 ネット関係 > 難民
ふわふわ言葉推奨スレ part3726 (1001)
勢い 6864.54 4.77レス/分 ネット関係 > ネットwatch
【尹大統領】 韓日の歴史・未来問題 「一つのテーブルで解決を」 ★3 [7/2] [昆虫図鑑★] (1001)
勢い 6695.03 4.65レス/分 世界情勢 > 東アジアnews+
【中国】 NATO出席の韓日に 韓国は重要なパートナー、日本は歴史を反省すべき」★2 [07/02] [荒波φ★] (487)
勢い 6420.02 4.46レス/分 世界情勢 > 東アジアnews+
【自民】麻生太郎氏「政治に関心を持たなくても生きていける国は良い国です」 [ボラえもん★] (1001)
勢い 6341.63 4.40レス/分 ニュース > ニュース速報+
【悲報】auショップ、激混み!! [801324839] (1001)
勢い 6015.49 4.18レス/分 雑談系2 > ニュー速(嫌儲)
東京都 熱中症で6人死亡 全員が冷房使用せず ★2 [minato★] (1001)
勢い 5914.41 4.11レス/分 ニュース > ニュース速報+
【経済】 QRコード決済に完敗した「Suica」 ICカードの運命、今後どうなる? そもそもなぜJR東日本の半分の駅でしか使えないのか [朝一から閉店までφ★] (1002)
勢い 5840.75 4.06レス/分 ニュース > ニュース速報+
Jざつ 9424 (1001)
勢い 5693.64 3.95レス/分 ネット関係 > 難民
古賀茂明「先進国で日本だけ低賃金なのは自民と財界による賃金抑制策の結果」「賃上げ実現には自民政権と無能な経営者の退場が必要」 [樽悶★] (1001)
勢い 5674.88 3.94レス/分 ニュース > ニュース速報+
広告
肴34028 (1001)
勢い 5485.71 3.81レス/分 ネット関係 > 難民
みんなで仲良くtwitch見るスレ part3726 (1001)
勢い 5477.37 3.80レス/分 ネット関係 > ネットwatch
【参院選】れいわ・山本太郎氏「ガソリン税もゼロにする」 ★3 [ボラえもん★] (1004)
勢い 5466.67 3.80レス/分 ニュース > ニュース速報+
【人事院】「就職氷河期世代」159人を採用へ 国家公務員の中途試験 [ボラえもん★] (160)
勢い 5391.58 3.74レス/分 ニュース > ニュース速報+
【結婚】「あんたってATMだよね」“10年間で18倍以上”増えるDV「男性」被害者 [ぐれ★] (1001)
勢い 5336.44 3.71レス/分 ニュース > ニュース速報+
2022 F1 第10戦 イギリスGP LAP1 (1001)
勢い 5331.76 3.70レス/分 実況ch > スポーツch
駅とかでぶつかってくるおじさん、誕生の理由がマンガ化される [581480879] (631)
勢い 5315.76 3.69レス/分 雑談系2 > ニュー速(嫌儲)
【DAZN】フォーミュラ【F1 F2 F3 W P】Lap986 (807)
勢い 5161.36 3.58レス/分 実況ch > スポーツch
肴34027 (1001)
勢い 5047.35 3.51レス/分 ネット関係 > 難民
【中国】 NATO出席の韓日に 「韓国は重要なパートナー、日本は歴史を反省すべき」 [07/02] [荒波φ★] (1001)
勢い 4988.83 3.46レス/分 世界情勢 > 東アジアnews+
【尹大統領】 韓日の歴史・未来問題 「一つのテーブルで解決を」 ★4 [7/2] [昆虫図鑑★] (141)
勢い 4817.08 3.35レス/分 世界情勢 > 東アジアnews+
【日露情勢】サハリン2でロシアが揺さぶり、電力逼迫の日本に踏み絵 [ギズモ★] (1004)
勢い 4800.00 3.33レス/分 ニュース > ニュース速報+
【名無し奥も○○奥もみんな来い】気楽に井戸端会議
勢い 4744.96 3.30レス/分 カテゴリ雑談 > 既婚女性
【ウォニャス】 ドルウォン 1,298.41 +10.41(+0.81%) [7/1] [昆虫図鑑★] (1001)
勢い 4722.87 3.28レス/分 世界情勢 > 東アジアnews+
みんなで仲良くtwitch見るスレ part3729 (1001)
勢い 4647.06 3.23レス/分 ネット関係 > ネットwatch
【庭】auで通信障害 全国で音声・データがつながりにくい状況が2時間超 [朝一から閉店までφ★] (1001)
勢い 4626.14 3.21レス/分 ニュース > ニュース速報+
アメリカのインフレ、想像を超える。NYの大戸屋の「サバの塩焼き定食」5440円 [561344745] (554)
勢い 4608.67 3.20レス/分 ニュース > ニュース速報
【名無し奥も○○奥もみんな来い】気楽に井戸端会議
勢い 4550.72 3.16レス/分 カテゴリ雑談 > 既婚女性
亜美の雑談2970 (1001)
勢い 4525.48 3.14レス/分 雑談系2 > なんでもあり
毎日新聞記者「枝野さんへ、政治は批判だけでは天下取れないよ」 リベラルブチギレで炎上www [298194473] (1001)
勢い 4498.17 3.12レス/分 雑談系2 > ニュー速(嫌儲)
「非正規だから結婚できない」と言われる一方で、「正社員でも年収500万以上でも生涯未婚の男」問題 ★3 [ぐれ★] (533)
勢い 4477.51 3.11レス/分 ニュース > ニュース速報+
東京都 +3546 [minato★] (1001)
勢い 4415.72 3.07レス/分 ニュース > ニュース速報+
auで全国規模の大規模通信障害発生中 原因不明でいまだ復旧のめどが立たず
勢い 4353.71 3.02レス/分 雑談系2 > ニュー速(嫌儲)
亜美の雑談2969 (1001)
勢い 4349.55 3.02レス/分 雑談系2 > なんでもあり
「ムラムラして…」商業施設の多機能トイレで男性に顔などなめさせる 33歳の男逮捕 [puriketu★] (842)
勢い 4324.88 3.00レス/分 ニュース > ニュース速報+
無農薬米429 (1001)
勢い 4104.91 2.85レス/分 ネット関係 > 難民
【名無し奥も○○奥もみんな来い】気楽に井戸端会議
勢い 4102.19 2.85レス/分 カテゴリ雑談 > 既婚女性
Jざつ 9423 (1001)
勢い 3961.09 2.75レス/分 ネット関係 > 難民
経団連が提言「雇用の流動化をすすめ、企業に賃上げ競争をさせる」 ★2 [ボラえもん★] (1003)
勢い 3916.15 2.72レス/分 ニュース > ニュース速報+
広告
【反戦】「岸田を倒してウクライナ戦争とめよう!」…東京で日本のNATO首脳会議参加や軍事費増額などに抗議するデモ行進 ★4 [ギズモ★] (538)
勢い 3871.02 2.69レス/分 ニュース > ニュース速報+
【KDDI】au・UQモバイルの通話やデータ通信、つながりにくい障害…原因確認中 ★2 [ぐれ★] (1001)
勢い 3841.20 2.67レス/分 ニュース > ニュース速報+
【ワクチン】日本人の3回接種率、全人口の61.6%に ★2 [ボラえもん★] (1001)
勢い 3786.75 2.63レス/分 ニュース > ニュース速報+
☆【画像】11624 (1001)
勢い 3719.85 2.58レス/分 ネット関係 > 難民
5ちゃんやめた (1001)
勢い 3717.61 2.58レス/分 ネット関係 > 難民
参院選最新予測 「参政党1、自+6、立-2、維+6、共産-2、国民-3、れいわ+3」
勢い 3707.13 2.57レス/分 雑談系2 > ニュー速(嫌儲)

勢い 3657.70 2.54レス/分 ネット関係 > 難民
みんなで仲良くtwitch見るスレ part3730 (1001)
勢い 3631.75 2.52レス/分 ネット関係 > ネットwatch
【自民】小泉進次郎氏「大臣なのに育児で仕事を休むのかと批判された」 ★2 [ボラえもん★] (539)
勢い 3619.02 2.51レス/分 ニュース > ニュース速報+
【北海道】自称解体業の男(20)と無職女(19) 車内に乳児残してパチンコ…エンジン切られ・窓は閉め切り 旭川市 [ぐれ★] (814)
勢い 3602.77 2.50レス/分 ニュース > ニュース速報+
【佐藤優樹】まーちゃんのモーニング娘。卒業後を見届けるスレ Part.270【
勢い 3573.36 2.48レス/分 雑談系2 > モ娘(狼)
じぇじぇじぇ (1001)
勢い 3530.49 2.45レス/分 ネット関係 > 難民
水野由結ちゃんに恋をして… ばっふぁばっふぁぷにぷに (1001)
勢い 3467.64 2.41レス/分 雑談系2 > モ娘(狼)
【名無し奥も○○奥もみんな来い】気楽に井戸端会議
勢い 3459.32 2.40レス/分 カテゴリ雑談 > 既婚女性
【侮辱】「行く意味ある?Fラン大学まとめ」記事に批判集まる 名誉毀損にならないのか? ★2 [夜のけいちゃん★] (1001)
勢い 3426.67 2.38レス/分 ニュース > ニュース速報+
【MHR:SB】モンスターハンターライズ HR1118 (1001)
勢い 3388.97 2.35レス/分 ゲーム > モンハン
FNN情勢調査、れいわ新選組2議席厳しい情勢
勢い 3314.96 2.30レス/分 雑談系2 > ニュー速(嫌儲)
Cycle*2022 サイクルロードレース総合実況44 (32)
勢い 3307.18 2.30レス/分 実況ch > スポーツch
首都圏情報ネタドリ!「企業の“選別”が始まる!?コロナ融資・返済の正念場」 (295)
勢い 3305.41 2.30レス/分 実況ch > 番組ch(NHK)
■■速報@ゲーハー板 ver.58752■■ (548)
勢い 3288.00 2.28レス/分 ゲーム > ハード・業界
Jざつ 9422 (1001)
勢い 3099.09 2.15レス/分 ネット関係 > 難民
【報復制裁】プーチン氏、「サハリン2」全権益を政府設立法人に移管する大統領令 三菱商ら外資の参画は当局提示条件への同意が前提 ★6 [ギズモ★] (836)
勢い 3082.29 2.14レス/分 ニュース > ニュース速報+
6902世代で楽しめます (480)
勢い 3079.76 2.14レス/分 雑談系2 > なんでもあり
8月はヤッススレ part3732 (179)
勢い 3072.84 2.13レス/分 ネット関係 > ネットwatch
肴34026 (1001)
勢い 3029.93 2.10レス/分 ネット関係 > 難民
【参院選】れいわ・山本太郎氏「ガソリン税もゼロにする」 ★2 [ボラえもん★] (1001)
勢い 2896.51 2.01レス/分 ニュース > ニュース速報+
【結婚】「あんたってATMだよね」“10年間で18倍以上”増えるDV「男性」被害者 ★2 [ぐれ★] (1001)
勢い 2868.58 1.99レス/分 ニュース > ニュース速報+
韓国で高速列車が脱線…30度超の猛暑でレールにゆがみか [7/2] [昆虫図鑑★] (248)
勢い 2860.01 1.99レス/分 世界情勢 > 東アジアnews+
競輪実況★114 (1001)
勢い 2847.57 1.98レス/分 実況ch > スポーツch
広告
亜美の雑談2971 (1001)
勢い 2830.84 1.97レス/分 雑談系2 > なんでもあり
☆地下売上議論スレはAKB板に移転しました 地下売上議論26354 (1001)
勢い 2809.09 1.95レス/分 雑談系2 > モ娘(狼)
二階堂ふみ「女は穴と袋だという価値観に未だ世の中は支配されている」 [298194473] (239)
勢い 2757.69 1.92レス/分 雑談系2 > ニュー速(嫌儲)
韓国・尹大統領、日本にクギを刺す「歴史問題で進展がないと議論できないという考え方は控えるべき」 [424135378] (646)
勢い 2737.07 1.90レス/分 ニュース > ニュース速報
【映画】今夜2日『バック・トゥ・ザ・フューチャー』フジTV「土曜プレミアム」で放送!マイケル・J・フォックスの現在 [muffin★] (139)
勢い 2735.67 1.90レス/分 ニュース > 芸スポ速報+
亜美の雑談2967 (1001)
勢い 2709.64 1.88レス/分 雑談系2 > なんでもあり
【参院選】れいわ・山本太郎氏「ガソリン税もゼロにする」 ★4 [ボラえもん★] (1002)
勢い 2707.93 1.88レス/分 ニュース > ニュース速報+

勢い 2652.99 1.84レス/分 ネット関係 > 難民

勢い 2648.73 1.84レス/分 ネット関係 > 難民
【お金】20,000円タダで貰えるマイナポイントの貰い方 ワイが分かりやすく説明するで!! [551743856] (1001)
勢い 2638.09 1.83レス/分 雑談系2 > ニュー速(嫌儲)
【NYSE】米国株やってる人の溜まり場3780【NASDAQ】 (1001)
勢い 2628.37 1.83レス/分 政治経済 > 株式
【国際】突然ロシア人とされ、戦場へ送られた…プーチンが主張する「ウクライナ東部のロシア系住民を救う」のウソ [朝一から閉店までφ★] (186)
勢い 2623.74 1.82レス/分 ニュース > ニュース速報+
【自民】小泉進次郎氏「大臣なのに育児で仕事を休むのかと批判された」 [ボラえもん★] (1001)
勢い 2618.93 1.82レス/分 ニュース > ニュース速報+
【緊急速報】 映画『スラムダンク』 12月3日公開決定!!!これは100億いくオーラ [839150984] (181)
勢い 2615.55 1.82レス/分 雑談系2 > ニュー速(嫌儲)
水野由結ちゃんに恋をして… ばっふぁばっふぁぷにぴょんぴょんぴょんぴょんぴょんぴょんぴょんぴょん (1001)
勢い 2604.93 1.81レス/分 雑談系2 > モ娘(狼)
news zero 1 (960)
勢い 2602.08 1.81レス/分 実況ch > 番組ch(NTV)
Jざつ 9421 (1001)
勢い 2601.02 1.81レス/分 ネット関係 > 難民
【急騰】今買えばいい株18458【シワシワシンワ】 (1001)
勢い 2581.70 1.79レス/分 政治経済 > 株式
【福井】ウクライナ避難民は「テロ組織かも、監視すべきだ」…自民党県議に厳重注意 [ぐれ★] (761)
勢い 2499.54 1.74レス/分 ニュース > ニュース速報+
カプコン「Steamで売上激増したもう家ゲ捨ててPC重視するわ」 日本のガイジソフトメーカー達が今更気づき始める [169920436] (52)
勢い 2489.09 1.73レス/分 雑談系2 > ニュー速(嫌儲)
カラムーチョ (741)
勢い 2483.12 1.72レス/分 ネット関係 > 難民
水野由結ちゃんに恋をして… ばっふぁばっふぁぷにぴょんぴょんぴょんぴょんぴょんぴょんぴょんぴょんぴょんピョン (1001)
勢い 2419.27 1.68レス/分 雑談系2 > モ娘(狼)
宇野昌磨が嫌いになった&嫌いになりそう&不満スレ Part.1513 (1001)
勢い 2413.80 1.68レス/分 ネット関係 > 難民
ひろゆき氏、ガーシーのTwitter凍結について 「完全に規約違反だから当然」「頭のおかしい奴には使わせないというルール通りの対応」 [jinjin★] (1001)
勢い 2413.23 1.68レス/分 ニュース > 芸スポ速報+
【乞食速報】Fire TV Stick 1980円 [882679842] (243)
勢い 2409.64 1.67レス/分 雑談系2 > ニュー速(嫌儲)
一生描いてる (1001)
勢い 2353.37 1.63レス/分 ネット関係 > 難民
亜美の雑談2968 (1001)
勢い 2311.51 1.61レス/分 雑談系2 > なんでもあり
ミュミュ (1001)
勢い 2274.10 1.58レス/分 ネット関係 > 難民
四季の雑談(臨時) Part.96(市民専用) (1001)
勢い 2272.19 1.58レス/分 雑談系2 > なんでもあり
広告
現在公開中の「トップガン マーヴェリック」が全世界興行収入10億ドル(約1350億円)を突破しトムクルーズ(59)史上最高のヒット作に [462986694] (351)
勢い 2188.53 1.52レス/分 雑談系2 > ニュー速(嫌儲)
【時代】 「120cmの男児は女湯禁止」「小学生にブラジャーは必要ない」日本の謎ルールはどこから生まれるのか [ベクトル空間★] (362)
勢い 2166.88 1.50レス/分 ニュース > ニュース速報+
【自民】麻生太郎氏「政治に関心を持たなくても生きていける国は良い国です」 ★2 [ボラえもん★] (324)
勢い 2159.50 1.50レス/分 ニュース > ニュース速報+
【名無し奥も○○奥もみんな来い】気楽に井戸端会議⛰ (1001)
勢い 2106.32 1.46レス/分 カテゴリ雑談 > 既婚女性
【芸能】デーブ氏 音楽サブスクに持論「聞き放題って、せっかく作った音楽に失礼」 ヒャダインぶっちゃけ「サブスクの収入」は… [muffin★] (1001)
勢い 2081.00 1.45レス/分 ニュース > 芸スポ速報+
別館★羽生結弦&オタオチスレ17198 (1001)
勢い 2073.06 1.44レス/分 ネット関係 > 難民
経団連が提言「雇用の流動化をすすめ、企業に賃上げ競争をさせる」 ★3 [ボラえもん★] (307)
勢い 2066.60 1.44レス/分 ニュース > ニュース速報+
女ヲタとおっぱいおっぱいおっぱいの話がしたい!! (1001)
勢い 2031.87 1.41レス/分 雑談系2 > モ娘(狼)
【悲報】コンビニ弁当の「岸田上げ底」が深刻な問題に。円安さえ無ければ…
勢い 2031.62 1.41レス/分 雑談系2 > ニュー速(嫌儲)
一生独身、一生孤独確定のケンモメン達集合。この人生にどう耐えていけばいいのだろうか [508236708] (1001)
勢い 2021.51 1.40レス/分 雑談系2 > ニュー速(嫌儲)
スクール革命!SP★1 (313)
勢い 1994.04 1.38レス/分 実況ch > 番組ch(NTV)
【中央日報】 貿易赤字が過去最悪…危機の韓国経済 [07/02] [荒波φ★] (375)
勢い 1985.54 1.38レス/分 世界情勢 > 東アジアnews+
【急騰】今買えばいい株18459【キラキラ東京生活】 (1001)
勢い 1981.40 1.38レス/分 政治経済 > 株式
【立民】野田佳彦氏「安倍元首相の北方領土交渉で資金はどんどん吸い取られ、島一つどころか石ころ一つ返ってこなかった」 [ボラえもん★] (1001)
勢い 1963.45 1.36レス/分 ニュース > ニュース速報+
【ウォニャス】 ドルウォン 1,301.76 +13.77 (+1.07%) [7/1] [Ikh★] (1001)
勢い 1956.40 1.36レス/分 世界情勢 > 東アジアnews+
【Actually…】乃木坂46★13565【本スレ】 (469)
勢い 1927.03 1.34レス/分 芸能 > 乃木坂46
ひろゆきさん、正論www 「iPhoneは値上げしてません。日本円の価値が無くなっただけです」 [271912485] (197)
勢い 1909.66 1.33レス/分 ニュース > ニュース速報
☆【画像】11625 (763)
勢い 1882.66 1.31レス/分 ネット関係 > 難民
ロードバイク邪魔すぎ。自分をアスリートだとでも思ってるんですか? [256556981] (270)
勢い 1877.05 1.30レス/分 雑談系2 > ニュー速(嫌儲)
【名無し奥も○○奥もみんな来い】気楽に井戸端会議
勢い 1876.96 1.30レス/分 カテゴリ雑談 > 既婚女性
6901公演頑張ってください (1001)
勢い 1876.72 1.30レス/分 雑談系2 > なんでもあり
【ニューズウィーク日本版】韓国ユン大統領、外交デビューは屈辱続き バイデンは完全無視、NATOはNG写真公開 [7/2] [昆虫図鑑★] (414)
勢い 1860.19 1.29レス/分 世界情勢 > 東アジアnews+
【YouTuber】ゆたぼん、専用車で日本一周に出発!アンチ対策のドライブレコーダー付き「何かあったらすぐにこれ」 [爆笑ゴリラ★] (169)
勢い 1835.06 1.27レス/分 ニュース > 芸スポ速報+
高いエアコンと格安エアコンって何が違うんだろう [663277603] (236)
勢い 1821.87 1.27レス/分 雑談系2 > ニュー速(嫌儲)
【テレパシー】KEIGO COYAMA 946【宇田川警備隊】 (347)
勢い 1814.49 1.26レス/分 カテゴリ雑談 > アウトロー
金曜ロードショー「お湯をかける少女」★10 (721)
勢い 1811.62 1.26レス/分 実況ch > 番組ch(NTV)
【テレビ】広末涼子 “ヒロスエブーム”時は「グリーン車」で通学、長男からツッコミ「本当かよ?」 [湛然★] (453)
勢い 1810.41 1.26レス/分 ニュース > 芸スポ速報+
au、絶賛通信障害中 [508074403] (775)
勢い 1789.94 1.24レス/分 ニュース > ニュース速報
競輪実況★115 (207)
勢い 1774.11 1.23レス/分 実況ch > スポーツch
広告
《熱愛スクープ撮》広瀬すず(24)と山?賢人(27)が超豪邸マンションで“半同棲愛”「山?が広瀬に腕をまわし…」 [ひかり★] (1001)
勢い 1771.90 1.23レス/分 ニュース > 芸スポ速報+
《熱愛スクープ撮》広瀬すず(24)と山?賢人(27)が超豪邸マンションで“半同棲愛”「山?が広瀬に腕をまわし…」★3 [ひかり★] (1001)
勢い 1766.06 1.23レス/分 ニュース > 芸スポ速報+
【韓流】BTSのジミンがラーメン認証ショット・・・『愛に満ちた胸キュン自撮り』[07/02] [ハニィみるく(17歳)★] (199)
勢い 1760.38 1.22レス/分 世界情勢 > 東アジアnews+
【侮辱】「行く意味ある?Fラン大学まとめ」記事に批判集まる 名誉毀損にならないのか? [夜のけいちゃん★] (1001)
勢い 1760.02 1.22レス/分 ニュース > ニュース速報+
☆【画像】11626 (507)
勢い 1665.71 1.16レス/分 ネット関係 > 難民
【名無し奥も○○奥もみんな来い】気楽に井戸端会議
勢い 1655.91 1.15レス/分 カテゴリ雑談 > 既婚女性
【ウォニャス】 ドルウォン 1,298.96 +10.97 (+0.85%) [7/1] [Ikh★] (1001)
勢い 1649.53 1.15レス/分 世界情勢 > 東アジアnews+
【音楽】「史上最高のデビュー・アルバム100枚」 を米ローリングストーン誌が発表 [湛然★] (360)
勢い 1635.85 1.14レス/分 ニュース > 芸スポ速報+
【速報】 ロシアによる天然ガス開発事業「サハリン2」の強制接収に対し、岸田、ガチのマジで動く [765383483] (1003)
勢い 1633.27 1.13レス/分 雑談系2 > ニュー速(嫌儲)
ひろゆき氏、ガーシーのTwitter凍結について 「完全に規約違反だから当然」「頭のおかしい奴には使わせないというルール通りの対応」★2 [jinjin★] (244)
勢い 1629.56 1.13レス/分 ニュース > 芸スポ速報+
山本太郎「1年間で2万人くらい人死んでんすよね自殺で、異常ですよ‥戦争も紛争も起きてないのに」 (1001)
勢い 1627.06 1.13レス/分 雑談系2 > モ娘(狼)

勢い 1622.91 1.13レス/分 ネット関係 > 難民
【ATP】テニス総合実況スレ2022 Part232【WTA】 (410)
勢い 1613.63 1.12レス/分 実況ch > スポーツch
杉本彩「猛暑の中、犬をリードで繋げっぱなしは虐待」ヤフコメ「外飼いして何が悪い!!」大荒れ [635715894] (324)
勢い 1605.69 1.12レス/分 ニュース > ニュース速報
ミュ俳優雑談1938 (1001)
勢い 1580.84 1.10レス/分 雑談系2 > なんでもあり
【NYSE】米国株やってる人の溜まり場3781【NASDAQ】 (1001)
勢い 1579.72 1.10レス/分 政治経済 > 株式
Berryz工房は大物感だけ甘やかされて誰一人モノになってない 佐藤優樹は天才設定でハードル上がりすぎて中身が無い身動き取れない (759)
勢い 1568.43 1.09レス/分 雑談系2 > モ娘(狼)
てかアトラスはこれ以上ソニーの機嫌損ねると最悪PSにゲーム出せなくなるけどいいの? (11)
勢い 1560.59 1.08レス/分 ゲーム > ハード・業界
EVは外気温40度でもエアコがキンキンに効くらしい [932354893] (210)
勢い 1556.22 1.08レス/分 ニュース > ニュース速報
【新型】オミクロン対応ワクチンの追加接種、免疫高める公算=欧州医薬品庁 [puriketu★] (375)
勢い 1546.10 1.07レス/分 ニュース > ニュース速報+
キリスト教、「子供なし大人」が犬猫ペットを飼うことを禁止 [422186189] (260)
勢い 1538.95 1.07レス/分 ニュース > ニュース速報
【悲報】杉本彩「この猛暑のなか犬を外飼いしてるのは虐待」→ヤフコメ炎上「外飼いの何が悪い
勢い 1536.05 1.07レス/分 雑談系2 > ニュー速(嫌儲)
35度でもバイク乗る香具師いんの? [194767121] (292)
勢い 1524.68 1.06レス/分 ニュース > ニュース速報
【速報】auで通信障害発生、ジャップ全員圏外に [552894124] (1001)
勢い 1519.00 1.05レス/分 雑談系2 > ニュー速(嫌儲)
【立民】野田佳彦氏「安倍元首相の北方領土交渉で資金はどんどん吸い取られ、島一つどころか石ころ一つ返ってこなかった」 ★2 [ボラえもん★] (227)
勢い 1517.90 1.05レス/分 ニュース > ニュース速報+
亜美の雑談2972 (1001)
勢い 1513.07 1.05レス/分 雑談系2 > なんでもあり
若者の6割「参院選に関心ない」
勢い 1509.89 1.05レス/分 雑談系2 > ニュー速(嫌儲)
Uber Eats(東京)のデリバリー1501【ワッチョイなし】 (1001)
勢い 1506.78 1.05レス/分 会社・職業 > アルバイト
2022 F1 第10戦 イギリスGP Lap1 (281)
勢い 1497.00 1.04レス/分 実況ch > スポーツch

カテゴリランキング

ページのトップへ戻る